バイエルンがレヴァンドフスキの2ゴールなど5発圧勝で初戦突破《DFBポカール》2017.08.13 00:24 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは12日、DFBポカール1回戦でケミニツェルとのアウェイ戦に臨み、5-0で圧勝した。

▽1週間前に行われたドルトムントとのDFLスーパーカップをPK戦の末に勝利したバイエルンは、その試合のスタメンから2選手を変更。ビダルと負傷したハビ・マルティネスに代えてコマンとジューレを起用した。

▽3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、リベリ、トップ下にミュラーを配す[4-3-3]で臨んだバイエルンが立ち上がりから押し込むと、20分に最初のチャンスを活かして先制する。ボックス手前左で得たFKをレヴァンドフスキが直接狙うと、ゴール左にシュートを流し込んだ。その後も敵陣で試合を進めたバイエルンが危なげなく前半を1-0で終えた。

▽後半開始直後にミュラーのトゥキックシュートでゴールに迫ったバイエルンは、51分に追加点を奪いきる。カウンターに転じてリベリのラストパスを受けたコマンがボックス右からシュートを流し込んだ。

▽さらに60分、ボックス右ゴールライン際に抜け出したトリッソの折り返しをレヴァンドフスキが押し込んで3-0とした。

▽余裕のバイエルンは2ゴールを決めたレヴァンドフスキをお役御免とし、ロッベンを投入する。そして79分、ボックス手前左で得たFKをリベリが狙うと、ゴール左に決まって4-0としたバイエルンは、89分にもフンメルスがCKからヘディングシュートを決めて圧勝。来週開幕するブンデスリーガのレバークーゼン戦に弾みを付けている。

コメント

関連ニュース

thumb

主力温存バイエルン、レヴィの土壇場PK弾で逆転勝利! 10連勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは17日、ブンデスリーガ第23節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 ▽前節シャルケ戦をレヴァンドフスキのホーム戦11試合連発弾などで9連勝とした首位バイエルン(勝ち点56)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のベシクタシュ戦を控える中、レヴァンドフスキやフンメルス、ミュラーらをベンチスタートとし、ワグナーや負傷明けのチアゴが3カ月ぶりに先発となった。 ▽13位ヴォルフスブルク(勝ち点24)に対し、3トップに右からロッベン、ワグナー、リベリと並べたバイエルンが仕掛ける立ち上がりとなったが、8分に失点する。ショートコーナーから左サイドのマリに上げられたクロスをファーサイドのディダヴィにヘディングで流し込まれた。 ▽失点後もハーフコートゲームを続けたバイエルンだったが、自陣に引くヴォルフスブルクを崩せず、シュートに持ち込めない状況が続く。結局、最前線のワグナーがほとんどボールに絡めなかったバイエルンはチャンスを作れずに前半を終えた。 ▽それでも迎えた後半開始9分にバイエルンはPKを獲得する。ワグナーのシュートのルーズボールをボックス内で拾ったトリッソがシュテフェンに倒されたとしてPKとなった。しかし、キッカーのロッベンが枠の左を狙ったシュートはGKカスティールスにセーブされ、同点に追いつくことはできない。 ▽続く58分にトリッソのボレーシュートでゴールに迫ったバイエルンは、チアゴに代えてミュラーを投入。すると64分に試合を振り出しに戻した。右サイドを突破したロッベンのクロスをワグナーがヘディングで叩き込んだ。 ▽終盤の80分、ワグナーに代えてレヴァンドフスキを投入したバイエルンは、90分に再びPKを獲得する。ボックス右で仕掛けたロッベンがイッターに倒された。これをレヴァンドフスキがゴール右隅に決めて逆転に成功したバイエルンが、連勝を10に伸ばしている。 2018.02.18 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン首脳陣がハインケスの後任人事で意見割れる…トゥヘルには賛否両論

バイエルンの新指揮官について続報が伝えられている。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。<br><br>今シーズンはカルロ・アンチェロッティ監督の指揮で幕を開けたものの、成績不振で昨年9月に解任。後任にはユリアン・ナーゲルスマン、トーマス・トゥヘルなどの候補者の名前が挙がったものの、後を引き継いだのは、一度は監督業を引退したユップ・ハインケスであった。<br><br>ハインケス指揮の下、バイエルンは見事復活を果たし、現在はブンデスリーガで首位を独走。しかし、1年契約のハインケスはいまだ去就について言葉を濁し、後任も決定していない。同誌によると、カール・ハインツ・ルンメニゲCEO、ハインケスはトゥヘルを後任とすることを希望している。一方で、ウリ・ヘーネス会長はトゥヘル就任に反対しており、あくまでもハインケスの慰留に努めるようだ。<br><br>ドルトムントを解任されて以降フリーのトゥヘルは、シャルケ、ヴォルフスブルク、レバークーゼン、シュツットガルト、セビージャといったクラブのオファーを拒否し、より大きな仕事を待っていると伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、来夏にハメス・ロドリゲスの買取OP行使を決断! 55億円で完全移籍加入へ

▽バイエルンがレアル・マドリーから2年間のレンタル移籍で加入中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(26)の買い取りオプションの行使を決断した。ドイツ『シュポルト・ビルト』が14日付けの紙面の一面で伝えている。 ▽ハメス・ロドリゲスは、ブラジル・ワールドカップでの活躍を経て、2014年7月にモナコからレアル・マドリーへ7500万ユーロ(約99億円)で完全移籍した。加入1年目はリーガエスパニョーラで29試合に出場し13ゴールを記録するも、2年目、3年目と徐々に出場機会が減少。その後、出場機会を求めた同選手はマドリー加入時に指揮を執っていたカルロ・アンチェロッティ監督が率いるバイエルンへ2年間のレンタル移籍で加入した。 ▽バイエルンではその恩師がシーズン序盤に解任されるも、後任のユップ・ハインケス監督の下でも着実に出場機会を確保。今季ここまでは公式戦24試合に出場し、4ゴール8アシストと上々の数字を残している。 ▽『シュポルト・ビルト』の伝えるところによれば、ハメス・ロドリゲスのパフォーマンスに満足するバイエルンは、今季終了後に4200万ユーロ(約55億4000万円)に設定されている買い取りオプションの行使を決断したという。また、選手自身もバイエルンへの完全移籍を受け入れているようだ。 2018.02.15 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ビダル「僕は世界最高の選手だからここにいる。チームを変える気はない」

▽チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(30)が、バイエルン残留を強調している。『T.M.W』がドイツ『Sport1』の報道をもとに伝えている。 ▽2015年夏にユベントスから加入し、今シーズンで3シーズン目を過ごすビダル。現行契約が2019年までとなっているほか、シャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカの来夏加入が内定していることもあり、ビダルの去就は不透明なものとなっている。 ▽中盤の補強が囁かれるマンチェスター・ユナイテッドがビダルに関心を寄せているとの噂が流れる中、同選手は『Sport1』に対してバイエルン残留を強調した。 「僕がこのチームでプレーしているのは、僕が世界で最も優れた選手の1人だからだ。このチームは心地が良いし、バイエルンと契約延長したいと思っている。家族もミュンヘンを気に入っているんだ」 2018.02.12 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

王者バイエルンはレバークーゼン、長谷部フランクフルトはシャルケ! DFBポカール準決勝対戦カード決定

▽11日にDFBポカール準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準決勝の対戦カードが決定した。 ▽今季のブンデスリーガで首位を独走するバイエルンは、準々決勝で3部のパーダーボルンに6-0で完勝して準決勝進出を果たした。そして、2大会ぶり19度目の優勝を目指すユップ・ハインケス監督率いる優勝候補筆頭は、ブレーメンとの120分の激闘を制した今季リーグ5位レバークーゼンとの準決勝での対戦が決定した。 ▽また、MF長谷部誠とMF鎌田大地を擁する昨季ファイナリストで今季リーグ4位のフランクフルトは、準々決勝でFW武藤嘉紀を擁するマインツとの日本人対決を3-0で圧勝し4強入り。そして、2年連続の決勝進出を目指してブンデスリーガで熾烈なトップ4争いを繰り広げるライバル、6位のシャルケとの対戦が決定した。 ▽なお、DFBポカール準決勝は4月17日と同18日のいずれかで行われる予定だ。準決勝対戦カードは以下の通り。 ◆DFBポカール準決勝 ▽4/17.18 レバークーゼン vs バイエルン シャルケ vs フランクフルト 2018.02.12 07:15 Mon
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース