バイエルンがレヴァンドフスキの2ゴールなど5発圧勝で初戦突破《DFBポカール》2017.08.13 00:24 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは12日、DFBポカール1回戦でケミニツェルとのアウェイ戦に臨み、5-0で圧勝した。

▽1週間前に行われたドルトムントとのDFLスーパーカップをPK戦の末に勝利したバイエルンは、その試合のスタメンから2選手を変更。ビダルと負傷したハビ・マルティネスに代えてコマンとジューレを起用した。

▽3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、リベリ、トップ下にミュラーを配す[4-3-3]で臨んだバイエルンが立ち上がりから押し込むと、20分に最初のチャンスを活かして先制する。ボックス手前左で得たFKをレヴァンドフスキが直接狙うと、ゴール左にシュートを流し込んだ。その後も敵陣で試合を進めたバイエルンが危なげなく前半を1-0で終えた。

▽後半開始直後にミュラーのトゥキックシュートでゴールに迫ったバイエルンは、51分に追加点を奪いきる。カウンターに転じてリベリのラストパスを受けたコマンがボックス右からシュートを流し込んだ。

▽さらに60分、ボックス右ゴールライン際に抜け出したトリッソの折り返しをレヴァンドフスキが押し込んで3-0とした。

▽余裕のバイエルンは2ゴールを決めたレヴァンドフスキをお役御免とし、ロッベンを投入する。そして79分、ボックス手前左で得たFKをリベリが狙うと、ゴール左に決まって4-0としたバイエルンは、89分にもフンメルスがCKからヘディングシュートを決めて圧勝。来週開幕するブンデスリーガのレバークーゼン戦に弾みを付けている。

コメント

関連ニュース

thumb

ロッベンが再負傷か…開幕戦に途中出場も翌日の練習を30分で切り上げ

バイエルンに所属するオランダ代表FWアリエン・ロッベンが、再び負傷した可能性があるようだ。<br><br>バイエルンは18日、ブンデスリーガ開幕戦でレバークーゼンと対戦し、3-1で勝利。ロッベンは61分からトーマス・ミュラーに代わって途中出場していた。翌日の練習に参加したオランダ代表ウィンガーは左足太ももに問題を抱え、30分で練習を切り上げることになったようだ。<br><br>ドイツ誌『キッカー』によると、検査はこれからで、負傷の程度などはその際に明らかとなる模様。<br><br>また、ロッベンはシーズン前にもオフでテニスを行った際に足首を負傷。今夏のプレシーズン合流も遅れていた。<br><br>提供:goal.com 2017.08.21 10:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:バイエルン 3-1 レバークーゼン《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕戦バイエルンvsレバークーゼンが18日に行われ、3-1でバイエルンが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バイエルン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 26 ウルライヒ 6.5 メーメディやブラントの決定的なシュートをストップ DF 32 キミッヒ 6.0 戦術眼の高さを示すプレーぶり 4 ジューレ 6.5 移籍後初ゴール。守備面でもミスがなかった 5 フンメルス 5.5 難しい対応を迫られることはなかった (→ラフィーニャ 5.5) リスクを冒さず守備重視 27 アラバ 6.0 攻守に集中していた MF 25 ミュラー 5.5 決定機に何度か顔を出す (→ロッベン 5.5) 1度カウンターからゴールに迫る 24 トリッソ 7.0 順応性の高さを示し、早くもチームにフィット 19 ルディ 6.0 中盤をコントロール 23 ビダル 6.0 トリッソと共によく攻撃に絡む 7 リベリ 5.5 さほど良い形で仕掛けられず FW 9 レヴァンドフスキ 6.0 前半は存在感がなかったが、後半にPKを獲得 監督 アンチェロッティ 6.0 さすがのチームマネージメントで開幕戦勝利スタート ▽レバークーゼン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>>GK 1 レノ 5.5 ミュラーとの一対一を止めるなど好守があったが3失点 DF 39 ヘンリクス 5.5 攻守にまずまず 4 ター 5.5 彼自身に大きなミスはなし 5 S・ベンダー 5.0 1失点目はマークに付ききれず。前半で交代 (→ドラゴビッチ 5.5) 失点に絡むようなプレーはなかった 18 ヴェンデウ 5.5 もう少し攻撃に絡みたい MF 38 ベララビ 6.0 トップ下と右サイドから好機演出 21 コール 5.0 攻撃面ではまずまずだったが、相手の中盤を自由にした 9 ベイリー 5.0 ベララビとポジションを入れ替えながら打開を図ったが効果は薄かった (→ブラント 6.0) 繊細なタッチで違いを生んだ 20 アランギス 4.5 守備を締められず。PK献上で試合が壊れた (→カンプル 5.5) 1本惜しいシュートを放つ 14 メーメディ 6.0 12分の決定機は決めたいが、一矢報いた FW 31 フォラント 5.5 まずまずボールに触って起点に 監督 ヘルリッヒ 5.5 中盤の攻防で劣勢だった。ブラントの投入は当たる ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! トリッソ(バイエルン) ▽タイミング良くゴール前に顔を出して多くのチャンスに絡む。移籍後初ゴールも決めた。 バイエルン 3-1 レバークーゼン 【バイエルン】 ジューレ(前9) トリッソ(前18) レヴァンドフスキ(後8[PK]) 【レバークーゼン】 メーメディ(後20) 2017.08.19 05:51 Sat
twitterfacebook
thumb

新戦力ゴールのバイエルンがレバークーゼンとの開幕戦を3発快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕戦バイエルンvsレバークーゼンが18日に行われ、3-1でバイエルンが快勝した。 ▽1週間前に行われたDFBポカール1回戦のケミニツェル戦をレヴァンドフスキの2ゴールなどで5-0と圧勝したバイエルンは、その試合のスタメンから2選手を変更。コマンとラフィーニャに代えてビダルとアラバをスタメンに起用した。 ▽対するレバークーゼンは新指揮官にかつてレバークーゼンでプレーした経歴を持つヘルリッヒ監督を招へいし、チャルハノール、エルナンデス、トプラクとセンターラインが抜けた中、1週間前に行われたDFBポカール1回戦のカールスルーエ戦を3-0と快勝。その試合のスタメンから2選手を変更。ハフェルツとカンプルに代えてアランギスとベイリーを起用した。 ▽開幕セレモニーが行われて迎えたキックオフ。開始5分にトリッソが強烈なミドルシュートを浴びせたバイエルンは9分、元ホッフェンハイムのコンビで先制する。左サイド低い位置からのルディのFKをファーサイドのジューレが頭で押し込んだ。 ▽12分にベララビのスルーパスからメーメディに決定的なシュートを許したバイエルンだったが、GKウルライヒが好守で阻止すると、18分に突き放す。右CKの流れから、ビダルのボレーシュートに反応したゴールエリア右のトリッソが頭でコースを変えて押し込んだ。 ▽その後も圧倒するバイエルンは23分にトリッソが左ポスト直撃のシュートを浴びせれば、27分にはミュラーがボックス内から決定的なシュートを放ったが、GKレノのファインセーブに阻まれた。そのまま格の違いを見せ付けたバイエルンが2点をリードして前半を終えた。 ▽前半の半ばから強い雨が降っていた影響で10分程遅れて開始された後半。レバークーゼンはベイリーとS・ベンダーに代えてブラントとドラゴビッチを投入する。そのレバークーゼンが前がかっていったが、51分にアラバの左クロスに反応したレヴァンドフスキがボックス内でアランギスに倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKの判定が下された。これをレヴァンドフスキが決めてバイエルンが3-0と突き放した。 ▽余裕のバイエルンだったが、56、57分とブラントに決定的なシュートを立て続けに浴びせられてしまう。それでも、GKウルライヒが好守で凌いでリードを保つと、ミュラーとフンメルスに代えてロッベンとラフィーニャを投入する。 ▽しかし65分、ヴェンデウ、ブラントと繋いで最後はボックス右のメーメディがシュートを突き刺し、レバークーゼンが1点を返した。さらに72分、FKからコールが決定的なヘディングシュートを浴びせるも枠を外れてしまう。 ▽そして88分のカンプルのコントロールシュートをGKウルライヒが防いだバイエルンが3-1で快勝。新戦力のゴールでバイエルンが開幕戦を白星で飾っている。 2017.08.19 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

フンメルスがサラリーの1%寄付を発表…マタとの共闘で今後は慈善活動に尽力

現地時間17日、バイエルンのドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、自らの年俸の1%を慈善団体に寄付することを発表した。イギリス『BBC』など、複数の大手メディアが報じている。<br><br>フンメルスは慈善活動の支援について、「サッカー界では動く金額がどんどん膨らみつつある。この流れをもっと社会的に役立つことに結び付ける必要があると感じていて、この動きによってスポーツが社会的問題を解決する架け橋になってくれたら幸いだ」と述べている。<br><br>この動きはマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFフアン・マタが立ち上げたプロジェクト『コモン・ゴール』に賛同したもので、マタもサッカー界のチャリティー活動が活発化するよう活動を続けていた。マタはインドのムンバイを訪れた際に困窮した生活を余儀なくされている市民を見て、慈善活動に力を入れるようになったという。<br><br>マタは自らのSNSでチャリティーに賛同したフンメルスからの呼びかけがあったことを公表。「コモン・ゴールのプロジェクトは素晴らしい。僕も活動に向けてぜひ話をさせてほしい」と打診があったことを明らかにしている。<br><br>現在、サッカー界では契約解除金や選手のサラリーが天井知らずで上がっている状況。フンメルスとマタの行動によって、チャリティー活動が活発化することが期待されており、サッカー界全体が社会的問題の解決に向けて取り組むべき行動として、今後も大きく注目されることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.18 23:21 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、開幕戦はハメスら6人欠場へ…アンチェロッティ監督が明かす

バイエルン・ミュンヘンはブンデスリーガ開幕戦で主力6選手が欠場することが明らかとなった。カルロ・アンチェロッティ監督が前日の会見で明かしている。<br><br>バイエルンは今夏、アーセナル、インテル、ミラン、ナポリ、リヴァプールに敗れるなど低調なプレシーズンを過ごした。ドイツ・スーパーカップではPK戦の末にドルトムントを下したものの、すでに多くの負傷離脱者が発表されており、第1節のレヴァークーゼン戦は難しいものとなることが予想される。<br><br>アンチェロッティ監督は主将のマヌエル・ノイアーが欠場することを始め、複数人が間に合わないことを明かした。<br><br>「ノイアーはプレーしない。我々はリスクを冒したくないからだ。次節のブレーメン戦ではプレーできると思う。ハメス(ロドリゲス)は今日個人練習を始めたばかりだ。来週に間に合うかもわからない。(ハビ)マルティネスとチアゴ(アルカンタラ)の合流も来週となる」<br><br>なお、加えてジェローム・ボアテングと長期離脱のフアン・ベルナトは欠場が予想される。『Goal』が予想する開幕戦のスタメンは以下の通り。<br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2017.08.18 23:06 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース