エバートン、ジルー獲得失敗ならウェルベックに照準変更か2017.08.06 19:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『ミラー』によると、アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(30)の獲得を狙うエバートンは、同選手の確保に失敗した場合、ターゲットを同クラブのイングランド代表FWダニー・ウェルベック(26)に変更するようだ。

▽今夏エースストライカーのベルギー代表FWロメル・ルカク(24)をマンチェスター・ユナイテッドに売却したエバートン。その後釜にU-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)や、下部組織出身のイングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)の獲得を成功させた。

▽だが、さらなる点取り屋の獲得を目論むエバートンは、以前からジルー獲得に動いていたが、同選手がアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督の構想に含まれているかどうか見極めたいと考えていることから交渉が難航。このまま長引き失敗に終わるようであれば、ターゲットをウェルベックに変えることも考慮しているようだ。

▽アーセナルは2014年夏にユナイテッドからウェルベックを1600万ポンド(現在のレートで約23億円)で獲得。現在、同選手の獲得には3000万ポンド(約43億3000万円)必要だと『ミラー』は推測しているが、果たしてエバートン移籍は実現するのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

エバートン、マルコ・シウバ新監督の初陣で22ゴールの圧勝劇!

▽エバートンが、14日に行われたプレシーズンマッチでクラブの最多得点差試合の記録を更新した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽エバートンは、14日にオーストリアのATVイルドニングとプレシーズンマッチを行い、22-0で圧勝した。試合は開始17分までにエバートンが6ゴールを挙げると、10-0で前半を終了。 ▽攻撃の手を緩めないエバートンは、後半にも12点を挙げ、22-0の圧勝劇でマルコ・シウバ新監督の初陣を飾った。これまでエバートンは、1885年に行われたニュー・フェリー戦と1890年に行われたノッツ・レンジャーズ戦で記録した14-0が、クラブの最多得点差試合であったが、それを大きく更新した。 ▽なお、試合結果及び得点者は以下のとおり。 ATVイルドニング 0-22 エバートン 【エバートン】 ベインズ(前5) ホルゲイト(前8) マイケル・キーン(前13) トスン(前14,16,33) ルックマン(前17,29,36,45) ミララス(後3,5,7,14,35) ニアッセ(後26,30,38,44) ヴラシッチ(後28,41) OG(後36) 2018.07.15 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

長友所属のガラタサライ、エバートンからFWオニェクルをレンタルで獲得! 昨季はアンデルレヒトでプレー

▽ガラタサライは12日、エバートンからナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年にオイペン入りしたオニェクルは、左ウイングを主戦場としつつ、右ウイングやセンターFWまでこなせる万能型のストライカー。細かいタッチのドリブルを得意とし、抜群のゴール感覚も備えている。昨夏、エバートンに加入したものの、イギリスの労働ビザを取得できず、アンデルレヒトにレンタル移籍していた。 ▽そのアンデルレヒトでは昨季の公式戦28試合に出場し10ゴールの記録を残していた。 2018.07.13 01:43 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンがスウェーデン代表MFフォルスベリに興味? 若手FWの去就も影響か

▽スウェーデン代表としてロシア・ワールドカップに出場していたRBライプツィヒのMFエミル・フォルスベリ(26)に、エバートンが注目しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽背番号10を背負いプレーしたフォルスベリは、5試合に出場。ラウンド16のスイス代表戦ではゴールを決め、チームのベスト8入りに貢献していた。 ▽フォルスベリの評価は今回のワールドカップで上がったとみられており、リバプールやアーセナルも興味を持っている。しかし、フォルスベリはライプツィヒと新契約を結んでおり、移籍金は2500万ポンド(約36億7200万円)に設定されている。 ▽ライプツィヒは、エバートンのFWアデモラ・ルックマン(20)に興味があり、1500万ポンド(約22億300万円)のオファーを準備しているとのこと。昨シーズンはライプツィヒへとレンタル移籍し、ブンデスリーガで11試合に出場し5ゴールを記録していた。なお、エバートンは1200万ポンド(約17億6200万円)のオファーを既に拒否している。 ▽新シーズンからエバートンを率いるマルコ・シウバ監督は、ルックマンがトップチームでポジションを獲得できると確信しているようで、フォルスベリ獲得には利用するつもりがないようだ。 2018.07.09 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンがパコ・アルカセル獲得に動く! バルサは39億円を要求

▽エバートンがバルセロナのスペイン代表FWパコ・アルカセル(24)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『スポルト』が報じた。 ▽バレンシアの下部組織で育ったアルカセルは、ヘタフェへのレンタル移籍を経験し、2016年8月にバルセロナへと完全移籍。だが、分厚い選手層を前に思うように出場機会を得られず、昨季は公式戦23試合の出場で7ゴール4アシストの記録にとどまった。 ▽現時点でバルセロナの前線の補強は行われていないものの、昨季以上に出場機会の減少が見込まれるアルカセルに関しては古巣バレンシアへの復帰の可能性が取りざたされているが、バレンシアは現在アトレティコ・マドリーの元フランス代表FWケビン・ガメイロの獲得に迫っているようだ。そのため、マルコ・シウバ新監督が獲得に興味を示すエバートンが有力な新天地候補に浮上している。 ▽なお、バルセロナはアルカセルの放出条件を獲得時に支払った3000万ユーロ(約39億円)に設定しているようだ。 2018.07.07 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ベティス、エバートンからGKロブレスを完全移籍で獲得!5年ぶりにスペイン復帰

▽ベティスは5日、エバートンからスペイン人GKジョエル・ロブレス・ブラスケス(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽アトレティコ・マドリーユース出身のロブレスは、10代の頃から各年代のスペイン代表に選出されるなど、将来を嘱望された逸材。しかし、トップチームに昇格後は、同年代に在籍したスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(現・マンチェスター・ユナイテッド)からポジションを奪えず、2012年1月にラージョ・バジェカーノ、2013年1月にはウィガンへレンタル移籍した。 ▽その後、2013年の夏にウィガン時代の恩師であるロベルト・マルティネス監督(現・ベルギー代表監督)が就任したエバートンに完全移籍。しかし、長年にわたって守護神を務めてきた元アメリカ代表GKティム・ハワードの控えGKとしての座を脱却できず、エバートンでは在籍5シーズンで公式戦65試合に出場にとどまっていた。 2018.07.06 03:35 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース