主将ベインズの豪快な一撃でエバートンがホームで先勝を飾る!《EL予備予選》2017.07.28 05:58 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでルジョムベロク(スロバキア)をホームに迎え、1-0で勝利した。

▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むエバートンは、[4-3-3]のフォーメーションを採用。GKはステケレンブルフ、4バックは右からマルティナ、マイケル・キーン、アシュリー・ウィリアムズ、ベインズ。中盤はクラーセン、グイエ、シュナイデルランの3人。3トップにはカルバート=ルーウィン、ルーニー、ミララスが並んだ。

▽試合は地力に勝るエバートンが主導権を握る。28分、スルーパスでボックス右深くに侵入したカルバート=ルーウィンの折り返しからルーニーがチャンスを迎えるたが、これはシュートミスでチャンスを逃す。

▽さらに30分には、クラーセンがカルバート=ルーウィンとのワンツーでゴール右深くまで切り込みシュートを放ったが、これも右サイドネットに外れた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアウェイチーム。57分、中盤で獲得したFKをゴール前に走り込んだヤン・マスロが頭で合わせるも、これはGKステケレンブルクが右手で弾き、クロスバーを直撃。

▽守護神のファインセーブでピンチを凌いだエバートンは、61分にカルバート=ルーウィンを下げて新加入のサンドロ・ラミレスを投入。すると65分、右CKのこぼれ球をボックス手前のベインズが左足でダイレクトシュート。これがボックス内の相手DFにディフレクトすると、ボールはそのままゴール右に吸い込まれた。

▽待望の先制点を奪ったエバートンは、82分にミララスを下げルックマンを、86分にクラーセンを下げてトム・デイビスを投入。その後も危なげない試合運びを見せたエバートンが1-0で勝利。ベインズ弾をきっちり守り抜きホームで先勝を飾った。

エバートン 1-0 ルジョムベロク
【エバートン】
ベインズ(後20)

コメント

関連ニュース

thumb

バーンリーがエバートンMFアーロン・レノンの獲得で合意!

▽バーンリーが元イングランド代表MFアーロン・レノン(30)の獲得でエバートンとの合意に至った。イギリス『BBC』が19日に報じている。 ▽メディカルチェックがなされていないものの、個人間での合意も既に得られている模様。移籍金は非公開と伝えられている。 ▽レノンは、2015年2月にトッテナムからエバートンにレンタルで加入。その半年後の9月に完全移籍となった。レノンは、昨年5月に精神疾患の疑いで警察に通報され、精神保健法第136条の下で拘束され、病院に緊急搬送された。そのため、現役続行や早期復帰が危ぶまれていたが、急速な回復を見せた同選手は今シーズンの早々からピッチに復帰し、プレミアリーグ第23節終了時点で公式戦19試合2アシストを記録している。 2018.01.20 03:07 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、ウォルコット獲得を発表! クラブ在籍12年でアーセナルに別れ

▽エバートンは17日、アーセナルからイングランド代表FWセオ・ウォルコット(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年半となる。 ▽なお、移籍金は公表されていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は2000万ポンド(約30億5000万円)と推定。また、背番号はオリンピアコスにレンタル移籍したベルギー代表FWケビン・ミララスが着用していた11番を着用する見込みだ。 ▽アーセナルを離れてエバートン加入を決断したウォルコットは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「僕はとても野心的で、このクラブを次のレベルに押し上げるためにここに来た」 「ここで新たな章を始められることに興奮しているし、ここが自分にとって正しい場所だと感じているよ」 「エバートンは素晴らしい歴史を持っており、サポーターはいつも情熱的で素晴らしいね。僕はこれまで対戦相手として、ここでプレーしたときはいつも厳しいプレーを強いられていたよ」 「これまでクラブはトロフィーを獲得してきたけど、僕はこれから新たなトロフィーを獲得したい。監督もトロフィーに飢えているし、僕たちにとって必要なものだ」 「個人的に自分の全てをチームに捧げるつもりだ。それはこれまでと同じことだよ」 「アーセナルから移籍するべきときが来たと感じていたんだ。もちろん、それは悲しいことだけど、それは同時にエキサイティングなことでもあるんだ。自分のキャリアを再点火させ、エバートンが再び過去に手にしてきた栄光を掴むためチームを押し上げていきたい」 ▽2006年1月に16歳でサウサンプトンからアーセナルに加入したウォルコットは、卓越したスピードとドリブルテクニックを武器に在籍12年で公式戦396試合に出場し108ゴールを記録するなど、長年ガナーズの両翼を支えてきた。また、在籍期間には3度のFAカップ制覇を成し遂げていた。 ▽クラブ生え抜きではないものの、元オランダ代表MFデニス・ベルカンプ氏、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏に次ぐアーセン・ヴェンゲル監督率いるスカッドで3番目のプレミアリーグ出場数を誇る最古参のウォルコットは常々クラブ愛を語ってきた。しかし、今季のプレミアリーグ出場が6試合のみという出場機会の少なさ、6月に行われるロシア・ワールドカップのメンバー入りを考慮し、愛するクラブを旅立つ決断をした。 2018.01.18 02:47 Thu
twitterfacebook
thumb

エムレ「トスンの不運はアラダイスがいること」トルコ代表後輩のエバートン移籍に同情

今冬の移籍市場でエバートンはベジクタシュからトルコ代表FWジェンク・トスンを獲得した。トルコ屈指のストライカーがプレミアリーグ初挑戦することとなったが、母国トルコのベテランMFエムレ・ベロゾールは、後輩の新天地がエバートンだったことに不安を隠せないようだ。<br><br>トルコメディア『Tivibu Spor』の取材に応じたエムレは「ジェンクがプレミアリーグで奮闘してくれることを願っている。トルコの選手が国外リーグにステップアップするところを見るのは嬉しいし、トルコ人選手にとって大きな挑戦に挑むことが昔よりも容易になったね」と述べている。<br><br>その一方で「イングランドのサッカーは確かにハイレベルだし、ジェンクのフィニッシュセンスはプレミアリーグでも十分に通用すると思う。だが、何よりも不運なのは、彼が移籍したエバートンは(サム・)アラダイスがいるということだね」と発言した。<br><br>「ロングボールの多いアラダイスのチームは、いつも前線のFWが孤立するんだ。彼のチームではFWが本来の仕事を全うすることさえも難しいのさ」<br><br>1980年生まれ、現在37歳のエムレは若くしてガラタサライで評価を高め、2001年にインテルへ移籍。その後、ニューカッスル、フェネルバフチェ、アトレティコ・マドリーを経て現在はバシャクシェヒルでプレーしている。<br><br>エバートンの現指揮官アラダイスは、エムレにとってニューカッスル時代の恩師でもあるが、ロングボールを駆使し、手数をかけず前線にボールを持ち込もうとするスタイルは以前からお馴染みとなっていた。<br><br>05-06シーズンには元日本代表MF中田英寿もボルトンでアラダイスから指導を受け、中盤を省略するスタイルの中、順応するのに苦労したことは有名だ。<br><br>アラダイスのサッカーを知るエムレにとって、後輩ジェンク・トスンのプレミアリーグ挑戦は茨の道になると見ている模様。トルコ代表FWトスンはプレミアリーグ第23節トッテナム戦で早速先発出場したものの、ノーゴールに終わりチームは0-4で敗れている。果たしてトスンはアラダイス指揮の下で結果を残せるのか、今後の躍進が期待されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.01.14 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインが4年連続20Gでクラブのプレミア最多得点者に! スパーズがエバートンを一蹴!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第23節、トッテナムvsエバートンが13日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。 ▽前節、ウェストハムとのダービーを1-1のドローで終えた5位のトッテナムは連勝が「3」でストップ。それでも、先週末に行われたFAカップではケインの2018年初ゴールを含む3発で格下ウィンブルドンに快勝した。迎えた今節は公式戦3連敗中でリーグ戦4戦勝ちなしの9位エバートン(勝ち点27)をホームで迎え撃った。ウェストハム戦からはムサ・シッソコに代えてデンベレを起用した以外、同じメンバーを起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むトッテナムは、高い位置を取るオーリエ、ベン・デイビスの両サイドバックが幅を作りながら中央を固める相手の守備を攻略にかかる。対するエバートンは今冬にベシクタシュから獲得した新FWトスンの強さを生かしたシンプルなカウンターで応戦する。 ▽徐々に拮抗した展開となる中、最初の決定機はエバートンに訪れる。22分、左CKの場面でシグルドソンのクロスをトスンが競り勝つ。これをゴール前のルーニーが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定となる。すると、直後にはボックス付近でパスを受けたケインが枠内シュート3連発を見せるが、ここはGKピックフォードがセーブする。 ▽だが、エースのプレーにけん引されるホームチームは立ち上がりから狙っていた形から先制点を奪う。26分、左サイドでの繋ぎで相手守備を寄せると、エリクセンが右サイドでフリーのオーリエにサイドチェンジ。ボックス内に持ち込んだオーリエのグラウンダークロスに反応したソン・フンミンがワンタッチで流し込み、2試合連続ゴールを達成。なお、ソン・フンミンはこの得点でホーム5試合連続ゴールとなった。 ▽その後は追加点こそ奪えなかったものの相手に枠内シュートを許さないトッテナムが1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半の立ち上がりにトッテナムがあっさりと追加点を奪う。47分、左サイドのスペースでDFと完璧に入れ替わったソン・フンミンがボックス内に持ち込んで左足のシュート。これをゴール前に走り込んだケインがワンタッチで流し込み、2018年のリーグ戦初ゴールを奪った。 ▽この追加点で勝利を大きく引き寄せたトッテナムは、その後もソン・フンミンとケインの好調コンビが続けて相手ゴールに襲いかかる。すると59分、相手陣内右サイドでダイアーが最終ラインとGKの間に入れた斜めのグラウンダーパスに反応したケインが絶妙な飛び出しからワンタッチで流し込み、この試合2点目を奪取。なお、この得点でケインは、アラン・シアラー氏、ティエリ・アンリ氏に続いて歴代3人目となる4年連続リーグ戦20得点に加え、わずか24歳にしてテディ・シェリンガム氏超えのプレミアリーグ通算98得点というクラブ新記録まで樹立した。 ▽何とか一矢報いたいエバートンはプレミアデビューのトスンらを下げて古巣対戦のレノンを投入するなど、15分余りを残して3枚の交代カードを切っていく。しかし、トスンが下がったことで前半以上に前線で起点を作れなくなり、劣勢を強いられる。 ▽一方、試合を締めにかかりながらも攻撃の手を緩めないトッテナムは81分、オーリエ、ソン・フンミン、デレ・アリと繋いだ鮮やかなロングカウンターからデレ・アリのヒールパスをエリクセンが豪快に蹴り込んでこの日のゴールショーを締めくくった。そして、エバートンに4-0の快勝を収めたトッテナムは、暫定ながら4位リバプールと勝ち点と得失点差で並ぶことに成功した。 2018.01.14 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベにストゥラーロ放出の意思なし! バレンシア、エバートンが興味

▽ユベントスが、イタリア代表MFステファノ・ストゥラーロ(24)へのオファーを拒否したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽2014-15シーズンからユベントスでプレーするストゥラーロは豊富な運動量を武器とするハードワーカー。しかしチーム内ではそれほど出場機会に恵まれておらず、セリエAでは4試合の出場にとどまっている。 ▽そんな同選手に対してイタリア国内のクラブだけでなく、バレンシアやエバートンと言った海外のクラブも興味を持っていると言われている。しかしユベントスは、ストゥラーロを放出する意思はないようで、同選手の代理人を務めるカルロ・ボルピ氏はユベントスから高い評価を受けていることを強調した。 「イタリアのおよそ80%ものクラブが彼を欲している。そして海外からも興味を持たれており、今はバレンシアやエバートンが獲得を考えている。しかしステファノの状況はクリアだ。ユーベにとって彼は必要な選手であり、放出されることはない」 「あらゆるクラブが私にコンタクトを取っている。代理人としては嬉しい話だ。それに移籍市場ではどんなことでもおこる。それでも明らかなことは、マッシミリアーノ・アッレグリはステファノに対して、チームに留まるように頼んだということだ」 2018.01.11 11:19 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース