主将ベインズの豪快な一撃でエバートンがホームで先勝を飾る!《EL予備予選》2017.07.28 05:58 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでルジョムベロク(スロバキア)をホームに迎え、1-0で勝利した。

▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むエバートンは、[4-3-3]のフォーメーションを採用。GKはステケレンブルフ、4バックは右からマルティナ、マイケル・キーン、アシュリー・ウィリアムズ、ベインズ。中盤はクラーセン、グイエ、シュナイデルランの3人。3トップにはカルバート=ルーウィン、ルーニー、ミララスが並んだ。

▽試合は地力に勝るエバートンが主導権を握る。28分、スルーパスでボックス右深くに侵入したカルバート=ルーウィンの折り返しからルーニーがチャンスを迎えるたが、これはシュートミスでチャンスを逃す。

▽さらに30分には、クラーセンがカルバート=ルーウィンとのワンツーでゴール右深くまで切り込みシュートを放ったが、これも右サイドネットに外れた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアウェイチーム。57分、中盤で獲得したFKをゴール前に走り込んだヤン・マスロが頭で合わせるも、これはGKステケレンブルクが右手で弾き、クロスバーを直撃。

▽守護神のファインセーブでピンチを凌いだエバートンは、61分にカルバート=ルーウィンを下げて新加入のサンドロ・ラミレスを投入。すると65分、右CKのこぼれ球をボックス手前のベインズが左足でダイレクトシュート。これがボックス内の相手DFにディフレクトすると、ボールはそのままゴール右に吸い込まれた。

▽待望の先制点を奪ったエバートンは、82分にミララスを下げルックマンを、86分にクラーセンを下げてトム・デイビスを投入。その後も危なげない試合運びを見せたエバートンが1-0で勝利。ベインズ弾をきっちり守り抜きホームで先勝を飾った。

エバートン 1-0 ルジョムベロク
【エバートン】
ベインズ(後20)

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ドリンクウォーターとM・キーンの移籍で思わぬ臨時収入?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、かつてプレーした2選手の移籍で思わぬ臨時収入を得たようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ユナイテッドは16日に第1四半期の業績報告を実施。報道によると、今夏の移籍市場で所属チームを変えたイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターと、同代表DFマイケル・キーンの移籍により、ユナイテッドは臨時収入を得たようだ。 ▽マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身であるドリンクウォーターは、2009年にトップチームに昇格するもその後はレンタル移籍を繰り返し、2012年にレスター・シティへと完全移籍で加入した。同選手はレスターで主力選手となると、2015-16シーズンにはプレミアリーグ制覇に大きく貢献。2017-18シーズンにはチェルシーへと移籍した。 ▽一方、M・キーンもユナイテッドのユースで育つも2011年にトップチームに昇格されながらドリンクウォーター同様にレンタル移籍を繰り返す。2015年にはバーンリーへ移籍すると主力へと成長し、今シーズンからエバートンに加入した。 ▽16日に発表されたユナイテッドの業績報告では、移籍の収益として930万ポンド(約13億8400万円)が計上されていた模様。ユナイテッドはレスターとバーンリーに対して、選手を売却した際の数%を受け取る契約をしていたようだ。 ▽なお、レスターは3500万ポンド(約52億1000万円)でドリンクウォーターをチェルシーに売却。バーンリーはエバートンに3000万ポンド(約44億6500万円)でM・キーンを売却しており、2つの移籍金の合計は6500万ポンド(約96億7400万円)であり、ユナイテッドが受け取った930万ポンドはこれのおよそ14%分に当たる。 2017.11.17 11:53 Fri
twitterfacebook
thumb

志は高く! エバートン、あの名将がターゲット?

▽エバートンがアトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督(47)の招へいを目指しているようだ。『スカイ・スポーツ』のケイヴ・ソルヘコル氏が伝えた。 ▽エバートンは先月23日、成績不振からロナルド・クーマン監督を解任。現在はデイビッド・アンスワース氏が暫定指揮官を務めており5日のワトフォード戦では公式戦9試合ぶりの勝利を収めたが、現在も15位と厳しい位置にいる。 ▽そのエバートン、ソルヘコル氏によれば筆頭株主のファラド・モシリ氏がシメオネ監督の指揮官就任を望んでいるとのことだ。シメオネ監督率いるアトレティコは現在、リーグ戦で首位のバルセロナから10ポイント差の4位であることに加え、チャンピオンズリーグでもローマ(8ポイント)、チェルシー(7ポイント)の後塵を拝する3位(3ポイント)という苦しい状況。とはいえ、世界屈指の名将の地位を確立しているシメオネ監督をエバートンが招へいすることは困難を極めると考えられる。 ▽なお、ソルヘコル氏はシメオネ監督への関心と共に、サム・アラダイス氏、ワトフォードを率いるマルコ・シルバ監督が現実的なターゲットであるとも主張。アンスワース氏の正式就任の可能性も含んでいる。 2017.11.07 22:42 Tue
twitterfacebook
thumb

監督業引退を示唆していた“残留請負人”サム・アラダイス氏がエバートンと交渉中?

▽エバートンが次期監督としてサム・アラダイス氏(63)と交渉しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽昨シーズン7位という成績を残したエバートンは、今夏の移籍市場で約1億4000万ポンド(約210億2000万円)の移籍金を費やして補強を敢行。しかし、第9節終了時点で2勝2分け5敗で降格圏内の19位と低迷。10月23日に、成績不振によりロナルド・クーマン監督(54)を解任した。 ▽現在、後任候補の中には、かつてドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏(44)や昨シーズンまでワトフォードを指揮していたワルテル・マッツァーリ氏(56)、過去にエバートンを指揮していたデイビッド・モイーズ氏(54)の名が浮上している。 ▽しかし、今回『スカイ・スポーツ』が伝えるところによると、エバートンは昨シーズンまでクリスタル・パレスを指揮しており、現在はフリーとなっているアラダイス氏と交渉中とのこと。今シーズン終了時までの契約で話が進んでいるようだ。 ▽アラダイス氏は、これまでニューカッスルやブラックバーン、ウェストハムなどで指揮。チームの立て直しに定評がある同氏は、2015-16シーズンに低迷していたサンダーランドを、昨シーズンには2部への降格が有力視されていたクリスタル・パレスをシーズン途中からの就任で残留に導いた経験を持っている。そんな中、今年5月にクリスタル・パレスの辞任を発表すると、「現在、新たな仕事を引き受ける野心もない」と監督業の引退もほのめかしていた。 2017.11.07 12:07 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、MFデレ・アリ負傷離脱でDFマイケル・キーンが追加招集《国際親善試合》

▽イングランドサッカー協会(FA)は5日、今月行われる国際親善試合に臨むイングランド代表メンバーからMFデレ・アリ(トッテナム)が負傷離脱したことを発表した。また、6日にDFマイケル・キーン(エバートン)が追加招集されたことを伝えている。 ▽所属クラブのトッテナムでハムストリングを痛めていたデレ・アリは、そのケガを理由に代表離脱が決定した。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、5日行われたリーグ戦でいずれも途中交代したMFハリー・ウィンクスとFWハリー・ケインのトッテナム勢、DFギャリー・ケイヒル(チェルシー)に関しては所属クラブで検査を受けた後、代表合流の可否が決定されるようだ。 ▽一方、直近のウェストハム戦を筋肉系のトラブルで欠場したMFジョーダン・ヘンダーソンに関しては、代表への合流が可能だという。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を無敗で突破したイングランドは、10日にドイツ代表、同14日にブラジル代表と対戦する。 2017.11.06 18:49 Mon
twitterfacebook
thumb

モイーズ氏、古巣エバートンでの指揮に興味も「他の件についても話が進んでいる」

▽かつてエバートンを指揮していたデイビッド・モイーズ氏(54)は、同クラブへの復帰に興味があることを認めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽昨シーズン7位という成績を残したエバートンは、今夏の移籍市場で約1億4000万ポンド(約210億2000万円)の移籍金を費やして補強を敢行。しかし、第9節終了時点で2勝2分け5敗で降格圏内の19位と低迷。10月23日に、成績不振によりロナルド・クーマン監督(54)を解任した。 ▽現在はU-23チームの監督を務めていたデイビッド・アンスワース氏が暫定的に指揮。後任候補についてマンチェスター・ユナイテッドOBのライアン・ギグス氏やかつてドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏が浮上しているが、その中にかつて約11シーズンに渡ってエバートンを指揮していたモイーズ氏がリストアップされていることが伝えられている。 ▽そんな中、モイーズ氏は古巣への指揮に興味があることを認めたものの、現在他チームへの就任について話が進行していることも明かしている。 「もちろん肯定的でいるよ。しかし、今は他のことについても話をしているし、もしかしたら私が仕事に戻るまでそれほど時間がかからないかもしれない」 「仕事ができるのであれば、それについて興味を示すだろう。ただ、それは他の件についても同じことだよ。エバートンのビル・ケンライト氏は、最高の会長の一人だ。驚くほど支えになってくれるし、素晴らしい会長と共に仕事ができる」 「私は11年間それを経験できたし、素晴らしいものだった。古巣に復帰することが必ずしもチームの役に立つとは限らない。ただ、ジョゼ・モウリーニョはチェルシーに復帰した時にプレミアリーグを制覇した。そして、最近ではユップ・ハインケスがバイエルンに復帰した」 「トップ6に入るべきエバートンが下位に沈んでいることには驚いているよ」 ▽モイーズ氏は残留争いに巻き込まれていたエバートンの監督として、2001-02シーズン途中から就任すると、チームの立て直しに成功して15位でフィニッシュし残留を勝ち取った。2004-05シーズンはリーグ戦4位。2006-07シーズン以降は、2009-10シーズンの8位が最低の成績となるなど、モイーズ氏はエバートンを常に上位を争う強豪クラブへと引き上げていた。 ▽なお、現在モイーズ氏には、ロシア・ワールドカップ出場を逃した母国のスコットランド代表監督就任が噂されている。しかし、イギリス『BBC』によれば、同氏はクラブチームでの指揮を執ることを希望しているようだ。 2017.11.05 12:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース