主将ベインズの豪快な一撃でエバートンがホームで先勝を飾る!《EL予備予選》2017.07.28 05:58 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでルジョムベロク(スロバキア)をホームに迎え、1-0で勝利した。

▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むエバートンは、[4-3-3]のフォーメーションを採用。GKはステケレンブルフ、4バックは右からマルティナ、マイケル・キーン、アシュリー・ウィリアムズ、ベインズ。中盤はクラーセン、グイエ、シュナイデルランの3人。3トップにはカルバート=ルーウィン、ルーニー、ミララスが並んだ。

▽試合は地力に勝るエバートンが主導権を握る。28分、スルーパスでボックス右深くに侵入したカルバート=ルーウィンの折り返しからルーニーがチャンスを迎えるたが、これはシュートミスでチャンスを逃す。

▽さらに30分には、クラーセンがカルバート=ルーウィンとのワンツーでゴール右深くまで切り込みシュートを放ったが、これも右サイドネットに外れた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアウェイチーム。57分、中盤で獲得したFKをゴール前に走り込んだヤン・マスロが頭で合わせるも、これはGKステケレンブルクが右手で弾き、クロスバーを直撃。

▽守護神のファインセーブでピンチを凌いだエバートンは、61分にカルバート=ルーウィンを下げて新加入のサンドロ・ラミレスを投入。すると65分、右CKのこぼれ球をボックス手前のベインズが左足でダイレクトシュート。これがボックス内の相手DFにディフレクトすると、ボールはそのままゴール右に吸い込まれた。

▽待望の先制点を奪ったエバートンは、82分にミララスを下げルックマンを、86分にクラーセンを下げてトム・デイビスを投入。その後も危なげない試合運びを見せたエバートンが1-0で勝利。ベインズ弾をきっちり守り抜きホームで先勝を飾った。

エバートン 1-0 ルジョムベロク
【エバートン】
ベインズ(後20)

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナDFミナ、他クラブからの関心認めるも興味なし「ここで成功したい」

▽バルセロナに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)は、残留を望んでいるようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽ミナは2018年1月にパルメイラスからバルセロナに加入。バルセロナ初のコロンビア人選手となったが、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで5試合の出場にとどまった。 ▽それでも先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)ではコロンビア代表として出場。ラウンド16で敗退となったものの、3試合3ゴールを記録してチームのベスト16入りに貢献した。そんな同選手に対して、最近レスター・シティやエバートン、ウェストハムといったプレミアリーグのクラブから獲得への関心が寄せられている。 ▽それでもミナ自身はバルセロナにとどまってポジション争いに加わることを望んでいるようだ。 「オファーは届いているよ。ただ、僕はバルサで成功したいんだ」 「今はオフを楽しんでいる。その時が来たら家族と共に最高の決断をするさ」 ▽これまでバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、ミナに成長の機会を与えるために、レンタルでの放出も考慮していることが伝えられているが果たして…。 2018.07.22 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン指揮官、べインズ後継者にバルサDFディーニュ指名か

▽エバートンがバルセロナに所属するフランス代表DFリュカ・ディーニュ(24)の獲得を目指しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今回伝えられるところによると、エバートンの新指揮官であるマルコ・シウバ監督が、長きにわたってクラブを支えてきた元イングランド代表DFレイトン・ベインズの後継者としてディーニュを指名。同クラブも2200万ポンド(約32億円)程度のオファーを提示するようだ。 ▽ディーニュは2016年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)から5年契約でバルセロナに加入。しかし、同じポジションのスペイン代表DFジョルディ・アルバを脅かすには至らず、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで12試合の出場にとどまっている。フランス代表としては、ロシア・ワールドカップ(W杯)の予備登録メンバーには選ばれたものの、出場はなかった。 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、ブラジルの次代を担うアタッカー・リシャルリソン獲得間近!移籍金はクラブ記録の73億円

▽エバートンが、ワトフォードのブラジル人FWリシャルリソン(21)の獲得に迫っているようだ。イギリス『BBC』が報じている。 ▽リシャルリソンは昨夏にフルミネンセから加入。左ウイングを主戦場に、卓越したスキルで敵陣を切り裂くドリブラーで、2017-18シーズンはリーグ戦全38試合に出場し5ゴール3アシストを記録した。アーセナルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に動いたという噂もあり、今回のロシア・ワールドカップのブラジル代表選出も期待された逸材だ。 ▽来季から新たにエバートンの指揮を執るマルコ・シウバ監督は、昨シーズンワトフォードで指揮を執った際に指導したリシャルリソンの獲得に迫っている模様。移籍金はおよそ5000万ポンド(約73億円)とされており、これはエバートンが昨夏にスウォンジーからアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソンを獲得した際に払ったとされる4500万ポンド(約65億8000万円)を超えるクラブ記録となるようだ。 ▽なお、リシャルリソンがフルミネンセからワトフォードに移籍した際の金額は1150万ポンド(約16億8000万円)だったようだ。 2018.07.21 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、スイス代表FWタラシャイを古巣グラスホッパーにレンタル

▽エバートンは19日、スイス代表FWシャニ・タラシャイ(23)がスイスのグラスホッパーに1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。 ▽アルバニアにルーツを持つタラシャイは、スピードとテクニックを兼ね備えたセカンドストライカー。2016年1月にグラスホッパーから4年半契約で加入した同選手だが、トップチームでの出場機会はなく、2016-17シーズンにはブンデスリーガのフランクフルトに1年間のレンタル移籍を経験。昨シーズンはエバートンでプレーする予定だったが、ヒザの手術を受けた結果1シーズンを棒に振っていた。 ▽なお、エバートンでは活躍の機会はないものの、スイス代表ではここまで5試合に出場している。 2018.07.19 18:36 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートン、マルコ・シウバ新監督の初陣で22ゴールの圧勝劇!

▽エバートンが、14日に行われたプレシーズンマッチでクラブの最多得点差試合の記録を更新した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽エバートンは、14日にオーストリアのATVイルドニングとプレシーズンマッチを行い、22-0で圧勝した。試合は開始17分までにエバートンが6ゴールを挙げると、10-0で前半を終了。 ▽攻撃の手を緩めないエバートンは、後半にも12点を挙げ、22-0の圧勝劇でマルコ・シウバ新監督の初陣を飾った。これまでエバートンは、1885年に行われたニュー・フェリー戦と1890年に行われたノッツ・レンジャーズ戦で記録した14-0が、クラブの最多得点差試合であったが、それを大きく更新した。 ▽なお、試合結果及び得点者は以下のとおり。 ATVイルドニング 0-22 エバートン 【エバートン】 ベインズ(前5) ホルゲイト(前8) マイケル・キーン(前13) トスン(前14,16,33) ルックマン(前17,29,36,45) ミララス(後3,5,7,14,35) ニアッセ(後26,30,38,44) ヴラシッチ(後28,41) OG(後36) 2018.07.15 03:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース