主将ベインズの豪快な一撃でエバートンがホームで先勝を飾る!《EL予備予選》2017.07.28 05:58 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは27日、ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦1stレグでルジョムベロク(スロバキア)をホームに迎え、1-0で勝利した。

▽2017-18シーズン初の公式戦に臨むエバートンは、[4-3-3]のフォーメーションを採用。GKはステケレンブルフ、4バックは右からマルティナ、マイケル・キーン、アシュリー・ウィリアムズ、ベインズ。中盤はクラーセン、グイエ、シュナイデルランの3人。3トップにはカルバート=ルーウィン、ルーニー、ミララスが並んだ。

▽試合は地力に勝るエバートンが主導権を握る。28分、スルーパスでボックス右深くに侵入したカルバート=ルーウィンの折り返しからルーニーがチャンスを迎えるたが、これはシュートミスでチャンスを逃す。

▽さらに30分には、クラーセンがカルバート=ルーウィンとのワンツーでゴール右深くまで切り込みシュートを放ったが、これも右サイドネットに外れた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアウェイチーム。57分、中盤で獲得したFKをゴール前に走り込んだヤン・マスロが頭で合わせるも、これはGKステケレンブルクが右手で弾き、クロスバーを直撃。

▽守護神のファインセーブでピンチを凌いだエバートンは、61分にカルバート=ルーウィンを下げて新加入のサンドロ・ラミレスを投入。すると65分、右CKのこぼれ球をボックス手前のベインズが左足でダイレクトシュート。これがボックス内の相手DFにディフレクトすると、ボールはそのままゴール右に吸い込まれた。

▽待望の先制点を奪ったエバートンは、82分にミララスを下げルックマンを、86分にクラーセンを下げてトム・デイビスを投入。その後も危なげない試合運びを見せたエバートンが1-0で勝利。ベインズ弾をきっちり守り抜きホームで先勝を飾った。

エバートン 1-0 ルジョムベロク
【エバートン】
ベインズ(後20)

コメント

関連ニュース

thumb

ウォルコット弾で逃げ切ったエバートンが好調ニューカッスルを撃破!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第35節のエバートンvsニューカッスルが23日に行われ、1-0でエバートンが勝利した。 ▽3試合未勝利中の9位エバートン(勝ち点42)が、4連勝中の10位ニュースカッスル(勝ち点41)をホームに迎えた一戦。試合は、立ち上がりからポゼッションでニューカッスルを圧倒するエバートンが主導権を握る。 ▽エバートンは、何度も敵陣まで侵攻するもアタッキングサードでの連係ミスや質を欠いたプレーが続き、ニューカッスルの堅守を崩すには至らない。35分には、左CKのセカンドボールを再び左サイドで受けたルーニーのクロスをファーサイドのM・キーンが頭で折り返すと、最後はジャギエルカが飛び込んだが、シュートは枠の上に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。51分、右サイドを持ち上がったボラシエのクロスをファーサイドで収めたウォルコットがカットインから右足を振り抜くと、このシュートがゴールに突き刺さった。 ▽先制を許したニューカッスルの反撃は64分、右CKをニアサイドに走り込んだラッセルズがフリック。これをゴール左手前のゲイルが右足で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ▽結局、試合はそのまま1-0で終了。ウォルコット弾で逃げ切ったエバートンが4試合ぶりの白星を飾った。一方、ニューカッスルはリーグ戦連勝が4でストップした。 2018.04.24 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップがダービー欠場のサラーに言及「誰もが大一番への出場を望んでいるが…」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、エバートン戦を欠場したモハメド・サラーがマンチェスター・シティ戦には復帰できることを望んでいる。<br><br>チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのマンチェスター・シティ戦に出場したサラーは先制点をマークするも、後半に鼠径部周囲を痛めて途中交代。7日に行われ、0-0のドローに終わった&ldquo;マージー・サイドダービー&rdquo;に欠場した同選手だが、10日のセカンドレグには復帰してほしいとクロップ監督は考えているようだ。<br><br>「彼をこの試合でプレーさせるつもりはなかったが、クラブに関わる全員が10日の試合に間に合ってほしいと考えている。しかし、我々は彼の様子を見てみないと何とも言えない」<br><br>一方で、ドローに終わったダービーについて「これは公平な結果だ。終盤はエバートンに攻め込まれたが、大半は試合を支配できた。我々は&ldquo;荒れたダービー&rdquo;を戦うためにここに来たわけではない。エバートンとの試合はかなり難しいが、良いパフォーマンスができたと思う。私がここに来て以降、最も成熟した試合運びができたと思う」と責められる結果ではないと話している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.08 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マージーサイドダービーは決定機乏しくゴールレス…リバプールはCLシティ戦に向けターンオーバー《プレミアリーグ》

▽リバプールは7日、プレミアリーグ第33節でエバートンの本拠地に乗り込み、0-0で引き分けた。 ▽直近のチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグでマンチェスター・シティに3-0の快勝を収めた3位リバプール(勝ち点66)は、その試合からスタメンを5名変更。ロバートソン、アーノルド、チェンバレン、サラー、フィルミノに代えて、クライン、クラバン、ワイナルドゥム、イングス、ソランケを起用し、9位エバートン(勝ち点40)との“マージーサイド・ダービー”に臨んだ。なお、29ゴールで得点ランクトップに立つサラーは欠場となった。 ▽雨の中始まった試合、ルーニーら主力を順当に起用したエバートンが攻勢をかける。23分には、ボックス手前やや左でボールを持ったボラシエが中央にカットインして右足を振り抜く。回転のかかった鋭いシュートがゴール右隅を捉えたが、GKカリウスがファインセーブを披露して弾いた。 ▽反撃に出るリバプールには、30分にチャンスが訪れる。ボックス左でボールを持ったミルナーが、やや遠い位置から右足でシュートを放つ。これはGKピックフォードに阻まれたが、積極的にエバートンゴールを脅かした。 ▽両GKの奮闘もあり、スコアが動きを見せないまま試合は折り返しを迎える。後半に入ると中盤での奪い合いが激化し、お互いになかなか危険なゾーンまで迫ることができない。 ▽リズムを変えたいエバートンは57分、ボールに触る回数が減少したルーニーに代えて、グイエを起用。グイエはインサイドハーフに入り、中盤から前への圧力を高めていく。対するリバプールは、69分にミルナーに代えてチェンバレンを投入した。 ▽すると70分、相手陣内左でボールを持ったチェンバレンが、ドリブルでボックス手前まで侵攻して右足を強振。シュートは枠を外れたが、これが両チーム通じて後半のファーストシュートとなった。 ▽交代カードを切りやや活性化された感のある試合だったが、結局決定的なシーンは生まれず。ゴールレスで終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、リバプールが公式戦4連勝を飾ることは叶わず。しかし、ミッドウィークに行われるCLシティ戦2ndレグに向けて主力の回復に充てる狙いは達成された。対するエバートンは、ホームでのダービーマッチで白星を飾ることはできなかった。 2018.04.07 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司、ルーニーorモイーズと再タッグか

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上した。 ▽ドイツ『Fussballeck』によれば、エバートンとウェストハムの2クラブが関心を示している様子。いずれかのクラブ移籍となれば、2012年夏から2014年夏までマンチェスター・ユナイテッドに籍を置いた香川にとって、イングランド再上陸となる。 ▽その香川とドルトムントの契約は2020年まで。ケガで離脱するまでペーター・シュティーガー監督から重宝された香川だが、シーズン終了後に指揮官交代の可能性があるドルトムント内で同選手の去就も不透明な状況だという。 ▽なお、香川の市場価格は1300万ユーロ(約17億円)。元イングランド代表FWウェイン・ルーニーのエバートン、デイビッド・モイーズ監督のウェストハム、どちらに移籍しても、ユナイテッド時代の元同僚と再タッグとなるが、果たして…。 2018.04.07 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

敵地でエバートンに快勝のシティが4年ぶりリーグ制覇に王手! 次節ダービーで史上最速優勝に挑戦《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第32節、エバートンvsマンチェスター・シティが31日にグディソン・パークで行われ、アウェイのシティが3-1で快勝した。 ▽2位のマンチェスター・ユナイテッドに勝ち点16差を付けて首位を快走するシティは、あと2勝でプレミアリーグ史上最速での優勝が決定する。とりわけ、次節はそのユナイテッドとのダービーが組まれており、ダービーでのレコードブレイクに向けてチームの士気は高い。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのリバプール戦を控える中で戦う暫定9位のエバートン戦に向けては、負傷のエースFWアグエロを除く主力を起用。ただ、ラポルテ、オタメンディ、コンパニの3バックにスターリングとガブリエウ・ジェズスを2トップに配した[3-5-2]の布陣で臨んだ。 ▽試合は開始早々に動く。4分、左サイドの高い位置でパスを受けたラポルテがゴール左にスプリントするシルバへグラウンダーの斜めのパスを通す。これをコントロールしたシルバが丁寧に折り返すと、ファーでフリーのザネが抑えの利いた左足ボレーでニアに蹴り込んだ。 ▽早々の先制点以降、エバートンの反撃に晒されてジャギエルカ、ボラシエに続けてヘディングシュートを許したシティ。しかし、このピンチを凌いだアウェイチームは12分、ゴールキックからハーフウェイライン付近でボールを浮かしてDFをかわしたザネが右サイドのスペースへ飛び出すデ・ブライネへスルーパスを通す。そして、ボックス右でデ・ブライネが折り返したボールをゴール前でドフリーのジェズスがヘディングシュート。これがGKピックフォードの手を弾いてネットを揺らした。 ▽鮮やかな崩しからの2ゴールで快適に試合を運ぶシティはその後もシルバとザネの左サイドでの鋭い仕掛けが猛威を振るう。すると37分にはフェルナンジーニョのスルーパスに抜け出したシルバが左サイドを独走してボックス手前からマイナスのクロスを入れると、これをスターリングがワンタッチで流し込んだ。攻守両面でホームチームを圧倒したシティが大量リードで試合を折り返した。 ▽後半も圧倒的なボールポゼッションで試合をコントロールするシティはウォーカーの右サイドを起点に幾度かチャンスを創出するが決め切れない。すると63分にはボックス手前でクリアボールを繋がれてボラシエにミドルシュートを許すと、これが左ポスト、右ポストの内側を叩いてネットに吸い込まれた。 ▽クリーンシートを逃すも畳みかける攻めは許さないシティはCLリバプール戦を睨んでスターリング、デ・ブライネと主力を下げてベルナルド・シウバ、ギュンドアンを投入する。そして、このまま危なげなく試合をクローズしたシティが敵地で3-1の快勝。4年ぶりのリーグ制覇に王手をかけ、4月7日に行われる次節のダービーで史上最速優勝を目指す。なお、来週ミッドウィークにはCLリバプール戦も控えている。 2018.04.01 03:29 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース