SNSで中国侮辱のケネディ、プレシーズンツアーから一足早く帰国2017.07.26 02:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』は25日、チェルシーのU-23ブラジル代表MFケネディが遠征先からイングランドに一足早く帰国したと報じている。▽ケネディは22日、中国の北京国家体育場で行われたアーセナル戦の前に自身のSNSを更新。その内容が問題となっていた。

▽スペイン『マルカ』が伝えるところによれば、その内容は中国人警備員の寝ている画像が添付された投稿に「起きろ中国人。まぬけだぞ」という文が添えられたものと、ポルトガル語で“英字4文字に相当するような罵り言葉”とのことだ。

▽なお、同選手はそれらの投稿を既に削除して謝罪しているが、この投稿を受けて、ケネディはアーセナル戦に出場した際には怒りのブーイングを受けたという。

▽インターナショナル・チャンピオンズカップに参加しているチェルシーは今後、29日にインテルとの最終戦を戦う。

コメント

関連ニュース

thumb

サッリ監督、愛弟子イグアインへの未練隠さず「彼が恋しい」

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督はナポリ時代の教え子であり、今夏に獲得を逃したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインへの未練を引きずっているようだ。同監督が『コッリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽ナポリ時代の2015-16シーズンにサッリ監督の下でセリエA36ゴールを記録し、得点王に輝いたイグアイン。その翌年にユベントスに旅立った同選手だが、今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの電撃加入に伴い、クラブを追われることに。そして、有力な新天地には恩師サッリ監督が新指揮官を務めるチェルシーと思われたが、最終的にミランへの移籍を決断した。 ▽サッリ監督はその教え子に関して今でも未練を感じていることを認めている。 「私はあまり深く考えずに時折間違ったことを口に出してしまう。だから、ゴンサロに関してはあまりに早くナポリを出てしまったとだけしか言えない。恐らく、彼が翌シーズンも残っていれば、我々はスクデットを獲得する状態を整えられたと思う」 「イグアインは我々が作り出した素晴らしいメカニズムの一部だったし、互いをよく理解し合っていた。それは完璧な同調性であったと思うし、後悔は我々の中で強く残っている」 「イグアインの獲得を逃したのは残念だ。彼が恋しいよ。彼は死ぬまでゴールを決め続ける、ゴールマシーンだからね」 2018.10.15 16:11 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー代役にRLC獲得か

▽アーセナルが、チェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(22)に興味を示しているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えている。 ▽チェルシーのロフタス=チークは各世代のイングランド代表経験のある逸材。昨年A代表でもデビューを果たし、ロシア・ワールドカップでは4試合に出場した。しかし、今季チェルシーに就任したマウリツィオ・サッリ監督の下では難しいシーズンを過ごしている。リーグ戦ではここまで2試合の出場にとどまっており、先発出場はヨーロッパリーグでの1試合のみ。公式戦全体で見ても3試合しか出場機会を得られていない。 ▽そこに目を付けたのがアーセナルだ。同クラブは、今シーズン限りで契約満了を迎えるウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)が今冬の移籍市場で新天地を求める可能性が高く、その代役を探しているとされている。 ▽ロフタス=チーク本人も、なかなかチェルシーのトップチームに定着できない現状に不満を抱えているようで、昨季クリスタル・パレスにレンタルしたように、出場機会を求めて移籍を望む可能性は低くない。なお、同選手にはアーセナルの他、エバートンやクリスタル・パレスも関心を持っているようだ。 2018.10.15 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

中盤若手構成のアトレティコがベテランMFセスクを注視!

▽アトレティコ・マドリーが、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)を注視しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ▽チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了となるセスク。依然として延長合意は報じられておらず、その去就に注目が集まっている。 ▽記事によると、アトレティコがマウリツィオ・サッリ新体制下でプレー機会を減少させているセスクに注視。ケガで出遅れた影響もあるとはいえ、今シーズンの出場が公式戦4試合に留まっているクリエイティブなミッドフィルダーに、ベテランとしての役割を期待しているそうだ。 ▽アトレティコからは今夏にMFガビが退団。中盤はMFロドリゴ・エルナンデス(22)、MFトーマス・パルティ(22)、サウール・ニゲス(23)、MFコケ(26)らリーガ屈指の若手構成になっており、経験豊かな選手を加えたがっている。 ▽先日、セスクは自身の去就について、「クラブからは何もないけど、僕はこの先もここにいたい」とチェルシー残留を希望したが、「クラブ次第だけど」とも発言。アトレティコに移り、FWジエゴ・コスタと再タッグを組む可能性もゼロではなさそうだ。 2018.10.14 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグここまでのパス総本数は? シティを抑えてあのチームがトップに

▽プレミアリーグがツイッターで今シーズンのここまでの各チームごとのパス総本数トップ5を発表した。 ▽5位は「4329」本でマンチェスター・ユナイテッド。4位は「4398」本でトッテナム。3位は「4772」本でリバプール。2位は「5639」本でマンチェスター・シティ。そして1位は「5728」本でチェルシーとなった。 ▽意外な結果ではないだろうか。例年であれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、流動的なフットボールや個人技の融合でチームでも個でも相手を圧倒してきたシティが他の追随を許さない最多のパス本数を記録してきた。事実、昨シーズンの4月のスウォンジー戦では1015本のパスを通し、リーグ史上初めて1000本超えを達成した。 ▽しかし今シーズン、そのペップ・シティを凌ぐパスサッカーを展開しているのがチェルシーだ。新たに就任した前ナポリ監督のマウリツィオ・サッリ氏は、同じくナポリから加入したイタリア代表MFジョルジーニョを中心としたパスサッカーを瞬く間に浸透させチームをガラリと変貌させた。ジョルジーニョはプレミア初挑戦にもかかわらず、第6節のウェストハム戦で180本のパスを成功させ、『Opta』が統計を始めた2003-04シーズン以降ではリーグ最多のパス本数を記録した。ちなみに、これまで最多記録を保持していたのはシティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンで174本。その相手はチェルシーだった。 ▽チェルシーの変貌ぶりは結果にも表れており、第8節を終了した時点で6勝2分け。稀に見る好スタートで、シティとリバプールと同勝ち点で並んでいる。また、公式戦全体に目を向けてもリーグ戦の2分け以外で全勝。EFLカップではリバプールを下している。サッリ監督の下、確かな強さを身に付けつつあるチェルシー。この強さは本物か否か…。 ◆プレミアリーグパス総本数TOP5※第8節終了時点 5,728 - チェルシー 5,639 - マンチェスター・シティ 4,772 - リバプール 4,398 - トッテナム 4,329 - マンチェスター・ユナイテッド 2018.10.14 00:08 Sun
twitterfacebook
thumb

アザール「もう一度モウリーニョと一緒に仕事がしたい」

▽チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールはかつての師、ジョゼ・モウリーニョ監督の下でもう一度プレーすることを望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2013年から2015年にかけてチェルシーでモウリーニョ監督の指導を受けたアザール。2014-15シーズンにプレミアリーグと国内カップ戦の2冠を達成したものの、翌シーズンに一時リーグ16位に低迷する事態に陥り、モウリーニョ監督はシーズン半ばに解任された。 ▽今回『HLN』のインタビューに答えたアザールは、モウリーニョ監督の下で過ごした2シーズン半を振り返り、3年目のシーズンの不振が自分にも原因があった事に責任を感じ、モウリーニョ監督に手紙で謝罪したことや、もう一度監督の下でプレーすることを望んでいることを明かした。 「この12年間で、一度だけ上手くいかないシーズンがあった。モウリーニョとの最後の半年間だ。だけどそれは僕の責任でもあった。タイトルを獲ったあと、モウリーニョに休暇の延長を頼んだんだ。それで戻ってきたときには万全とは程遠い状態だった」 「モウリーニョとの最後のシーズンは楽しむことができなかった。全く勝てなくて日常的にトレーニングが楽しくなかったんだ、だから僕らは分かれたほうが良かった。だけどもし、僕がもう一度一緒に仕事をしたい監督を1人選べと言われたら、それはモウリーニョだと答えるよ」 「キャリアの中で後悔したことはほとんどないけど、チェルシーでモウリーニョともっと一緒にいられなかったことは残念だよ。僕たちはもっとトロフィーを獲得できるチームを持っていた。悪い時期に終わってしまったんだ」 「彼にメッセージを送ったんだ。出て行ってしまって残念だ。申し訳なかったと」 2018.10.13 20:45 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース