迷走カッサーノが1週間で2度目の引退を発表2017.07.25 00:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴェローナを退団した元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(35)が24日、再び引退を発表した。自身のツイッターで明かしている。

▽半年近くフリーの状況が続いた中、5月10日にヴェローナに加入したカッサーノは7月18日に突如現役引退を表明。その後、考えを改めてその日のうちに引退を撤回していた。しかし24日、ヴェローナの会長を務めるマウリツィオ・セッティ氏がカッサーノの退団を発表していた。

▽18日に続く1週間で2度目の引退発表についてカッサーノは次のようにコメントしている。

「よく考えた結果、やはり引退することに決めた。ヴェローナのファンには謝りたい。会長やスポーツ・ディレクター、監督にスタッフ陣にも謝罪したい。現段階での最優先事項は子供や妻と共に居ることなんだ」

▽バーリでプロデビューを飾った天才的なセンスを武器とするセカンドストライカータイプのカッサーノは、2001年に移籍したローマで活躍後、2006年にレアル・マドリーへ移籍。しかし、レアル・マドリーでは実力を発揮しきれず、サンプドリアやミラン、インテルでプレー。その後、パルマを経てサンプドリアに復帰したが、2017年1月に契約を解消して以降フリーの状態となっていた。

▽イタリア代表としてはユーロ2008と2012の2大会に出場。ワールドカップの出場はなく、通算39試合の出場で10ゴールを記録した。

コメント

関連ニュース

thumb

S・ラモスに次ぐ世界2位のCBとの評価にボヌッチは?ミラン愛は「すぐ芽生えた」

ミランに所属するイタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチは14日付のイタリアメディア『プレミアムスポーツ』のインタビューに応じ、レアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスについて言及した。<br><br>■尊敬するS・ラモスに次ぐ評価には?ボヌッチは今夏、イタリア王者ユヴェントスを退団し、4000万ユーロ(約52億円)の移籍金でミランに電撃加入した。30歳ながら世界最高峰のセンターバックの1人として評価が高く、移籍市場ではチェルシーなど各国強豪クラブが獲得に興味を示した。スペイン代表のS・ラモスに次ぐ世界第2位とのランク付けを伝えられると、ボヌッチは素直に喜んだ。<br><br>「セルヒオ・ラモスに次ぐ世界第2位のディフェンダー? そうランク付けてもらえて嬉しい。セルヒオ・ラモスは優れた戦術眼やポジショニング感覚を持ち、ヨーロッパレベルの大会で決定的なゴールを決めることができる。何度か話をするチャンスがあったけど、彼は素晴らしい人物だし、僕は彼を尊敬している。これまでの成功は彼に相応しいと言える。僕に関して言えば、もっと上手くなりたいと思っている。ミランに来てから、これまでにも増してハングリーになっている」<br><br>■ボヌッチが明かすミラン移籍の理由続いてボヌッチは、ミラン移籍を決意した背景についても明かしている。<br><br>「交渉はあっという間だった。愛はすぐに芽生えるか、一生芽生えないかのどちらかだ。僕がミランを選んだのは、野心的なプロジェクトに引かれたからだ。僕にとって人生は挑戦だ。ミランという新たな挑戦に向かい、僕のキャリアの新たな1ページを開きたいと思った。(マルコ)ファッソーネCEO、(マッシミリアーノ)ミラベッリSD(スポーツディレクター)、そして(ヴィンチェンツォ)モンテッラ監督はすぐに僕を重要視してくれた。それに、ここへやって来た最初の日から胸の高鳴りを感じた。だからこそ今ここにいる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.16 19:16 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、胃腸炎から回復し練習復帰へ…開幕戦に向けポジション争いの正念場

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都は胃腸炎のため12日のテストマッチを欠場していたが、開幕戦へ向けて練習へ復帰する。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が14日、伝えている。<br><br>インテルは12日、レッチェにてレアル・ベティスとのテストマッチを行い、主将FWマウロ・イカルディのPK弾により1-0で勝利した。長友はプレシーズンに行われたインターナショナル・チャンピオンズカップなどに先発出場し、新指揮官ルチアーノ・スパレッティの信頼を徐々に勝ち取っていたが、ベティス戦では胃腸炎を発症して招集外となった。<br><br>長友に代わって先発したのは、9日にニースから加入したDFダルベルト・エンリケ。ブラジル出身の23歳で、昨シーズンはリーグ・アン33試合に出場して安定した活躍を見せ、ニースのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。<br><br>若手のライバルが加入し、ポジション争いが注目される中、20日に行われるセリエAの初戦フィオレンティーナ戦に向けて、インテルでは15日から練習が再開。長友も胃腸炎から回復し、練習復帰する見込みとなっている。加入からまだ5日ほどのダルベルトはスパレッティが採用する守備システムを短期間で習得しなければならず、現段階では開幕戦先発の座は長友の方が有利だと見られる。しかし、ブラジル人選手の戦術理解度次第では立場が逆転する可能性もあり、これからの1週間がポジション争いの正念場となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 23:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ撃破で初タイトルのインザーギ監督、無私無欲の選手を称賛「勝利で報われた」

13日、スタディオ・オリンピコでイタリア・スーパーカップ、ユベントス対ラツィオの試合が行われ、ラツィオが3-2で勝利した。ラツィオの指揮官シモーネ・インザーギは試合終了後、イタリア国営放送『RAI』のインタビューに応じ、喜びを語った。<br><br>ラツィオは昨シーズン、コッパ・イタリアの決勝へ駒を進めてユベントスと対戦するも、0-2で敗れてトロフィーを逃した。3カ月ぶりとなった同カードの対戦では、ラツィオがイタリア王者に対し、2点をリードしたものの、アディショナルタイムに同点に追いつかれる。しかしラツィオは終了間際にMFアレッサンドロ・ムルジャのゴールで劇的な勝利を飾った。2016年4月のトップチーム監督就任以来、自身初となるタイトルを手にしたインザーギは興奮を隠せない。<br><br>「ムルジャのゴール? この試合の自分たちのプレーが報われたようだ。試合の大部分において完璧だったし、チャンスを全く与えなかった。7月4日からこの試合に向けて準備してきた。コッパ・イタリア決勝で敗れたリベンジをしたかった。選手たちを称えるべきだ。彼らはきっと期待に応えてくれると確信していた。今はサポーターとともに勝利の喜びを味わいたい。無私無欲で献身的なプレーすれば、ピッチではすべてが起こりうることを証明できた」<br><br>なおスーパーカップの対戦相手、ユベントスへの移籍がうわさされているFWケイタ・バルデについても言及している。<br><br>「ケイタのことで騒ぎすぎたと思う。それから(フェリペ)アンデルソンが出られなくなってしまった。ケイタは今夜プレーすることに不安を感じているように見えたので、他の選手たちを使ったが、力を出し切ってくれた。彼らに敬意を表する」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.14 22:23 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 2-3 ラツィオ《スーペル・コッパ》

▽スーペル・コッパ2017のユベントスvsラツィオが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-3でラツィオが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170814_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 PK献上など3失点も好守も見せた DF 15 バルザーリ 5.0 守備重視も2失点目はベナティアと連係が合わず 4 ベナティア 4.5 PK献上の場面では自身の背後を取られ、2失点目の場面ではマークを見失う (→デ・シリオ 5.0) 3失点目の場面ではJ・ルカクのスピードに対応できず 3 キエッリーニ 5.5 自身に失点の責任はなかった 12 アレックス・サンドロ 6.0 相変らずの攻撃性能でPK奪取 MF 7 クアドラード 5.0 縦への突破を図れず (→ドグラス・コスタ 6.0) ディバラと共に右サイドからチャンスメイク 5 ピャニッチ 5.0 効果的なパスを入れられず、報復行為であわや退場に 10 ディバラ 6.5 さすがの左足でFKを沈める 6 ケディラ 5.0 攻守に空転 17 マンジュキッチ 5.0 攻撃面で仕事できず (→ベルナルデスキ 5.5) 意欲的にプレーも効果は薄かった FW 9 イグアイン 5.0 ほとんどボールに絡めず 監督 アッレグリ 5.0 2点差を追いついたが、開幕に不安の残る低調な内容 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170814_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 立ち上がりのピンチをビッグセーブで防ぐ DF 13 ワラセ 6.0 マンジュキッチにプレーさせず 3 デ・フライ 6.0 守備を統率 26 ラドゥ 6.0 クアドラードにスペースを与えなかった MF 8 バスタ 5.5 攻守に無難な出来 (→J・ルカク 6.0) 持ち味のスピードで決勝点アシスト 16 パローロ 6.0 2点目をアシスト。攻守に活躍 6 ルーカス・レイバ 6.0 捌き、潰しと無難にこなした (→ムルジャ 6.0) 最後のチャンスを活かした 18 L・アルベルト 6.0 シュートシーンによく絡んだ 19 ルリッチ 5.5 無理せず守備に気を遣う FW 17 インモービレ 7.0 2ゴールで勝利に導く 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 前線からの守備で貢献 (→マルシッチ 5.0) PK献上でチームを苦境に追い込む 監督 S・インザーギ 6.5 内容でユベントスを圧倒。順当な勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インモービレ(ラツィオ) ▽不安定なユベントス守備陣を持ち前の走力で突いた。PK獲得とヘディングゴールでユベントス相手に久々の勝利を挙げる。 ユベントス 2-3 ラツィオ 【ユベントス】 ディバラ(後40) ディバラ(後46[PK]) 【ラツィオ】 インモービレ(前32[PK]) インモービレ(後9) ムルジャ(後48) 2017.08.14 05:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオが2点差追いつかれるも終了間際弾でユベントスに競り勝つ《スーペル・コッパ》

▽スーペル・コッパ2017のユベントスvsラツィオが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-3でラツィオが勝利した。 ▽史上初のセリエA6連覇、コッパ・イタリア3連覇を果たした王者ユベントスと、コッパ・イタリアで準優勝したラツィオによるスーペル・コッパ。 ▽1週間後にカリアリとの開幕戦を控えるユベントスは、新戦力を起用せず昨季の主力をスタメンで起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽一方、SPALとの開幕戦を控えるラツィオは、新戦力ではルーカス・レイバのみを起用。それ以外は昨季の主力を起用し、[3-5-2]の布陣を採用した。 ▽試合は開始3分、ユベントスに決定機。左サイドを抜け出したアレックス・サンドロの折り返しに合わせたクアドラードのゴール至近距離からのシュートは、GKストラコシャのビッグセーブに阻まれた。その後もディバラ、イグアインと立て続けに枠内シュートを浴びせたユベントスが攻勢に出るも、20分を回る頃にはラツィオがポゼッションで盛り返していった。 ▽敵陣でボールを持つラツィオは31分にPKを獲得。ショートカウンターに転じ、インモービレがスルーパスに抜け出したところをGKブッフォンに倒された。これをインモービレがゴール右隅に決めてラツィオが先制した。 ▽続く34分にはバスタとルーカス・レイバが立て続けに枠内シュートを浴びせて追加点に迫ったラツィオは、ハーフタイムにかけても主導権を握り、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、前がかったユベントスだったが、54分にラツィオが突き放す。右サイドからのパローロのアーリークロスにファーサイドのインモービレがヘッドで合わせた。 ▽2点を追うユベントスは2枚代えを敢行。クアドラードとベナティアに代えてドグラス・コスタとデ・シリオを投入した。60分にはインモービレにハットトリックのチャンスを許すも、GKブッフォンが好飛び出しで阻んだユベントスは、ドグラス・コスタとディバラが起点となって攻勢に転じていく。 ▽それでもゴールが遠く、72分には最後のカードを切り、マンジュキッチに代えてベルナルデスキを投入した。しかし、ピャニッチが報復行為に出るなど雰囲気の悪いユベントスは、ルイス・アルベルトにミドルシュートでGKブッフォンを強襲され、けん制されてしまう。 ▽このまま敗戦するかに思われたが、王者が意地を見せる。まずは85分、ボックス手前左で得たFKをディバラが直接狙うと、美しい軌道のシュートがゴール左に決まり、1点を返した。さらに90分にはPKを獲得する。ボックス左にドリブルで侵入したアレックス・サンドロがマルシッチに倒された。これをディバラがゴール左に決めて、ユベントスが土壇場で試合を振り出しに戻した。 ▽しかし追加タイム3分、ラツィオはJ・ルカクがスピードでデ・シリオを振り切ってマイナスのクロスを折り返し、ムルジャが流し込んだ。これが決勝点となってラツィオが8年ぶり4度目のスーペル・コッパ戴冠を果たしている。 2017.08.14 05:58 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース