迷走カッサーノが1週間で2度目の引退を発表2017.07.25 00:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴェローナを退団した元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(35)が24日、再び引退を発表した。自身のツイッターで明かしている。

▽半年近くフリーの状況が続いた中、5月10日にヴェローナに加入したカッサーノは7月18日に突如現役引退を表明。その後、考えを改めてその日のうちに引退を撤回していた。しかし24日、ヴェローナの会長を務めるマウリツィオ・セッティ氏がカッサーノの退団を発表していた。

▽18日に続く1週間で2度目の引退発表についてカッサーノは次のようにコメントしている。

「よく考えた結果、やはり引退することに決めた。ヴェローナのファンには謝りたい。会長やスポーツ・ディレクター、監督にスタッフ陣にも謝罪したい。現段階での最優先事項は子供や妻と共に居ることなんだ」

▽バーリでプロデビューを飾った天才的なセンスを武器とするセカンドストライカータイプのカッサーノは、2001年に移籍したローマで活躍後、2006年にレアル・マドリーへ移籍。しかし、レアル・マドリーでは実力を発揮しきれず、サンプドリアやミラン、インテルでプレー。その後、パルマを経てサンプドリアに復帰したが、2017年1月に契約を解消して以降フリーの状態となっていた。

▽イタリア代表としてはユーロ2008と2012の2大会に出場。ワールドカップの出場はなく、通算39試合の出場で10ゴールを記録した。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル勝利に貢献も序列は覆らず…長友佑都に辛口評価「彼は今もサントンの後ろ」

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都はコッパ・イタリアでPKを決め、インテルを勝利に導いたが、イタリア紙『イル・ジョルノ』は14日、厳しい見解を示している。<br><br>インテルは12日、コッパ・イタリア5回戦でポルデノーネ(セリエC)と対戦。主力を温存し、18歳のFWアンドレア・ピナモンティや19歳のFWヤン・カラモーら若手など、控え組が先発に起用された。しかし延長戦を終えてスコアレスドローと大苦戦を強いられ、試合はPK戦にもつれ込んだ。PK戦でもサドンデスに突入するが、最後は長友がゴール左に落ち着いて沈め、次のラウンドへの進出を決めた。<br><br>同紙はセンターバックのDFアンドレア・ラノッキアを評価した一方、カラモーやDFジョアン・カンセロ、DFダウベルト・エンリケについて「ダメだった」と指摘。特に今夏、ニースから2000万ユーロ(約26億円)で加入した長友のライバルについては、「遠慮し過ぎる上に、攻守両面において精度が低い。期待からほど遠い」と結論付けた。<br><br>だがベテラン勢のFWエデルと長友に関しても、「最高のパフォーマンスを見せることはなかった。彼らは新参者という言い訳もない」と厳しい分析をした。一方、「日本人選手は試合を決めるPKを非常に上手く蹴り、総合的には疑念を消し去った」として、最後のPKにより評価を上げたことに言及。「だがサイドにおける序列を覆すには至らなかった。現在、彼は(ダニーロ)ダンブロージオと(ダヴィデ)サントンの下に位置する」と結論を下した。今後もサイドバックにおけるポジション争いは注目されるところだ。<br><br>なおインテルはコッパ・イタリア次戦の準々決勝において、ヴェローナを下したミランと対戦する。コッパ・イタリアでのミラノダービーは2000年の準々決勝以来となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 17:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ退団の理由を聞く子供のストレートな質問にボヌッチがたじたじ

▽ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、子供からのストレートな質問にたじたじとなったようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽セリエAで6連覇を達成したユベントスの守備陣を支えてきたボヌッチは、今夏の移籍市場でライバルであるミランへ加入した。再建段階にあるミランのキャプテンを務め、負傷の影響がありながらもここまでリーグ戦14試合に出場している。 ▽そんなのボヌッチが、ミランのユースアカデミーのクリスマスパーティーに参加。大勢の子供たちの前で「みんなの夢が実現することを願っているよ。いつも楽しく過ごすように心がけよう。僕たちは君らの笑顔を願ってる」とあいさつをした。 ▽子供たちにとっては、トップチームのキャプテンとして活躍するボヌッチとのひと時は夢のような時間だっただろう。そんな中、子供たちからの質問コーナーが開催された。報道によるとイベントに参加していた女の子が「なぜユーベから出ていったの?」と子供らしい直球な質問をぶつけた。 ▽しかしボヌッチも大人な対応に出る。子供たちにもわかりやすいように人生の教訓として語っている。 「そうだね。真実を話すには君は少し幼いかもしれないね。でもこれは新しい試合に臨んでいるだけなんだ。僕とユベントスはお互いに決断してこの移籍が決まった」 「監督もミラベッリも僕にチャンスを与えてくれたんだ。僕はそれを掴んだ。人生や人間関係の中には常に議論があり、別の道を歩むこともあるんだ。僕とユーベはそうなったんだよ」 ▽なおボヌッチの退団についてはマッシミリアーノ・アッレグリ監督との衝突が原因だと言われていた。実際にボヌッチはミラン加入後、「真実を話す」として次のようなコメントを残している。 「(アッレグリとの関係悪化は)あくまでも最後の要因に過ぎない。それ以外にもあらゆる状況があった。100%をチームに捧げるために、(クラブから)重要な選手だ(と思われている)と感じる必要がある。でもユーベではそういったものを感じるのは時々しかなく、(首脳陣が)思い出した時だけだったね」 2017.12.15 11:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ライオラは態度を変えず「ミランがドンナルンマを使って私を攻撃している」

▽ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が、ミランと徹底抗戦の構えを見せた。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽今夏にドンナルンマの契約延長交渉をミランと行ったライオラ氏、一時はミラン退団をほのめかすも最終的には新たな契約にサインをしていた。 ▽しかしライオラ氏は最近になって、この交渉の席でドンナルンマがミラン側から不当な圧力を受けて強制的にサインをさせられたと主張。ドンナルンマもこれを認めていると報じられた。 ▽これに対してミランのサポーター団体『ミラネッロ』は13日に行われたコッパ・イタリア5回戦のヴェローナ戦で、ドンナルンマを批判するバナーを掲載。さらに激しいブーイングを浴びせており、選手は試合後、ロッカールームで涙を浮かべた。 ▽事件後、沈黙を続けていたドンナルンマは「ミランからの圧力があったとは言っていない」と自身のインスタグラムで発言し、事態の鎮静化を図っている。 ▽ところがライオラ氏は、あくまでもミラン側の対応に問題があったと自身の主張を曲げることはないようだ。 「(ミランのスポーツ・ディレクターを務める)ミラベッリは私との間に個人的な問題を抱えている。彼らはドンナルンマを使って私を攻撃しているのだ。メディアを使い、ジジオ(ドンナルンマ)にも影響が出ている状況だ」 「今は少し落ち着いた方が良く、適切なタイミングでミラベッリに返信する。ただ、これだけは言っておくが、この件に関してジジオは何の関係もない。彼に非はなく、これは私に対しての攻撃だ。そこにジジオを用いるのは正しいことではない」 「そもそもミランの問題はジジオとアントニオ(ドンナルンマの兄)についてサポーターが批判しているのに、そのことに対してクラブもミラベッリもコメントしない。スタジアムに掲載されたバナーはなんだ? ミラベッリは選手たちを守らなければいけない」 2017.12.15 09:18 Fri
twitterfacebook
thumb

沈黙を破るドンナルンマ「ミランからの圧力があったとは言っていない」

▽ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが、サポーターグループからのバッシングを受けて事件の真相を語っている。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ドンナルンマは今夏に契約延長交渉が難航し、ファンはその姿勢に苛立ちを見せていた。しかし選手側が態度を一変させて契約延長にサインしミランに残留している。 ▽しかしこの契約延長の交渉の席で、ミラン側の圧力を受けてサインをさせられたと代理人であるミーノ・ライオラ氏が主張。ドンナルンマもこれを認めていると報じられており、騒動が再燃。新たな契約が破棄されれば、以前の契約が適応され今シーズン限りで契約満了となる。 ▽これに対してミランのサポーター団体『ミラネッロ』は13日に行われたコッパ・イタリア5回戦のヴェローナ戦で、ドンナルンマを批判するバナーを掲載。さらに激しいブーイングを浴びせており、選手は試合後、ロッカールームで涙を浮かべた。 ▽その後沈黙を続けていたドンナルンマだが、14日に自身のインスタグラムを更新。報道を受けて、自分の口から真実を語った。 「本当に期待外れの酷い夜だった。僕が契約書にサインした際、ミランから圧力を受けたといったように報道されている。でもそんなことはなかった。今は次の試合に向けて集中しているよ。フォルツァ・ミラン!!」 2017.12.15 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランとの騒動が再燃…契約延長破棄要求するドンナルンマにサポーターは「どっかいっちまえ! 」

▽今夏、度重なる移籍騒動の末にミランとの契約延長に落ち着いたイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)が、直近の報道を経て再びサポーターからのバッシングに晒されている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ミランの生え抜きで、2015年10月に16歳8カ月の若さでプロデビューを果たし、GKにおけるセリエAの最年少出場記録を樹立したドンナルンマ。サポーターからの寵愛を受けていた彼だったが、一時ミランとの契約延長を拒否する姿勢を示したところ、U-21欧州選手権では偽ドル札が投げつけられ、SNS上では『Dollarumma(ドルと名前をもじった造語で金の亡者の意)』というワードが飛び交うなど過激なバッシングに遭っていた。 ▽そんなドンナルンマは、態度を一変させて契約延長に同意。サポーターに対して謝罪し、ボーナス込みで年俸600万ユーロ(約8億円)+兄であるGKアントニオ・ドンナルンマをクラブに入団させるという条件で、2021年6月末までの契約延長に合意したと各紙より報じられていた。 ▽12日付けのイタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』の報道によれば、ドンナルンマ側は契約解除金の設定に署名を行っていなかった模様。これにより、ミランは金額に関係なくドンナルンマの売却を拒否できることに。より結びつきの強い契約となっているが、代理人のミーノ・ライオラ氏がこれに抗議。契約締結時に選手が心理的圧迫を受けていたとして、契約破棄を求めているとのことだ。 ▽さらに、ドンナルンマ本人も契約時に冷静でなかった、心的圧迫を受けていたと表明する書類を提出していると伝えられており、騒動が再燃。もし破棄されれば今シーズン限りで契約満了となる同選手に対し、ミランのサポーター団体『ミラネッロ』は13日に行われたコッパ・イタリア5回戦のヴェローナ戦で、以下のような内容のバナーを掲げた。 「心理的暴力でシーズンに600万ユーロを稼いで、寄生する兄の賃金も貰ってるって? 」 「もうお前には我慢の限界だ、どっかいっちまえ! 」 ▽この厳しいブーイングなどを受けて、ドンナルンマは試合前のロッカールームで涙を浮かべており、キャプテンのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが積極的に声をかけて慰めていたようだ。 ▽なお、ミランは一連の騒動を受けて同日、スポーツ・ディレクターを務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が公式チャンネルで語った内容を公式サイトに掲載。一連の報道を否定するとともに、ドンナルンマを売却する意思がないと主張している。 「ジジオ(ドンナルンマ)はこれまで一度もクラブを去りたいと言ってきたはない。でなければ、彼は2021年までの契約にサインしていない。何者かが故意に我々の関係を乱す動きを見せているが、我々は自分たちのことだけに集中していきたい」 「これまで何度も言ってきたように、我々は誰も売る必要がない。仮に、クラブがプレーヤーの売却に踏み切る場合は、我々が許可したときだけだ。我々は常にミランとドンナルンマ双方のイメージを守っていく」 「また、我々がファンに求めることは我々のプレーヤーを威圧することではなく、対戦相手を威圧してくれることだ。ジジオは正真正銘の立派な男だが、同時に彼は非常に若く間違いを犯すこともある。我々は今後の数カ月をかけて、幾つかの問題解決に取り組んでいきたい」 2017.12.14 23:12 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース