PK戦を制したユナイテッドがICC連勝を飾る!《ICC2017》2017.07.24 08:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドのレアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間24日に行われ、1-1で90分が終了。その後に行われたPK戦の結果、1-2でユナイテッドが勝利した。

▽8月8日に行われるUEFAスーパーカップ2017で対戦するCL王者vsEL王者の一戦。

▽ICC初戦に臨むレアル・マドリーは、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドやDFセルヒオ・ラモスなどが招集外となった中、 [4-3-3]の布陣を採用。GKケイロル・ナバス、最終ラインは右からカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロを起用。アンカーにモドリッチ、インサイドハーフにクロース、イスコを配置し、3トップは右からルーカス・バスケス、ベンゼマ、ベイルと並べた。

▽一方、日本時間21日に行われたマンチェスター・シティ戦とのダービーを新戦力のルカク弾などで勝利(2-0)したユナイテッドは、その試合からラッシュフォードとリンガード以外のスタメ9人を変更。GKはロメロが守り、バックラインはフォス=メンサ、バイリー、フィル・ジョーンズ、ダルミアンと並ぶ。中盤はキャリックとフェライーニがダブルボランチを組み、2列目はリンガード、アンドレアス・ペレイラ、マルシャルと並び、最前線はラッシュフォードが務めた。

▽試合は立ち上がりから互いに積極的な攻めの姿勢を見せる。すると5分、レアル・マドリーはボックス左でボールを受けたベンゼマのクロスからチャンスを迎えるが、これはベイルの前で飛び出したGKロメロがパンチング。

▽対するユナイテッドは7分、左サイドからカットインしたマルシャルのラストパスを受けたリンガードが強烈なミドルシュートでゴールを供給、しかし、シュートはGKナバスの好反応に阻まれた。

▽その後は縦に早い展開となるも、お互いに堅い守りを見せてシュートまで持ち込めない時間が続く。そんな中、前半終了間際のチャンスを生かしたのはユナイテッドだった。
46分、左サイド高い位置でボールを受けたマルシャルがカットインを仕掛けると、細かなステップで相手DFを3人かわしラストパス。これをゴール前のリンガードが流し込んだ。

▽迎えた後半、1点を追うレアル・マドリーは先発メンバーを全員変更。GKカシージャや、カゼミロ、コバチッチ、新加入のテオ・エルナンデスらがピッチに入った。一方のマンチェスター・ユナイテッドは、マルシャル、フェライーニ、ダルミアン以外の先発8人を変更。GKデ・ヘアやポグバ、新加入のルカクやリンデロフがピッチに立った。

▽すると、先にチャンスを迎えたのはレアル・マドリー。69分、スルーパスでボックス左に侵入したテオ・エルナンデスがリンデロフに倒されてPKを獲得。このPKをカゼミロがゴール左に突き刺し、同点に追いついた。

▽同点とされたユナイテッドは、78分にダルミアンを下げてバレンシアを投入。すると83分、マクトミネイの右クロスからフェライーニに最大の決定機が生まれたが、右足で合わせたシュートは枠を大きく外した。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。延長戦を行わずに突入したPK戦は、互いに3人が失敗して迎えた5人目で決着がつく。先攻のユナイテッドはブリントが相手GKの動きを読み、ゴール中央に沈める。一方、レアル・マドリーのカゼミロのシュートはクロスバーを直撃。この結果、2-1でPK戦を制したユナイテッドがICC連勝を飾った。

レアル・マドリー 1-1(PK:1-2) マンチェスター・ユナイテッド
【レアル・マドリー】
カゼミロ(後24[PK])
【マンチェスター・ユナイテッド】
リンガード(前46)

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズOBが予言 アルデルヴァイレルトは今夏残留なら来年1月ユナイテッドへ

▽元イングランド代表のジャーメイン・ジェナス氏が古巣トッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)のマンチェスター・ユナイテッド移籍を予言した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽今夏のユナイテッド入りが取り沙汰され続けたアルデルヴァイレルト。だが、トッテナムとの交渉に折り合いがつかないまま、今夏のプレミアリーグ移籍市場は閉幕。今夏のユナイテッド移籍は消滅した。 ▽現在、そのアルデルヴァイレルトを巡っては、バイエルンやバルセロナ、パリ・サンジェルマンも関心を示している様子。そのため、まだ国外移籍の可能性は残されており、今後の去就に注目が集まっている。 ▽イギリス『BT Sport』で解説者を務めるジェナス氏は、自身の古巣で去就が不透明なアルデルヴァイレルトの残留を希望。だが、今夏のトッテナム残留が決まっても、来年以降もマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でプレーする姿が想像できないと自身の見解を示した。 「スパーズにとって、トビーの存在は100%必要だ。ダビンソン・サンチェスも良いが、まだまだ未完。現時点でトビーの方が優れている」 「トビーとヤン(・ヴェルトンゲン)は、世界でも1、2位を争うセンターバックコンビになる可能性を秘めている」 「人々は、おそらくラファエル・ヴァランとセルヒオ・ラモスのセンターバックコンビと比較して話をしているだろう」 「どうして、このコンビを望まないのか。理解できないね。思うに、彼の年齢や負傷歴がトビーの価値を下げてしまっている」 「ユナイテッドからしてみれば、『何故、来年1月に2500万ポンドで獲得できるのに、わざわざ6000万ポンドを支払うんだ?』って思うはずさ」 「彼がこの夏、どこかに移籍していなければ、来年1月にユナイテッドに行くことになるだろう。それは確実だね」 2018.08.18 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがポグバとの“真実”告白 嘘報道にも釘

▽マンチェスター・ユナイテッドの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督がフランス代表MFポール・ポグバ(25)との“真実”を明かした。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽長らくポグバとの軋轢が指摘されるモウリーニョ監督。今夏も取り沙汰され続けており、ポグバにもバルセロナ移籍の可能性が取り巻く始末だ。だが、真実は真逆なのかもしれない。モウリーニョ監督はポグバとの関係性について語り、メディアの過剰な報道にも釘を刺した。 「真実は、我々は2年と数週間一緒に仕事をしていて、これ以上ないぐらい彼に満足しているということ。それこそ真実だ。私から彼にこれ以上のことを求めるなんてできない」 「彼は合流して間もないのに、ファンのことを思ってプレーしてくれた。その精神こそ私が望むものだ。彼は良くプレーしている。ファンのため、チームのためにね。これ以上の幸せはない」 「ただ、彼を守るためにも言っておきたい。彼や私について書くことは構わないが、嘘だけは止めてくれ。彼は礼儀正しく、しっかりと教育も受けていて、言い争いなどもない。尊敬に満ちた関係にある。何の問題もない」 2018.08.18 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

CL3連覇のジダン、ユナイテッド監督就任を希望か

▽昨シーズンまでレアル・マドリーを率いたジネディーヌ・ジダン氏(46)にマンチェスター・ユナイテッド行きの可能性が浮上した。フランス『レキップ』が報じた。 ▽ジダン氏は2016年1月からレアル・マドリーの指揮を執り、2017-18シーズン限りで退任。前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げるなど、輝かしい功績を築いた。 ▽『レキップ』によれば、そのジダン氏はプレミアリーグ行きに興味を示し、来シーズンからの挑戦を希望。そして、有力視されるのが、自身が尊敬するサー・アレックス・ファーガソン氏がかつて率いたユナイテッドだという。 ▽ユナイテッドは2016-17シーズンからジョゼ・モウリーニョ監督が指揮。だが、今夏の停滞した補強に関する不満が取り沙汰されるなど、モウリーニョ体制3年目のここまでは良い話が聞こえてきていない。 2018.08.17 08:50 Fri
twitterfacebook
thumb

25歳ルカク、2年後に代表引退へ ユーロが集大成か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(25)が2020年に代表から退く意向を口にした。 ▽ルカクは、16歳の若さでジュピラー・プロ・リーグの史上最年少得点王を受賞。2010年のベルギー代表デビュー以降、通算75試合40得点を誇り、3位入賞を果たした先のロシア・ワールドカップ(W杯)でも6試合4得点と活躍した。 ▽2022年のカタールW杯でもさらなる活躍が期待されるルカク。だが、『Business Insider』のインタビューで今後の代表キャリアについて問われると、2020年に行われるユーロ後の代表引退プランを明かした。 「ユーロを最後に(ベルギー代表を)やめようと思っている。僕らのような国は、あらゆるビッグトーナメントで準決勝まで進まなければならない。そして、それ以上が求められてくる」 2018.08.17 08:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバ退団報道再燃! バルサ&ポグバvsユナイテッドの構図に?!

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(25)は、ジョゼ・モウリーニョ監督との関係如何に関わらずバルセロナ移籍を望むようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽プレミアリーグの移籍市場閉幕まで、盛んに報じられていたポグバのバルセロナ移籍。2016-17シーズンに当時の史上最高額となった移籍金1億500万ユーロ(現在のレートで約132億円)でユベントスからユナイテッドに入団した同選手の去就には、モウリーニョ監督との軋轢が影響していることが伝えられていた。 ▽とはいえ、結局プレミアの移籍市場が閉まるまでにポグバ退団は発表されず。バルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアリエド・ブライダ氏が先日、スペイン『ラジオ・スポルティーバ』で「私たち(バルセロナ)がポグバ獲得に動くとは思えない」と発言するなど、この騒動は急激に下火になっていった。 ▽しかし、『デイリー・メール』は15日、ポグバがバルセロナ移籍を望んでいるとする記事をリリース。それによると、同選手はユナイテッドに入団したタイミングでもスペイン行きを望んでいたようで、モウリーニョ監督との亀裂が修復されたとしても移籍の意思は変わらないという。 ▽また、バルセロナとポグバの間では既に合意が得られているものの、ユナイテッドのみが反対している状況であるとも。ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が移籍金8950万ポンド(約126億円)の5年契約を取り付けたと囁かれる中、ユナイテッド側はスペインの移籍市場が閉幕するまで入札を拒否し続ける構えである模様だ。 ▽また、ポグバは来年1月、もしくは来夏の移籍も見据えているようで、その間にモウリーニョ監督との関係はさらに悪化していくだろう、と『デイリー・メール』は報じている。 2018.08.16 22:25 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース