PK戦を制したユナイテッドがICC連勝を飾る!《ICC2017》2017.07.24 08:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドのレアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間24日に行われ、1-1で90分が終了。その後に行われたPK戦の結果、1-2でユナイテッドが勝利した。

▽8月8日に行われるUEFAスーパーカップ2017で対戦するCL王者vsEL王者の一戦。

▽ICC初戦に臨むレアル・マドリーは、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドやDFセルヒオ・ラモスなどが招集外となった中、 [4-3-3]の布陣を採用。GKケイロル・ナバス、最終ラインは右からカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロを起用。アンカーにモドリッチ、インサイドハーフにクロース、イスコを配置し、3トップは右からルーカス・バスケス、ベンゼマ、ベイルと並べた。

▽一方、日本時間21日に行われたマンチェスター・シティ戦とのダービーを新戦力のルカク弾などで勝利(2-0)したユナイテッドは、その試合からラッシュフォードとリンガード以外のスタメ9人を変更。GKはロメロが守り、バックラインはフォス=メンサ、バイリー、フィル・ジョーンズ、ダルミアンと並ぶ。中盤はキャリックとフェライーニがダブルボランチを組み、2列目はリンガード、アンドレアス・ペレイラ、マルシャルと並び、最前線はラッシュフォードが務めた。

▽試合は立ち上がりから互いに積極的な攻めの姿勢を見せる。すると5分、レアル・マドリーはボックス左でボールを受けたベンゼマのクロスからチャンスを迎えるが、これはベイルの前で飛び出したGKロメロがパンチング。

▽対するユナイテッドは7分、左サイドからカットインしたマルシャルのラストパスを受けたリンガードが強烈なミドルシュートでゴールを供給、しかし、シュートはGKナバスの好反応に阻まれた。

▽その後は縦に早い展開となるも、お互いに堅い守りを見せてシュートまで持ち込めない時間が続く。そんな中、前半終了間際のチャンスを生かしたのはユナイテッドだった。
46分、左サイド高い位置でボールを受けたマルシャルがカットインを仕掛けると、細かなステップで相手DFを3人かわしラストパス。これをゴール前のリンガードが流し込んだ。

▽迎えた後半、1点を追うレアル・マドリーは先発メンバーを全員変更。GKカシージャや、カゼミロ、コバチッチ、新加入のテオ・エルナンデスらがピッチに入った。一方のマンチェスター・ユナイテッドは、マルシャル、フェライーニ、ダルミアン以外の先発8人を変更。GKデ・ヘアやポグバ、新加入のルカクやリンデロフがピッチに立った。

▽すると、先にチャンスを迎えたのはレアル・マドリー。69分、スルーパスでボックス左に侵入したテオ・エルナンデスがリンデロフに倒されてPKを獲得。このPKをカゼミロがゴール左に突き刺し、同点に追いついた。

▽同点とされたユナイテッドは、78分にダルミアンを下げてバレンシアを投入。すると83分、マクトミネイの右クロスからフェライーニに最大の決定機が生まれたが、右足で合わせたシュートは枠を大きく外した。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。延長戦を行わずに突入したPK戦は、互いに3人が失敗して迎えた5人目で決着がつく。先攻のユナイテッドはブリントが相手GKの動きを読み、ゴール中央に沈める。一方、レアル・マドリーのカゼミロのシュートはクロスバーを直撃。この結果、2-1でPK戦を制したユナイテッドがICC連勝を飾った。

レアル・マドリー 1-1(PK:1-2) マンチェスター・ユナイテッド
【レアル・マドリー】
カゼミロ(後24[PK])
【マンチェスター・ユナイテッド】
リンガード(前46)
コメント
関連ニュース
thumb

元主将キーン氏が古巣の現状に憤り「始めて見た人は“平均的なチーム”としか思わないだろう」

マンチェスター・ユナイテッド元主将のロイ・キーン氏は、リバプールに敗れた古巣へ苦言を呈した。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第17節で、マンチェスター・Uはリバプールと対戦。ジェシー・リンガードのゴールで前半のうちに同点に追いついたマンチェスター・Uだが、後半に2ゴールを許して1-3でライバルの前に屈した。<br><br>イギリス『スカイスポーツ』の番組内でこの試合について語ったキーン氏は、古巣の不甲斐なさへの不満を口にし、首位を走るリバプールとの差を埋めるためには移籍市場で積極的に動く以外の方法はないと語った。<br><br>「ユナイテッドは試合に入ることもできていなかった。ポゼッション、ゴール、シュート、コーナー&hellip;&hellip;、リバプールがどれも上回っていた。試合前からこのことを心配していたが、今夜のユナイテッドを見て、さらに心配は大きくなった」<br><br>「今日マンチェスター・ユナイテッドとしてプレーした多くの選手は、マンチェスター・ユナイテッドにとって十分とは言えない。彼らは良い選手たちだと思うが、マンチェスター・ユナイテッドの選手としてではない」<br><br>さらに、17試合で早くも昨シーズンの失点数を上回った守備陣に対しても言及している。<br><br>「今日出た選手たちはベストを尽くしたと思う。ただ乏しかっただけだ。クラブは既に何人かのディフェンダーに資金を投じたが、十分に良いとは言えない。だから移籍市場でもっと獲得する必要がある。君たちはマンチェスター・ユナイテッドだ。ビッグクラブなんだ」<br><br>「守備面はチームの基盤にならなくてはならない。毎回クリーンシートを目指す必要がある。リバプールが最後の10分や15分で良いプレーを見せていれば、4点や5点を奪われていた可能性はある」<br><br>また、キーン氏はジョゼ・モウリーニョ監督が「トップ4のチャンスが残っている」と話したことについても触れ、目標達成には補強が必要と再度進言している。<br><br>「今日見たことが現実だ。目は嘘をつかない。現状ではトップ4が彼らのベストだ」<br><br>「仮にマンチェスター・ユナイテッドのことを知らない人間が今日の試合を見たら彼らのことを&ldquo;プレミアリーグの平均的なチーム&rdquo;と感じるだろう。しかし、歴史やタイトルを見れば&hellip;&hellip;何人かの選手たちはマンチェスター・ユナイテッドにとって十分ではない。クラブは再度投資をしなければならない。次の夏のために4位を目指す必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 18:43 Mon
twitterfacebook
thumb

「ベストパフォーマンスの1つ」マンチェスター・U撃破のチームをクロップが絶賛

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ベストパフォーマンスだったとチームを称賛した。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第17節でリバプールはホームでマンチェスター・Uと対戦。サディオ・マネの先制点でリードを奪ったリバプールだが、前半のうちに同点にされる。しかし、70分に交代でピッチに立ったジェルダン・シャキリが大仕事をやってのける。交代からわずか3分後に勝ち越しゴールを奪うと、80分にも得点を挙げて、3-1の勝利に大きく貢献した。<br><br>これで開幕から17戦無敗とし、首位キープに成功したリバプールのクロップ監督は、試合後の会見でチームを称賛した。「素晴らしい試合の入りで、正直、私がここに就任して以降、ベストパフォーマンスの1つだった。最初の30分間は非常に優れていて、選手たちのプレーはパーフェクトだった」<br><br>また、試合後の『スカイスポーツ』のインタビューでも満足を示した。「選手たちのパフォーマンスにとてつもなく幸せだ。ユナイテッドは力のあるメンバーを起用し、非常に組織されてよく戦っていた。本当に難しい試合になる可能性もあった」<br><br>「我々のプランはリスクを冒し、勇気を必要とするもので、ラインの裏を狙っていた。最初のゴールはそのプランが上手くいき、絵に描いたようなものだった。ただただ素晴らしかった。ファンタスティックなパフォーマンスだ。トップの中のトップで、ファーストクラスのチームだった。全体で見ても素晴らしいものだった」<br><br>提供:goal.com 2018.12.17 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

補強下手のユナイテッド、ローマの敏腕SD招へいに失敗…

▽マンチェスター・ユナイテッドがローマでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏の招へいに失敗したようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽モンチ氏は2000〜2017年までセビージャのSDとしてチーム編成を担当。そのセビージャでの仕事ぶりが評価され、2017年4月に4年契約+1年の延長オプションでローマの新SDに就任した。 ▽近年のユナイテッドはエド・ウッドワード最高経営責任者が補強を司っているが、ジョゼ・モウリーニョ監督の要求に応え切れておらず、今夏もセンターバックの新戦力獲得に失敗している。 ▽そのユナイテッドは、以前から関心が取り沙汰されてきたモンチSDにアプローチ。招へいを試みたが、本人からローマでの仕事に専念したい意向もあり、打診を断られてしまったという。 ▽そのため、ユナイテッドはかつてトッテナムやサウサンプトン、MKドンズで働き、現在RBライプツィヒに在籍するポール・ミッチェル氏にシフトした模様だ。 2018.12.17 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

記者の質問に苛立つモウリーニョ…不出場のポグバについては「ノー」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、リバプール戦後の会見で記者陣の質問に苛立つ様子を見せた。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第17節で、マンチェスター・Uは敵地でリバプールと対戦。ライバルとの一戦で意地を見せたいマンチェスター・Uは、24分にリバプールに先制点を許すも、その9分後にジェシー・リンガードがゴールを奪って試合を振り出しに戻す。しかし、後半にジェルダン・シャキリに2ゴールを奪われ、1-3で敗れた。<br><br>この敗戦で、首位リバプールとの勝ち点差は「19」に広がり、上位勢の背中が遠のいてしまったマンチェスター・U。試合後、モウリーニョ監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、これでも選手たちを擁護するかとの質問に反論した。<br><br>「どういうことだ? 選手たちが不誠実とでも言いたいのか? 君たちは私に選手たちが不誠実か聞くことができる。しかし、君たちとは逆で、私は彼らを誠実だと信じている。フットボール選手である以上、毎日、毎試合、毎分全力を尽くす必要がある。少しでも手を抜いてしまえば君たちは選手たちを不誠実だと呼べるが、彼らはピッチの上で全力を出していた」<br><br>また、この窮地から立て直すことができるかと問われた同指揮官は、トップ4を狙えるチャンスがあると強調した。<br><br>「タイトルは取れないだろうが、まだ4位フィニッシュを果たせるチャンスはある。ただし、簡単ではないだろう。間違いなくトップ6には入れるが、現状でのベストは4位に入ることだ。今はまず、5位を目指す必要があり、その後4位を目指す」<br><br>これでマンチェスター・Uの今シーズンの失点数は29に到達し、早くも昨シーズンの失点数である28を上回った。モウリーニョ監督は自身の戦術が問題ではなく、地力の差でリバプール攻撃陣に太刀打ちできなかったと認めた。<br><br>「リバプールは我々よりも良いチームで、彼らのインテンシティやフィジカル面、さらにテクニック面を我々と比べることはできない。3点目が入るまで我々は戦えていて、最後の10分や15分は彼らと同じだけのチャンスを作れていたから引き分けにできる可能性もあった」<br><br>また、この試合をベンチから見守ったポール・ポグバについて問われると「ノー」と即答。理由については「(ネマニャ)マティッチ、(ジェシー)リンガード、(アンデル)エレーラで満足しているからだ」と回答している。<br><br>提供:goal.com 2018.12.17 08:50 Mon
twitterfacebook
thumb

今季のユナイテッド、データ的にも最悪 モウリーニョ解任に拍車か

▽データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドは数字上も最悪だ。 ▽巻き返しを狙うユナイテッドは、16日に敵地で行われたプレミアリーグ第17節でリバプールと対戦。1-1で試合を折り返したが、後半にスイス代表MFジェルダン・シャキリの2発に沈み、5試合ぶりのシーズン5敗目を喫した。 ▽ユナイテッドの失点数は昨シーズンの総失点「28」を上回る「29」に。第17節終了時の勝ち点「26」も1990-91シーズンに並ぶクラブ史上最低の数字であり、1992年創設のプレミアリーグだけでいけばワースト記録だという。 ▽敗れたユナイテッドは、これで首位リバプールとの勝ち点差が「19」に。チャンピオンズリーグ出場権争いにおいても、4位チェルシーとの勝ち点差が「11」に広がった。ジョゼ・モウリーニョ監督の更迭に待ったなしか。 2018.12.17 08:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース