PK戦を制したユナイテッドがICC連勝を飾る!《ICC2017》2017.07.24 08:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・アメリカラウンドのレアル・マドリーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間24日に行われ、1-1で90分が終了。その後に行われたPK戦の結果、1-2でユナイテッドが勝利した。

▽8月8日に行われるUEFAスーパーカップ2017で対戦するCL王者vsEL王者の一戦。

▽ICC初戦に臨むレアル・マドリーは、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドやDFセルヒオ・ラモスなどが招集外となった中、 [4-3-3]の布陣を採用。GKケイロル・ナバス、最終ラインは右からカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロを起用。アンカーにモドリッチ、インサイドハーフにクロース、イスコを配置し、3トップは右からルーカス・バスケス、ベンゼマ、ベイルと並べた。

▽一方、日本時間21日に行われたマンチェスター・シティ戦とのダービーを新戦力のルカク弾などで勝利(2-0)したユナイテッドは、その試合からラッシュフォードとリンガード以外のスタメ9人を変更。GKはロメロが守り、バックラインはフォス=メンサ、バイリー、フィル・ジョーンズ、ダルミアンと並ぶ。中盤はキャリックとフェライーニがダブルボランチを組み、2列目はリンガード、アンドレアス・ペレイラ、マルシャルと並び、最前線はラッシュフォードが務めた。

▽試合は立ち上がりから互いに積極的な攻めの姿勢を見せる。すると5分、レアル・マドリーはボックス左でボールを受けたベンゼマのクロスからチャンスを迎えるが、これはベイルの前で飛び出したGKロメロがパンチング。

▽対するユナイテッドは7分、左サイドからカットインしたマルシャルのラストパスを受けたリンガードが強烈なミドルシュートでゴールを供給、しかし、シュートはGKナバスの好反応に阻まれた。

▽その後は縦に早い展開となるも、お互いに堅い守りを見せてシュートまで持ち込めない時間が続く。そんな中、前半終了間際のチャンスを生かしたのはユナイテッドだった。
46分、左サイド高い位置でボールを受けたマルシャルがカットインを仕掛けると、細かなステップで相手DFを3人かわしラストパス。これをゴール前のリンガードが流し込んだ。

▽迎えた後半、1点を追うレアル・マドリーは先発メンバーを全員変更。GKカシージャや、カゼミロ、コバチッチ、新加入のテオ・エルナンデスらがピッチに入った。一方のマンチェスター・ユナイテッドは、マルシャル、フェライーニ、ダルミアン以外の先発8人を変更。GKデ・ヘアやポグバ、新加入のルカクやリンデロフがピッチに立った。

▽すると、先にチャンスを迎えたのはレアル・マドリー。69分、スルーパスでボックス左に侵入したテオ・エルナンデスがリンデロフに倒されてPKを獲得。このPKをカゼミロがゴール左に突き刺し、同点に追いついた。

▽同点とされたユナイテッドは、78分にダルミアンを下げてバレンシアを投入。すると83分、マクトミネイの右クロスからフェライーニに最大の決定機が生まれたが、右足で合わせたシュートは枠を大きく外した。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。延長戦を行わずに突入したPK戦は、互いに3人が失敗して迎えた5人目で決着がつく。先攻のユナイテッドはブリントが相手GKの動きを読み、ゴール中央に沈める。一方、レアル・マドリーのカゼミロのシュートはクロスバーを直撃。この結果、2-1でPK戦を制したユナイテッドがICC連勝を飾った。

レアル・マドリー 1-1(PK:1-2) マンチェスター・ユナイテッド
【レアル・マドリー】
カゼミロ(後24[PK])
【マンチェスター・ユナイテッド】
リンガード(前46)
コメント
関連ニュース
thumb

PSGのメガサラリーに対抗?! アーセナルがA・エレーラ獲得に挙手

アーセナルが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン人MFアンデル・エレーラ(29)獲得を目指しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 先日、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心が浮上したA・エレーラ。ユナイテッドからの現行契約が今シーズン限りとなっているものの、1年間の契約延長にサインする可能性も伝えられていたが、週給15万ポンド(約2200万円)という莫大なサラリーでのオファーが報じられ、紙面を賑わせた。 とはいえ、『メトロ』によれば、A・エレーラは未だ将来に関する決定を下してはおらず。MFアーロン・ラムジーの今夏退団が決まっているアーセナルが、同選手の後釜として獲得の可能性を探っているようだ。 報道によると、アーセナルはPSGに匹敵する待遇を準備しているとのこと。しかし、A・エレーラ当人がプレミア残留に前向きでいるとされる一方、同じ国のライバルでもあるユナイテッドの選手と契約解除前に連絡を取ることは出来ず。先に接触することが可能なPSGが優位を得ているかもしれない。 2019.03.26 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバがユナイテッド退団を決心? 新天地候補はマドリー&ユーベ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)が、退団を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。 中心選手の1人として、今シーズンもユナイテッドを牽引しているポグバ。しかし、ジョゼ・モウリーニョ前監督との軋轢から今冬にはバルセロナ移籍が噂されており、モウリーニョ前監督が去った現在でも退団の可能性は潰えていないという。『アス』によれば、2021年6月まで残している現行契約の延長オファーを既に断ったとも伝えられている。 さらに、ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が既に新天地探しを始めているとのこと。選手当人が移籍を決断したとも報じられており、ユナイテッドが引き留めるためには、現在の週給29万8000ユーロ(約3700万円)を超えるかなりの好条件が必要となるかもしれない。 そして、オールド・トラッフォードが緊張に包まれているのを尻目に、移籍先の候補に挙げられているのが、レアル・マドリーとユベントスだ。マドリーに関しては、先日にポグバが「マドリーでプレーすることは誰にとっても夢」と発言したことで報道が過熱している。 また、古巣であるユベントスに関しては、ライオラ代理人が同クラブと好関係を結んでいることがアドバンテージになる可能性があるとのこと。ライオラ代理人は、2016年夏にポグバをユベントスからユナイテッドに移籍させた際に、4,800万ユーロ(現在のレートで約60億円)の手数料を受け取っていたことが、『フットボールリークス』に暴露されている。さらに、クラブ上層部も既に獲得資金の捻出に向けて動き出しているようだ。 2019.03.26 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マタ、フットボール業引退のファン・ハールへ感謝の言葉を綴る「彼は素晴らしい指導者だった」

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタが、フットボール業引退を決断したオランダ人指揮官のルイス・ファン・ハール氏(67)に感謝を伝えた。 1991年にアヤックスで監督キャリアをスタートさせたファン・ハール氏は、バルセロナとオランダの指揮官を2度ずつ務め、バイエルンやAZ、マンチェスター・ユナイテッドで指揮。マタと共闘したユナイテッドでは、2016年にFAカップ優勝を成し遂げた。 そんなファン・ハール氏は12日、オランダTV番組『VTBL』でフットボール業引退を発表。同氏とわずかな期間ながら師弟関係を築いたマタは、クラブの公式サイトにある自身のブログで感謝の言葉を綴った。 「彼の新しい人生にたくさんの幸運があることを願っている。そして、共に過ごした間のことについて心から感謝を述べたい。彼は素晴らしい指導者だった。外見は強面だけれど、細やかでとても実直な人なんだ。そして自分自身にしっかりとした理念がある。偉大な人物だよ。ルイス、どうもありがとう。これからの幸運を祈ります」 2019.03.26 02:20 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ氏がCL決勝を予想「経験と才能を持ち合わせた選手がおり、チームは最高の状態」

ジョゼ・モウリーニョ氏が、今季のチャンピオンズリーグ(CL)決勝の対戦カードを予想した。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。 13日にラウンド16の全日程が終了し、ベスト8が出揃ったCL。モウリーニョ氏は『AFP通信』のインタビューで、2018-19シーズンのCL決勝はユベントスvsバルセロナになると予想している。 「ユベントスとバルセロナは今大会の優勝候補で、決勝に進出するだろう」 「皆は(クリスティアーノ・)ロナウドと(リオネル・)メッシについて話したがるが、私はユベントスとバルセロナというチームについて話すことが好きだ。私は常にフットボールのコーチであり、フットボールはチームスポーツであると考えている」 「ユベントスとバルセロナにはそれぞれ経験と才能を持ち合わせた特別な選手がおり、チームは最高の状態となっている」 なお、ユベントスは準々決勝で王者レアル・マドリーをラウンド16で下したアヤックスと、バルセロナはモウリーニョ氏が昨年12月に退任したマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。 2019.03.26 01:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーニーが回顧…「LVGは最高の戦術家」

DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーがマンチェスター・ユナイテッド時代の恩師であるルイス・ファン・ハール氏(67)に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ファン・ハール氏はアヤックスやバルセロナ、オランダ代表、AZ、バイエルンで監督を歴任後、2014年5月からユナイテッドを指揮。2015-16シーズンのFAカップを制したが、その優勝からわずか2日後に解任され、今月12日に監督業からの引退を表明した。 そのファン・ハール氏とわずかな期間ながらユナイテッドで師弟関係を築いたルーニー。イギリス『talkSPORT』でファン・ハール氏を「最高の戦術家」だったと振り返った。 「彼は僕が一緒に仕事をしたなかで、最も戦術に秀でた指導者だった。特に、守備を形作るという面においてね。誰もが自分の役割を理解できていたよ」 「それにより、しっかり攻撃面と守備面を正したのさ。いつくかタイトルを取っても、最終的に全員が望む道を歩めなかったけどね」 2019.03.24 18:05 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース