リバプールがサラー&コウチーニョ弾でレスターに逆転勝利しアジアトロフィー制覇!《プレミアリーグ・アジアトロフィー》2017.07.22 23:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽22日、プレミアリーグ・アジアトロフィー決勝が香港スタジアムで行われ、リバプールvsレスター・シティは2-1でリバプールが勝利した。この結果、リバプールの優勝が決定した。

▽プレミアリーグのクラブがアジアで試合を行う今大会。リバプールはGKカリウスがゴールマウスを守り、DFアレクサンデル=アーノルド、MFミルナーがサイドバック、DFマティプ、DFロブレンがセンターバックコンビを形成。MFララナ、MFコウチーニョ、MFワイナルドゥムが中盤に入り、FWサラー、FWフィルミノ、FWオリジが前線に入った。

▽一方のレスターは、GKにシュマイケルが入り、DFアマルテイ、DFモーガン、DFマグワイア、DFフックスが最終ラインに、MFマフレズ、MFジェームズ、MFドリンクウォーター、MFオルブライトンが中盤に入った。前線はFWスリマニ、FWヴァーディが2トップを組んだ。

▽試合は12分にレスターが先制する。ボックス左からフックスがクロスを上げると、ファーサイドに飛び込んだスリマニがヘッドで合わせ、レスターが先制する。

▽15分にはボックス手前でマフレズが倒されてレスターがFKを獲得。これをドリンクウォーターがシュートも、壁に阻まれる。

▽リバプールは20分、サラーが右サイドから切れ込みコウチーニョにパス。コウチーニョが絶妙なタイミングで浮き玉のパスを送ると、走り込んだサラーがヘッドで合わせ、復帰後初ゴールを記録。リバプールが同点に追いつく。

▽さらに44分、ボックス手前左でクリアボールを拾ったコウチーニョがボックス内に持ち込み右足一閃。これがネットに突き刺さり、リバプールが逆転に成功する。

▽リバプールは後半開始と同時に4選手を交代。マティプ、ララナ、オリジ、フィルミノに代えて、クラバン、グルイッチ、ヘンダーソン、スタリッジを投入。レスターはスリマニ、オルブライトン、アマルテイに代えて、キング、シンプソン、ローレンスを起用した。

▽後半に入ると、ヴァーディのスピードを生かした攻撃を仕掛けるレスター。何度となくディフェンスラインの裏を取るも、シュートは決まらない。

▽リバプールもサラーやコウチーニョを中心に攻勢をかけるも、レスターがしっかりと守り得点を奪えず。結局そのまま試合は終了し、リバプールが2-1で勝利。プレミアリーグ・アジアトロフィーを制した。なお、FW岡崎慎司には出場機会が訪れなかった。

リバプール 2-1 レスター・シティ
【リバプール】
サラー(前20)
コウチーニョ(前44)
【レスター】
スリマニ(前12)

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月22日は、CL決勝で泣いた悲劇のGK

◆ロリス・スヴェン・カリウス 【Profile】 国籍:ドイツ 所属チーム:リバプール 誕生日:1993年6月22日 ポジション:GK 身長:189㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月22日は、ドイツ人GKロリス・カリウスだ。 ▽マインツでプロデビューを果たしたカリウス。2016年夏に、恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールに移籍するもパフォーマンスが安定せず2016-17シーズンの出場は公式戦16試合にとどまった。 ▽2017-18シーズンは、シーズン後半からリーグ戦で正GKの座を掴んだほか、チャンピオンズリーグ(CL)では全試合でフル出場を果たした。もちろん、決勝のレアル・マドリー戦にも出場したロリスだったが、0-0で迎えた51分、自身の投げたボールが相手のFWカリム・ベンゼマに当たってしまい、先制点を献上。さらに試合終盤の83分には、マドリーMFガレス・ベイルの無回転シュートを対応の悪さからファンブルしてしまい痛恨の3失点目をしてしまった。 ▽試合後、涙を流したカリウスには励ましの声も多々あった中、伝説のGKオリバー・カーン氏からは「キャリアを壊しかねない夜だった」、また元ドイツ代表MFローター・マテウス氏は「過去20年のCL決勝で最悪のパフォーマンスだった」と酷評していた。 ※誕生日が同じ主な著名人 シンディ・ローパー(ミュージシャン) 阿部寛(俳優) ダン・ブラウン(小説家) 斉藤和義(ミュージシャン) 川畑泰史(吉本新喜劇座長) 川田裕美(フリーアナウンサー) 加藤ローサ(タレント) 加藤ミリヤ(歌手) 森矢カンナ(モデル、女優) ロドリ(サッカー選手/ビジャレアル) 2018.06.22 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、リバプールからDFジョン・フラナガンを獲得

▽レンジャーズは21日、リバプールの元イングランド代表DFジョン・フラナガン(25)を2年契約で獲得したことを発表した。 ▽リバプールのアカデミー出身のフラナガン。本職が右サイドバックでありながら左でもプレー可能で、2011年のデビュー以降公式戦51試合に出場した。近年ではバーンリーやボルトンにレンタル移籍。今冬加入したボルトンではリーグ戦9試合に出場。そして、今月8日にリバプールからの退団が発表されていた。 ▽5月にスティーブン・ジェラード新監督が就任したレンジャーズは、すでに積極補強を進めており、これが7人目の新加入選手となった。これまでにバーンリーのカナダ代表MFスコット・アルフィールドやブライトン&ホーヴ・アルビオンのスコットランド代表DFコナー・ゴールドソン、同クラブからはさらに今年1月からレンタル加入していたスコットランド代表FWジェイミー・マーフィーを買い取りオプションを行使して獲得。また、ハル・シティからは元スコットランド代表GKアラン・マクレガーを獲得。7年ぶりのレンジャーズ復帰を果たしている。 2018.06.21 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシがサラー獲得をクラブに進言! 今夏最大のビッグディールなるか

▽バルセロナがリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)獲得に動き出したようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)の獲得に動いていたバルセロナだが、グリーズマンは先日にアトレティコ残留を明言し、最終的に獲得交渉は空振りに終わった。 ▽この状況を受けてクラブは同選手に代わる補強選手として同じレフティのサラーをリストアップ。『ミラー』はスペイン方面からの情報として、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今夏の移籍市場でサラーを獲得するよう、クラブに進言していると伝えた。 ▽また、先日にはバルセロナがすでにサラーの代理人とコンタクトを取っているとの報道も出ており、今後移籍に向けた交渉が本格的にスタートする模様だ。 ▽なお、イギリスの大手ブックメイカー『Ladbrokes』の関係者は先日、「今夏、サラーがリバプールを離れる場合、レアル・マドリーとバルセロナの一騎打ちになるはずだ。そして、勝者はバルセロナになる可能性が高い」と、今後の見通しに関して語っていた。 ▽昨夏、ローマからリバプールに加入し1年目でプレミアリーグの個人タイトルを総なめにしたサラーの移籍金に関しては最低1億ポンド(約147億円)が必要となる模様だ。 2018.06.17 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル行きとうわさのマネ、将来は分からないが「リヴァプールでとてもハッピー」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネは、レアル・マドリー移籍が取り沙汰される中、リバプールで幸せだと強調した。<br><br>2016年にサウサンプトンからリバプールに加入したマネは、以降2シーズンでコンスタントに活躍を残し、今季はモハメド・サラーとロベルト・フィルミーノとともに攻撃陣をけん引し、チャンピオンズリーグ(CL)決勝に進出に貢献。セネガル代表としても活躍した同選手は、2002年大会以来4大会ぶりのワールドカップ出場権を母国にもたらした。<br><br>この活躍を受け、先日からスペインのメディアが報じるようにレアル・マドリーが獲得に関心を寄せ、移籍成立間近まで近づいていたマネだが、リバプールとの契約を全うする考えをオーストリア『Salzburger Nachrichten』に示した。<br><br>「リバプールでとてもハッピーで、僕の契約はさらに3年間残っている。しかし、将来何が起きるかは誰にも分からない。僕はトロフィー獲得を求めている。特にCLのタイトルを取りたい」<br><br>今季のマネは、CL決勝でレアル・マドリーに屈してあと一歩のところで悲願のビッグイヤー獲得を逃した。この敗戦を乗り越えるのは相当厳しいものだったと認めた同選手だが、今はセネガル代表として迎える、2018FIFAワールドカップ・ロシアのことだけに集中している。<br><br>「正直言って、あの敗戦を簡単に拭い去ることはできなかった。チーム全体がCLのタイトルを目指したが、あの日はレアル・マドリーが優れたチームだった。僕たちは世界のベストチームに負けたんだ。でも、今はセネガルでプレーする時が来て、良いワールドカップにしたいと思う。それが今僕が考えていることだ」<br><br>マネを擁するセネガル代表は、19日にポーランド代表、24日に日本代表、28日にコロンビア代表と対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.14 18:52 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース