スナイデルがガラタサライとの契約を解除、MLS行きが濃厚に2017.07.15 03:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガラタサライは14日、オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル(33)が契約を解除したことを発表した。なお、今後3年以内にトルコの他クラブへ移籍した場合、2000万ユーロ(約25億8000万円)を支払う義務が生じるとのことだ。

▽アヤックスやレアル・マドリー、インテルでプレーしたスナイデルは、2013年1月にガラタサライへ加入。ガラタサライでは公式戦通算175試合に出場し45ゴール44アシストを記録。2016-17シーズンはトルコ・スーパーリーグで28試合に出場し5ゴール15アシストを記録していた。

▽これまでサンプドリアへの移籍が濃厚と報じられていたスナイデルだが、『フットボール・イタリア』は破談に終わったと主張し、アメリカのメジャーリーグ・サッカー移籍へ傾いているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

長友佑都、平愛梨夫人の第二子妊娠を報告

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(32)が15日、タレントである平愛梨夫人(34)の第二子妊娠を報告した。 長友は2017年1月に平夫人と入籍。2018年2月に第一子となる男児が誕生した。長友は自身のインスタグラム(yutonagatomo55)に長男を含む家族3人の写真を添えて、次のように綴っている。 「この度、私たちは第二子を授かりました。母子ともに元気で無事に出産できることを願い、夫としてしっかりサポートしていきます。是非見守って頂ければ幸いです。長友佑都、愛梨」 なお、長友は現在、ヒザを痛めてリハビリ中。今月、コロンビア代表(22日)&ボリビア代表(26日)とのキリンチャレンジカップ2試合に臨む日本代表メンバーから外れている。 2019.03.15 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、長友同僚のブラジル人CBに興味か

アトレティコが、ガラタサライに所属するブラジル人DFマルコン(22)の獲得に興味を持っているようだ。トルコ方面の情報をもとに、スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 現在、アトレティコ・マドリーでは、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)のインテル行き、フランス代表DFリュカ・エルナンデスのバイエルン行きが濃厚となっている。そのため、センターバックの確保が急務となっており、トップターゲットにはアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を見据えているという。 しかし、同選手に関してはバルセロナやユベントス、マンチェスター・シティなど、ビッククラブが挙って興味を示しており、争奪戦が繰り広げられている。そこで、アトレティコは代替案としてガラタサライで評価を高めているマルコンをリストアップしているという。しかし、同選手にはセビージャも関心を抱いているため、争奪戦に勃発する可能性がありそうだ。 マルコンの愛称で知られるマルコス・ド・ナシメント・テイシェイラは、対人プレーに強く、ボランチでもプレー可能な185cmの左利きのセンターバックだ。母国のアヴァイ、アトレチコ・パラナエンセ、ポルトガルのリオ・アヴェ、シャヴェスでのプレーを経て、今年1月に日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライに加入。加入直後からスタメンに定着し、トルコリーグ7試合に出場している。 2019.03.08 19:19 Fri
twitterfacebook
thumb

長友佑都、ヒザのじん帯損傷か

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都に故障の疑いが浮上した。トルコ『Yeni Akit Gazetesi』が報じた。 長友は2月24日に行われたトルコ・スーパーリーグのアクヒサルシュポル戦に出場(1-0でガラタサライが勝利)。前半の接触プレーで左ヒザを強打したが、フル出場を果たした。 ただ、その長友は試合後に検査を受けたところ、ヒザのじん帯損傷が判明した模様。その後の試合からメンバー外が続いている。 なお、全治に関して明らかになっていない。今月は日本代表戦が2試合予定。代表内においても精神的支柱として際立つ長友だけに、大事に至らなければ良いが…。 2019.03.04 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のガラタサライ、攻撃陣沈黙でベンフィカの前に敗退《EL》

ガラタサライは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでベンフィカとアウェイで対戦し、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコア1-2でガラタサライは敗退している。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場した。 先週行われた1stレグでは長友がアシストを記録しながらもホームで1-2と敗戦したガラタサライは、長友が4バックの左サイドバックで先発となった。 逆転突破のためには2点が必要なガラタサライが前がかる入りとなるも、7分にピンチ。ボックス内からセルヴィに決定的なシュートを打たれた。 その後もガラタサライがボールを持つも、ベンフィカの守備を攻略できず全くシュートに持ち込めない状況が続く。42分にはピッツィのミドルシュートでGKを強襲され、両チーム合わせて枠内シュート1本のこう着した前半はゴールレスで終了した。 後半から一転して圧力をかけたベンフィカが攻勢に出る流れとなる中、ガラタサライは守勢に回らされてしまう。 結局、長友も守備に追われた後半も効果的な攻撃を仕掛けられなかったガラタサライはゴールを奪えずに敗退。ベンフィカがベスト16に進出している。 2019.02.22 06:54 Fri
twitterfacebook
thumb

長友アシストもガラタサライ、ホームでベンフィカに競り負ける《EL》

ガラタサライは14日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでベンフィカとホームで対戦し、1-2で敗戦した。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場している。 ポルトやシャルケ、ロコモティフ・モスクワが同居したチャンピオンズリーグ(CL)・グループDで3位となったガラタサライは、長友を左サイドバックで先発起用した。 バイエルンやアヤックスらと同居したCLグループEで3位となったベンフィカに対し、オープンな展開で立ち上がったガラタサライは19分に決定機。右クロスのルーズボールをG・ロドリゲスがシュートに持ち込んだが、相手DFの好ブロックに阻まれた。 すると26分、ガラタサライはPKを献上する。左クロスをボックス内のマルコンがクリアにかかるも、ボールが手に当たってしまった。このPKをサルビオに決められ、先制を許してしまった。 失点後も左ウイングのG・ロドリゲスのスピードを起点に攻撃の形を作り出していたガラタサライだったが、同点弾を奪えずに前半を終えた。 それでも迎えた後半9分、ガラタサライが長友のアシストから同点に追いつく。長友が左サイド高い位置から右足でクロスを入れると、ファーサイドのルインダマが頭で押し込んだ。 同点弾で勢い付いたガラタサライだったが、64分に一瞬の隙を突かれて勝ち越された。ロングフィードに抜け出したセフェロビッチに対応したマルコンが競り負けてボックス内への侵入を許し、シュートを決められてしまった。 痛恨のアウェイゴールを許してしまったガラタサライは終盤にかけて前がかるもチャンスを生み出せずに1-2で敗戦。来週アウェイで行われる2ndレグに向けて苦境に立たされた。 2019.02.15 04:59 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース