途中出場サンチェスの2得点に絡む活躍でチリが白星発進!《コンフェデレーションズカップ2017》2017.06.19 05:09 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チリ代表は18日、コンフェデレーションズカップ2017グループB第1節でカメルーン代表と対戦し、2-0で勝利した。

▽コンフェデレーションズカップ初出場となる南米王者のチリは、[4-3-3]の布陣を採用。GKはエレーラを起用。最終ラインは右からイスラ、メデル、ハラ、ボセジュールと置き、中盤アンカーにディアス、インサイドにビダルとフエンサリダ。3トップは右からアランギス、エドゥアルド・バルガス、プッチと並べた。足の負傷が報じられていた守護神ブラーボとエースFWサンチェスはベンチスタートとなった。

▽一方、3度目の出場となるアフリカ王者のカメルーンは、3トップにムカンジョ、アブバカル、バソゴグを並べた[4-3-3]の布陣を採用。GKは注目のオナナではなくオンドアが起用された。

▽試合は開始早々の1分にチリが決定機を迎える。スルーパスをボックス右で受けたE・バルガスがダイレクトで右足を振り抜く。しかし、このシュートは右ポストを直撃した。

▽対するカメルーンは11分、相手のパスミスを中盤でカットしたムカンジョがカウンター。前線でパスを受けたアブバカルはボックス左まで侵攻しシュートを放ったが、これはGKエレーラの好セーブに阻まれる。

▽チリに主導権を握られながらも、相手のミスからショートカウンターを狙うカメルーンは35分、中盤でのハイプレスからフエンサリダのパスミスを誘うと、これを奪ったムカンジョがボックス手前まで持ち上がりシュート。しかし、これはゴール右に逸れた。

▽このまま前半終了かに思われたが、チリは前半アディショナルタイム1分に決定機。バイタルエリアでボールを受けたビダルのスルーパスに抜け出したE・バルガスがゴールネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がE・バルガスのオフサイドを指摘し、ゴールは取り消された。

▽ゴールレスで迎えた後半も一進一退の展開が続く中、チリは58分にプッチを下げて左足首のケガが伝えられていたサンチェスを投入。さらに63分には、フエンサリダに代えてバレンシアをピッチに送り出した。

▽後半に入りうまく攻撃陣が機能しないチリは71分、アランギスを下げてフランシスコ・シルバを投入。20分を残し3枚の交代カードを使い切った。その後も膠着状態が続いたがチリは82分、遂に試合を動かす。

▽ドリブルでボックス左から侵入したサンチェスがクロスを供給すると、中央で競り合ったビダルが頭でゴールに叩き込んだ。

▽この先制点で勢いづいたチリは、後半アディショナルタイム1分にもサンチェスが放ったシュートのこぼれ球をE・バルガスが押し込み、追加点。

▽そして、試合はこのままタイムアップ。南米王者のチリが苦戦しながらも終盤の2得点で白星スタートを切った。

コメント

関連ニュース

thumb

若手主体でコンフェデ杯を制したドイツ代表レーブ監督「素晴らしい選手を見つけることができた」

▽コンフェデレーションズカップ2017を制したドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が、決勝戦後にコメント。チリ代表戦を振り返った。FIFA公式サイトが伝えた。 ▽主力の多くを休ませ、若手中心で今大会に臨んだレーブ監督率いるドイツ代表。決勝まで駒を進め、コパ・アメリカを連覇しているチリ代表との決勝は、20分に決まったシュティンドルのゴールを守り切り、0-1で勝利した。 ▽レーブ監督は試合後にチリ戦を振り返り、選手たちのパフォーマンスを評価。今大会を通じて新たな戦力の発掘ができたと喜びを語っている。 「これは疑いの余地がない喜びだ。我々は3週間にわたって、信じられないほど上手くプレーしてきた。今日はピッチ上全ての場所で戦っていた」 「選手たちは素晴らしく、私はとても誇りに思っている。決勝はなにか魔法がかかったようだった。多くの選手はこれまでに決勝に進んだことはなかったし、彼らの人生において忘れられない瞬間になっただろう」 「後半は厳しい試合になった。チリはどのようにプレーすべきか分かっていたが、我々の選手たちは体を投げ出していた」 「ここに居る全選手は、コンフェデレーションズカップの前よりも、より良い可能性を持っている。それは我々のためになる。とても素晴らしい選手を見つけることができたよ」 2017.07.03 11:23 Mon
twitterfacebook
thumb

大会MVPはドイツ主将MFドラクスラー! 得点王はドイツFWヴェルナー《コンフェデレーションズカップ2017》

▽2日、ロシアで開催されていたコンフェデレーションズカップ2017の全日程が終了した。そして、決勝戦終了後に大会最優秀選手賞および大会得点王が発表された。 ▽ドイツ代表の初優勝で幕を閉じたコンフェデレーションズカップ2017で、大会最優秀選手に与えられるゴールデンボールに輝いたのは、キャプテンとしてドイツを初優勝に導いたMFユリアン・ドラクスラー。大会を欠場したGKマヌエル・ノイアーに代わって、控えメンバー中心のスカッドでキャプテンの大役を担ったドラクスラーは、5試合に出場して1ゴール1アシストを記録。また、見事な仕掛けやパスで攻撃をけん引し、数字以上のインパクトを残した。 ▽大会得点王に与えられるゴールデンブーツは、大会3ゴールのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが選出された。ヴェルナーは、同胞MFレオン・ゴレツカ、MFラース・シュティンドルと3ゴールで並んでいたものの、出場時間と2つのアシスト数で上回り、得点王に輝いた。 ▽また、大会最優秀GKに与えられるゴールデングローブは、準優勝のチリ代表からGKクラウディオ・ブラーボが選ばれた。グループB最初の2試合をケガで欠場したブラーボだったが、グループ最終節のオーストラリア代表戦で今大会初出場を果たすと、準決勝のポルトガル代表戦では再三のビッグセーブで120分間を無失点で凌ぐ。さらに、PK戦では圧巻の3連続ストップを披露し、チリの決勝進出の立役者となっていた。なお、コンフェデレーションズカップ2017の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ゴールデンボール(最優秀選手賞)</span> ドイツ代表MF:<span style="font-weight:700;">ユリアン・ドラクスラー</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">◆ゴールデンブーツ(大会得点王)</span> ドイツ代表FW:<span style="font-weight:700;">ティモ・ヴェルナー</span>(RBライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">◆ゴールデングローブ(大会最優秀GK)</span> チリ代表GK:<span style="font-weight:700;">クラウディオ・ブラーボ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) 2017.07.03 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:チリ 0-1 ドイツ《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017決勝、チリ代表vsドイツ代表が2日にサンクト・ペテルブルク・スタジアムで行われ、0-1でドイツが勝利し、初優勝を飾っている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170703_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブラーボ 5.5 特別好守はなかった DF 4 イスラ 5.5 攻撃面で違いを生めず 17 メデル 5.5 安定したプレーぶり 18 ハラ 5.0 あわや失点につながりかねないミスパスを犯し、退場になっても文句の言えないヒジ打ちを見舞う 15 ボセジュール 5.5 守備に追われた MF 20 アランギス 6.0 前線への絡みでアクセントを付ける (→サガル -) 8 ビダル 6.0 球際でよく戦った 21 ディアス 4.5 自陣でのボールロストから失点 (→バレンシア 5.5) トップ下の位置でプレー 10 パブロ・エルナンデス 5.5 後方の位置からゲームを組み立てる FW 11 E・バルガス 5.5 前後半に枠内シュート1本ずつ (→プッチ -) 7 サンチェス 5.0 ほとんど良い形でボールに触れず。20分のチャンスを決めたかった 監督 ピッツィ 5.5 堅守速攻のドイツの前に苦戦 ▽ドイツ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170703_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 テア・シュテーゲン 6.0 終始、安定したゴールキーピング DF 4 ギンター 6.0 安定感あるプレーを続けた 2 ムスタフィ 6.0 守備を統率 16 リュディガー 6.0 集中を切らさずプレー MF 18 キミッヒ 5.5 さほど上がらず自陣のエリアをケア 8 ゴレツカ 6.0 いつも通り、タイミング良く攻撃に絡んだ (→ジューレ -) 21 ルディ 6.0 中盤のバランスを取る 3 ヘクター 6.0 守備のバランスを気にかけたプレーぶり FW 13 シュティンドル 6.0 今大会3ゴール目をゲット。フィニッシャーの役割を果たす 11 ヴェルナー 6.0 ディフェンスライン背後を突いてけん制。決勝点をアシスト (→カン -) 7 ドラクスラー 6.0 カウンターの起点に 監督 レーブ 6.5 Bチームで臨んで見事初優勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ヴェルナー(ドイツ) ▽カウンターの起点となり、何度も相手ゴールに迫った。 チリ 0-1 ドイツ 【ドイツ】 シュティンドル(前20) ※ドイツが初優勝 2017.07.03 05:03 Mon
twitterfacebook
thumb

シュティンドル弾を守り抜いたドイツがチリをシャットアウトし初優勝《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017決勝、チリ代表vsドイツ代表が2日にサンクト・ペテルブルク・スタジアムで行われ、0-1でドイツが勝利し、初優勝を飾っている。 ▽4日前に行われたポルトガル代表戦を0-0で迎えた延長戦の末、GKブラーボの大活躍で決勝に進出したチリは、ポルトガル戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽一方、3日前に行われたメキシコ代表戦をゴレツカの2ゴールなどで4-1と圧勝したドイツは、メキシコ戦のスタメンからヘンリクスに代えてムスタフィのみを変更した。 ▽グループステージ第2節で対戦した際には1-1で引き分けた両国の一戦。アグレッシブな入りを見せたチリは開始5分に決定機。アランギスがボックス内へ侵入した流れから、ビダルが右足アウトでシュートに持ち込むも、GKテア・シュテーゲンにセーブされた。 ▽その後もハイプレスをかけるチリが主導権を握り、13分にはE・バルガスが枠内シュートを浴びせると、20分にも決定機。ビダルのミドルシュートがGKテア・シュテーゲンを強襲すると、ルーズボールをサンチェスがシュート。しかし、ミートしきれなかった。 ▽すると20分、ヴェルナーが敵陣でディアスからボールを奪うと、ボックス左へ侵入。GKブラーボを引き付けて丁寧に中へ折り返したクロスをシュティンドルが無人のゴールに流し込んだ。 ▽1チャンスを活かして先制したドイツは、ハーフタイムにかけて自陣に引きながら応戦。36分にはゴレツカがボックス右からシュートに持ち込めば、40分にもカウンターからドラクスラーが決定的なシュートを浴びせ、流れを引き寄せたまま後半へ折り返した。 ▽後半もドイツがカウンターでけん制すると、55分にドラクスラーがドリブルシュートで追加点に迫る。そして54分、ヴェルナーがハラにヒジ打ちを見舞われたものの、ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)はイエローカードの判定を下した。 ▽助かったチリはここから攻勢を強める。74分にE・バルガスが枠内シュートを浴びせると、直後にもビダルがゴール至近距離から決定的なシュートを放った。 ▽逃げ切りを図るドイツは79分、ヴェルナーに代えてカンを中盤に投入。シュティンドルを最前線に配置した。 ▽残り時間10分を切ってチリはサガルとプッチの両アタッカーを投入。すると84分にはサガルがプッチの折り返しをダイレクトで合わせる決定機を迎えるも、枠を捉えきれなかった。 ▽終盤にかけてもチリが猛攻に出ると、試合終了間際にはサンチェスが直接FKでゴールを脅かしたが、ドイツが5分の追加タイムをシャットアウトして逃げ切り勝利。コンフェデレーションズカップ初優勝を飾っている。 2017.07.03 05:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ドラマティックな逆転劇を演じたポルトガルがメキシコを下し大会3位に輝く!!《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017の3位決定戦、ポルトガル代表vsメキシコ代表が2日にスパルタク・スタジアムで行われ、延長戦を2-1で制したポルトガルが今大会3位に輝いた。 ▽先日、双子が誕生したクリスティアーノ・ロナウドの代表離脱が発表されたポルトガルは、準決勝でPK戦の末に敗れたチリ代表戦からスタメンを大幅に変更。準決勝では出場停止だったペペがスタメンに復帰した。一方、準決勝でドイツに1-4で敗れたメキシコは、前線のペラルタやベラ、グアルダードらが先発に起用された。 ▽序盤から攻勢に出るポルトガルは、ナニ、ジェウソン・マルティンスらを中心に両サイドからメキシコゴールを脅かす。すると14分、ボックスに侵入したアンドレ・シウバがマルケスのスライディングタックルを受けて倒されるが、笛は鳴らず。しかし、微妙な判定だったこともあり、今大会で導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での判断が行われると、判定は覆され、ポルトガルにPKが与えられた。このPKのキッカーを務めたのはアンドレ・シウバ。だが、左隅を狙ったキックはGKオチョアに完全に読まれてしまい、せっかくのチャンスを逸してしまった。 ▽最大のチャンスを逃してしまったポルトガルだが、その後もボールを保持する展開に。対するメキシコはエースのハビエル・エルナンデスがゴールに迫る。31分、ベラの縦パスからボックス中央に侵入したエルナンデスは、トラップでDFを一人かわし、左足でゴール左隅を突いたシュートを放つ。しかし、GKルイ・パトリシオが右手一本で止めるファインセーブを見せ、得点とはならなかった。 ▽無得点で迎えた後半、試合を動かしたのはメキシコだった。54分、エルナンデスが左サイドを深くえぐってあげたクロスがDFネトのオウンゴールを誘い、メキシコがラッキーな形で先制した。 ▽先制を許したポルトガルは59分、ボックス右深くに侵入したジェウソン・マルティンスの折り返しにピッツィが合わせるが、ゴール右に外してしまう。直後の61分には、ボックス左のアンドレ・シウバのクロスを、ファーサイドのモウティーニョが頭で折り返すと、最後はジェウソン・マルティンス。頭で合わせてシュートを狙ったが、PKストップのGKオチョアがまたも立ちはだかり、同点には至らなかった。 ▽その後は拮抗した試合展開が続く。両チームとも前線の選手を入れ替え、ゴールを狙っていく。しかし、終盤になるにつれて、徐々に疲れが見え始める両チーム。猛攻を見せるポルトガルに対して、ゴール前で踏ん張るメキシコだったが、後半アディショナルタイムの91分、一瞬の隙から同点ゴールを決められてしまう。交代で入ったクアレスマの右サイドからのクロスに合わせたのはペペ。パワープレーに出ていたペペが右足を伸ばしてゴールに押し込んだ。 ▽試合はこのまま1-1で90分が終了し、劇的な展開で延長戦に突入した。勝利寸前のところで延長戦に持ち込まれたメキシコは93分、右CKから交代で入ったロサーノが詰めるが、GKに阻まれ勝ち越し弾とはならない。 ▽同点に追いつき勢いのあるポルトガルは延長前半終了間際の104分、ついに逆転に成功する。ボックス内でパスを受けたジェウソン・マルティンスがトラップを浮かして突破を試みると、DFラユンの上げた手に当たりPKの判定。2度目のPKとなったポルトガルは、今度はアドリエン・シウバがきっちり決めて逆転弾となる2点目をもたらした。 ▽迎えた延長後半、1点リードのポルトガルに思わぬアクシデント。すでにイエローカードを一枚受けているN・セメドが相手に向かって足を上げてしまい、2枚目のイエローカードを受け退場に。これで数的有利となったメキシコが有利に試合を運ぶかに思われたが、ヒメネスが足の裏を見せたということでイエローカードの判定。ヒメネスも既に警告を一度受けていたため、これで退場処分。ここにきて10人対10人で試合が進むことになった。 ▽さらに、審判への抗議でメキシコのフアン・カルロス・オソリオ監督が退席になるなど、終盤に荒れた試合だったが、このまま終了。120分に及んだ戦いは、ドラマティックな逆転劇を見せたポルトガルが2-1で競り勝ち、今大会3位に輝いた。 2017.07.02 23:45 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース