超ワールドサッカー

途中出場サンチェスの2得点に絡む活躍でチリが白星発進!《コンフェデレーションズカップ2017》2017.06.19 05:09 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チリ代表は18日、コンフェデレーションズカップ2017グループB第1節でカメルーン代表と対戦し、2-0で勝利した。

▽コンフェデレーションズカップ初出場となる南米王者のチリは、[4-3-3]の布陣を採用。GKはエレーラを起用。最終ラインは右からイスラ、メデル、ハラ、ボセジュールと置き、中盤アンカーにディアス、インサイドにビダルとフエンサリダ。3トップは右からアランギス、エドゥアルド・バルガス、プッチと並べた。足の負傷が報じられていた守護神ブラーボとエースFWサンチェスはベンチスタートとなった。

▽一方、3度目の出場となるアフリカ王者のカメルーンは、3トップにムカンジョ、アブバカル、バソゴグを並べた[4-3-3]の布陣を採用。GKは注目のオナナではなくオンドアが起用された。

▽試合は開始早々の1分にチリが決定機を迎える。スルーパスをボックス右で受けたE・バルガスがダイレクトで右足を振り抜く。しかし、このシュートは右ポストを直撃した。

▽対するカメルーンは11分、相手のパスミスを中盤でカットしたムカンジョがカウンター。前線でパスを受けたアブバカルはボックス左まで侵攻しシュートを放ったが、これはGKエレーラの好セーブに阻まれる。

▽チリに主導権を握られながらも、相手のミスからショートカウンターを狙うカメルーンは35分、中盤でのハイプレスからフエンサリダのパスミスを誘うと、これを奪ったムカンジョがボックス手前まで持ち上がりシュート。しかし、これはゴール右に逸れた。

▽このまま前半終了かに思われたが、チリは前半アディショナルタイム1分に決定機。バイタルエリアでボールを受けたビダルのスルーパスに抜け出したE・バルガスがゴールネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がE・バルガスのオフサイドを指摘し、ゴールは取り消された。

▽ゴールレスで迎えた後半も一進一退の展開が続く中、チリは58分にプッチを下げて左足首のケガが伝えられていたサンチェスを投入。さらに63分には、フエンサリダに代えてバレンシアをピッチに送り出した。

▽後半に入りうまく攻撃陣が機能しないチリは71分、アランギスを下げてフランシスコ・シルバを投入。20分を残し3枚の交代カードを使い切った。その後も膠着状態が続いたがチリは82分、遂に試合を動かす。

▽ドリブルでボックス左から侵入したサンチェスがクロスを供給すると、中央で競り合ったビダルが頭でゴールに叩き込んだ。

▽この先制点で勢いづいたチリは、後半アディショナルタイム1分にもサンチェスが放ったシュートのこぼれ球をE・バルガスが押し込み、追加点。

▽そして、試合はこのままタイムアップ。南米王者のチリが苦戦しながらも終盤の2得点で白星スタートを切った。

コメント

関連ニュース

thumb

ロシア戦を振り返るポルトガル代表DFペペ「ロシアは試合を通してチャンスがなかった」

▽ポルトガル代表DFペペが、コンフェデレーションズカップ グループA第2節のロシア代表戦を振り返った。ポルトガルサッカー協会がペペのコメントを伝えた。 ▽ポルトガルは、コンフェデレーションズカップのグループA第2節でロシア代表と対戦。試合は8分にクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールを守り切り、0-1で今大会初勝利を飾った。 ▽この試合に先発フル出場したペペは、前日記者会見に続いてコメント。勝利を喜んだ。 「僕たちは記者会見でロシアをリスペクトして戦うと語った。とても嬉しいし、素晴らしい前半だった。彼らは試合を通してゴールのチャンスがなかったと思う。チームはそれに値する」 「僕たちは、常に謙虚さを持つポルトガルの人々に喜びを与えるために挑戦する」 2017.06.22 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロが足を骨折か…ロシア戦で負傷交代

▽コンフェデレーションズカップにポルトガル代表の一員として出場しているドルトムントのDFラファエウ・ゲレイロ(23)が足を骨折した可能性があるようだ。フェルナンド・サントス監督が明かした。 ▽ポルトガルは、コンフェデレーションズカップのグループA第2節でロシア代表と対戦。試合は8分にクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールを守り切り、0-1で今大会初勝利を飾った。 ▽しかし、試合中にラファエウ・ゲレイロが負傷。担がれたまま運び出され、66分にエリセウと交代していた。試合後、サントス監督がケガの状態についてコメント。骨折の疑いがあると見ていることを明かした。 「ラファエルは病院に行った。残念なことに、彼は足を骨折した可能性があると考えている」 「ポルトガルにとって良くない瞬間だた。彼は素晴らしく、とても良くやっていた」 「最高のクオリティを持った選手であり、新シーズンの開幕にも影響があるかも知れない」 「我々はこの事実に悲しんでいるが、検査の結果がどうなるか見てみよう。現時点で考えていることほど深刻でないことを願う」 2017.06.22 10:37 Thu
twitterfacebook
thumb

逆転勝利のメキシコがグループA首位浮上! 連敗ニュージーランドが敗退…《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017グループA第2節のメキシコ代表vsニュージーランド代表が21日に行われ、メキシコが2-1で勝利した。 ▽ポルトガル代表との初戦を土壇場の同点弾で2-2のドローで終えたメキシコは、中2日で行われるこの試合に向けて先発8人を変更。GKオチョアやエクトル・エレーラ、エルナンデスら主力がベンチスタートとなったものの、ジョバニ・ドス・サントス、ファビアン、ペラルタら実力者が先発に入った。一方、開催国ロシア代表との開幕戦を0-2で落としたニュージーランドは、大会初勝利に向けて2選手のみの選手変更にとどめ、メキシコ戦に臨んだ。 ▽ニュージランドが極端にリトリートせず、積極的な入りを見せたため、試合は立ち上がりから拮抗した展開に。徐々にボールを保持したメキシコは13分、人数をかけたカウンターからボックス内のジョバニ・ドス・サントスにシュートチャンスも、ここは相手DFのブロックに阻まれる。 ▽大幅なメンバー変更がたたってリズムを掴み切れないメキシコは、26分過ぎにサルセドが腕を痛めてプレー続行不可能に。さらに、このプレーの流れでゴール前に抜け出したウッドに決定的なシュートを許すが、ここはGKタラベラのビッグセーブで凌ぐ。その後、33分にエクトル・モレーノを緊急投入した。 ▽一方、フィジカルを生かしたシンプルな攻めで相手を押し込むニュージーランドは42分、敵陣深くでDFアラウホの不用意なクリアをカットしたルイスのスルーパスに抜け出したウッドがGKとの一対一を制し、待望の先制点を奪う。勢い付くニュージーランドは前半終了間際にもゴール前に飛び出したウッドに決定機も、前半のうちに追加点を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半、ビハインドを追うメキシコはセンターバックのアラニスを下げて、エレーラをハーフタイム明けにピッチに送り出す。前半同様にオープンな立ち上がりとなった中、54分に同点ゴールが生まれる。左サイドを突破したアキーノから中央でパスを受けたファビアンがボックス中央のヒメネスに短いパスを通す。そして、ヒメネスが反転して放った強烈なシュートが相手GKの手を弾きゴール左隅に突き刺さった。 ▽早い時間帯の同点ゴールで勢いづくメキシコは、ここから相手を押し込んでいく。57分と60分にはヒメネス、ディエゴ・レジェスがゴール前でヘディングシュートを狙うが、いずれも相手GKの正面を突く。 ▽一方、前半同様にロングボールとセットプレーを起点に勝ち越しを目指すニュージーランドだが、アタッキングサードでの細かいミスが目立ちなかなか決定機を作れない。 ▽その後、68分に途中交代で入ったモレーノの負傷で英雄マルケスの緊急投入を余儀なくされたメキシコだったが、72分に逆転ゴールが生まれる。見事なドリブルで左サイドを突破したアキーノがそのままボックス左ライン際まで持ち込んでマイナスのクロス。これをニアに走り込んだペラルタが左足のシュートをニアポストに蹴り込んだ。 ▽試合終盤にかけては行ったり来たりの攻防が続く中、85分にはニュージーランドのトーマスが強烈なミドルシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。一方のメキシコもカウンターからダムに続けて決定機も、こちらも決め切れず。それでも、きっちり逃げ切ったメキシコが2-1で逆転勝利を収め、勝ち点と得失点差で並んだポルトガルを抜き総得点で抜きグループA首位に浮上。また、敗れたニュージーランドの敗退も決定した。 2017.06.22 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エースの決勝弾でポルトガルが開催国ロシアにシャットアウト勝利《コンフェデレーションズカップ2017》

▽コンフェデレーションズカップ2017グループA第2節のロシア代表vsポルトガル代表が21日に行われ、0-1でポルトガルが勝利した。 ▽4日前に行われた初戦のニュージーランド代表戦を2-0と勝利したロシアは、その試合のスタメンから2選手を変更。ポロズとイェロフキンに代えてD・コンバロフとシシュキンを起用した。 ▽一方、3日前に行われた初戦のメキシコ代表戦を追加タイム被弾で2-2のドローに終わったポルトガルは、その試合のスタメンから4選手を変更。ナニにクアレスマ、モウティーニョとフォンテに代えてアンドレ・シウバにアドリエン・シウバ、ベルナルド・シウバとブルーノ・アウベスを起用した。布陣はフラットな[4-4-2]を採用し、2トップにC・ロナウドとアンドレ・シウバを据えた。 ▽スモロフを最前線に据える[3-4-3]の布陣で臨み、アグレッシブな入りを見せたロシアに対し、8分にポルトガルが先制する。左サイドからのラファエウ・ゲレイロのクロスをファーサイドのC・ロナウドがヘディングで押し込んだ。 ▽失点を受けてさらに前がかるロシアに対し、自陣に引いてカウンターを狙うポルトガルは、25分にC・ロナウドの直接FKでGKアキンフェエフを強襲。その後は中盤の構成力で上回るポルトガルが攻勢に出ると、32分に決定機。ボックス右で仕掛けたC・ロナウドがシュート。しかし、GKアキンフェエフにセーブされた。ハーフタイムにかけては膠着した展開が続き、ポルトガルリードのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始5分、ポルトガルが追加点に迫る。セドリックの右クロスをアンドレ・シウバがヘディングシュート。だが、GKアキンフェエフのビッグセーブに阻まれた。さらに58分、カウンターから再びアンドレ・シウバがヘディングシュートに持ち込むも、ここもGKアキンフェエフにセーブされた。直後にもセドリックのミドルシュートでGKアキンフェエフを強襲したポルトガルは、65分に左足を負傷したラファエウ・ゲレイロがプレー続行不可能となってエリセウを投入せざるを得なくなった。 ▽ポロズを投入して攻勢を強めたロシアに対し、ポルトガルは67分にアンドレ・シウバが枠内シュートを浴びせて牽制。そして83分にベルナルド・シウバに代えてダニーロを投入し、守備の強度を上げたポルトガルは終盤にかけてロシアの猛攻を受ける。それでも、追加タイム2分の右CKからジキヤに許したヘディングシュートは枠の上に外れて1-0のままタイムアップ。エースの決勝ゴールでポルトガルがコンフェデレーションンズカップ初勝利を飾っている。 2017.06.22 02:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ミロシュ・デゲネクが攻撃的な新システムについて言及「魔法を生み出す」

▽オーストラリア代表としてコンフェデレーションズカップに出場している横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクが、新システムについて語った。オーストラリア『SBS』が報じた。 ▽コンフェデレーションズカップにオーストラリア代表の一員として出場しているデゲネクは、アンジ・ポステコグルー監督の下、[3-2-4-1]のシステムに挑戦。しかし、コンフェデレーションズカップ前のブラジル代表との国際親善試合では4-0で大敗を喫すると、コンフェデレーションズカップのドイツ代表戦でも3-2と敗戦を喫していた。 ▽ドイツ戦では、トレント・セインズベリー、ベイリー・ライト、デゲネクが3バックを形成。デゲネクは新システムへの手応を語っている。 「テヘランでの最初の試合は少し難しかった。僕たちにとっては初めての事だったからね」 「でも今は、僕個人にとって、また何人かの選手にとっては、プレーすることが簡単になり、お互いの役割も理解している」 「僕は互いの理解を深め、チームがシステムを理解していると思うよ」 「このシステムは攻撃的なシステムだと思う。僕はミッドフィルダーの中で最も若く、良い役割を得ている。フットボールを作り、魔法を生み出すと思う」 ▽初戦で敗れたオーストラリアは、22日にカメルーン代表との第2戦を控えており、8月31日には日本代表とのロシア・ワールドカップ アジア最終予選で対戦する。 2017.06.21 19:54 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース