ダニエウ・アウベス、恩師ペップのシティへ2017.06.18 08:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリスの有力メディアである『ガーディアン』は17日、ユベントスに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)のマンチェスター・シティ移籍を報じた。

▽今夏にサイドバックの補強が見込まれているシティ。その候補として、トッテナムに所属するイングランド代表DFカイル・ウォーカーと共に以前から名前が浮上していたのがダニエウ・アウベスだ。

▽伝えられるところによれば、シティはウォーカーの高額な移籍金がネックとなり、D・アウベスの獲得にシフト。ジョゼップ・グアルディオラ監督は2年契約を準備し、D・アウベス獲得に向けてユベントスに接触したようだ。

▽移籍金においては、500万ポンド(約7億円)を用意。安価だが、シティはD・アウベスとユベントスの契約が残り1年しかないということで、同額程度の移籍金で十分に獲得可能と踏んでいるという。

▽また、『ガーディアン』によれば、依然として交渉が続いているものの、取引は大筋合意。D・アウベス自身も、バルセロナ時代の恩師であるグアルディオラ監督の下に加わることを承諾したとみられている。

コメント

関連ニュース

thumb

マンチェスター・シティDFコンパニ、戦友ハートを称える「彼はシティのレジェンドだ」

マンチェスター・シティに所属するDFヴァンサン・コンパニが、元同僚で現在はバーンリーに所属するGKジョー・ハートへ称賛の言葉を送っている。<br><br>現在バーンリーの守護神として活躍するハートは、昨季までの12年間をシティで過ごす。その間2度のプレミアリーグ制覇(2011ー12、2013-14)、リーグカップ優勝(2013ー14、2015ー16)、1度のFAカップ(2010ー11)制覇と、古巣のタイトル獲得に大きく貢献していた。<br><br>そんな元チームメイトについてコンパニは試合後のインタビューでこのように語っている。<br><br>「彼はチームにとっての最重要人物だった。信じられないセーブで何度もチームを救ってきた。シティを現在の地位にまで引き上げてくれた彼の功績は決して過小評価できないことだ。ハートはシティのレジェンドだよ」<br><br>コンパニは、ともにディフェンスラインを支えてきたかつての戦友に対して、「彼にはこれからもいい結果を残し続けてほしい、彼の幸せを願っているよ」とエールを送った。<br><br>なお、エティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・Cとバーンリーの一戦は、シティが5-0で大勝。勝利したシティは2位リバプールと勝ち点同数で首位につけ、一方で敗れたバーンリーは13位となっている。<br><br>提供:goal.com 2018.10.23 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「CL優勝には何か特別なものが必要」グアルディオラが悲願の欧州制覇へファンの後押しを求める

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、現状でチャンピオンズリーグを制するだけの力がチームにはないが、ファンのサポートがあればタイトルに挑戦できると話した。<br><br>これまでのCLでの最高成績はベスト4といまだにファイナルに辿り着いたことのないマンチェスター・C。同クラブのサポーターもこの大会への熱は低く、アンセムにブーイングや、ホームゲームでも空席が目立ったりとチームを後押しするには十分とは言えない。<br><br>そんな中、バルセロナ時代に指揮官として2度のCL制覇を成し遂げたグアルディオラ監督は、以前よりファンにCLの試合でのサポートを求めており、サポーターの後押しがあれば、悲願のビッグイヤーを掲げるチャンスが増すとシャフタール・ドネツク戦前の会見で語った。<br><br>「昨シーズン、私の目に映ったチームの状況は正直言って優勝できる準備ができていなかった。あくまでも私が感じただけのことだ。別に優勝を諦めていることを意味しているわけではない。しかし、この大会に優勝するということは望むだけでは不十分だ」<br><br>「それに、優勝するためにはまず、クラブ、会長、オーナー、ファン、メディアの全員が強く望まなければならない。そうなったとき、クラブに関わる全員がチームを後押しして、このようなタイトルを手にできるチャンスにつながる。しかし、現状ではまだチームがそのような雰囲気になっていない」<br><br>「ファンがチームを後押ししたとき、優勝が近づく。我々が良いチームであることは否定しないが、優勝のためには我々にはない何か特別なものが必要だ。たぶん将来、遅かれ早かれ優勝に近づくときが来るだろう。できる限り早くにそうなれると願っている」<br><br>なお、23日に控えるシャフタール・ドネツク戦には、ケガから復帰したケビン・デ・ブライネとカイル・ウォーカーがメンバー入り。一方で、ファビアン・デルフとイルカイ・ギュンドアンは欠場するようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

我々なら希望額を出す! レアル・マドリーがスターリング獲りへ

▽イギリス『エクスプレス』は、レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)の獲得に尽力と報じた。 ▽スターリングの現行契約は2020年まで。長らく延長交渉が続いているが、金銭面で折り合いがつかず、依然として合意に至っていない。さらに長引けば、シティは無銭流失を避けるべく、来夏の移籍市場で売却を迫られることになる。 ▽そのスターリングの新天地候補として挙がっているのがレアル・マドリーだ。15日に行われたUEFAネーションズカップのスペイン代表vsイングランド代表で2得点を挙げたスターリングの活躍を受け、獲得意欲を強めたとみられる。 ▽そこで、レアル・マドリーはシティで週給17万ポンド(約2400万円)を受け取るスターリングに対して、週給27万ポンド(約3900万円)の好条件を用意。同数字はシティとの延長交渉で承諾してもらえずにいる本人の希望額だという。 2018.10.22 08:05 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ怒涛のゴールラッシュ!バーンリーに5発圧勝…デ・ブライネも復活《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは20日、プレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦し、5-0で勝利した。 ▽チェルシー、リバプールと並んで6勝2分け無敗のシティは前節リバプールと0-0の引き分けを演じた。無敗を目指す今節では、開幕戦のアーセナル戦以降負傷離脱が続いていたデ・ブライネがベンチ入り。スタメンにはコンパニやラポルテ、ザネ、マフレズらが顔を揃えた。 ▽序盤からホームのシティが次々とゴールに迫る。まずは4分、右サイドのクロスをアグエロがダイビングヘッドでシュートに繋げると、15分にはマフレズのクロスから再びアグエロがゴール前で合わせるが、つま先で僅かに当ててコースを変えたシュートは古巣対決のGKハートがファインセーブを見せた。 ▽それでも猛攻続けるシティがゴールを奪うのは時間の問題だった。17分、左サイドでボールを持ったザネを起点に、シルバがボックス左でフリーに。シルバはそこからゴール前を横切る鋭いパスを通し、逆サイドのアグエロが楽々と押し込んだ。 ▽その後もシティが圧倒的な力の差で試合を支配。前半アディショナルタイムには右サイドのクロスをアグエロが完璧なタイミングで頭で捉えたが、ハートが再びのビッグセーブ。元シティGKの活躍もあり前半はシティは1点をリードするにとどまった。 ▽しかし、後半開始開始まもなくシティがリードを広げる。54分、ボックス左に侵入したザネが相手の足にかかって倒れると、バーンリーの選手たちはプレーを止めて審判にノーファウルをアピール。しかし笛はなっておらず、シティはその隙にシルバがボールを拾ってクロスを上げる。これをベルナルド・シウバが蹴り込んでシティが追加点。バーンリーにとっては悔やまれる失点となった。 ▽さらにバーンリーに追い打ちをかけるようにその2分後、シティの左CKの場面でボールを処理し損ねると、こぼれ球をフェルナンジーニョにボックス手前からダイレクトでゴール右上に突き刺すファインゴールを決められ3点目を奪われてしまった。 ▽これで試合を決めたシティは58分、ついにデ・ブライネがピッチへ。ベルナルド・シウバの代わる際には観客から大きな拍手が送られた。 ▽シティは84分、ボックス手前でボールを受けたマフレズが左足でゴール左上を突く見事なシュートを沈めて4点目。90分にはメンディのグラウンダーのクロスをザネがダイレクトで合わせ5点目を追加した。 ▽試合はそのまま終了。後半に怒涛の4得点を奪ったシティが5発大勝を収めた。 2018.10.21 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

シティが今節対戦の元守護神に最大限の敬意! GK練習場ピッチにジョー・ハートの名

▽マンチェスター・シティは20日に行われるプレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦する。この一戦を前にかつての守護神に対して最大限の敬意を示した。 ▽現在、バーンリーで守護神を務めるのは昨季までシティに12年間在籍していた元イングランド代表GKジョー・ハートだ。同選手は2006年にシュルーズベリーから加入して以降、幾つかのクラブへのレンタル移籍を経験した一方、2011-12シーズンと2013-14シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したレジェンドだ。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任に伴い、ここ2シーズンはトリノ、ウェストハムにレンタルに出され、今夏愛するクラブを旅立つ決断をしたハートだが、クラブはその功労者への恩を忘れていなかったようだ。 ▽シティは19日、アカデミーの練習場にあるGK用のトレーニングピッチにジョー・ハートの名前を冠することを発表。さらに同ピッチの柵の部分には2011-12シーズンのプレミア最終節のQPR戦での劇的過ぎる優勝時にハートが見せた、お馴染みのセレブレーションの様子を模したモザイク絵も飾られている。 ▽さらにバーンリー戦後には前述のモザイク絵のミニチュア版と、ハートとその家族に生涯のシーズンチケットがプレゼントされる予定だ。 ▽ハートは古巣からの粋な計らいに対して、心から感謝を示している。 「シティ・フットボール・アカデミーのゴールキーパー用のトレーニングピッチに自分の名前が冠されることは大きな誇りだ。マンチェスター・シティは僕の人生、キャリアにおいてとても大きな部分を占めているんだ。そして、僕と当時のチームメートが成し遂げたことを心から誇りに思っているよ」 「マンチェスター・シティの歴史において数々の偉大なゴールキーパーたちがいた。そして、クラブがその中の1人として僕を選んでくれたことをこの上ない特権と感じているよ」 2018.10.20 20:10 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース