【ブンデス最終節プレビュー】HSVvsヴォルフスブルクの残留争い他、CL&EL出場権争い決着2017.05.19 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はチャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインを争う3位ドルトムントが引き分け、4位ホッフェンハイムが勝利したことで両チームの勝ち点が61で並んだ。ヨーロッパリーグ出場権争いではヘルタ・ベルリンが5位再浮上を果たし、引き分けたフライブルクが6位に後退している。残留争いでは粘りを見せていたインゴルシュタットの降格が決まった。迎える最終節ではハンブルガーSVvsヴォルフスブルクの残留争い直接対決ほか、ドルトムントvsブレーメン、ホッフェンハイムvsアウグスブルク、ケルンvsマインツといった欧州カップ戦出場や残留を目指すチーム同士による好カードが組まれている。

▽残留争いでは、プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSV(勝ち点35)と、残留圏内ぎりぎりに位置する15位ヴォルフスブルク(勝ち点37)による直接対決が行われる。前節シャルケ戦を終了間際の劇的弾で1-1の引き分けに持ち込んだHSVは勝利すれば逆転での残留となる。ここ5試合勝利がなく苦しんでいる状況だが、ホームの大観衆の声援を味方に逆転残留を果たせるか。ここ2試合左サイドバックとして守備面で貢献している酒井高は先発予想となっており、チームを勝利に導くべく攻撃面での貢献に期待が懸かる。

▽一方、前節フランクフルト戦を勝利して残留圏内をキープしたヴォルフスブルクは引き分けでも残留決定となる。20年間1部で戦ってきた名門はプレッシャーのかかる状況に打ち勝てるか。ヨンカー監督就任後、得点力が大幅に改善されているゴメスに引き続き期待だ。

▽CLストレートインを目指す3位ドルトムント(勝ち点61)は、逆転でのEL出場権獲得を目指す8位ブレーメン(勝ち点45)とのホーム戦に臨む。前節アウグスブルク戦を香川のアシストもあって1-1と引き分けたものの、ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれたドルトムントは、ホッフェンハイムとの得失点差が4あることから、勝利すれば3位をキープできる可能性が高い。来季を占う重要な一戦に向けて香川は先発予想。ゴールに絡む活躍を見せてチームをCLに導きたい。

▽一方、前節ホッフェンハイム戦を3-5と敗れ、ここ2試合で9失点と守備が崩壊しているブレーメンは勝利すれば6位浮上の可能性がある。7位でもDFBポカールでドルトムントが優勝すればEL出場の可能性があり、ブレーメンとしては勝利して順位を上げておきたい。

▽ドルトムントに勝ち点で並んだ4位ホッフェンハイム(勝ち点61)は、残留を争う14位アウグブルク(勝ち点37)とのホーム戦に臨む。引き分けで残留をほぼ確定できるアウグスブルクに勝利し、ドルトムントの躓きを期待したい。

▽その他、EL出場権獲得を目指す7位ケルン(勝ち点46)は、残留をほぼ確定させいている13位マインツ(勝ち点37)とのホーム戦で勝利すればEL出場の可能性を高められる状況だ。大迫はベンチスタート予想で、前節貴重な決勝ゴールを決めた武藤は先発復帰予想だ。そして、ELストレートインを目指す5位ヘルタ・ベルリン(勝ち点49)は、残留を確定させた12位レバークーゼン(勝ち点38)とのホーム戦に臨むが、原口はスタメン予想となっている。最後にEL出場圏を死守したい6位フライブルク(勝ち点48)はラームとシャビ・アロンソの現役ラストマッチとなるバイエルンとのアウェイ戦に挑む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ最終節
▽5/20(土)
《22:30》
ホッフェンハイム vs アウグスブルク
バイエルン vs フライブルク
ボルシアMG vs ダルムシュタット
ドルトムント vs ブレーメン
ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク
ケルン vs マインツ
インゴルシュタット vs シャルケ
フランクフルト vs ライプツィヒ
ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

酒井&伊藤所属のHSV、クラブOBのホラーバッハ新監督就任を発表!

▽DF酒井高徳とMF伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは22日、ベルント・ホラーバッハ新監督(48)の就任を発表した。契約期間は2019年6月30日までの1年半となる。 ▽HSVは、20日に行われたブンデスリーガ第19節のケルン戦を0-2で黒星。6試合未勝利で17位に沈み、残留圏内の15位マインツまで5ポイント差と苦しい状況に陥っている。そして、ケルン戦の結果を受けて、クラブはマルクス・ギズドル監督(48)の解任に踏み切った。 ▽なお、HSVの再建を託されたホラーバッハ新監督はMFとして活躍した現役時代に1996年から2004年までHSVでプレーし、同クラブで引退したクラブOB。指導者に転身してからは2014年から2017年までドイツ3部のヴュルツブルガー・キッカーズを率いていた。 2018.01.22 23:01 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井高&伊藤所属のハンブルガーSV、17位低迷でギズドル監督を解任

▽DF酒井高徳とMF伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは21日、マルクス・ギズドル監督(48)の解任を発表した。 ▽ハンブルガーSVは、20日に行われたブンデスリーガ第19節のケルン戦を0-2で黒星。6試合未勝利で17位に沈み、残留圏内の15位マインツまで5ポイント差と苦しい状況に陥っている。 ▽クラブによれば、そのケルン戦の結果を受けて行われた会談でギズドル監督の解任を決断。後任については、速やかに決定するとしている。 2018.01.21 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫先発復帰のケルン、テローデのドッペルパックで伊藤途中出場のHSVに勝利し3連勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第19節、ハンブルガーSVvsケルンが20日に行われ、0-2でケルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉は77分からプレー、ケルンのFW大迫勇也は64分までプレーしている。 ▽前節アウグスブルク戦を0-1で敗戦し、3連敗中の17位HSV(勝ち点15)は、酒井高と伊藤が引き続きベンチスタートとなった。 ▽一方、前節ボルシアMG戦をテローデの復帰弾で2-1と劇的に勝利した最下位ケルン(勝ち点9)は、大迫がリーグ戦5試合ぶりに先発となった。 ▽大迫がテローデと2トップを形成したケルンに対し、HSVは開始30秒にハーンがボレーシュートでゴールに迫った。そのHSVが良い入りを見せた中、ケルンは6分にヨイッチが直接FKで応戦する。 ▽引き続き前がかるHSVに対し、ケルンは11分に大迫にビッグチャンス。しかし、スルーパスに抜け出した大迫は独走するも、GKとの一対一を決めきれない。すると直後、ロングカウンターに転じたHSVはコスティッチが枠内シュートを浴びせたが、GKホルンの好セーブに阻まれた。 ▽互いにゴールに迫った中、27分にケルンが先制する。左CKからテローデが右足ボレーで押し込んだ。新戦力テローデの2戦連発弾で先手を取ったケルンは、ハーフタイムにかけてHSVに付け入る隙を見せずに1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、50分にマフライのクリアミスからテローデが際どいシュートを浴びせたケルンは、HSVに押し込まれる時間が続いたものの、決定的なシュートは打たせずに時間を進めていく。 ▽そして64分にはポストプレーで存在感を示していた大迫を下げて中盤のレーマンを投入し、逃げ切り体勢を整えた。 ▽すると67分、カウンターに転じたケルンは、ヨイッチの浮き球パスをボックス中央に走り込んだテローデがボレーで流し込み、追加点を奪った。 ▽2点を追うHSVは76分にフントの直接FKが枠の右角に当たる決定機を演出するもゴールが遠い。結局、伊藤を右サイドに投入して攻撃の活性化を図ったものの、最後までゴールは奪えず0-2で敗戦。4連敗となった。一方、勝利したケルンは3連勝を飾っている。 2018.01.21 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤途中出場のHSV、降格圏抜け出せず厳しい3連敗《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは13日、ブンデスリーガ第18節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場機会はなく、FW伊藤達哉は74分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を1-3と完敗して2連敗となった17位HSV(勝ち点15)は、酒井高と伊藤がベンチスタートとなった。 ▽9位アウグスブルク(勝ち点24)に対し、立ち上がりから一進一退の攻防を強いられたHSVは、なかなか決定的なシュートに持ち込むことはできない。 ▽そんな中32分、アウグスブルクのグレゴリッチュに強烈なボレーシュートでオンターゲットを記録される。そして前半終了間際、ク・ジャチョルのヘディングシュートで失点し、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も思うように攻撃を仕掛けられず苦戦したHSVは、74分に伊藤を右サイドに投入。しかし、見せ場を作れず、チームは0-1のまま敗戦。厳しい3連敗となっている。 2018.01.14 06:29 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井高聖、兄・高徳が所属するハンブルガーSVの2軍でトライアル…海外挑戦なるか

アルビレックス新潟のDF酒井高聖は、兄の高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)の2軍の練習に参加。地元メディアの『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えている。<br><br>21歳の高聖は4日からの始動とともにHSVの2軍にあたるU-21チームの練習に参加している。右SBを本職とする同選手だが、現在4部に相当するレギオナルリーガ・ノルトの首位を走るチームとの契約を目指すことになった。<br><br>同チーム率いるクリスティアン・ティーツ監督は「現在ドイツに滞在する彼は、ここで彼の実力を見せたい、と願ったんだ。なので我々はそれに応じ、これから数日間彼のことを見てみることにした」とコメントを残している。<br><br>高聖は先月、日本人選手4人の1人としてドイツ3部所属のアーレンでもトライアルを受けていたものの、ほかの3人と同様契約を勝ち取れず。だが高聖に関しては、つい最近トップチームに引き上げられたFW伊藤達哉がプレーしていたチームでの練習参加が決まった。<br><br>新潟は4日、高聖とは2月1日以降の契約を更新しないことを発表。HSVの2軍への入団が実現しなくても、出身クラブにはしばらく戻ることはないかもしれない。なお、新潟は7日にはMF酒井宣福(25)が完全移籍で大宮アルディージャに渡ったことを発表している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.09 08:39 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース