【ブンデス最終節プレビュー】HSVvsヴォルフスブルクの残留争い他、CL&EL出場権争い決着2017.05.19 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はチャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインを争う3位ドルトムントが引き分け、4位ホッフェンハイムが勝利したことで両チームの勝ち点が61で並んだ。ヨーロッパリーグ出場権争いではヘルタ・ベルリンが5位再浮上を果たし、引き分けたフライブルクが6位に後退している。残留争いでは粘りを見せていたインゴルシュタットの降格が決まった。迎える最終節ではハンブルガーSVvsヴォルフスブルクの残留争い直接対決ほか、ドルトムントvsブレーメン、ホッフェンハイムvsアウグスブルク、ケルンvsマインツといった欧州カップ戦出場や残留を目指すチーム同士による好カードが組まれている。

▽残留争いでは、プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSV(勝ち点35)と、残留圏内ぎりぎりに位置する15位ヴォルフスブルク(勝ち点37)による直接対決が行われる。前節シャルケ戦を終了間際の劇的弾で1-1の引き分けに持ち込んだHSVは勝利すれば逆転での残留となる。ここ5試合勝利がなく苦しんでいる状況だが、ホームの大観衆の声援を味方に逆転残留を果たせるか。ここ2試合左サイドバックとして守備面で貢献している酒井高は先発予想となっており、チームを勝利に導くべく攻撃面での貢献に期待が懸かる。

▽一方、前節フランクフルト戦を勝利して残留圏内をキープしたヴォルフスブルクは引き分けでも残留決定となる。20年間1部で戦ってきた名門はプレッシャーのかかる状況に打ち勝てるか。ヨンカー監督就任後、得点力が大幅に改善されているゴメスに引き続き期待だ。

▽CLストレートインを目指す3位ドルトムント(勝ち点61)は、逆転でのEL出場権獲得を目指す8位ブレーメン(勝ち点45)とのホーム戦に臨む。前節アウグスブルク戦を香川のアシストもあって1-1と引き分けたものの、ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれたドルトムントは、ホッフェンハイムとの得失点差が4あることから、勝利すれば3位をキープできる可能性が高い。来季を占う重要な一戦に向けて香川は先発予想。ゴールに絡む活躍を見せてチームをCLに導きたい。

▽一方、前節ホッフェンハイム戦を3-5と敗れ、ここ2試合で9失点と守備が崩壊しているブレーメンは勝利すれば6位浮上の可能性がある。7位でもDFBポカールでドルトムントが優勝すればEL出場の可能性があり、ブレーメンとしては勝利して順位を上げておきたい。

▽ドルトムントに勝ち点で並んだ4位ホッフェンハイム(勝ち点61)は、残留を争う14位アウグブルク(勝ち点37)とのホーム戦に臨む。引き分けで残留をほぼ確定できるアウグスブルクに勝利し、ドルトムントの躓きを期待したい。

▽その他、EL出場権獲得を目指す7位ケルン(勝ち点46)は、残留をほぼ確定させいている13位マインツ(勝ち点37)とのホーム戦で勝利すればEL出場の可能性を高められる状況だ。大迫はベンチスタート予想で、前節貴重な決勝ゴールを決めた武藤は先発復帰予想だ。そして、ELストレートインを目指す5位ヘルタ・ベルリン(勝ち点49)は、残留を確定させた12位レバークーゼン(勝ち点38)とのホーム戦に臨むが、原口はスタメン予想となっている。最後にEL出場圏を死守したい6位フライブルク(勝ち点48)はラームとシャビ・アロンソの現役ラストマッチとなるバイエルンとのアウェイ戦に挑む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ最終節
▽5/20(土)
《22:30》
ホッフェンハイム vs アウグスブルク
バイエルン vs フライブルク
ボルシアMG vs ダルムシュタット
ドルトムント vs ブレーメン
ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク
ケルン vs マインツ
インゴルシュタット vs シャルケ
フランクフルト vs ライプツィヒ
ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

東京五輪で日本代表を率いる森保一監督がハンブルガーSVのFW伊藤達哉を視察へ

▽東京オリンピックで日本代表を率いる森保一監督が、ハンブルガーSVに所属するFW伊藤達哉の視察に訪れるようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽伊藤は、柏レイソルの下部組織出身で、トップチームを経ずにハンブルガーSVの下部組織に移籍。今シーズンはブンデスリーガデビューを果たすと、ここまで6試合に出場している。 ▽165cmと小柄な体格ながら、切れ味鋭いドリブルを武器とする伊藤。現在20歳であり、東京オリンピックのU-23日本代表に選出される条件を満たしている。 ▽『ビルト』によると、新たにチームを作る森保監督が伊藤に興味を持っているとのこと。メンバー候補リストでも上位に居ると報じている。 ▽同世代には、U-20日本代表としても活躍し、クラブチームでも活躍するDF中山雄太(柏レイソル)やDF藤谷壮(ヴィッセル神戸)、MF堂安律(フローニンヘン)らがおり、FC東京のFW久保建英も同代表でプレーする可能性がある。 2017.11.14 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

HSVのドイツ人MFギデオン・ユングが2022年まで契約延長

▽ハンブルガーSVは13日、ドイツ人MFギデオン・ユング(23)と2022年6月30日まで契約延長したことを発表した。 ▽ボランチを本職とし、センターバックでもプレー可能なG・ユングは、2014年夏にロートヴァイス・オーバーハウゼンからHSVに加入。これまでHSVでは公式戦63試合に出場して1ゴール2アシストを記録している。今季はここまで退場により出場停止となった直近の2試合を除いてブンデスリーガ9試合に出場し、主力としてプレーしている。 ▽デュッセルドルフ生まれでガーナにルーツを持つG・ユングは、代表としてはこれまでU-21ドイツ代表に選出されていた経歴を持つ。 2017.11.14 03:04 Tue
twitterfacebook
thumb

HSV幹部、契約終了間近でインテルから熱視線20歳伊藤達哉との契約延長を楽観視

ハンブルガーSV(HSV)は所属するFW伊藤達哉との契約延長に自信を見せている。ドイツ紙『ハンブルガー・モーゲンポスト』が報じている。<br><br>伊藤は柏レイソルの下部組織出身で、2015年夏にHSVに加入。下部組織でプレーを続けたのち、今シーズンのブンデスリーガ第6節レバークーゼン戦(3-0でレヴァークーゼンが勝利)の82分から途中出場を果たし、トップチームでのデビューを飾った。第11節を終えて6試合に出場している。<br><br>20歳の逸材には、これまでフランクフルトやマインツ、アウグスブルク、フライブルクなどドイツ国内のクラブが獲得に興味を示していたが、現段階ではインテルやマンチェスター・シティも動向を注視している。伊藤の契約は今シーズン終了後の6月末に満了を迎えることもあり、獲得を狙うクラブにとって同選手が契約延長に合意するかどうかが焦点となる。<br><br>伊藤との契約延長について、HSVのイェンス・トートSD(スポーツ・ディレクター)は「楽観視している」と述べ、移籍金ゼロでの引き抜きを目指すクラブをけん制した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.07 19:36 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井高&伊藤先発のHSVが浅野フル出場の10人シュツットガルトに快勝! 9戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第11節、ハンブルガーSVvsシュツットガルトが4日に行われ、3-1でHSVが快勝した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は68分までプレー。シュツットガルトのFW浅野拓磨はフル出場している。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦を1-2と競り負け3連敗となった16位HSV(勝ち点7)と、10人となったフライブルクに3-0と快勝した12位シュツットガルト(勝ち点13)の一戦。 ▽酒井高がここ2試合同様にボランチで先発し、伊藤が右ウイングで3試合ぶりにスタメンとなったHSVと、浅野が右ウイングで3試合連続先発となったシュツットガルトの日本人対決。 ▽試合は開始3分、シュツットガルトにビッグチャンスが訪れる。ギンチェクがスルーパスに抜け出してGKと一対一となるも、マゼニアのファインセーブに阻まれた。 ▽その後はHSVが押し込む流れが続く中、シュツットガルトにアクシデント。13分、ブルニッチがフントに対するファウルで2枚目のイエローカードを受けて退場となった。 ▽そして20分、数的優位のHSVが先制する。ボックス手前中央で得たFKをフントが直接狙うと、何でもないシュートだったが、GKツィーラーのキャッチミスによりゴールに吸い込まれた。 ▽良い流れで先制したHSVはアルプやディークメイヤーが立て続けにGKツィーラーを強襲するシュートを浴びせていく。 ▽ハーフタイムにかけてもHSVが攻勢を続けると、42分には右サイドを突破した伊藤が好クロスを入れるも、わずかに味方には合わなかった。さらに直後の左CKからパパドプーロスがヘディングシュートを浴びせたが、ここはGKツィーラーのファインセーブに阻止される。追加タイム1分には酒井高がミドルシュートを放ったHSVが主導権を握ったまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、50分にディークメイヤーのミドルシュートで牽制したHSVだったが、53分にFKの流れからボックス内のディークメイヤーがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)後にハンドを取られ、PKを献上した。これをギンチェクに決められ、試合は振り出しに戻った。 ▽それでも65分、伊藤、フントとつないで右サイドのディークメイヤーのクロスをファーサイドのコスティッチがダイビングヘッドで押し込んで、HSVがすかさず勝ち越しに成功した。 ▽さらに69分、ボックス右のアルプが鋭い反転からシュートをゴール左隅に決めて3-1とした。アルプの2試合連続ゴールで突き放したHSVは、終盤にかけてコスティッチが決定機を決めきれなかったものの、3-1のまま快勝。第2節以来となる9試合ぶりの勝利を飾っている。 2017.11.05 01:34 Sun
twitterfacebook
thumb

セットプレー2発で原口不在のヘルタが、酒井高&伊藤のHSVに勝利!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第10節、ヘルタ・ベルリンvsハンブルガーSV(HSV)が28日に行われ、2-1でヘルタ・ベルリンが勝利した。 ▽公式戦7試合勝利がない12位のヘルタ・ベルリンと、こちらも7試合未勝利の16位のHSVが激突した一戦。ホームのヘルタ・ベルリンは第8節のシャルケ戦で退場処分を受けた原口は2試合の出場停止で、この試合も招集外となった。対するHSVは、酒井が先発入り。伊藤はベンチスタートとなった。 ▽ファーストシュートはヘルタ・ベルリン。左サイドの深い位置からスローインでリスタートすると、虚を突いてレキクが狙うが枠を捉えられなかった。一方のHSVは11分、左サイドのクロスにハーンがヘディングシュートでトライ。しかしこれは枠を外してしまう。 ▽試合が動いたのは17分。右CKを得たヘルタ・ベルリンは、プラッテンハールトがクロスを送ると、合わせたのはシュタルク。打点の高いヘディングで巧く軌道をずらしゴールの左に流し込んだ。 ▽先制を許したHSVは、29分にドウグラスがボックス左からゴールに迫る。シュートはゴール左上隅を捉えていたが、GKヤルシュテインに弾き出された。 ▽迎えた後半、ヘルタ・ベルリンが再びCKから得点を奪う。50分、ヴァイザーの右CKに、上手くDFの間に入ったレキクが頭で合わせ2点目。 ▽さらに厳しい試合展開となったHSVは56分にエクダルとウッドを下げて、アルプと伊藤を同時投入。前線の活性化を図った。するとこの交代が功を奏す。 ▽73分、右サイドの伊藤のスルーパスでボックス右に侵入した味方のクロスをマフライが頭で折り返す。それをアルプが右足で合わせると、シュートは左ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽1点差に詰め寄ったHSVだが、追加点は奪えずそのままタイムアップ。セットプレーでの2点を守り切ったヘルタ・ベルリンが2-1で勝利し、今季3勝目を手にした。 2017.10.29 00:47 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース