【ブンデス最終節プレビュー】HSVvsヴォルフスブルクの残留争い他、CL&EL出場権争い決着2017.05.19 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はチャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインを争う3位ドルトムントが引き分け、4位ホッフェンハイムが勝利したことで両チームの勝ち点が61で並んだ。ヨーロッパリーグ出場権争いではヘルタ・ベルリンが5位再浮上を果たし、引き分けたフライブルクが6位に後退している。残留争いでは粘りを見せていたインゴルシュタットの降格が決まった。迎える最終節ではハンブルガーSVvsヴォルフスブルクの残留争い直接対決ほか、ドルトムントvsブレーメン、ホッフェンハイムvsアウグスブルク、ケルンvsマインツといった欧州カップ戦出場や残留を目指すチーム同士による好カードが組まれている。

▽残留争いでは、プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSV(勝ち点35)と、残留圏内ぎりぎりに位置する15位ヴォルフスブルク(勝ち点37)による直接対決が行われる。前節シャルケ戦を終了間際の劇的弾で1-1の引き分けに持ち込んだHSVは勝利すれば逆転での残留となる。ここ5試合勝利がなく苦しんでいる状況だが、ホームの大観衆の声援を味方に逆転残留を果たせるか。ここ2試合左サイドバックとして守備面で貢献している酒井高は先発予想となっており、チームを勝利に導くべく攻撃面での貢献に期待が懸かる。

▽一方、前節フランクフルト戦を勝利して残留圏内をキープしたヴォルフスブルクは引き分けでも残留決定となる。20年間1部で戦ってきた名門はプレッシャーのかかる状況に打ち勝てるか。ヨンカー監督就任後、得点力が大幅に改善されているゴメスに引き続き期待だ。

▽CLストレートインを目指す3位ドルトムント(勝ち点61)は、逆転でのEL出場権獲得を目指す8位ブレーメン(勝ち点45)とのホーム戦に臨む。前節アウグスブルク戦を香川のアシストもあって1-1と引き分けたものの、ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれたドルトムントは、ホッフェンハイムとの得失点差が4あることから、勝利すれば3位をキープできる可能性が高い。来季を占う重要な一戦に向けて香川は先発予想。ゴールに絡む活躍を見せてチームをCLに導きたい。

▽一方、前節ホッフェンハイム戦を3-5と敗れ、ここ2試合で9失点と守備が崩壊しているブレーメンは勝利すれば6位浮上の可能性がある。7位でもDFBポカールでドルトムントが優勝すればEL出場の可能性があり、ブレーメンとしては勝利して順位を上げておきたい。

▽ドルトムントに勝ち点で並んだ4位ホッフェンハイム(勝ち点61)は、残留を争う14位アウグブルク(勝ち点37)とのホーム戦に臨む。引き分けで残留をほぼ確定できるアウグスブルクに勝利し、ドルトムントの躓きを期待したい。

▽その他、EL出場権獲得を目指す7位ケルン(勝ち点46)は、残留をほぼ確定させいている13位マインツ(勝ち点37)とのホーム戦で勝利すればEL出場の可能性を高められる状況だ。大迫はベンチスタート予想で、前節貴重な決勝ゴールを決めた武藤は先発復帰予想だ。そして、ELストレートインを目指す5位ヘルタ・ベルリン(勝ち点49)は、残留を確定させた12位レバークーゼン(勝ち点38)とのホーム戦に臨むが、原口はスタメン予想となっている。最後にEL出場圏を死守したい6位フライブルク(勝ち点48)はラームとシャビ・アロンソの現役ラストマッチとなるバイエルンとのアウェイ戦に挑む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ最終節
▽5/20(土)
《22:30》
ホッフェンハイム vs アウグスブルク
バイエルン vs フライブルク
ボルシアMG vs ダルムシュタット
ドルトムント vs ブレーメン
ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク
ケルン vs マインツ
インゴルシュタット vs シャルケ
フランクフルト vs ライプツィヒ
ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

ハンブルガーSV、元スウェーデン代表MFバホウィのグラスホッパー移籍を発表

▽ハンブルガーSV(HSV)は23日、元スウェーデン代表MFナビル・バホウィ(26)がグラスホッパーに完全移籍したことを発表した。契約期間は3年間となる。 ▽母国スウェーデンのブロマポイカルナでプロデビューを飾ったバホウィは、昨夏にアル・アハリからHSVにフリートランスファーで加入。しかし、HSVでは出場機会に恵まれず、リーグ戦1試合の出場に留まった。 ▽HSVは今夏の移籍市場で元ドイツ代表FWアンドレ・ハーン(26)を獲得。また、ダルムシュタットから昨季リーグ戦19ゴールのFWスベン・シプロック(28)をレンタルバックしていた。 2017.07.24 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

HSV、格下2部クラブにまさかの5失点…今夏初の実戦出場の酒井高徳は60分までプレー

日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSV(HSV)は19日、ブンデスリーガ3部から2部に昇格したばかりのホルシュタイン・キールと練習試合を行った。試合はHSVが3-5と敗れている。<br><br>今夏初の実戦となった酒井は先発出場を果たした。試合はHSVが7分にPKで先制点を奪う幸先の良いスタートを切る。その3分後にもフィリップ・コスティッチのゴールで追加点を得るが、前半のうちに1点を返され、2-1で後半へと進む。<br><br>ハーフタイムに8人を交代すると、後半で一時逆転を許す。85分にピエール=ミシェル・ラソッガのゴールで何とか追いついたものの、試合終了間際に2点を追加され、3-5で敗れた。酒井は60分まで出場している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井高徳、キャプテンマークを外す?地元紙はHSV監督が他選手を主将に任命する可能性を指摘

日本代表DF酒井高徳は新シーズンもハンブルガーSV(HSV)の主将を務めるのだろうか。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』は、酒井がこのままキャプテンマークを巻く可能性を高いとするも、マルクス・ギスドル監督が他の選手を主将に任命することも考えられると報じている。<br><br>ギスドル監督は昨秋に酒井を新キャプテンに指名。日本人選手がブンデスリーガクラブで主将を任されたことで、ドイツ国内でも大きな反響を呼んだ。しかしながら、HSVは今年1月に高いリーダーの資質を持つと見られる選手を2人獲得。当初はレンタルで加わり今夏には完全移籍でレヴァークーゼンから渡ったギリシャ代表DFキリアコス・パパドプーロス、そしてケルンから獲得したアルバニア代表DFメルギム・マフライといった選手たちだ。<br><br>『ハンブルガー・モルゲンポスト』によると、酒井はそれらのうちの1人にキャプテンマークを渡すことになるかもしれないという。酒井本人もその可能性について「ひょっとしたら監督が新しい主将を選ぶかもしれません」と認めるも、「ですが、僕はこのまま続けるのであれば、これからも自分の仕事に100%で臨みます。他の誰かがキャプテンを務める場合もそうします」とのコメントを残している。<br><br>自身を&ldquo;チームのために戦う兵隊&rdquo;と形容するK・パパドプーロスは「それは監督が決めること。僕は常にチームのためにここにいる。キャプテンであろうとなかろうと、関係ない」と言及。またマフライは「いずれにせよ常にピッチに11人のキャプテンが立たなければいけない」と話し、メンバー全員がチームに対する責任を背負わなければいけないことを強調している。<br><br>一方、同紙は電子版でユーザーたちに「新シーズン、HSVのキャプテンは誰であるべきか?」と問いかけるアンケートを実施。現地時間19日午後8時までに1万2千人以上のユーザーが参加し、K・パパドプーロスは37%と酒井(35%)に対してわずかながらリードを取る格好で最多の得票率を獲得し、マフライ(11%)、ルイス・ホルトビー、ニコライ・ミュラー(各7%)と続いた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.20 16:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGの元ドイツ代表FWハーンが古巣・ハンブルガーSVへ復帰…4年契約

▽ハンブルガーSVは29日、ボルシアMGの元ドイツ代表FWアンドレ・ハーン(26)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年契約となる。 ▽ハーンは、ハンブルガーSVの下部組織に在籍した経験があり、FCオーバーノイラントやTuSコブレンツ、キッカーズ・オッフェンバッハなどドイツの2部リーグチームでプレー。2013年1月にアウグスブルクに加入すると、ブレイクを果たしドイツ代表にも選出された。 ▽アウグスブルクでは48試合に出場し12ゴール13アシストを記録し、2014年7月にボルシアMGへと移籍。3シーズンで68試合に出場し14得点5アシストを記録。今シーズンは18試合に出場し3ゴール1アシストを記録している。 2017.06.30 12:17 Fri
twitterfacebook
thumb

HSV主将酒井高徳の去就確定は「待つ必要あり」…今夏売却か契約延長へ

ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表DF酒井高徳に関する新契約締結はまだしばらく先になるかもしれない。ドイツ『ハンブルガー・モルゲンポスト』が報じた。<br><br>未来を見据えるHSVが今夏に優先するのはスカッドの整理だ。クラブには2018年で契約が満了する選手が複数在籍し、今夏で売却するか契約を延長するかのいずれかの選択が下される見込み。その中には酒井の名前も含まれている。<br><br>デニス・ディークマイアー、ニコライ・ミュラー、ルイス・ホルトビー、アーロン・ハント、そして酒井高徳。この中で唯一ミュラーだけは、すでに契約延長が結ばれる可能性が高い。HSVのイェンス・トッドSD(スポーツディレクター)は29歳のアタッカーについてあらゆるオファーを拒否する姿勢であることを示している。<br><br>一方で、酒井ら他4人について早急に契約を延長する動きはないが、それは大きな問題ではないという。あくまでも少々待つ必要があるというだけであり、クラブが酒井を放出するシグナルではないと伝えられている。クラブのスカッドが確定してから放出や延長交渉に動き出すと見られ、いずれにしろ酒井の去就が確定するのは少し先になるようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.29 11:15 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース