【ブンデス最終節プレビュー】HSVvsヴォルフスブルクの残留争い他、CL&EL出場権争い決着2017.05.19 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はチャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインを争う3位ドルトムントが引き分け、4位ホッフェンハイムが勝利したことで両チームの勝ち点が61で並んだ。ヨーロッパリーグ出場権争いではヘルタ・ベルリンが5位再浮上を果たし、引き分けたフライブルクが6位に後退している。残留争いでは粘りを見せていたインゴルシュタットの降格が決まった。迎える最終節ではハンブルガーSVvsヴォルフスブルクの残留争い直接対決ほか、ドルトムントvsブレーメン、ホッフェンハイムvsアウグスブルク、ケルンvsマインツといった欧州カップ戦出場や残留を目指すチーム同士による好カードが組まれている。

▽残留争いでは、プレーオフに回らなければならない16位ハンブルガーSV(勝ち点35)と、残留圏内ぎりぎりに位置する15位ヴォルフスブルク(勝ち点37)による直接対決が行われる。前節シャルケ戦を終了間際の劇的弾で1-1の引き分けに持ち込んだHSVは勝利すれば逆転での残留となる。ここ5試合勝利がなく苦しんでいる状況だが、ホームの大観衆の声援を味方に逆転残留を果たせるか。ここ2試合左サイドバックとして守備面で貢献している酒井高は先発予想となっており、チームを勝利に導くべく攻撃面での貢献に期待が懸かる。

▽一方、前節フランクフルト戦を勝利して残留圏内をキープしたヴォルフスブルクは引き分けでも残留決定となる。20年間1部で戦ってきた名門はプレッシャーのかかる状況に打ち勝てるか。ヨンカー監督就任後、得点力が大幅に改善されているゴメスに引き続き期待だ。

▽CLストレートインを目指す3位ドルトムント(勝ち点61)は、逆転でのEL出場権獲得を目指す8位ブレーメン(勝ち点45)とのホーム戦に臨む。前節アウグスブルク戦を香川のアシストもあって1-1と引き分けたものの、ホッフェンハイムに勝ち点で並ばれたドルトムントは、ホッフェンハイムとの得失点差が4あることから、勝利すれば3位をキープできる可能性が高い。来季を占う重要な一戦に向けて香川は先発予想。ゴールに絡む活躍を見せてチームをCLに導きたい。

▽一方、前節ホッフェンハイム戦を3-5と敗れ、ここ2試合で9失点と守備が崩壊しているブレーメンは勝利すれば6位浮上の可能性がある。7位でもDFBポカールでドルトムントが優勝すればEL出場の可能性があり、ブレーメンとしては勝利して順位を上げておきたい。

▽ドルトムントに勝ち点で並んだ4位ホッフェンハイム(勝ち点61)は、残留を争う14位アウグブルク(勝ち点37)とのホーム戦に臨む。引き分けで残留をほぼ確定できるアウグスブルクに勝利し、ドルトムントの躓きを期待したい。

▽その他、EL出場権獲得を目指す7位ケルン(勝ち点46)は、残留をほぼ確定させいている13位マインツ(勝ち点37)とのホーム戦で勝利すればEL出場の可能性を高められる状況だ。大迫はベンチスタート予想で、前節貴重な決勝ゴールを決めた武藤は先発復帰予想だ。そして、ELストレートインを目指す5位ヘルタ・ベルリン(勝ち点49)は、残留を確定させた12位レバークーゼン(勝ち点38)とのホーム戦に臨むが、原口はスタメン予想となっている。最後にEL出場圏を死守したい6位フライブルク(勝ち点48)はラームとシャビ・アロンソの現役ラストマッチとなるバイエルンとのアウェイ戦に挑む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ最終節
▽5/20(土)
《22:30》
ホッフェンハイム vs アウグスブルク
バイエルン vs フライブルク
ボルシアMG vs ダルムシュタット
ドルトムント vs ブレーメン
ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク
ケルン vs マインツ
インゴルシュタット vs シャルケ
フランクフルト vs ライプツィヒ
ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン

コメント

関連ニュース

thumb

フランクフルト、2部降格のHSVからN・ミュラーを獲得!

▽フランクフルトは12日、ブンデスリーガ2部に降格するハンブルガーSV(HSV)から元ドイツ代表FWニコライ・ミュラー(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2020年までの2年となるが、更なる契約延長オプションが付随している。 ▽降格したHSVを離れて来季もブンデスリーガに残留することになったミュラーはフランクフルト公式サイトで今回の移籍に関して以下のようにコメントしている。 「ハンブルクで過ごした時間の中にはたくさんの特別な瞬間でもあったよ。常に思った通りにいったわけではなかったけど、移籍を後悔したことはないよ」 「今日は素晴らしい日だ。僕はずっとフランクフルトのファンだったからね。ここ数年間でチームは成長を見せているし、個人的にこれからも成功を続けていく助けになっていきたいと思う」 ▽一方、2列目の複数ポジションをこなせる快足アタッカーの獲得に成功したフレディ・ボビッチマネージャーは、「ニコライはブンデスリーガで経験豊富なベテラン。我々に完璧にマッチするプレーヤーだ。スピードがあり、攻撃的ポジションであれば複数でプレーが可能だし、性格的にも素晴らしい。負傷に関しては完全に回復し切っていると思っている」と、満足感を示している。 ▽フランクフルトのユースチームを経てグロイター・フュルトでプロデビューを飾ったミュラーは、マインツを経て2014年にHSVに加入。同クラブでは左右のウイングを主戦場に加入から3シーズンに渡って活躍した。 ▽だが、今季はアウグスブルクとの開幕戦で開幕ゴールを記録するも、ゴールセレブレーションの際に着地を誤り、ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。奇しくもフランクフルトとの第33節で復帰を果たすも、HSVの2部降格の一因だったとの批判も浴びている。 2018.06.14 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

2部降格のHSV、主力MFフントの残留決定! 「次のシーズンに目標を達成できると確信」

▽ハンブルガーSV(HSV)は2日、元ドイツ代表MFアーロン・フント(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽今シーズンのブンデスリーガを17位で終えてクラブ史上初の2部降格を味わうことになったHSVだが、日本代表MF酒井高徳や元ドイツ代表MFルイス・ホルトビーに続く形でフントの残留が決定した。 ▽31歳のベテランMFはクラブとの契約延長に際して以下のようなコメントを残している。 「良いプレーヤーが揃っているチームと、ブンデスリーガ最後の8週間で見せたような戦法によって、次のシーズンに目標を達成できると確信しているよ。だから ハンブルガーSVのオファーを受けたんだ」 ▽一方、HSV幹部のラルフ・ベッカー氏は、「アーロンは経験豊富で我々のチームのリーダー的な役割を担うべきプレーヤーだ。フットボーラーとして高いクオリティと経験を備えており、チームにとって重要な支えとなるだろう」とコメントしている。 ▽ブレーメンの主力として長らく活躍したフントはヴォルフスブルクを経て2016年にHSVに完全移籍で加入。今季はトップ下を主戦場にリーグ戦29試合に出場し3ゴール2アシストの数字を残していた。 2018.06.02 20:39 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯出場を目指すDF酒井高徳「自分の出来る事を全力で」

▽日本サッカー協会(JFA)は31日、ロシア・ワールドカップに日本代表23名を発表した。 ▽2014年のブラジル・ワールドカップに続きメンバー入りを果たしたハンブルガーSVのDF酒井高徳がコメント。初のワールドカップ出場を目指すと力強く語った。 「今回2018年ロシアワールドカップ日本代表に選出され、本当にうれしく誇りに思います。2014年ブラジルでの敗戦、そして出場できなかった悔しさを糧にこの4年間を必死で日々過ごしていました」 「日本のサポーターの皆さんと一丸になり戦い抜けるように、自分の出来る事を全力で頑張ります。また、僕は新潟で生まれ、新潟で育った選手でもあります。新潟県民の代表としてロシアの地で戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.05.31 21:16 Thu
twitterfacebook
thumb

キャプテン酒井高が降格HSVと2020年まで契約延長

▽ハンブルガーSVは30日、日本代表DF酒井高徳(27)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽今季までとなっていた契約を2年延長した酒井は2017-18シーズン、キャプテンとしてブンデスリーガ28試合に出場。しかし、チームをクラブ史上初の降格から救うことはできなかった。 ▽降格直後に残留宣言をしていた酒井について、クリスティアン・ティッツ監督は、「特に終盤において彼の落ち着きを持った彼なりのアプローチでチームを牽引してくれた」とコメントしている。 ▽2015年夏にシュツットガルトからHSVに加入した酒井は、昨シーズン途中からキャプテンに就任。昨季は2部降格を最終節で免れることに成功したものの、今季はチームを降格から救うことはできなかった。 2018.05.31 00:04 Thu
twitterfacebook
thumb

降格HSVのFWハーンが古巣アウグスブルクへ移籍

▽アウグスブルクは30日、ブンデス2部に降格したハンブルガーSVの元ドイツ代表FWアンドレ・ハーン(27)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽HSVでプロデビューを飾ったハーンは、スピードに優れるアタッカーで右ウイングやストライカーとしてプレー。2012年夏に移籍したアウグスブルクで公式戦51試合に出場して12ゴール14アシストを記録して頭角を現し、2017年夏にボルシアMGからHSVへ移籍。しかし、2017-18シーズンはブンデスリーガ23試合に出場して3ゴールに留まり、チームをクラブ史上初の降格から救うことはできなかった。 2018.05.30 23:50 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース