水戸FW角口大征がJFLの東京武蔵野シティFCへ育成型期限付き移籍「成長できるようにチャレンジしたい」2017.05.09 22:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽水戸ホーリーホックは9日、FW角口大征(20)がJFLの東京武蔵野シティFCに育成型期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。

▽角口は、関東第一高校から水戸に加入。鈴鹿アンリミテッドFCへの期限付き移籍も経験しているが、水戸での公式戦出場はない。角口は水戸を通じてコメントしている。

「東京武蔵野シティFCに移籍することになりました。自分が成長できるようにチャレンジしたいと思い、移籍を決断しました。チームは離れますが、これからも成長を見守ってくれたら嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします」

▽また、東京武蔵野シティFCを通じてもコメントしている。

「初めまして、水戸ホーリーホックから加入しました角口大征です。チームのために全力でプレーします。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

水戸が磐田からGK志村滉、仙台からMF茂木駿佑の育成型期限付き移籍加入を発表

▽水戸ホーリーホックは11日、ジュビロ磐田からGK志村滉(22)、ベガルタ仙台からMF茂木駿佑(21)が育成型期限付き移籍加入したことを発表した。 ▽市立船橋高校を卒業後、2015年に磐田に加入した志村。今季は2018JリーグYBCルヴァンカップでの3試合に出場。水戸公式サイトで以下のようにコメントしている。 「水戸ホーリーホックサポーターの皆様、このたび育成型期限付き移籍という形で加入することになりました、志村滉です。チームの力になれるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 ▽また、2014年に仙台ユースからトップチームに昇格した茂木は今季はルヴァンカップで6試合に出場し3得点を記録。同様に以下のようなコメントを残している。 「水戸ホーリーホックの勝利に貢献するために、全力を尽くします。サポーターのみなさん、これから応援よろしくお願いいたします」 2018.06.11 18:08 Mon
twitterfacebook
thumb

水戸、ホームタウン活動に係る資料及び個人情報入りのUSBメモリを紛失

▽水戸ホーリーホックは20日、ホームタウン活動に係る資料及び個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことを伝え、謝罪した。 ▽クラブの発表によると、18日(水)の19時00分頃、ホームタウン担当者が社内にてUSBを使用しようとしたところ紛失していることを確認。現在、周辺の捜索を開始し、関係者への聞き取りなどを行っているが、20日(金)の17時00分現在まで発見には至ってないとのこと。 ▽なお、USBメモリには市町村招待デーの説明資料、過去の実績等ホームタウン活動に係る資料及び文書などに加えて、キックオフパーティー「葵会」招待者名簿の一部(団体名・団体役職名・名前・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号 約300人分)、ホームタウン等関係市町村担当者名簿(担当者氏名・担当課・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス 21市町村分)が記録されているようだ。 ▽現時点で個人情報紛失に該当する情報の流出や不正使用等の被害は発生しておらず、引き続きUSBメモリの捜索を継続することと、再発防止に務めることを伝えている。 2018.04.21 09:17 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸、異色の経歴を持つ40歳FW安彦考真の加入発表! 2003年から2005年には大宮の通訳として活躍

▽水戸ホーリーホックは31日、FW安彦考真(40)の加入を発表した。 ▽安彦は新磯高校卒業後、ブラジルにサッカー留学をし、グレミオ・マリンガでプレー。その後、2003年から3年間、大宮アルディージャの通訳やサッカー教室のコーチを務めていた。 ▽水戸への加入が決定した安彦は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「水戸ホーリーホックサポーターの皆様、そして僕を支えてくれている仲間たちへ、本日水戸ホーリーホックの選手として加入することが決まりました、安彦考真です。多くの賛否を受けながら『40歳でJリーガーになる』という『無謀』な挑戦は、多くの方の支援と理解のもと、今日から『希望』へと変わりました。この挑戦を受け入れてくれた水戸ホーリーホックに心から感謝をすると共に、ピッチ内外での献身と貢献を誓います」 「『自分の人生に本気になる覚悟を持つ』簡単ではないがやってできないことはない。どんなことも否定から入らず、チャレンジをし続けることで人は成長すると思います。水戸ホーリーホックがJ1昇格することは無謀でしょうか。僕は全くそうは思いません。今ある『一体感』とここから更に高まる『覚悟』があれば、きっと成し遂げることができるはずです。僕はその一端を担うことを約束します」 「最後に、サッカー選手になりたい子どもたちへ! サッカーを楽しむことを忘れないでください! 大好きなサッカーを思いっきり楽しんでください! 悩んだり迷ったりしたら、城里町『アツマーレ』やケーズデンキスタジアム水戸に足を運んでください! 最高にサッカーを楽しんでいる水戸ホーリーホックの選手達を観てパワーをもらってください!」 「失敗を恐れず、希望を信じて、前に進んでいきましょう!」 2018.03.31 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

3位・水戸と5位・横浜FCの上位対決は両者隙見せずゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節の水戸ホーリーホックvs横浜FCが25日にケーズデンキスタジアム水戸で行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽第5節終了時点で3勝1分け1敗で3位につける水戸(勝ち点10)と、同じく3勝1分け1敗で5位に位置する横浜FC(勝ち点10)の一戦。試合は立ち上がりから首位再浮上をホームの水戸が3分に伊藤槙、7分にジエゴがシュートを放つなど積極的な姿勢を見せる。 ▽一方、アウェイの横浜FCは15分、中里の出した相手の背後を突いたパスに走り込んだイバが一対一。ボックス内でダイレクトでシュートを放つも、GK松井の正面に飛んでしまう。 ▽その後両者は思うようにシュートまで繋げることができず、試合はややこう着。ゴールレスのまま試合を折り返した。 ▽後半に入っても互いに譲らない展開が続く。64分には横浜FCの戸島がボックス右でレアンドロ・ドミンゲスからパスを受けシュートを放つが、GK松井にキャッチされる。68分の中里のミドルシュートは枠を捉えきれず。 ▽連敗を避けたい水戸は87分、ジェフェルソン・バイアーノに代えて伊藤涼を投入して攻撃の活性化を図る。すると直後、左サイドでボールを受けた伊藤涼が強引にボックス左へ侵攻。パスを受けた小島がゴール前左へ持ち込み、左足でシュートを放つが、ゴール右外へと外れてしまい、先制点とはならない。 ▽試合終了間際にはアウェイの横浜FCが立て続けにゴールへ迫ったが最後までゴールは生まれず。上位対決は両者チャンスを作り切れず、ゴールレスドローに終わった。 2018.03.25 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

大分、首位・水戸の堅守を打ち砕き今季ホーム初白星!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節の大分トリニータvs水戸ホーリーホックが21日に大分銀行ドームで行われ、3-1で大分が勝利した。 ▽第4節終了時点で1勝2分け1敗で11位につける大分(勝ち点5)と、3勝1分けで首位を走る水戸(勝ち点10)の一戦。3試合ぶり白星を目指す大分は、今シーズン初先発となる林と馬場を起用し、2試合連続無得点と不調が続く攻撃陣に変化を加えた。一方、首位キープを目指す水戸は、チーム得点王のジェフェルソン・バイア―ノをベンチからのスタートに。田向がJ2通算100出場を達成した。 ▽試合はホームの大分が、今シーズン好スタートをきっている水戸を立ち上がりから押し込む。すると大分は10分、松本が敵陣中央右からアーリークロスを供給。ボックス手前で後藤のトラップしたボールがゴール前右に転がり、反応していた馬場と相手DF、飛び出した松井と混戦に。こぼれ球を拾った後藤が冷静にゴールへ押し込んで大分が先制に成功する。 ▽先制点を許した水戸は直後に苦しいアクシデント。先発出場でメモリアルを達成した田向が足を痛めて負傷交代を余儀なくされる。これを契機に大分に追加点。24分、右サイドから馬場、後藤、林とつなぎ、ボールはボックス左手前の星へ。ドリブルで中央へ切れ込み、右足を振り抜くとボールはゴール右上隅へと吸い込まれた。 ▽2点ビハインドとなり、首位キープへ嫌な雰囲気が漂う水戸。しかし29分、ドリブルで右サイドを持ち上がった黒川がボックス右にスルーパスを送る。走り込んだ宮本が右足を振り抜いてGK高木のニアサイドを射抜き、1点差に詰め寄る。 ▽2-1で試合を折り返すとリードを広げたい大分は51分、右CKからボックス中央の鈴木がヘディングシュートを放つも枠を捉えきれず。一方、追う立場の水戸は攻勢を強めるものの、ボックス付近で相手の粘りのディフェンスを崩し切れず、同点ゴールが遠い。 ▽すると大分は63分、ハーフウェイライン付近でボールを奪った後藤がドリブルで持ち上がる。右サイドでパスを受けた松本がボックス右に侵攻してクロスを供給し、最後はニアサイドに走り込んだ林が右足で合わせて3-1とリードを広げる。 ▽苦しい状況となった水戸は70分、黒川に代えてチーム内得点王のジェフェルソン・バイアーノを投入する。ジェフェルソン・バイア―ノをターゲットにした攻撃と、ジエゴのロングスローからゴールを目指したが、最後までゴールネットを揺らすことが出来ずに試合終了。3-1で勝利した大分は今季ホーム初白星で2勝目を挙げた。一方の水戸は今季初黒星を喫した。 2018.03.21 16:05 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース