今季中の復帰が危ぶまれたG・ジェズスがアーセナル戦で復帰の可能性2017.04.21 22:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルとのFAカップ準決勝を控えるマンチェスター・シティに朗報が舞い込んだ。2月から負傷離脱していたブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰する可能性があるようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で右足中足骨を骨折。その後、医師から2~3カ月の離脱と診断されていたため、今季中の復帰が絶望的とみられていたものの、今月3日にトレーにグに復帰。5月上旬に戦列復帰すると見られていた。

▽試合を前にジョゼップ・グアルディオラ監督がG・ジェズスの状態についてコメント。復帰の可能性を示唆した。

「はるかに良くなっている。今日は我々と一緒に、一部トレーニングに参加した。戻ってきたことは、彼にとっても幸せだろう。我々も幸せだ。我々は全員でウェンブリーへの度に出る。彼はチームの一部だし、どうなるか見てみよう」

「ガブリエウのインパクトは、なぜプレミアリーグで戦うのかが難しいかを見せることとなった。彼も感じただろう」

▽G・ジェズスが復帰に近づく一方で、イングランド代表DFジョン・ストーンズは筋肉を痛めアーセナル戦を欠場することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

UEFAがシティに4000万ユーロを払い戻し…FFP違反の改善要件を満たしたため

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は、2014年にファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に違反していたマンチェスター・シティに対し、4000万ユーロ(約46億8000万円)を払い戻す事になるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは、2014年にFFP違反を犯したとして有罪判決。6000万ユーロ(当時のレートで約83億4000万円)の罰金と移籍での制限を受け、チャンピオンズリーグの登録メンバーも削減されていた。 ▽しかし、シティはこの2年間の利益計上により、UEFAが設定した運用上、財務上の改善を満たしたとのこと。これが正式に確認されれば、罰金の3分の2にあたる4000万ユーロが払い戻されることになっていた。 ▽なお、同年にFFP違反を犯したパリ・サンジェルマンも要件を満たしているとのこと。UEFAは「シティとPSGは協定の全ての要件と目標を完全に遵守している」と声明を発表し、同様に払い戻しがされることになるようだ。 2017.04.22 14:51 Sat
twitterfacebook
thumb

クーマン監督、ルカク残留へ「全てのことをする」

▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)を残留させるために、尽力することを主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今シーズン、プレミアリーグで24得点を挙げ、現在得点ランクトップに立っているルカク。クラブとの現行契約が2019年までとなっている同選手には、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった多くのビッグクラブが獲得に関心を持っており、今夏でのエバートン退団が噂されている。また、ルカクがチャンピオンズリーグに出場したいという想いから同クラブからの契約延長の打診を拒否したことを、クーマン監督が認めたとイギリスの複数メディアが伝えており、その去就に注目が集まっている。 ▽そんな中、エバートンは最近になって、ルカクの移籍金を1億ポンド(約139億9000万円)に設定したり、クーマン監督が契約延長を拒否したルカクに現行契約を尊重しなくてはいけないと主張したりするなど、同選手の放出を拒む動向がイギリス『リバプール・エコー』によって伝えられた。 ▽残留を望むクーマン監督は「全てのことをする」と、ルカク残留のために尽力することを主張している。 「ルカクは24ゴールを挙げている。そして、残りの5試合でより多くのゴール数を記録することができるだろう」 「どんな選手にも高いレベルでプレーすることを望んでいる。ゴールはチームへの証明にもなるので、どのチームも得点を挙げる選手を好むんだ」 「しかし、彼は、フットボールにおいて他の部分でも成長している。プレスやランにも目を向けてうまくプレーしているんだ。私は彼に対して、ストライカーとしてどれだけハードワークし、成長する必要があるかを話した」 「どこかのチームが獲得へ興味を持っているのであれば、彼らは強化担当を呼び、我々はそのことについて話し合うだろう。しかし、我々は来シーズンにも彼が残るよう全てのことをするつもりだ」 2017.04.21 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

批判集中のGKブラーボ、来季もシティでプレーか

▽マンチェスター・シティに所属するチリ代表GKクラウディオ・ブラーボ(34)は、来シーズンも引き続きエティハド・スタジアムを主戦場に戦うことを視野に入れているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽昨夏、ジョゼップ・グアルディオラ監督きっての要望でバルセロナからシティ移籍を果たしたブラーボ。しかし、精彩を欠くパフォーマンスが続き、支持を得られておらず、追われる形でトリノに活躍の場を移したGKジョー・ハートの待望論も少なくない。 ▽しかしながら、ブラーボ自身の中で1年という短いスパンでシティを去るという選択肢はない模様。伝えられるところによれば、グアルディオラ監督が新たなGK獲得を試みている状況だが、シティに近しいある人物はブラーボについて次のように述べ、残留を示唆したという。 「クラウディオは、少なくとも次のシーズンも留まる予定だ。彼は今、言語習得に励んでいるんだ。ペップは新しいGKを連れてこようとしているが、クラウディオは1年で移籍することを考えてはいない。彼は先発の座を懸けて戦うことをいとわない。英会話の能力を上げることで、ディフェンス陣とのコミュニケーション向上を願っているんだ」 2017.04.19 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

トリノにレンタル中のGKハート、来季からリバプールでプレーか

▽マンチェスター・シティからトリノにレンタル中のイングランド代表GKジョー・ハート(29)は、来シーズンからリバプールでプレーしているかもしれない。イギリス『サン』が伝えている。 ▽昨夏に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督から評価されず、半ば追われる形でトリノに活躍の場を求めたハート。財政的に厳しいトリノに留まることは難しく、グアルディオラ監督も依然としてハートを戦力としてみなしていないようだ。 ▽そうした状況の中、伝えられるところによれば、新たなGK獲得を望むユルゲン・クロップ監督率いるリバプールが移籍金2000万ポンド(約27億8000万円)を用意。シティとの契約を2年残しているハートの獲得に乗り出す意向を示しているという。 2017.04.19 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

グアルディオラがイングランドのファンに感じる“ありがたさ”と“物足りなさ”

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がファンからのプレッシャーの少なさについて言及した。<br><br>グアルディオラは2016-17シーズンからシティの指揮官に就任。これまでバルセロナやバイエルン・ミュンヘンで数々の栄冠を手にしてきたが、プレミアリーグ1年目は、32試合を終えた時点で首位のチェルシーから11ポイント離されて4位に位置している。チャンピオンズリーグでは監督として初めて決勝トーナメント1回戦で敗退するなど、学びの多いシーズンを送っている。そして、指揮官が新たな経験をしているのはピッチの上だけではない。イングランドで感じるファンからのプレッシャーについて以下のように言及した。<br><br>「スペインやドイツでは選手、監督、スタッフへのプレッシャーが凄かったが、ここでは穏やかだね。ファンは常に模範的だよ。そのことは良いことだ。でも、少しだけプレッシャーを懐かしく思うことがある。というのもプレッシャーを受けることで、絶対に負けられないと認識することもある。そして、選手を成長させるためには『負けてはいけない』と選手に思わせることも大事な要素なんだ」<br><br>「それでも、我々のサポーターが素晴らしいのは間違いない。例えばCLのモナコ戦で敗れた後に、リバプール、アーセナル、チェルシーとのタフな試合があって、我々は1試合も勝てなかった。しかし、その後のハル・シティ戦でもサポーターは我々を応援してくれた。イタリア、スペインではあり得ないことだ。こんなことを経験するのは初めてのことだから、とても嬉しく思っているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.18 14:37 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース