今季中の復帰が危ぶまれたG・ジェズスがアーセナル戦で復帰の可能性2017.04.21 22:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルとのFAカップ準決勝を控えるマンチェスター・シティに朗報が舞い込んだ。2月から負傷離脱していたブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰する可能性があるようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で右足中足骨を骨折。その後、医師から2~3カ月の離脱と診断されていたため、今季中の復帰が絶望的とみられていたものの、今月3日にトレーにグに復帰。5月上旬に戦列復帰すると見られていた。

▽試合を前にジョゼップ・グアルディオラ監督がG・ジェズスの状態についてコメント。復帰の可能性を示唆した。

「はるかに良くなっている。今日は我々と一緒に、一部トレーニングに参加した。戻ってきたことは、彼にとっても幸せだろう。我々も幸せだ。我々は全員でウェンブリーへの度に出る。彼はチームの一部だし、どうなるか見てみよう」

「ガブリエウのインパクトは、なぜプレミアリーグで戦うのかが難しいかを見せることとなった。彼も感じただろう」

▽G・ジェズスが復帰に近づく一方で、イングランド代表DFジョン・ストーンズは筋肉を痛めアーセナル戦を欠場することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミアリーグの新シーズン日程が発表! 開幕戦でエメリ新生アーセナルvs王者シティ!!

▽プレミアリーグは14日、2018-19シーズンの日程を公式サイトで発表した。 ▽2017-18シーズンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督2年目のマンチェスター・シティが最多勝利、最多勝ち点、最多得点など記録ずくめの圧勝劇で優勝した。グアルディオラ体制3年目で連覇を目指すシティは、開幕節でアーセン・ヴェンゲル前監督からバトンを受け取ったウナイ・エメリ新監督率いるアーセナルとのアウェイゲームでシーズンをスタートすることになった。 ▽また、昨季ジョゼ・モウリーニョ監督2年目で無冠に終わった2位マンチェスター・ユナイテッドは、開幕節で日本代表FW岡崎慎司が在籍するレスター・シティとのホームゲームに挑む。そのほかでは3位のトッテナムが昨シーズンに続きニューカッスルと、4位のリバプールがマヌエル・ペジェグリーニ新監督を向けたウェストハム、指揮官の去就が注目されるチェルシーはハダースフィールド、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはバーンリーとの開幕戦を戦う。 ▽そのほか、第2節ではチェルシーvsアーセナルのビッグロンドン・ダービーが組まれており、アーセナルは開幕から2戦連続のビッグマッチに臨む。また、マンチェスター・ダービーは2018年11月11日(シティホーム)と2019年3月16日(ユナイテッドホーム)、ノースロンドン・ダービーは2018年12月1日(アーセナルホーム)、2019年3月2日(トッテナムホーム)。マージーサイドダービーは2018年12月1日(リバプールホーム)、2019年3月2日(エバートンホーム)に開催される。 ▽なお、新シーズンから新スタジアムで戦うトッテナムだが、8月18日に行われる第2節フルアムとのホームゲームは建設工事遅延の影響でウェンブリー・スタジアムでの代替開催となり、9月15日に行われる第5節のリバプール戦が新スタジアムでの初戦となる。2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕からの3節および最終節の対戦カードは以下のとおり。 ◆2018-19シーズン プレミアリーグ 【開幕節】 《2018年8月11日》 ボーンマス vs カーディフ アーセナル vs マンチェスター・シティ フルアム vs クリスタル・パレス ハダースフィールド vs チェルシー リバプール vs ウェストハム マンチェスター・ユナイテッド vs レスター・シティ ニューカッスル vs トッテナム サウサンプトン vs バーンリー ワトフォード vs ブライトン ウォルバーハンプトン vs エバートン 【第2節】 《2018年8月18日》 ブライトン vs マンチェスター・ユナイテッド バーンリー vs ワトフォード カーディフ vs ニューカッスル チェルシー vs アーセナル クリスタル・パレス vs リバプール エバートン vs サウサンプトン レスター・シティ vs ウォルバーハンプトン マンチェスター・シティ vs ハダースフィールド トッテナム vs フルアム ウェストハム vs ボーンマス 【第3節】 《2018年8月25日》 アーセナル vs ウェストハム ボーンマス vs エバートン フルアム vs バーンリー ハダースフィールド vs カーディフ リバプール vs ブライトン マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム ニューカッスル vs チェルシー サウサンプトン vs レスター・シティ ワトフォード vs クリスタル・パレス ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・シティ 【最終節】 《2019年5月12日》 ブライトン vs マンチェスター・シティ バーンリー vs アーセナル クリスタル・パレス vs ボーンマス フルアム vs ニューカッスル レスター・シティ vs チェルシー リバプール vs ウォルバーハンプトン マンチェスター・ユナイテッド vs カーディフ サウサンプトン vs ハダースフィールド トッテナム vs エバートン ワトフォード vs ウェストハム 2018.06.14 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

スターリングの延長交渉が決裂、英『スカイ』報道

▽マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFラヒーム・スターリング(23)の延長交渉が破談した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前にも新たに2年間の延長合意が期待された両者だが、賃金を巡る話し合いで交渉決裂。現時点で新たな会談は予定されていない模様だ。しかし、シティは現行契約をあと2年残していることから急ぐ素振りを見せておらず、W杯終了後まで再交渉のときを待つ姿勢だという。 ▽MFフェルナンジーニョやMFダビド・シルバら主力との延長合意が続くシティは今年1月、MFケビン・デ・ブライネとも新たに6年契約を結び、週給も35万ポンド(約5100万円)に上昇。一方で、スターリングの現在における週給額は17万ポンド(約2500万円)程度とみられる。 ▽スターリングは2015年夏、リバプールから5年契約で加入。在籍3年目の今シーズン、キャリアハイの公式戦42試合で23得点17アシストの活躍を見せ、プレミアリーグとEFLカップの2冠に貢献した。 2018.06.12 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、ジョルジーニョ移籍は「もうすぐ決まる」

▽ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョ(26)のマンチェスター・シティ移籍は近いようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽シティの熱烈なオファーにもかかわらず、両クラブが要求する移籍金の隔たりから、なかなか進展しなかったジョルジーニョ移籍問題。だが、ようやく終結の時が来たようだ。 ▽移籍金3000万ユーロ(約38億8000万円)から始まった今回のオファー。現在はボーナスを含めて5500万ユーロ(約71億1000万円)までシティは引き上げたようで、両クラブが納得するポイントまで近づいているという。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長も認めている。 「我々は金銭の面でまだ決定的な合意には達していないが、まもなく終了するだろう。数日のうちに契約をまとめることは可能だ。交渉の余地はあるが、我々はシティのリーダーたちと良い関係を築けているよ」 2018.06.11 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ反論! ヤヤ・トゥーレの“人種差別批判”に「あれは虚言」

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、自身への批判を切り捨てた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽シティでの8シーズン目を終え、フリーでの退団が濃厚とされている元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ。グアルディオラ監督との不仲が囁かれており、先日には同監督政権下で自身の出場機会が激減した理由について、「外される理由はわからない。僕のラストシーズンはペップに壊された」、「肌の色が原因だと気づいた」、「ペップはどこに行ってもアフリカ人選手との間に問題を抱えている。アフリカ人選手を5人同時にフィールドに立たせたら、お祝いとしてケーキを送るよ」と語っていた。 ▽そういった批判に対して、グアルディオラ監督は以下のように反論している。 「あれは虚言だし、彼は分かっている」 「私たちは2年間一緒に居て、彼は(退団する)今それを言う」 「決して私に面と向かっては言わないんだ」 ▽どちらの発言が真実であるか定かではないが、シティでの公式戦通算316試合で79ゴール50アシストを記録し、プレミアリーグ3度を含む8度の優勝に貢献した功労者の幕引きにしては、寂しいものとなったのは間違いないだろう。 2018.06.10 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

代理人が明かす「ジョルジーニョはシティ移籍を希望している」

▽ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョ(26)は、マンチェスター・シティ行きを希望しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽シティの積極的なアプローチにも関わらず、両クラブの求める移籍金の隔たりからなかなか交渉が進展しないジョルジーニョ。以前、ナポリ会長も「オファーを拒否した」という旨のコメントをしており、一度は破談になった模様だ。しかしその後、シティは移籍金を引き上げてリトライ。現在も交渉は続いているようだ。 ▽そんな中、ジョルジーニョの代理人を務めるホアン・サントス氏が現在の状況について言及。同選手がシティ移籍を希望していることを明らかにした。 「ナポリとシティの間には1000万ユーロの隔たりがある、今はジョルジーニョはナポリの選手だが、これは彼にとってシティとペップ・グアルディオラ監督のもとでプレーするチャンスなんだ。この移籍が上手くいかなかったら彼は失望するだろう。どんな選手もシティのようなビッグクラブでプレーしたいと思うものだ」 ▽2014年1月にヴェローナからナポリに加入したジョルジーニョはディフェンシブMFの位置で司令塔として活躍。今季も公式戦39試合に出場し4ゴール4アシストを記録した。 2018.06.10 17:50 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース