今季中の復帰が危ぶまれたG・ジェズスがアーセナル戦で復帰の可能性2017.04.21 22:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルとのFAカップ準決勝を控えるマンチェスター・シティに朗報が舞い込んだ。2月から負傷離脱していたブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが復帰する可能性があるようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で右足中足骨を骨折。その後、医師から2~3カ月の離脱と診断されていたため、今季中の復帰が絶望的とみられていたものの、今月3日にトレーにグに復帰。5月上旬に戦列復帰すると見られていた。

▽試合を前にジョゼップ・グアルディオラ監督がG・ジェズスの状態についてコメント。復帰の可能性を示唆した。

「はるかに良くなっている。今日は我々と一緒に、一部トレーニングに参加した。戻ってきたことは、彼にとっても幸せだろう。我々も幸せだ。我々は全員でウェンブリーへの度に出る。彼はチームの一部だし、どうなるか見てみよう」

「ガブリエウのインパクトは、なぜプレミアリーグで戦うのかが難しいかを見せることとなった。彼も感じただろう」

▽G・ジェズスが復帰に近づく一方で、イングランド代表DFジョン・ストーンズは筋肉を痛めアーセナル戦を欠場することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

マン・Cとは違う? サンチェス強襲のユナイテッドをリスペクトするヴェンゲル「彼らの資金力は彼ら自身が生み出したもの」

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、マンチェスター・ユナイテッドを擁護している。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ユナイテッドは現在、今季限りでアーセナルとの契約が満了するFWアレクシス・サンチェスの獲得に近づいているとみられる。当初はマンチェスター・シティ移籍が濃厚とみられてきたサンチェスだが、ユナイテッドが参戦したことでオペレーション費用が高騰。最終的には、サンチェスに対してシティ以上の条件を提示し、アーセナルにはMFヘンリク・ムヒタリアンをトレード要員として提示したユナイテッドが争奪戦で勝利したとみられている。 ▽ユナイテッドは、サンチェスに対して週給35万ポンド(約5400万円)という巨額の給与をオファーしたとみられている。しかし、ヴェンゲル監督は豊富な資金力を見せるユナイテッドを擁護している。 「数字のことに口を挟みたくはないね。それはマン・ユナイテッドの問題だから。私は彼らをリスペクトしている。なぜなら、選手に支払うお金は、彼ら自身で生み出したものだからだ。それはリスペクトされるべきだ」 ▽アレックス・ファーガソン元監督の退任以降、プレミアリーグではなかなかタイトルを争えていないユナイテッドだが、世界的な人気から商業面では低迷することなく、プレミアリーグNO.1の収益を誇っている。『デイリー・メール』はヴェンゲル監督が、シティの資金力の背景にオーナーであるシェイフ・マンスール氏のアブダビ・ユナイテッド・グループによるものがあるということから、ユナイテッドと異なるという意見を示唆したと伝えている。 2018.01.20 19:41 Sat
twitterfacebook
thumb

シティはサンチェス獲得を断念…ペップ「彼におめでとうと言いたい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、マンチェスター・ユナイテッド行きが決定的のアレクシス・サンチェスについて言及した。<br><br>今シーズン終了後にアーセナルとの契約が切れるサンチェスの移籍先として最有力候補に挙げられていたシティ。しかし、争奪戦にユナイテッドが参戦し、より魅力的なオファーを提示したことで、同レースから撤退していた。<br><br>ユナイテッドと同額をなぜ提示できなかったのかと問われたグアルディオラ監督は「私は数学や数字に得意な男ではない」と述べ、以下のように続けた。<br><br>「私が今知っていることは、アレクシスはまだアーセナルの選手だ。でも、彼はユナイテッドに行くことになると思う。だから、双方におめでとうと言いたい」<br><br>さらに、最大のライバルに元教え子を譲る可能性が高まったが、それほどがっかりしていないとグアルディオラ監督は話している。<br><br>「アレクシスへの私の考えは何も変わらない。バルセロナで彼と仕事ができたことに満足している。そして、今彼は他のクラブに移籍することを決めた。彼が新天地でも上手くいくことを願っている」<br><br>また、今冬の補強について同指揮官は「早く適応でき、高いクオリティを持つ選手がいれば、動くかもしれない。我々が彼らを必要だと思えば、チームを助けてくれる良い人間を連れてくることになるだろう」と良い選手が見つかれば、補強に動く可能性があるとコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 11:56 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、「世界で最も優れたMFのうちの1人」フェルナンジーニョと2020年まで契約延長

▽マンチェスター・シティは19日、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(32)と2020年まで契約を延長したことを発表した。 ▽フェルナンジーニョは2013年夏にシャフタール・ドネツクから移籍。加入初年度からレギュラーに定着すると、ここまで公式戦212試合に出場し19ゴール21アシストを記録している。 ▽シティの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督に「世界で最も優れたMFのうちの1人」と称されるフェルナンジーニョは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このクラブは素晴らしい未来が約束されたクラブであり、僕はできるだけ長くここにいたいと思っていた」 「ペップが監督になって、僕たちは重要なトロフィーを勝ち取ることが出来ると確信した。大切なのは魅力的で攻撃的なサッカーをすることだ」 2018.01.19 20:29 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミア第24節プレビュー】土がついたシティ、白星を取り戻せるか

▽前節のプレミアリーグでは、今季リーグ無敗を続けていたマンチェスター・シティがリバプールに3-4で競り負け、ついに土がついた。2位のマンチェスター・ユナイテッドが3ポイントを獲得して差を詰めた一方、チェルシーはドロー、そしてアーセナルは敗戦している。 ▽迎える今節、シティはホームでのニューカッスル戦で白星を取り戻しにかかる。リバプール戦では日程面でのディスアドバンテージに加えてアンフィールドの試合ということもあって、相手のインテンシティと攻撃力を前に競り負けた。2位のユナイテッドとの勝ち点差はいまだに12ポイントと安全圏だが、ホームのここはきっちりと勝利を取り戻したい。 ▽ユナイテッドは、アウェイでのバーンリー戦だ。前節はストーク・シティを相手に3-0で勝利し、これでリーグ7戦負けなし。年明けは余裕のある日程間隔をとれており、選手コンディションの上昇も期待できる。バーンリーは昨年末にホームで2-2と引き分けて勝ち点を落とした相手。公式戦7戦勝利なしと調子を落としているが、侮れない。 ▽3位のリバプールはアウェイでスウォンジーと対戦する。前節のシティ戦快勝は、コウチーニョ流出のショックを感じさせないという意味でも大きかった。さらに、今季からの新戦力であるチェンバレンもMOMの活躍を披露し、パフォーマンスレベルが上がっているのは好材料。得失点差で上回っているチェルシーをかわし、ユナイテッドとも3ポイント差。公式戦5連勝中&公式戦18戦負けなしの調子を持続し、白星を狙う。 ▽4位に後退したチェルシーは、アウェイでのブライトン戦。前節はレスター・シティを相手に0-0で引き分け、2戦連続のドロー。水曜日にはノリッジとFAカップ3回戦の再試合を戦って勝ち進むことに成功しているが、PK戦までもつれ込んだことで消耗してしまった。さらに、この試合ではペドロとモラタが2枚のイエローカードで退場してしまい、今節出場停止に。リーグ1のハードスケジュールなっているチームは中2日のアウェイ戦という厳しい戦いに直面する。 ▽そのほか、5位のスパーズは、吉田所属のサウサンプトンとのアウェイ戦。前節ボーンマスに1-2で敗れてリーグ3戦未勝利のアーセナルは、ホームにクリスタル・パレスを迎えるダービーで4試合ぶりの白星を目指す。 ◆プレミアリーグ第24節 ▽1/20(土) 《21:30》 ブライトン vs チェルシー 《24:00》 ストーク・シティ vs ハダースフィールド アーセナル vs クリスタル・パレス エバートン vs WBA バーンリー vs マンチェスター・ユナイテッド ウェストハム vs ボーンマス レスター・シティ vs ワトフォード 《26:30》 マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ▽1/21(日) 《25:00》 サウサンプトン vs トッテナム ▽1/22(月) 《29:00》 スウォンジー vs リバプール 2018.01.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月18日は、前人未到の6冠、欧州5大リーグ最多連勝など数々の偉業を達成してきた空前絶後の戦術家

◆ジョゼップ・グアルディオラ 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1971/1/18 クラブ:バルセロナ、ローマ、アル・アハリ他 ポジション:監督(現マンチェスター・シティ) 身長:180㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月18日はシチズンズの指揮官、ジョゼップ・グアルディオラ監督 ▽数多の才能を輩出したラ・マシア出身のグアルディオラ氏は現役時代の長くをバルセロナで過ごした。1990年にヨハン・クライフ監督の下でトップチームデビューを果たすと、1991-92シーズンからはレギュラーに定着。わずか20歳にしてリーガエスパニョーラとチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)優勝を果たした。 ▽バルセロナで獲得したトロフィーの数は「13」を数え、リーグ戦6回、コパ・デル・レイ2回、チャンピオンズカップ1回、スーペルコパ4回の優勝を誇る。2001年にバルセロナを退団すると、その後はローマやブレシア、アル・アハリへと活躍の場を移し、メシキコのドラドス・デ・シナロアで現役を引退した。 ▽引退後はすぐに指導者の道を歩んだ。2008-09シーズンに、それまでバルセロナBを率いていたグアルディオラ氏がトップチームの監督に抜擢されると、そのときチームの中核を担っていたロナウジーニョやデコ、サミュエル・エトーを構想外とし、下部組織出身の選手を中心としたチームを築いていった。 ▽すると、2008年から2009年にかけて、リーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ(CL)、スーペルコパ、UEFAスーパーカップ、クラブ・ワールドカップの6冠という史上初の偉業を達成。ジョゼップ・グアルディオラ監督の名を一気に世界に知らしめた。 ▽4シーズンの在籍で実に「14」ものトロフィーをもたらしたグアルディオラ監督はその後、2013-14シーズンからバイエルンの監督に就任。1年目からスーパーカップやクラブ・ワールドカップ、ブンデスリーガ優勝を成し遂げると、そこからリーグ戦3連覇や2度のDFBポカール優勝など、3シーズンで7個のトロフィーを獲得した。 ▽昨シーズンから指揮を執ったのはマンチェスター・シティ。世界最高監督は巨額な資金を投下し近年急激に力を付けたシチズンズを次のステップに選んだ。だが、就任1年目はプレミアリーグ3位、CLでもベスト16で敗退。グアルディオラ監督にとって初めて無冠に終わったシーズンだった。 ▽それでも、指揮官の戦術が浸透した今シーズンは、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。第3節のボーンマス戦からチームはリーグ戦破竹の18連勝を記録。それまでアーセナルが保持していた14連勝の記録を大きく塗り替えた。自身がバイエルン時代に達成した欧州5大リーグの最多記録である19連勝にはあと一歩及ばなかった。 ▽それでも、プレミアリーグをマッハのスピードで駆け抜けるシティは、このままの勢いが続けば、リーグ史上初の勝ち点100に到達することが出来るだろう。サッカー界の歴史を動かすのはまたしてもこの男なのかもしれない。 ※誕生日が同じ主な著名人 シャルル・ド・モンテスキュー(『法の精神』著者) おすぎ(タレント) ピーコ(タレント) 衣笠祥雄(元プロ野球選手) ビートたけし(お笑い芸人/映画監督/俳優) 森山良子(歌手) 片桐はいり(女優) 荒川良々(俳優) パウロ・フェレイラ(元サッカー選手) ロバート・グリーン(サッカー選手) 長谷部誠(サッカー選手) リッカルド・モントリーボ(サッカー選手) 矢島慎也(サッカー選手) ナチョ・フェルナンデス(サッカー選手) 知英(女優/歌手/元KARA) 2018.01.18 07:00 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース