G大阪が全公式戦での掲出物禁止を発表…政治的思想を連想させるフラッグの掲出を受け2017.04.21 18:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガンバ大阪は21日、当面の試合にて全てのエリアにおけるガンバ大阪を応援する横断幕や旗などの掲出物の禁止を発表した。

▽G大阪は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪との“大阪ダービー”において政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったことを20日に発表。当事者が判明次第、厳正な対応を行うとしていた。

▽クラブの発表によると、掲出物の禁止はホーム、アウェイ問わず全ての公式戦が対象となり、自作のものだけでなく、販売しているフラッグも含まれるとのこと。21日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節の大宮アルディージャ戦から適用される。

▽G大阪は、「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出は、Jリーグ共通ルールはもちろん、クラブも一切認めておらず、クラブとしても大変遺憾に思っております」と声明も発表した。

コメント

関連ニュース

thumb

今野泰幸、低調な攻撃に「正解がない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は10日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。9日に行われた北朝鮮代表との初戦で決勝弾をアシストしたダイナモだが、反省の色を滲ませた。 ◆MF今野泰幸(ガンバ大阪) ──改めて北朝鮮戦を振り返って 「反省の方が多い。決定機を作れなかったし、攻撃でなかなかスピードアップできなかったし、守備でも簡単にチャンスを許した」 ──ボランチが攻撃に絡むと厚みが出たが 「正解がないからわからない。でも、ちょっと個々にポジションに固執し過ぎたかなと。みんな、あまり崩そうとしなかったことで、相手の陣形も崩せなかった。そういった工夫が少し足りなかったように思う」 ──監督の要求に応えようとし過ぎているというのも関係あるのか 「それがあるんであれば、(金崎)夢生を真ん中で生かすために、サイドが連動して崩したり、スルーパスを使ってバイタルエリアをこじ開けたり、個々が考えて互いを生かすことがうまくいかなかった」 「色々な状況がそうさせてしまっているんだと思う。代表戦は重みのある試合で、負けられない。だから、守りにはいってしまう部分が出てくる。そうなると、観ている人から消極的なパスが多かったって言われるかもしれない。サッカーはそんな簡単なものじゃない」 ──自身は司令塔的な動きが際立ったが 「(司令塔としては、)ポジションが低かった。もうちょっと前で、決定機を作る前のパスを出していかないと。決定機を作る人にパスを出していきたい」 2017.12.10 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

井手口陽介が浮かべる理想形 「点が取れるボランチ」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は10日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF井手口陽介がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。9日に行われた北朝鮮代表との初戦で決勝弾をマークした21歳の怪物は、理想像として「点が取れるボランチ」を口にした。 ◆MF井手口陽介(ガンバ大阪) ──代表2点目の反響は 「多少は…」 ──試合後、監督から何か声をかけられたか 「個人的にはない。チームとして難しいゲームに勝って良かったという話をした」 ──次戦の中国戦に向けて 「今日の夜からミーティングがある。そこで相手の戦い方だったり、特徴がわかってくると思う」 ──個人的な修正ポイントは 「ボールを奪ってから横パスが多かった。もっと前にパスを出さないといけない。それに加えて、裏だったり、サイドにボールを供給できていれば良かった」 ──北朝鮮戦はG大阪3選手が中盤を占めたが 「そこは別に誰と組んでも大丈夫。あまり変わらない」 ──タイトなスケジュールだが 「いつでも試合に出られるように準備しておかないといけない。良い経験になる」 ──バイタルエリア付近からのシュートが代表にとっても武器になりそうだが 「武器にしていきたいけど、まだそういう自覚がない。もっと前に出ていってゴールを奪うプレーを増やしていきたい。やっぱり点が取れるボランチは相手にとって怖いと思うので、そこを目指したい」 2017.12.10 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】2年連続無冠、ブーイングに包まれながら長谷川体制終焉《ガンバ大阪》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第9弾は長谷川体制のラストイヤーを10位でフィニッシュしたガンバ大阪を総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208gosaka_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●U-20日本代表MF堂安律が今夏、フローニンヘンに期限付き移籍 ●主力に故障者続出 ●FWアデミウソンが絶不調 ●シーズン途中に長谷川健太監督の今季退任を発表 ●クラブワースト記録を連発 ●2012年以来の二桁順位で終了<hr>▽ホーム最終戦でのサポーターの大ブーイングが長谷川体制ラストイヤーの評価を物語る。最終成績は11勝10分け13敗(勝ち点43)の10位。2013年に長谷川健太監督が就任以降、2014年に国内三冠(J1、天皇杯、Jリーグカップ)を達成するなど、毎年のように終盤のタイトル争いに絡んできた“西の雄”だったが、今年は2012年以来の2桁順位に終わり、一時代の終焉を告げるシーズンとなった。 ▽序盤戦こそ苦手の春先を乗り越え、一時は首位に立つなど4位でターンしたが、後半戦によもやの大ブレーキ。成長をチームの結果に還元しつつあったMF堂安律の途中退団や、守備の要として出色ぶりが際立ったDFファビオら主力の相次ぐ故障離脱、FWアデミウソンの絶不調といった数々のエクスキューズがあるにせよ、クラブのブランド力や歴史、総タイトル数を鑑みても、あまりにも酷すぎた。 ▽後半戦の獲得勝ち点数は、総合順位で最下位の大宮アルディージャと並び18チーム中最低の11ポイント。9月の長谷川監督退任発表後は、「公式戦13試合未勝利」、「リーグ戦10試合未勝利」、「リーグ戦19試合連続失点」とクラブワースト記録を連発。結果的に、クラブ上層部のシーズン中盤での監督交代発表という決断は、“早過ぎた”と言わざるを得ない。チーム全体で迷走ぶりを極めた。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208gosaka_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF井手口陽介(21歳) 明治安田生命J1リーグ30試合出場(先発29試合)/4得点<hr>▽チームが混迷を極めた中、個人として煌々と輝き続けたのがMF井手口陽介だ。今シーズンから背番号8を背負った21歳の怪物は、30試合に出場して4ゴールをマーク。序盤こそ負傷離脱した時期もあったが、無尽蔵のスタミナと攻守の積極性を武器に、G大阪でMF遠藤保仁とMF今野泰幸による聖域を奪っただけでなく、代表でも「欠かせない選手」に成長を遂げた。その結果、今年ベストイレブンを初受賞。今冬の海外移籍にも注目が集まる自身のサッカー人生にとって、大きな意味を持つシーズンになったに違いない。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「C」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208gosaka_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽日本代表に選出されたDF三浦弦太は、その事実が示すとおり、期待値以上の活躍を披露。ファビオに関しては、シーズン途中の故障が痛かったが、離脱前まで三浦と共に身体能力を生かしたセンターバックの一角としてフル回転していただけに好印象だ。また、終盤にトップチームで出番を増やしたMF中原彰吾の台頭も来シーズンに向けて評価すべきだろう。 ▽一方で、MF泉澤仁とMF井出遥也の両アタッカーは、前線にも守備のタスクを求める長谷川監督の下、持ち場を固めることに苦戦。シーズン前に噂されながら今夏に加入がずれこんだFWファン・ウィジョにおいては、戦術を理解し切れていない中でも潜在能力を示していただけに、13試合3ゴールという成績でも「開幕前に加入していれば」と同情の余地がある。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「E」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208gosaka_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽毎シーズンの優勝争いが義務付けられたクラブであることを考えると、今シーズンの戦いぶりは不甲斐なさ過ぎた。その要因として、生え抜きで働き盛りだったMF阿部浩之とMF大森晃太郎の流失を含むフロントの不穏な戦力入れ替えを指摘したいところだが、長谷川監督の偏りすぎた堅守速攻スタイルにも今シーズンの低迷を引き起こした責任がありそうだ。 ▽長谷川監督が指揮して以降、G大阪は西野朗前監督時代の「取られたら取り返す」攻撃的なスタイルを一新。チーム全体にハードワークを求める守備的なスタイルを落とし込み、4つのタイトルを獲得した。だが、それはFW宇佐美貴史とFWパトリックのスペシャルな存在が前線にいたからこそ成り立ち、彼らを失った今、そのスタイルはボヤけて映る。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171208gosaka_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽そのなかで、長谷川監督の信頼を勝ち取ったFW長沢駿が全34試合に出場してチームトップの10ゴールと奮闘。だが、周囲を生かすプレーでの貢献度が低く、タイトルを狙うクラブのストライカーとしては不適任さが否めない。既にポテンシャルを秘めたファン・ウィジョがいるが、頼りになるストライカーの獲得が今オフの最大のテーマになるだろう。 ▽そして、来シーズンからレヴィー・クルピ氏が監督に就任する。かつてセレッソ大阪でMF香川真司やMF山口蛍らの才能を見出した名伯楽であり、攻撃的なサッカーの志向者でもあるブラジル人指揮官の下、G大阪は失った立ち位置とスタイルをどう再確立していくのか。常勝を求められる関西の雄に2年連続の躓きは許されない。 2017.12.08 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

“デュエル”に対する強い思いを語るG大阪MF井手口陽介「毎試合誰にも負けない感覚でやっている」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は7日、8日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF井手口陽介(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。チームメイトでもある今野泰幸とのコンビについては「2人とも気を遣いながら」と通常運行することをコメントした。 <span style="font-weight:700;">◆MF井手口陽介</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──対戦相手の情報などは入っているか</span> 「まだ、今日の昼に見たばかりなので、詳しくはわかりません。球際は激しくくると思いますし、チーム全体でアグレッシブに戦ってくると思います」 <span style="font-weight:700;">──自身の得意な戦い方に持っていけると思うが</span> 「そこは毎試合誰にも負けない感覚でやっているので、北朝鮮戦に出たらしっかりとやりたいです」 <span style="font-weight:700;">──欧州遠征から残っている選手が少ない中、チームに還元する役割もあるかと思うが</span> 「そこはあまり意識したことがないです。(昌子)源くんとかに任せる感じです。誰も、そこは意識していないです」 <span style="font-weight:700;">──今野泰幸選手とコンビを組む可能性もあるが、代表の舞台でやるというのはどうか</span> 「いつもやっているので、そこは2人とも気を遣いながらですね。2人だけでないと思うので、中盤で声を出し合って、コミュニケーションをとりながらやっていけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──2人のところでボールを奪えたら大きなチャンスになると思うが</span> 「中盤でボールを奪ってショートカウンターというか、縦に早い攻撃が求められていると思うので、それができたら一番いいと思います」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンを振り返って</span> 「色々な経験をさせてもらったので、自分に自信がついて来ました。そういった経験があったから、ちょっとでも自分は成長できたと思います」 2017.12.07 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジルW杯のコロンビア戦を回想するG大阪MF今野泰幸、チーム力向上へ「個も上げていかないといけない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は6日、8日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸(ガンバ大阪)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。ブラジル・ワールドカップでのコロンビア代表戦を回想し、「個の力を上げていかなくてはいけない」と主張した。 <span style="font-weight:700;">◆MF今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──本大会ではまたもコロンビアと同組。日本は速攻のスタイルに変わり、自身もMFにポジションが変わったが</span> 「チームとして精度を上げていくことは大事です。ただ、個も上げていかないといけないです。ブラジル・ワールドカップのコロンビア戦でも球際やルーズボールを全部持って行かれてしまいました。パススピードもめちゃくちゃ早かったです。差はすごく感じました。チームでやることも大切ですけどね」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の求めるデュエルについて</span> 「デュエルも上げていかなくてはいけないですし、チームとしてのやり方も緻密にしていかなくてはいけません」 <span style="font-weight:700;">──今大会で追求するのもその部分か</span> 「この大会で監督の要求に応えられる選手が今後生き残っていくと思います。そういうところもアピールしなくてはいけないです」 <span style="font-weight:700;">──今大会では日本よりもフィジカルで優れたチームもいるが</span> 「相手もどうくるかわからないので、なんとも言えないですね」 <span style="font-weight:700;">──今日の練習前には15分を超えるミーティングが行われたが</span> 「それは監督に聞いて下さい(笑)」 2017.12.06 23:02 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース