超ワールドサッカー

G大阪が全公式戦での掲出物禁止を発表…政治的思想を連想させるフラッグの掲出を受け2017.04.21 18:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガンバ大阪は21日、当面の試合にて全てのエリアにおけるガンバ大阪を応援する横断幕や旗などの掲出物の禁止を発表した。

▽G大阪は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪との“大阪ダービー”において政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったことを20日に発表。当事者が判明次第、厳正な対応を行うとしていた。

▽クラブの発表によると、掲出物の禁止はホーム、アウェイ問わず全ての公式戦が対象となり、自作のものだけでなく、販売しているフラッグも含まれるとのこと。21日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節の大宮アルディージャ戦から適用される。

▽G大阪は、「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出は、Jリーグ共通ルールはもちろん、クラブも一切認めておらず、クラブとしても大変遺憾に思っております」と声明も発表した。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、堂安ラストマッチを勝利で飾れず…一進一退の攻防も川崎Fとドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ガンバ大阪vs川崎フロンターレが25日に市立吹田サッカースタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで8勝4分け2敗で3位につけるG大阪(勝ち点28/1試合未消化)が、7勝4分け3敗で6位につける川崎F(勝ち点25/1試合未消化)を迎えた。前節のヴィッセル神戸戦を1-0で勝利し、暫定首位である柏レイソルとの勝ち点差を3に縮めたG大阪は、その一戦から先発メンバーを2人変更。初瀬とパトリックに代えて、井手口と長沢を起用した。また、23日にオランダのFCフローニンヘンに期限付き移籍することが決定した堂安は、[4-4-2]の2トップの一角に入った。 ▽一方、前節のサンフレッチェ広島戦を1-0で勝利し、連敗を避けることができた川崎Fは、その一戦と同様のメンバーでこの一戦に臨んだ。また、古巣対決となる阿部は[4-2-3-1]の1トップで先発した。 ▽21日に行われた天皇杯2回戦でターンオーバーを採用し、この一戦にほぼ万全な状態で迎えることができた両者の一戦は、立ち上がりからホームのG大阪が積極的に相手ゴールへと迫る展開となる。2分、ボックス右外からの遠藤のクロスを長沢が頭で合わせる。ファーサイドに流れたボールを堂安が左足でシュートを放つが、枠を捉えることができない。 ▽対する川崎Fもボールを保持し始めると9分、ボックス左外で仕掛けた車屋のクロスをニアサイドで収めた登里がシュート。これはGK東口に阻まれる。さらに11分にもエドゥアルド・ネットがボックス手前やや左から左足を振り抜くが、今度はゴール右を逸れてしまう。 ▽序盤からオープンな展開になるとG大阪は13分、カウンターからパスを受けた堂安が仕掛けてボックス右からシュート。さらにこぼれ球に反応した倉田がボックス内から右足を振り抜くが、GKチョン・ソンリョンの攻守に阻まれる。 ▽カウンターからチャンスを作るG大阪に対して、川崎FはG大阪ディフェンスを崩しきれず、決定機を作ることができない。古巣対決に燃える阿部が17分、20分に立て続けにボックス手前からミドルシュートを放つが、これも脅威とはならない。 ▽その後、試合が落ち着き始め、時間の経過と共に川崎Fが敵陣へと侵攻する回数が増加 するものの、G大阪も良い形でシュートを打たせず、好機を与えない。 ▽ボールを持たせても焦れないG大阪は44分、ボックス手前で遠藤のパスを受けた堂安がボックス内でのキープからラストパス。落としを受けた倉田がボックス手前から左足を振り抜いたが、わずかにゴール左を外れ、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、前半終了間際に川崎Fゴールを脅かしたG大阪が仕掛ける。47分にはボックス右手前からオ・ジェソク、50分には堂安のパスを受けた倉田がボックス手前からシュートを放ったが、枠を捉えることができない。 ▽しかし52分、ここまでやや押し込まれていた川崎FがG大阪の一瞬の隙を突いて先制する。ボックス右手前でパスを受けたエウシーニョがグラウンダーのクロスを供給。これをニアサイドに走り込んだ中村がスルーし、ボールはファーサイドへと抜ける。そこに走り込んでいた登里がシュートを打たず、スルーした中村へのラストパスを選択すると、中村が右足インサイドでプッシュ。ボールはカバーに入っていたファビオに当たってゴールへと吸い込まれた。 ▽このゴールで勢いに乗った川崎Fは58分、車屋が阿部とのパス交換でボックス左外へ抜け出すと、ボックス手前の阿部へリターン。これを阿部が右足インサイドで丁寧に合わせたが、決めきることができない。 ▽同点に追いつきたいG大阪は64分、この日がオランダ移籍前最後の試合となった堂安に代えてアデミウソンを投入。勇猛果敢に川崎Fゴールへと迫ったG大阪の至宝には会場内から大きな拍手が送られた。 ▽するとその4分後、攻勢を強めるG大阪が同点ゴールを奪う。ボックス左外でパスを受けた井手口が右足でクロスを供給。これをボックス中央の長沢が頭で合わせ、ゴール右隅へと流し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻したG大阪が逆転へ攻勢を強め、立て続けにボックス右へ侵攻するが、決めきることができない。対する川崎Fは77分、途中出場の家長のクロスにゴール前の小林がヘディングシュートを放つが、GK東口の正面に飛んでしまう。 ▽終盤に差し掛かると川崎Fが勝ち越しのチャンスを迎える。86分、右サイドを抜け出したエウシーニョがボックス右に侵攻し、グラウンダーのクロスを供給。ボックス中央に走り込んだ小林がフリーで右足を合わせるが、ミートすることができず、ゴール左へ外れてしまう。 ▽絶好機をフイにしてしまった川崎Fは、その後も激しくゴールへ迫ったが、最後までG大阪の牙城を崩すことができず、試合終了。上位対決は1-1で勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.06.25 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン、G大阪に続きU-20日本代表MF堂安律の加入発表…移籍形態は買取OP付きの期限付き移籍

▽オランダのフローニンヘンは23日、ガンバ大阪に続き、U-20日本代表MF堂安律(19)の期限付き移籍加入を発表した。フローニンヘン側の発表によれば、堂安は買取オプションが付いた2017-18シーズンまでの1年間の期限付き移籍加入となる。 ▽堂安は今後、G大阪の一員として25日に市立吹田サッカースタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第16節の川崎フロンターレ戦がラストマッチに。その後、28日にオランダへと旅立ち、メディカルチェックに問題がなければ正式契約を結ぶという。 ▽G大阪ユース時代から将来を嘱望されていた堂安は、同年5月のAFCアジアチャンピオンズリーグでクラブ史上2番目となる16歳11カ月11日で公式戦デビュー。高校3年生の2016年に飛び級昇格を果たした。U-20ワールドカップでは4試合3得点。今シーズンはクラブでも出場機会を増やし、J1リーグ9試合3得点を記録している。 2017.06.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が電撃発表、U-20日本代表MF堂安律が期限付き移籍でFCフローニンヘンへ

▽ガンバ大阪は23日、U-20日本代表MF堂安律(19)がオランダのFCフローニンヘンに期限付き移籍することを電撃発表した。移籍期間は2018年6月30日まで。25日に行われる明治安田生命J1リーグ第16節の川崎フロンターレ戦がラストマッチとなり、試合終了後にセレモニーが行われる。 ▽G大阪ユース時代から将来を嘱望されていた堂安は、高校2年生だった2015年に2種登録でトップチームに登録されると、同年5月のAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でクラブ史上2番目となる16歳11カ月11日で公式戦デビュー。2016年には高校3年生で飛び級昇格を果たした。 ▽2016年10月のU-19アジア選手権では、5大会ぶりのU-20ワールドカップ(W杯)出場権獲得に貢献すると共に大会MVPを受賞。同年のアジア年間最優秀ユース選手賞も受賞した。U-20W杯では4試合3得点。今シーズンはクラブでも出場機会を増やしており、J1リーグ9試合3得点を記録している。 ▽移籍先のフローニンヘンは、1980年にリーグ優勝経験のあるオランダのクラブで、昨シーズンのエールディビジを8位でフィニッシュ。かつてはMFアリエン・ロッベン(バイエルン)、FWルイス・スアレス(バルセロナ)などの名プレーヤーが所属していた。 2017.06.23 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪DF米倉恒貴が右大腿二頭筋肉離れで全治約3週間

▽ガンバ大阪は22日、DF米倉恒貴の負傷を発表した。 ▽米倉は18日の練習中に負傷したとのこと。右大腿二頭筋肉離れと診断され、全治は約3週間とのことだ。 ▽今シーズンの米倉は、明治安田生命J1リーグで2試合の出場、AFCチャンピオンズリーグで1試合の出場にとどまっている。 2017.06.22 15:14 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪、元韓国代表FWファン・ウィジョの完全移籍加入を正式発表…背番号は「11」に決定

▽ガンバ大阪は20日、城南FCに所属する元韓国代表FWファン・ウィジョ(24)の完全移籍加入を正式発表した。背番号は「11」。登録ウインドーが開く7月21日以降から出場可能となる。 ▽また、城南FCも同日にファン・ウィジョのG大阪移籍を発表。移籍金については双方の合意の下で明らかにされていないものの、2年契約でのG大阪加入となる。 ▽韓国代表としても9試合1ゴールを記録するファン・ウィジョは、以前からG大阪の関心が伝えられてきた万能アタッカー。核となるスコアラー不在のG大阪にとって、待ち焦がれたストライカーの到着となる。 ▽ファン・ウィジョは、2013年にKリーグデビュー。公式戦通算139試合34ゴール8アシストを記録する184cmのストライカーで、2015年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のG大阪との2試合でいずれもゴールを決めていた。 2017.06.20 12:38 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース