G大阪が全公式戦での掲出物禁止を発表…政治的思想を連想させるフラッグの掲出を受け2017.04.21 18:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガンバ大阪は21日、当面の試合にて全てのエリアにおけるガンバ大阪を応援する横断幕や旗などの掲出物の禁止を発表した。

▽G大阪は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪との“大阪ダービー”において政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったことを20日に発表。当事者が判明次第、厳正な対応を行うとしていた。

▽クラブの発表によると、掲出物の禁止はホーム、アウェイ問わず全ての公式戦が対象となり、自作のものだけでなく、販売しているフラッグも含まれるとのこと。21日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節の大宮アルディージャ戦から適用される。

▽G大阪は、「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出は、Jリーグ共通ルールはもちろん、クラブも一切認めておらず、クラブとしても大変遺憾に思っております」と声明も発表した。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1開幕直前クラブガイド】テーマは攻撃のガンバ復活…名伯楽レヴィー・クルピの下、奪還を《ガンバ大阪》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第13弾はガンバ大阪を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆新章へ</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_gamba_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2017シーズン、常勝を至上命題とするチームとして許されない失態を晒したG大阪。昨年限りで5年間の長谷川健太政権に終止符を打ち、今シーズンからかつてセレッソ大阪を率い、「若手育成」と「攻撃的スタイル」に定評のあるレヴィー・クルピ監督に命運を託す。チームとして再建段階だが、目標は『奪還』というチームスローガンのとおり、タイトルの獲得。とはいえ、確信を持てる要素が少ない現状だけに、AFCチャンピオンズリーグ出場圏内が当面の目標になりそうだ。また、「優勝するチームは最後まで攻撃の姿勢を貫く」と新体制発表会見で語ったブラジル人名伯楽が、前任の色に染まった守備偏重のチームに攻撃的な自身の色をどう落とし込んでいくかも見どころの1つ。プレシーズン期間の対外試合で3分け1敗という成績からもわかるとおり、手探り状態でのシーズンインだが、レヴィー・クルピ新監督と共に新章を始めることになる。 <span style="font-weight:700;">◆不安多き補強動向</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:D】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_gamba_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽レヴィー・クルピ監督の招へいを早々にまとめ、MF矢島慎也やDF菅沼駿哉といった実力者を獲得するまで順調だったが、それ以降で即戦力級の加入者はなし。将来を見据えた補強だけを考えれば、複数クラブの関心を集めたFW中村敬斗の争奪戦を制するなど上々の出来だが、トップチームにおいて心許ないのが実情だ。中でも、昨年も改めて課題を露呈した絶対的な点取り屋の確保に未だ至っていない点はイメージが悪く、海外に旅立ったMF井手口陽介に代わる守備的MFの補強もなければ、センターバックの控えも一抹の不安を抱える。ただ、チームは指揮官が選手の見極めに充てるとしたキャンプ始動後、DFペ・スヨンを期限付きで放出して外国人枠を確保。今後、どのタイミングで、どのようなアクションを起こすのか注目が集まる。<hr>【IN】 GK谷晃生(17)←ガンバ大阪ユース/昇格 DF山口竜弥(18)←東海大相模高校/新加入 DF松田陸(18)←前橋育英高校/新加入 DF菅沼駿哉(27)←モンテディオ山形/完全 MF福田湧矢(18)←東福岡高校/新加入 MF芝本蓮(18)←ガンバ大阪ユース/昇格 MF矢島慎也(24)←浦和レッズ/完全 FW白井陽斗(18)←ガンバ大阪ユース/昇格 FW中村敬斗(17)←三菱養和SCユース/新加入 【OUT】 GK藤ヶ谷陽介(36)→引退 GK田尻健(24)→ツエーゲン金沢/期限付き延長 DF金正也(29)→ベガルタ仙台/完全 DFペ・スヨン(19)→ギラヴァンツ北九州/期限付き MF嫁阪翔太(21)→グルージャ盛岡/完全 MF井手口陽介(21)→リーズ・ユナイテッド(イングランド)/完全 MF中原彰吾(23)→北海道コンサドーレ札幌/期限付き満了 MF内田達也(26)→東京ヴェルディ/完全 MF二川孝広(37)→東京ヴェルディ/期限付き延長 FW郡大夢(20)→東京ヴェルディ/期限付き満了 FW赤崎秀平(26)→鹿島アントラーズ/期限付き満了 FW呉屋大翔(24)→徳島ヴォルティス/期限付き FW平尾壮(21)→アビスパ福岡/期限付き<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_gamba_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>DF初瀬亮(20) 2017シーズン(J1) 19試合出場0得点<hr>▽キープレーヤーは、キャンプから好アピールが続くDF初瀬亮だ。G大阪ユース出身の初瀬は、両足から遜色なく繰り出されるキック精度が魅力のサイドバック。だが、キャンプ中における練習試合でのプレーエリアを見る限り、レヴィー・クルピ監督の下、サイドバックに加えて、インサイドハーフでの出場も増加しそうだ。ブラジル人名伯楽は、既に「重要な選手になってくる」と初瀬をキーマンに指名済み。かつてC大阪でMF香川真司らの才能を見いだしたレヴィー・クルピ監督の下、どう“クルピ・チルドレン”の仲間入りを果たしていくか刮目しておきたい存在だ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_gamba_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:矢島慎也、今野泰幸、ファン・ウィジョ、遠藤保仁、倉田秋 FW:長沢駿<hr>▽今シーズンからの新任ということで選手の起用法を含めて読めない部分が多く、フォーメーションにおいても[4-3-2-1]、[4-2-3-1]を基本線に試行錯誤の段階だ。中でも、激選区はストライカーの位置。グロインペイン症候群で出遅れるFWアデミウソンの状況もあり、争いは混沌と化している。また、井手口の退団に伴い、手薄な守備的MFの位置においても、年齢的にフル稼動の厳しいMF今野泰幸に続く選手を擁立できていない。さらに、MF遠藤保仁の起用法においても気になるところ。一方で、今シーズンからU-23との線引きがなく、キャンプで好アピールが続いた17歳の中村や、MF市丸瑞希ら有望株の起用法もポイントに。即戦力級の加入者が少ない状況だけに、チームの今シーズンを占う上で、若手の台頭は必須事項になるに違いない。 2018.02.21 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季引退の藤ヶ谷陽介氏、G大阪アカデミーコーチングスタッフに

▽ガンバ大阪は20日、昨シーズン限りで現役を退いた藤ヶ谷陽介氏(37)のスタッフ入閣を発表した。 ▽藤ヶ谷氏は、2005年にコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)から加入し、西野朗監督の下、守護神としてJ1リーグ、Jリーグカップ、2度の天皇杯、AFCチャンピオンズリーグの優勝に貢献。2014年のジュビロ磐田移籍を経て、2015年にG大阪復帰を果たすと、同年に前年から続くチームの天皇杯連覇を経験した。 ▽引退後もG大阪に留まった藤ヶ谷氏は今後、同クラブのアカデミーコーチングスタッフとして所属する。 2018.02.20 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季とは全く違う! 6季連続主将のG大阪MF遠藤保仁「攻撃的に行く」

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽6年連続でガンバ大阪のキャプテンを務めることが決まったMF遠藤保仁がクラブブースで取材に応対。個人的にフィールドプレーヤーとして前人未到となるJ1リーグ600試合を目前とする今シーズン、レヴィー・クルピ新監督の下、攻撃的サッカーの復活に意欲を示した。 ◆MF遠藤保仁(ガンバ大阪) ──レヴィー・クルピ監督のスタイルについて 「昨シーズンとは、全く違う。相手の穴を見つけていきながら、ボールのポゼッションを高めながら、攻撃的に行く」 ──プレーエリアについて 「前線で使われたときはそのぶん、フィニッシュに持ち込む意識も高くなってくる。最初の立ち位置が違っていても、自由にやらせてもらっている」 ──残り32試合で前人未到のJ1通算600試合出場になるが 「20年もやっているし、コンスタントに出ていかないと600試合に届かない。嬉しいことだし、今年中に達成できたら」 「そこを目指す意識はないけど、1試合1試合の積み重ねでそうなっていければ良い」 2018.02.15 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

攻撃のアート描けるか…G大阪新任レヴィー・クルピ「ピッチで常にベストを」

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽今シーズンからガンバ大阪を率いるレヴィー・クルピ監督がクラブブースで取材に応対。復権のポイントとして「攻撃は勝利に繋がる要素」と攻めの重要性を説いた。 ◆レヴィー・クルピ監督(ガンバ大阪) ──キャンプの手応え、仕上がりについて 「まだ何も言えない。選手の見極めだったり、選手の特長を把握している時期なので、そういう意味でノーマルだった」 ──新体制発表会見でも強調した選手の見極めについて 「そこも具体的に言うことはできない。なぜなら、まだ公式戦をやっていないから。練習は練習で、試合は試合なので、全くの別物」 ──前任の“リアクション”から“アクション”への変更について 「サッカーには2つある。攻撃か、守備か。その両方をやらないといけない。ただし、攻撃というのは、やはり勝利に繋がる要素」 ──監督が言う攻撃が指すのは具体的に“速攻”か、“ポゼッション”か 「どちらも必要だと思っている。ボールを奪ってからもしかり、ポゼッションからの攻撃も必要になってくる。試合の中で、どちらの局面もあること」 ──DF初瀬亮に対する評価について 「それは期待が高いというより、まだ彼を見極めている段階。年齢は関係なく、実力の部分でしっかり見極めて起用していきたい」 ──初瀬以外で目が止まった選手はいるか 「あえて名前を挙げるのは控えておきたい。名前を言うと、その選手に対するサポーターの期待が執拗に高まってしまう可能性があるからだ。逆に、その選手のスタートが良くても、最後まで必ず活躍するとは言い難いからだ」 ──攻撃面に関して“アート”だと独特な表現されていたが、それを描けそうか 「私が(アート)を描けるかどうかではなく、選手たちが描けるかどうかだ。私のアートは、今までの積み重ねとして残っている」 ──最後にサポーターにメッセージ 「スタジアムに足を運んでもらい、重要な存在であってほしい。私の中に、彼らと喜びを分かち合いたいという気持ちが常にある」 「だから、その期待に応えるためにも、我々はピッチの中で常にベストを尽くしていきたい」 2018.02.15 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

満を持してG大阪から復帰も…東京V、FW郡大夢と“秩序風紀を乱す行為”で契約解除

▽東京ヴェルディは13日、FW郡大夢(20)との契約を同日付けで解除したと発表した。日本サッカー協会選手契約書における『クラブの秩序風紀を乱す行為』という条項を違反したためだという。 ▽東京Vアカデミー育ちの郡は、2016年にトップチーム昇格を果たすと、同年途中からグルージャ盛岡に期限付き移籍。2017年は期限付き移籍でガンバ大阪に加わり、U-23の一員として明治安田生命J3リーグ17試合3ゴールをマークした。 ▽そして、今シーズンから東京Vに復帰。184cmの大型FWは、昨シーズン限りで引退したクラブの功労者であるFW平本一樹から背番号25番を継承していた。 2018.02.13 17:35 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース