ユーベがバロテッリ2世と注目を集めるケアンとプロ契約締結へ、18歳の誕生日後に契約か2017.04.21 12:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスが、同クラブのU-17イタリア代表FWモイゼ・ケアン(17)とのプロ契約締結に向けて準備を進めているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。

▽コートジボワールにルーツを持つケアンは、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ2世と称されるFW。昨年11月19日に行われたセリエA第13節のペスカーラ戦で途中出場を果たし、16歳8カ月でデビューしユベントスのクラブ最年少出場記録をマークした。さらに、21世紀以降に生まれた選手の中で初めて4大リーグでプレーした選手となっている。

▽また、昨年11月22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節のセビージャ戦では84分から出場。こちらも21世紀以降に生まれた選手の中で初めてCLの舞台に立った選手となった。なお、今シーズンはユベントスのトップチームではリーグ戦2試合、CL1試合の出場に留まっているが、ユースチームでは12試合で9ゴール5アシストをマークしている。

▽そんなケアンに対しては以前からアヤックス、アーセナル、マンチェスター・シティ、チェルシーなどが興味を示していると言われている。そのためユベントスは早く新契約を結びたいところだが、イタリアでは18歳からしかプロ契約を結べない決まりとなっている。そのため、ユベントスはケアンが18歳となる2018年2月28日以降にプロ契約を結ぶための準備を行っているようだ。

▽さらに『フットボール・イタリア』によれば、ケアンの代理人を務めるミノ・ライオラ氏はユベントス側に他のクラブとの交渉を行わずユベントスとの交渉を優先的に進めることを伝えているという。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、FFP問題抱えるミランからロマニョーリ獲得を画策か

▽ユベントスがミランのイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(23)の獲得を目指しているようだ。イタリア『コッリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。 ▽欧州サッカー連盟(UEFA)は22日、UEFAが定めるファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反の可能性があるミランに対して、FFPに関する和解協定の申請を却下した。これにより、クラブは移籍市場での活動やメンバー登録の制限から、UEFA主催大会からの除外まで、何らかの制裁を科される可能性が出ている。 ▽そのため、ミランは財政収支のバランスを整えるために今夏主力の売却を余儀なくされることが濃厚となっている。そして、『コッリエレ・デロ・スポルト』はロマニョーリがその売却候補の1人になる可能性を伝えている。 ▽ローマ時代からロマニョーリに関心を示してきたユベントスは、加齢によるパフォーマンスの低下や負傷が増えているDFアンドレア・バルザーリ、DFジョルジョ・キエッリーニのベテラン2選手、伸び悩みが顕著で今夏の退団も噂されるDFダニエレ・ルガーニらの状況を考慮して、今夏ロマニョーリ獲りに動く可能性があるようだ。 2018.05.27 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、リヒトシュタイナーとの交渉が順調に進行

▽アーセナルが、ユベントス退団を明言したスイス代表主将DFシュテファン・リヒトシュタイナー(34)との交渉を続けているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽リヒトシュタイナーは、2011年にラツィオからユベントスに加入。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、6度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献したが、今月初めに「僕の未来はイタリア国外にある」と発言し、ユベントスとの7年間に別れを告げる旨を語っていた。 ▽そして先日、イギリス『ガーディアン』がアーセナルとリヒトシュタイナーが交渉に入っていると報道。『スカイ・スポーツ』も今回、アーセナルのウナイ・エメリ新監督体制初の契約はリヒトシュタイナーになるだろうと断定的に伝えており、その実現性が日増しに高まっている。 ▽なお、ユベントスとリヒトシュタイナーの契約は来月末に期限を迎える。 2018.05.27 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

CL決勝にベンチ入りのジャン、月曜にトリノでメディカルチェックを受診か

▽リバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)が、28日にトリノでメディカルチェックを受ける予定だ。『フットボール・イタリア』がイタリア『Mediaset Premium』の情報をもとに報じている。 ▽報道によれば、ジャンは26日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦のレアル・マドリー戦のベンチ入りメンバーに名を連ねているが、既にトリノ行きのフライトチケットを予約しており、月曜にユベントスのメディカルチェックを受診する予定のようだ。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。現在では守備的MFやセントラルMF主戦場に、リバプールでは通算166試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。 ▽今季限りでリバプールとの契約が切れるジャンは、かねてよりユベントスへ移籍の噂が挙がっており、先日には年棒600ユーロ(約7億7000万円)の5年契約で合意に至ったと報じられていた。 2018.05.27 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

カンセロ買取期限迫るもインテルは動けず…? ユベントスが虎視眈々と準備か

▽インテルのDFジョアン・カンセロに対して、ユベントスも関心を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽バレンシアからのレンタルでインテルの一員になったポルトガル代表のカンセロは、シーズン途中からレギュラーに定着。主力の一人といえる活躍を披露し、インテル陣営はもちろん完全移籍での獲得を願っている。 ▽しかし、買い取りオプション行使の期限は今月末まで。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触するおそれがあるインテルは、3500万ユーロ(約45億円)をすぐに用意するのが難しい状況だ。それでも、補強資金のめどが立ち次第、再獲得に乗り出す可能性もあるという。 ▽こういった状況に他のクラブが興味津々だという。国外からはマンチェスター・ユナイテッドが関心を持っていると言われているほか、ユベントスも獲得の可能性を感じているそうだ。 ▽ようやく手にした信頼できるサイドバックを国内のライバルに譲るかもしれないインテル。何か対策はあるのだろうか。 2018.05.26 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

サッリ招へい有力のチェルシー、イグアイン獲得へ?

▽チェルシーは、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)との契約に動く可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽昨シーズンまでナポリを率いたマウリツィオ・サッリ氏の招へいが有力視されるチェルシー。同氏はかつてナポリで師弟関係を築き、特長を知り尽くすイグアインを今夏における獲得候補の上位にリストアップしており、イタリア代表FWアルバロ・モラタを取引に含めることも考えられる模様だ。 ▽現時点でユベントスに売却意思こそないものの、年俸750万ユーロ(約9億5000万円)のクラブ最高給者であるイグアインは今年12月で31歳。パリ・サンジェルマンも関心を示しているとみられる同選手に5500万ユーロ(約70億円)程度のオファーが届けば、交渉に応じる余地もあるという。 ▽セリエA屈指の点取り屋として名を馳せるイグアインは、2013年夏にレアル・マドリーからナポリ入り。2016年夏からユベントスに活躍の場を移した。今シーズンは公式戦50試合に出場して23得点8アシストをマーク。ユベントスのセリエA7連覇、コッパ・イタリア4連覇に貢献している。 2018.05.26 19:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース