超ワールドサッカー

【ブンデス第30節プレビュー】CL敗退のバイエルンは武藤マインツと対戦2017.04.21 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は日本人対決が2試合実現し、武藤マインツが原口ヘルタ・ベルリンに1-0と勝利。そして、宇佐美アウグスブルクが大迫ケルンに2-1と勝利した。優勝争いではバイエルンがレバークーゼンに引き分け、2位ライプツィヒがフライブルクに快勝したことで勝ち点差が8に縮まっている。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ホッフェンハイム、4位ドルトムントが揃って勝利したため、勝ち点差は1でキープされた。残り5試合となって迎える第30節はCLベスト8敗退に終わったバイエルンが武藤マインツをホームに迎える。

▽前節は10人のレバークーゼンに0-0で引き分け、火曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では延長戦にもつれ込んだ末に敗退した首位バイエルン(勝ち点69)は、心身ともに疲弊していることが予想される。控えメンバーが先発に名を連ねる可能性が高い中、残留に向けて死に物狂いで向かってくるであろうマインツ撃破となるか。

▽一方、2試合連続スタメンとなったものの、攻撃面で存在感を見せられなかった武藤だが、チームはヘルタに1-0と辛勝し、残留圏内の15位を死守。7試合ぶりの勝利となったが、残留プレーオフに回らなければならない16位アウグスブルクとは依然同勝ち点で並んでおり、予断を許さない状況が続く。バイエルン戦では武藤がベンチスタート予想となっているが、途中出場で金星獲得貢献となるか。

▽バイエルンを追う2位ライプツィヒ(勝ち点61)は、11位シャルケとのアウェイ戦に臨む。前節は好調フライブルクを4-0と一蹴してリーグ戦4連勝としたライプツィヒは、ベストメンバーで臨める中、木曜日に行われたアヤックス戦を延長戦にもつれ込んだ末にELベスト8敗退に終わったシャルケ相手に5連勝を目指す。前節久々にベンチ入りした内田は引き続きベンチスタート予想となっている。

▽サライとデミルバイのドッペルパックでボルシアMGとの打ち合いを制した3位ホッフェンハイム(勝ち点54)は、金曜日に大迫の7位ケルン(勝ち点40)と敵地で対戦する。ドルトムントが1ポイント差で追走する中、堅守ケルン相手に2試合連続攻撃陣爆発となるか。前節アウグスブルク戦で決定機を逸した大迫だが引き続き先発予想となっており、汚名返上といきたい。

▽ロイスの復帰弾などでフランクフルトに快勝してバイエルン戦の大敗を払拭した4位ドルトムント(勝ち点53は、10位フランクフルト(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。しかし、水曜日に行われたモナコとのCLでは1-3と敗れ、ベスト8敗退に終わった。リーグ戦一本となる中、モナコ戦でもフル出場した香川は引き続き先発予想となっているが、後半戦に入って大失速しているフランクフルトを撃破して3位浮上となるか。

▽その他、マインツ戦で先発しながらも守備に追われたヘルタの原口はヴォルフスブルクとのホーム戦に臨むがベンチスタート予想。ボランチで好パフォーマンスが続いているハンブルガーSVの酒井高はダルムシュタットとのホーム戦を、ケルン戦で先発したもののインパクトを残せなかったアウグスブルクの宇佐美はフランクフルトとのアウェイ戦に臨むが先発予想となっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第30節
▽4/21(金)
《27:30》
ケルン vs ホッフェンハイム

▽4/22(土)
《22:30》
バイエルン vs マインツ
ヘルタ・ベルリン vs ヴォルフスブルク
ハンブルガーSV vs ダルムシュタット
インゴルシュタット vs ブレーメン
フランクフルト vs アウグスブルク
《25:30》
ボルシアMG vs ドルトムント

▽4/23(日)
《22:30》
フライブルク vs レバークーゼン
《24:30》
シャルケ vs ライプツィヒ

コメント

関連ニュース

thumb

クロアチア代表100キャップ超えのFWオリッチが現役引退

▽1860ミュンヘンに所属する元クロアチア代表FWイビツァ・オリッチ(37)が現役引退を表明した。ドイツ『ビルト』の報道を基に、『キッカー』が伝えた。 ▽オリッチは昨年の夏にハンブルガーSVからドイツ2部の1860ミュンヘンに移籍。オリッチは公式戦33試合に出場したが、クラブは3部リーグ降格の憂き目に遭った。 ▽オリッチは、ドイツ『ビルト』のインタビュー内で、「後悔のないまま辞めることができると思う。長い間、ハイレベルでプレーできたことは夢のようだった。来年、指導者のライセンスを取ってから自分の進む方向を決めたい」と話した。 ▽オリッチはこれまで、ヘルタ・ベルリンやディナモ・ザグレブ、ハンブルガーSVなどでプレー。2009年から2012年まではバイエルンに所属し、2009-10シーズンにはブンデスリーガとDFBポカールの2冠に加え、チャンピオンズリーグ準優勝を経験した。また、クロアチア代表としては104試合に出場し、20得点を記録した。 2017.06.25 08:47 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェス関心のバイエルン、カラスコにも視線注ぐ?

▽バイエルンは、アトレティコ・マドリーに所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(23)の獲得に難を強いられそうだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今夏、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスに対する関心が取り沙汰されるなど、攻撃陣のテコ入れが取り沙汰されるバイエルン。どうやら、カルロ・アンチェロッティ監督は、新たな攻撃陣の駒として、以前から評価するカラスコにも視線を注いでいるようだ。 ▽しかし、『アス』によれば、アトレティコ・マドリーはカラスコの移籍金として5000万ユーロ(約62億2000万円)を要求。さらに、アトレティコ・マドリーに下った1年間の補強禁止処分で今後の2つのウィンドーで新規選手登録ができないことが、バイエルンのカラスコ獲得に向けた動きを鈍らせるという。 ▽カラスコは、2015年夏に5年契約でモナコからアトレティコ・マドリーに移籍。今シーズンは公式戦53試合に出場し、14ゴール5アシストをマークした。なお、アトレティコ・マドリーとの現行契約は2022年までとなっている。 2017.06.24 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、今夏獲得のドイツ代表ウィンガーをシャルケへレンタルか…

シャルケがバイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリのレンタルでの獲得に興味を示しているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。<br><br>ニャブリは今夏、ブレーメンから800万ユーロ(約10億円)でバイエルンへと移籍。ドイツ代表ですでにデビュー済みで、現在はU-21ドイツ代表として欧州選手権に参戦中であるが、新シーズンをバイエルンで迎えるかは明らかになっていない。<br><br>ニャブリ獲得後もアーセナルのFWアレクシス・サンチェスを始め、さらなるスター選手獲得を目論むバイエルンは、新たなアタッカーを獲得したあかつきには、21歳のニャブリはレンタルで放出する見込み。その候補に挙がっているのがホッフェンハイムとシャルケだ。<br><br>シャルケはクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)が以前からニャブリ獲得に興味を示しており、レンタルであれば、新戦力確保に本腰を入れそうだ。また、バイエルンとの関係は良好で、ホルガー・バドシュトゥバーを始め、何人かの貸し出しに成功してきた実績もある。ニャブリが新シーズンをどのユニフォームを着て迎えるか、注目が集まるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.24 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、サンチェスよりもベルギー代表MF? 高額な年俸が障害でターゲット変更か

バイエルンがアトレティコ・マドリーに所属するベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコ獲得に本腰を入れるようだ。フランス紙『レキップ』が報じた。<br><br>バイエルンは今夏、ブレーメンからドイツ代表のウィンガー、セルジュ・ニャブリを獲得。しかし、アリエン・ロッベン、フランク・リベリの2枚看板の高齢化も叫ばれる中、ドグラス・コスタはユベントス行きが確実となっており、さらなるスター選手を獲得しようと試みている。<br><br>すでにアーセナルからアレクシス・サンチェスの引き抜きに着手しているのは周知のとおりだが、2500万ユーロ(約31億円)という高額な年俸が獲得の障害となる可能性があるようだ。そこで、代役として浮上したのがアトレティコで10番を背負うカラスコ。報道によると、バイエルンはサンチェスへの興味が落ち着き、23歳のベルギー代表ウインガーへターゲットを移しつつあるとのことで、5000万ユーロ(約62億2000万円)での獲得を目指しているようだ。<br><br>カラスコは2016-17シーズン、リーグ戦35試合に出場し、10ゴールをマーク。アトレティコとは2022年まで契約を結んでおり、高額な違約金が設定されていると伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.24 09:57 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レヴァンドフスキ狙うチェルシー&ユナイテッドに警告 「彼らはFIFAから処分を受ける恐れがある」

▽バイエルンは21日、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(28)獲得に向けて代理人との接触が報じられたチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドの2クラブに対して、警告を行った。『スカイ・スポーツ・ドイツ』がバイエルンの公式声明を伝えている。 ▽レヴァンドフスキに関しては先日、同選手の代理人を務めるマイク・バルテル氏がドイツ『キッカー』で「ロベルトは私に、クラブからのサポートがないことや、シーズン最後の試合で、監督(カルロ・アンチェロッティ)から得点王になるための何の助言もなかったことを話したよ」とコメント。さらに「彼は今まで見たことがないほど失望している」とも語った。 ▽これを受けて、レヴァンドフスキがバイエルン退団に向かうのではないかと伝えられており、チェルシーとユナイテッドが既に獲得に向けて接触を行ったとの報道も出ている。 ▽一連の動きに対して、バイエルンはレヴァンドフスキ放出の意思がないことを強調すると共に、2021年まで長期契約を残す同選手に対して、クラブの許可なしに接触した事実があれば、国際サッカー連盟(FIFA)に訴えを行う準備があると主張した。 「ロベルト・レヴァンドフスキはバイエルンと契約を結んでおり、最近には2021年まで契約を更新した。また、バイエルン・ミュンヘンはレヴァンドフスキの移籍の可能性を全く考えていない」 「現時点で他のクラブとの交渉の事実はなく、何も起きていないと考えている。仮に、他のクラブが我々と長期契約を結んでいるプレーヤーに対して、無許可で接触を行っているならば、彼らはFIFAから処分を受ける恐れがあるだろう」 「また、彼の代理人はいかなるクラブとも交渉を行っていないことを確認している」 ▽先日のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド獲得報道と同様に、今回も素早い火消しに動いたバイエルン。そのため、今夏のエース流出の可能性は低いようだ。 2017.06.22 06:29 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース