【ブンデス第30節プレビュー】CL敗退のバイエルンは武藤マインツと対戦2017.04.21 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は日本人対決が2試合実現し、武藤マインツが原口ヘルタ・ベルリンに1-0と勝利。そして、宇佐美アウグスブルクが大迫ケルンに2-1と勝利した。優勝争いではバイエルンがレバークーゼンに引き分け、2位ライプツィヒがフライブルクに快勝したことで勝ち点差が8に縮まっている。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ホッフェンハイム、4位ドルトムントが揃って勝利したため、勝ち点差は1でキープされた。残り5試合となって迎える第30節はCLベスト8敗退に終わったバイエルンが武藤マインツをホームに迎える。

▽前節は10人のレバークーゼンに0-0で引き分け、火曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では延長戦にもつれ込んだ末に敗退した首位バイエルン(勝ち点69)は、心身ともに疲弊していることが予想される。控えメンバーが先発に名を連ねる可能性が高い中、残留に向けて死に物狂いで向かってくるであろうマインツ撃破となるか。

▽一方、2試合連続スタメンとなったものの、攻撃面で存在感を見せられなかった武藤だが、チームはヘルタに1-0と辛勝し、残留圏内の15位を死守。7試合ぶりの勝利となったが、残留プレーオフに回らなければならない16位アウグスブルクとは依然同勝ち点で並んでおり、予断を許さない状況が続く。バイエルン戦では武藤がベンチスタート予想となっているが、途中出場で金星獲得貢献となるか。

▽バイエルンを追う2位ライプツィヒ(勝ち点61)は、11位シャルケとのアウェイ戦に臨む。前節は好調フライブルクを4-0と一蹴してリーグ戦4連勝としたライプツィヒは、ベストメンバーで臨める中、木曜日に行われたアヤックス戦を延長戦にもつれ込んだ末にELベスト8敗退に終わったシャルケ相手に5連勝を目指す。前節久々にベンチ入りした内田は引き続きベンチスタート予想となっている。

▽サライとデミルバイのドッペルパックでボルシアMGとの打ち合いを制した3位ホッフェンハイム(勝ち点54)は、金曜日に大迫の7位ケルン(勝ち点40)と敵地で対戦する。ドルトムントが1ポイント差で追走する中、堅守ケルン相手に2試合連続攻撃陣爆発となるか。前節アウグスブルク戦で決定機を逸した大迫だが引き続き先発予想となっており、汚名返上といきたい。

▽ロイスの復帰弾などでフランクフルトに快勝してバイエルン戦の大敗を払拭した4位ドルトムント(勝ち点53は、10位フランクフルト(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。しかし、水曜日に行われたモナコとのCLでは1-3と敗れ、ベスト8敗退に終わった。リーグ戦一本となる中、モナコ戦でもフル出場した香川は引き続き先発予想となっているが、後半戦に入って大失速しているフランクフルトを撃破して3位浮上となるか。

▽その他、マインツ戦で先発しながらも守備に追われたヘルタの原口はヴォルフスブルクとのホーム戦に臨むがベンチスタート予想。ボランチで好パフォーマンスが続いているハンブルガーSVの酒井高はダルムシュタットとのホーム戦を、ケルン戦で先発したもののインパクトを残せなかったアウグスブルクの宇佐美はフランクフルトとのアウェイ戦に臨むが先発予想となっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第30節
▽4/21(金)
《27:30》
ケルン vs ホッフェンハイム

▽4/22(土)
《22:30》
バイエルン vs マインツ
ヘルタ・ベルリン vs ヴォルフスブルク
ハンブルガーSV vs ダルムシュタット
インゴルシュタット vs ブレーメン
フランクフルト vs アウグスブルク
《25:30》
ボルシアMG vs ドルトムント

▽4/23(日)
《22:30》
フライブルク vs レバークーゼン
《24:30》
シャルケ vs ライプツィヒ

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、ビダルの虎の子1点を守りきって長谷部&鎌田ベンチ外のフランクフルトに辛勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、フランクフルトvsバイエルンが9日に行われ、0-1でバイエルンが辛勝した。フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地は共にベンチ外となった。 ▽前節ヘルタ・ベルリンに2-1と競り勝った8位フランクフルト(勝ち点22)は、前節3試合ぶりに先発に復帰した長谷部が欠場となった。 ▽一方、戦列復帰したミュラーの2アシストなどでハノーファーに3-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点32)は、4日前に行われたパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグを3-1と快勝。首位通過こそ逃したものの、前回対戦で大敗したリベンジをしっかりと果たした中、PSG戦のスタメンから6選手を変更。レヴァンドフスキやトリッソ、フンメルスらがベンチスタートとなってミュラーやビダル、ハビ・マルティネスらがスタメンとなった。そして直前にGKウルライヒが負傷したことでベテランGKシュターケがスタメンとなった。 ▽開始6分にレビッチの直接FKでGKシュターケを強襲されたバイエルンだったが、徐々にポゼッションを高めて反撃に出ると、20分に先制する。右CKの流れから右サイドのキミッヒが上げた左足クロスをファーサイドのビダルがヘディングシュートで流し込んだ。 ▽さらに28分、バイエルンはコマンがドリブルでボックス右に侵入し、シュートに持ち込んでフランクフルトを脅かす。前半半ば以降、一進一退の攻防が続いた中、フランクフルトはレビッチの単騎突破に活路を見いだしたが、バイエルンはJ・ボアテングを中心に跳ね返していく。 ▽ハーフタイムにかけては互いにチャンスを生み出し、フランクフルトは40分にセットプレーのサインプレーからヴィレムスが枠内シュートを浴びせれば、バイエルンは44分に左CKの流れからビダルのボレーシュートが枠を捉えたが、GKのセーブに阻まれ、バイエルンの1点リードで前半を終了した。 ▽迎えた後半、バイエルンはフランクフルトにポゼッションを譲って時間を進めていく。凌ぐバイエルンはビダルに代えてトリッソを、リベリに代えてアラバを投入していった。 ▽そんな中72分、ヴォルフがハメス・ロドリゲスに対するスライディングタックルで一発退場と判定される。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードに覆り、フランクフルトは助かった。 ▽しかし、バイエルンが最後までビダルの1点を守り抜いて勝利。首位を堅守している。 2017.12.10 01:37 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンのドイツ代表FWワグナー獲得が決定的に! ホッフェンハイム指揮官が明かす

▽バイエルンが、今冬の移籍市場でホッフェンハイムのドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(30)を獲得することが決定的となっている。ホッフェンハイムを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督が7日、公式会見の場で明かした。ドイツ『シュピーゲル』が伝えている。 ▽絶対的なエースであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが自身のバックアッパー獲得の必要性を訴えるなど、センターフォワードの選手層に問題を抱えるバイエルン。その中で現在バイエルンが強い関心を示しているのが、ホッフェンハイムでエースストライカーを務める巨漢FWワグナーだ。 ▽先月にもバイエルンからの関心を認めていたナーゲルスマン監督は7日、ヨーロッパリーグ(EL)のルドゴレツ戦後の公式会見の場でワグナーのバイエルン行きが間近に迫っていると語った。 「それ(ワグナーのバイエルン移籍について)に関して我々がここであれこれ話し合う必要はないよ。すべてがうまく進めば、あと1、2週間のうちに何かが起こるはずだ」 ▽なお『シュピーゲル』が伝えるところによれば、すでにバイエルンとホッフェンハイムは1200万ユーロ(約16億円)の移籍金で合意に至っているという。さらに、ワグナー自身もレヴァンドフスキのバックアップを務めることに同意しているようだ。 ▽2015年に在籍したダルムシュタットで14ゴールを挙げる活躍を見せてブレイクを果たした遅咲きのワグナーだが、元々ミュンヘン育ちでバイエルンの下部組織から同クラブでプロデビューを飾っている。そのため、ドイツ代表の同僚であるFWトーマス・ミュラー、DFマッツ・フンメルスとはユース時代にも共にプレーした旧知の中であり、適応にも全く問題はない。 ▽今夏、ホッフェンハイムからドイツ代表MFセバスティアン・ルディ、ドイツ代表DFニクラス・ジューレの主力2選手を引き抜いたバイエルンは、今冬に再び同クラブから新たなドイツ代表選手を迎え入れることになる。 2017.12.09 01:44 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第15節プレビュー】長谷部フランクフルトがハメスのバイエルンと対戦

▽前節は首位バイエルンがハノーファーに快勝した一方、2位ライプツィヒがホッフェンハイムに惨敗したことで勝ち点差が6に広がった。そして、未勝利が続いていた最下位ケルンのシュティーガー監督がついに解任されている。迎える第15節は長谷部フランクフルトがバイエルンと対戦する。 ▽フランクフルト(勝ち点22)は前節、ヘルタ・ベルリンに2-1と競り勝って8位と好位置に付ける。中盤アンカーの位置で3試合ぶりに先発に復帰した長谷部も攻守のバランスを取る働きをこなし、勝利に貢献した。バイエルン戦ではワールドカップでも対戦するハメス・ロドリゲスとのマッチアップも予想されるが、守備のタスクを忠実にこなせるかに注目だ。 ▽一方、戦列復帰したミュラーの2アシストなどでハノーファーに3-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点32)は、火曜日に行われたパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグを3-1と快勝。首位通過こそ逃したものの、前回対戦で大敗したリベンジをしっかりと果たした。ハインケス体制となって王者の風格を取り戻したバイエルンとしては年内の3戦を全勝し、首位固めといきたい。 ▽ホッフェンハイムにまさかの惨敗を喫した2位ライプツィヒ(勝ち点26)は、武藤の14位マインツ(勝ち点15)と対戦する。水曜日に行われたCLのベシクタシュ戦を1-2と敗れ、決勝トーナメント進出はならなかった。悪い流れにハマらないためにもここで踏み止まりたいところだが、背中を痛めてここ2試合欠場となっている武藤のマインツ撃破となるか。 ▽香川が途中出場で流れを好転させながらも10人のレバークーゼンに引き分け止まりとなった6位ドルトムント(勝ち点22)は、17位ブレーメンとのホーム戦に臨む。リーグ戦7試合勝利なしと泥沼状態のドルトムントだが、追い打ちをかけるように新たにM・フィリップとカストロが離脱してしまった。香川としてはライバルが不在の内にアピールしておきたいところだが、ここ3試合で2勝と復調している感のあるブレーメン相手に久々の勝利となるか。 ▽前節は苦手アウェイの地でブレーメンに0-1と敗れた13位シュツットガルト(勝ち点17)は、金曜日に9位レバークーゼン(勝ち点21)を6戦で5勝と得意のホームに迎える。前節見せ場を作れなかった浅野はベンチスタート予想となっている。 ▽その他、酒井高がボランチでフル出場し、勝ち点1を積み上げたハンブルガーSV(勝ち点14)は、11位ヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、シュティーガー監督が解任となってフェー監督を招へいした大迫のケルンは、16位フライブルク(勝ち点12)とのホーム戦に臨むが、大迫は出場停止で欠場となる。 ◆ブンデスリーガ第15節 ▽12/8(金) 《28:30》 シュツットガルト vs レバークーゼン ▽12/9(土) 《23:30》 ライプツィヒ vs マインツ ドルトムント vs ブレーメン ハンブルガーSV vs ヴォルフスブルク フランクフルト vs バイエルン 《26:30》 ボルシアMG vs シャルケ ▽12/10(日) 《21:30》 ケルン vs フライブルク 《23:30》 ハノーファー vs ホッフェンハイム 《26:00》 アウグスブルク vs ヘルタ・ベルリン 2017.12.08 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン、ホッフェンハイムFWのバイエルン移籍は「来週か再来週には…」

ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督は、ドイツ代表FWサンドロ・ヴァーグナーの去就は2週間以内に決着すると予想している。<br><br>バイエルンの下部組織出身のヴァーグナーはかねてより古巣への復帰を希望。また、バイエルンもロベルト・レヴァンドフスキのバックアッパーを探しているため、両者の思惑は合致している。<br><br>すでに交渉は開始されていると伝えられており、ナーゲルスマン監督も認める通り。さらに、7日に行われたヨーロッパリーグのルドゴレツ戦後には「それについて嘘をつく必要はない。来週か再来週には起こりうるんじゃないかと予想しているよ」と話した。<br><br>昨シーズン、11ゴールを挙げたヴァーグナーはドイツ代表にも招集。ロシア・ワールドカップへの参戦も予想される遅咲きの大型FWは今シーズン、17試合で6ゴールをマークしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

伝説のGKが語る! デ・ヘアは“世界一のノイアー”に追いつくためにココが足りない

▽プレミアリーグで500試合以上に出場したオーストラリア代表のレジェンドGKマーク・シュウォーツァーが、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアについて語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽最近のシーズンで安定感あるゴールキーピングを続けるデ・ヘアは、先日行われたプレミアリーグ第15節のアーセナル戦で「14」のセーブを見せたこともあり、「世界一のGK」と評されることが多くなっている。 ▽現役時代にミドルズブラやレスター・シティなどに所属し、プレミアリーグで歴代7位となる514試合に出場したシュウォーツァー。オーストラリア代表として100キャップを超す記録を残したレジェンドは、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが現時点で「世界一」との見解を示し、その領域にデ・ヘアが到達するために必要なことを述べた。 「彼は確かに世界最高クラスのGKだ。私はこの12カ月間、それは何度も言ってきた。なぜなら彼は非常に一貫しているからだ」 「総合的には彼はまだ成長の余地がある。彼はボックス内を支配する必要があるだろう」 「世界一という観点から見れば、より前に出てクロスに対応し、守備範囲を広げ、足元の技術を生かせるようになれば、彼はマヌエル・ノイアーに圧力をかけることができるだろう」 「ノイアーはより高い位置でプレーし、ボックス内を支配している。守備範囲が広く、足元の技術は特別なものがある」 2017.12.07 15:58 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース