格下ヒホンに3発快勝のソシエダが5試合ぶりの勝利! EL出場圏内の6位に浮上《リーガエスパニョーラ》2017.04.11 06:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第31節、ソシエダvsスポルティング・ヒホンが10日にアノエタで行われ、ホームのソシエダが3-1で快勝した。

▽4試合未勝利でヨーロッパリーグ(EL)圏外の7位に転落したソシエダと、残留圏内の17位レガネスと5ポイント差の18位に低迷するヒホンが激突した一戦。試合は開始早々に動く。3分、イニゴ・マルティネスの浮き球パスに抜け出したベラがボックス右で折り返すと、これをファーサイドのウィリアン・ジョゼがヘディングシュート。これをGKクエジャールがかき出すが、主審は既にゴールラインを割っていたと判断し、ホームチームのゴールを認めた。

▽幸先良く先制に成功したソシエダは、その後も冷静に試合をコントロール。14分には味方のロングフィードに抜け出したファンミがゴールネットを揺らすが、これはわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。すると、直後の19分にはボックス手前でボールを受けたブルギに簡単にシュートを許すと、DFにディフレクトしたボールがゴール左隅に向かうが、ここは枠の左に外れて事なきを得た。

▽前がかりな相手に対して、効果的にカウンターを仕掛けていくソシエダは、27分に追加点を奪う。シャビ・プリエトの浮き球パスに抜け出したファンミがボックス右から意表を突いたニアポストへのシュートを流し込んだ。この追加点で完全に流れを掴んだホームチームは、3点目こそ逃したものの、盤石の形で試合を折り返した。

▽後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるソシエダは、54分にファンミがボックス内で決定的なシュートを放つなど、押し込む入りとなる。対して2点を追うヒホンは、ビゲラとカルモナの2人のアタッカーを早い時間帯に投入し、ゴールを目指す。

▽後半半ばに入って拮抗した状況が続くが、フィニッシュの質で勝るソシエダが決定的な3点目を奪う。77分、中央を持ち上がったスルトゥサがスルーパスを送ると、オフサイドポジションにいたオヤルサバルを後方から追い越した左サイドバックのユーリがオフサイドをかい潜って豪快にネットを揺らした。

▽その後、試合終盤の87分にオフサイドの取り損ねからエルデルソンにラッキーなゴールを許すも、きっちり逃げ切ったソシエダが、ホームで3-1の快勝。5試合ぶりの白星を掴んだソシエダが、EL出場圏内の6位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

ソシエダ、ニューカッスルからMFミケル・メリノを完全移籍で獲得

▽レアル・ソシエダは12日、ニューカッスルからスペイン人MFミケル・メリノ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽オサスナの下部組織出身のメリノは2014年にトップチームデビュー。その後、2016年にはドルトムントに加入も思うように出場機会を得られず、2017年夏にニューカッスルへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。そして、同年10月には契約時に設定された出場試合数を満たしたことで完全移籍に切り替わっていた。 ▽昨季は同胞の指揮官ラファエル・ベニテス監督の下でリーグ戦24試合に出場し1ゴールを記録するなど、守備的MFの準主力として活躍していた。 2018.07.13 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

モンレアル、オドリオソラ代役探すソシエダに移籍か

▽アーセナルに所属するスペイン代表DFナチョ・モンレアル(32)に母国復帰の可能性が浮上した。 ▽イギリス『ミラー』によれば、今夏にスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(22)をレアル・マドリーに手放したソシエダは、モンレアルの獲得を希望。現時点でアーセナル側に放出の意思はないものの、ソシエダは精力的な動きを見せており、獲得に自信を深めているという。 ▽2013年1月にマラガから加入したモンレアルは、際立つ存在でこそないものの、メインポジションの左サイドバックだけでなく、センターバックとしても重宝な戦力として活躍。2017-18シーズンはプレミアリーグでキャリアハイの5得点を挙げるなど、公式戦38試合6得点2アシストを記録した。 ▽また、2017-18シーズンは、ファン選定のクラブ最優秀選手候補にノミネート。惜しくも受賞とはならなかったものの、トップのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーに次ぐ2位に選出されている。 2018.07.09 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがスペイン代表DFオドリオソラを獲得、推定移籍金は約51億円で6年契約

▽レアル・マドリーは5日、レアル・ソシエダのスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(22)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの6年間で、スペイン『アス』によれば移籍金は契約解除金に設定されていた4000万ユーロ(約51億7000万円)とのことだ。 ▽ソシエダ出身のオドリオソラは昨年1月のマラガ戦でトップチームデビューを果たした。高精度のクロスを武器に豊富な運動量とスピードでピッチサイドを上下する右サイドバックだ。ソシエダでは公式戦57試合に出場して1ゴール9アシストを記録。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで35試合に出場して4アシストと主力として活躍していた。 ▽また、2017年10月にデビューしたスペイン代表ではこれまで3試合に出場。今回のワールドカップに招集された逸材だが、出場機会は訪れなかった。 ▽マドリーの右サイドバックは現在、同胞のDFダニエル・カルバハルがレギュラーを務め、センターバックもこなせるDFナチョ・フェルナンデスが主にバックアッパーを務めている。 2018.07.06 01:59 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、スペイン代表右SBオドリオソラ獲得に近づく

▽レアル・マドリーが、ソシエダのスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(22)の獲得に迫っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ソシエダ出身のオドリオソラは昨年1月のマラガ戦でトップチームデビューを果たした。高精度のクロスを武器に豊富な運動量とスピードでピッチサイドを上下する右サイドバックだ。今回のワールドカップでもスペイン代表に招集された逸材だが、出場機会は訪れなかった。 ▽マドリーは昨年からオドリオソラの動向に目を向けており、現在はすでに交渉の最終段階に入っている模様だ。同選手の契約会場金は4000万ユーロ(約51億7000万円)に設定されており、今回の移籍も同程度の移籍金で決着するとみられている。 ▽マドリーの右サイドバックには現在、同胞のDFダニエル・カルバハルやDFナチョ・フェルナンデスが在籍。スペイン代表でも先発を争った2人の存在は、オドリオソラの移籍にどのようにかかわってくるのだろうか。 2018.07.05 15:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティスがカナレスをフリーで獲得、契約期間は4年

▽ベティスは3日、レアル・ソシエダを退団していたスペイン人MFセルヒオ・カナレス(27)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽2014年1月にバレンシアからソシエダに加入したレフティーのプレーメーカーであるカナレスは、在籍4年半で公式戦160試合に出場して12ゴール23アシストを記録。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラ36試合に出場して4ゴール5アシストと活躍していた。 ▽移籍先のベティスはヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献したスペイン人MFファビアン・ルイスがナポリへ移籍することが決定的となっており、カナレスはその穴を埋める存在として期待される。 2018.07.04 03:38 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース