超ワールドサッカー

格下ヒホンに3発快勝のソシエダが5試合ぶりの勝利! EL出場圏内の6位に浮上《リーガエスパニョーラ》2017.04.11 06:04 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第31節、ソシエダvsスポルティング・ヒホンが10日にアノエタで行われ、ホームのソシエダが3-1で快勝した。▽4試合未勝利でヨーロッパリーグ(EL)圏外の7位に転落したソシエダと、残留圏内の17位レガネスと5ポイント差の18位に低迷するヒホンが激突した一戦。試合は開始早々に動く。3分、イニゴ・マルティネスの浮き球パスに抜け出したベラがボックス右で折り返すと、これをファーサイドのウィリアン・ジョゼがヘディングシュート。これをGKクエジャールがかき出すが、主審は既にゴールラインを割っていたと判断し、ホームチームのゴールを認めた。

▽幸先良く先制に成功したソシエダは、その後も冷静に試合をコントロール。14分には味方のロングフィードに抜け出したファンミがゴールネットを揺らすが、これはわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。すると、直後の19分にはボックス手前でボールを受けたブルギに簡単にシュートを許すと、DFにディフレクトしたボールがゴール左隅に向かうが、ここは枠の左に外れて事なきを得た。

▽前がかりな相手に対して、効果的にカウンターを仕掛けていくソシエダは、27分に追加点を奪う。シャビ・プリエトの浮き球パスに抜け出したファンミがボックス右から意表を突いたニアポストへのシュートを流し込んだ。この追加点で完全に流れを掴んだホームチームは、3点目こそ逃したものの、盤石の形で試合を折り返した。

▽後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるソシエダは、54分にファンミがボックス内で決定的なシュートを放つなど、押し込む入りとなる。対して2点を追うヒホンは、ビゲラとカルモナの2人のアタッカーを早い時間帯に投入し、ゴールを目指す。

▽後半半ばに入って拮抗した状況が続くが、フィニッシュの質で勝るソシエダが決定的な3点目を奪う。77分、中央を持ち上がったスルトゥサがスルーパスを送ると、オフサイドポジションにいたオヤルサバルを後方から追い越した左サイドバックのユーリがオフサイドをかい潜って豪快にネットを揺らした。

▽その後、試合終盤の87分にオフサイドの取り損ねからエルデルソンにラッキーなゴールを許すも、きっちり逃げ切ったソシエダが、ホームで3-1の快勝。5試合ぶりの白星を掴んだソシエダが、EL出場圏内の6位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

ヤヌザイが苦境ユナイテッドにエール! 「返り咲くことは明白」

▽ソシエダに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、古巣マンチェスター・ユナイテッドにエールを送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽ユナイテッド下部組織出身のヤヌザイは、2013年にデイビッド・モイーズ監督の下でプロデビュー。元ウェールズ代表MFのライアン・ギグス氏から背番号11番を継承するなど将来を嘱望された。だが、2014年のファン・ハール監督就任後、2015年夏にドルトムントにローン移籍。復帰後も出場機会に恵まれない日々を過ごし、2016-17シーズンにもサンダーランドにレンタルされた後、2017年夏に完全移籍でソシエダに活躍の場を求めた。 ▽ヤヌザイは、スペインで得ている幸せを強調しつつも、プレミアリーグ第12節終了時点で8位に低迷するユナイテッドにエールを送っている。 「(ユナイテッドは)苦戦しているけど、素晴らしいチームだし素晴らしいファンが居る。今は苦しんでいるけどね」 「彼らがトップに返り咲くことは明白だろう。僕が思うに、試合に勝つための正しい決定をする必要がある。(苦しんでいるのには)様々な理由があって、だから正しい決断が必要なんだ」 「(ユナイテッドを出たことは)問題ない。僕は移籍するべきだった。今スペインで幸せだし、違いを作ることが出来る。マンチェスター・ユナイテッドのためにプレーするクオリティーがあるといつも思っていた。自分は出来ると分かっているんだ」 「彼らは僕にチャンスを与えなかったけど、それも問題じゃない。僕はスペインで満足していて、自分のフットボールを楽しんでいる」 ▽ヤヌザイは、ソシエダでの初年度となった昨シーズンに公式戦35試合4ゴール6アシストを記録。今シーズンは負傷で出遅れたものの、復帰後もレギュラーを守り、公式戦4試合に出場している。 2018.11.14 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

終盤の決定機決め切れず…セビージャはソシエダとゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

▽セビージャは4日、リーガエスパニョーラ第11節でソシエダと対戦し、0-0で引き分けた。 ▽ここまで6勝1分け3敗のセビージャ。 ▽序盤から互角の攻防を見せる。7分にソシエダはファンミがヘディングシュートを放てば、セビージャもその直後にプロメスがボックス左からシュートを狙っていく。 ▽セビージャは22分にフランコ・バスケスがネットを揺らすものの、オフサイドの判定で認められず。37分にはボックスの外からバネガがゴールを狙ったがGKの正面へ。 ▽後半立ち上がり、セビージャはヘスス・ナバスのクロスをムリエルがヘディングシュート。55分には相手のCKをキャッチしたGKバシリクがすぐさま前線へフィードし、ヘスス・ナバスがボックス右からシュートを放っていったがサイドネットを叩いた。 ▽一方、ソシエダは67分に右サイドバックのエルストンドのクロスをウィリアン・ジョゼが頭で合わせるがGKの正面。未だにゴールは生まれない。 ▽互いに状況を打破しようと交代選手を送り込む。74分に、ソシエダは交代で入ったサンドロ・ラミレスがスルーパスで一気にゴール前に抜け出したが、身体をぶつけられシュートすることが出来なかった。 ▽チャンスが続くソシエダは79分にヤヌザイがアマドゥに倒されFKを獲得。ボックス手前左の絶好の位置だったが、サンドロ・ラミレスのシュートはクロスバーの上へ。 ▽セビージャは88分にこの試合最大のビッグチャンスが訪れる。自陣からカウンターを発動したセビージャは相手と4-2の場面に。しかし、最後はボックス左のロケ・メサが大きく枠を外してしまう。 ▽その直後にソシエダに再び先ほどと同じ位置でFKのチャンス。しかしこれは相手に当たって枠に飛ばず。試合はそのまま終了。0-0の引き分けに終わった。 2018.11.05 04:35 Mon
twitterfacebook
thumb

闘将ゴディン&F・ルイス弾でアトレティコがソシエダ撃破! CLドルト戦の大敗を払拭《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第10節、アトレティコ・マドリーvsレアル・ソシエダが27日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。 ▽前節のビジャレアル戦で勝ち切れなかったものの公式戦8戦無敗(5勝3分け)と本来の調子を取り戻していた5位のアトレティコだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でドルトムント相手にまさかの0-4の大敗。攻撃陣の不振に加え、チームの拠り所である堅守が崩壊し、今後に向けて大きな不安を残す敗戦となった。その敗戦からバウンスバックが求められるシメオネ監督率いるチームは9位のレアル・ソシエダとのホームゲームに臨んだ。 ▽ドルトムント戦からは先発4人を変更。出場停止のフアンフラン、ケガのホセ・ヒメネスに代わってサビッチとリーガ初先発のアリアス、さらにトーマスとレマルに代わってコレアとロドリゴ・エルナンデスが起用された。一方、ソシエダでは体調不良のオヤルサバルがベンチ外、古巣&兄弟対決が期待されたテオ・エルナンデスがベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりからサイドを起点に攻め手をうかがうアトレティコだが、中央を締めるソシエダの守備をなかなかこじ開けることができない。25分には右サイド深くでコレアが入れたマイナスのクロスをゴール前のグリーズマンがトラップし損なうも、浮いたボールを見事なバイシクルシュート。だが、これはクロスバーの上を越える。 ▽一方、割り切ってアトレティコにボールを持たせながらカウンターからチャンスをうかがうソシエダはボックス内の攻略に手を焼くものの、パルドやスベルディアらが際どいミドルシュートで応戦していく。 ▽グリーズマンのバイシクルシュート以降、なかなかフィニッシュまで持ち込めないアトレティコだったが、前半終了間際に頼れる闘将がゴールをこじ開ける。45分、セットプレーの流れからボックス右のコレアが球際で粘ってグラウンダーの折り返しを入れる。これがDFに当たってゴール前にこぼれたところをゴディンが体勢を崩しながらも右足でニアサイドに流し込んだ。 ▽迎えた後半、負傷したリュカに代わってフィリペ・ルイスを投入したアトレティコはこのアクシデントが逆に幸いする。61分、ボックス左でサウールからパスを受けたフィリペ・ルイスがカットインから利き足とは逆の右足を振り抜くと、このシュートがゴール右上隅を射抜き伏兵の2試合連続のゴールで貴重な追加点を手にした。 ▽この2点目で試合を優位に進めるアトレティコは前がかりなソシエダ相手に得意のカウンターが発動する。67分、ハーフウェイライン付近でグリーズマンからパスを受けたジエゴ・コスタがそのままドリブルで中央突破。ボックス手前で相手DFを巧みな切り返しで振り切り、左足を振り抜く。だが、このシュートはややコースが甘く古巣対戦のGKモジャに阻まれた。 ▽その後はクリーンシートを意識した試合運びを見せながらも要所で鋭いカウンターを仕掛けるホームチームは、グリーズマンやゴディンらに幾度か決定的なシーンが訪れたものの3点目を奪うまでには至らず。それでも、最後まで集中力を切らさない守備でソシエダにほとんど決定機を与えないまま試合をクローズ。ホームで2-0の快勝を収めたアトレティコが公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。 2018.10.28 05:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、FWウィリアン・ジョゼと2024年まで契約延長!今夏にはチェルシーら複数クラブが興味

▽レアル・ソシエダは1日、FWウィリアン・ジョゼ(26)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約からは2年間延長した格好となる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽ウルグアイ2部のデポルティボ・マルドナドからレアル・マドリーやサラゴサ、ラス・パルマスへレンタル移籍していたウィリアン・ジョゼは、189cmの本格派ストライカー。2016年に完全移籍で加入したソシエダでは2シーズンに渡ってセンターフォワードのレギュラーとして活躍し、今季もここまでリーグ戦5試合に出場し3ゴールを記録している。 ▽なお、ウィリアン・ジョゼには今夏の移籍市場でチェルシーやニューカッスル、フルアムらが獲得に興味を示していたが、選手当人がスペイン残留を望んでおり、それらのオファーを拒否していた。 2018.10.02 01:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ガメイロの移籍後初弾でバレンシアが今季リーガ初勝利! ソシエダはW・ジョゼ痛恨PK失敗…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第7節のレアル・ソシエダvsバレンシアが29日にアノエタで行われ、1-0でバレンシアが勝利した。 ▽開幕からリーガ6試合2勝2分け2敗と波に乗り切れていないソシエダは、2-2で引き分けた前節のラージョ・バジェカーノ戦からスタメンを5名変更。GKルジ、モレーノ、ルバン・パルド、サンガリ、バウティスタに代えて、GKモジャ、ラウール・ナバス、イジャラメンディ、スルトゥサ、ウィリアン・ジョゼを起用した。 ▽対して、リーガ6試合5分け1敗で唯一の未勝利チームとなってしまったバレンシアは、1-1で引き分けた前節のセルタ戦からスタメンを大幅に8名変更。最後尾にGKネト、最終ラインにラト、ガブリエウ、ヴェゾ、ラト、中盤にソレール、コンドグビア、パレホ、チェリシェフ、前線にガメイロ、バチュアイを起用した。 ▽試合の序盤はホームのソシエダが支配しつつ進行。バレンシアはコンドグビアが頻繁にボールに触れつつソレールの仕掛けから切り崩しを試みるが、ソシエダに混乱をもたらすことはできない。 ▽前半も半ばを過ぎた27分、大きなサイドチェンジを繰り返して相手を揺さぶるバレンシアが徐々に盛り返してくると、ボックス手前中央でボールを受けたバチュアイが素早く反転してボックス内にラストパスを供給。反応したガメイロがネットを揺らした。しかし、これのプレーにはオフサイドフラッグが上がっており、待望の先制弾とはならない。 ▽さらに32分にも、ソシエダ陣内左でボールを持ったバチュアイが、ボックス内に矢のようなスルーパスを通す。しかし、飛び出したガメイロのトラップが乱れクリアされた。 ▽36分、ここまで2度のチャンスをふいにしたガメイロが3度目の正直で得点を奪い切る。左サイドで飛び込んだチェリシェフがグラウンダーのクロスを最終ラインとGKモジャの間の絶妙な位置に通すと、バレンシアの選手が一斉に飛び込む。ファーで反応していたガメイロが押し込み、自身の移籍後初弾とした。 ▽結局、ソシエダは序盤以降ペースを掴むことができず、0-1のビハインドで試合を折り返すことに。ハーフタイム中にDFサルドゥアに代えてFWサンドロ・ラミレスを投入し、攻撃の枚数を増やして後半に臨んだ。 ▽すると、ソシエダはサイドを起点とした攻撃で息を吹き返していくが、決め手を欠く展開が続き前半と同じように徐々にバレンシアの攻撃する時間が増加。バレンシアは、畳みかけるように61分にチェリシェフに代えてゲデスを送り出した。 ▽しかし、バレンシアは66分に痛恨のミスを犯す。ボックス手前でボールを持った途中出場のルベン・パルドがボックス手前からドリブルでバレンシアDFを抜き去り、ボックス内でシュートモーションに入ったところ、ボール奪取を試みたDFエルストンドに倒されてPKの笛。それでも、キッカーのウィリアン・ジョゼが蹴ったシュートをGKネトがファインセーブで阻み、ゴールを死守した。 ▽千載一遇のチャンスを逃したソシエダは、その後も得点をものにすることができない。試合終了間際の87分には、FKの流れからボックス手前中央でボールを持ったルベン・パルドがミドルシュートを放ったが、枠を捉えず。 ▽結局、ソシエダは0-1のビハインドを背負ったまま試合終了の笛を聞くことに。この結果、2戦勝ちなし。対するバレンシアは、今シーズンのリーガ初白星を7試合目で手にした。 2018.09.29 22:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース