セルヒオ・ラモス、舌戦を繰り広げるピケとの代表活動は問題なし!?「今は彼を抱きしめるよ」2017.03.21 09:24 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ライバルであるバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケとの仲について口を開いた。スペイン『マルカ』が報じてる。

▽マドリーとバルセロナのディフェンスリーダーとして活躍する両選手。ライバル関係にあるチームだけに、お互いに数々の舌戦を繰り広げてきた。

▽最近では2月26日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のビジャレアル戦でマドリーが微妙な場面ながらもPKを獲得したことに対してピケがツイッターで「(誤審から)8ポイントの勝ち点差が生まれた」と、マドリーに有利な判定だったとコメントした。

▽これを受けてセルヒオ・ラモスはメディアを通して「ピケのツイートはいつものこと」とコメント。さらに直後に行われたラス・パルマス戦後には「レフェニーについて話すことはない。ツイートもしない」とピケを意識したようなコメントを残している。

▽そんな中で両選手は、ロシア・ワールドカップ欧州予選のイスラエル戦に向けたスペイン代表に招集された。代表チームではコンビを組むだけに、その動向に注目が集まっている。しかしセルヒオ・ラモスは、代表チームでの関係は問題ないことを強調した。

「ピケと僕はお互いに意思を投げつけ合っている。でもここで彼と会うときは抱きしめるつもりさ。そもそもマドリーとバルサはライバル関係にあり、それはもう病気のようなものなんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

「メッシは最高の選手」レアルファンのリーガ会長もクラシコの決勝点に脱帽

リーガエスパニョーラのハビエル・テバス会長が、現地時間23日に行われたレアル・マドリー対バルセロナのクラシコについて言及した。同会長はレアルのファンとして知られるが、決勝ゴールを決めたリオネル・メッシについて手放しで称賛している。ラジオ局『COPE』の取材で明かした。<br><br>「マドリーのファンとしてちょっと不満に思う結末だった。ただし、(優勝争いが激しくなったことで)ラ・リーガにとっては良いことだと思っている。あのフィニッシュを見ると、メッシはいつもながら最高の選手だと言わざるを得ないね」<br><br>また、テバス会長はセルヒオ・ラモスとジェラール・ピケがSNSやピッチ上で、激しい舌戦を繰り広げていることについて「S・ラモスとピケの争いは、あくまでサッカー界にありがちな戦いの一つに過ぎないよ。彼らには多くのプレッシャーがあり、それを互いにぶつけ合う場面があるだけのこと。実際、スペイン代表に行ったら彼らはケンカで揉めている、なんてことはないだろう? ただ、あの二人のやり取りは単純に面白いと思うよ。ピケは楽しく、S・ラモスは激しく感情的に意見を述べるからね」と、理解を示した。<br><br>クラシコではバルセロナが3-2の勝利を収めたことにより、首位バルセロナと2位レアルは勝ち点75で並んでいる。レアルは暫定2位ながら、リーグ戦の試合消化数が1試合少ない状況で、最終節までラ・リーガは激しいタイトル争いが展開されることになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

クラシコでL・スアレスとやり合ったカルバハル「ほら、CLは家で見るんだな」

23日のリーガエスパニョーラ第33節レアル・マドリーvsバルセロナ(2&minus;3)の試合中、DFダニエル・カルバハルとFWルイス・スアレスが火花を散らしていた。スペイン『モビスタール・プルス』の番組&ldquo;ディア・デスプエス&rdquo;のテレビカメラが、その様子をおさえていた。<br><br>接触プレーをきっかけに一触即発となり、エルナンデス・エルナンデス主審が仲裁に入るなど、険悪な雰囲気にあったカルバハルとL・スアレス。そして77分にDFセルヒオ・ラモスが退場となった際、カルバハルはL・スアレスに近寄って、次のように言葉を浴びせている。<br><br>「準々決勝、結局3&minus;0だったな。ほら、コパ・デル・レイに備えて家で休んでいろよ。準々決勝は3&minus;0だ。チャンピオンズは家で見るんだな」<br><br>この3&minus;0はもちろん、バルセロナが敗退したチャンピオンズリーグ準々決勝ユヴェントス戦のスコアである。L・スアレスはこの言葉に怒り心頭の様子だったが、MFイヴァン・ラキティッチが間に入ったために事なきを得ている。<br><br>なおこのクラシコの結果、バルセロナはレアル・マドリー(1試合未消化)と勝ち点75で並び、得失点差で暫定首位に浮上。この試合で敗戦すれば、優勝の可能性が残されるのは決勝まで進出したコパ・デル・レイだけになるとも言われていたが、リーガとの二冠の可能性をしっかりと残している。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

カペッロ「メッシを傷つけようとしている」レアル・マドリーのメッシ対策を批判

現地時間23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsバルセロナは、2-3でアウェイのバルセロナが勝利。後半アディショナルタイムにリオネル・メッシが劇的な決勝ゴールを決めるという、幕切れとなった。<br><br>この試合で現地メディア『FOXスポーツイタリア』で解説をしていた、元レアル・マドリーの監督であるファビオ・カペッロが、かつての教え子であるセルヒオ・ラモスの退場、そして相手のエースであるメッシを止めるための古巣の手法が荒っぽいと苦言を呈した。<br><br>「(サンティアゴ)ベルナベウでのクラシコでは、いつもマドリーの選手たちがメッシを傷つけようとしている。退場が妥当だと思えるシーンが目立つんだ」<br><br>カペッロはS・ラモスの退場処分を受けた際には「あの危険なチャレンジを見てくれよ。犯罪をやっているようなもの! 明確なファウルであり、退場は正しいジャッジだ」と語り、S・ラモスの激しいタックルに批判の姿勢を見せた。S・ラモスは伝統の一戦&ldquo;クラシコ&rdquo;における通算5度目の退場処分を受けている。<br><br>カゼミロが試合序盤から何度もメッシをハードマークで倒し、マルセロはひじでメッシを流血させるなど、退場処分を受けたS・ラモスも含めてレアル・マドリーの選手たちはメッシを封じるために荒いプレーを展開した。カペッロにとってレアル・マドリーの選手たちが披露した&ldquo;メッシ対策&rdquo;はやりすぎだったと見ているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.25 05:56 Tue
twitterfacebook
thumb

SNSで古巣のクラシコ勝利を祝ったバルトラに脅迫メッセージ…「お前の顔の前で爆弾が爆発することを願う」

▽23日に行われた“エル・クラシコ”で古巣バルセロナの勝利を祝ったドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラが、『ツイッター』上で脅迫メッセージを受け取っていたことがわかった。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsバルセロナの“エル・クラシコ”は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがラストプレーで劇的なゴールを記録し、アウェイのバルセロナが3-2の劇的勝利を手にした。 ▽この試合を自宅でテレビ観戦していたバルトラは、かつてのチームメートたちが見せた劇的勝利に興奮し、自身の『ツイッター』に「D10S(スペイン語で神という意味のDiosとメッシの背番号10をもじった造語)」というメッセージを投稿した。 ▽すると、バルトラのこの投稿に対して、恐らく敗戦したレアル・マドリーファンと思われる人物がスペイン語で、「お前の顔の前で爆弾が爆発したらいいな」とコメント。さらに、別の人物は「お前の人生が終わらなかったことは残念だ」と、共に先日に起きたドルトムントのチームバス爆破事故を揶揄する脅迫メッセージとも取れる不適切なコメントを送っていたようだ。 ▽バルトラは、この爆破事故で腕を骨折する全治4週間の重傷を負い、精神的なショックも懸念されている。その中でのあまりに心無いメッセージに多くのサッカーファンが憤りを覚えている。 2017.04.24 23:48 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがメッシ決勝弾後に叫んだ言葉「ファウルしろよ、ちくしょうめ」

23日のリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバルセロナ戦を2-3で落とした。92分にFWリオネル・メッシの決勝弾を許して敗戦した格好だが、FWクリスティアーノ・ロナウドは、そのプレーを何としてでも防ぐべきだったと考えていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>DFセルヒオ・ラモス退場で数的不利となりながらも、MFハメス・ロドリゲスのゴールで2-2に追い付いたレアル・マドリー。だが92分にDFセルジ・ロベルトの独走から、MFアンドレ・ゴメス、DFジョルディ・アルバとボールをつながれ、最後はメッシにネットを揺らされた。<br><br>このゴールの瞬間、C・ロナウドは次のように叫んだという。<br><br>「ファウルしろよ、ちくしょうめ」<br><br>C・ロナウドは、バルセロナが仕掛けた速攻を何としてでも止めるべきと考え、その苛立ちを口にしたようだ。なおその速攻の場面で、ポルトガル代表FWが言うようにプレーを切れる可能性があったDFマルセロは試合後、「自分の責任を受け入れる。ファウルをしなければいけなかった」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 20:36 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース