ネイマール、プレミアでのプレーに前向き? 「ペップやモウリーニョ率いるチームは誰もがプレーしたい」2017.03.21 06:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)は、将来的にプレミアリーグでのプレーを希望しているようだ。同選手がイギリス『サン』のインタビューで語った。

▽今シーズンのバルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスに勝るとも劣らない輝きを披露しているネイマール。その世界的メガクラックには、先月に2億ユーロ(約240億円)の契約解除金を満額支払う準備を進めていると報じられたマンチェスター・ユナイテッドなど、プレミアリーグのビッグクラブが獲得に関心を示している。

▽そして、今後の去就に注目が集まるネイマールは、プレミアリーグでのプレーに関心があることを素直に認めている。

「プレミアリーグは、僕を驚かせるリーグだ。それに、プレースタイルや所属しているチームも気に入っているんだ。そして、ハッキリしたことはわからないけど、そこでプレーしたいという気持ちはあるよ」

「個人的にマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リバプールといったクラブに敬意を抱いているよ。彼らは常に覇権を争ってきた」

「そして、プレミアリーグにはモウリーニョやグアルディオラといった優れた多くの監督がいる。彼らはどんなプレーヤーもその下でプレーしたいと思わせる監督たちだよ」

「同様にプレミアリーグにおいては、どのチームが勝つか、どこがチャンピオンになるか、決して想像できない。それは常にサプライズを提供してくれる。レスターはその最も良い見本だね」

「彼らは昨年素晴らしいシーズンを過ごしたし、プレミアリーグのチャンピオンだった。だから、仮に僕らがチャンピオンズリーグで対戦することになれば、敬意を表す必要があると思っているよ」

▽現在、バルセロナと2021年までの契約を結んでいるネイマールだが、今後数年以内にプレミアリーグでプレーする可能性も十分にありそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル&バルセロナ、来冬のブリント獲りへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するオランダ代表DFダレイ・ブリント(27)を巡り、インテルとバルセロナが火花を散らしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、ブリントはユナイテッドとの契約が今シーズン限りで満了を迎える。そのため、来夏まで待てばフリーで獲得ができるインテルとバルセロナだが、両クラブ共に守備陣の補強を急いでいることから、来冬の獲得を目指しているという。 ▽ブリントは2014年夏、オランダ代表で師事を仰いだルイス・ファン・ハール前監督を追う形でユナイテッドに加入。左サイドバックだけでなく、センターバック、ボランチをこなせるユーティリティプレーヤーとして存在感を高め、重宝された。 ▽だが、ファン・ハール前監督が退任した2016-17シーズン以降は、出場機会が減少。ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼は薄く、今シーズンのここまでプレミアリーグ4試合の出場にとどまっている。 2017.12.17 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

イニエスタ斬る 「ネイマールがレアル・マドリーに移籍したら? 心配してない」

▽バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが元チームメートのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールに言及した。 ▽ネイマールは今夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでバルセロナからPSGに移籍した。だが、早くも移籍報道が取り沙汰され、新天地としてバルセロナの宿敵レアル・マドリーの名前が浮上している。 ▽イニエスタはスペイン『ムンド・デポルティボ』で元同僚を取り巻くレアル・マドリー行きについて次のように答えたという。 「フットボール界で何が起ころうとも、僕は動じない」 「何度も起こりそうもないようなことを見てきた」 「ネイマールがマドリーに加わったら? ライバルが強くなるのは悩ましいけど、そこまで心配してない」 2017.12.16 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「C・ロナウドやメッシよりも…」マラドーナは自分のほうが多くのバロンドールを獲得できたと主張

アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が、規定が現在のものに変更されていたらクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシよりも、自身のほうが多くバロンドールを獲得できたはずだと語っている。<br><br>1986年にワールドカップを制したマラドーナ氏だが、バロンドールは1995年まで欧州出身選手のみを対象としており、アルゼンチン代表のスター選手は一度も受賞できないまま現役を退いた。2017年のバロンドールに輝いたレアル・マドリーのC・ロナウドは、バルセロナのメッシに次いで史上2人目となる通算5度目のバロンドール受賞を果たしたが、マラドーナ氏は両選手よりもさらに多く同賞を獲得できたと考えているようだ。<br><br>バロンドールについて問われたマラドーナ氏は「バロンドール? C・ロナウドとメッシばかりが獲得しているから飽き飽きしている」と過去10年間2選手が独占していることに&ldquo;退屈なトロフィー&rdquo;と表現。さらに、誰が受賞に値するかと問われ「たぶん(エディンソン・)カバーニ、(キリアン・)ムバッペ、(ズラタン・)イブラヒモビッチだと思うが、私には分からない。まだまだ有力候補はたくさんいると思う」と語った。<br><br>続けて、以前のレギュレーションによりバロンドールを獲得できなかったマラドーナ氏は「規則が早く変更していれば、C・ロナウドやメッシよりも私のほうがさらに多く獲得できただろう」と自身の現役時代が両選手よりも優れていたと強調。<br><br>さらに、受賞後にC・ロナウドが発言した「僕が史上最高の選手だ」という発言にも元アルゼンチン代表FWは噛みつき「C・ロナウドが自分のことを&ldquo;最高の選手&rdquo;だと言っていたが、とてもナンセンスな話だね。私にとって最高の選手とは、アルフレッド・ディ・ステファノ、(ヨハン)クライフ、メッシだ。だが、C・ロナウドにもその域に達するチャンスはあるかもね」と話している。<br><br>提供:goal.com 2017.12.16 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「メッシには本当に苦労した」シャビ・アロンソ、“エル・クラシコ”を回想

▽元スペイン代表MFのシャビ・アロンソ氏が、レアル・マドリー時代に戦ったバルセロナとのエル・クラシコを振り返った。スペイン『Ecos del Balon』でのインタビューを引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽シャビ・アロンソ氏は現役時代、リバプールやマドリー、バイエルンなどでプレー。2016-17シーズン限りで現役を引退するまでに2度のチャンピオンズリーグ制覇、1度のリーガ・エスパニョーラ優勝、ブンデスリーガ3連覇を果たした。また、スペイン代表としても114試合16ゴールをマーク。2008年、2012年のユーロ、2010年の南アフリカワールドカップを制していた。 ▽そんなシャビ・アロンソは、マドリー時代に経験したバルセロナとの伝統の一戦“エル・クラシコ”を回想。当時からすでにトッププレーヤーとして君臨していたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを中心としたジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるサッカーに手を焼いていたことを明かした。 「メッシには本当に苦労したし、僕に多くのダメージを与えた。僕らの頭をいつも悩ませて、(ジョゼ・)モウリーニョやセルヒオ・ラモスとたくさん話していたよ。メッシの後ろにはシャビ(・エルナンデス)がいて、僕がボールを奪いに来させるように誘い出すんだ。でも、それで僕がいくと、僕とセルヒオ・ラモスの間のスペースを突かれて崩されてしまうんだ」 「僕がメッシのマークに付き、ラモスがそれをカバー。僕がメッシから離れずにラモスも前に出ないことが最善の策だったんだ。とにかくメッシを抑えることが最優先。そこでメッシを抑えることができたとき、初めてバルサと互角に戦うことができたんだ」 「当時の僕らは、バルセロナと競争できるレベルではなかった。0-5で敗れた試合が僕らを大きく変えたんだ」 2017.12.16 09:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第16節プレビュー】乾エイバルvsバレンシア! バスク・ダービーも開催

▽先週末に行われた第15節では、それぞれ難敵相手に勝ち切った首位バルセロナ、2位バレンシア、3位、4位のマドリッド勢が揃って勝ち点3を積み上げて上位戦線に変化はなし。また、ヘタフェMF柴崎岳とエイバルMF乾貴士によるリーガ史上初の日本人対決は、共に出場を果たしたもののすれ違いとなり、ピッチ上の競演は果たされなかった。 ▽昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーが、UAEで開催されるFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)に参戦し、レガネスとの試合が延期されるため9試合の開催となる第16節。今節最大の注目カードは、13位のエイバル(勝ち点18)と2位のバレンシア(勝ち点34)が激突する一戦だ。 ▽前節、ヘタフェとの渋い内容の一戦をMFホルダンのPK失敗の影響もあってゴールレスドローで終えたエイバルは、リーグ戦の連勝が「3」でストップ。それでも、攻守両面で好調を継続しており、チームは自信を持ってバレンシアとのホームゲームに臨めるはずだ。一方、やや幸運なPKの判定もあってセルタとの接戦を2-1で制したバレンシアは、今回の一戦で連勝を目指す。共に[4-4-2]の布陣を採用し、素早いトランジションフットボールを展開する中、より個の能力に優れているバレンシアとしては局面でのマッチアップをきっちり制すことが勝利のカギだ。逆に、エイバルの乾としてはMFソレール、DFモントーヤという、相手右サイドのユニットに対して、果敢な仕掛けで圧倒したい。 ▽また、前節難敵ビジャレアルとの上位対決をFWルイス・スアレス、FWメッシの2トップの活躍で勝利し3試合ぶりの白星を手にした首位のバルセロナ(勝ち点39)は、次節に4位のレアル・マドリー(勝ち点31)との今季最初の“エル・クラシコ”を控える中で17位のデポルティボ(勝ち点15)とのホームゲームに臨む。実力差を考えれば、比較的簡単な試合になると思われるが、累積警告4枚で出場停止にリーチが懸かるMFブスケッツやコンディションに不安を抱える一部主力の温存が予想される。したがって、控え主体のメンバー構成の中、専守防衛のデポルティボに対して、できるだけ早いうちに試合を決める形が望ましい。 ▽そのバルセロナを勝ち点6差で追走する3位のアトレティコ(勝ち点33)は、格下ベティス相手にボールを保持される微妙な内容もMFサウールのゴールを守り切ってリーガ3連勝を達成。4連勝を目指す今節はアベラルド新体制で連勝中の18位アラベス(勝ち点12)をホームで迎え撃つ。アトレティコにとってはさほど難しい試合ではないものの、対戦相手のアラベスでは直近の公式戦3試合でそれぞれ4ゴール、3ゴールを記録しているFWイバイ・ゴメスとFWムニルが好調を継続しており、この2人のアタッカーをきっちり封じれるかが、勝敗のカギを握る。 ▽その他の試合では、前節柴崎が戦列復帰した7位のヘタフェ(勝ち点20)と、9位のジローナ(勝ち点20)による好調な昇格組対決、14位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点17)と10位のレアル・ソシエダ(勝ち点19)によるバスク・ダービー、前節レアル・マドリーに屈辱的な0-5の惨敗を喫した5位のセビージャ(勝ち点28)が、15位のレバンテ(勝ち点16)をホームに迎える一戦に注目したい。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第16節》 ▽12/15(金) 《29:00》 セビージャ vs レバンテ ▽12/16(土) 《24:15》 ビルバオ vs レアル・ソシエダ 《26:30》 エイバル vs バレンシア 《28:45》 アトレティコ・マドリー vs アラベス ▽12/17(日) 《20:00》 ジローナ vs ヘタフェ 《24:15》 セルタ vs ビジャレアル 《26:30》 ラス・パルマス vs エスパニョール 《28:45》 バルセロナ vs デポルティボ ▽12/18(月) 《29:00》 マラガ vs ベティス ▽未定 レガネス vs レアル・マドリー</div> 2017.12.15 18:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース