超ワールドサッカー

チャイナミランは実現せず? 期限内の1億ユーロの保証金支払われずにこのまま破談か…2017.03.21 05:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国の企業グループ、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』によるミランの買収は、このまま破談に終わる可能性が高いのかもしれない。イタリア『メディアセット・プレミアム』が報じている。

▽ここ数年、幾度となくクラブ売却の噂が挙がっていたミランは、昨年8月に『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』と、株式の99.93パーセントを5億2000万ユーロ(約620億円)で売却することで合意に至っていた。

▽だが、昨年12月にクラブ売却が完了予定だった中、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は中国国外への資金の持ち出す際に、中国当局の許可が必要になるとの理由で手続きが間に合わず、クラブ買収の延期を決断。その後、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は1億ユーロ(約120億円)の保証金を支払うことで、3月初めまでに売却期限の延期を行っていたが、先日の交渉で買収に必要な残りの4億2000万ユーロ(約500億円)を支払うことができなかった。

▽そのため、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は今月10日に再び1億ユーロの保証金を支払うことで、さらに期限を1カ月間延長する提案を行い、ミランの親会社にあたる『フィニンヴェスト』と合意に達していた。

▽だが、『メディアセット・プレミアム』の伝えるところによれば、20日に振り込まれる予定だった1億ユーロが、同日夜の時点でも確認されていないという。また、ミランは、一部で資金が尽きたとも噂される『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』から今週中に1億ユーロが送金されなければ、クラブ買収交渉を中止にする考えを持っているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、スソに好オファー届けば売却にゴーサイン?

▽ミランは、スペイン人MFスソ(23)の売却を考慮しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽スソは、ジェノアからレンタル復帰した今シーズンの公式戦で37試合7ゴール11アシストをマーク。日本代表FW本田圭佑をベンチに追いやる活躍を見せた。 ▽しかし、ミランに現行契約が残り2年のスソとの契約延長に向けた動きがない様子。伝えられるところによれば、スソに対して重要なオファーが届けば、ミランはそれを検討する意向だという。 ▽なお、そのスソに対しては現在、ローマ、ナポリのイタリア勢のほか、トッテナムが関心を示しているとみられている。 2017.06.24 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン関心のフォルスベリ、5年契約残すも移籍を直訴?代理人はライプツィヒを非難

RBライプツィヒに所属するスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリは、同クラブからの移籍を望んでいるようだ。代理人のハサン・セティンカヤ氏は「彼は次のステップに進みたがっている」とし、所属クラブの幹部による対応を非難した。<br><br>主に2列目の左サイドでプレーするフォルスベリは今シーズン、初のブンデスリーガ1部シーズンを2位で終えたライプツィヒで活躍。同チームの攻撃陣において欠かせない存在となっている。シーズン中にもリヴァプールやアーセナル、バイエルン・ミュンヘンが興味を抱いていると報じられていた。そして、数カ月前にクラブは2022年までの新契約と交わしたことで、同選手の退団を回避できたように見えた。<br><br>だがシーズンオフに入ると、ミランからの関心が報じられ、それに対してフォルスベリも「彼らは王座を奪い返すための興味深いプロジェクトを進めている」と話し、ミラノは「ファンタスティックな街」と移籍を視野に入れていることを示唆。さらに代理人のセティンカヤ氏もスウェーデンメディアで「彼はステップアップするべき」と発言し、ライプツィヒからの退団を画策している様子をうかがわせた。<br><br>対するライプツィヒのオリバー・ミンツラフGM(ゼネラルマネジャー)は、FIFAがレッドブル社のライプツィヒとレッドブル・ザルツブルクとの運営への関わりについて問題視せず両クラブの来季のチャンピオンズリーグ出場を可能とするとの発表に伴い、フォルスベリの移籍を拒否する姿勢を強調。「代理人はエミルが我々と何年間に渡った契約を結んだのか忘れたのなら、彼に早速その謄本を送るよ」と皮肉っていたところだ。<br><br>だが、この発言をフォルスベリ側は挑発と捉えたよう。代理人は『ビルト』で「あれほどの傲慢な態度は経験したことがないね。私はエミルがライプツィヒで契約をあと何年残しているのか知っている。彼がクラブをどれほど助けてきたのかもね。確実なのはエミルは自身のキャリア上、次のステップに進みたがっていることだ」とコメント。またライプツィヒは先日、ガラタサライからU-21ポルトガル代表の左ウィンガ-、ブルマを獲得。セティンカヤ氏は「以前の監督が彼に関して何一つポジティブなことを話していない。彼を獲得したことに関してはとても疑問に思っている」とクラブの補強方針に疑問を投げかけた。<br><br>フォルスベリ本人は来月11日にライプツィヒでのプレシーズンに合流する予定となっている。『ビルト』によると、同選手はまず最初に&ldquo;関係が冷え切った&rdquo;クラブのラルフ・ラングニックSD(スポーツディレクター)とのミーティングを求めるという。ラングニックSDには、移籍志願の主力選手を残すのか、それともその退団を許し、他選手も移籍を求めるリスクを冒すのか、といった難しい決断が待っている。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

モンテッラ監督自ら18歳GKの慰留に尽力…ドンナルンマ実家を訪問し父親を説得

ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が21日、GKジャンルイジ・ドンナルンマの父親と面会し、ミラン残留を求めた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が22日、伝えている。<br><br>18歳GKとの契約延長交渉が決裂に終わったものの、マルコ・ファッソーネCEOは「(代理人のミーノ)ライオラは常にブレーキをかけていたが、選手はミランに残りたいとこちらに伝えていた。それも我々の目をしっかり見据えて話していたので、絶対に真実を述べている目だった。最終的に代理人の意見に押されてしまったが、ジージョ(ドンナルンマ)が心の奥ではこの決断に納得していないと私は確信している」と述べるなど、ミランは交渉再開に向けて希望を捨てていない。また1度は進めていたドンナルンマの後釜候補探しを中断している。<br><br>ミランの至宝の流出阻止へ向けて、ミランの指揮官が自ら、悪化した関係の修復に乗り出した。モンテッラはイタリア南部にあるドンナルンマの故郷、カステッランマーレを訪れ、父親のアルフォンソ・ドンナルンマ氏と面会した。面会は和やかな雰囲気で行われ、モンテッラはドンナルンマの家族に対し自身のサポートを約束している。<br><br>また4月まで31年間、オーナーとしてミランを率いてきたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏は、「私がまだ会長だったら、慰留のために全力を尽くしただろう。だが彼には自身や家族のために1億ユーロ(約120億円)を稼ぐチャンスがあるんだ。誰が彼と同じ選択をしないと言えるか? 」と述べ、慰留に自信を見せたものの、破格のオファーを優先することへの理解も示している。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「レアル・マドリーに“ノー”とは言えない」元伊代表FWがドンナルンマの状況を分析

元イタリア代表FWで、レアル・マドリー在籍経験もあるアントニオ・カッサーノは、ジャンルイジ・ドンナルンマについてビッグクラブからの興味を拒否することは難しいとしている。<br><br>ドンナルンマは先日、ミランからの契約延長オファーを拒否。そのため、移籍金が発生する今夏の移籍が有力と見られ、レアル・マドリーやユベントス、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブが獲得に興味を示している。ミランでもマドリーでもプレーした経験を持つカッサーノはイタリア『スカイ』で「俺だったら、あと数年はミランに残る」と話しながら、このように続けた。<br><br>「セリエAの歴史に名を刻みたいと思っているなら、イタリアのサッカー界にとってもプラスになるだろう。ただ、レアル・マドリーが興味を示しているのだとしたら、彼らに&ldquo;ノー&rdquo;と言うことはできないのも事実だね」<br><br>ミランでプロデビューを果たしながら、18歳にしてステップアップが確実視されるドンナルンマ。報道通りスペインへ渡ることになるのか、注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ビリア獲得目指すミランは25億円提示も、31億円求めるラツィオとの交渉は平行線…

▽ミランは、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリア(31)の獲得を巡ってラツィオとの交渉が平行線をたどっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ミランは今年4月、31年続いたシルヴィオ・ベルルスコーニ体制が終焉を迎え、中国資本のロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルクが経営権を確保した。そのため今夏の移籍市場では、ビジャレアルからアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ、アタランタからコートジボワール代表MFフランク・ケシエ、ヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを獲得。さらに今月12日にはポルトからポルトガル代表FWアンドレ・シウバを獲得するなど積極的な動きを見せている。 ▽そんなミランは、以前からラツィオのキャプテンを務めるビリアの獲得も目指して動いており、5月末には年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の3年契約で個人合意に達し、移籍金は2000万ユーロ(約24億8100万円)で折り合いがついたと報じられていた。 ▽しかし現時点で移籍の合意は発表されておらず、『フットボール・イタリア』によると、両クラブ間で移籍金の合意が得られていないようだ。同メディアによればラツィオが2500万ユーロ(約31億円)を要求しており、ミラン側が譲歩しない限りは話が進展しないだろうとしている。 ▽なお、ビリアはラツィオとの契約が2018年6月までとなっており、来夏にはフリートランスファーで退団することが可能となっている。 2017.06.22 12:34 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース