チャイナミランは実現せず? 期限内の1億ユーロの保証金支払われずにこのまま破談か…2017.03.21 05:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国の企業グループ、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』によるミランの買収は、このまま破談に終わる可能性が高いのかもしれない。イタリア『メディアセット・プレミアム』が報じている。

▽ここ数年、幾度となくクラブ売却の噂が挙がっていたミランは、昨年8月に『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』と、株式の99.93パーセントを5億2000万ユーロ(約620億円)で売却することで合意に至っていた。

▽だが、昨年12月にクラブ売却が完了予定だった中、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は中国国外への資金の持ち出す際に、中国当局の許可が必要になるとの理由で手続きが間に合わず、クラブ買収の延期を決断。その後、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は1億ユーロ(約120億円)の保証金を支払うことで、3月初めまでに売却期限の延期を行っていたが、先日の交渉で買収に必要な残りの4億2000万ユーロ(約500億円)を支払うことができなかった。

▽そのため、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は今月10日に再び1億ユーロの保証金を支払うことで、さらに期限を1カ月間延長する提案を行い、ミランの親会社にあたる『フィニンヴェスト』と合意に達していた。

▽だが、『メディアセット・プレミアム』の伝えるところによれば、20日に振り込まれる予定だった1億ユーロが、同日夜の時点でも確認されていないという。また、ミランは、一部で資金が尽きたとも噂される『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』から今週中に1億ユーロが送金されなければ、クラブ買収交渉を中止にする考えを持っているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ボヌッチ、ミランで公式戦デビュー…ELプレーオフで大勝に「正しい方向へ進んでいる」

現地時間17日に行われた、ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグで、ミランはマケドニア1部のシュケンディヤと対戦し、6-0の大勝を収めた。DFレオナルド・ボヌッチがデビュー戦を振り返った。<br><br>今夏にユベントスから4200万ユーロ(約53億円)で加入したボヌッチもこの試合にフル出場。「素晴らしい気分だったよ。チームは本当にうまくやった。まだまだ改善が必要だけど、チームは正しい方向に進んでいると思う」と試合後に語り、ミランでの初戦を振り返った。<br><br>さらに、ボヌッチは新加入ながらヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のチームでキャプテンを任されている。古巣でもあり、王者でもあるユベントスとの差を縮めるために何が必要か、チームメイトに助言したという。<br><br>「毎回勝利するために調子を上げなければいけないし、簡単な試合がないということをチームに伝えたが、 彼らはすでに理解していたんだ。ただ、ユベントスのレベルに達するまでには、やるべきことがたくさんあるね」<br><br>ミランはこの日、新加入アンドレ・シウバの先制点を皮切りに前半だけで3ゴール。さらに後半に入っても攻撃の手を緩めず3ゴールを追加し、大勝を飾った。現地時間24日に、EL本戦出場を懸けてアウェイの2ndレグに臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.18 22:31 Fri
twitterfacebook
thumb

A・シウバ&モントリーボが共に2発! ミランが6発圧勝で本戦出場決定的に!《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグ、ミラン(イタリア)vsシュケンディヤ(マケドニア)が17日に行われ、ホームのミランが6-0で圧勝した。 ▽今夏、驚愕の大型補強を行い、移籍市場の話題をさらった新生ミランは、EL本戦出場を懸けたプレーオフ初戦でシュケンディヤと対戦した。モンテッラ監督はこの一戦に新キャプテンのボヌッチ、新10番のチャルハノール、A・・コンティ、ボリーニ、ケシエ、アンドレ・シウバと6人の新戦力を起用した。 ▽開始直後にケシエ、ボヌッチと相手ゴールに迫ったミランは13分、厚みのある攻めからコンティのシュートのこぼれ球に反応したゴール前のアンドレ・シウバが冷静にゴール右隅へシュートを流し込み、早々に先制点を奪う。 ▽勢い付くミランは25分、ボックス手前好位置で得たFKの場面でスソが左足で直接狙うと、枠の右隅を捉えたシュートは相手GKの好守に阻まれるが、こぼれ球にいち早く反応したモントリーボがきっちり押し込み、2点目を奪取。直後の28分にはボックス内でDF3人に寄せられながらも強靭なフィジカルで持ち堪えてゴール前に抜け出したアンドレ・シウバが2点目のゴールを奪い、前半を余裕の3点リードで終えた。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないミランは、立ち上がりから相手ゴールに迫るも、相手GKのファインセーブなどに遭い、開始早々のゴールとはならず。それでも、67分に右サイドからの低いクロスを中央のアンドレ・シウバがファーに流したボールをボリーニが冷静に蹴り込んで後半最初のゴールを奪うと、69分にはスソのシュートのこぼれを伏兵アントネッリが流し込み、本戦出場を大きく手繰り寄せる5点目を奪った。 ▽その後、今週末のセリエA開幕を睨んでチャルハノール、コンティ、スソを下げてボナヴェントゥーラ、アバーテ、クトローネをピッチに送り出したミランは、アンドレ・シウバにトリプレッタ、クトローネに公式戦初ゴールのチャンスが訪れるも、これを決めきれない。 ▽それでも、85分にはアバーテから縦パスを足元に受けたモントリーボが鮮やかな反転からアンドレ・シウバに続きドッピエッタを達成。試合終了間際には途中出場のボナヴェントゥーラが右大腿部を痛めて自らピッチを去るアクシデントも起きたが、10人のミランは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って6-0の圧勝。EL本戦出場を確実とすると共に、来週敵地で行われる2ndレグで主力を温存する余裕を得た。 2017.08.18 05:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン放出要員のFWバッカがビジャレアルにレンタル移籍

▽ビジャレアルは16日、ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカ(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間、背番号は「9」をつける。 ▽バッカは2015年7月にセビージャからミランへと完全移籍。加入1年目はセリエAで38試合に出場し18ゴール2アシストと結果を残すと、2年目の昨シーズンもセリエAで32試合に出場し13ゴール5アシストを記録していた。 ▽今夏はマルセイユや古巣のセビージャなどからラブコールが届いていたバッカに対し、ミランも放出を容認。最終的にはビジャレアルへのレンタル移籍で決着がついた。 2017.08.16 20:27 Wed
twitterfacebook
thumb

S・ラモスに次ぐ世界2位のCBとの評価にボヌッチは?ミラン愛は「すぐ芽生えた」

ミランに所属するイタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチは14日付のイタリアメディア『プレミアムスポーツ』のインタビューに応じ、レアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスについて言及した。<br><br>■尊敬するS・ラモスに次ぐ評価には?ボヌッチは今夏、イタリア王者ユヴェントスを退団し、4000万ユーロ(約52億円)の移籍金でミランに電撃加入した。30歳ながら世界最高峰のセンターバックの1人として評価が高く、移籍市場ではチェルシーなど各国強豪クラブが獲得に興味を示した。スペイン代表のS・ラモスに次ぐ世界第2位とのランク付けを伝えられると、ボヌッチは素直に喜んだ。<br><br>「セルヒオ・ラモスに次ぐ世界第2位のディフェンダー? そうランク付けてもらえて嬉しい。セルヒオ・ラモスは優れた戦術眼やポジショニング感覚を持ち、ヨーロッパレベルの大会で決定的なゴールを決めることができる。何度か話をするチャンスがあったけど、彼は素晴らしい人物だし、僕は彼を尊敬している。これまでの成功は彼に相応しいと言える。僕に関して言えば、もっと上手くなりたいと思っている。ミランに来てから、これまでにも増してハングリーになっている」<br><br>■ボヌッチが明かすミラン移籍の理由続いてボヌッチは、ミラン移籍を決意した背景についても明かしている。<br><br>「交渉はあっという間だった。愛はすぐに芽生えるか、一生芽生えないかのどちらかだ。僕がミランを選んだのは、野心的なプロジェクトに引かれたからだ。僕にとって人生は挑戦だ。ミランという新たな挑戦に向かい、僕のキャリアの新たな1ページを開きたいと思った。(マルコ)ファッソーネCEO、(マッシミリアーノ)ミラベッリSD(スポーツディレクター)、そして(ヴィンチェンツォ)モンテッラ監督はすぐに僕を重要視してくれた。それに、ここへやって来た最初の日から胸の高鳴りを感じた。だからこそ今ここにいる」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.16 19:16 Wed
twitterfacebook
thumb

バッカ、レンタルでビジャレアル移籍へ…荷物をまとめミラン同僚に別れを告げる

ミランに所属するコロンビア代表FWカルロス・バッカの退団が近づいている。イタリアメディア『スカイスポーツ』が14日、伝えている。<br><br>現在、ミランにはビジャレアルから獲得オファーが届いており、バッカの移籍実現へ向けて交渉が行われている。ビジャレアルは買い取り義務付きのレンタル移籍を希望していると見られる。<br><br>バッカは2015年夏、セビージャからミランへ加入。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場し13ゴールを挙げ、2シーズン連続で2ケタ得点をマークした。しかし4月から経営権が中国資本に移り、今夏に大型補強が行われると構想外となったほか、サポーターとの不和も心配されていた。<br><br>バッカは今夏の移籍が想定されており、すでにヨーロッパリーグ予選3回戦のクラヨーヴァ戦のメンバーリストからも外れて欠場している。これまでに古巣のセビージャや日本代表のDF酒井宏樹が所属するマルセイユ、サンプドリアなども獲得に興味を示していたが、ビジャレアル移籍へ向けて合意に近づいている。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』によれば、バッカは14日、ミラネッロに姿を現したが練習へは参加せず、ロッカーの荷物をまとめ、チームメートに別れの挨拶を行った。新天地は2013年から2年間にわたってプレーしたリーガ・エスパニョーラとなる見込みだが、今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.15 21:27 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース