【J1チーム別総括】日立台を照らしたヤングガンズの台頭…失意よりも実り多き1年に《柏レイソル》2016.11.14 19:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第11回目は、最悪の船出も、立て直して8位で終えた柏レイソル編をお届けする。

◆チーム採点
70点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽GK菅野孝憲、DF鈴木大輔、FW工藤壮人ら実力者と、ユースからトップチームまでを熟知する吉田達磨前監督との別れを選択して迎えた今シーズン。しかし、入りは最悪だった。今年から発足したミルトン・メンデス新体制は開幕から1分け2敗とスタートダッシュに失敗。挙句の果てには、ミルトン・メンデス監督が一身上の都合を理由にわずか3試合でクラブを去るなど、クラブ上層部が描いていたプランは開幕早々に崩壊した。

▽しかし、ヘッドコーチからスクランブル昇格した下平隆宏監督が指揮を執ると、チームは4月初旬から5月初旬にかけて公式戦7連勝を記録。その連戦の中で、下平監督に積極起用されたFW伊東純也や、MF小林祐介、MF中川寛斗、MF秋野央樹、DF中谷進之介、DF中山雄太、GK中村航輔ら多数のヤングガンズも、逞しさを身につけ、中心選手へと成長を遂げた。

▽また、今夏途中にヴァンフォーレ甲府から完全移籍で再加入したFWクリスティアーノと、FWディエゴ・オリヴェイラの両助っ人の活躍も目覚ましいものがあった。ただ、若手を中心に構成されたチームが故に、シーズンを通じて、取りこぼした試合が少なくなかったのも事実。来シーズンはより完成度を高め、若手の台頭で迎えつつある新たな時代を確固たるものにしたいところだ。

◆最優秀選手賞
Getty Images
DF中谷進之介(20)
31試合出場(先発31試合) / 2得点
▽この男をMVPに選出しても文句はないだろう。シーズンを通じて、多くのヤングガンズが輝きを解き放った中、“太陽王”の新たなディフェンスリーダーとして抜群の存在感を発揮。空中戦はもちろん、ポジショニング、カバーリング、そしてコーチングの部分で大きく飛躍した。来シーズンも、今シーズンのパフォーマンスレベルを維持し、チームの最終ラインを支えていきたい。

◆敢闘賞
(C)J.LEAGUE PHOTO
FWクリスティアーノ(29)
16試合出場(先発15試合) / 9得点
▽圧巻のひと言だった。9ゴール6アシストと数字を見てもわかるとおり、復帰してわずか半シーズンながら攻撃面で若手主体のチームをリードしたほか、“戦術クリスティアーノ” で勝ち切った試合もしばしば。ゴールマウスのニアサイドをぶち抜くパワーシュートで観る者を沸かせるなど、秀でた攻撃センスで相手の脅威となり続けた。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
DF中山雄太(19)
26試合出場(先発24試合) / 2得点
▽昇格した昨シーズンこそリーグ戦1試合の出場にとどまったが、今シーズンは26試合に出場。試合を重ねるごとに安定感が生まれ、下平監督の積極起用に応えて見せた。さらに、10月にはU-19日本代表の一員としてAFC U-19選手権バーレーン2016に臨み、同世代初のアジア制覇にも貢献。キャリアをスタートさせたばかりの本人にとっても、実り多き1年になったに違いない。

コメント

関連ニュース

thumb

FW鄭大世、左ヒラメ筋肉離れで全治4週間…清水が診断結果を報告

▽清水エスパルスが21日、元北朝鮮代表FW鄭大世のケガの状態を発表した。 ▽クラブ発表によると、鄭大世は4日のトレーニング中に負傷。16日に静岡県内の病院で改めて検査を受けたところ、左ヒラメ筋肉離れで全治4週間を要する見込みと診断されたという。 ▽鄭大世は、今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ17試合に出場して8得点をマーク。第20節のサガン鳥栖戦から負傷欠場が続いている。 2017.08.21 14:56 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第23節】今節は柏から最多 ついに覚醒した鳥栖のコロンビア人アタッカーも!

▽明治安田生命J1リーグ第23節の全9試合が19日から20日にかけて開催された。超WS編集部が第23節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第23節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:キム・ミンヒョク、奈良竜樹、中澤佑二、中山雄太 MF:伊東純也、大谷秀和、家長昭博 FW:ビクトル・イバルボ、興梠慎三、金崎夢生 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/7度目) ▽ミスもあったが、MF倉田秋との一対一を確実に阻止するなど持ち前の安定したショットストップを披露 DF<span style="font-weight:700;">キム・ミンヒョク</span>(サガン鳥栖/3度目) ▽身体を張った守備で抜群の安定感。強度の高いプレーで守備を締めた DF<span style="font-weight:700;">奈良竜樹</span>(川崎フロンターレ/初) ▽闘志むき出しのディフェンスで最終ラインをリード。積極的な守備が光った DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/7度目) ▽相方のDFミロシュ・デゲネクと共に鉄壁を構築。安定感は高まるばかり DF<span style="font-weight:700;">中山雄太</span>(柏レイソル/初) ▽地に足をつけた守備と出足の鋭いボールカットで存在感 MF<span style="font-weight:700;">伊東純也</span>(柏レイソル/初) ▽2戦連発弾が決勝点に。抜群の突破力で対面のDF藤春廣輝を攻略した MF<span style="font-weight:700;">大谷秀和</span>(柏レイソル/2度目) ▽中盤の底から潰し役、ビルドアップ役、両面で活躍。かなり効いていた MF<span style="font-weight:700;">家長昭博</span>(川崎フロンターレ/2度目) ▽チームトップのスプリント回数(22回)を記録するなど前節に続き好調。流動的な動きで相手を翻弄した FW<span style="font-weight:700;">ビクトル・イバルボ</span>(サガン鳥栖/初) ▽ついに覚醒のリーグ戦初得点を含む2ゴール。ポストプレーやスピードでも秀逸ぶりを発揮した FW<span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ/4度目) ▽キャリアハイの15ゴールに到達。卓越したシュートスキルで違いに FW<span style="font-weight:700;">金崎夢生</span>(鹿島アントラーズ/4度目) ▽1得点1アシストの活躍。視察に訪れた日本代表監督に好アピール 2017.08.21 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

監督交代の神戸、ポドルスキ不発も横浜FMにドローで連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが20日にノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで9勝2分け11敗で11位に位置する3連敗中の神戸と、同13勝4分け5敗で3位につける3連勝中の横浜FMが相まみえた。先日にネルシーニョ監督を解任して吉田孝行コーチを昇格させた神戸は、0-1で敗れた前節のFC東京戦から橋本と田中英に代えて松下と大森を起用。一方の横浜FMは、1-0で勝利した前節のサガン鳥栖戦と同様の先発メンバーを並べた。 ▽試合序盤はホームの神戸が能動的に仕掛けていく。なかなか決定機を演出できない神戸だが、17分にゴールへ近づく。右サイドの深い位置から藤田がゴール前にロングスローでボールを供給。ダイレクトで合わせた渡部がヘディングシュートをゴール右上に飛ばしたが、これはGK飯倉のファインセーブを前に先制点とはならない。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。横浜FMは21分、山中が左サイドから入れたグラウンダークロスにペナルティアーク付近に走り込んだ松原が反応。左足でダイレクトシュートに持ち込んだが、これはわずかにバーの上にはずれる。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、先にチャンスを演出したのは横浜FMだった。49分、右サイドをドリブルで突破したマルティノスが一気にボックス右深くまで侵入。最後はマイナスの折り返しを正面のウーゴ・ヴィエイラがダイレクトで叩いたが、これはDFにブロックされた。 ▽終盤にかけて神戸を押し込んだ横浜FMは65分、ミドルレンジから扇原が左足を一閃。これが枠を捉えるが、GKキム・スンギュにセーブされる。さらに79分にも横浜FMに決定機。ボックス右でボールを受けたマルティノスの折り返しに正面の富樫が飛び込んだが、ミートしきれずシュートは枠に飛ばない。 ▽その後、神戸は不発のポドルスキを下げてハーフナー・マイクを投入。終盤は比較的オープンな展開となったが、両者共に最後までネットを揺らすことができず、試合終了。神戸が辛くも連敗を3試合で止めた一方、横浜FMは連勝が3試合でストップした。 2017.08.20 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮MF瀬川祐輔が左ハムストリングス肉離れで全治8週間

▽大宮アルディージャは20日、MF瀬川祐輔が左ハムストリングス肉離れで全治8週間と診断されたと発表した。 ▽クラブの発表によれば、瀬川は10日に行われた練習中に負傷。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ11試合2得点を記録している。 ▽大宮はJ1第23節終了時点で降格圏の16位に位置。26日に行われる次節は、サンフレッチェ広島とのホーム戦に臨む。 2017.08.20 14:05 Sun
twitterfacebook
thumb

興梠の2Gで浦和が連勝! FC東京は6試合ぶり敗戦《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節、浦和レッズvs FC東京が19日に行われ、2-1で浦和が勝利を収めた。 ▽前節のヴァンフォーレ甲府戦から、スルガ銀行チャンピオンシップのシャペコエンセを挟んで挑む8位の浦和(勝ち点33)。そのシャペコエンセ戦から榎本、森脇、宇賀神、ラファエル・シルバ、ズラタンを、西川、遠藤、菊池、李、興梠に代えて挑んだ。 ▽一方、浦和と同じ勝ち点で並ぶ9位のFC東京(勝ち点33)は、前節のヴィッセル神戸戦から、東に代えて米本を起用。ここ5戦無敗の勢いで勝利を目指す。 ▽悪天候のため1時間遅れでキックオフされた試合は、中盤にタレントを揃える両チームの潰し合いが続く。そんな中、ホームの浦和が先制する。17分、駒井が右サイドを突破すると、アーリークロスを選択。これをゴール前の武藤がワンタッチで落とし、詰めていた興梠がボレーで叩き込んだ。 ▽先制されたFC東京もすぐさま反撃。22分、敵陣中央でボールを持った大久保が、ボックス右の室屋に展開。室屋はこれをワンタッチで中に折り返すと、走り込んだ橋本が押し込んで同点に追いついた。 ▽しかし喜びも束の間、FC東京は再びリードを許してしまう。30分、柏木から李、武藤とワンタッチで繋いでディフェンスラインの中央の切り裂くと、最後は興梠が右足で流し込んで、浦和に2点目をもたらした。 ▽迎えた後半、追いつきたいFC東京は、頭から前節1ゴールのピーター・ウタカを投入。その後も永井、中島を次々と交代させ攻撃力を高める。しかし、決定機を作ったのはリードしている浦和だった。68分、カウンターから武藤がボックス左に侵攻し、左足を振り抜いてゴールを狙うが、GK大久保択の正面を突く。 ▽終了間際には、太田のFKや、途中出場の中島のミドルシュートからFC東京も惜しい場面を迎えるが、結局ネットを揺らすことができなかった。そして、試合は2-1のまま終了。興梠の2ゴール守り切った浦和がリーグ戦2連勝を飾った。 2017.08.19 22:01 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース