【J1チーム別総括】日立台を照らしたヤングガンズの台頭…失意よりも実り多き1年に《柏レイソル》2016.11.14 19:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第11回目は、最悪の船出も、立て直して8位で終えた柏レイソル編をお届けする。

◆チーム採点
70点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽GK菅野孝憲、DF鈴木大輔、FW工藤壮人ら実力者と、ユースからトップチームまでを熟知する吉田達磨前監督との別れを選択して迎えた今シーズン。しかし、入りは最悪だった。今年から発足したミルトン・メンデス新体制は開幕から1分け2敗とスタートダッシュに失敗。挙句の果てには、ミルトン・メンデス監督が一身上の都合を理由にわずか3試合でクラブを去るなど、クラブ上層部が描いていたプランは開幕早々に崩壊した。

▽しかし、ヘッドコーチからスクランブル昇格した下平隆宏監督が指揮を執ると、チームは4月初旬から5月初旬にかけて公式戦7連勝を記録。その連戦の中で、下平監督に積極起用されたFW伊東純也や、MF小林祐介、MF中川寛斗、MF秋野央樹、DF中谷進之介、DF中山雄太、GK中村航輔ら多数のヤングガンズも、逞しさを身につけ、中心選手へと成長を遂げた。

▽また、今夏途中にヴァンフォーレ甲府から完全移籍で再加入したFWクリスティアーノと、FWディエゴ・オリヴェイラの両助っ人の活躍も目覚ましいものがあった。ただ、若手を中心に構成されたチームが故に、シーズンを通じて、取りこぼした試合が少なくなかったのも事実。来シーズンはより完成度を高め、若手の台頭で迎えつつある新たな時代を確固たるものにしたいところだ。

◆最優秀選手賞
Getty Images
DF中谷進之介(20)
31試合出場(先発31試合) / 2得点
▽この男をMVPに選出しても文句はないだろう。シーズンを通じて、多くのヤングガンズが輝きを解き放った中、“太陽王”の新たなディフェンスリーダーとして抜群の存在感を発揮。空中戦はもちろん、ポジショニング、カバーリング、そしてコーチングの部分で大きく飛躍した。来シーズンも、今シーズンのパフォーマンスレベルを維持し、チームの最終ラインを支えていきたい。

◆敢闘賞
(C)J.LEAGUE PHOTO
FWクリスティアーノ(29)
16試合出場(先発15試合) / 9得点
▽圧巻のひと言だった。9ゴール6アシストと数字を見てもわかるとおり、復帰してわずか半シーズンながら攻撃面で若手主体のチームをリードしたほか、“戦術クリスティアーノ” で勝ち切った試合もしばしば。ゴールマウスのニアサイドをぶち抜くパワーシュートで観る者を沸かせるなど、秀でた攻撃センスで相手の脅威となり続けた。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
DF中山雄太(19)
26試合出場(先発24試合) / 2得点
▽昇格した昨シーズンこそリーグ戦1試合の出場にとどまったが、今シーズンは26試合に出場。試合を重ねるごとに安定感が生まれ、下平監督の積極起用に応えて見せた。さらに、10月にはU-19日本代表の一員としてAFC U-19選手権バーレーン2016に臨み、同世代初のアジア制覇にも貢献。キャリアをスタートさせたばかりの本人にとっても、実り多き1年になったに違いない。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪MF水沼宏太が追突事故…双方ともにケガはなし

▽セレッソ大阪は25日、MF水沼宏太が運転する乗用車が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽発表によると同日の13時30分ごろ、大阪府大阪市大正区泉尾付近にて、水沼の運転する乗用車が信号で停車後、青信号に変わり発進したところを停車中の前方乗用車の後部に接触したとのことだ。なお、水沼は事故発生後、警察へ届け出ており、相手乗用車の運転手、同選手共にケガはないようだ。 ▽水沼はクラブを通じてコメントしている。 「この度、私の不注意からこのような事故を起こしてしまい、乗用車の運転をされていた方に心よりお詫び申し上げます。深く反省しており、今後は改めて細心の注意をはらって運転いたします。大変申し訳ございませんでした」 2017.03.25 22:01 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表を離脱したFC東京MF髙萩洋次郎は右母趾末節骨骨折

▽FC東京は25日、日本代表に招集されていたMF髙萩洋次郎の離脱を発表。また、負傷状況についても発表した。 ▽クラブの発表によると、高萩はチームドクターの診断を受け、右母趾末節骨骨折と診断。全治は今のところ不明とのことだ。 2017.03.25 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田MF上田康太が左ヒラメ筋肉離れ、右腓腹筋筋膜炎で3週間の離脱

▽ジュビロ磐田は25日、MF上田康太の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、上田は22日のトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、左ヒラメ筋肉離れ、右腓腹筋筋膜炎と診断。全治は3週間程度とのことだ。 ▽上田は今シーズンの明治安田生命J1リーグで1試合の途中出場に終わっていた。 2017.03.25 17:14 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、MF今野泰幸の左第5趾基節骨骨折を発表…今季インサイドハーフで新境地

▽ガンバ大阪は25日、日本代表MF今野泰幸が左第5趾基節骨骨折と診断されたことを発表した。全治に関しては明らかにされていない。 ▽2015年以来の代表招集を受けた今野は、23日に敵地で行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦に先発。チームの2得点目を挙げ、2-0の勝利に貢献していた。 ▽しかし、その試合でケガをした今野は24日の帰国後にチームから一時離れて病院に直行。事前の報道で、左足小指打撲と伝えられていたが、クラブの報告によれば骨折が判明したという。 ▽34歳の今野は、今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ全4試合に先発で2ゴール。チームが新たに導入したシステムの中で任されたインサイドハーフで出色のパフォーマンスを披露していた。 2017.03.25 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎FのDF井川祐輔が右ヒザじん帯損傷で4カ月の離脱

▽川崎フロンターレは24日、DF井川祐輔(34)が右ヒザ内側々副じん帯損傷により23日に手術を行ったことを発表した。復帰までに要する期間は4カ月程度とのこと。 ▽井川は、14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節の広州恒大戦で負傷していた。 2017.03.24 21:18 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース