超ワールドサッカー

【J1チーム別総括】残留争いの1stステージが一転、スタイルがハマった2ndステージ《サガン鳥栖》2016.11.11 22:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第8回目は、2ndステージで巻き返しを見せた11位のサガン鳥栖編をお届けする。

◆チーム採点
50点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽1stステージ終了時点では残留争いに飲み込まれるだろうと考えられていた。マッシモ・フィッカデンティ監督が用いる[4-4-2]のフォーメーションは、守備面で成果を上げるも攻撃面ではハマっていない印象が強く、1stステージ総括では[4-2-3-1]に戻すことで即効性があるのではと記した。しかし、指揮官は自身の戦術をチームに落とし込み、2ndステージで見事に復活を遂げた。

▽1stステージで課題とした得点力に関しては、FW豊田陽平が5シーズン連続の15ゴール達成とはならなかったものの13ゴールをマーク。さらに、2ndステージに入ってからは新加入のFW富山貴光が5ゴール(1stステージは0ゴール)、MF鎌田大地が5ゴール(1stステージ2ゴール)とチームだけでなく個人でも調子を上げた選手が現れた。シーズンを通して考えると満足できる結果ではないが、指揮官の戦術が浸透してきた後半の戦いは来季に希望が持てるものとなった。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF金民友(26)
30試合出場(先発30試合)/5得点
▽走れる、運べる、捌ける、戦えると改めて鳥栖に欠かせない存在であることを示した。今シーズンはフィッカデンティ監督の下、サイドハーフではなくインサイドハーフとして起用された。今までよりも低い位置でのプレーとなったが、攻守に全力のプレーを見せた。監督からの信頼も厚く今季はキャプテンも務めたが、兵役の関係で今シーズン限りで7年間を過ごした鳥栖を退団することは残念でならない。

◆敢闘賞
Getty Images
MF鎌田大地(20)
28試合出場(先発28試合)/7得点
▽シーズン序盤には左肘関節後方脱臼のケガもあり、1stステージは本調子とは程遠いパフォーマンスだった。リオ五輪の代表メンバーからも漏れたが、2ndステージは奮起。全試合にスタメン出場を果たすと、5ゴールを奪う活躍を見せチームを牽引。シーズンを通しても自身最多となる7ゴールを奪うなど、チームの主力として好パフォーマンスを見せた。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
FW富山貴光(25)
25試合出場(先発11試合)/5得点
▽大宮アルディージャから今シーズン鳥栖へと加入したが、1stステージは出場機会を得るも結果を残せずノーゴールに終わった。しかし、2ndステージでは第1節のFC東京戦で移籍後初ゴールをマーク。その後もコンスタントにゴールを奪い、キャリアハイとなるシーズン5ゴールを奪った。もともと得意とするハードワークの部分はチームスタイルにも合致。フィッカデンティ監督のサッカーに順応できたシーズンだけに、来シーズンの更なる飛躍に期待がかかる。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、DF西野貴治の復帰発表…千葉との期限付き移籍契約を解除

▽ガンバ大阪は28日、DF西野貴治(23)が30日付けでジェフユナイテッド千葉との期限付き移籍契約を解除し、7月1日から復帰することを発表した。 ▽大阪府出身の西野は、G大阪ユースを経てトップチーム昇格を果たした生え抜き。2014年のU―22アジア選手権では世代別代表の主将を務めるなど将来を嘱望された長身センターバックだ。しかし、同年9月に右ヒザ内側半月板を損傷。その後、フォームが戻らず、今シーズンから期限付き移籍で千葉に加入した。 ▽その千葉では、今シーズンから指揮を執るフアン・エスナイデル監督の下、明治安田生命J2リーグ開幕から5試合連続先発出場で1ゴール。しかし、第6節以降は、出場機会に恵まれない日々が続いていた。サンフレッチェ広島に移籍したDF丹羽大輝の穴埋めが期待されての復帰となる西野は、両クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆ガンバ大阪 「なかなかジェフで活躍することができずに、もがいていた自分に対して再びガンバが声をかけてくださったことを本当に感謝しています。再びガンバの力になれるように必死で頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」 ◆ジェフユナイテッド千葉 「短い間でしたがたくさんの応援ありがとうございました。なかなか自分自身結果を出せず、チームの力になれず、悔しい時期が多い半年間でした。ジェフサポーターの熱い声援にはすごく感謝しています。ジェフの力になってJ1昇格を目指していましたが、その力になれずチームを離れる事は、申し訳ないし悔しくも思います。ジェフの勝利をこれからも願っています。半年間ありがとうございました」 2017.06.28 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌MFジュリーニョが右アキレス腱断裂で一時帰国…トレーニング中に負傷

▽北海道コンサドーレ札幌は28日、MFジュリーニョの負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、ジュリーニョは24日のトレーニング中に負傷。右アキレス腱断裂と診断された。29日にブラジルへ一時帰国し、手術、リハビリを行うとのことだ。 ▽ジュリーニョは今シーズンの明治安田生命J1リーグで10試合に出場し2得点を記録。降格圏の札幌にとっては大きな痛手となりそうだ。 2017.06.28 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】村井チェアマン、女性職員へのセクハラ・パワハラで退任の中西大介常務理事の不祥事について説明

▽Jリーグは27日に理事会を実施した。理事会終了後、村井満チェアマンは、メディアに向けた記者会見に出席。2018年以降のJ1・J2昇降格決定方法の変更やロアッソ熊本の実行委員選任、グルージャ盛岡のホームタウンに北上市が追加されたことを説明した。 ▽また、その中でJリーグ内においてパワーハラスメント及びセクシャルハラスメントと解される不適切な言動を行っていたJリーグの中西大介常務理事の退任を発表。この件について、村井チェアマンはメディア陣による質問に答えた。 <span style="font-weight:700;">◆村井満チェアマン</span> <span style="font-weight:700;">――返納した報酬の具体的な数字とパワハラなどについては女性職員一人に対してなのか。また、中西常務理事はJリーグに籍がなくなるという解釈でいいか</span> 「まず、返納した報酬の数字についてですが、3カ月にわたって報酬の10%という決議を頂きました」 「セクハラ・パワハラについて、内容に関して皆さんにご理解して頂きたいのは、職員の2次被害や本人のプライバシーなどがあるので、理事会の中で言えるギリギリのことを先ほどお話させて頂いた次第ございます。詳細についてはこれ以上、申し上げることは出来ません」 「ただ、パワハラ・セクハラの概念について、パワハラについては、常務理事という立場のある人間が、特定の人、複数であったりしますが、誘いに呼び出すこと自体は、立場や地位を利用したことですので、パワハラの概念にあたるという認識です。また、職場の内外において、女性が不快に思うような言動や態度がセクハラにあたるという解釈を頂きました」 「中西に関しては、今日付で辞任届が受理されましたので、Jリーグもしくは関連会社役員などを退任するという扱いになります」 <span style="font-weight:700;">――これから裁判をするとかそういうのは</span> 「これからのことは私にはわかりません。実は、私自身も管理責任が問われる事案だと認識していましたので、全て両者の言い分は弁護士の先生にお願いいたしました。今日現在、具体的な起訴うんぬんというのは聞いておりません」 <span style="font-weight:700;">――中西常務理事は深く反省しているとおっしゃったが何を言っていたか。また、今後の再発防止について</span> 「まず、本日の理事会について、中西は欠席しております。中西は全て、担当弁護士に話をしていると本人から聞いておりました。そして、弁護士の方からお伝え頂きました。反省していることについては、弁護士の方から聞いております。あとは、昨日私が理事会宛ての辞表を本人から受け取りましたので、その時にも反省しておりました」 「再発防止等については、今後詳細を詰めてまいります。まず、Jリーグとしてはセクハラ・パワハラなどのハラスメントに関する研修やアンケートを行うなど、そういう啓発はしておりました。改めて、今回の総括をしっかりすることから始めて、特に管理職中心に研修を徹底していきたいと思っています」 「また、研修だけでなく、日常で不快なものを見たり、聞いたりした時に上の立場の人に言いにくいということが世の常だったりします。ただ、職場の風通しが良ければ、しっかりとそれがバイパスに伝わり、縦横ななめにコミュニケーションが発生するはずです。こういうことが言い出しにくい風土そのものがあるとしたら、単なるハラスメントの研修だけではなく、もっとオープンで風通しの良い職場に変えていく必要があると思っています」 「今回、風土改革の為に、いくつかプロジェクトや外部の識者を招へいして、たまたま行っていたことであります。そういう職場風土の改善から手をつけていきたいと考えています」 <span style="font-weight:700;">――今回の件を把握した時期と問題となる事案が起こっていた時期について</span> 「先ほども申し上げたように、事案の詳細について私の方から申し上げられるのは、先ほどお伝えした内容とさせて頂きます。いつこれを確認したかについては、正式に弁護士に来ていただき、事案の報告や文章による内容と、先生からの書簡を頂いたのが本日であります」 「ただ、ホットラインにこういう問題が入っているということは、正確な日付はわかりませんが、2週間ぐらい前だったと思います。私は、その時先生に『私自身も管理責任が問われる事案なので、今回の調査で私が指揮をすることは不適切だと思います。私に報告は必要ありませんので、先生の方で必要だと思う事実調査を従業員に対してして頂いて結構です』と申し上げました。詳細について、認識したのはこの直近だとご理解して頂ければと思います」 <span style="font-weight:700;">――ホットラインに通報されたのは、パワハラ・セクハラを受けた社員からの通報か</span> 「これも本来ですと、特定されてしまう可能性がありますので、控えさせていただきますが、当事者である方からの内容だとご理解して頂いて良いと思います」 <span style="font-weight:700;">――中西常務理事の後任について</span> 「今のところ、全く手当は考える時間もありませんし、考えておりません。今ここでは、残る人間でシェアをするしかないかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">――解雇という形にはならなかったのか</span> 「従業員の雇用契約ではありませんので、雇用契約を解除する、解雇というのは理事にはありません。理事としての辞任届を受理するか、もしくは解任ということがあります。今日の理事会の判断では、辞任を受理するという結論でした。解任の手続きは総会にはかって、その上で解任するという手続きになりますので、今回の事案を総合的に先生や調査された弁護士の皆さんに助言を頂き、理事会で議論して、辞任を受理するという形になりました」 <span style="font-weight:700;">――調査を行った弁護士は何人か、常務理事という位置はJリーグにおいて何番目の立場か</span> 「今回の事実確認にあたった弁護士は2名でした。それから序列があるとすれば、私がチェアマンで、副理事長に原(博実)がいて、常務理事の中西がいました。上空で言えば3番目です」 <span style="font-weight:700;">――今後、中西氏がJリーグ関連の仕事をされる可能性は</span> 「将来のことについては何も申し上げられません。現時点では、事の重大性を考えて本人も反省して辞任しました。我々もこういうことを曖昧にしてはダメ、社会にも伝えていこうということを覚悟したつもりです。辞任とはいえ、本人が重い責任を感じた身の引き方だったと私は理解しています」 「今後、例えば彼に何かしらのサッカー関係、Jリーグ関係の仕事をアサインしたり、発注したりすることがあるかどうかは、本人が今回の件をどうやって改めていくかによると思います。当然、私は彼というよりも被害にあった従業員やいろいろな人を守る立場にいますので、そこは慎重にならなくてはいけないなと思います。いずれにしても、将来のことを申し上げることはできないなと思っています」 <span style="font-weight:700;">――約2週間前に発覚した時に中西氏を自宅待機にするとかしていたか</span> 「詳細を弁護士の方から事実確認の報告を頂いたのは今日ですし、理事会の方がどう判断するかも分かりませんでしたので、通常業務をお願いしていました。私も特別な情報提供はしておりません」 2017.06.27 21:54 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグの中西大介常務理事が退任…女性職員に対してセクハラ・パワハラ

▽Jリーグは27日、本日付で中西大介常務理事(51)が退任したことを発表した。 ▽中西常務理事は、Jリーグ内においてパワーハラスメント及びセクシャルハラスメントと解される不適切な言動が認められ、辞任届を提出。Jリーグは、同日行われた理事会において、受理したとのことだ。 ▽中西常務理事は、2016年にJリーグの女性職員に対して、業務時間外に高頻度で業務とは関係ない電話をかけたり、当該職員に好意を抱いていることが窺えるような内容のメールを送信。映画、美術館、コンサート、食事への誘いを行い、多数回にわたって失言していた模様だ。また、中西常務理事は2016年に執務時間中の職場内、2015年から2016年に執務時間外の職場外において、一般的な女性感情の基準において、不快感を持たれる行為を行っていたという。これがJリーグのハラスメントのホットラインに職員から通報があり発覚したようだ。 ▽村井満チェアマンは、今回の件に対して、「管理責任が問われる事案だと認識している」と、理事会の方に報酬の一部の返納を行ったとのこと。「Jリーグクラブに対しても模範を示すべきJリーグが社内のマネジメントにおいて、経営の指導にあたるべき人間が申し訳ない行為をしてしまったことを本当にお詫びしたいと思います。ファン、サポーターの皆さま、クラブの関係者の皆さま、メディアの皆様に大変不快な思いをさせてしまいましたことを本当に申し訳なく思っています」と謝罪した。 2017.06.27 19:59 Tue
twitterfacebook
thumb

2018年からJ2自動降格が2チームに…J1の16位はプレーオフへ

▽Jリーグは27日、2018年以降のJ1・J2昇降格決定方法について発表した。J1の16位が参加するJ1参入プレーオフ(仮称)の勝者が、翌シーズンJ1でプレーすることとなる。 ▽J1・J2昇降格決定方法については、27日に行われた理事会で決定。2018年の競技成績から適用され、大会概要・試合方式等の詳細については改めて発表するとのことだ。 ▽概要としては、これまではJ1の下位3チーム(16位〜18位)がJ2へ自動降格し、J2の1位、2位がJ1に自動昇格。3位〜6位によるJ1昇格プレーオフの勝者がJ1が昇格していた。2018年以降は、J1の17位、18位がJ2へ自動降格。16位がJ1参入プレーオフ(仮称)に出場。J2は1位、2位の自動昇格は維持され、3位〜6位がJ1参入プレーオフ(仮称)に出場する。 ▽なお、J1の16位は決勝で待つこととなり、J2の3位と6位、4位と5位が対戦。勝者同士が対戦し、決勝でJ1の16位と対戦する。 ▽理事会後に記者会見に出席した村井満チェアマンが記者の質問に回答。J1参入プレーオフ(仮称)の導入を決定した理由などを語った。 <span style="font-weight:700;">◆村井満チェアマン</span> ――<span style="font-weight:700;">J1参入プレーオフ(仮称導入)の一番の理由は</span> 「将来的なJリーグの構造、J1が何チームで、J2が何チーム、J3が何チームなのかなど、まだ決議はしてませんが、将来の方向性について議論しました。今、J3がある意味でJリーグのセーフティーネットという形で、その下への降格がないことを前提にして、地域クラブが14クラブとU-23チームが3チーム参戦しています。降格がないJ3をどこまで維持するかをJ3中心に議論しました」 「これは決議もしていないですし、まだプロセスとご理解頂きたいのですが、もしその下に降格制度がないとすると、J3を東西分割したり、いくつか小分けしていきながら全国リーグではなく、ブロックのリーグ構造にしていくという考えがあります」 「その一方で、やはりJFLという全国リーグからJリーグに上がった以上、全国リーグでありたいとも思っています。後者の全国リーグを選択した場合、年間で試合ができるチーム数の上限が出てまいります。今、J3はナイター照明がない中でも、試合ができるレギュレーションになっております。一つの目安として20チームを上限として、そのタイミングでJFLへの降格も視野に入れて、全国リーグを維持していくか、分割していきながら当面はセーフティーネットという位置付けでチーム数を拡大していくか。大きな議論で言えば、J3の総意でほぼ賛同を得て、降格があったとしても全国リーグであるJ3、チーム数で言えば20チームをキャップするという大枠の方を構成させていただいております」 「J1が18チーム、J2が22チーム、J3が20チームというのを見たときに昇降格で言うと、J1とJ2の間に自動昇降格が3枠というのがあります。仮にJ3が20チームまでいき、現在のJ2の22チームと20チームの間である2チームがカテゴリー間の昇降格の機会均等、公平性があると言えるかどうかを細かく数字で分析していくと、やはり落ちにくくて上がりやすいJ2が有利という議論もありました」 「世界各国のリーグの昇降格数を参考にしたりしました。過去、3枠目でJ1に上がったチームがその翌年度以降に、J1に定着できているかであったり、逆に16位で降格したJ1チームがその後にどういった形でJ1に復帰したかのデータを見てきました。そういうのを見て判断しました」 2017.06.27 19:20 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース