【J1チーム別総括】頼みの堅守崩壊でプランBなし…2人の助っ人の活躍で辛くも残留《ヴァンフォーレ甲府》2016.11.08 20:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第5回目は、辛くも4年連続の残留を決定させた14位のヴァンフォーレ甲府編をお届けする。

◆チーム採点
20点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽例年通り、昨季のチーム得点王FWバレーを始め、FW阿部拓馬(FC東京)、MF伊東純也(柏レイソル)、MF下田北斗(湘南ベルマーレ)と、チーム内の得点ランク上位4人が抜けた甲府は、復帰のFWクリスティアーノやMF黒木聖仁らをシーズンオフに獲得。1stステージでは、開幕6試合で5ゴールを記録したクリスティアーノの活躍で上々のスタートを切るも、ここ数年チームの根幹を支えてきた堅守が崩壊。リーグワーストの31失点を喫したチームは、最終的に1stステージを17位で終えた。さらに、1stステージ終了をもってチームの攻撃の全権を握っていたクリスティアーノが、柏レイソルに旅立つことになった。

▽2ndステージは第5節の名古屋グランパス戦で初勝利を手にし、第8節にはアルビレックス新潟を、第9節にはサンフレッチェ広島を破るなど今シーズン唯一の連勝を飾り、上り調子の時期も経験。だが、後半戦からの加入ながら圧倒的な個人技で4ゴール2アシストの活躍を披露したFWドゥドゥの離脱で深刻な得点力不足に悩まされたチームは、残留争いに巻き込まれた中で思うように結果を残せなかった。

▽最終節でもサガン鳥栖に敗れたものの、下位2チームの取りこぼしに救われ、薄氷の残留となった。頼みの堅守崩壊でプランBを持ち合わせなかったチームは、攻撃面でも1stステージ、2ndステージで2人の助っ人への依存が顕著だった。そういった意味で新シーズンからチームを率いることが濃厚な吉田達磨新監督には、甲府に新スタイルをもたらすことが期待される。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF稲垣祥(24)
33試合出場(先発33試合)/5得点
▽攻撃的MFとボランチ、ウイングバックと3つのポジションでフィールドプレーヤーとして最多の出場時間を記録した稲垣をMVPに選出した。本音を言えば、1stステージ後に柏に移籍したものの、1stステージで圧巻の存在感を放ったクリスティアーノが最も相応しい存在だが、卓越した運動量と献身的な守備に加え、この1年間で攻撃面でも成長を遂げた稲垣は、外国人補強の失敗と負傷者続出で苦境に立たされたチームにとって大きな存在だったはずだ。

◆敢闘賞
Getty Images
FWドゥドゥ(26)
11試合出場(先発10試合)/4得点
▽出場試合数は11試合にとどまったものの、クリスティアーノの移籍で攻撃の核を失ったチームを圧倒的な個人技と決定力で救った。シーズン終盤に負傷した際には、佐久間監督が「ご飯が食べられなかった」と嘆いたように、深刻な得点力不足に陥っていたチームにとって数字以上の存在感だった。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
FW森晃太(19)
14試合出場(先発0試合)/0得点
▽外国人選手補強の失敗や主力の負傷で1年目ながら14試合に出場。守備的なチームスタイルの影響もあり、プロ初ゴールはお預けとなったが、持ち味の1つである積極的なドリブル突破など、名門の名古屋グランパス下部組織仕込みの技術の高さは、十分に披露することはできていた。

コメント

関連ニュース

thumb

Jリーグでプレーした大先輩のリティがポドルスキの神戸移籍に太鼓判「間違いなく正しい移籍」

▽現在はヴォルフスブルクのチーフスカウトを務める元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー氏が、FWルーカス・ポドルスキのJリーグ挑戦を歓迎した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽リトバルスキー氏は、かつてジェフユナイテッド市原、ブランメル仙台でプレー。監督としても横浜FC、アビスパ福岡で指揮を執った経験がある。 ▽選手としてだけでなく、監督としてもJリーグ、日本サッカーをよく知るリトバルスキー氏は、ポドルスキのヴィッセル神戸移籍を歓迎した。 「間違いなく正しい移籍だと思う。彼は近年フットボールを楽しんでいない。ここ数年、彼の笑顔を見ていないからね。日本に行くことで、フットボールの楽しみを再び見つけることができるだろう」 「彼は日本で別の世界を観るはずだ。試合後、アウェイチームのファンに声援を送られれば、彼はきっと驚くだろう。それはリスペクトであり、日本人が彼の到着を楽しみにしている。居心地は良いはずだ」 ▽また、日本語という言葉の壁についてリトバルスキー氏は、ポドルスキが自身のやり方で乗り越えるだろうと見解を示した。 「最初はコミュニケーションをとるのが難しいだろう。彼らに良い通訳がいればいいが、そうでなくても彼はオープンな性格で上手く乗り越えるだろう。1つか2つの日本語を学ぶことで、観客は無条件で愛してくれるだろう」 2017.03.22 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟MF成岡に第二子となる男の子が誕生「より責任感を持ってがんばっていきたいと思います」

▽アルビレックス新潟は22日、MF成岡翔(32)に第二子となる男の子が誕生したと発表した。 ▽クラブの発表によると、成岡の第二子となる男の子は21日に誕生したとのことだ。成岡はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ▽「大切な家族が増えました。より責任感を持ってがんばっていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 ▽同選手は今シーズンの明治安田生命J1リーグ3試合に出場している。 2017.03.22 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ決勝は昨年と同じ埼玉スタジアム2002で11月4日に開催《YBCルヴァンカップ》

▽Jリーグは21日、2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝の開催日、試合会場、テレビ放送を発表した。 ▽今大会の決勝は、昨年同様に埼玉スタジアム2002が試合会場となり、11月4日(土)に開催される。なお、キックオフ時間は未定。テレビ放送はフジテレビ系列にて全国生中継される。 ▽昨シーズンの決勝ラウンドからヤマザキナビスコカップからYBCルヴァンカップに大会名称が変更。初代ルヴァンカップ王者にはガンバ大阪をPK戦の末に下した浦和レッズが輝いている。 2017.03.21 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

清水が中指立て挑発行為のDF角田誠への処分を発表…1試合の出場自粛と制裁金で磐田との“静岡ダービー”を欠場

▽清水エスパルスは21日、DF角田誠に対する処分を発表した。1試合の出場自粛と制裁金の処分が科される。 ▽角田は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てる挑発行為を行い、試合中継などにもその様子が映されていた。 ▽クラブと角田は19日に謝罪を発表し、左伴繁雄代表取締役社長は「懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科す」とコメントしていた。対象試合は4月1日(土)に行われる明治安田生命J1リーグ第5節のジュビロ磐田との“静岡ダービー”となる。 ▽なお、清水は今回の件に対し「改めまして、鹿島アントラーズ選手・関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様にお詫び申上げるとともに、クラブ全体としてフェアプレー精神の徹底に努めて参ります」と声明を発表している。 2017.03.21 17:39 Tue
twitterfacebook
thumb

DAZN週間ベストプレイヤーが発表! 第4節は2名ずつ選出の仙台、G大阪が最多

▽DAZNは21日、明治安田生命Jリーグ第4節の全試合からDAZN週間ベストプレイヤー11名を発表した。 ▽今回は、J1復帰後初勝利飾った北海道コンサドーレ札幌のGKク・ソンユンや、移籍後初ゴールを記録したFC東京のFWピーター・ウタカらが選出されている。今回発表されたDAZN週間ベストプレイヤーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">GK</span> ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌) <span style="font-weight:700;">DF</span> 平岡康裕(ベガルタ仙台) ファビオ(ガンバ大阪) 大井健太郎(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">MF</span> 関根貴大(浦和レッズ) 富田晋伍(ベガルタ仙台) 永木亮太(鹿島アントラーズ) オ・ジェソク(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">FW</span> フェリペ・シウバ(サンフレッチェ広島) ピーター・ウタカ(FC東京) 金子翔太(清水エスパルス) 2017.03.21 15:42 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース