【J1チーム別総括】頼みの堅守崩壊でプランBなし…2人の助っ人の活躍で辛くも残留《ヴァンフォーレ甲府》2016.11.08 20:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第5回目は、辛くも4年連続の残留を決定させた14位のヴァンフォーレ甲府編をお届けする。

◆チーム採点
20点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽例年通り、昨季のチーム得点王FWバレーを始め、FW阿部拓馬(FC東京)、MF伊東純也(柏レイソル)、MF下田北斗(湘南ベルマーレ)と、チーム内の得点ランク上位4人が抜けた甲府は、復帰のFWクリスティアーノやMF黒木聖仁らをシーズンオフに獲得。1stステージでは、開幕6試合で5ゴールを記録したクリスティアーノの活躍で上々のスタートを切るも、ここ数年チームの根幹を支えてきた堅守が崩壊。リーグワーストの31失点を喫したチームは、最終的に1stステージを17位で終えた。さらに、1stステージ終了をもってチームの攻撃の全権を握っていたクリスティアーノが、柏レイソルに旅立つことになった。

▽2ndステージは第5節の名古屋グランパス戦で初勝利を手にし、第8節にはアルビレックス新潟を、第9節にはサンフレッチェ広島を破るなど今シーズン唯一の連勝を飾り、上り調子の時期も経験。だが、後半戦からの加入ながら圧倒的な個人技で4ゴール2アシストの活躍を披露したFWドゥドゥの離脱で深刻な得点力不足に悩まされたチームは、残留争いに巻き込まれた中で思うように結果を残せなかった。

▽最終節でもサガン鳥栖に敗れたものの、下位2チームの取りこぼしに救われ、薄氷の残留となった。頼みの堅守崩壊でプランBを持ち合わせなかったチームは、攻撃面でも1stステージ、2ndステージで2人の助っ人への依存が顕著だった。そういった意味で新シーズンからチームを率いることが濃厚な吉田達磨新監督には、甲府に新スタイルをもたらすことが期待される。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF稲垣祥(24)
33試合出場(先発33試合)/5得点
▽攻撃的MFとボランチ、ウイングバックと3つのポジションでフィールドプレーヤーとして最多の出場時間を記録した稲垣をMVPに選出した。本音を言えば、1stステージ後に柏に移籍したものの、1stステージで圧巻の存在感を放ったクリスティアーノが最も相応しい存在だが、卓越した運動量と献身的な守備に加え、この1年間で攻撃面でも成長を遂げた稲垣は、外国人補強の失敗と負傷者続出で苦境に立たされたチームにとって大きな存在だったはずだ。

◆敢闘賞
Getty Images
FWドゥドゥ(26)
11試合出場(先発10試合)/4得点
▽出場試合数は11試合にとどまったものの、クリスティアーノの移籍で攻撃の核を失ったチームを圧倒的な個人技と決定力で救った。シーズン終盤に負傷した際には、佐久間監督が「ご飯が食べられなかった」と嘆いたように、深刻な得点力不足に陥っていたチームにとって数字以上の存在感だった。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
FW森晃太(19)
14試合出場(先発0試合)/0得点
▽外国人選手補強の失敗や主力の負傷で1年目ながら14試合に出場。守備的なチームスタイルの影響もあり、プロ初ゴールはお預けとなったが、持ち味の1つである積極的なドリブル突破など、名門の名古屋グランパス下部組織仕込みの技術の高さは、十分に披露することはできていた。

コメント

関連ニュース

thumb

経験豊富なG大阪MF今野泰幸も韓国代表を警戒「間違いなく強い相手。苦労する」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国を警戒し「最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」と全力を出し切って勝ち切ると意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「上手い選手も増えてきているし、元々気持ちを持った選手も多いので、間違いなく強い相手だと思います。苦労すると思います」 <span style="font-weight:700;">──今大会は0-0で粘って、最後に点を取ってという試合が続いているが</span> 「もちろん最初に点が取れた方が良いです。とにかく、最初から飛ばして90分間戦わないと、勝つのは難しい相手だなと思います。最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝するということはやはり大事か</span> 「やっぱり2位だと何も残らないです。1位をとれば、少しは歴史に名を刻めるのでね。とにかく結果にこだわりたいです。どんな内容であろうと気持ちで負けないで、がむしゃらに1位を獲りに行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督は中国戦の試合後に今野選手のプレーを褒めていたが、自身ではどうか</span> 「アンカーのポジションはそんなにやらないですけど、落ち着いてできましたね。最低限のことはできたと思います」 <span style="font-weight:700;">──ダブルボランチとは違いますか</span> 「全然違いますね。そこのポジションを空けたら、誰もいなくなってしまうので、ポジショニングが重要です。僕は本能的に動いてしまうので、そこを空けてしまうことが多いんですけどね。そこを気をつけながらプレーしました」 <span style="font-weight:700;">──経験が少ない選手が多い中で、だいぶ1つになっているような手応えは</span> 「そうですね。練習では監督がどんどん要求してきますし、それにみんなが応えようと必死にやっています。みんなもJリーグでは試合に出ている選手なので、経験も持っているし、サッカーも知っています。徐々に良くなっているとは感じます」 <span style="font-weight:700;">──中盤での自分の生かし方とかは見えてきているか</span> 「僕は経験があるので、色々な要求があるのは当然です。その中で自分の特徴を出していかないと、生き残れないのは分かっていることです。それができないなら、外れていくだけですね」 2017.12.15 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国の高さを警戒する鹿島DF昌子源、それでも「結局は個々のデュエル」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国のFWキム・シンウクの高さを警戒しながらも、「最低限キレイに何かをさせることは防げる」と意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「技術がしっかりしています。相手がどれだけ長い期間一緒にやっているかはわからないですけど、僕らより連携が良いというのは聞いています。監督も向こうの方が一緒にやっている期間も長いし、戦術面や連携面は理解度は高いかもしれないと言っていました。実際は試合にならないとわからないですけど、戦術の理解度は高そうな印象はあります」 <span style="font-weight:700;">──そんな中で、日本の守備陣はどう戦っていくか</span> 「結局は個々のデュエルだと思います。もちろん戦術やチームの戦術理解度で勝敗は決まるかもしれないですけど、ゴール前では相手の9番(キム・シンウク)とか、ヘディングを生かしてやってくると思います。困ったときにデカい選手がいるのは、サッカー的にも楽でしょうしね」 「ただ、そういったものに韓国は頼るチームではないと思うし、技術がしっかりしている分、下で繋ぐこともできます。色々なバリエーションが増えることは、ディフェンス陣からしたら嫌ですね。ただ、それにしっかり対応していかないといけないなと思います」 <span style="font-weight:700;">──196cmのキム・シンウクは脅威だと思うが</span> 「僕はそこまで大きい選手が初めてではないです。色々なやり方はあると思います。単純にヘディング勝負で勝てるかといったら、10回やって1回勝てるかも分からないです。僕のヘディングは向こうは胸かもしれないです。色々な守り方があると思います」 「トラップ際を狙うとか、僕が負けると思って違う人がカバーするとか。ただ、最低限キレイに何かをさせることは防げると思います。危ないところで僕が競って、体を当てるだけでもシュートの威力を落とすこともできます。そこは最低限やりたいです」 <span style="font-weight:700;">──W杯で対戦するセネガルとかポーランドはフィジカル面でも勝るチームだが、その辺も意識するか</span> 「そこを気にしていたらダメだなと思います。目の前の試合で目の前の相手を倒した後に、そういったイメージが湧いてくるかなと。僕が高さで全部負けて、もうダメだとなるのもナンセンスだと思うし、高さだったら全部植田をぶつけたら良いわけですし。そうはいかないですけど」 「僕は正直、高さが得意ではないです。196cmの相手に勝てると言えるほど自信はないです。直は、2mの相手でもぶつかっていくけど、自分はそういった自信はないし勝てないのは分かっているので、それに見合う違うことでやっていきたいです」 2017.12.15 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

生き残りを懸けたラストチャンスの日韓戦について柏FW伊東純也「勝たないとアピールにはならない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW伊東純也(柏レイソル)がミックスゾーンで記者の取材に応対。中国代表戦で負ったケガについては回復していると明かし、スピードを生かして韓国にしっかり勝ちたいと語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW伊東純也</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">──ケガの具合は</span> 「痛いですけど、(90分間)できると思います」 <span style="font-weight:700;">──中国戦ではどのシーンで負傷したのか</span> 「競り合いのときですね。試合が始まったばかりの頃です」 <span style="font-weight:700;">──100%でダッシュできる状況か</span> 「だいぶ戻ってきたと思います。明日にはもっと良くなっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──スピードというところが期待されていると思うが、明日の韓国戦はどんなプレーをしたいか</span> 「ピッチに立ったら言い訳できないですし、(ケガは)関係なくスピードを生かして仕掛けていければなと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「攻撃的で、サイドバックがすごく上がってくるという印象です。その後ろを突けたらなと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表で試合に出ることで、自分で感じている変化はあるか</span> 「チームとは違うので、そういった部分では慣れていって日に日に良くなっていると思います」 <span style="font-weight:700;">──日韓戦はあまり経験がないかもしれないがイメージはあるか</span> 「大学の時もアジアのチームとは試合しましたが、力強いと思うので、そういったところでは負けないようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国はライバルと言われるが、心理面でのプレッシャーは</span> 「そういったものはないですが、負けられないライバルなので、勝って優勝できたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表に入るのはイメージしていたより早いか</span> 「僕は大卒なので、年齢的には早いとは思っていません。自分より若い選手も入っているので、負けないように頑張って行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督やコーチングスタッフから個人的に言われていることは</span> 「攻撃の面で違いを出して欲しいと言われていますし、そこは長所だと思っています。クオリティが評価されていると思うので、しっかりやりたいです」 <span style="font-weight:700;">──次の試合がアピールの場としては最後になるかと思うが</span> 「まずは一戦一戦という考えしかなかったです。最後もしっかり勝つ。勝たないとアピールにはならないので、最後も勝ちたいです」 2017.12.15 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府がMF島川俊郎と契約更新「ひたむきにサッカーと向き合っていきたい」

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、MF島川俊郎(27)との契約更新を発表した。 ▽島川は柏レイソルの下部組織出身で、ベガルタ仙台や東京ヴェルディ、ブラウブリッツ秋田、レノファ山口FC、栃木SCでプレー。今シーズンから甲府に加入すると、シーズン序盤は出場機会がなかったものの後半に出場機会を得て、明治安田生命J1リーグで13試合に出場していた。島川はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンもヴァンフォーレ甲府でプレーさせていただくことになりました。今シーズン感じた自分自身に対する情けなさや、悔しさを忘れず、これからもチームの力となれるように真面目に、そしてひたむきにサッカーと向き合っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.12.15 15:34 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、今夏加入の大武峻と契約更新

▽アルビレックス新潟は15日、DF大武峻(25)と2018シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、出場機会をコンスタントに得ていたが、J2に降格した今季は風間八宏監督の下、出場機会に恵まれず今年6月に新潟に移籍した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグでは9試合に出場していた。 2017.12.15 14:49 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース