【J1チーム別総括】頼みの堅守崩壊でプランBなし…2人の助っ人の活躍で辛くも残留《ヴァンフォーレ甲府》2016.11.08 20:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第5回目は、辛くも4年連続の残留を決定させた14位のヴァンフォーレ甲府編をお届けする。

◆チーム採点
20点(100点満点)

◆チーム成績


◆シーズン総括
▽例年通り、昨季のチーム得点王FWバレーを始め、FW阿部拓馬(FC東京)、MF伊東純也(柏レイソル)、MF下田北斗(湘南ベルマーレ)と、チーム内の得点ランク上位4人が抜けた甲府は、復帰のFWクリスティアーノやMF黒木聖仁らをシーズンオフに獲得。1stステージでは、開幕6試合で5ゴールを記録したクリスティアーノの活躍で上々のスタートを切るも、ここ数年チームの根幹を支えてきた堅守が崩壊。リーグワーストの31失点を喫したチームは、最終的に1stステージを17位で終えた。さらに、1stステージ終了をもってチームの攻撃の全権を握っていたクリスティアーノが、柏レイソルに旅立つことになった。

▽2ndステージは第5節の名古屋グランパス戦で初勝利を手にし、第8節にはアルビレックス新潟を、第9節にはサンフレッチェ広島を破るなど今シーズン唯一の連勝を飾り、上り調子の時期も経験。だが、後半戦からの加入ながら圧倒的な個人技で4ゴール2アシストの活躍を披露したFWドゥドゥの離脱で深刻な得点力不足に悩まされたチームは、残留争いに巻き込まれた中で思うように結果を残せなかった。

▽最終節でもサガン鳥栖に敗れたものの、下位2チームの取りこぼしに救われ、薄氷の残留となった。頼みの堅守崩壊でプランBを持ち合わせなかったチームは、攻撃面でも1stステージ、2ndステージで2人の助っ人への依存が顕著だった。そういった意味で新シーズンからチームを率いることが濃厚な吉田達磨新監督には、甲府に新スタイルをもたらすことが期待される。

◆最優秀選手賞
Getty Images
MF稲垣祥(24)
33試合出場(先発33試合)/5得点
▽攻撃的MFとボランチ、ウイングバックと3つのポジションでフィールドプレーヤーとして最多の出場時間を記録した稲垣をMVPに選出した。本音を言えば、1stステージ後に柏に移籍したものの、1stステージで圧巻の存在感を放ったクリスティアーノが最も相応しい存在だが、卓越した運動量と献身的な守備に加え、この1年間で攻撃面でも成長を遂げた稲垣は、外国人補強の失敗と負傷者続出で苦境に立たされたチームにとって大きな存在だったはずだ。

◆敢闘賞
Getty Images
FWドゥドゥ(26)
11試合出場(先発10試合)/4得点
▽出場試合数は11試合にとどまったものの、クリスティアーノの移籍で攻撃の核を失ったチームを圧倒的な個人技と決定力で救った。シーズン終盤に負傷した際には、佐久間監督が「ご飯が食べられなかった」と嘆いたように、深刻な得点力不足に陥っていたチームにとって数字以上の存在感だった。

◆ブレイクスルー賞
Getty Images
FW森晃太(19)
14試合出場(先発0試合)/0得点
▽外国人選手補強の失敗や主力の負傷で1年目ながら14試合に出場。守備的なチームスタイルの影響もあり、プロ初ゴールはお預けとなったが、持ち味の1つである積極的なドリブル突破など、名門の名古屋グランパス下部組織仕込みの技術の高さは、十分に披露することはできていた。

コメント

関連ニュース

thumb

甲府FW河本明人が右足関節炎で手術…全治約2カ月

▽ヴァンフォーレ甲府は23日、FW河本明人の手術を発表した。 ▽クラブの発表によると、河本は右足関節炎と診断され22日に手術。全治は約2カ月とのことだ。 ▽今シーズンの河本は、ここまでリーグ戦14試合に出場し1得点を記録していた。 2017.08.23 20:19 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成が右内側ハムストリングス筋挫傷で全治約4~6週間

▽FC東京は23日、DF室屋成の負傷を発表した。 ▽室屋は19日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節の浦和レッズ戦で負傷。チームドクターの診察の結果、右内側ハムストリングス筋挫傷と診断。全治は約4~6週間とのことだ。 ▽今シーズンの室屋は、J1で19試合に出場していた。 2017.08.23 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田MF荒木大吾が右腓骨骨折と右足関節じん帯損傷で全治5カ月

▽ジュビロ磐田は23日、MF荒木大吾(23)の負傷について発表した。 ▽発表によると、荒木は19日のセレッソ大阪戦で負傷。浜松市内の医療機関で検査を行ったところ、右腓骨骨折と右足関節じん帯損傷と診断されたようだ。全治には5カ月程度かかる見込みだという。 ▽昨年、青山学院大学から入団した荒木は、今季の明治安田生命J1リーグでここまで5試合に出場している。 2017.08.23 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルティモネンセ加入のFC東京のMF中島翔哉が一般女性と入籍

▽FC東京は23日、6日にMF中島翔哉(23)が一般女性と入籍したことを発表した。 ▽東京都出身の中島は、2014年にFC東京入りした後、カターレ富山への期限付き移籍を経て、同年8月に復帰した。今シーズンは明治安田生命J1リーグで20試合に出場して2得点を記録していた。なお、FC東京は同日、中島のポルティモネンセへの期限付き移籍が決定したことを発表している。 ▽入籍を発表した中島は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ではございますが、このたびかねてからお付き合いをさせていただいていた方と入籍いたしました。まだまだ未熟者ではありますが、より一層の責任と自覚を持って日々精進してまいりますので、これからも変わらぬ応援のほどよろしくお願いいたします」 2017.08.23 10:49 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島DF小田逸稀が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約2カ月

▽鹿島アントラーズは22日、DF小田逸稀(19)の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によれば、小田は21日に行われた順天堂大学との練習試合中に負傷。その後、チームドクターが行った検査の結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約2カ月と診断された。 ▽福岡の東福岡高校から今季入団した小田は、天皇杯2試合に出場していた。 2017.08.22 19:49 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース