Jリーグがチャンピオンシップ、J1昇格PO、J2・J3入れ替え戦のキックオフ時刻を発表2016.09.30 19:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽Jリーグは30日、明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ、J1昇格プレーオフ、J2・J3入れ替え戦のキックオフ時刻を発表した。▽明治安田生命J1リーグ・1stステージ王者の鹿島アントラーズ、年間勝ち点3位以内を決めている川崎フロンターレ、浦和レッズが出場を決めているチャンピオンシップ。1回戦は11月6日(日)の15時からキックオフとなる。また、準決勝は11月23日(水・祝)の14時から、決勝は第1戦が11月29日(火)の19時25分、第2戦が12月3日(土)の19時30分からとなる。

▽テレビ放送に関しては、スカパー!の他、1回戦はBS-TBSで、準決勝はNHK総合とBS-TBSで、決勝は第1戦がTBS、第2戦がNHK総合で放送される。

▽また、J1昇格プレーオフに関しては、準決勝が11月27日(日)の15時30分から、決勝は12月4日(日)の15時35分からとなり、テレビ放送はスカパー!の他、決勝はBS1でも放送される。

▽J2・J3入れ替え戦は、第1戦が11月27日(日)の12時30分から、第2戦が12月4日(日)の12時30分からとなる。第1戦はJ3の2位クラブのホームで、第2戦はJ2の21位クラブのホームで開催される。

【Jリーグチャンピオンシップ】
◆1回戦
11月6日(日) 15時キックオフ

◆準決勝
11月23日(水・祝) 14時キックオフ

◆決勝
《第1戦》
11月29日(火) 19時25分キックオフ

《第2戦》
12月3日(土) 19時30分キックオフ

【J1昇格プレーオフ】
◆準決勝
11月27日(日) 15時30分キックオフ

◆決勝
12月4日(日) 15時35分キックオフ

【J2・J3入れ替え戦】
◆第1戦
11月27日(日) 12時30分キックオフ

◆第2戦
12月4日(日) 12時30分キックオフ

コメント

関連ニュース

thumb

湘南DF島村毅に第二子が誕生! 「たくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱい」

▽湘南ベルマーレは19日、DF島村毅に第二子となる長女が誕生したことを報告した。 ▽その2,769gの女の子は、16日の13時49分に誕生。島村は、クラブ公式サイトを通じて以下のように喜びのコメントを伝えている。 ◆DF島村毅 「この度、第二子となる長女が誕生しました。母子ともに健康、そして息子と犬のガブリエルも変わらず元気です」 「頑張ってくれた妻、元気に産まれてきてくれた娘、支えてくれた家族、そして気にかけてくれていたたくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。心より御礼申し上げます。笑顔の絶えない温かい家庭を築いていきたいです」 「残りのリーグ戦、そしてルヴァン杯の決勝をより一層の責任感を持って戦います。引き続き僕らの後押しをよろしくお願いします。湘南の街一丸となって絶対にタイトルを取りましょう! 」 ▽島村は、2008年に早稲田大学から湘南に加入した。今シーズンは、ここまで公式戦4試合に出場している。 2018.10.19 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

前田決勝点で名古屋がシックスポインター制す! 柏、降格圏転落危機…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節の柏レイソルvs名古屋グランパスが19日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-0で名古屋が勝利した。 ▽前節サンフレッチェ広島を3-0で下して5試合ぶりの勝利を手にした14位柏(勝ち点33)は、2-2で90分を終えPK戦の末に敗退したミッドウィークのYBCルヴァンカップ準決勝第2戦湘南ベルマーレ戦からスタメンを4名変更。滝本、パク・ジョンス、キム・ボギョン、中川に代えて、桐畑、中山、小泉、伊東を起用した。 ▽3連敗中の16位名古屋(勝ち点31/2試合未消化)は、1-2で敗北した前節のFC東京戦からスタメンを3名変更。宮原、金井、和泉に代えて、櫛引、エドゥアルド・ネット、ガブリエル・シャビエルを起用した。 ▽試合の序盤、この日3バックを採用した名古屋の両サイドを突く形で柏が優勢な入りを見せる。11分には、右サイド浅い位置でボールを持った小池が中央に折り返し、ボックス手前中央の大谷が左足を強振。ゴール右隅を捉えた強烈なミドルシュートはGKランゲラックの好守に阻まれたが、柏の時間帯が続く。 ▽押し込まれる名古屋は両ウィングを下げて5バックのような形で対応するが、柏の攻撃を受け切ってからの反撃に苦労しなかなか攻撃に移ることができない。19分にはショートパスを繋いで柏のボックス内まで侵攻したが、右サイド角度のないところから前田が放ったシュートはGK桐畑に難なくキャッチされた。 ▽ここから徐々に名古屋が盛り返していくと、26分には小林がGK桐畑との一対一を迎え、30分には小林のボックス右からの折り返しにゴール前の玉田が合わせる。どちらもGK桐畑のファインセーブが目立ったが、柏の守備の時間が長くなり始める。 ▽すると35分、名古屋が試合を動かす。ジョーが左サイドのガブリエル・シャビエルに展開し、ガブリエル・シャビエルがシュート性のパスを中央に供給。飛び込んだ前田がネットを揺らし、先制点をもぎ取った。 ▽折り返して迎えた後半、1-0でリードする名古屋はハーフタイム中に選手交代を敢行。青木に代えて、和泉を投入する。 ▽後半の立ち上がり、前半の流れを引き継ぐように名古屋がいきなり柏ゴールを脅かす。47分、右サイドで細かく連係しボックス手前中央の泉にボールが繋がる。すると、和泉が放った左足のシュートがゴール右を捉えたが、またしてもGK桐畑が好反応を見せて点差を広げさせない。 ▽54分、柏は左サイドで得たFKの場面でクリスティアーノのクロスに瀬川が合わせてネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定に。流れを変えるべく、60分には江坂に代えてオルンガを起用。2戦連続ゴール中のストライカーを送り出し状況打破を試みる。 ▽その後、オルンガを中心に構えさせた柏の前線では伊東や瀬川が積極的に仕掛けていき主導権を握るが、なかなか絶好機を作り出すことができず。守勢に回る名古屋はジョーとガブリエル・シャビエルを前線に残し、柏に人数をかけさせない。 ▽72分、右サイドでボールを持った前田が一瞬の加速で対応したDF高木を抜き去る。すると、高木が手で引っ張ってしまい2枚目のイエローが提示。柏は残り時間を10人で戦うこととなった。 ▽数的不利を抱える柏は85分にチャンスを迎える。右サイド深い位置まで侵攻した小池がクロスを上げると、ボックス内の瀬川がオーバーヘッドシュート。しかし、名古屋DFにブロックされ決めることができない。 ▽結局、最後まで柏が追いつくことはできず。名古屋がリードを守る形で試合が終了した。 ▽この結果、柏は暫定で順位を1つ下げ15位に下降。今節中にも自動降格圏の17位に下降するピンチに瀕することに。対する名古屋は4試合ぶりの勝利で暫定14位に浮上した。 2018.10.19 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

連覇を目指す川崎Fに痛手! DF車屋紳太郎の負傷を発表…ハムストリング肉離れで全治3〜4週間

▽川崎フロンターレは19日、DF車屋紳太郎の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、車屋は17日のトレーニング中に負傷。18日に川崎市内の病院で検査を受け、左ハムストリング肉離れと診断。全治は3〜4週間程度とのことだ。 ▽車屋は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで28試合に出場。日本代表としても9月のコスタリカ代表戦に招集されていた。 2018.10.19 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和、負傷離脱のファブリシオが再来日…リハビリへ

▽浦和レッズは19日、ブラジル人FWファブリシオの再来日を発表した。 ▽今夏に浦和入りしたファブリシオは、ここまで明治安田生命J1リーグ9試合に出場してチーム2位の6得点を記録。だが、9月1日に行われたJ1リーグ第25節のセレッソ大阪戦で左ヒザを痛め、14日にブラジルで手術を受け、全治7カ月の離脱が見込まれている。 ▽19日からリハビリを開始するファブリシオは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「手術を終えて、浦和に戻ってきました。僕のことを待ってくれているみなさんの気持ちに対して、1日でも早くピッチで返したい気持ちです。まずはリハビリで頑張っていきますので、もう少しだけ僕のことを待っていてください。よろしくお願いします」 ▽浦和は現在、J1リーグ11勝9分け9敗の6位。20日に行われる次節、3位の鹿島アントラーズをホームに迎え撃つ。 2018.10.19 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、Jリーグ復帰も視野…来年1月の監督業再開を確信

▽フランス人名将のアーセン・ヴェンゲル氏(68)がJリーグ復帰を含めた来年1月の監督業再開を明言した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ヴェンゲル氏は、1995年〜1996年10月まで名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率い、その後にアーセナルの監督として約22年間にわたる長期政権を築城。2003-04シーズンの無敗優勝を含む3度のプレミアリーグ制覇や、7度のFAカップ優勝に貢献したが、2017-18シーズン限りでアーセナルに別れを告げた。 ▽アーセナルの監督を退任して以降、去就を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるヴェンゲル氏。ドイツ『Bild』のインタビューで注目を集める新天地について問われると、次のようにコメントした。 「1月から再びクラブを率いる。確信しているよ。どこかはわからないがね。休養を経て、再び働く準備はできている」 「各協会や、代表チームからコンタクトを受けている。日本に戻る可能性だってあるかもしれない」 「私は、アーセナルでの22年間で様々なレベルで大きな経験をさせてもらった。そのおかげで、世界中から問い合わせがある」 2018.10.19 11:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース