内田篤人の復帰についてシャルケSD「10月4日に検査を予定」 結果次第で復帰を判断か2016.09.21 16:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽約1年半にわたって戦線を離脱しているシャルケの日本代表DF内田篤人だが、10月4日に受ける検査によって復帰できるかどうかの判断が下されるようだ。ドイツ『WAZ』が報じている。

▽昨年3月に戦列を離脱し、6月に右ヒザ膝蓋(しつがい)の手術を受け、昨シーズンを棒に振った内田は、先月中旬に治療のため日本へと帰国。現在はチームに合流してリハビリを続けている。

▽復帰に慎重な姿勢を見せていたアクセル・シュスターSD(スポーツディレクター)は内田について「10月4日に内田はMRI検査を予定している」とコメント。検査結果で復帰の判断を下すようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

宇佐美先発のデュッセルドルフがスーパーミドル弾などでドルトムントに金星! 首位ドルトムントはリーグ戦初黒星…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節、デュッセルドルフvsドルトムントが18日に行われ、2-1でデュッセルドルフが勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は87分までプレーし、ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節フライブルク戦を宇佐美が先制アシストを含む2ゴールを演出して勝利したデュッセルドルフ(勝ち点12)は最下位を脱出して16位に浮上。首位ドルトムント相手に宇佐美は[4-5-1]の左MFで3試合連続スタメンとなった。 ▽一方、前節ブレーメン戦を競り勝って6連勝としたドルトムント(勝ち点39)は、前半戦首位ターンを確定させた。年内最終戦となる2位ボルシアMG戦が3日後に控える中、サンチョやアルカセル、アクラフらはベンチスタートとなった。 ▽[4-2-1-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からプリシッチ、ゲッツェ、ラーセン、トップ下にロイスを配した。[4-5]の守備ブロックを形成し、1トップのルケバキオを走らせるデュッセルドルフに対し、ドルトムントがボールを持つ流れとなったが10分、左サイドのスペースを持ち上がった宇佐美がボックス左からシュートを浴びせてデュッセルドルフが牽制する。 ▽それでも16分、ドルトムントに決定機。右サイドをプリシッチが崩した流れから、ボックス中央のゲッツェが落としたボールをロイスがゴールに蹴り込んだが、ゴール前に走り込んだプリシッチがシュートに反応したとしてオフサイドを取られ、ノーゴールに。 ▽すると22分、デュッセルドルフが一瞬の隙を突いて先制した。ストガーのロングスルーパスに抜け出したルケバキオがGKとの一対一を制した。 ▽狙い通りの形で先制したデュッセルドルフはハーフタイムにかけてもドルトムントの攻撃を自陣に引いて凌ぐ中、38分にビッグチャンス。右サイドを抜け出したツィマーの絶好クロスに宇佐美がボレー。ゴールに流し込むだけだったが、枠の左に外してしまった。 ▽デュッセルドルフが1点をリードして迎えた後半、56分にスーパーゴールで追加点を奪う。宇佐美のパスを受けたツィマーがボックス手前右から強烈なミドルシュートを枠の左上に突き刺した。 ▽まさかの2点を追う展開となったドルトムントは60分に2枚代えを敢行。ラーセンとデラネイに代えてサンチョとアルカセルを投入した。それでもデュッセルドルフがルケバキオやストガーのシュートで牽制し、主導権を渡さない。 ▽終盤にかけて猛攻に出たドルトムントは81分、サンチョのスルーパスをピシュチェクが右サイドゴールライン際から折り返すと、アルカセルがヘッドで流し込んで1点を返した。しかし、反撃はここまで。今季のリーグ戦初黒星を喫した。一方、金星を挙げたデュッセルドルフは2連勝とし、浮上のキッカケを掴んでいる。 2018.12.19 06:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがヘッキングのブンデス400試合目を快勝で飾る! 久保不出場のニュルンベルクは10戦勝ちなし…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節、ボルシアMGvsニュルンベルクが18日に行われ、ホームのボルシアMGが2-0で勝利した。なお、ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽リーグ戦2位に位置する好調ボルシアMGと、9戦未勝利で17位に低迷するニュルンベルクによるミッドウィーク開催の一戦。強豪相手に10戦ぶりの白星を目指すアウェイチームでは久保が3試合連続でベンチスタートとなった。 ▽劣勢が予想されたニュルンベルクだが、積極的な入りを見せると、開始5分にはボックス内でのズレリャクのポストプレーからフクスがシュート。DFに当たって浮いたボールがゴールに向かうが、これはクロスバーを叩く。さらに跳ね返りに詰めたズレリャクが頭で押し込みにかかるが、ここはGKゾンマーの好守に阻まれた。 ▽やや押し込まれる入りを強いられたボルシアMGだが、時間の経過と共にアザール、トラオレの両ウイングを起点に攻め込み、相手陣内でのプレーを増やしていく。24分にはアザールとの見事なパス交換でゴール前に侵入したプレアに決定機も、ここはDFの決死のカバーリングに遭う。続く39分にはアザールの左CKをゴール前でドフリーのザカリアが打点の高いヘッドで合わす。しかし、これはゴールカバーに入っていたDFリーボルドに掻き出されてゴールとはならず。 ▽その後も押し込む状況が続く中、ボルシアMGは45分にボックス内でノイハウスがアフターチャージを受けてPKを獲得。しかし、キッカーのアザールのチップキックはクロスバーを越えてしまい、絶好の先制機会を逸して前半を終えた。 ▽それでも、後半立ち上がりに攻勢を仕掛けたボルシアMGは高速カウンターからいきなり先制点を奪う。相手セットプレーのロングカウンターから右サイドのスペースに抜け出したトラオレがボックス付近まで運んでグラウンダーの速いクロスを入れる。ニアに飛び込んだ味方には合わなかったもののファーに走り込んだアザールが冷静にワンタッチで流し込んだ。 ▽この先制点で勢いに乗ったホームチームは攻勢に出る相手をうまくいなしながらカウンターで追加点を目指す。58分にはボックス左でアザールからラストパスを受けたノイハウスにゴール前で決定機も、ここは相手に寄せられてシュートを枠の右に外してしまう。 ▽その後、互いに交代カードを切っていった中、74分には再びボルシアMGに決定機。ボックス左でキープしたアザールからのマイナスの折り返しをキュイサンスがスルーし、後方のトラオレが得意の左足で狙うが枠を捉えきれない。 ▽その後はセットプレーを起点に反撃を見せたアウェイチームに対して危なげない試合運びを見せたボルシアMGがこのまま2-0で勝利。ヘッキング監督のブンデスリーガ400試合目の快勝で飾り、今週末に行われる首位ドルトムント戦に向けて弾みをつけた。一方、敗れたニュルンベルクは泥沼の10戦未勝利となった。 2018.12.19 04:36 Wed
twitterfacebook
thumb

塩谷アシストからカイオ弾でPK戦に持ち込んだアル・アインが南米王者リーベルを下して決勝進出!《クラブ・ワールドカップ》

▽クラブ・ワールドカップ(CWC)2018・準決勝のリーベル・プレート(アルゼンチン)vsアル・アイン(UAE)が18日に行われ、2-2で120分を終了した。そしてPK戦を4-5で制したアル・アインが決勝へ進出している。 ▽南米王者のリーベルと、開催国王者のアル・アインによる決勝を懸けた一戦。リーベルはレアル・マドリー入りが濃厚となっているパラシオスや、アルゼンチン代表のG・マルティネスらがスタメンとなった。 ▽一方、チーム・ウェリントン、エスペランスを倒して準決勝に進出したアル・アインは元Jリーガーの塩谷とカイオが引き続きスタメンとなった。 ▽試合は開始3分、アル・アインが先制する。右CKを得てインスウィングのボールを入れると、ニアサイドのベリの背中に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽出鼻を挫かれたリーベルは9分、右サイドのG・マルティネスがカットインから強烈なミドルシュートでゴールに迫ると、11分に同点とした。右クロスに合わせたプラットのシュートはGKの好守に阻まれるも、ルーズボールを再びプラットがシュート。ゴール前のボレがコースを変えてネットを揺らした。 ▽そして16分、リーベルが一気に逆転する。G・マルティネスのスルーパスでボックス右に侵入したボレがGKとの一対一を制した。 ▽その後もリーベルが圧力をかける中、アル・アインに同点のチャンス。26分、ボックス左に侵入した塩谷がクロスボールを入れると、ボックス右のエル・シャハトが左足で強烈なシュートを浴びせる。しかし、枠の左上を捉えたシュートはGKアルマーニの好守に阻まれた。 ▽前半半ば以降もリーベルがボールを握る中、アル・アインは追加タイム1分にエル・シャハトがベリのパスを受けてネットを揺らすも、VARによってオフサイドを取られ、リーベルが2-1とリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始5分、塩谷のスルーパスでボックス左に侵入したカイオがカットインからグラウンダーのシュートをゴール左に流し込んでアル・アインが同点に追いついた。 ▽失点を受けてリーベルは55分にパラシオスとI・フェルナンデスに代えてキンテーロとE・ペレスを投入。すると59分にはボックス左に侵入したボレがGKを強襲するシュートを浴びせると、続く60分にもボレがヘディングシュートでオンターゲットを記録。しかし、GKエイサのファインセーブに阻まれた。 ▽63分にもキンテーロの強烈なミドルシュートでゴールに迫ったリーベルは、68分にPKを獲得する。ボックス左でカスコが仕掛けると、アメドに倒された。しかし、キッカーのG・マルティネスはシュートをバーに直撃させ、失敗してしまった。 ▽その後はオープンな展開が続き、アル・アインがよりゴールに近づいていたが勝ち越しゴールを割るには至らず、2-2で延長戦にもつれ込んだ。 ▽延長戦に入ってリーベルが攻勢を強める流れとなったがゴールは生まれず、迎えた延長後半13分にアル・アインにビッグチャンス。しかし、FKからアメドの放ったボレーシュートはGKアルマーニにファインセーブで防がれ、PK戦にもつれ込んだ。 ▽そのPK戦ではアル・アインの1番手キッカーを務めたカイオ、2番手キッカーを務めた塩谷がそれぞれ決めるなど5人全員が成功したのに対し、リーベルは5番手のキッカーを務めたE・ペレスが失敗してアル・アインが5-4で勝利。開催国王者が南米王者を撃破し、決勝進出を果たした。 2018.12.19 04:21 Wed
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第16節プレビュー】前節アシスト記録の宇佐美が首位ドルトムントに挑戦

▽週末に行われた前節はドルトムントとバイエルンが揃って勝利し、9ポイント差が維持された。年内残り2試合となった迎える第16節は火曜と水曜に開催され、デュッセルドルフの宇佐美が首位ドルトムントと対戦する。 ▽前節ブレーメン戦をアルカセルとロイスのゴールで競り勝って6連勝としたドルトムント(勝ち点39)は、前半戦首位ターンを確定させた。接戦を制する勝負強さを見せつけている中、連勝を7に伸ばして年内最終戦となる2位ボルシアMG戦に臨めるか。 ▽一方、前節フライブルク戦を宇佐美が先制アシストを含む2ゴールを演出して勝利したデュッセルドルフ(勝ち点12)は最下位を脱出して16位に浮上。首位相手に宇佐美は引き続きゴールに絡むプレーを見せられるか。 ▽原口と浅野が先発したハノーファーを4発粉砕して3連勝とした3位バイエルン(勝ち点30)は、4位ライプツィヒ(勝ち点28)とホームで対戦する。ここ3試合で5ゴールを挙げている好調レヴァンドフスキを軸にチーム状態が安定してきたバイエルンだが、前節マインツに4-0と快勝している2ポイント差のライプツィヒを下して連勝を4に伸ばし、ドルトムントを追走できるか。 ▽大迫が途中出場したもののドルトムントに惜敗した9位ブレーメン(勝ち点21)は、6位ホッフェンハイム(勝ち点23)とホームで対戦する。ここで勝利できれば順位を逆転でき上位に踏みとどまれるブレーメンだが、大迫は先発に復帰し、チームを勝利に導く活躍を見せられるか。 ▽2試合連続揃って先発となった原口と浅野だったが、前節バイエルン戦では共に守備に追われ存在感を見せることはできなかった。チームも大敗して最下位に沈んだ中、12位フライブルク相手に原口と浅野はチームを苦境から脱する働きを見せられるか。 ▽その他、負傷により欠場となった長谷部の5位フランクフルト(勝ち点26)は10位マインツ(勝ち点19)とのホーム戦を、ここ2試合ベンチ入りも出場機会のないニュルンベルクの久保は、2位ボルシアMGと対戦する。 ◆ブンデスリーガ第16節 ▽12/18(火) 《26:30》 ボルシアMG vs ニュルンベルク 《28:30》 ヘルタ・ベルリン vs アウグスブルク デュッセルドルフ vs ドルトムント ヴォルフスブルク vs シュツットガルト ▽12/19(水) 《26:30》 シャルケ vs レバークーゼン 《28:30》 バイエルン vs ライプツィヒ フライブルク vs ハノーファー ブレーメン vs ホッフェンハイム マインツ vs フランクフルト 2018.12.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン指揮官が代表落選の鎌田大地の心境明かす「とてもがっかりしていた」

シント=トロイデンのマーク・ブライス監督は、日本代表に招集されなかった鎌田大地ががっかりしていることを明かした。<br><br>今夏にフランクフルトからベルギー・ジュピラーリーグのシント=トロイデンに加入した鎌田。移籍後から好調を維持し、ここまでリーグ戦12試合に出場して10ゴールを記録するなど驚異的なペースでゴールを量産する。<br><br>先日にはベルギーメディアが鎌田の活躍を特集して「リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドをも上回るペースで得点を挙げている」と称賛。22歳の同選手のこの活躍は日増しに注目を集め、1月にアジアカップを戦う日本代表にもサプライズで招集されるのではないかとも期待されていた。<br><br>しかし、チームメイトの遠藤航や冨安健洋とは対照的に森保一監督は鎌田を代表に呼ばない決定を下した。この落選を受け、その後に同選手と言葉を交わしたブライス監督は、ベルギー『Het Belang van Limburg』で日本人FWの心境を明かした。<br><br>「ダイチはメンバーから外れたことにとてもがっかりしていた。印象的な活躍を続けている彼は論理的に考えてメンバーにふさわしい。しかし、彼が代表に呼ばれなかったことに我々はハッピーだ。この決定が平等ではなかったと思わせるだけの活躍を彼が見せてくれると願っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 13:41 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース