バーンリーがリバプールDFフラナガンをレンタルで獲得2016.08.06 01:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグに昇格したバーンリーは5日、リバプールのイングランド代表DFジョン・フラナガン(23)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽リバプールの下部組織で育ったフラナガンは、2011年にトップチームへと昇格。ここまでプレミアリーグ通算40試合に出場し1得点を記録していた。

▽右サイドバックを主戦場とするも、左サイドバックでもプレーできるフラナガンは世代別のイングランド代表でもプレー。2014年6月にはA代表デビューも飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、チェフ後釜にバーンリーのイングランド代表GKをリストアップか?

アーセナルが今シーズン限りで現役を引退する元チェコ代表GKペトル・チェフの後釜としてバーンリーのイングランド代表GKニック・ポープ(26)の獲得を検討しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 前述のようにドイツ代表GKベルント・レノのバックアップを担うチェフの引退が決定しているアーセナルでは、その後釜の確保が今夏の優先事項となっている。 そして、アーセナルが獲得に興味を示しているのが、昨季バーンリーの守護神として活躍し、イングランド代表デビューも飾ったポープだ。 2016年にチャールトンからバーンリーに加入したポープは昨シーズンのプレミアリーグで35試合に出場。だが、今季は共にイングランド代表経験のあるGKトム・ヒートン、GKジョー・ハートとのポジション争いに敗れ、ここまでリーグ戦での出場機会はない。 また、バーンリーを率いるショーン・ダイチェ監督は先日に前述の3選手のうち、1人が今季限りでチームを去る可能性を認めていた。 なお、バーンリーはポープの移籍金を1000万ポンド(約14億2000万円)前後に設定している模様だ。 2019.02.18 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

38歳クラウチ、残留争いのバーンリーにレンタルで加入!

バーンリーは1月31日、チャンピオンシップ(イングランド2部の)ストーク・シティから元イングランド代表FWピーター・クラウチ(38)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 2メートルを超える長身FWのクラウチは、これまでリバプールやトッテナム、ストーク・シティで活躍。今季はチャンピオンシップで23試合に出場して1ゴールのみだが、プレミアリーグ通算で106ゴールを挙げている実績十分のストライカーだ。 バーンリーは現在、プレミアリーグで降格圏に位置する18位のカーディフと4ポイント差の17位に位置しているが、クラウチの活躍で残留を果たせるか。 一方、バーンリーはストークにウェールズ代表FWサム・ボークス(29)を完全移籍で放出したことを発表している。9番を背負っていたボークスは今季ここまでプレミアリーグ20試合に出場して3ゴールを挙げていた。 2019.02.01 04:53 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、終盤の連続ゴールで黒星回避もスールシャール体制下の連勝がついにストップ!《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは29日、プレミアリーグ第24節でバーンリーと対戦し、2-2で引き分けた。 スールシャール監督の下連勝を続けるユナイテッド。直近のFAカップのアーセナル戦も3-1で快勝を収め、チームは好調そのもの。リーグ戦7連勝を目指す今節は、センターバックにリンデロフとジョーンズ、中盤にはマティッチやマタが起用され、ラッシュフォードとルカクが前線を務めた。 まずチャンスを作ったのはホームのユナイテッド。9分、敵陣でボールを奪ったラッシュフォードが前線のルカクにボールを預け、ボックス左で再びパスを受ける。あとは流し込むだけだったが、アウトサイドで狙ったシュートは右に外れていった。 試合の主導権を握るユナイテッドはルカクを中心に何度もバーンリーゴールに迫るものの、統率されたバーンリー守備陣の守りは固くなかなか決定機を作ることはできない。35分にルカクのクロスのこぼれ球をショーが狙っていったがイングランド代表タルコウスキにブロックされて枠の外に。そのCKの流れからルカクが強靭なフィジカルを生かして至近距離からシュートにつなげるも、GKヒートンがビッグセーブを見せて失点を許さなかった。 後半も積極的な入りを見せるユナイテッドは47分に、前半終盤にも惜しいシュートを放っていたマタがゴール正面から狙っていく。50分にはポグバが迫る。ボックス手前左からドライブをかけたシュートを打ったが、ヒートンがしっかりキャッチ。 前半同様に押し込むかに思われたユナイテッドだったが足元を掬われてしまう。51分、自陣中央で後方からパスを受けたペレイラが2人に囲まれボールを失うと、コークのパスを受けたバーンズに豪快に決められ先制点を奪われた。 思わぬ展開となったユナイテッドはそこから猛攻を仕掛ける。マタやポグバ、ルカクらが次々とシュートを狙っていき、後半20分の時点でシュート数はすでに前半を上回る10本に到達。それでもゴールは遠く、リンガードとサンチェスを立て続けに投入しテコ入れを図る。 しかし、今日のユナイテッドは歯車がかみ合わず、シュートはことごとく跳ね返されてしまう。そうこうしているうちに迎えた81分、ボックス右手前のウェストウッドのクロスをウッドが頭で流し込んでバーンリーに追加点。 これで万事休すかと思われたユナイテッドだが、ここから驚異の粘り強さを見せる。87分にラッシュフォードがボックス内で倒されPKを獲得すると、これをポグバが決めて1点差に。さらに後半アディショナルタイムにはCKの流れから、ゴール前の混戦をリンデロフが押し込んで同点に追い付いた。 劇的な試合はここでタイムアップ。最後の最後で同点に持ち込んだユナイテッドが本拠地オールド・トラフォードで何とか勝ち点を拾ったが、リーグ戦の連勝は「6」でストップした。 2019.01.30 07:13 Wed
twitterfacebook
thumb

バーンリー監督、シティの強さに脱帽 「止められるチームがあるのだろうか?」

バーンリーを率いるショーン・ダイチェ監督がマンチェスター・シティの完成度に脱帽した。イギリス『BBC』が報じた。 バーンリーは26日に行われたFAカップ4回戦でシティとアウェイで対戦。ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネやポルトガル代表MFベルナルド・シウバ、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスなど大方の主力メンバーを起用してきたシティに5失点を喫して、4回戦で姿を消した。 ダイチェ監督は試合後、シティについて次のように言及。ジョゼップ・グアルディオラ監督を擁するシティを大絶賛した。 「彼はエリート選手がいて、なおかつすごく分析に優れた集団だ」 「そういう彼らが全てを勝ち取ろうしているところを止められるチームがあるのだろうか?」 「そんな彼らにあのようなプレーを許してしまえばすごく難しくなる」 彼らはトップ中のトップ。彼らは相手のあらゆるミスを突いてくる」 2019.01.27 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

シティがバーンリーに5発圧勝! ベスト16へ進出《FAカップ》

マンチェスター・シティは26日、FAカップ4回戦でバーンリーと対戦し、5-0で大勝した。 現在公式戦7連勝中のシティ。昨年末のリーグ戦連敗から見事なバウンスバックを果たした。ミッドウィークに行われたEFLカップ準決勝のバートン・アルビオン戦では若手を6人起用して1-0で勝利。今日の試合ではデ・ブライネやベルナルド・シウバ、ジェズスなど大方主力メンバーを起用した。 予想通り試合はシティが支配。右サイドからはデ・ブライネとベルナルド・シウバ、左サイドからはギュンドアンとマフレズが崩しにかかる。しかし、[5-4-1]の布陣を敷くバーンリーの守備は思った以上に固く、ドリブルやクロスはことごとく跳ね返されてしまう。 そんな中、デ・ブライネが14分にアーリークロスからチャンスを演出。16分には、守備陣の狭い隙間を突いたスルーパスをウォーカーに通し、マイナスのクロスからベルナルド・シウバがシュートを放つが、GKポープに右足一本で防がれた。その直後には、今度はダニーロがボックスの端から強烈なシュートを見舞ったが、ここでもポープが立ちはだかった。 そろそろゴールが欲しいシティは23分、ダニーロのスルーパスからジェズスがボックス左に侵入。ドリブルで2人剥がすと、強引に右足でねじ込んでネットを揺らした。 ボールポゼッションもシュート数も圧倒したが、わずか1ゴールで前半を終えたシティ。後半に入ってすぐに、オタメンディがコントロールミスからボールを奪われ絶体絶命のピンチに。奪ったヴィドラはGKエデルソンと一対一になったが、シュートは外のサイドネットを叩いてしまった。 冷や汗をかいたシティは52分に中央突破を試みる。ボックス右でデ・ブライネからパスを受けたベルナルド・シウバは、一瞬で中に切り込んでシュートを選択。これが相手に当たってゴールイン。ピンチから一転、シティがリードを2点に広げた。 さらに61分には、エデルソンのロングボールを収めて中央から左、左から中央へとパスを回し、最後はデ・ブライネがボックス手前からシュートを突き刺して3点目を奪った。 まだまだ攻撃の手を緩めないシティ。73分には、右サイドでベルナルド・シウバからパスを受けたデ・ブライネのクロスが相手に当たってオウンゴール。これで4-0とした。 85分には途中出場のシルバがPKを獲得し、こちらも途中出場のアグエロがきっちり決めて5点目。シティの圧倒的な強さが浮き彫りとなった試合もここで終了。大勝でベスト16への切符を手にした。 2019.01.27 01:55 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース