フットサル日本代表、ミゲル監督「招集した選手たちの実力に疑いはない」《国際親善試合》2016.01.26 22:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽27日に国立代々木競技場第一体育館で国際親善試合のフットサル日本代表vsフットサルコロンビア代表が行われる。日本代表を率いるミゲル・ロドリゴ監督が、前日会見に臨んだ。

▽国内での親善試合を迎えるにあたってミゲル監督は「ワールドカップベスト4の相手との対戦をファンの皆さんに見てもらえる機会を得られて嬉しく思う」とコメント。さらに「コロンビアはサッカーと同様に個人技に長けたチーム。明日の試合を見て楽しんでもらいたい」と見どころを語った。

▽また、2月にウズベキスタンで行われるAFCフットサル選手権に向けた調整を行っている日本代表は、今月19日から名古屋で合宿を行ってきた。「今のコンディションはウズベキスタンに向けてのもの。ハードなトレーニングをして疲労がある中で、選手たちがどういうゲームを出来るか」を課題に挙げている。

▽今回の親善試合では16名を招集したミゲル監督。AFCフットサル選手権は14名の登録となるため「メンバー争いを健全な競争の中で勝ち取ってもらいたい。さらにケガ人が出た場合などはバックアップメンバーとして2選手から招集する」と、多く選手を招集した理由を語った。

▽目標とするコロンビアワールドカップの出場権獲得とAFCフットサル選手権3連覇に向けては「招集した選手たちの実力に疑いはない。その中で今のチームの雰囲気は良い。選手たちのモチベーションが高い」と手応えを感じたようだ。一方で「星は名古屋でアクシデントがあり、今まで痛めていた部分とは違う箇所に違和感がある。重要な選手なだけに(メンバーに)残ってもらいたい」と、FP星翔太が万全な状態ではないことを明かした。

コメント

関連ニュース

thumb

打ち合いとなった境川決戦は町田に軍配!! 浦安は星が復帰後2戦連続の決勝弾!!《ゼビオFリーグ》

▽14日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第28節の2試合が行われた。バルドラール浦安vsバサジィ大分は打ち合いの末に5-4で浦安が勝利。湘南ベルマーレvsペスカドーラ町田の境川決戦は、8-4で町田が勝利した。 <div id="ad"></div> ◆バルドラール浦安 vs バサジィ大分 ▽試合は立ち上がりから激しい打ち合いとなると、2-2で迎えた19分に浦安が相手陣内のパス交換からFP中島孝がネットを揺らして前半を終えた。後半に入ってもお互いにゴールを重ねていく。32分には4-3と1点を追いかける大分がFP西原信彦のゴールで同点とした。勝敗が決したのは39分。前節にケガから復帰したFP星翔太が2戦連続となる決勝ゴールを奪い、浦安が5-4と打ち合いを制した。 ◆湘南ベルマーレ vs ペスカドーラ町田 ▽今年最初の境川決戦は、立ち上がりから激しい点の奪い合いとなる。開始1分にFP金山友紀のゴールで町田が先制するも、湘南は直後にFP林田フェリペ良孝が同点ゴールを奪えば、3分にはロドリゴも得点を奪って逆転。しかしその後は町田が攻勢に出ると、前半は3-5と町田が湘南を突き放して終えた。後半は湘南が先に1点を返したが、34分にGKフィウーザが2枚目の警告で退場。町田はこのプレーでPKを得ると、FP森岡薫決めて6-4となる。終盤は湘南がパワープレーに出たが、逆に町田が得点を重ねて試合は8-4と大差がついて終わった。 2017.01.14 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

引退発表の太見が決勝弾!! ボラのFリーグ通算200ゴールも飛び出してすみだが府中とのダービーマッチを制する!!《ゼビオFリーグ》

▽8日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第27節、フウガドールすみだvs府中アスレティックFCの東京ダービーが墨田区総合体育館で行われ、4-2ですみだが勝利した。 <div id="ad"></div> ◆フウガドールすみだvs府中アスレティックFC ▽2017年を迎え最初の対戦で東京ダービーとなったすみだと府中。試合は11分に皆本晃のゴールで府中が先制するも、14分には清水和也のゴールですみだもすぐに追い付く。府中は16分に渡邉知晃のゴールでまたも勝ち越すが、すみだも17分に田村佳翔が同点ゴールを奪って、前半は2-2で終えた。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのは追いかける展開だったすみだ。前日に今シーズン限りでの引退を発表した太見寿人が28分に勝ち越しゴールを奪う。府中は試合終盤に渡邉をGKに置いたパワープレーに出るが、ボラのFリーグ通算200ゴールとなるブザービートが決まって勝負あり。2017年最初の東京ダービーはすみだが制した。 2017.01.08 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

延期分試合で首位の大阪が2位の名古屋を撃破!《ゼビオFリーグ》

▽AFCフットサルクラブ選手権により延期となっていたSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第7節のシュライカー大阪vs名古屋オーシャンズが、5日に高知県立春野総合運動公園体育館で行われ、7-4で大阪が勝利した。 ◆シュライカー大阪vs名古屋オーシャンズ ▽首位の大阪(勝ち点65)が2位の名古屋(勝ち点57)を迎えた一戦。試合は開始早々、いきなり均衡が破れる。名古屋が自陣でアルトゥールにボールを奪われると、左サイドの小曽戸につなぎ、最後は加藤がシュート。これがゴールネットに吸い込まれ、大阪が先制に成功する。 ▽立ち上がりに得点を奪われた名古屋は、前鈍内マティアスエルナン、シンビーニャを起点に大阪ゴールへ襲いかかる。すると10分、シンビーニャが中央でボールを受け、コントロールしたボールを右足で合わせる。これがゴールに突き刺さり、試合を振り出しに戻す。 ▽追いつかれた大阪は12分、加藤がセルジーニョからボールを奪うと、チアゴにパス。ゴール前正面の位置からネットを揺らし、2-1と再びリードする。さらに18分、名古屋が6つ目のファールを犯して大阪が第2PKを獲得。これをヴィニシウスがきっちりと決めると、前半終了間際にもアルトゥールが第2PKを決め、4-1で前半を終える。 ▽後半は開始早々から名古屋が安藤をゴレイロの位置に入り、パワープレー。しかし、24分に大阪がボールを奪うと、加藤が右サイドからシュートを突き刺し、5-1。さらに、FKを獲得するとこれをヴィニシウスが決め、6-1と大阪が名古屋を突き放す。 ▽5点ビハインドの名古屋はパワープレーを継続しゴールを狙う。しかし、大阪の守備を崩せないまま時間が経過していく。すると35分、パワープレーからセルジーニョがシュートを放ちゴールネットを揺らす。 ▽さらに、36分にも再びパワープレーから星がゴールを挙げて、6-3。40分には互いに1点を追加したが、そのまま試合終了。7-4で首位の大阪が2位の名古屋を破り、2017年最初の試合で勝ち点3を獲得した。 2017.01.05 22:57 Thu
twitterfacebook
thumb

クリスマス開催は名古屋が浜松に快勝!! プレーオフ出場を目指す2チームの一戦は神戸が勝利《ゼビオFリーグ》

▽25日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第26節の2試合が行われた。クリスマスとなったこの日、名古屋オーシャンズvsアグレミーナ浜松の東海ダービーは4-0で名古屋が勝利。プレーオフ出場を目指すデウソン神戸vsバルドラール浦安は、2-1で神戸が勝利した。 ◆名古屋オーシャンズvsアグレミーナ浜松 ▽今年最後の東海ダービーは、13分にセルジーニョのゴールで名古屋が先制して前半を終える。さらに33分にはシンビーニャもネットを揺らした。2点差とされた浜松はパワープレーを仕掛けるが、40分に中村友亮に追加点を許すと、さらにシンビーニャにはブザービートを決められて勝負あり。名古屋が4発快勝で2016年を締めくくった。 ◆デウソン神戸vsバルドラール浦安 ▽プレーオフ出場を目指す両チームの一戦は、14分に原田浩平のゴールで神戸が先手を取る。しかし浦安も16分に小野大輔のゴールで試合を振り出しに戻して、前半を終えた。後半はお互いにチャンスを決めきれない展開の中、36分に神戸は原田が2点目を奪い切る。すると浦安はパワープレーで同点を目指すも、試合はそのまま終了。神戸が浦安との接戦を制した。 2016.12.25 19:56 Sun
twitterfacebook
thumb

クリスマス・イブ開催は府中が町田とのダービーを制す!! 大阪もすみだとの上位対決に完勝!!《ゼビオFリーグ》

▽24日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第26節の3試合が行われた。クリスマス・イブとなったこの日、府中アスレティックFCvsペスカドーラ町田の東京ダービーが行われ、5-3で府中が勝利した。シュライカー大阪vsフウガドールすみだの上位対決は5-2で大阪が勝利し、ヴォスクオーレ仙台vs湘南ベルマーレは、4-4の引き分けに終わった。 ◆府中アスレティックFCvsペスカドーラ町田 ▽クリスマス・イブの開催となった東京ダービーは、町田が前半を2-1とリードして終える。しかし後半に入ると府中が連続でネットを揺らす。32分に柴田祐輔のゴールで同点とすると、33分に渡邉知晃、36分に皆本晃がゴールを奪った。2点を追う町田は終盤にパワープレーを仕掛けるが、38分に柴田に2点目を許すと、39分に滝田学が1点を返すに留まり試合は終了。府中が町田とのクリスマス・イブ・ダービーを制した。 ◆シュライカー大阪vsフウガドールすみだ ▽お互いに立ち上がりから球際に激しい展開となる中、試合が動いたのは6分。大阪は好位置でFKを獲得するとこの流れからヴィニシウスがネットを揺らした。さらに11分にはオウンゴールで追加点を奪った大阪は、16分に小曽戸允哉がゴールを奪って前半を3-0で終えた。後半も大阪の勢いは止まらず、25分にヴィニシウス、33分にはチアゴが追加点を奪取。5点を追うすみだは残り9分からパワープレーを開始すると、35分に諸江剣語、36分にボラがネットを揺らすが反撃はここまで。大阪がすみだとの上位対決を制した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vs湘南ベルマーレ ▽下位チーム同士の対戦は、前半に仙台が2点をリードする展開となる。すると後半立ち上がりに湘南が早速パワープレーを開始。22分に浦上浩生は反撃の狼煙を上げる。しかし24分に三上優貴、25分に藤山翔太がネットを揺らし、仙台が4-1と突き放した。湘南は26分に安嶋健至のゴールとオウンゴールで1点差とすると、35分に浦上がこの日2点目を奪取。決勝点こそ生まれなかったものの、湘南が3点のビハインドを追いついて2016年の戦いを締めくくった。 2016.12.24 21:07 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース