フットサル日本代表、ミゲル監督「招集した選手たちの実力に疑いはない」《国際親善試合》2016.01.26 22:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽27日に国立代々木競技場第一体育館で国際親善試合のフットサル日本代表vsフットサルコロンビア代表が行われる。日本代表を率いるミゲル・ロドリゴ監督が、前日会見に臨んだ。

▽国内での親善試合を迎えるにあたってミゲル監督は「ワールドカップベスト4の相手との対戦をファンの皆さんに見てもらえる機会を得られて嬉しく思う」とコメント。さらに「コロンビアはサッカーと同様に個人技に長けたチーム。明日の試合を見て楽しんでもらいたい」と見どころを語った。

▽また、2月にウズベキスタンで行われるAFCフットサル選手権に向けた調整を行っている日本代表は、今月19日から名古屋で合宿を行ってきた。「今のコンディションはウズベキスタンに向けてのもの。ハードなトレーニングをして疲労がある中で、選手たちがどういうゲームを出来るか」を課題に挙げている。

▽今回の親善試合では16名を招集したミゲル監督。AFCフットサル選手権は14名の登録となるため「メンバー争いを健全な競争の中で勝ち取ってもらいたい。さらにケガ人が出た場合などはバックアップメンバーとして2選手から招集する」と、多く選手を招集した理由を語った。

▽目標とするコロンビアワールドカップの出場権獲得とAFCフットサル選手権3連覇に向けては「招集した選手たちの実力に疑いはない。その中で今のチームの雰囲気は良い。選手たちのモチベーションが高い」と手応えを感じたようだ。一方で「星は名古屋でアクシデントがあり、今まで痛めていた部分とは違う箇所に違和感がある。重要な選手なだけに(メンバーに)残ってもらいたい」と、FP星翔太が万全な状態ではないことを明かした。

コメント

関連ニュース

thumb

名古屋が町田に勝利し無敗キープ!! 神戸は浜松に勝利し上位追走!!《ゼビオFリーグ》

▽26日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第3節の2試合が行われた。名古屋オーシャンズvsペスカドーラ町田は、5-3で名古屋が勝利。アグレミーナ浜松vsデウソン神戸は、1-5で神戸が勝利した。 <div id="ad"></div> ◆名古屋オーシャンズvsペスカドーラ町田 ▽1勝1分けの名古屋がホーム開幕戦で、1勝1敗の町田を迎えた。試合は9分にセットプレーの流れから酒井ラファエル良男がネットを揺らして名古屋が先制。その後もセルジーニョの2得点など名古屋が得点を重ねると、町田は前半終了間際に第2PKを横江怜が沈めて1点を返し、4-1で試合を折り返した。すると後半は25分に滝田学、27分に横江がゴールを奪い1点差に詰め寄る。しかし、名古屋も28分に前鈍内マティアスエルナンが追加点を奪い再び2点差に。町田は残り5分を切ってGKに篠崎隆樹を入れたパワープレーに入るが、追いつくことはできずに試合は終了。名古屋が3戦無敗とした。 ◆アグレミーナ浜松vsデウソン神戸 ▽開幕から2連敗中の浜松がホーム開幕戦で、1勝1敗の神戸を迎えた。試合は開始5分に鈴村拓也のゴールで神戸が先行すると14分には原田浩平も加点する。一方の浜松は前半にゴールをうばえなかったものの、21分に山蔦一弘が1点を返した。しかし29分に相井忍が追加点を奪い、神戸が3-1とリードすると、浜松は終盤に須藤慎一をGKに置いたパワープレーを開始。ところが、終了間際の40分に稲田瑞穂、相井に連続でゴールを許し、浜松は開幕3連敗。神戸は2勝1敗と白星を先行させた。 2016.06.26 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

浦安が今季初勝利!! 府中vs大阪の2連勝決戦はドロー決着で、3連勝のすみだが首位キープ!!《ゼビオFリーグ》

▽25日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第3節の4試合が行われた。シュライカー大阪vs府中アスレティックFCは2-2のドローで終了。バルドラール浦安vsエスポラーダ北海道は4-2で浦安が勝利し、湘南ベルマーレvsバサジィ大分は、4-1で大分が勝利している。ヴォスクオーレ仙台vsフウガドールすみだは3-1ですみだが勝利した。 <div id="ad"></div> ◆シュライカー大阪vs府中アスレティックFC ▽開幕2連勝同士の一戦は、6分にヴィニシウスのゴールで大阪が先制する。そのまま前半を折り返すと、22分には上福元のゴールで府中が同点とした。大阪は24分に佐藤のゴールで勝ち越すも、府中も31分に小山が同点ゴールを奪取。その後もゴールを目指した両チームだったが、痛み分けに終わっている。 ◆バルドラール浦安vsエスポラーダ北海道 ▽開幕から2試合勝利がない両チームの一戦は、開始4分に加藤、10分に大橋のゴールで浦安が2点をリードする。しかし北海道も16分に水上がネットを揺らして2-1として試合を折り返した。浦安は27分、小野がネットを揺らして3点目を奪うも、そこから北海道が攻勢に出る。30分に十川のゴールで1点差に詰め寄った北海道は、なおも浦安陣内に攻め込んで同点ゴールを目指すも、40分に深津がダメ押しゴールを奪い、浦安が未勝利対決を制した。 ◆湘南ベルマーレvsバサジィ大分 ▽開幕2試合で勝利がない湘南と、1勝1分けの大分が激突した。8分に芝野のゴールで先制した大分は、21分、28分にも芝野がネットを揺らしてハットトリックを達成。湘南は31分に岡村が一矢報いるも、36分に仁部屋が追加点を奪い、大分が完勝した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsフウガドールすみだ ▽開幕2連敗中の仙台と2連勝中のすみだが対戦。前半はゴールレスで折り返すも、23分に松木のゴールでホームの仙台が先制する。しかし首位のすみだは28分に西谷のゴールで同点とすると、36分に太見、37分に稲葉がゴールを奪い、逆転で唯一の3連勝として首位をキープした。 2016.06.25 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スコールズ氏がインドで新設されるプレミアフットサルに参戦! デコ氏に続き2人目のマーキープレーヤーに

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で活躍したポール・スコールズ氏が、来月インドで開幕する新フットサルリーグでプレーすることが決まった。3年契約を結んだと、プレミアフットサルの公式サイトが伝えている。 ▽世界初となる多国籍フットサルリーグであるプレミアフットサルは、7月15日に開幕を迎える。リーグとして8名のマーキープレーヤーを設ける中、スコールズ氏は2人目とのこと。1人目はかつてバルセロナやチェルシー、ポルトガル代表で活躍したデコ氏となっている。 ▽スコールズ氏はデイビッド・ベッカム氏やライアン・ギグス氏、ギャリー&フィリップのネビル兄弟とともに92年組としてユナイテッドで活躍。22年間にわたる現役生活で、718試合に出場。プレミアリーグを11回、チャンピオンズリーグを2回制するなど、25個のトロフィーを獲得した。 ▽参戦に当ってスコールズ氏は「フットサルはサッカー選手のいくつかのスキルの発展に重要な役割を果たしてきた魅力的なもの」とコメント。「世界中でいくつかの大会を見たことがある。プレミアフットサルはインドでスポーツを広める素晴らしい方法であり、世界で最も情熱的なクノの1つであるインドのみなさんに会えるのを楽しみにしている」と、プレミアフットサル参戦を楽しみにしていると語った。 ▽デコ氏の他、スコールズ氏を含むマーキープレーヤーの8名は、ドラフトに寄ってチームが割り当てられることになる。なお、プレミアフットサルはバルセロナやレアル・マドリー、インテルなどで活躍した元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏が設立に携わっている。 2016.06.24 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

町田がホーム開幕戦で今季初勝利!! 大分vs名古屋はドロー決着《ゼビオFリーグ》

▽19日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第2節の2試合が行われた。バサジィ大分vs名古屋オーシャンズは2-2のドローで終了。ペスカドーラ町田vsヴォスクオーレ仙台は4-1で町田が快勝している。 <div id="ad"></div> ◆バサジィ大分 vs 名古屋オーシャンズ ▽ともに代々木セントラルで勝利し、開幕2連勝を目指す両チームの一戦は、9分に酒井ラファエル良男のゴールでアウェイの名古屋が先制する。しかしホーム開幕戦を戦う大分も16分に仁部屋のループシュートで試合を振り出しに戻した。迎えた25分に芝野のゴールで大分が逆転に成功。しかし直後の26分に名古屋はシンビーニャのゴールで2-2とする。結局試合はそのまま終了を迎え、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 ◆ペスカドーラ町田 vs ヴォスクオーレ仙台 ▽代々木セントラルで黒星を喫した2チームの一戦は、5分に森谷のゴールでホーム開幕戦を迎えた町田が先制する。さらに13分には仙台がボックス内でハンドを犯して得たPKを金山が沈めて、2-0で試合を折り返した。後半も開始直後にセットプレーから篠崎が強烈なボレーシュートを決めて、町田が追加点を奪う。一方の仙台は32分に木島が一矢報いるも、試合終了間際に篠崎がこの日2点目を奪い、町田が4-1と快勝した。 2016.06.19 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

すみだが2戦合計18ゴールと攻撃陣が爆発!! 開幕2連勝で暫定首位!! 《ゼビオFリーグ》

▽17日から3日間にかけて、SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第2節が各地で開催される。 ▽17日にはフウガドールすみだvsデウソン神戸が行われ撃ち合いの末にすみだが9-6で勝利。18日に行われたエスポラーダ北海道vs湘南ベルマーレは、4-4のドローに終わった。シュライカー大阪vsアグレミーナ浜松は4-3で大阪が勝利し、府中アスレティックFCvsバルドラール浦安は5-4で府中が勝利。すみだ、大阪、府中は開幕2連勝を飾っている。 <div id="ad"></div> ◆フウガドールすみだ vs デウソン神戸 ▽開幕戦の代々木セントラルで勝利している2チームの一戦は、前半を2-1とすみだがリードして終えると、後半は壮絶な打ち合いとなる。すみだは太見などのゴールで5-1と後半立ち上がりから神戸を突き放す。しかし反撃にでた神戸は、稲田、相井、森がネットを揺らして5-4と点差を縮める。その後も互いにゴールを奪い合い、終わってみればすみだは稲葉が、神戸は稲田がハットトリックを達成。1996名の観客が見守った大一番はフットサルの魅力が詰まった一戦となり、9-6ですみだが勝利した。 ◆エスポラーダ北海道 vs 湘南ベルマーレ ▽開幕戦で名古屋を相手に敗戦を喫した北海道がホーム開幕戦で、同じく開幕戦で府中に敗れた湘南を迎えた一戦。互いに初勝利が欲しい中、7分に大徳のゴールで湘南が先行する。しかし9分に酒井、18分に鈴木がゴールを奪って、北海道が逆転して試合を折り返した。迎えた32分、湘南は刈込が同点ゴールを奪うと、33分にも刈込が加点して逆転する。しかし北海道は36分、38分と鈴木がゴールを奪ってハットトリックを達成。このまま北海道勝利かと思われた40分に岡村のゴールが決まり、試合は4-4のドローに終わった。 ◆シュライカー大阪 vs アグレミーナ浜松 ▽開幕戦で浦安と打ち合いの末に勝利した大阪がホーム開幕戦で、すみだに大敗した浜松と対戦した。立ち上がりから両者とも点を奪い合う展開となり、大阪が先行しては浜松が追いつき、前半は2-2で終えた。迎えた後半、28分にオウンゴールから浜松がこの試合初めてのリードを奪う。そのまま試合終盤に差し掛かるも、36分に今シーズンから大阪に加入したチアゴの来日初ゴールで試合は振り出しに。さらに38分にはヴィニシウスが第2PKを決めて勝負あり、大阪が土壇場で浜松を下して開幕2連勝を飾った。 ◆府中アスレティックFC vs バルドラール浦安 ▽開幕戦で湘南に勝利した府中がホーム開幕戦で、開幕戦の大阪戦に敗れている浦安を迎えた。開始20秒で深津のゴールにより浦安が先制するも、2分に永島のゴールで府中が追いつく。その後1点ずつを加えて迎えた6分に永島の2点目が決まって府中がこの試合初めてリードを奪う。さらに13分にも加点した府中が4-2とリードして試合を折り返した。後半は一転して浦安が点を重ねる。24分に加藤、30分には深津の2点目が決まり、試合は振り出しへ。しかし38分、府中は相手陣内でボールを奪うと、皆本がシュートを沈めてタイムアップ。浦安を下した府中が開幕2連勝を飾った。 2016.06.18 21:23 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース