フットサル日本代表、ミゲル監督「招集した選手たちの実力に疑いはない」《国際親善試合》2016.01.26 22:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽27日に国立代々木競技場第一体育館で国際親善試合のフットサル日本代表vsフットサルコロンビア代表が行われる。日本代表を率いるミゲル・ロドリゴ監督が、前日会見に臨んだ。

▽国内での親善試合を迎えるにあたってミゲル監督は「ワールドカップベスト4の相手との対戦をファンの皆さんに見てもらえる機会を得られて嬉しく思う」とコメント。さらに「コロンビアはサッカーと同様に個人技に長けたチーム。明日の試合を見て楽しんでもらいたい」と見どころを語った。

▽また、2月にウズベキスタンで行われるAFCフットサル選手権に向けた調整を行っている日本代表は、今月19日から名古屋で合宿を行ってきた。「今のコンディションはウズベキスタンに向けてのもの。ハードなトレーニングをして疲労がある中で、選手たちがどういうゲームを出来るか」を課題に挙げている。

▽今回の親善試合では16名を招集したミゲル監督。AFCフットサル選手権は14名の登録となるため「メンバー争いを健全な競争の中で勝ち取ってもらいたい。さらにケガ人が出た場合などはバックアップメンバーとして2選手から招集する」と、多く選手を招集した理由を語った。

▽目標とするコロンビアワールドカップの出場権獲得とAFCフットサル選手権3連覇に向けては「招集した選手たちの実力に疑いはない。その中で今のチームの雰囲気は良い。選手たちのモチベーションが高い」と手応えを感じたようだ。一方で「星は名古屋でアクシデントがあり、今まで痛めていた部分とは違う箇所に違和感がある。重要な選手なだけに(メンバーに)残ってもらいたい」と、FP星翔太が万全な状態ではないことを明かした。

コメント

関連ニュース

thumb

湘南に追い込まれるも逆転勝利のすみだが開幕6連勝で首位独走!! 浜松は参入後初の連勝!!《ゼビオFリーグ》

▽23日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第6節の3試合が行われた。バサジィ大分vsシュライカー大阪は6-2で大分が勝利し、ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松は3-2で浜松が勝利した。湘南ベルマーレvsフウガドールすみだの関東ダービーは4-3ですみだが勝利している。 <div id="ad"></div> <B>◆バサジィ大分vsシュライカー大阪</B> ▽勝ち点7で5位の大分と勝ち点10で3位の大阪が相見えた一戦。最初に試合を動かしたのは2連敗中の大分で、開始2分に白方秀和がネットを揺らす。大阪は7分にヴィニシウスが同点ゴールを奪うも、17分にディドゥダ、18分に仁部屋和弘が連続でゴールを奪った大分が3-1とリードして試合を折り返した。 ▽後半も大分が先にスコアを動かす。34分に熊谷知紀がゴールを奪うと、36分にディドゥダが2点目を奪い、37分には田村がダメ押し点を奪う。大阪は40分に加藤未渚実が一矢報いるも反撃もここまでで終わり、大分が連敗を2でストップさせた。 <B>◆ヴォスクオーレ仙台vsアグレミーナ浜松</B> ▽開幕から5連敗中の仙台と、前節の大分戦で今季初勝利を飾った浜松が激突した。試合は12分に松浦勇武のゴールで浜松が先制する。そのまま試合を折り返すと、24分に内野、藤山が連続でネットを揺らして仙台が逆転に成功した。しかし浜松もここから反撃に出ると30分に山蔦のゴールで2-2とする。さらに残り27秒で松浦がこの日2点目を奪ってそのまま終了。浜松が参入後初となる連勝を飾った。 <B>◆湘南ベルマーレvsフウガドールすみだ</B> ▽湘南とすみだの関東ダービーは、4分に安嶋健至のゴールでホームの湘南が先手を取ると、10分にロドリゴのゴールで点差を広げた。すみだは18分、清水和也がPKを成功させて点差を詰める。20分にロドリゴに再びゴールを許すも、前半終了1秒前に太見寿人のゴールで3-2と1点差にして前半を終えた。 ▽後半は守る湘南、攻めるすみだの構図となると、30分に清水がこの日2点目を奪って、3-3の同点とする。さらに34分には田村佳翔が決勝ゴールを奪い試合は終了。逆転勝利のすみだが開幕6連勝を飾った。 2016.07.23 19:53 Sat
twitterfacebook
thumb

守護神・イゴール復帰の町田が浦安との“関東ダービー”を制す!《ゼビオFリーグ》

▽22日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第6節の1試合が行われた。ペスカドーラ町田vsバルドラール浦安の“関東ダービー”は、4-3で町田が勝利した。 <div id="ad"></div> <B>◆ペスカドーラ町田vsバルドラール浦安</B> ▽約1週間の中断期間を経て再開されたリーグ戦。町田は守護神であるフットサル日本代表GKピレス・イゴールが復帰した。試合は9分、ホームの町田がFKを獲得すると、これを横江怜が直接叩き込んで先制する。先制を許した浦安は前半残り59秒、鋭い縦パスに反応した小野大輔がトラップでゴール方向に運び、GKイゴールとの一対一を制して、前半のうちに追いつく。 ▽後半は互いに点の取り合いに。21分に町田の中井健介が勝ち越しゴールを奪えば、浦安は22分に相手陣内で得た間接FKから荒牧太郎がゴール前にボールを入れると、これがディフレクトしてネットを揺らし、すぐさま2-2と追いつく。しかし、30分に中井の強烈なボレーが決まって町田が3度目のリードを手にすると、36分にはカウンターから原辰介が体でボールを押し込んで加点。浦安は小宮山友祐が1点を返すも、町田が逃げ切って4-3で勝利した。 2016.07.22 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

チームに改善を求めるペドロコスタ監督「決勝に進みたいのならば今日のようなミスをしてはいけない」

▽名古屋オーシャンズのペドロコスタ監督が、17日に行われたAFCフットサルクラブ選手権2016、グループA第3節のチョンブリ・ブルーウェーブ(タイ)戦を振り返った。アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えている。 ▽決勝トーナメント進出をかけて開催国のチョンブリと対戦した名古屋は先制を許す展開の中、25分に日本代表FP安藤良平のゴールで同点とする。しかしその後2失点を喫して1-3の敗戦を喫した。この結果、名古屋はグループAを2位で通過し、準々決勝では前回大会優勝チームであるイランのタシサット・ダリアエイとの対戦が決まった。 ▽試合後会見に臨んだペドロコスタは選手たちのパフォーマンスに満足感を示す一方で、決勝に進出するためにはディテールにこだわる必要があると語った。 「非常に難しいゲームであり、一方で良い試合だったとも思っている。まさに決勝のような試合だった。我々は勝つために全てを出しつくしたが、今日は相手の方が上手だった。ただ、我々の目的の一つは決勝トーナメントに進むこと。それは達成できた」 「チームは初戦よりも良い戦いを見せてくれたとも思っている。若干の変更を加えるなど、この試合に勝利するための手は尽くしてきた。もちろん結果には満足していない。だが選手たちを誇りに思っている」 「しかし結果を見てみると、我々は1勝もせずに決勝トーナメントに進んでしまった。もし決勝でプレーしたいと思うのであれば、これからは勝利が必要だ。今日も数回のミスが見られたが、これからの戦いはそういったミスを犯してはいけない」 2016.07.18 12:32 Mon
twitterfacebook
thumb

チョンブリに敗れた名古屋、グループ2位で決勝トーナメントへ《AFCフットサルクラブ選手権2016》

▽16日にタイのバンコクアリーナでAFCフットサルクラブ選手権2016のグループA第3節、チョンブリ・ブルーウェーブ(タイ)vs名古屋オーシャンズが行われ、名古屋は1-3の敗戦を喫した。 ▽フットサルクラブのアジア1位を決めるAFCフットサルクラブ選手権が、15日からタイで開幕した。Fリーグから参戦している名古屋は、グループA第3節で開催国のチョンブリと対戦した。大勢の観客が詰めかけ満員となったアリーナで行われた注目の一戦は2分にセットプレーの流れから名古屋が失点を喫する。 ▽そのまま前半を終えるも、迎えた25分に左サイドで粘りを見せた日本代表FP安藤良平が浮かせたシュートをゴールネットに沈めて名古屋が同点とする。しかし直後の27分に直接FKを決められて勝ち越しを許すと、35分にはカウンターから3失点目を喫した。結局試合はそのまま終了を迎え、名古屋は1-3の敗戦を喫するも得失点差の関係でグループAを2位で通過。この結果、準々決勝では前回大会の優勝チームであるイランのタシサット・ダリアエイと対戦することが決定した。なお、準々決勝は19日の19時15分から行われる。 2016.07.18 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョ健在! インドのフットサルで5得点、スコールズのチームを撃破

元ブラジル代表FWロナウジーニョが、インドでのフットサルで5ゴールを挙げ、7-2の勝利に貢献した。<br><br>新たに創設されたプレミア・フットサルのゴアに加わったロナウジーニョは17日、元イングランド代表ポール・スコールズのバンガロールと対戦した。<br><br>ロナウジーニョは敵守護神をかわしての先制点を奪取。すると、スコールズを応援しようと駆けつけたインドのマンチェスター・ユナイテッドファンからも「ジーニョ、ジーニョ」と声援が送られた。<br><br>ゴアは一度逆転を許したが、ロナウジーニョが同点弾、逆転弾とハットトリックを達成。後半も柔らかいタッチのループシュートで4点目を挙げ、その後も得意のテクニックやノールックパスで会場を沸かせる。<br><br>終了間際にダメ押しとなる5点目も決めたロナウジーニョは、デビュー戦でその存在感を見せつけた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.18 08:20 Mon
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース