フットサル日本代表、ミゲル監督「招集した選手たちの実力に疑いはない」《国際親善試合》2016.01.26 22:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽27日に国立代々木競技場第一体育館で国際親善試合のフットサル日本代表vsフットサルコロンビア代表が行われる。日本代表を率いるミゲル・ロドリゴ監督が、前日会見に臨んだ。

▽国内での親善試合を迎えるにあたってミゲル監督は「ワールドカップベスト4の相手との対戦をファンの皆さんに見てもらえる機会を得られて嬉しく思う」とコメント。さらに「コロンビアはサッカーと同様に個人技に長けたチーム。明日の試合を見て楽しんでもらいたい」と見どころを語った。

▽また、2月にウズベキスタンで行われるAFCフットサル選手権に向けた調整を行っている日本代表は、今月19日から名古屋で合宿を行ってきた。「今のコンディションはウズベキスタンに向けてのもの。ハードなトレーニングをして疲労がある中で、選手たちがどういうゲームを出来るか」を課題に挙げている。

▽今回の親善試合では16名を招集したミゲル監督。AFCフットサル選手権は14名の登録となるため「メンバー争いを健全な競争の中で勝ち取ってもらいたい。さらにケガ人が出た場合などはバックアップメンバーとして2選手から招集する」と、多く選手を招集した理由を語った。

▽目標とするコロンビアワールドカップの出場権獲得とAFCフットサル選手権3連覇に向けては「招集した選手たちの実力に疑いはない。その中で今のチームの雰囲気は良い。選手たちのモチベーションが高い」と手応えを感じたようだ。一方で「星は名古屋でアクシデントがあり、今まで痛めていた部分とは違う箇所に違和感がある。重要な選手なだけに(メンバーに)残ってもらいたい」と、FP星翔太が万全な状態ではないことを明かした。

コメント

関連ニュース

thumb

森岡薫が代表復帰!! フットサル日本代表候補メンバーが発表!!《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は6日、12日から14日にかけて愛知県のテバオーシャンアリーナで行われるフットサル日本代表候補トレーニングに参加するメンバーを発表した。 ▽ブルーノ・ガルシア新監督就任後2度目の代表活動となる今回は、今シーズンより名古屋オーシャンズからペスカドーラ町田に活躍の場を移したFP森岡薫が復帰。また、U-19日本代表としても活躍するフウガドールすみだのFP清水和也も引き続き選出された。 ▽そして、今回のトレーニングキャンプでは、フウガドールすみだのFP田村佳翔、エスポラーダ北海道のFP堀米将太、ペスカドーラ町田のFP原辰介が初招集となった。メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆フットサル日本代表候補メンバー</span>※初選出 <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">藤原潤</span>(バルドラール浦安) <span style="font-weight:700;">関口優志</span>(名古屋オーシャンズ) <span style="font-weight:700;">上原拓也</span>(湘南ベルマーレ) <span style="font-weight:700;">FP</span> <span style="font-weight:700;">森岡薫</span>(ペスカドーラ町田) <span style="font-weight:700;">小曽戸允哉</span>(シュライカー大阪) <span style="font-weight:700;">西谷良介</span>(フウガドールすみだ) <span style="font-weight:700;">渡邉知晃</span>(府中アスレティックFC) <span style="font-weight:700;">滝田学</span>(ペスカドーラ町田) <span style="font-weight:700;">皆本晃</span>(府中アスレティックFC) <span style="font-weight:700;">諸江剣語</span>(フウガドールすみだ) <span style="font-weight:700;">星龍太</span>(名古屋オーシャンズ) <span style="font-weight:700;">仁部屋和弘</span>(バサジィ大分) <span style="font-weight:700;">加藤竜馬</span>(バルドラール浦安) <span style="font-weight:700;">田村佳翔</span>(フウガドールすみだ)※ <span style="font-weight:700;">室田祐希</span>(ペスカドーラ町田) <span style="font-weight:700;">加藤未渚実</span>(シュライカー大阪) <span style="font-weight:700;">堀米将太</span>(エスポラーダ北海道)※ <span style="font-weight:700;">原辰介</span>(ペスカドーラ町田)※ <span style="font-weight:700;">清水和也</span>(フウガドールすみだ) 2016.12.06 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

引退を発表した小宮山弾で浦安が府中とのダービーマッチを制する《ゼビオFリーグ》

▽5日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第23節、バルドラール浦安vs府中アスレティックFCの関東ダービーが行われ、1-0で浦安が勝利した。 <div id="ad"></div> ◆バルドラール浦安vs府中アスレティックFC ▽試合は浦安がショートパスを繋ぎながら裏を狙っていくのに対して、府中も押し込んだ状態からのピヴォ当てで攻撃を組み立てる。すると16分に、今シーズン限りでの引退を発表した小宮山友祐のゴールで浦安が先制して前半を終えた。 ▽後半は府中が前プレを強めて主導権を握る。押し込まれる浦安はカウンターから追加点を目指すが、どちらもゴールを奪えず。すると府中は38分からパワープレーに出るが、それでも追いつくことはできずに試合は終了。浦安が、引退を発表した小宮山のゴールで府中とのダービーマッチを制した。 2016.12.05 21:12 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋が大分との接戦をものに!! 湘南はGKフィウーザの豪快弾も北海道が苦手アウェイで逃げ切る《ゼビオFリーグ》

▽4日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第23節の3試合が行われた。デウソン神戸vsフウガドールすみだは2-2の引き分けに終わり、湘南ベルマーレvsエスポラーダ北海道は2-1で北海道が勝利した。名古屋オーシャンズvsバサジィ大分は、打ち合いの末に名古屋が3-2で勝利している。 <div id="ad"></div> ◆デウソン神戸vsフウガドールすみだ ▽ゴールレスで前半を終えた一戦は、25分に渡井博之が古巣相手に先制ゴールを奪う。さらに30分にも渡井がネットを揺らしてすみだが2点を先行した。神戸は試合終盤にパワープレーを開始すると、36分にPKを獲得。これを相井忍が決め、さらに残り2秒で稲田瑞穂の同点ゴールが決まる。結局2-2のドローに終わり勝ち点1を分け合った。 ◆湘南ベルマーレvsエスポラーダ北海道 ▽試合は前半をゴールレスで終えると、25分に高山剛寛のゴールで北海道が先手を奪う。しかし33分、湘南はGKフィウーザがボールをキャッチするとそこから自信でもちあがり、強烈なミドルシュートを突き刺して同点とする。迎えた40分、北海道が水上玄太がカウンターを決めきると、これが決勝点となり北海道がアウェイで白星を飾った。 ◆名古屋オーシャンズvsバサジィ大分 ▽開始7分に熊谷知紀の先制ゴールで大分がリードする。しかし名古屋も11分にシンビーニャが同点として試合を折り返した。後半は先に名古屋がスコアを動かす。34分にセルジーニョ、36分にシンビーニャがゴールを奪い3-1と大分を突き放した。大分は39分に田村龍太郎が1点を返すも反撃はここまで。名古屋が逃げ切りに成功している。 2016.12.04 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

大阪の攻撃陣がまたも大爆発!! 9発快勝で16連勝!!《ゼビオFリーグ》

▽3日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第23節の2試合が行われた。アグレミーナ浜松vsシュライカー大阪は、2-9で大阪が勝利。ヴォスクオーレ仙台vsペスカドーラ町田は1-3で町田が勝利した。 <div id="ad"></div> ◆アグレミーナ浜松vsシュライカー大阪 ▽浜松アリーナで行われた一戦は、大阪の魅惑の攻撃陣が牙を剥く。3分に加藤未渚実が先制ゴールを奪うと、6分にチアゴが加点。その後1点を返されるも、9分にチアゴ、18分に加藤が再びネットを揺らした。4-1で迎えた後半も大阪は得点を重ね。28分に加藤がハットトリックを達成すると、30分には田村友貴がネットを揺らす。浜松は31分に松浦勇武がこの日2点目を奪ったが、その後も失点を止められず、9-2と大差をつけて試合は終了した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsペスカドーラ町田 ▽仙台市青葉体育館で行われた一戦は、6分に中井健介、10分に室田祐希がネットを揺らして町田が2点のリードを奪う。そのまま試合を折り返すと、30分に永村八一がネットを揺らして仙台が点差を詰めた。しかし試合終盤の35分にオウンゴールから町田が再び2点差とすると、仙台はパワープレーを仕掛けるが実らずに試合は終了。町田が敵地で勝ち点3を獲得した。 2016.12.03 18:21 Sat
twitterfacebook
thumb

元フットサル日本代表FP小宮山友祐が今シーズン限りでの現役引退を発表… 2012年W杯ではキャプテンとして日本を初の決勝Tに導く

▽Fリーグのバルドラール浦安は2日、元フットサル日本代表FW小宮山友祐(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽駒沢大学時代にフットサルを始めた小宮山は、2000年にファイルフォックスに加入。さらに2007年にはバルドラール浦安に加入してFリーグ開幕を迎えた。日本代表としては、2004年のチャイニーズ・タイペイ、2008年のブラジル、2012年のタイワールドカップに出場するなど3大会でプレー。 ▽さらに2012年の横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良もメンバー入りしたタイ・ワールドカップでは、キャプテンとしてチームを初の決勝トーナメント進出に導いている。 ▽小宮山はバルドラール浦安の公式サイト上で次のようにコメントを残している。なお、バルドラール浦安は、12月5日にホームの浦安市総合体育館でゼビオFリーグ第23節の府中アスレティックFC戦を迎える。 「今シーズンを持ちまして、選手生活を引退することを決意いたしましたので、ご報告をさせていただきます」 「フットサル選手になり17年。浦安に在籍して10年。この間、私を支え、応援して下さった全てのファンの皆様、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。感謝の言葉しかありません」 「皆様の応援があったからこそ、ここまで選手としてプレーをし続けることが出来ました。辛い時、苦しい時、皆様の応援にどれだけ救われ、どれだけ支えられたか。勝利した時、皆様と一緒に喜びを分かち合えた時、皆様の笑顔を見られた時、最高の時間でした。本当にありがとうございました」 「ここまで長く、人生をかけてフットサルに取り組むとは思いもしませんでした。自分が趣味として始めた『大好きなフットサル』が、趣味の域を越え、『職業のフットサル』になり、日本一になり、日本代表選手になり、日本代表キャプテンにもなり、W杯に3度も出場させていただくこともでき、 夢のような選手生活でした」 「20歳で競技フットサルを始めた時からは、今の自分を想像することはまったく出来なかったですし、今でも、不思議な感覚でいます。これが小宮山友祐なのかと。これが自分の人生なのかと。3歳年上の兄と始めたフットサルが、いつしか自分のプレーをお金を払って観に来てくれる方がいてくださるようになり、日本にフットサルのプロチームができ、全国リーグ(Fリーグ)ができ、毎週末、試合で全国を飛び回り、試合をし、また、練習をし、次の試合に向けて準備をする」 「このプロ選手のような生活を自分がしていることがFリーグ開幕当初は不思議な感覚でした。自分のプレーをお金を払って観に来て下さる方がいるという事実。それに見合うプレーをしなければいけないと常に思っていましたし、10年経った今もその想いはまったく変わらずに、私の心の中に存在し続けます。それが、出来なくなった時、引退をする時なのだと」 「そして、その時が来たのかなと、思います。毎試合、『これが人生最後の試合だ』と思って準備をしてきましたし、試合でも1分1秒をチームの為に注いできたつもりです。もしかすると、振り返るともっともっと、やれたこともあったかと思います。追求出来たこともあったかと思います」 「でも、それらすべてを含めて、自分の選手生活だったのだと思います。10年前、教員を辞めるときに当時の教え子達に言われた、『どうせやるなら、中途半端にじゃなく、フットサル界を代表する選手になって』という言葉。今でも鮮明に覚えています。ここで引退する私に彼らは、どう思うのか、もし、会うことが出来たなら、何て言う言葉を掛けられるのか、わかりません」 「フットサル界を代表する選手になれたのかもわかりません。ただ、もし会えるとしたら、私は、中途半端ではなく、『とことんやりきったよ』と伝えたいです。家族、友人、仲間、チームメイト、ライバル、監督、コーチ、クラブスタッフ、ファン、サポーター、などなど、関わって下さった全ての方々に感謝の気持ちで一杯です」 「本当にありがとうございました。また、引退を表明しましたが、まだ、試合はあります。プレーオフへの可能性もります。バルドラール浦安の為に、最後の最後まで全力を注ぎたいと思います」 2016.12.03 11:36 Sat
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース