マンチーニに「ホモ野郎」発言のサッリ、厳罰を回避して2試合のベンチ入り禁止か2016.01.21 03:08 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、インテルのロベルト・マンチーニ監督を罵った発言に関し、厳罰を避けられる見込みだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽サッリ監督は、19日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のインテル戦(0-2)の試合終盤にて、ロベルト・マンチーニ監督に対して「このホモ野郎」と中傷。サッリ監督は同性愛の友人がいることを理由に同性愛嫌いではないと主張していたものの、イタリアメディアはイタリアサッカー連盟の規則により、性的な差別発言にあたるとして最大で4カ月の停止処分が科される可能性もあると報じていた。

▽しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、サッリ監督の処分は2試合のベンチ入り禁止になるとのこと。ナポリはインテルに敗れてコッパ・イタリアを敗退したため、来シーズンの同大会にて処分が適用される模様だ。

▽なお、サッリ監督はエンポリを率いていた2014年3月、セリエB第31節のヴァレーゼ戦(0-1で敗戦)において、ポルトガル人DFマリオ・ルイに退場処分が下った判定に関し、審判団を同性愛者と罵る発言をしていた模様。しかし、当時はその発言に対して処分が科されることはなく、ヴァレーゼサポーターに侮辱的なジェスチャーを行ったことに対して5000ユーロの罰金が科されていた。

▽また、サッリ監督は今回の件により、イタリアのテレビ番組『Striscia la Notizia』の人気コーナーの1つで、その週の残念だった人に贈られる“金のバク賞”を受賞したという。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリがトッテナムの若手MFプリチャード獲得を目論む? プレミア2クラブも獲得に関心とも

▽ナポリが、トッテナムの元U-21イングランド代表MFアレックス・プリチャード(23)の完全移籍獲得を目指しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽プリチャードには2つのプレミアリーグクラブが800万ポンド(約12億2600万円)での獲得に関心を示しているとされていた。昨年8月にトッテナムと4年契約を結んだプリチャードだが、今年1月にWBAへとレンタル移籍。しかし、WBAではリーグ戦で2試合の出場に終わっていた。 ▽2014-15シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のブレントフォードで45試合に出場し12得点を記録していたプリチャードだが、トッテナムでは出場機会が限られており、オファー次第では移籍の可能性もありそうだ。 2016.06.22 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、イグアイン獲得を諦める? トップクラスのFW到着は...

アトレティコ・マドリーは、ナポリFWゴンサロ・イグアインを獲得候補から外したのかもしれない。アンドレア・ベルタTD(テクニカルディレクター)が明かした。<br><br>ディエゴ・シメオネ監督の要望で、トップクラスのストライカー補強に動いているアトレティコ。その候補としてイグアイン、チェルシーFWジエゴ・コスタ、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWエディンソン・カバーニらの名前が浮上している。<br><br>イグアインは2015&minus;16シーズン、35試合に出場して36得点を挙げ、セリエA最多得点記録を更新した。同選手にはアトレティコのほか、PSGやバイエルンからの関心が取りざたされているところだ。<br><br>だがベルタTDは、イタリア『ラジオCrc』で「ナポリの人々は安心していい。イグアインはアトレティコに来ないだろう」と語った。アトレティコがアルゼンチン代表FW獲得に動く可能性を否定している。<br><br>ナポリとイグアインの契約には9470万ユーロ(約110億円)の契約解除金が設定されているとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.22 00:27 Wed
twitterfacebook
thumb

イグアインにほれ込むナポリ会長「大好きだからずっと残ってほしい」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、FWゴンサロ・イグアインにほれ込んでいるようだ。長期契約を結ぶ用意があると明かし、選手がナポリに残ることを望んでいると述べた。<br><br>セリエAの年間最多得点記録を66年ぶりに更新したイグアインには、ビッグクラブからの関心が絶えない。だが、アルゼンチン代表としてコパ・アメリカ・センテナリオに参戦中のイグアイン本人は先日、ナポリサポーターらに「安心してくれ」と残留を示唆するようなコメントを発している。<br><br>デ・ラウレンティス会長はイタリア『ラジオ・キス・キス・ナポリ』で、イグアインについて次のように述べた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。<br><br>「彼がゴールを決めて喜ぶのを見られるのは、いつだって素晴らしいことだ。彼の言葉が正直なものなら、今後もまだウチでプレーするということだろう。私は彼と5年契約を結ぶ用意がある(現行契約は2018年まで)。選手としても、人としても、彼のことが大好きなんだ。ずっとナポリに残ってほしい」<br><br>去就が騒がれているDFカリドゥ・クリバリやMFマレク・ハムシクについても、デ・ラウレンティス会長は次のように述べている。<br><br>「クリバリとはケンカなどしていない。彼はあと3年、我々と残るだろう。さらにあと2年の契約を望むなら、座って話し合うよ。我々は銀行じゃない。予算も守らなければいけないんだ」<br><br>「ハムシクとも話す。今はユーロを戦っているし、煩わせたくない。ナポリの選手が代表でゴールを決めると、我々はうれしいんだよ」<br><br>提供:goal.com 2016.06.21 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ハムシク代理人、移籍の可能性は「五分五分」ビッグクラブからのオファー示唆

ナポリMFマレク・ハムシク(28)の代理人が、この夏の移籍の可能性が50%だと述べている。<br><br>スロバキア代表をけん引するハムシクは、15日に行われたユーロ2016グループB第2節のロシア戦で1ゴール1アシストと活躍した。スロバキア代表のヤン・コザク監督は、ハムシクには「もっと大きなクラブがふさわしい」と述べている。<br><br>代理人はスロバキア『Pluska』で、選手の今後について次のように述べた。イタリア『メディアセット』が伝えている。<br><br>「ナポリ残留? サッカー界ではあらゆることが可能だ。常に50%の可能性がある。どうなるかは様子をみよう。ハムシクはナポリに残りたいという希望を示した。だが、ロシア戦が終わってから、私にはたくさんの電話が届いている。彼のクオリティーは欧州でよく知られているんだ」<br><br>「(連絡をしてきたのは)重要なクラブたちだよ。だが、それ以上は言わない。ハムシクの市場価値は3200~3500万ユーロだ。マーケットではあらゆることが可能で、常に可能性は五分五分だよ。ナポリは小さなクラブじゃない。だが、マーケットでは決してどうなるか分からないものだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.20 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

イグアインはナポリ残留? 「サポーターよ、安心してくれ」

ナポリFWゴンサロ・イグアインの頭に、「移籍」の二文字はないのかもしれない。サポーターに「安心してくれ」とメッセージを発している。イタリアメディアが報じた。<br><br>コパ・アメリカ・センテナリオ準々決勝のベネズエラ戦で、イグアインは2得点を挙げ、4-1の快勝に貢献した。その試合後、イグアインは次のように述べている。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。<br><br>「僕がナポリに残ることを望むクラブやイタリアの国に何を言うことができるか? 安心してほしい。僕は落ち着いている。僕が考えているのは代表のことだけだ」<br><br>ナポリとイグアインの契約には9470万ユーロ(約111億2300万円)の契約解除金が設定されており、パリ・サンジェルマンやバイエルン・ミュンヘンからの関心が報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.19 23:30 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース