マンチーニに「ホモ野郎」発言のサッリ、厳罰を回避して2試合のベンチ入り禁止か2016.01.21 03:08 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、インテルのロベルト・マンチーニ監督を罵った発言に関し、厳罰を避けられる見込みだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽サッリ監督は、19日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のインテル戦(0-2)の試合終盤にて、ロベルト・マンチーニ監督に対して「このホモ野郎」と中傷。サッリ監督は同性愛の友人がいることを理由に同性愛嫌いではないと主張していたものの、イタリアメディアはイタリアサッカー連盟の規則により、性的な差別発言にあたるとして最大で4カ月の停止処分が科される可能性もあると報じていた。

▽しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、サッリ監督の処分は2試合のベンチ入り禁止になるとのこと。ナポリはインテルに敗れてコッパ・イタリアを敗退したため、来シーズンの同大会にて処分が適用される模様だ。

▽なお、サッリ監督はエンポリを率いていた2014年3月、セリエB第31節のヴァレーゼ戦(0-1で敗戦)において、ポルトガル人DFマリオ・ルイに退場処分が下った判定に関し、審判団を同性愛者と罵る発言をしていた模様。しかし、当時はその発言に対して処分が科されることはなく、ヴァレーゼサポーターに侮辱的なジェスチャーを行ったことに対して5000ユーロの罰金が科されていた。

▽また、サッリ監督は今回の件により、イタリアのテレビ番組『Striscia la Notizia』の人気コーナーの1つで、その週の残念だった人に贈られる“金のバク賞”を受賞したという。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第17節プレビュー】上位陣は格下と対戦

▽前節行われたユベントスvsインテルのイタリア・ダービーは0-0で引き分け、インテルが首位を死守した。そして、ナポリがフィオレンティーナに0-0で引き分け、首位奪還はならなかった。さらに、ローマもキエーボに0-0と引き分けたことで上位陣の順位に変動はなかった。迎える第17節、上位陣は格下との対戦が組まれている。 ▽まずは首位のインテル(勝ち点40)から。土曜日の23:00キックオフで13位ウディネーゼ(勝ち点18)とのホーム戦に臨むインテルは、前節敵地でのユベントス戦を劣勢ながら守備陣の奮闘により引き分けに持ち込んだ。貴重な勝ち点1を持ち帰った中、火曜日に行われたコッパ・イタリアでは3部のポルデノーネをPK戦の末に辛くも下した。ここで先発した長友だったが、PK成功以外に目立ったプレーはなく、アピールに失敗している。引き続きベンチスタート予想だが、出場のチャンスは訪れるか。 ▽インシーニェ不在が響いてフィオレンティーナからゴールを奪えず、公式戦3試合勝利のない2位ナポリ(勝ち点39)は、8位トリノ(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。トリノ戦ではインシーニェが先発復帰予想となっており、得点力の向上が見込める。前節ラツィオを下したトリノに勝利し、首位奪還となるか。 ▽3位ユベントス(勝ち点38)は、11位ボローニャとのアウェイ戦に臨む。前節インテルとのイタリア・ダービーでは優勢に試合を進めながらも、決め手を欠いて勝ち点1獲得に留まった。久々に1週間の休養期間が得られた中、インテンシティを高く保って勝利を掴み取り、インテルとナポリを追走したい。 ▽キエーボGKソレンティーノの牙城を崩せなかった4位ローマ(勝ち点35/未消化1試合)は、14カリアリ(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。主力を温存し過ぎた影響もあって勝ち点2を失ったローマは、次節ユベントス戦を前にすっきりと勝利して大一番に臨みたい。 ▽ボナヴェントゥーラのドッピエッタでガットゥーゾ体制3戦目にして初勝利を飾った7位ミラン(勝ち点24)は、水曜日にコッパ・イタリアで3-0と快勝した19位ヴェローナ(勝ち点10)とのアウェイ戦で連勝を目指す。最後にインモービレ退場が響いてトリノに敗戦した5位ラツィオ(勝ち点32/未消化1試合)は、8位アタランタ(勝ち点23)とのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照 ◆セリエA第17節 ▽12/16(土) 《23:00》 インテル vs ウディネーゼ 《26:00》 トリノ vs ナポリ 《28:45》 ローマ vs カリアリ ▽12/17(日) 《20:30》 ヴェローナ vs ミラン 《23:00》 ボローニャ vs ユベントス フィオレンティーナ vs ジェノア クロトーネ vs キエーボ サンプドリア vs サッスオーロ 《26:00》 ベネヴェント vs SPAL 《28:45》 アタランタ vs ラツィオ 2017.12.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、来年1月のヴルサリコ獲得を断念か 会長が発言

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、アトレティコ・マドリーのクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(25)の獲得に動いていることを認めたが、今冬の移籍市場での獲得が困難となっていることも明かした。同会長がイタリア『イル・マッティーノ』に語った内容を、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ナポリでは、左サイドバックでレギュラーを務めていたアルジェリア代表DFファウジ・グラムが11月の初めに負傷。右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷と診断され、半年近く離脱することが明らかになっていた。 ▽代役探しが急務となったナポリは、アトレティコで出場機会に悩むヴルサリコをリストアップ。本人も移籍を希望しているということが各紙より報道されており、今冬の獲得が囁かれていた。しかし、デ・ラウレンティス会長は今シーズン中の獲得が困難だと感じているようだ。 「我々はフルバックを強化したいと考えている。しかし、それは簡単なことではない。1月に(シメ・)ヴルサリコとのサインを締結するには、困難があるからだ。確かに彼が欲しいが、複雑なんだ」 「最近、アトレティコの(エンリケ・セレーゾ)会長と会談した。彼は『今は取引を行うことができない』と言ったよ。しかし、恐らく(困難なのは)6月までだ。彼らには多くの試合があるからね」 ▽ヴルサリコは、シーズン最序盤に負ったヒザの負傷の影響もあり、リーガエスパニョーラ第15節終了時点で公式戦の出場は7試合のみ。そのうち、リーガでの出場は4試合に留まっている。 2017.12.15 05:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリが期待のMFアランと契約延長へ

▽ナポリがブラジル人MFアラン(26)との契約延長に向けて動き出しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2015-16シーズンにウディネーゼからナポリに加入したアランは主にインサイドハーフとしてプレー。今シーズンはセリエAで16試合に出場して2ゴールを奪う活躍を見せている。 ▽報道によるとナポリはアランと2019年6月末までの契約を結んでいる模様。クラブ側はアランのパフォーマンスを高く評価しているようで2021年までの新契約を準備しているようだ。 ▽なお、アランは現在年俸140万ユーロ(約1億8600万円)とのこと。しかし新契約では210万ユーロ(約2億8000万円)となるようで、早ければ来月には締結されるという。 2017.12.14 13:52 Thu
twitterfacebook
thumb

サッリに惹かれて!? ヴィエラが将来的なセリエA参戦に興味

▽ニューヨーク・シティの指揮官を務めるパトリック・ヴィエラ監督が、将来的にセリエAで指揮を執りたいとの意向を口にした。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽現役時代にミラン、ユベントス、インテルといったセリエAのビッグクラブでプレーしたヴィエラ監督。2011年にマンチェスター・シティで現役を引退すると、2013-14シーズンからの2年間はシティのアカデミーコーチに就任。2016年からはMLSのニューヨーク・シティで指揮を執っている。 ▽そんなヴィエラ監督が、イタリアで行われたイベントに参加。現在、セリエAで2位に付けるナポリを称え、マウリツィオ・サッリ監督へ称賛を送り、自身は将来的にセリエAで指揮を執りたいと希望を口にした。 「サッリは素晴らしい指揮官だと思っている。私自身はナポリのサッカーを見るのが大好きなんだ。クオリティの高いサッカーをしている。ユーベは勝ち方を知っている。インテルも良いね。この3チームがスクデットを争っていくだろう」 「ミランのガットゥーゾにも興味がある。同じようにラツィオのシモーネ・インザーギも興味深い。イタリアには戦術家が多く、斬新なアイデアが生まれる。そして国としてサッカーに情熱を持っている。私も監督としてイタリアに戻りたいと思っているよ」 2017.12.14 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループF総括】シティ盤石、シャフタールがナポリを食う

▽マンチェスター・シティとナポリが本命と思われたグループFだったが、シャフタールがナポリを出し抜いて2位通過を果たした。フェイエノールトは案の定、蚊帳の外だった。 ■グループF順位表■ [勝ち点/得失点] 1:マンチェスター・シティ[15/9] 2:シャフタール[12/0] 3:ナポリ[6/0] 4:フェイエノールト[3/-9] ◆完成度高めて余裕の首位通過~マンチェスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_61_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は脆弱な守備も散見してベスト16で敗退したシティだったが、グアルディオラ体制2季目の今季はチームとしての完成度を一気に高めていることを証明した。とりわけ第3節、第4節と連戦したナポリ戦ではシティの強さが遺憾なく発揮された。シティ同様、完成度の高いサッカーを展開するナポリをシティは凌駕。2連勝とし、2試合を残してグループステージ突破を決めた。 ◆ナポリとの2位争いを制す~シャフタール~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_62_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ナポリが2位通過と目されたグループでシャフタールが3年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。タイソンやベルナール、マルロスら優れたテクニックと機動力を持つブラジル人が主軸のシャフタールは、初戦でナポリを撃破。対戦順にも恵まれ、第3節、第4節とフェイエノールト相手に連勝したことでグループステージ突破を近づけた。結局、第5節ナポリ戦では0-3と完敗したものの、最終節では首位通過を決め、主力を温存してきたシティに勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。 ◆シティと好勝負もシャフタールに出し抜かれる~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_63_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シティと共に本命と思われたナポリだったが、終わってみれば初戦のシャフタール戦を落としたことが大きなツケを払う形となった。また、対戦順にも恵まれず、本気のシティと第3節、第4節で対戦しなければならなかったのも痛恨だった。ホームで行われた第4節では先制するまで優勢に試合を運び、欧州レベルでもナポリのサッカーが十分に通用することを示したが、現在欧州屈指の実力を持つシティに勝ち切ることは至難の業だった。結果、第5節でシャフタールに完勝して最終節に望みをつなぐもフェイエノールトに敗れてEL行きとなった。 ◆蚊帳の外~フェイエノールト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_64_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽18年ぶりにオランダ王者となり、15年ぶりのCL参戦となったフェイエノールトは、やはりこのグループにおいて蚊帳の外だった。シティとシャフタールに歯が立たず、全敗で迎えた最終戦のナポリ戦では相手が突破の芽がなくなったことで士気を失ったため、勝利したに過ぎなかった。 2017.12.13 18:05 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース