マンチーニに「ホモ野郎」発言のサッリ、厳罰を回避して2試合のベンチ入り禁止か2016.01.21 03:08 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、インテルのロベルト・マンチーニ監督を罵った発言に関し、厳罰を避けられる見込みだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽サッリ監督は、19日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のインテル戦(0-2)の試合終盤にて、ロベルト・マンチーニ監督に対して「このホモ野郎」と中傷。サッリ監督は同性愛の友人がいることを理由に同性愛嫌いではないと主張していたものの、イタリアメディアはイタリアサッカー連盟の規則により、性的な差別発言にあたるとして最大で4カ月の停止処分が科される可能性もあると報じていた。

▽しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、サッリ監督の処分は2試合のベンチ入り禁止になるとのこと。ナポリはインテルに敗れてコッパ・イタリアを敗退したため、来シーズンの同大会にて処分が適用される模様だ。

▽なお、サッリ監督はエンポリを率いていた2014年3月、セリエB第31節のヴァレーゼ戦(0-1で敗戦)において、ポルトガル人DFマリオ・ルイに退場処分が下った判定に関し、審判団を同性愛者と罵る発言をしていた模様。しかし、当時はその発言に対して処分が科されることはなく、ヴァレーゼサポーターに侮辱的なジェスチャーを行ったことに対して5000ユーロの罰金が科されていた。

▽また、サッリ監督は今回の件により、イタリアのテレビ番組『Striscia la Notizia』の人気コーナーの1つで、その週の残念だった人に贈られる“金のバク賞”を受賞したという。

コメント

関連ニュース

thumb

3連勝を飾ったグアルディオラがナポリを称賛「これまで対戦した中で最高のチームの1つ」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ナポリに敬意を表している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは17日、チャンピオンズリーグ・グループF第3節でナポリとのホーム戦に臨んだ。セリエAで開幕から全勝を維持している好調のナポリを相手にシティは序盤から主導権を握り、9分にリロイ・ザネ、13分にガブリエウ・ジェズスがゴール。後半PKから1点を返されるも、1点のリードを死守。シティがグループリーグ3連勝を飾った。 ▽試合後、グアルディオラ監督はこれまでのキャリアの中でナポリが最高のチームの1つであると称賛。また、「そのようなチームに勝てたことはとても誇り高い」と満足感を示している。 「ナポリは、私が監督としても選手としても対戦した中で最高のチームの1つだ。そのようなチームに勝てたことはとても誇り高いね」 「良いプレーができなければナポリを倒すことは不可能だ。しかし、我々はそれができた。とても幸せだ。それでも、現在彼らが最高のチームの1つであることは確かだね」 「ナポリのような素晴らしいチームに90分間試合を支配できるとは思っていない。それでも試合開始30分から35分までの間、良い試合の入り方を見せて2ゴールを奪うことができた。楽しい前半だったよ」 「その後は、少し体力が落ちて、カウンター時にシュートで終えることができなかった。プレスの出足も遅くなった。それに対して、ナポリは素晴らしいパスワークを持っていた」 ▽両者は、11月1日(水)に行われる第4節で対戦する。果たして、最高のチーム相手にシティは連勝を飾れるだろうか。 2017.10.18 09:08 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 2-1 ナポリ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節、マンチェスター・シティvsナポリが17日に行われ、2-1でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171018_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.5 PKストップでチームに安心感を与える。フィードも落ち着いていた DF 2 ウォーカー 5.5 PK献上もそれ以外はミスがなかった 5 ストーンズ 6.0 終始安定したプレーぶり。63分のピンチを身体を張った守備で防ぐ 30 オタメンディ 6.0 ソリッドな対応を続け、メルテンスを封殺 18 デルフ 5.5 やや軽率なミスが散見も乗り切る MF 7 スターリング 6.0 抜け目なく先制点をゲット (→ベルナルド・シウバ -) 17 デ・ブライネ 6.5 2点目をアシスト。ミドルシュートは不運にもバーを直撃 25 フェルナンジーニョ 6.0 PK献上も随所に攻撃のスイッチを入れるパスを供給した 21 シルバ 6.0 先制点に絡む。神出鬼没な動きでチャンスメーク (→ギュンドアン -) 19 L・ザネ 6.5 左サイドで起点に。ヒサイを翻弄した FW 33 ガブリエウ・ジェズス 6.0 確実に決定機を決めて追加点をもたらす (→ダニーロ -) 監督 グアルディオラ 6.5 とりわけ前半の圧倒ぶりは圧巻だった ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171018_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 23 ヒサイ 5.0 L・ザネの前に珍しく翻弄されていた (→マッジョ 5.0) ヒサイ同様、L・ザネに手を焼いた 33 アルビオル 5.5 ぎりぎりの対応を続け、踏ん張っていた 26 クリバリ 5.5 ゴールライン上のクリアを見せるなど奮闘 31 グラム 6.0 PK獲得など持ち味の攻撃参加を発揮 MF 20 ジエリンスキ 5.0 攻守に凡庸 42 A・ディアワラ 5.5 PKを決めたが、ビルドアップは遮断され、守備の防波堤となることもできず 17 ハムシク 5.5 65分のチャンスを決めたかった (→ウナス -) FW 7 カジェホン 5.5 クロスからPK誘発。何度かチャンスを作った 14 メルテンス 5.0 PK失敗。セリエAで放つ輝きは見せられなかった 24 インシーニェ 5.0 見せ場を作れず負傷交代 (→アラン 6.0) 相手の運動量が落ちていた中、球際の強さを発揮 監督 サッリ 5.5 後半は盛り返したが、前半の劣勢ぶりは厳しかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! エデルソン(マンチェスター・シティ) ▽とりわけ前半はシティの攻撃陣が素晴らしいパフォーマンスを見せていたが、結果的に前半のPKを止めていたことが勝利につながったことを受け、エデルソンを選出。 マンチェスター・シティ 2-1 ナポリ 【マンチェスター・シティ】 スターリング(前9) ガブリエウ・ジェズス(前13) 【ナポリ】 A・ディアワラ(後28[PK]) 2017.10.18 05:51 Wed
twitterfacebook
thumb

スターリング&ジェズス弾でナポリ撃破のシティが3連勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第3節、マンチェスター・シティvsナポリが17日に行われ、2-1でシティが勝利した。 ▽前節シャフタール戦をデ・ブライネの圧巻ミドルなどで2-0と勝利して2連勝スタートとしたシティは、3日前に行われたストーク・シティ戦を7発圧勝した。そのストーク戦と同じスタメンを送り出した。 ▽対するナポリはフェイエノールトに攻撃陣揃い踏みで3-1と快勝し、1勝1敗スタートとした。そして、開幕から全勝を維持しているセリエAでは直近のローマ戦をインシーニェ弾で1-0と勝利。好調を維持する中、ローマ戦のスタメンから2選手を変更。ジョルジーニョとアランに代えてジエリンスキとA・ディアワラを起用した。 ▽共にポゼッションに優れる両チームの注目の立ち上がり、ホームチームのシティがボールを握り、主導権を掴む展開となった。すると9分、L・ザネのスルーパスでボックス左に抜け出したシルバがマイナスに折り返すと、ファーサイドのウォーカーのシュートはDFにカットされるも、ルーズボールをスターリングが流し込んで、あっさりシティが先制する。 ▽さらに13分、アルビオルのヘディングでのクリアボールを拾ったデ・ブライネがボックス右に侵攻。対応したクリバリの股間を抜くクロスボールを受けたガブリエウ・ジェズスが難なく押し込んで追加点を奪いきった。 ▽その後もハイプレスでナポリのパスワークを寸断するシティが圧倒すると、25分にはロングカウンターの流れからデ・ブライネの左足ミドルがバー直撃。さらに28分、右クロスを受けたガブリエウ・ジェズスがシュートに持ち込むも、ゴールライン上でクリバリにクリアされた。 ▽戦前の予想以上に手も足も出ずに圧倒され続けたナポリは、30分を過ぎて徐々にボールを持つ時間を得ると、37分にPKを獲得する。カジェホンの右クロスをアルビオルが合わせにかかったところでウォーカーに抱きかかえられて倒された。しかし、キッカーのメルテンスが正面下に蹴ったシュートはGKエデルソンのセーブに阻まれ、1点差に詰め寄ることはできない。 ▽シティの2点リードで迎えた後半、引き続きシティが流れを掴む中、ナポリにアクシデント。56分にインシーニェが股関節を痛めてアランとの交代を余儀なくされた。 ▽シティがギアを落とす中、ナポリのポゼッションの機会が増すと、65分に決定機。アランが敵陣でフェルナンジーニョのボールロストを誘発し、ルーズボールを拾ったメルテンスがボックス右から折り返す。そしてハムシクがシュートに持ち込むも、ストーンズの身体を張ったブロックに阻まれた。 ▽それでも72分、グラムがドリブルでボックス内に侵入したところでフェルナンジーニョに倒されてPKを獲得。これをキッカーのA・ディアワラがゴール右隅へ冷静に流し込んで、ナポリが1点差に詰め寄った。 ▽続く80分にはカジェホンのスルーパスに抜け出したメルテンスが独走しかけてシュートに持ち込むも、フィニッシュは枠を捉えきれない。終盤にかけてはガブリエウ・ジェズスを下げてダニーロを投入したシティが試合をコントロールして2-1のまま逃げ切り。グループの本命対決を制して3連勝とした。 ▽グループFのもう一試合、フェイエノールトvsシャフタールは1-2でシャフタールが勝利し、2勝1敗としている。 2017.10.18 05:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第3節プレビュー①】シティvsナポリ、マドリーvsスパーズのビッグマッチ開催

▽2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が17日と18日に開催される。ここでは17日に開催されるグループE~H第3節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ第3節 ▽10/17(火) ◆グループE 《27:45》 マリボル vs リバプール スパルタク・モスクワ vs セビージャ ◆グループF 《27:45》 フェイエノールト vs シャフタール マンチェスター・シティ vs ナポリ ◆グループG 《27:45》 モナコ vs ベシクタシュ ライプツィヒ vs ポルト ◆グループH 《27:45》 アポエル vs ドルトムント レアル・マドリー vs トッテナム ◆グループE:未勝利のリバプール、必勝のマリボル戦<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171016_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3週間前に行われた第2節ではグループの本命であるリバプール(イングランド)がスパルタク・モスクワ(ロシア)に引き分けた一方、セビージャ(スペイン)がマリボル(スロベニア)に快勝している。迎える第3節ではここまで2分けと未勝利のリバプールがグループ最弱と目されるマリボルとのアウェイ戦に臨む。 ▽敵地でのスパルタク・モスクワ戦を圧倒しながらも1-1と引き分けたリバプールは、直近のマンチェスター・ユナイテッドとの大一番では守備を固めてきた相手を崩しきれず、ゴールレスドローで終えた。攻撃の核であるマネの負傷離脱が痛い状況だが、マリボルとの2連戦はグループを突破する上で連勝必須。コウチーニョやサラーらの活躍に期待が懸かる。 ▽イェデルのハットトリックでマリボルを一蹴して1勝1分けスタートとしたセビージャは、直近のビルバオ戦を0-1と敗戦し、リーガで今季2敗目を喫した。低調な内容で敗れた上、攻守の要であるエンゾンジを負傷で失った中、3番手と目されるスパルタク・モスクワを下せるか。 ◆グループF:シティとナポリによる本命同士のビッグマッチ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171016_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節では本命のマンチェスター・シティ(イングランド)とナポリ(イタリア)が順当に勝利を収めたグループF。そのシティとナポリが第3節、第4節と立て続けに激突する。 ▽前節シャフタール(ウクライナ)戦をデ・ブライネの圧巻ミドルなどで2-0と勝利して2連勝スタートとしたシティは、直近のストーク・シティ戦を7発圧勝した。とりわけ、デ・ブライネが4ゴールに絡む活躍を見せ、圧巻の存在感を放っている。交通事故に遭ったアグエロもベンチ入りしており、ナポリ戦には万全の状態で挑める状況だ。 ▽対するナポリはフェイエノールト(オランダ)に攻撃陣揃い踏みで3-1と快勝し、1勝1敗スタートとした。開幕から全勝を維持しているセリエAでは直近のローマ戦をインシーニェ弾で1-0と勝利。終始、試合をコントロールする安定感ある戦いぶりでシティ戦に弾みを付ける勝利となった。ケガ人がおらずベストメンバーで臨めるため、スペクタクルな試合が期待できそうだ。 ◆グループG:連勝のベシクタシュが未勝利のモナコと連戦<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171016_40_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節ではベシクタシュ(トルコ)がライプツィヒ(ドイツ)に快勝して2連勝スタートとし、モナコ(フランス)がポルト(ポルトガル)に0-3と完敗し、1分け1敗スタートとなっている。迎える第3節では連勝のベシクタシュと未勝利のモナコが激突する。 ▽ポルトとの2003-04シーズン決勝カードを0-3と完敗したモナコは、直近のリヨン戦を代表戦を戦った影響でファルカオやシディベを温存した中、2-3と敗戦。グループステージ突破のためには勝利が必須となる中、主力を投入して反転攻勢を狙う。 ▽一方、ホームの大観衆の声援を背にライプツィヒを一蹴したベシクタシュは、タリスカやバベル、クアレスマら攻撃陣が機能している。モナコ戦ではカウンターを狙う展開となることが予想されるが、ペペやメデルらを軸に耐えつつ、前述の攻撃陣の一刺しに期待したい。 ▽もう一試合のライプツィヒvsポルトではライプツィヒがCL初勝利を目指し、ポルトが連勝を目指す。 ◆グループH:連勝スタートのレアル・マドリーvsトッテナムのビッグマッチ開催<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171016_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ハイレベルな三つ巴の戦いが展開されているグループHでは、レアル・マドリー(スペイン)がドルトムント(ドイツ)を下して2連勝スタートとし、アポエル(キプロス)に快勝したトッテナム(イングランド)と共に2連勝スタートとした。 ▽レアル・マドリーは前節、ドルトムントとのアウェイ戦をC・ロナウドの2ゴールなどで3-1と勝利。試合巧者ぶりを発揮した王者は、直近のヘタフェ戦を苦戦しながらも負傷から復帰したベンゼマと、C・ロナウドのリーグ初ゴールで2-1と辛勝した。公式戦4連勝と好調を維持する中、守護神のケイロル・ナバスが復帰濃厚と、追い風の状況で3連勝を目指す。古巣対戦となるモドリッチにも注目だ。 ▽対するトッテナムは、ケインのハットトリックでアポエルに3-0と快勝し、2連勝スタートとした。直近のリーグ戦では鬼門となっているホーム扱いのウェンブリーでボーンマスに1-0と辛勝。良い流れを維持した中、王者撃破を目論む。 ▽2連敗スタートで追い込まれたドルトムントはアポエルとの2連戦は必勝が求められる。直近のライプツィヒ戦では3失点してブンデス初黒星を喫したドルトムントだが、出場機会のなかった香川には起爆剤となるような働きを期待したい。 2017.10.17 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 0-1 ナポリ《セリエA》

▽セリエA第8節、ローマvsナポリのデルビー・デル・ソーレが14日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのナポリが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 6.0 失点はノーチャンス。冷静なゴールキーピングで最少失点で凌いだ DF 25 ブルーノ・ペレス 6.0 集中した守備に加え、幾度かサイドを深くえぐってチャンスに絡んだ 44 マノラス 5.5 機動力と読みを利かせた守備で奮闘も、後半立ち上がりにそ径部を痛めて負傷交代 (→ファシオ 6.0) 緊急出動も冷静な守備とビルドアップで貢献。あわや同点ゴールという決定機にも絡む 5 ファン・ジェズス 6.0 強気なライン設定の中で持ち味のフィジカルを活かして粘り強く守った 11 コラロフ 6.0 中央に絞って危険なエリアをカバーしつつ、マイボール時も落ち着いたプレーでリズムを作った MF 24 フロレンツィ 5.5 持ち味のテクニックを生かした仕掛けとパスで見せ場は作った (→ジェンギズ 5.0) 決定機に絡んだが、それを決め切る力がなかった 16 デ・ロッシ 5.0 やや不運ながらバックパスをカットされて失点に関与 4 ナインゴラン 5.5 トップ下の位置で攻守に戦ったが、押し込まれたことでゼコを孤立させてしまった 7 ペッレグリーニ 6.0 積極的にプレーに関与するなど、及第点の出来 (→ジェルソン -) 8 ペロッティ 5.5 負傷明けということもあり、試合への入りに苦しんだが、試合終盤にようやく真価を発揮 FW 9 ゼコ 5.0 前線で攻守に戦ったが、あまりにサポートが少なく相手センターバック2枚に封じられた 監督 ディ・フランチェスコ 5.5 柔軟なシステム変更など、現状のチームでできることはやった ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.0 ファシオの決定的なヘディングシュートを見事な反応で防ぐ。ビルドアップでも存在感 DF 23 ヒサイ 6.5 攻守にミスがほとんどなく抜群の安定感 33 アルビオル 6.5 出足鋭い潰しで守備を締め、正確な球出しも光った 26 クリバリ 6.5 持ち味のフィジカルを遺憾なく発揮し、ゼコをきっちり封じた。要所で見せる持ち出しも利いていた 31 グラム 6.5 正確なキックを活かして攻撃に厚みを加え、守備ではクロスへの対応など高い集中力を保つ MF 5 アラン 6.5 豊富な運動量で常にボールホルダーに圧力をかけ、球際でも強さが光った 8 ジョルジーニョ 6.0 ミスのない繋ぎと泥臭い守備でチームを助けた (→A・ディアワラ 5.5) 疲弊した味方の分まで献身的に走り回った 17 ハムシク 6.0 代表戦の疲れも見えたが、要所で判断の良いプレーを見せて決定機に絡んだ (→ジエリンスキ 5.5) 攻守に無難な仕事を見せた FW 7 カジェホン 6.0 今日はなかなか味方に使ってもらえなかったが、惜しみないフリーランで相手DFの注意を引くなど、攻守に利いていた (→ログ -) 14 メルテンス 6.0 ややフィニッシュの精度を欠いたが、縦横無尽の動きで相手守備陣をかく乱 24 インシーニェ 6.5 冷静なフィニッシュで先制点を奪取。重心低いドリブルで再三相手守備網を突破した 監督 サッリ 6.5 スコアこそ最少得点差だったが、敵地で完成度の違いを見せつける快勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インシーニェ(ナポリ) ▽値千金の決勝点を奪い、チームを開幕8連勝に導いた。相手の守備も集中していた中、代表戦の疲労を感じさせない鋭い仕掛けで攻撃をけん引した。 ローマ 0-1 ナポリ 【ナポリ】 インシーニェ(前20) 2017.10.15 06:02 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース