マンチーニに「ホモ野郎」発言のサッリ、厳罰を回避して2試合のベンチ入り禁止か2016.01.21 03:08 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、インテルのロベルト・マンチーニ監督を罵った発言に関し、厳罰を避けられる見込みだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽サッリ監督は、19日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のインテル戦(0-2)の試合終盤にて、ロベルト・マンチーニ監督に対して「このホモ野郎」と中傷。サッリ監督は同性愛の友人がいることを理由に同性愛嫌いではないと主張していたものの、イタリアメディアはイタリアサッカー連盟の規則により、性的な差別発言にあたるとして最大で4カ月の停止処分が科される可能性もあると報じていた。

▽しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、サッリ監督の処分は2試合のベンチ入り禁止になるとのこと。ナポリはインテルに敗れてコッパ・イタリアを敗退したため、来シーズンの同大会にて処分が適用される模様だ。

▽なお、サッリ監督はエンポリを率いていた2014年3月、セリエB第31節のヴァレーゼ戦(0-1で敗戦)において、ポルトガル人DFマリオ・ルイに退場処分が下った判定に関し、審判団を同性愛者と罵る発言をしていた模様。しかし、当時はその発言に対して処分が科されることはなく、ヴァレーゼサポーターに侮辱的なジェスチャーを行ったことに対して5000ユーロの罰金が科されていた。

▽また、サッリ監督は今回の件により、イタリアのテレビ番組『Striscia la Notizia』の人気コーナーの1つで、その週の残念だった人に贈られる“金のバク賞”を受賞したという。

コメント

関連ニュース

thumb

ガッビアディーニの今季初弾とハムシク弾でナポリがキエーボに快勝《セリエA》

▽ナポリは24日、セリエA第6節でキエーボとのホーム戦に臨み、2-0で快勝している。 ▽前節ジェノア戦をゴールレスドローで終えたナポリは、3勝2分けとなり2位に後退した。4日後にチャンピオンズリーグのベンフィカ戦を控える中、ジェノア戦のスタメンから4選手を変更。ミリクやメルテンス、アランにヒサイといった主力をベンチスタートとした。 ▽3勝1分け1敗と好スタートを切ったキエーボに対し、引き続き[4-3-3]を採用したナポリは、3トップに右からカジェホン、ガッビアディーニ、インシーニェ、中盤アンカーにジョルジーニョ、前方左にハムシク、右にジエリンスキを据えた。 ▽そのナポリがキエーボを押し込むと12分、ジエリンスキのラストパスを受けたボックス左のハムシクがダイレクトでシュートに持ち込み、GKを強襲。続く17分にはガッビアディーニのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKソレンティーノの好守に阻止されてしまった。 ▽19分には分厚い攻めを見せ、ジエリンスキの右クロスにガッビアディアーニが合わせたシュートは枠を捉えきれない。それでも24分、ハムシクの浮き球パスをボックス右で引き出したカジェホンが後方に落としてガッビアディーニが左足のコントロールシュート。これがゴール左に決まってナポリが順当に先制した。 ▽さらに39分、インシーニェのスルーパスを受けたボックス左のハムシクが左足を一閃。強烈なシュートがネットに突き刺さってナポリが追加点を奪い、前半を終えた。 ▽迎えた後半も主導権を渡さないナポリが危なげなく時間を進めていく。3点目に迫るチャンスこそ訪れないものの、2点のリードを保つと、ガッビアディーニに代えてミリク、ジョルジーニョに代えてアランを投入していった。 ▽試合終盤にかけてもキエーボに何もさせないナポリは、インシーニェに代えてメルテンスにスイッチ。攻撃の強度を維持したまま2-0で快勝。ユベントスを1ポイント差で追走している。 2016.09.25 05:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリがアルビオルと2020年まで契約延長、新たに3年更新

▽ナポリは23日、元スペイン代表DFラウール・アルビオル(31)と、2020年6月30日まで契約を更新したことを発表した。これまでは2017年6月30日までの契約だったため、新たに3年更新したことになる。 ▽2013年夏にレアル・マドリーからナポリに4年契約で加入したアルビオルはセンターバックのポジションを移籍初年度から奪取。これまで公式戦124試合に出場し、近年のナポリの好成績に大きく貢献している。 ▽来季で契約の切れる予定だったアルビオルには古巣のバレンシアが獲得に興味を示していたとされるが、今後もナポリでプレーを続けることとなった。なお、ナポリでは先日、アルビオルとセンターバックでコンビを組むセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(25)と2021年6月30日まで契約を更新していた。 2016.09.24 01:20 Sat
twitterfacebook
thumb

長友欠場もイカルディ4連発のインテルが3連勝! ローマもゼコ2発で大勝! ナポリはゴールレスドローで首位陥落…《セリエA》

▽セリエA第5節が21日に行われた。日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、敵地でエンポリと対戦し、2-0で勝利した。長友はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、ユベントスとの“イタリア・ダービー”を制して勢いに乗るインテルは、敵地でエンポリと対戦した。立ち上がりからペースを握るインテルは10分、ボックス右でカンドレーバが上げたクロスをゴール前でフリーのイカルディがダイビングヘッドで合わせ、開始早々に先制点を奪う。 ▽エースの4試合連続ゴールで勢いづくアウェイチームは、再びエースが魅せる。17分、献身的なプレスバックから相手陣内でボールを奪ったジョアン・マリオの丁寧なスルーパスに抜け出したイカルディが、冷静にGKとの一対一を制した。 ▽このリードで変に余裕の生まれたインテルは、エンポリの反撃から幾度となくピンチを招くが、相手のシュートミスなどに助けられ、2点リードのまま試合をクローズ。それでも、イカルディの4試合連続弾で快勝のインテルが、リーグ3連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160922_014_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、開幕から3勝1分けと唯一無敗を継続する首位のナポリは、敵地でジェノアと対戦し、ゴールレスドローに終わった。 ▽立ち上がりから攻勢を見せたナポリは、19分にボックス中央でパスを受けたハムシクに決定機も、このダイレクトシュートはクロスバーを叩く。さらに34分には右CKからミリクがヘディングシュートを狙うが、これはGKペリンの好守に阻まれた。 ▽前半にゴールを奪えなかったナポリは後半に入ると、徐々に攻撃が停滞。流れを変えたいサッリ監督はインシーニェら攻撃的なタレントを投入する。だが、74分に裏に抜け出したインシーニェはGKとの一対一を決め切れず。結局、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、無敗を継続したものの今季2度目のドローとなったナポリは、ユベントスに抜かれて首位陥落となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160922_0014_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、前節フィオレンティーナを相手に今季初黒星を喫した6位のローマは、ホームで昇格組のクロトーネと対戦。バンディエラのトッティを今季初先発で起用したローマは、26分にエル・シャーラウィの今季初ゴールで先制に成功する。これで勢いに乗ったチームは、37分にサラー、後半立ち上がりの48分と57分にゼコが立て続けにゴールをこじ開け、4点を奪取。その後、相手にPKを与えたものの、キッカーのミスでピンチを凌ぎ、ホームで4-0の快勝。公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。 2016.09.22 06:59 Thu
twitterfacebook
thumb

クリバリがナポリと2年契約を延長、2021年まで更新

▽ナポリは19日、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(25)と2021年6月30日まで契約を更新したことを発表した。これまでの契約から2年延長する格好となっている。 ▽2014年夏にベルギーのヘンクから5年契約でナポリに加入したクリバリは、移籍初年度から圧倒的なフィジカルを武器にセンターバックのレギュラーポジションを奪取。今夏の移籍市場ではチェルシーに獲得を狙われるなど、注目されていた。 ▽ナポリの会長を務めるアウシリオ・デ・ラウレンティス会長は自身のツイッターで「クリバリが2021年まで契約を更新したことを発表できて満足だ」とコメントしている。 2016.09.20 04:24 Tue
twitterfacebook
thumb

途中出場ミリクのドッピエッタと絶好調カジェホン弾でナポリがボローニャに競り勝つ《セリエA》

▽ナポリは17日、セリエA第4節でボローニャを本拠地サン・パオロに迎え、3-1で勝利した。 ▽前節パレルモ戦をカジェホンの2戦連続ドッピエッタで4-0と快勝したナポリは、チャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦を2-1と逆転勝利し、公式戦3連勝とした。そのナポリはディナモ・キエフ戦のスタメンから4選手を変更。ミリクやメルテンス、アランといった主力がベンチスタートとなった。 ▽[4-3-3]の布陣を採用し、3トップに右からカジェホン、ガッビアディーニ、インシーニェと並べたナポリは開始4分にジェマイリのボレーシュートでゴールに迫られる。それでも8分にカジェホンの枠内シュートで反撃に転じると、ポゼッションを高めて押し込んだ中、14分に先制する。左サイドからインシーニェが右足で上げたクロスをファーサイドの絶好調カジェホンが頭で押し込んだ。 ▽先制後もボールを保持してボローニャの反撃を許さないナポリは追加点に迫るチャンスを演出することはなかったものの、ボローニャのシュートを1本に抑えてハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半開始4分にタイデルに枠内シュートを浴びたナポリがボローニャの攻勢を許す展開となると、56分に同点とされる。ゴール正面の位置でボールを持ったヴェルディに強烈なミドルシュートを叩き込まれた。 ▽流れの悪いナポリは61分にガッビアディーニに代えてミリクを投入。すると6分後、ハムシクのスルーパスに抜け出したミリクがボックス内へ侵入。チップキックシュートで飛び出したGKを外し、勝ち越しに成功した。 ▽続く76分にゴール至近距離からインシーニェのボレーシュートでゴールに迫ったナポリは78分に勝負を決定付ける。決めたのはまたしてもミリク。ボックス手前右から左足を一閃した強烈なミドルシュートがゴール右下を捉えた。このままナポリが3-1で逆転勝利。今季3勝目を挙げている。 2016.09.18 05:40 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース