超ワールドサッカー

マンチーニに「ホモ野郎」発言のサッリ、厳罰を回避して2試合のベンチ入り禁止か2016.01.21 03:08 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、インテルのロベルト・マンチーニ監督を罵った発言に関し、厳罰を避けられる見込みだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽サッリ監督は、19日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のインテル戦(0-2)の試合終盤にて、ロベルト・マンチーニ監督に対して「このホモ野郎」と中傷。サッリ監督は同性愛の友人がいることを理由に同性愛嫌いではないと主張していたものの、イタリアメディアはイタリアサッカー連盟の規則により、性的な差別発言にあたるとして最大で4カ月の停止処分が科される可能性もあると報じていた。

▽しかし、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、サッリ監督の処分は2試合のベンチ入り禁止になるとのこと。ナポリはインテルに敗れてコッパ・イタリアを敗退したため、来シーズンの同大会にて処分が適用される模様だ。

▽なお、サッリ監督はエンポリを率いていた2014年3月、セリエB第31節のヴァレーゼ戦(0-1で敗戦)において、ポルトガル人DFマリオ・ルイに退場処分が下った判定に関し、審判団を同性愛者と罵る発言をしていた模様。しかし、当時はその発言に対して処分が科されることはなく、ヴァレーゼサポーターに侮辱的なジェスチャーを行ったことに対して5000ユーロの罰金が科されていた。

▽また、サッリ監督は今回の件により、イタリアのテレビ番組『Striscia la Notizia』の人気コーナーの1つで、その週の残念だった人に贈られる“金のバク賞”を受賞したという。

コメント

関連ニュース

thumb

ハムシクがサッスオーロ戦のミスを謝罪「本当に残念だ」

▽ナポリは、23日に行われたセリエA第33節のサッスオーロ戦を2-2で引き分けた。キャプテンのスロバキア代表MFマレク・ハムシクが、自分のミスから同点にされてしまったことを謝罪している。 ▽試合はナポリの1点リードで進んでいたが、ハムシクが頭でGKにバックパスしたところを、サッスオーロのU-21イタリア代表FWドメニコ・ベラルディに詰められて、同点に追いつかれてしまった。その後は、一度逆転を許したものの、終了間際のポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクのゴールで、何とか引き分けに持ち込んだ。 ▽3位につけているナポリは、24日にペスカーラ戦を控えている2位ローマに勝ち点差を4に広げられてしまう可能性がある。ハムシクは、自身の公式ウェブサイトに謝罪と残りのリーグ戦への意欲を示したコメントを残している。 「失点につながるミスをしてしまって本当に残念だ。試合が終わる10分前までリードされていたけど、ミリクが決めてくれて助かったよ」 「僕たちは相手よりいいプレーをしていたし、何度かチャンスを作っていた。でもほんの少しだけ運がなかったね」 「僕たちは2ポイントを失ったけど諦めないよ。2位を目指すために最後まで戦うよ。まだ5試合残っているからね」 2017.04.24 20:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、メルテンス2戦連発も主将ハムシクのミスなどで格下相手に痛恨ドロー…《セリエA》

▽セリエA第33節、サッスオーロvsナポリが23日にマペイ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽2位ローマ(勝ち点72)と熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)ストレートイン争いを繰り広げる3位ナポリ(勝ち点70)は、2戦無敗の15位サッスオーロ(勝ち点35)とのアウェイゲームに臨んだ。サッリ監督はこの一戦に向けて前節のウディネーゼ戦と同じスタメンを起用。3トップはカジェホン、メルテンス、インシーニェのお馴染みの3選手が起用された。 ▽立ち上がりからアウェイのナポリがボールを保持する展開が続くが、集中して守るサッスオーロの守備に苦戦し、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、31分には高い位置でのパスカットからボックス左に抜け出したメルテンスの折り返しをファーに飛び込んだカジェホンが右足で蹴り込むが、これはサイドネットを叩く。直後の32分にも相手のミスからペナルティアーク付近のハムシクにシュートチャンスも、今度はGK正面を突いた。 ▽続けざまのミスからピンチを招いたサッスオーロだったが、こちらも反撃を開始。34分にはカウンターからボックス付近で時間を作ったデフレルから横パスを受けたベラルディがボックス右から得意の角度で左足を振り抜くが、これは枠の左に外れる。さらに、立ち上がりから相手の高い最終ラインの裏を狙うホームチームは36分、ゴール前に飛び出したデフレルに決定機もトラップ際をDFクリバリに触られ、チャンスを生かせず。 ▽前半終盤にかけて打ち合いの様相を呈しながらもゴールレスで折り返した中、先に動きを見せたのはサッスオーロ。ペッレグリーニ、デフレルを前半で下げてハーフタイム明けからマトリ、マッツィテッリを同時投入した。 ▽一方、後半も立ち上がりから攻勢に出たナポリは、52分にゴールをこじ開ける。カウンターから味方のスルーパスに抜け出したカジェホンがボックス右から折り返すと、ゴール前に飛び込んだメルテンスが頭で流し込んだ。2試合連続ゴールのメルテンスは、このゴールでキャリアハイのリーグ戦22得点目となった。 ▽幸先良く先制に成功したナポリだったが、主将ハムシクの痛恨ミスで同点に追いつかれる。59分、自陣ボックス手前中央のハムシクがルーズボールを頭でGKにバックパスを試みると、これをベラルディにかっさらわれてゴールに流し込まれた。 ▽思わぬ形から試合を振り出しに戻されたナポリは、すぐさまゴールを目指して前がかる。65分にはボックス手前の好位置で得たFKをメルテンスが直接狙うが、このシュートはクロスバーを叩く。さらに75分にはボックス左でカットインしたインシーニェが得意の角度から右足を振り抜くが、今度は右ポストを叩き、勝ち越しゴールとはならない。すると80分、ボックス付近で与えたセットプレーの流れからボックス左のライン際でラグサがマイナスに折り返したボールをマッツィテッリに右足で流し込まれ、まさかの逆転を許した。 ▽CLストレートインに向けて取りこぼしが許されないナポリは、ジエリンスキ、ミリクと続けて攻撃的なカードを切ると、85分に右CKからアルビオルがフリックしたボールをゴール前のミリクが左足で流し込み、同点に追いつく。勢いづくアウェイチームは、試合終盤にかけても猛攻を見せるが、ハムシクらの決定機を相手の身体を張ったブロックに阻まれ、試合は2-2でタイムアップ。格下サッスオーロ相手に痛恨ドローのナポリは、アウェイ戦の連勝が「6」でストップした。 2017.04.23 21:51 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリがイタリア代表FWインシーニェと2022年までの新契約を締結

▽ナポリは22日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(25)との新契約締結を発表した。新たな契約期間は2022年までとなる。 ▽ナポリの下部組織出身のインシーニェは、今シーズンの公式戦42試合に出場し16得点10アシストとキャリアハイを更新中。リバプールなど複数クラブが獲得に動くと報じられていたが、ここに来て契約内容が見直され、契約延長に近づいていると報じられていた。 ▽インシーニェは22日に、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長とともに記者会見に出席。新契約へのサインを披露し、契約延長についてコメントした。 「僕たちは正しい道を進んでいる。偉大なレジェンドたちや素晴らしいクラブのために僕たちは勝ち取りたい」 「全ての監督に感謝したい。特に僕をサッカー選手として導いてくれたゼーマンには特別に感謝したい」 「そして、サッリの下でプレーすることを誇りに思っている。彼と一緒に大きな満足感をみなさんに与えることを確信している」 「契約延長は大きな喜びです。数年前には、僕はこんな夢が叶うなど思ってもいませんでした。そして家族に感謝しています。僕は彼らに多くの借りがあるし、彼らを誇りに思っている」 2017.04.22 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ついにメルテンスと契約延長合意か

▽ベルギー代表FWドリエス・メルテンス(29)とナポリとの長期にわたる話し合いがようやく終わりを迎えるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽現行契約が2018年までとなっているメルテンスに対し、ナポリは契約延長のオファーを申し入れた。しかし、クラブが提示した年俸とメルテンスが要求する金額に開きがあり、交渉は難航。数カ月にわたって交渉を重ね、サインまで秒読み段階に入ったようだ。 ▽一時は複数のイタリアメディアが、マンチェスター・ユナイテッドとメルテンスが電話会談を行ったと報道。同選手がクラブを去る可能性は高いとされてきた。 ▽しかし、ようやく両者の溝は埋まり、ナポリとメルテンスは年俸300万~350万ユーロ(約3億5000万円~4億円)、2021年まで3年間の契約延長で合意に至るとのことだ。また、契約解除条項は両者が合意しなければならない特別なものとなるとのこと。しかし、イタリア以外への移籍に関しては、契約解除条項を設ける可能性も残されているという。 ▽2013-14シーズンにPSVからナポリに加入したメルテンスは、移籍初年度からその実力を遺憾なく発揮。今シーズンのセリエAでは、ここまで28試合に出場し21得点を記録。クラブの攻撃を牽引し、上位フィニッシュに向けた原動力となっている。 2017.04.19 23:46 Wed
twitterfacebook
thumb

2試合連続3-0の快勝劇を演じたナポリがローマに2ポイント差と肉薄《セリエA》

▽ナポリは15日、セリエA第32節でウディネーゼをサン・パオロに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ラツィオ戦を3-0と快勝した3位ナポリ(勝ち点67)は、4位ラツィオとの勝ち点差を7に広げ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いをリード。そのナポリがベストメンバーを送り込み、11位ウディネーゼ(勝ち点40)を立ち上がりから押し込むと、7分にハムシクがミドルシュートでゴールに迫る。続く13分にはメルテンスが枠内シュートを浴びせたが、ここから攻めあぐねてしまう。 ▽前半終盤の41分、ナポリは右CKからアルビオルのヘディングシュートで先制点に近づくも枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも迎えた後半開始3分、ジョルジーニョの縦パスを受けたメルテンスがGKとの一対一を確実に制し、ナポリが先制する。 ▽さらに63分、アリ・アドナンからボールを奪った流れからそのままアランが強烈なシュートをゴールへ突き刺し、2-0とした。 ▽アランの恩返し弾で勝負を決めたナポリは72分、インシーニェ、メルテンスが立て続けにシュートを浴びせ、ルーズボールをボックス右のカジェホンがボレーで蹴り込んで3-0。 ▽終盤にかけてはメルテンスとハムシクを温存させたナポリが、終わってみれば後半の3ゴールで快勝。2位ローマとの勝ち点差を2ポイントとしている。 2017.04.16 05:41 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース