【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドのルカク、ドログバとの比較に「僕たちは異なるタイプのプレーヤー」「自分の歴史を作りたい」

▽マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクが、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで、チェルシーに所属していた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバとの比較について持論を述べた。 ▽今夏、マンチェスター・ユナイテッドに移籍したルカクは、チェルシーに在籍していたこともあり、クラブのレジェンドであるドログバとはフィジカル面などの観点から度々比較されてきた。しかし、今回のインタビューで「僕らは異なったスタイルの選手だ」として、周囲の意見を否定している。 「ドログバはどちらかというとポストプレーを得意とする選手だ。僕は相手の背後を突いてボールを足で受けるタイプだ。フィジカル的な類似点はあるかもしれないが、総合的に見れば僕らは違うタイプの選手だよ。僕は“ロメル・ルカク”としての歴史を築きたい」 「彼はチェルシーの選手だった。僕はマンチェスター・ユナイテッドだ。そこが違いだよ」 ▽さらに、自身がバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキやレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと同じレベルにあるという見方に対して、ルカクは否定的な姿勢を見せた。 「僕はそのレベルからはまだ遠いが、それは僕が目標としているところだ。僕にとってチームがすべてだ。チームにはトロフィーを掲げて欲しいし、そのためには全力を尽くすつもりだよ」 「常に改善の余地はあるし、人としてもできる限り良くなっていきたいと思っている。僕は24歳だ。完璧な人間とは言えないし、満足もしていない」 「やるべきことはまだまだたくさんあるけど、それが僕には嬉しいんだ。今よりももっと良くなることができるということだからね」 2017.07.25 15:07 Tue
twitterfacebook
thumb

アディダスが、ユナイテッドやマドリーら強豪クラブのファンがデザインした3rdユニを発表!

▽アディダスは24日、インターナショナルクラブ6チーム(バイエルン、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、ミラン、フラメンゴ)のファンによるデザインの2017/18 シーズン3rd ユニフォームを発表した。 ▽アディダスの「Football Creator Studio」デジタルプラットフォームを使って作られたこれらの新ユニフォームは、世界中のフットボールファンのクリエイティビティの集大成となっている。 ▽またアディダスでは、昨年「Football Creator Studio」において、すべてのフットボールファンに上記6クラブの3rd ユニフォームデザインを募集した。ファンにとって、クリエイティビティを表現できる絶好の機会であったこのキャンペーンは、すべてのユニフォーム案をファン投票にかけ、上位100 モデルに絞り込んだ後、各クラブのキープレイヤーが勝者を選ぶというスキーム。今回選ばれた6 クラブチームのユニフォームは、2017/18 シーズン中にピッチで見ることができる。 ▽なお、これらの新3rdユニフォームは、現在アディダスオンラインショップまたは各クラブの公式ストアから限定で先行発売中となっている。 ※一部クラブは発売日が異なる。 ※CRフラメンゴは日本未展開。 ※一般発売日は2017年7月28日(金)より開始。– ◆バイエルン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽バイエルン・ミュンヘンのクラシックな要素とモダンな要素を融合。ホワイトベースで、前身には、細長い赤のストライプが上から下へとフェードアウトするようにあしらわれている。純白の袖はクリーンさを表現した。 ◆レアル・マドリー<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ブルーグリーンをベースに、ブラックのストライプを肩に施し、クラブの象徴となるエンブレムはホワイトでクラブカラーを表現。現代のデジタルデザインからインスピレーションを受け、正方形を対角線上に散らした前面のグラフィックは、現ヨーロッパ王者の破壊的な本質を表している。 ◆マンチェスター・ユナイテッド<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽チームとファンの強い絆がテーマ。ライトグレーベースで、前身には本拠地オールドトラフォードスタジアムの外に建つ有名な「ホーリー・トリニティ(聖なる三位一体)」像のシルエットがデザインされている。クラブを象徴するボビー・チャールトン、ジョージ・ベスト、デニス・ローは、マンチェスター・ユナイテッドの黄金期であり、マンチェスター・ユナイテッド独自の歴史からインスピレーションを受けている。 ◆ユベントス<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ピッチの上でも外でも常に進化し続けるこのクラブにマッチした、過去と未来を表現。ミリタリーグリーンベースの胸部に、ユベントスの象徴的な黒と白のストライプを入れることで過去を表現。そこに新しくなったクラブのロゴ(「Black and White and More」という新しいブランドアイデンティティの一部)を組み合わせることで、クラブの未来を意味している。 ◆ミラン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170725_7_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽クラブを象徴する赤と黒を斬新なグラフィックデザインで表現したクラシックとモダンが融合。オールブラックの中に、明るい赤のグラフィックが入ったデザインは、ミランにとって新たなデザイン。 ◆フラメンゴ ▽フラメンゴのエネルギッシュでクリエイティブなプレイスタイルを称え、明るいイエローベースにブルーのグラフィックが入った新しいデザイン。袖部分の青いグラフィックは現代のCRフラメンゴならではのスタイルを表現し、このクラブ史上最もクリエイティブなユニフォームとなっている。 【商品情報】 ●マンチェスター・ユナイテッド3rdユニ 2017年7月25日(アディダスオンラインショップ先行販売) 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/ERTUJi">こちら</a>!! ●ユベントス3rdユニ 2017年7月21日(アディダスオンラインショップ先行販売) 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/CNtkUa">こちら</a>!! ●ミラン3rdユニ 発売日未定 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/DYBy5P">こちら</a>!! ●バイエルン3rdユニ 2017年7月21日(アディダスオンラインショップ先行販売) 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/CYD5qx">こちら</a>!! ●レアル・マドリー3rdユニ 2017年7月21日(アディダスオンラインショップ先行販売) 9,990円+税 ⇒オンラインストアは<a href="https://goo.gl/hRHEqi">こちら</a>!! 2017.07.25 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョからベイルへ…「君が話をしてくれないと獲得できない」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリーMFガレス・ベイルに対して意味深な言葉を伝えていた。<br><br>その言葉が口にされたのは、23日のインターナショナルチャンピオンズカップ、レアル・マドリー対ユナイテッド(1-1、PK戦でユナイテッドが勝利)の試合前。モウリーニョ監督は古巣レアル・マドリーの選手たちと挨拶を交わしていったが、スペイン『クアトロ』のテレビカメラが、ベイルと抱擁した際に発せられた言葉を収めていた。<br><br>「君が話をしてくれないと、君を買うことはできない」<br><br>ユナイテッドがベイル獲得を狙っていることは常々報じられてきたが、選手本人はレアル・マドリーでプレーし続ける意欲を公言している。モウリーニョ監督本人も、先に「ベイルがマドリー退団を希望しているとは思わない」と発言し、獲得が不可能であることを強調していた。<br><br>その矢先に発せられたこの言葉は、果たして冗談なのだろうか。それともベイルが裏ではマンチェスター・ユナイテッド移籍を希望しており、レアル・マドリー退団の意思を示すべきと促すものだったのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 10:03 Tue
twitterfacebook
thumb

バイリーに2試合の追加出場停止処分、UEFAスーパーカップとCL1試合欠場へ

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリーに対し、2試合の追加出場停止処分を科した。 ▽バイリーは昨季のヨーロッパリーグ準決勝2ndレグのセルタ戦で、FWヨン・グイデッティを殴って一発退場を宣告されていた。そのバイリーは決勝のアヤックス戦を欠場して1試合の出場停止処分を消化していたが、今回の聴聞会によって新たに2試合の出場停止処分が追加された。 ▽この結果、8月8日に行われるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップと、チャンピオンズリーグのグループステージ初戦を欠場することが決まった。 2017.07.25 01:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ボルトがイブラヒモビッチのユナイテッド慰留に意欲「俺がやる」

▽“人類史上最速の男”ウサイン・ボルトが、昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドとの契約が満了した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)との再契約を、強く勧めている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽昨夏の移籍市場でユナイテッド入りしたイブラヒモビッチは、公式戦46試合28ゴール10アシストの好成績を収めた。しかし、シーズン終盤に負傷したヒザのじん帯を手術し、来年まで長期離脱となることが判明すると、契約満了で退団。24日時点で動向が定まっていないイブラヒモビッチは、アメリカのクラブに移籍するという説や、ユナイテッドに復帰するという噂が、各紙より囁かれている。 ▽ユナイテッドの熱狂的なファンであることが知られているボルトが、イブラヒモビッチを称賛し、契約延長を熱望していることを表現した。 「俺はイブラヒモビッチと契約したかった。彼はベストの中の1人だ。俺からすれば、彼は昨季のユナイテッドで素晴らしかった。だから、もしもう一度(ユナイテッドに)契約のチャンスが訪れたら、俺がやるよ」 2017.07.24 17:50 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース