【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドが在籍8年の不動の右SBバレンシアと1年契約を延長

▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、エクアドル代表DFアントニオ・バレンシア(31)と、2018年6月30日までとなる契約延長で合意したことを発表した。 ▽2009年にウィガンから加入したバレンシアは、右サイドを主戦場とするサイドプレーヤー。在籍8シーズン目を迎えているユナイテッドでは、これまで公式戦271試合に出場し、21ゴールをマーク。2度のプレミアリーグ優勝、FAカップとリーグカップの優勝をそれぞれ1度ずつ経験している。 ▽今季はジョゼ・モウリーニョ監督の下、ここまで公式戦23試合に出場し、不動の右サイドバックとして活躍している。 2017.01.17 23:11 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスターの神がポグバに助言「世界最高の選手になりたければ…」

▽マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、チームメートであるフランス代表MFポール・ポグバに助言を送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2012-13シーズンから加入したユベントスで頭角を現したポグバは、在籍した4シーズンで公式戦124試合に出場し28ゴールを奪う活躍を見せ、スクデットを4回、コッパ・イタリアを2回、スーペル・コッパ・イタリーナを3回制している。 ▽今シーズンからユナイテッドに復帰すると、序盤は苦しみながらもリーグ戦20試合で4ゴールを奪う活躍を見せるなどチームの中軸としてプレーしている。 ▽世界最高の中盤とも言われるポグバに対して、イブラヒモビッチは栄誉を手にするために1つの助言を与えている。 「俺は常にプレッシャーを楽しんできた。ポールが俺と同じ答えかどうかわからないが、個人的にはプレッシャーに耐えられない選手はトップレベルに達することはできない」 「トップレベルの選手になりたいと思うのであれば、プレッシャーは必然的につきまとうものだ。自分が良いプレーをすればするほど、そのプレッシャーは大きくなる。俺たちは常に何かを学んでいる。一流であるためには、そのプレッシャーと付き合わなければいけない」 「ポールは今、トップレベルに近い位置にいる。だからすでに少しのプレッシャーを感じているだろう。それとどう向き合うかがこれからを決める」 2017.01.17 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ファン・ハールが26年の監督業に幕…ユナイテッドやバルサ、バイエルンを指揮

▽昨シーズンまでマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を務めたルイス・ファン・ハール氏(65)が監督業からの引退を発表した。イギリス『BBC』など複数のメディアが報じている。 ▽サッカー界きっての戦術家として知られるファン・ハール氏は、1991-92シーズンから現役時代にプレーしたアヤックスで監督業を始める。すると1994-95シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグを制するなどその名を世界に知らしめた。 ▽1997-98シーズンからはバルセロナの指揮官に就任し、初年度からリーガエスパニョーラとコパ・デル・レイの2冠を達成。その後はオランダ代表を率いたのちにバルセロナへ復帰。2005-06シーズンからは母国のAZを率いて、2009-10シーズンからバイエルンの指揮官となった。するとそのバイエルンでも初年度からブンデスリーガとDFBポカールの2冠を達成した。 ▽また2012年からはオランダ代表監督に復帰すると、2014年に行われたブラジル・ワールドカップでは、第1戦で前回王者のスペイン代表に対して5-1と完勝。その勢いのまま3位に導く手腕を見せた。 ▽2014-15シーズンからはユナイテッドの監督に就任するが、リーグ戦では思ったような結果を残すことができず。2015-16シーズンにFAカップを制するも、その2日後に解任が告げられている。 ▽ファン・ハール氏はオランダ『De Telegraaf』に対して、監督業の引退について次のようにコメントしている。 「もう歩みを止めようと思った。長期の休暇になるだろうし、もう監督業に戻ることはない。アジアに行くこともできたが、それはない。私の家族にはいろいろなことが起きた」 2017.01.17 09:02 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、PK獲得の少なさに不服もリバプール戦の判定には納得

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は今シーズン、PK獲得の機会が少ないことに不満を示しつつも、リバプール戦の判定には納得しているようだ。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>マンチェスター・Uは15日、プレミアリーグ第21節でリバプールと対戦し、1-1のドローに終わった。失点はMFポール・ポグバのハンドで与えられたPKによるもので、モウリーニョ監督は「25試合でPK獲得が1度というのはギネス級の記録」と自分たちになかなかPKのチャンスが与えられないことに言及しながら、判定に不満はないとしている。<br><br>「リバプール戦では我々のボックス内で起きた。私は見ていなかったが、あれはPKだったのだろう。審判に関しては満足だ。もしあれがPKならばね。マイケル・オリバー主審が今季我々の試合で笛を吹いた際、3試合で相手に3度のPKを与えた。だからあれがPKだったのならば、マイケルのことをうれしく思うよ」<br><br>公式戦16試合無敗という記録をPKによるゴールなしで達成したマンチェスター・U。判定に恵まれているとは言い難いシーズンを送っているが、今後も記録を伸ばしていくことはできるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.01.16 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「シンプルなミスを犯した」イブラヒモビッチは前半の出来を悔やむも後半には満足

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWのズラタン・イブラヒモビッチが、15日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦(1&minus;1)を振り返った。試合後、『スカイ・スポーツ』のインタビューに答えている。<br><br>ユナイテッドは前半、リバプールの激しいプレッシャーに合い、なかなか主導権を握ることができなかった。そんな中でポール・ポグバがペナルティエリア内でハンドを犯してPKを献上。リードを許すに至った。後半、ズラタンの得点でなんとか1ポイントをもぎ取ったが、優勝争いから一歩後退する結果に終わっただけに、満足できる試合ではなかったようだ。<br><br>「1ポイントを得たが、自分たちにとって最高のゲームとはならなかったし、厳しい戦いだった」<br><br>「前半にシンプルなミスを犯してしまった。プレッシャーを受けて、やりにくさを感じていた。だからいいプレーができなかったんだ」<br><br>「もし後半のような試合運びが前半にできれば、結果は違ったものになっていただろう」<br><br>「前半、彼ら(リバプール)は高い位置からプレッシャーをかけてきた。我々はビルドアップの部分で多くのミスを犯しすぎた。だから後半はより直接的な戦い方を選んだんだ」<br><br>ズラタンはさらに「毎試合勝ちたいと思っている」と語り、結果に満足しきれないと明かした。ただし、「だが1&minus;1でOKだ。こういう試合を続けていけば、今後負けることはないはずさ」と話し、今後の戦いを見据えている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.16 12:50 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース