【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

大器フォス=メンサー、ユナイテッド愛を語る

▽オランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーが、マンチェスター・ユナイテッドのトップチームでプレーする喜びを語った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えた。 ▽ユナイテッドユース出身の18歳であるフォス=メンサーは、昨シーズンにトップチームデビュー。守備的MFに加え、最終ラインの全ポジションをカバーできる逸材は、ユナイテッドでのプレーが評価され、オランダ代表にも招集された。 ▽フォス=メンサーは、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で飛躍したいと考えている。 「マンチェスター・ユナイテッドでのプレーは、あらゆる選手の夢だと思うよ。僕は、偉大なクラブの選手として、すごく誇りに感じる」 「ユナイテッドのファンは本当に素晴らしい。いつも選手たちに寄り添ってくれる。僕の昨シーズンの目標は、ユナイテッドでデビューすることだったけど、それが達成できた。とても嬉しいよ。10試合プレーしたけど、多くを学んで成長できた」 「成長し続けて、トッププレーヤーになりたいね。素晴らしいジョゼ・モウリーニョ監督の下で、完璧な選手になりたい」 ▽フォス=メンサーは、ベテラン勢から多くを学んでいるようだ。 「ウェイン・ルーニーやマイケル・キャリック、フアン・マタのような選手たちと練習できるね。僕と違うポジションの選手だとしても、間違いなく成長の助けになる。彼らから多くを学んでいるところだ」 2016.07.27 23:38 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ&C・ロナウドに次いでユニフォームが売れた選手は…

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルのユニフォーム売り上げが3位となった。フランス『レキップ』が伝えた。 ▽昨年の夏にモナコから5000万ユーロ+ボーナス3000万ユーロと伝えられる移籍金でユナイテッド入りしたマルシャルは、低調なチームの中で気を吐く活躍を見せた。先日にはFWズラタン・イブラヒモビッチに加入により、今シーズンの背番号が「9」から「11」に変更されたことに怒りを示しているとも報じられたが(真相は不明)、ユニフォームの売り上げは素晴らしい数字を記録しているようだ。 ▽なお、クラブ別の売り上げではユナイテッドが、2位のバルセロナと3位のレアル・マドリーを抑えて首位。4位にチェルシー、5位にはバイエルンが続いた。 ◆選手別ユニフォーム売り上げランキング 1.リオネル・メッシ 2.クリスティアーノ・ロナウド 3.アントニー・マルシャル 4.バスティアン・シュバインシュタイガー 5.エデン・アザール 6.ウェイン・ルーニー 7.ネイマール 8.セルヒオ・アグエロ 9.アレクシス・サンチェス 10.フィリペ・コウチーニョ ◆クラブ別ユニフォーム売り上げランキング 1.マンチェスター・ユナイテッド(アディダス) 2.バルセロナ(ナイキ) 3.レアル・マドリー(アディダス) 4.チェルシー(アディダス) 5.バイエルン(アディダス) 6.アーセナル(プーマ) 7.ユベントス(アディダス) 8.リバプール(ニューバランス) 9.パリ・サンジェルマン(ナイキ) 10.ミラン(アディダス) 2016.07.27 20:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョの指示で早朝6時に練習を行う

ジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドで早速自身の信念に従った行動を見せている。イギリス『サン』やスペイン『アス』が伝えた。<br><br>モウリーニョ監督は、中国ツアーへと向かったユナイテッドの選手たちをイギリスに戻ってすぐ練習場に向かわせた。ここまでは普通の話である。その練習時間を除いては...<br><br>ユナイテッドが拠点を置くマンチェスターに到着したのは、なんと午前5時。それにもかかわらず、指揮官は練習を命じた。選手たちは午前6時からトレーニングで汗を流すこととなった。<br><br>ユナイテッドは22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でドルトムントに1-4と敗れた。その3日後に予定されていたマンチェスター・シティとの一戦は悪天候により中止に。モウリーニョ監督は、およそ72時間もの間フィジカル系のトレーニングができなかったことに不満を抱いていたとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 19:56 Wed
twitterfacebook
thumb

元同僚のラーションがイブラのユナイテッド加入に太鼓判

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした元スウェーデン代表のエースで、現在はヘルシンボリで指揮を執るヘンリク・ラーション監督が、今夏に加入したズラタン・イブラヒモビッチについて語った。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽セルティックでその名を轟かせ、バルセロナを経て、2007年にユナイテッドへとレンタル移籍で加入したラーション。36歳ながら、3カ月間の短期レンタルで加入していた。 ▽同郷のイブラヒモビッチが今夏にユナイテッドへと移籍を果たしたが、ラーションはチームに大きな影響を与えるとコメント。ユナイテッドをあるべき姿に元に戻してくれると期待を語った。 「ズラタンはスウェーデンの巨人だ。彼はナンバーワンだよ。誰もが彼のことを知っているし、彼についても知っている。そして、多くの人が彼を見て興味を持つ」 「誰もが、彼のプレーを見ている。テクニックを持ち、スキルがある彼を見るのは喜びなんだ」 「彼がマンチェスター・ユナイテッドに来た今、全てのことが上手くいくことを望んでいる。彼はユナイテッドを居るべき所に戻してくれるだろう」 ▽34歳でのプレミアリーグ挑戦となったイブラヒモビッチだが、ラーション氏は年齢は関係ないとコメント。年齢はズラタンにとっての心配事ではないと語った。 「そうは思わない。彼はフィットするんだ。身体のケアを怠らないし、(年齢が)問題になることはない」 「私は全てが上手くいくことを望んでいる。彼はユナイテッドに値するし、良いことを起こすに値するんだ。彼はスウェーデンの偉大なフットボーラーだ。ユナイテッドに加入することは、大きな喜びだよ」 2016.07.27 19:02 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア現地ファンに最もウザいと思われているクラブは…

▽プレミアリーグのファンによって最も嫌われているクラブはチェルシーのようだ。 ▽イギリス『ミラー』は、約1万人を対象に最も嫌いなクラブの投票を実施。公平さを保つために、各ファンの人数を合わせたうえで調査を行った。 ▽その結果、最も嫌われているクラブの1位は、チェルシーとなった。調査によれば、チェルシーはトッテナムファンからの票数が集まったとのことだ。逆にチェルシーファンは、アーセナルを嫌いな人が最も多かった。 ▽2位にはマンチェスター・ユナイテッドが入り、3位はリバプール。ユナイテッドのファンは予想通り、マンチェスター・シティとリバプールに票が集まった。リバプールとシティのファンは、ユナイテッドに票を入れた人が多かったとのことだ。 ▽なお、強豪クラブが上位に集中しているが、王者のレスターは19位と好感度抜群だった。 ◆プレミアリーグで最も嫌いなクラブ 1位:チェルシー 2位:マンチェスター・ユナイテッド 3位:リバプール 4位:マンチェスター・シティ 5位:アーセナル 6位:トッテナム 7位:ストーク・シティ 8位:ウェストハム 9位:サンダーランド 10位:WBA 11位:クリスタル・パレス 12位:エバートン 13位:ハル・シティ 14位:ミドルズブラ 15位:スウォンジー 16位:サウサンプトン 17位:ワトフォード 18位:バーンリー 19位:レスター・シティ 20位:ボーンマス 2016.07.27 16:26 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース