【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、モウリーニョ就任で新たにベンゼマがターゲットに?

マンチェスター・ユナイテッドは、この夏の移籍市場に向けて新たな補強候補を挙げているのかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。<br><br>ユナイテッドは23日にルイス・ファン・ハール監督の今季限りでの退任を正式発表。後任には、昨季途中までチェルシーを率いたジョゼ・モウリーニョ氏の招へいが濃厚とみられている。<br><br>モウリーニョ氏の就任が決定的となった今、注目が集まるのは来季に向けた補強だ。イングランドでは、ユナイテッドのレアル・マドリーFWカリム・ベンゼマへの関心が話題を呼んでいる。ベンゼマは先日『インスタグラム』で写真を上げていたが、そこにユナイテッドのユニフォームが映っていたことも憶測を加速させているようだ。<br><br>ベンゼマは2010年から3年間モウリーニョ氏の下でプレーした。同氏とともにリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、スペイン・スーパーカップのタイトルを獲得している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ブリント息子も父同様ファン・ハールを擁護「もっとリスペクトを」

マンチェスター・ユナイテッドDFダレイ・ブリントは、23日に解任が発表されたルイス・ファン・ハール監督を擁護し、メディアなどからの批判は不当なものだったとコメントを述べている。<br><br>ファン・ハール監督が率いたオランダ代表でプレーしていたブリントは、2年前にユナイテッド指揮官に就任した同監督が連れてきた選手だった。監督交代には最も落胆を覚えている選手の一人かもしれない。<br><br>オランダ代表監督である父のダニー・ブリント氏も、ファン・ハール監督に対するクラブの対応は適切ではなかったとして苦言を呈している。息子も次のように語ったとしてイギリス『ミラー』が伝えた。<br><br>「監督と一緒に仕事をするのをすごく楽しむことができていた。できれば長く続けたいと思っていたけどね。プレミアリーグのビッグクラブの監督なら、常にプレッシャーがかかるものだよ」<br><br>「でもファン・ハールの場合、過去6カ月間を通してフェアな扱いは受けてこなかったと思う。キャリアの中で多くのことを成し遂げてきたファン・ハールほどの監督なら、もっとリスペクトされる資格があるはずだ」<br><br>ファン・ハール監督は自ら批判の矢面に立つことで、選手を批判から守ろうとしていたとブリントは感じているようだ。<br><br>「監督としての仕事について何を言われて何を書かれようとも、彼は決して僕ら選手たちを守ることをやめようとはしなかった。あらゆる状況から僕らを守ってくれていたよ。いつも僕らの代わりに批判を受けていたんだ」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

OBシュマイケル氏「モウリーニョはユナイテッドを救うかもしれない」

元マンチェスター・ユナイテッドGKのピーター・シュマイケル氏は、古巣の監督就任が濃厚だと言われるジョゼ・モウリーニョ氏が救世主になれる可能性もあるとして期待を寄せているようだ。<br><br>シーズンを通してファンやメディアからの批判を受け続けてきたルイス・ファン・ハール監督は、今季最終戦でFAカップ優勝を勝ち取りながらも、23日に解任が発表される結果に終わった。<br><br>後任に招へいされることが確実視されるモウリーニョ氏は、過去にもユナイテッド監督の候補に挙げられたことがあったが、その時点ではクラブの重鎮たちが首を縦には振らなかったとシュマイケル氏は考えている。イギリス『BBC』に次のように語った。<br><br>「オーナーやクラブ首脳陣にとって、モウリーニョは簡単な選択肢ではない。彼が適切な人物だったとすれば、もっと早く彼を連れて来ることになっていただろう」<br><br>「彼は(チェルシーで)クラブのディレクターや会長やチームドクターと衝突した。マンチェスター・ユナイテッドがクラブを運営していく上で望んでいるようなやり方ではないことをやってきた。そういうすべてのことがあって、サー・アレックス・ファーガソンやサー・ボビー・チャールトンが彼に『イエス』とは言わなかったんだと思う」<br><br>だが、監督に就任することになれば、そのモウリーニョ氏こそがユナイテッドを救う存在になる可能性もあるとシュマイケル氏は述べた。<br><br>「これでクラブは、世界最高の監督だとされる男を手に入れた。マンチェスター・ユナイテッドを本当に救うことができるかもしれない男だ。勇敢な決断だが、ずっと前に予定されていたはずのことだった」<br><br>「モウリーニョは、なぜ過去に自分に声がかからなかったのか分かっている。それなら、自分を変えてこのクラブでの仕事というものに合わせようとしないはずはないだろう」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダ代表監督、ファン・ハールを解任したユナイテッドに苦言

オランダ代表のダニー・ブリント監督は、マンチェスター・ユナイテッドがルイス・ファン・ハール監督を解任したのは適切なやり方ではなかったとしてクラブに苦言を呈している。<br><br>FAカップでは優勝を成し遂げたとはいえ、来季チャンピオンズリーグ出場権を逃すなどクラブの期待に応えることができなかったファン・ハール監督は、23日に解任が発表された。後任には元チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ氏の就任が確実だと言われている。<br><br>ユナイテッドでプレーするDFダレイ・ブリントの父親でもあるブリント監督は、現役時代にファン・ハール監督の率いたアヤックスでキャプテンを務め、オランダ代表でもアシスタントとしてともに仕事をしていた。解任は「驚き」だったとそのブリント監督が語ったとして、イギリス『ミラー』が伝えた。<br><br>「私はほかの多くの者たちより状況をよく把握していた。私が言えるのは、彼の退任は驚きだったということだ。彼には同情しているよ。こんなことになるのはふさわしくなかったからね」<br><br>「監督である我々全員が、キャリアのどこかの段階で解任に直面することになると分かっている。どの監督にも起こることだ。今回のケースについては、非常に残念なことだと思う。どういう形でこの解任が行われたのか知っているが、あるべき形ではなかったよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 18:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ギグス氏にユナイテッド退団を勧めるウェールズ監督 「プラスに働くかも」

ウェールズ代表のクリス・コールマン監督は、来季に向けた去就が不確かとなったライアン・ギグス氏に対し、一旦マンチェスター・ユナイテッドを離れるのもプラスになることかもしれないとアドバイスしている。<br><br>ユナイテッドはルイス・ファン・ハール監督の解任を23日に発表した。ジョゼ・モウリーニョ氏の新監督就任が濃厚だとされる中で、これまでアシスタントコーチを務めてきたギグス氏の去就がどうなるのかは定かではない。<br><br>選手時代からユナイテッド一筋で過ごしてきたギグス氏だが、ファン・ハール監督の後任として自分が選ばれないのであればクラブを去るのではないかとの見方もある。現役時代にウェールズ代表でチームメートだったコールマン監督は、それも一つの選択肢だと考えているようだ。イギリス複数メディアが同監督のコメントを伝えた。<br><br>「彼にとって出て行くのは難しいだろうけど、そうすることでちょっとした刺激が得られるかもしれない。自分の快適な場所を離れて、何か違う物への新たな挑戦だ」<br><br>「彼はユナイテッドのレジェンドだが、別の場所へ行くことで少しステップアップするきっかけにもなるだろう。長い間知っている場所から離れることが彼のプラスに働くかもしれないよ」<br><br>他クラブで指導者として経験を積み、実績を残した上で、いつかギグス氏は正式にユナイテッドを率いることができるとコールマン監督は主張した。<br><br>「必要な力があることは間違いない。非常に物静かなタイプだが、その奥には強い決意と精神力がある。選手たちが気に入るタイプの人間だ」<br><br>「(デイビッド・)モイーズやファン・ハールの下で仕事をして経験を積んだし、もちろんファギー(サー・アレックス・ファーガソン元監督)と過ごした時間もあった。間違いなくその仕事をやれる力はあるはずだ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 18:05 Tue
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース