【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

EL本選出場48クラブが決定! 日本からは長友や武藤ら7選手が参戦《EL》

▽25日にヨーロッパリーグ(EL)・プレーオフの全日程が終了し、グループステージ出場48クラブが決定した。 ▽25日まで行われたプレーオフでは、シャフタールやフェネルバフチェやアンデルレヒト、オリンピアコスらチャンピオンズリーグ(CL)出場経験も豊富な強豪チームに加え、プレミアリーグの強豪ウェストハムを撃破したMF瀬戸貴幸の所属するルーマニア王者のアストラなどの22クラブ。 ▽ELグループステージでは前述した22クラブに加え、本選ストレートインとなるマンチェスター・ユナイテッドやインテル、フィオレンティーナ、ビルバオ、シャルケ、ゼニトなどの16クラブ、CLプレーオフ敗退組のローマやビジャレアル、アヤックスなどの10クラブが新たに参戦し、総勢48クラブが12のグループに分かれて、決勝トーナメント進出を目指すことになる。 ▽なお、ELグループステージには、インテルのDF長友佑都、マインツのFW武藤嘉紀、シャルケのDF内田篤人、サウサンプトンのDF吉田麻也、ヤング・ボーイズのFW久保裕也、ザルツブルクのMF南野拓実、アストラの瀬戸の7人の日本人選手がプレーすることになる。 ▽なお、グループステージの抽選会は、日本時間26日20時からモナコで行われる。EL本選出場48クラブは以下の通り。 ◆本選ストレートインのクラブ マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) サウサンプトン(イングランド) ビルバオ(スペイン) セルタ(スペイン) インテル(イタリア) フィオレンティーナ(イタリア) シャルケ(ドイツ) マインツ(ドイツ) ニース(フランス) ブラガ(ポルトガル) フェイエノールト(オランダ) スタンダール・リエージュ(ベルギー) ゼニト(ロシア) コンヤシュポル(トルコ) チューリッヒ(スイス) ゾリャ(ウクライナ) ◆CLプレーオフ敗退組のクラブ ローマ(イタリア) ビジャレアル(スペイン) ザルツブルク(オーストリア) ヤング・ボーイズ(スイス) ダンドーク(アイルランド) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) アヤックス(オランダ) ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) アポエル(キプロス) ハポエル・ベエルシェハ(イスラエル) ◆ELプレーオフを勝ち抜いたクラブ サッスオーロ(イタリア) サンテチェンヌ(フランス) AZ(オランダ) FCクラスノダール(ロシア) アンデルレヒト(ベルギー) ヘンク(ベルギー) ヘント(ベルギー) フェネルバフチェ(トルコ) オスマンルスポル(トルコ) シャフタール(ウクライナ) オリンピアコス(ギリシャ) パナシナイコス(ギリシャ) PAOK(ギリシャ) アストラ(ルーマニア) アスタナ(カザフスタン) カラバフ(アゼルバイジャン) カバラ(アゼルバイジャン) スパルタ・プラハ(チェコ) スロバン・リベレツ(チェコ) ハイデュク・スプリト(クロアチア) オーストリア・ウィーン(オーストリア) ラピド・ウィーン(オーストリア) 2016.08.26 07:13 Fri
twitterfacebook
thumb

戦力外のシュバインシュタイガーが残留希望宣言!「バイエルンを離れてまで入りたかった唯一のクラブ」

▽元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーがマンチェスター・ユナイテッド残留宣言をした。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督から構想外の扱いになっているとみられるシュバインシュタイガーに関しては、今夏の移籍が噂されていた。しかし、昨夏にバイエルン一筋のプロキャリアからユナイテッド入りした同選手は、自身のツイッターで以下のメッセージを残し、残留を希望していることを明かした。 「マンチェスター・ユナイテッドが僕の欧州での最後のクラブだ。他のクラブへの尊敬心はある。だが、バイエルン・ミュンヘンを離れてでも入りたいと思った唯一のクラブだ。チームが僕を必要としてくれるのならば、準備はできている。これが今の状況で言える唯一の言葉だ。最近のファンの素晴らしい支援に感謝している」 2016.08.24 20:32 Wed
twitterfacebook
thumb

P・ジョーンズ移籍噂も…モウリーニョ、ヴェンゲルとの取引を全拒否か

▽マンチェスター・ユナイテッドは、イングランド代表DFフィル・ジョーンズ(24)をライバルに売る気がないようだ。ジョゼ・モウリーニョ監督がアーセン・ヴェンゲル監督との取引を拒否しているという。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽今夏の移籍市場でセンターバックの補強に動いているとみられるアーセナルは、DFシュコドラン・ムスタフィやDFホセ・ヒメネスらの獲得が噂されてきたが、いずれも実現に至っていない。そんな中、『イブニング・スタンダード』は、ヴェンゲル監督がフィル・ジョーンズ獲得に向けてユナイテッドに問い合わせをした模様だと報じた。 ▽フィル・ジョーンズは今シーズン、DFクリス・スモーリング、DFエリック・バイリー、DFダレイ・ブリントよりも序列が下で、出場機会が限られることになるとみられる。さらにユナイテッドは、DFジョゼ・フォンテの獲得も噂されている。 ▽しかし、フィル・ジョーンズをアーセナルに放出する気はないようだ。モウリーニョ監督は、犬猿の仲とされるヴェンゲル監督との取引を拒否しており、アーセナルからのあらゆるオファーを拒絶する用意ができているとのことだ。 2016.08.24 18:58 Wed
twitterfacebook
thumb

アラダイスがラッシュフォードに警告「代表招集は難しくなっている」

イングランド代表のサム・アラダイス監督が、マンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードに警鐘を鳴らした。所属クラブで出場機会を得られなければ、代表には選出しないという。<br><br>18歳のラッシュフォードは昨季、すい星のように現れ、デビュー戦での2ゴールなど脚光を浴び、イングランド代表デビューを果たした。ユーロ2016のメンバーにも選出されている。<br><br>だが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した今季のユナイテッドでは、まだプレミアリーグで出場機会を得ることができていない。アラダイス監督はラッシュフォードについて、次のように述べた。<br><br>「昨季の彼はエキサイティングだったが、(ユナイテッドで出場機会がないことにより)私が彼を選ぶのはより難しくなっている」<br><br>「これほど若いのだから、U-21でプレーしたらどうかと思ってしまうね。そこで国際舞台に慣れ、コンスタントにプレーすれば、結局は助けになる。そしてユナイテッドでチーム入りし、イングランドのフル代表にも入れたらいい。そういったシナリオも考慮すべきだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.24 07:11 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、ポグバの飛躍を確信 「モウリーニョと一緒に新しいチャンレンジを」

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、今夏ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した同代表MFポール・ポグバの飛躍を確信している。<br><br>ポグバはこの夏、1億1000万ユーロ(約124億円)といわれる移籍金でユナイテッドに加入。レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド、同MFガレス・ベイルらを抑え、&ldquo;史上最高額の男&rdquo;となった。<br><br>ユーロ2016でともにフランス代表を背負い、母国を決勝の舞台へと導いたグリーズマンは、ポグバの移籍がプラスに働くはずだと語った。イギリス『ガーディアン』がコメントを伝えている。<br><br>「イングランドのファンが、がっかりすることはないだろう。彼らはポグバに魅力的なショーを期待していいんじゃないかな。ポグバはビッグプレーヤーになれる才能を備えているし、そのためにはハードワークをいとわない選手だ」<br><br>「ポグバはプレミアリーグを好んでいる。マンチェスター・ユナイテッドは彼にとって完璧なクラブだ。(ジョゼ・)モウリーニョと一緒に、新しいチャレンジをしてほしいね」<br><br>グリーズマン自身は、チャンピオンズリーグとユーロで決勝に進みながらもいずれも準優勝の結果に終わった。<br><br>「すごく複雑な感情が入り混じった。緊張だったり、悲しみだったり...。2回決勝に進んで、トロフィーまであと一歩だったんだ。ただ、タイミングじゃなかったのかもしれないね。だけど、ここで立ち止まってはいられないよ。また決勝の舞台に立って、次こそ勝てるようにしなければ。それくらい決定的な選手になりたいんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.23 23:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース