【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバ、イブラ&ロホに続き負傷離脱か…マンチェスター・ダービー欠場の可能生

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバに負傷に再離脱の可能性が浮上した。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽先月負ったハムストリングのケガから復帰したポグバは、23日に行われたプレミアリーグ第34節のバーンリー戦(2-0)に先発。しかし、試合終盤に負傷でプレーに戻れず、MFマイケル・キャリックとの交代を余儀なくされていた。 ▽伝えられるところによれば、ポグバはケガの程度こそわかっていないものの、ハムストリングに違和感を覚えた模様。すでにFWズラタン・イブラヒモビッチら主力数名を故障で欠くジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、ポグバの状態について次のように言及した。 「ケガなのか、疲労の蓄積なのかは定かではない。しかし、言えるのは彼が木曜日の試合(27日に行われる第26節延期分のマンチェスター・シティ戦)でプレーできないのであれば、他の誰かがプレーするということ。我々に泣いている暇はない」 ▽ユナイテッドは現在、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位シティに1ポイント差の5位に位置。そのため、27日に迎えるシティとのダービーマッチは、CL出場権の行方を懸けた大一番となる。 2017.04.24 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ、取り巻く引退報道を一蹴…「いつ辞めるかは俺が決める」「諦めは選択肢にない」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)が重傷による現役引退の可能性を否定した。 ▽イブラヒモビッチは、20日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアンデルレヒト戦で右ヒザを負傷。後日、クラブ側から「深刻なケガ」であることが明らかにされ、その影響で現役引退の可能性も取り沙汰されていた。 ▽しかし、イブラヒモビッチは24日に自身のインスタグラム(@iamzlatanibrahimovic)を通じて引退の噂を否定。「より強くなって戻ってくる」と復活を誓った。 「まず初めに、全てのサポートと愛情をありがとう。ケガに関するニュースはない。俺はしばらくフットボールから遠ざかる。より強くなって戻ってくる。これまでの全てのことと同じように乗り越えていく。当分は片足でプレーすることになるが、少しの問題にもならない。確かなこととして1つ、いつ辞めるかは俺が決める。それ以上はない。諦めは選択肢にない。また会おう」 2017.04.24 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マルシャル&ルーニー弾でユナイテッドがリーグ戦23試合無敗の3連勝!!《プレミアリーグ》

▽23日にプレミアリーグ第34節のバーンリーvsマンチェスター・ユナイテッドが行われ、2-0でユナイテッドが勝利した。 ▽リーグ戦22試合無敗を誇る5位のユナイテッド(勝ち点60)が、敵地で14位のバーンリー(勝ち点36)と対戦した。すでに多くの負傷者を抱えるユナイテッドは、20日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦でイブラヒモビッチとロホが負傷。満身創痍の中、トップ4入りを目指して負けられない試合が続く。 ▽そのユナイテッドは[4-2-3-1]のフォーメーションを採用。GKはデ・ヘアが起用され、A・ヤング、バイリー、ブリント、ダルミアンがバックラインを務めた。中盤はフェライーニをアンカーに、エレーラとポグバがインサイドハーフを務め、前線はマルシャルを頂点にリンガードとルーニーが脇を固める。 ▽立ち上がりはお互いに中盤での潰し合いが続く中、最初のチャンスはユナイテッドだった。8分に左サイドに流れてボールを受けたマルシャルが、ドリブルでボックス内に侵入。マイナスのグラウンダーを入れると、入り込んだエレーラが繋ぎ、最後はルーニーがシュート。しかし威力が弱く、GKヒートンが難なくキャッチした。 ▽バーンリーも15分、バートンの縦パスを受けたヘンドリックがボックス内に仕掛けてクロス。最後はニアでA・グレイが合わせるが、ここは決めきれず。両チームとも、徐々にゴール前へと迫っていった。すると21分、自陣からカウンターを発動したユナイテッドは、中央のマルシャルが右サイドのエレーラに展開。エレーラはダイレクトでグラウンダーのボールを入れると、最後はマルシャルが押し込み、ユナイテッドが先制した。 ▽さらに39分、相手陣内でこぼれ球を拾ったポグバがボックス左にスルーパス。これに反応したマルシャルがシュートも、ここはGKヒートンがブロックする。しかしこぼれ球に反応したルーニーが押し込み、ユナイテッドが2点目を奪って前半を終えた。 ▽後半の入りはバーンリーがミーを下げてタルコウスキを投入。ユナイテッドは前半と同様の11人がピッチに立った。後半も最初の決定機はユナイテッドが作り出し、53分に中央でボールを受けたポグバがミドルレンジから狙うが、GKヒートンの守備範囲内に飛ばしてしまい追加点とはならなかった。 ▽一方のバーンリーは、相手陣内までボールを運ぶことはできるが、そこからの崩しが乏しく決定機を作れない。ユナイテッドは70分にリンガードを下げてラッシュフォードを投入。しかし基本的には自陣でブロックを敷き、ボールを奪えば素早く前線にボールを送るカウンタースタイルに移行する。83分にはカウンターで抜け出したラッシュフォードがGKの位置を見てボックス右からシュートを放つが、ボールは枠を捉えきれなかった。 ▽試合終盤はユナイテッドがGKデ・ヘアまでボールを戻すなど危なげなく時間を使っていく。しかし90分、ポグバが左足に違和感を覚えピッチに座り込んでしまう。1つ交代カードを残していたユナイテッドは、すぐさまポグバを下げてキャリックを投入。そのまま試合は終了を迎え、ユナイテッドが23試合無敗の3連勝とした。 2017.04.24 00:09 Mon
twitterfacebook
thumb

“ローマの王様”がヒザ負傷で引退危機の“神”にエール「君のような戦士は簡単に降伏しないだろ」

▽ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、ヒザに重傷を負い引退危機も囁かれる元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチにエールを送った。同選手が自身の公式ツイッターでかつてのライバルにメッセージを送った。 ▽イブラヒモビッチは、20日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでアンデルレヒトに先発出場したが、後半終了間際に相手選手と競り合いながらジャンプして着地した際に右足を負傷。その後、行われた検査の結果、ヒザ前十字じん帯に深刻な損傷が確認され、一部ではこのケガの影響で引退の可能性まで報じられている。 ▽ローマの象徴として長きに渡ってセリエAで活躍してきたトッティは、ユベントスとインテル、ミランで同時代に活躍してきた5歳年下のライバルに向けてエールを送っている。 「君のような戦士は簡単に降伏しないだろ! フォルツァ、ズラタン! 早く戻って来いよ!」 ▽現在、自身のキャリアにおいて最大の危機を迎える“マンチェスターの神”だが、“ローマの王様”の呼びかけに応えて再びピッチ上で元気な姿を見せてほしいところだ。 2017.04.23 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

“世界最高のフットボーラー”C・ロナウドの完成秘話…ユナイテッドOBが語る努力家の一面

▽バルセロナに所属するFWリオネル・メッシと共に、世界最高の選手の1人と称されてきたレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。近年のフットボール界をリードする存在として世界に名を轟かせてきたが、その地位を築き上げたのは「努力の賜物」のようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽18歳だった2003年夏、スポルティング・リスボンから引き抜かれる形でユナイテッドに移籍したC・ロナウド。その後、大きく才能を開花させると、2009年夏に自身が少年時代から憧れを抱くレアル・マドリーに活躍の場を移した。 ▽現役時代に7年間ユナイテッドでプレーした元南アフリカ代表のクイントン・フォーチュン氏が、かつて赤い悪魔の一員として共に戦ったC・ロナウドについて言及。天才肌ではなく、日々の地道な努力により、今の地位を確立した「努力家」であることを証言した。 「ロナウドは、あらゆる点において最高を追い求めていた。彼がこれまでに成し遂げてきた功績に異論なんてないよ。それに値するからね」 「彼には勝利への欲求があって、才能も信じられないものだった。素晴らしい才能を持った選手の中に努力しない者もいるけど、ロナウドは違う。信じられない選手だよ」 「彼には元々の能力が備わっていた。だけど、毎日のトレーニングとは別に、努力を惜しまない彼のような選手は見たことがないね。シュート、ドリブル、ステップオーバー、そして強く、速くなることを望み、ジムに通うんだ」 「彼が今のレベルにいることに驚きはないよ。今でさえ、まだ前に進むことを望んでいるだろうし、彼はそういうタイプの人間だからね」 2017.04.23 18:15 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース