【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

モウ、決勝アシストのルーニーに言及 「役割を遂行してくれた」

▽マンチェスター・ユナイテッドは29日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節でゾリャをホームに迎え、1-0で勝利した。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、イングランド代表FWウェイン・ルーニーの活躍を称えた。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽先のリーグ戦から数名変更もFWズラタン・イブラヒモビッチ、MFポール・ポグバなど一部主力を引き続き先発起用したモウ・ユナイテッド。開幕節を落とした中で迎えた今節は、ウクライナのゾリャと対戦した。 ▽序盤からホームのユナイテッドが押し気味に試合を進めていく展開となるが、FWマーカス・ラッシュフォードのシュートがクロスバーに嫌われるなどゴールが遠い。それでも69分、ルーニーのシュートにワンタッチで合わせたイブラヒモビッチのゴールが決まり、ユナイテッドが先制。そのまま逃げ切り、今大会初白星を手にした。 ▽試合後の会見に出席したモウリーニョ監督は、「難しい試合だったが、勝利で終えることが重要だった」と安堵。その後、ここ公式戦2試合でベンチスタートが続いている中、決勝点をアシストしたルーニーについて、以下のようにコメントしている。 「彼は笑いながら『大きなアシストを決めた』と言っていた。あのときのチームが必要としていたセカンドストライカーという役割を遂行してくれた。彼は、(フアン・)マタよりもストライカー気質な選手だ。したがって、私はマタを右にスライドさせた。我々はとても良いチームで試合をスタートさせた。しかし、ベンチにも、全ての問題を解決できる選手たちが待機していた」 2016.09.30 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モウ「イブラのクオリティはアメージング」

▽マンチェスター・ユナイテッドは29日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節でゾリャをホームに迎え、1-0で勝利した。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを絶賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽先のリーグ戦から数名変更もイブラヒモビッチ、MFポール・ポグバなど一部主力を引き続き先発起用したモウ・ユナイテッド。開幕節を落とした中で迎えた今節は、ウクライナのゾリャと対戦した。 ▽序盤からホームのユナイテッドが押し気味に試合を進めていく展開となるが、FWマーカス・ラッシュフォードのシュートがクロスバーに嫌われるなどゴールが遠い。それでも69分、FWウェイン・ルーニーのシュートにワンタッチで合わせたイブラヒモビッチのゴールが決まり、ユナイテッドが先制。そのまま逃げ切り、今大会初白星を手にした。 ▽試合後の会見に出席したモウリーニョ監督は、「難しい試合だったが、勝利で終えることが重要だった」と安堵。その後、決勝点をマークしたイブラヒモビッチについて、以下のようにコメントしている。 「彼は本当に素晴らしい選手。ゴールを決められなかったとしても、チームにダイナミックさをもたらしてくれる。攻撃のときには、リーダーシップと動きを与えてくれるんだ。誰も、彼の実年齢を信じられないだろうね。重要なのはクオリティ。彼が持つクオリティはアメージングだ」 2016.09.30 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルがまさかの連敗…イブラやトッティ活躍でユナイテッド&ローマが初勝利! 武藤がEL初ゴールを記録《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が29日に行われた。 ▽48チームが12のグループに分かれてラウンド32進出を目指すELグループステージ。開幕節では優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドとインテルが、いずれも黒星発進となる波乱の幕開けとなったが、今回の第2節では強豪が順当に勝ち点を伸ばした。 ▽初戦でフェイエノールト相手に苦杯を舐めたユナイテッドは、ホームでウクライナのゾズリャと対戦。ポグバやイブラヒモビッチ、ラッシュフォード、マタなどの主力を先発で起用したホームチームだったが、相手の組織的な守備に苦戦。それでも、69分に途中出場のルーニーのシュートミスを、イブラヒモビッチが泥臭く押し込んでようやく先制に成功。このリードを守り切ったユナイテッドが内容は伴わなかったものの、グループステージ初勝利を手にした。 ▽その他の強豪チームでは、2日前に40歳となったバンディエラ、トッティが3ゴールを演出する大活躍でローマがアストラに4-0で圧勝。また、フィオレンティーナは前半に退場者を出したカラバフを相手にババカルとサラテが2ゴールずつを決め、5-1で大勝した。 ▽その一方で、開幕節に続き屈辱を味わうことになったのはインテル。守護神ハンダノビッチ、ムリージョ、バネガ、カンドレーバ以外を控えメンバーで固めたインテルは、敵地でスパルタ・プラハと対戦。開始7分と25分にカドレツに続けてゴールを奪われたインテルは、後半にパラシオのゴールで1点を返すも、ラノッキアの退場直後に3点目を献上し、1-3の完敗。まさかの連敗となった。 ▽なお、毎年混戦傾向にあるグループステージで連勝に成功したのは、アポエル、ゼニト、アヤックス、シャフタール、FCクラスノダール、シャルケの6チームのみとなっている。 ▽グループステージに参戦している7人の日本人選手では、ケガのシャルケDF内田篤人、ベンチ外となったインテルDF長友佑都を除く5選手が出場。マインツFW武藤嘉紀はカバラ戦で2試合連続スタメンを飾り、前半にEL初ゴールを記録した。また、サウサンプトンDF吉田麻也、アストラMF瀬戸貴幸はフル出場を飾ったものの、共に勝ち点3を獲得できず。同じくヤング・ボーイズFW久保裕也、ザルツブルクMF南野拓実も出場機会を得たものの、チームは連敗となった。29日に行われたELグループステージ第2節の結果は以下のとおり。 ◆グループA マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ゾリャ フェネルバフチェ 1-0 フェイエノールト ◆グループB アスタナ 0-0 ヤング・ボーイズ ※FW久保裕也は92分までプレー オリンピアコス 0-1 アポエル ◆グループC カバラ 2-3 マインツ ※FW武藤嘉紀は84分までプレーし、1ゴールを記録 サンテチェンヌ 1-1 アンデルレヒト ◆グループD ダンドーク 1-0 マッカビ・テルアビブ ゼニト 5-0 AZ ◆グループE ローマ 4-0 アストラ ※MF瀬戸貴幸はフル出場 オーストリア・ウィーン 0-0 ビクトリア・プルゼニ ◆グループF ビルバオ 1-0 ラピド・ウィーン ゲンク 3-1 サッスオーロ ◆グループG アヤックス 1-0 スタンダール・リエージュ セルタ 2-0 パナシナイコス ◆グループH ヘント 2-0 コンヤシュポル シャフタール 2-0 ブラガ ◆グループI シャルケ 3-1 ザルツブルク ※DF内田はケガのためベンチ外 ※MF南野は65分からプレー FCクラスノダール 5-2 ニース ◆グループJ フィオレンティーナ 5-1 カラバフ リベレツ 1-2 PAOK ◆グループK スパルタ・プラハ 3-1 インテル ※DF長友佑都はベンチ外 ハポエル・ベエルシェバ 0-0 サウサンプトン ※DF吉田麻也はフル出場 ◆グループL ステアウア・ブカレスト 1-1 ビジャレアル チューリッヒ 2-1 オスマンルシュポル 2016.09.30 06:37 Fri
twitterfacebook
thumb

主力投入のユナイテッド、イブラ弾で辛勝し初勝利《EL》

▽マンチェスター・ユナイテッドは29日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループA第2節でウクライナのゾリャをオールド・トラフォードに迎え、1-0で辛勝した。 ▽初戦の敵地でのフェイエノールト戦を落としたユナイテッドは、その後のプレミアリーグでワトフォードに敗れたものの、直近のレスター・シティ戦では4-1と大勝。そのレスター戦のスタメンから4選手を変更。GKデ・ヘア、両サイドバックのバレンシアとブリント、エレーラに代えてGKロメロ、フォス=メンサー、ロホ、フェライーニを起用した。バカンスに出かけていたイブラヒモビッチは先発となった。 ▽フェライーニ以外の中盤と前線のユニットを入れ替えずに臨んだユナイテッドは、フェネルバフチェとの初戦を1-1で引き分けたゾリャに対し、引き続き[4-2-3-1]を採用。自陣に引くゾリャを相手に立ち上がりからボールを保持していく。 ▽攻め手を欠いてシュートに持ち込めずにいたユナイテッドだったが、20分にビッグチャンス。左CKのルーズボールをボックス右のラッシュフォードが右足で強振。完璧に捉えたシュートだったが、バーに直撃してしまった。 ▽引き続きボールこそ持つもののアイデアを欠くユナイテッドは、39分にポグバの右サイドからのアーリークロスにマタがヘディングで合わせるも、枠の上に外れてしまう。ここからギアを上げると、40分にリンガードが、41分にフェライーニがそれぞれヘディングシュートでゴールに迫っていく。 ▽0-0で迎えた後半、前半終盤の良い流れをユナイテッドは持ち込むことができない。ボールを保持するものの、アイデアを欠いてゾリャを崩せない状況が続いた。66分にはパウリーニョに枠内シュートを浴びたが、GKロメロが好守で阻止した。 ▽悪い流れのユナイテッドはリンガードに代えてルーニーをトップ下に投入。すると69分に均衡を破った。マタのスルーパスに反応してボックス右に侵入したフォス=メンサーの折り返しを、フリーのルーニーはシュートをミートしきれない。それでも、ルーズボールをゴールエリア左のイブラヒモビッチが頭で押し込んだ。 ▽74分にマタとフォス=メンサーに代えてマルシャルとA・ヤングを投入したユナイテッドは、右サイドバックにA・ヤングを配置。攻撃的な布陣として追加点を狙いに行くかと思われたが、バランスを崩すことなく1-0のままタイムアップ。主力を投入してEL初勝利を飾った。 ▽また、グループAのもう一試合フェネルバフチェvsフェイエノールトは1-0でフェネルバフチェが勝利。フェネルバフチェが勝ち点4で首位に立っている。 2016.09.30 05:58 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、アラダイスのイングランド代表監督辞任を嘆く 「私と彼の関係は変わらない」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、先日発表されたサム・アラダイス氏のイングランド代表監督辞任を嘆いている。<br><br>7月にイングランド代表監督に就任したばかりのアラダイス氏だが、今月27日に不祥事が発覚した。FA(イングランド・サッカー協会)が禁じている第三者による選手の移籍手引きに携わっていたことが判明してしまったのだ。<br><br>わずか67日で代表指揮官の座を降りることになったアラダイス氏。モウリーニョ監督は、プレミアリーグで対戦したこともある同氏に激励のメッセージを送っている。<br><br>「私はサムのことが好きなんだ。(代表監督は)彼が夢見ていた仕事だった。残念だよ。こういうことが起きたからといって、私と彼の関係は何も変わらない。今回の件は彼とFAの問題だ。私は以前と同じようにサムをリスペクトしているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 21:58 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース