【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

カントナ「私がこれまで一緒にプレーした中で最高の選手は…」意外な元同僚の名を挙げる

かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーし、圧倒的なカリスマ性から&ldquo;キング&rdquo;と称された元フランス代表FWエリック・カントナ。同氏が「自身がこれまでにプレーした中で最高の選手は」というヨーロッパメディアの質問に答えている。<br><br>カントナは迷わず「ガリーだね。ガリー・マカリスターだ」と返答している。<br><br>1966年生まれ、現在50歳のカントナは母国フランスのオセールでトップデビュー後、複数のクラブへのレンタルを経験しながら、マルセイユ、ボルドー、モンペリエ、ニームなどを渡り歩き、92年にイングランドのリーズに加入。リーズで数カ月プレーした後に加わったマンチェスター・Uでは97年に現役引退するまで在籍した。<br><br>カントナが「一番」と評したマカリスターはリーズ時代の同僚。91-92シーズンに、プレミアリーグ前身のフットボールリーグ・ディビジョン1で、カントナはマカリスターとともに優勝を経験している。マカリスターはスコットランドが輩出した&ldquo;ファンタジスタ&rdquo;としても知られ、後にリヴァプールでもプレーした。<br><br>ロイ・キーン、ライアン・ギグス、ピーター・シュマイケルといった伝説的プレーヤーと一緒にプレーしたカントナだが、リーズ時代に数カ月ともにプレーした同僚マカリスターの印象が最も強いようだ。なお、イギリスメディアはこの話題について「カントナが最高と思う元同僚はユナイテッドの選手ではなかった」と驚きを持って伝えている。<br>提供:goal.com 2017.02.24 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16組み合わせ決定…優勝候補筆頭のユナイテッドはロストフと激突! 内田シャルケ、久保ヘントは共に同国対決に《EL》

▽24日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われ、8つの対戦カードが決定した。 ▽ラウンド32でサンテチェンヌを下した今大会優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は、ロストフ(ロシア)と激突。ビジャレアルとの強豪対決を制したローマ(イタリア)は、リヨン(フランス)と対戦する。 ▽その他、日本人所属クラブでは、PAOKを退けたDF内田篤人所属のシャルケ(ドイツ)がボルシアMG(ドイツ)、そしてトッテナムの壁を打ち破ったFW久保裕也所属のヘント(ベルギー)がヘンク(ベルギー)と同国対決となった。 ▽ラウンド16の1stレグは3月9日(木)、2ndレグは同月16日(木)に開催される。ラウンド16組み合わせは以下のとおり。 ◆ラウンド16※左側が1stレグをホーム セルタ(スペイン) × FCクラスノダール(ロシア) アポエル(キプロス) × アンデルレヒト(ベルギー) シャルケ(ドイツ) × ボルシアMG(ドイツ) リヨン(フランス) × ローマ(イタリア) ロストフ(ロシア)×マンチェスター・U(イングランド) オリンピアコス(ギリシャ) × ベシクタシュ(トルコ) ヘント(ベルギー) × ヘンク(ベルギー) コペンハーゲン(デンマーク) × アヤックス(オランダ) 2017.02.24 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョ、ルーニーの中国行きに反対「ユナイテッドでの時間が終わったとしても…」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、残留することを明言したが、元ブラジル代表MFのロナウジーニョ氏はこのニュースを見て、安どしたかもしれない。『フォックス・ラテン・アメリカ』が伝えた。<br><br>ルーニーは今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督の元で中心選手としての扱いは受けられていない。リーグ戦の先発は8にとどまるなど、今月中にも中国行きの可能性が伝えられていたが、ルーニー自身は「クラブの一員として残りたい」と語り、残留を宣言した。<br><br>ロナウジーニョ氏はルーニーがまだまだトップレベルにあるとし、たとえマンチェスター・Uでの時間が終わったとしても、欧州のトップクラブでプレーする資格があると話した。<br><br>「リスペクトしていないわけではないけど、まだルーニーが中国でプレーするところは見たくない。おそらく2、3年後に考えることになるかもしれないが、それは今じゃない。マンチェスター・ユナイテッドでの時間が終わったとしても、イングランドやイタリア、スペイン、ドイツ、フランスのトップクラブで重要な選手になれるだろう」<br><br>「過去10年間で、僕が最も尊敬している選手の一人だ。並外れた能力を持っているし、もう少しトップリーグで見ていたいね」<br><br>また、代表キャリアや現役引退などについても自身の見解を示している。<br><br>「代表キャリアのほうを考えないとね。クラブでプレーしていなくとも、イングランド代表にとって彼は重要な選手だし、代表監督は選ぶのがどんどん難しくなるだろう」<br><br>「本来のタイミングより、早く引退を決断する選手たちがいる。ただキャリアは短いし、引退に関して後悔はしてほしくないね」<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マタ、モウリーニョとの確執のうわさを完全否定「人間的な面で問題は何もない」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFのフアン・マタが、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執を完全否定した。『BBC』の番組に出演した際に語っている。<br><br>マタとモウリーニョはチェルシーで仕事をともにしていた。しかし、モウリーニョの就任後にマタの出場機会が激減し、2014年1月にユナイテッドへ移籍する運びとなった。<br><br>しかし、運命はいたずらを好むもので、昨夏に再びマタはモウリーニョと顔を合わせることになった。そして再びマタの出場機会が減るのではないかという憶測は絶えなかった。<br><br><br><br>だが、モウリーニョはマタを主力の一人として起用。プレミアリーグでは20試合に出場し、6ゴールを挙げる活躍を見せている。<br><br>マタは「時々、人生やフットボールでは変化を求められることがある。ジョゼが来たとき、僕はあまりたくさんプレーしていなかった。その時、僕には素晴らしいクラブへ行くチャンスがあり、チェルシーにとってもいいオファーだった」と移籍を決断した経緯を振り返った。<br><br><br><br>さらにモウリーニョとの間に問題があったのではないかといううわさについて「ノー、ノー! (移籍が決まったのは)フットボール的な理由だ。スタイルとか、そういったたぐいのね。僕らの間に人間的な面で問題は何もない。今は一緒に仕事をしている。問題ないよ」と、確執を完全に否定した。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マヤvsマタがEFLカップ決勝のカギに…“無失点キング”吉田麻也に英メディアが注目

EFLカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドとサウサンプトンが対戦するが、フアン・マタと吉田麻也のマッチアップがカギになると『スカイスポーツ』は分析している。<br><br>サウサンプトンは1976年のFAカップ以来のタイトルを狙いにウェンブリーへと乗り込む一方で、マンチェスター・Uは44度目のメジャータイトル獲得を目論む。そこでカギとなるのはゴールを奪えるMFマタとサウサンプトンが誇る&ldquo;クリーンシート(無失点)キング&rdquo;吉田の対決だ。<br><br>マタは2011年の夏からチェルシーに加わり、プレミアリーグでプレー。188試合で87ゴールに関与しているが、マタより多くの得点に関わっているMFは他に存在しない。また、今シーズンの活躍を見ても、9ゴール4アシストをマークし、マタを上回るゴール数を挙げているのはズラタン・イブラヒモビッチだけだ。<br><br>チームの成績を見ても、マタ起用時の勝率は76%で平均得点は2.1、不在時は勝率46%で平均得点は1.4と明らかな差が生まれている。<br><br>一方の吉田にとって、メジャー大会決勝は初めての舞台となる。また、ウェンブリーで戦うのは2012年ロンドン・オリンピックの準決勝でメキシコに1-3と敗れた時以来。しかし、今シーズンの吉田のEFLカップでの成績は素晴らしいものだ。5試合すべてに出場し、与えた得点はゼロ。2012年にセインツ(サウサンプトンの愛称)へ加わって以来、最高のシーズンを送っていると言える。<br><br>吉田は強力な相棒であるDFビルヒル・ファン・ダイク抜きで決勝を迎えることになるが、マタを押さえ込むことはできるのか。注目が集まるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 12:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース