【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 2-1 チェルシー《プレミアリーグ》

▽25日にプレミアリーグ第28節のマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーがオールド・トラフォードで行われ、2-1でユナイテッドが逆転勝利を飾った。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180225_40_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.0 後手の場面だったがウィリアンにニアを抜かれたことが全て DF 25 バレンシア 6.0 人数をかけて押し込んでくる相手にやや苦戦も、タイミングよくオーバーラップしてクロスで起点になる 2 リンデロフ 5.0 失点場面ではアザールに寄せるかコースを切るかの判断を迷い中途半端なプレー 12 スモーリング 5.0 モラタを監視するも食いつきすぎるディフェンスから裏を取られた 18 A・ヤング 5.5 一対一を仕掛けてくるモーゼスに上手く対応した MF 39 マクトミネイ 5.5 集中した入りを見せながらも失点場面ではウィリアンを追いかけることを諦めてしまった 31 マティッチ 6.5 ボールを刈り取り、配球役としても躍動しチームにリズムを作った 6 ポグバ 6.0 守備の負担が減り、特に後半は攻撃面でアクセントとなった FW 11 マルシャル 6.0 立ち上がりこそ消えている時間が長かったが、徐々に試合に入り込みルカクのゴールをアシスト (→ リンガード 6.5) 途中出場からしっかりとゴールで結果を残した 9 ルカク 6.5 トップ6に対して遂にゴール。リンガードのゴールをお膳立てするなど1G1Aの活躍を見せた 7 サンチェス 6.0 中央にも顔を出してゲームメーク。ゴールシーンでも起点となるスルーパスを刺した (→ バイリー -) 監督 モウリーニョ 6.0 リンガード投入が的中し宿敵に逆転勝利 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180225_40_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 5.5 失点場面はノーチャンス。後半は好セーブを見せた。 DF 28 アスピリクエタ 5.5 守備に集中していた 27 クリステンセン 5.5 失点場面ではルカクとの接触でややプレーへの集中を欠いた 2 リュディガー 5.5 インターセプトを狙うなど攻撃的なディフェンスを見せた MF 15 モーゼス 5.5 アイソレーションから徹底して右サイドで一対一を仕掛けた (→ ジルー -) 6 ドリンクウォーター 5.5 バランスを取りながらのプレーも、失点場面ではボールに食いつきすぎた (→ セスク -) 7 カンテ 6.0 広範囲に顔を出して粘り強い対応で相手の攻撃を遅らせた 3 マルコス・アロンソ 6.0 左サイドの高い位置を取ってバレンシアを押し込む FW 22 ウィリアン 6.5 オフェンス時には縦横無尽にプレー。好調さがうかがえる豪快シュートで先制点をマーク 9 モラタ 5.5 前半の決定機は決めたいところ。しかし身体を張って起点を作っていた 10 アザール 6.0 左サイドから中央に流れて上手くボールに触りながらチャンスを作った (→ ペドロ 5.5) 少ないチャンスながらもボールを持てば積極性を見せた 監督 コンテ 5.0 敵地でも積極的な入りを見せたことは評価できるが、停滞してからの采配はなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マティッチ (マンチェスター・ユナイテッド) ▽決勝ゴールのリンガードや1ゴール1アシストのルカクも選出に値するが、中盤で相手の攻撃の芽を摘み、奪ったボールを上手く散らしてチームにリズムを作ったマティッチを選出。攻守にわたって高いレベルで安定感があった。 マンチェスター・ユナイテッド 2-1 チェルシー 【マンチェスター・ユナイテッド】 ルカク(前39) リンガード(後30) 【チェルシー】 ウィリアン(前32) 2018.02.26 01:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカクが呪縛を解き放ち1G1A!! トップ4を争う2チームの一戦はユナイテッドが逆転勝利!!《プレミアリーグ》

▽25日にプレミアリーグ第28節のマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが、オールド・トラフォードで行われ、2-1でユナイテッドが勝利した。 ▽2位のユナイテッド(勝ち点56)と4位のチェルシー(勝ち点53)によるチャンピオンズリーグ出場圏内を争うシックスポインター。5位のトッテナムも勝ち点52と迫っているため、負けられない一戦となった。 ▽ユナイテッドは前節のニューカッスル戦で敗れ、直近のリーグ戦3試合で1勝2敗と低調なパフォーマンスが目立つ。そんな中、この試合ではニューカッスル戦からフィル・ジョーンズに代えてリンデロフ、リンガードに代えてマクトミネイを起用するなど2点を変更した。 ▽一方、前節のWBA戦に3-0と快勝してボーンマス、ワトフォードを相手に喫した屈辱の連敗を払しょくしたチェルシー。ユナイテッド戦ではそのWBA戦からセスクとザッパコスタ、ジルーを外して、ドリンクウォーター、マルコス・アロンソ、モラタの3選手を起用してきた。 ▽試合開始から主導権を握ったのはアウェイのチェルシーで、左サイドのアザール、マルコス・アロンソを起点とし、モラタや逆サイドのウィリアンまで加わってゲームを組み立てる。4分にはマルコス・アロンソがダイレクトでゴール前へと入れたボールにモラタ、アザールが立て続けにシュートを放ったがクロスバーやGKデ・ヘアの対応により先制点は生まれなかった。 ▽出鼻を挫かれたユナイテッドだったが、5分を過ぎた頃から落ち着いてビルドアップできるようになる。しかしハーフウェイラインからプレスを強めるチェルシーの守りの前にアタッキングサードまで侵攻できない。25分には相手を押し込んだ状態からユナイテッドが立て続けにチャンスを作り出すと、27分には中央のサンチェスにボールが入りシュートまで持ち込んだがGKクルトワの正面を突いた。 ▽重たい展開の中、32分に試合が動く。自陣でユナイテッドの攻撃を凌いだチェルシーがカウンターを発動。自陣のウィリアンが相手陣内のアザールにパスを繋ぐとそのまま前線にダッシュ。アザールは体勢を崩しながらも追い越したウィリアンにボールを繋ぐと、ボックス右に侵攻したウィリアンがGKデ・ヘアのニアサイドを抜く鋭いシュートを決めて試合を動かした。 ▽しかしユナイテッドも39分、ルカクがクリステンセンとの競り合いで頭をぶつけながらもボールをサンチェスに預けると、そこからボックス内のマルシャルへとつながる。マルシャルがダイレクトで中央に折り返したボールを、ルカクが冷静に蹴り込み試合は振り出しへ。なお、ルカクはトップ6に対しての初ゴールは古巣のチェルシーからとなった。 ▽前半はそのまま終了し、後半はお互いに交代なしで入った。すると追いついたユナイテッドがチェルシーを押し込んでいく入りとなったが、前半同様に決定機までは作れない。対するチェルシーは、自陣でしっかりとブロックを強いて攻撃を跳ね返しながらカウンターを狙う。しかし切り替えのスピードが上がったユナイテッドの前に、こちらも決定機は遠い。 ▽するとユナイテッドは64分にマルシャルを下げてリンガードを送り出すなど先に動きをみせる。すると67分にはボックス手前左のサンチェスが入れたクロスに、ルカクがダイレクトボレーで合わせるが、GKクルトワが好セーブを見せた。 ▽チェルシーも73分にアザールを下げてペドロを送り出す。流れを引き戻したチェルシーだったが、75分に右サイドへと流れてボールを受けたルカクのクロスを、途中出場のリンガードが頭で押し込み、ユナイテッドが逆転に成功する。 ▽追う展開となったチェルシーは78分にモーゼスに代えてジルーを送り出すなど前線の起点を増やす。一方のユナイテッドはサンチェスを下げてバイリーを投入し、この1点を守りに行く。迎えた85分には浮き球のパスに反応したモラタがボックス左からシュートを決めるがオフサイドの判定によりゴールは認められず。 ▽試合終盤は球際での激しさが目立ちプレーが止まる場面が散見される。そんな中でもしっかりと集中力を切らさずにユナイテッドが守り切って試合は終了。CL出場権を争う2チームの一戦はユナイテッドに軍配が上がった。 2018.02.26 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マティッチが古巣との一戦を前に意気込み「リーグ優勝は難しいけれど…」

セルビア代表MFネマニャ・マティッチは、マンチェスター・ユナイテッドが今シーズンにまだまだ大きなことを成し遂げられると考えているようだ。<br><br>25日に行われるプレミアリーグ第28節で、マンチェスター・ユナイテッドはオールド・トラフォードにマティッチの古巣チェルシーを迎える。仮にユナイテッドが勝利すれば、同日にカップ戦決勝を控え、リーグ戦が延期となっている首位マンチェスター・シティとの勝ち点を縮められる重要な一戦となる。<br><br>3シーズンぶりのトップ4フィニッシュに向け厳しい試合の続くマンチェスター・ユナイテッドだが、マティッチはシーズンの残りでまだまだ成功する可能性はあると『ユナイテッド・レビュー』で話している。<br><br>「もちろんプレミアリーグで全試合に勝利することは難しいが、僕たちは一歩ずつ成長できているし、将来的にはチームとして大きなことを成し遂げられると信じている。僕はこのチームに満足しているし、チームとして団結して戦えている。今シーズンや将来に何かしらを勝ち取れると確信している」<br><br>「非常に良い試合もあったけれど、悪い試合もあった。まだまだチームとして成長しなければならない。でも、まだチャンピオンズリーグとFAカップでそのチャンスは残っている。首位との差は非常に大きいからリーグ戦で優勝することは困難だってみんなが理解しているが、僕たちは最後まで戦うつもりだ」<br><br>マティッチの古巣チェルシーに勝利すれば、4位につける同クラブとの勝ち点を6差に広げられるが、仮に敗れることがあればチェルシーと勝ち点で並ぶ。トップ4の座を懸けたライバル同士によるビッグマッチは壮絶な試合になりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、復讐に燃えるファン・ハールを電撃招へいか

▽チェルシーが、オランダ人指揮官のルイス・ファン・ハール氏(66)をリストアップしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽チェルシーでは、かねてからアントニオ・コンテ監督とフロント陣の関係悪化が伝えられており、シーズン後の退任も噂されている。そんな中、『ミラー』によれば、仮にコンテ監督との関係が修復不可能となって退任することになった場合、ファン・ハール氏にチームを託す考えがあるという。仮に今シーズン中にファン・ハール氏を招へいすることになれば臨時指揮官として任命し、シーズン後に新たな契約を交わすことになると見られている。 ▽これまでアヤックスやバルセロナ、オランダ代表で監督を歴任したファン・ハール氏は、2014年夏からユナイテッドを率い、指揮2シーズン目にFAカップ優勝に導いたが、残り1年の契約を残して解任の憂き目に遭った。現在は監督業を退いているが、先日には「イングランドのビッグクラブからオファーが来た場合は例外だ。マンチェスター・ユナイテッドをうち負かすチャンスだからね」と、古巣に対する嫌味を述べていた。 2018.02.25 14:03 Sun
twitterfacebook
thumb

宿敵モウリーニョとの対決をコンテは意識せず…試合後の握手については明言を避ける

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、マンチェスター・ユナイテッド戦後にジョゼ・モウリーニョ監督と握手することについて明言を避けた。<br><br>25日にオールド・トラッフォードでチェルシーはマンチェスター・ユナイテッドと対戦。モウリーニョ監督の&ldquo;ピエロ&rdquo;発言を皮切りに、コンテ監督が&ldquo;小さな男&rdquo;と言い返すなど1月に壮絶な舌戦を繰り広げてきた両者は、騒動が収束してから初めて直接対決を迎える。<br><br>そして、重要な一戦を控えるコンテ監督は会見で、試合後に握手するかについて問われ「双方からいろいろと言ってきたが、私はもう大丈夫だ。しかし、その話題について何か話したいとは思わない」とモウリーニョ監督との関係は今では問題はないとするも、握手に関しては明言していない。<br><br>また、コンテ監督はトップ4を争う直接のライバル、マンチェスター・ユナイテッドについてもコメントを残している。<br><br>「非常に強いメンバーを擁する強敵だ。それにフィジカル面でも秀でている。この試合では何でも起こり得るし、負けるリスクもある。我々にとって非常に重要な一戦だ」<br><br>一方で、モウリーニョ監督との対立が囁かれているポール・ポグバが出場するかについて尋ねられ「私の予想では彼はピッチに立つ。でも、先発から外れてくれたほうがベターだ」とイタリア人指揮官は自身の考えを示した。<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 08:35 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース