超ワールドサッカー

【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドがインテルのクロアチア代表MFペリシッチを狙う?

▽インテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)に対し、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ペリシッチは、2015年8月にヴォルフスブルクからインテルへと移籍。セリエAにもしっかりと適応し、2シーズンで69試合に出場し27ゴール16アシストを記録している。 ▽インテルとの契約は2020年まで残っているものの、インテルは今夏にチーム編成を刷新すると考えられており、ペリシッチに関しても適正価格でのオファーがあれば放出する可能性があるとみられている。 ▽ペリシッチの移籍金は3600万ユーロ(約44億8000万円)を超えているものとみられているが、ジョゼ・モウリーニョ監督は交渉担当であるエド・ウッドワード副会長に欲しい選手を伝えてあると明かした。 「ウッドワードは3月から私が欲しい選手、私が欲しいもの、そしてそれがいくらなのかを知っている」 「彼は3月から全てを知っているし、彼は働いている。なぜなら彼は8月に休暇を取るからだ。そして、私は働くよ」 2017.05.28 11:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、キャリックと2018年6月まで契約延長!

▽マンチェスター・ユナイテッドは28日、イングランド代表MFマイケル・キャリック(35)との契約を2018年6月まで延長したことを発表した。 ▽2006年の夏にトッテナムからユナイテッドに加入したキャリックは今シーズン、プレミアリーグで23試合に出場した。また、同クラブの選手として459試合に出場し、23ゴール36アシストを記録。5度のプレミアリーグ制覇に加え、FA杯やチャンピオンズリーグ、クラブワールドカップ制覇にも貢献してきた。 ▽契約延長を行ったキャリックは、クラブの公式サイトで以下のようにコメント。また、6月4日に行われる自身のキャリアを称える記念試合に胸を躍らせた。 「新たなトロフィーの獲得と共にシーズンを締めくくれるとはなんて素晴らしい終わり方なんだ。この偉大なクラブで、自分の旅が続くことにとても喜びを感じているよ」 「すでに、来週行われる僕の顕彰試合に目を向けているよ。それは僕や家族にとっても非常に誇らしい時間になるよ。ただでさえ素晴らしいシーズンをパーフェクトにしてくれる。その日にファンのみんなに、僕らの輝くヨーロッパリーグのトロフィーを見てもらえるなんて興奮するね」 ▽また、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、キャリックとの契約を延長できたことに喜びを感じている。 「私は今シーズン、マイケル(・キャリック)と一緒に仕事ができて本当に楽しかった。彼は、真のプロフェッショナルの一人だ。人間としても素晴らしく、若手にとって、模範的で偉大なフットボーラーだ」 「彼と契約を延長できたことを嬉しく思う。そして、これを機会に来週の日曜日に行われる顕彰試合では、彼が栄誉にふさわしいということを証明してほしいね」 2017.05.28 09:32 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、守護神デ・ヘアを狙うレアル・マドリーに売却の条件を提示か

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、GKダビド・デ・ヘアを狙うレアル・マドリーに移籍成立のための条件を提示したようだ。<br><br>GKケイロル・ナバスと2020年まで契約を結んでいるマドリーだが、守護神補強は近年の懸念材料の一つだ。フロレンティーノ・ペレス会長は、2015年に書類不備で獲得を逃したデ・ヘアを、それからずっと追い続けてきたといわれている。<br><br>しかしながらモウリーニョ監督はマドリーを牽制する姿勢を示している。ポルトガル人指揮官はデ・ヘアを引き渡す条件をマドリー側に突き付けた模様だ。その条件とは移籍金7500万ユーロのオファー、あるいは移籍金2500万ユーロ+FWアルバロ・モラタの譲渡だとされている。<br><br>この条件をマドリーが飲めば、モラタを安売りすることになってしまう。モラタに対しては、ミランが6000万ユーロ以上のオファーを準備して獲得を試みているためだ。<br><br>&gt;<br>提供:goal.com 2017.05.26 22:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、“世界一の右SB”バレンシアが2019年まで契約延長「僕の人生」

▽マンチェスター・ユナイテッドは26日、エクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(31)との契約を2019年まで延長したことを発表した。1年の延長オプションが付随している。 ▽2009年夏にウィガンからユナイテッド入りしたバレンシアは、その後の8シーズンにわたって主力として活躍。近年は、もともとの主戦場であるウイングから右サイドバックにポジションを変え、出色のパフォーマンスを続けている。今季、ジョゼ・モウリーニョ監督はバレンシアについて、「彼以上の右SBはいない」と、世界一のライトバックであると称賛した。 ▽ユナイテッド加入後、公式戦291試合22ゴールを挙げ、2度のプレミアリーグとヨーロッパリーグ、FAカップ、2度の国内カップ制覇に貢献してきたバレンシアは、契約延長に際して以下のようにコメントした。 「2009年以降、ユナイテッドが僕の人生だった。新たな契約を交わすことができて本当に嬉しい。水曜日の夜には、このクラブとして初めてのトロフィーを獲得できた。決勝ではキャプテンを務めたし、本当に名誉だった」 「今シーズン、監督は僕を非常に信頼してくれた。感謝している。次のシーズンもすべてのことに挑戦できるはずだ。家族、チームメート、そしてもちろん、ファンのみんなにも感謝の言葉を述べたいね」 ▽一方、ユナイテッドのモウリーニョ監督は、以下のように話した。 「私がユナイテッドに加わるずっと前からバレンシアのことを高く評価してきた。それは秘密じゃなかったね。いかに素晴らしい選手かということは分かっていた。決して私を失望させることはなかった」 「ただ、彼がこんなにも偉大な人間かということは、想像できなかった。素晴らしい選手であり、人としてもそうだ。彼のような選手がいるのは、特権だ。契約延長してくれて嬉しい」 2017.05.26 21:29 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーニーがユナイテッド退団か

▽イギリス『デイリー・ミラー』は25日、イングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が今夏にマンチェスター・ユナイテッドを退団する見込みであることを報じた。 ▽2004年にエバートンからユナイテッド入りしたルーニーは、その後13シーズンにわたってユナイテッドの主力として活躍。今年1月には、ボビー・チャールトン氏の持つクラブ歴代最多得点記録(249得点)を更新し、誰もが認める同クラブのレジェンドとなっている。 ▽しかし、ここ2シーズンはパフォーマンスの低下とともに先発の機会が減少し、今シーズン途中からは完全にレギュラー落ち。そのため、今夏の移籍が取りざたされている。 ▽ルーニー本人も自身の去就を考慮中で、「(去就は)だいたい決めている。国内外問わず多数のオファーを貰っているので、決断しなければならない。家族ともに相談して、数週間のうちに決めたい」と発言したところだ。 ▽『ミラー』は、ルーニーが定期的な出場機会を求めてユナイテッドを退団するとみている。行き先は、高額オファーを提示していると伝えられる中国とみられている。 ▽なお、中国リーグの移籍市場は6月19日にオープンする。果たして、ルーニーは国外挑戦に踏み切るのだろうか。 2017.05.26 13:14 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース