【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

ムヒタリャン、移籍へさらに接近 マン・Uからのオファー増額を認めるドルトCEO

ドルトムントMFヘンリク・ムヒタリヤンのマンチェスター・ユナイテッド移籍に向けた動きが加速しているようだ。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、ユナイテッドが「オファーを大きく改善してきた」と認めている。<br><br>ムヒタリヤンはDFマッツ・フンメルスやMFイルカイ・ギュンドアンと同様、ドルトムントと2017年までの契約を締結していた。だが、ほかの2人に続いてアルメニア代表MFもこの夏にドルトムントを去ることになりそうだ。<br><br>クラブ首脳陣は当初、この主力選手3人が全員退団する可能性はないと強調していたが、数日前からその姿勢にも変化が見られる。ヴァツケCEOは27日の『キッカー』に、「経済的な展望が圧倒的な場合、決断が当初とは異なるものになることもあり得る」と話していた。<br><br>さらに地元メディア『WAZ』の取材にも応じた同CEOは、ムヒタリヤンについて次のようなコメントを残している。<br><br>「今の状況は以前とは異なっている。マンチェスター・ユナイテッドはオファーを大きく改善してきた。このような決断を下す場合、様々な局面を考慮しなければいけない」<br><br>「この件に関してはいつか結論を出さなければいけない。週末にそうすることになるだろう。我々は月曜日(7月4日)にはプレシーズンを開始するからね」<br><br>なお『WAZ』の情報によれば、ユナイテッドが提示した移籍金は4000万ユーロ(約45億円)を大きく超える額だという。この条件で取引が成立すれば、契約が残り1年となっている選手としてはブンデスリーガ史上最高額での移籍となる。また、ドルトムントはクラブ史上最高額の移籍金を得ることになる。<br><br>ドルトムントは来季に向けてすでに6人の新戦力を獲得しているが、ムヒタリヤンが退団した場合にはその代役の補強に動き出す模様だ。ヴァツケCEOは「再び移籍市場で活動することになるだろう」と示唆している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.29 09:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、マンチェスター・U移籍に動き 代理人が交渉開始か

ユベントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバは、マンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいているのかもしれない。スペイン『アス』が報じた。<br><br>ユナイテッドに加え、レアル・マドリーなど複数のビッグクラブに狙われているポグバ。ユベントスは同選手の獲得を望むクラブに移籍金1億2000万ユーロ(135億6000万円)を要求しているとみられる。<br><br>ユベントスの法外な要求額に、マドリーは怯んだ。その隙に、ユナイテッドがポグバの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と接触し、交渉を開始させたというのだ。<br><br>ライオラ代理人はここ最近、ユナイテッドと良好な関係を築いている。クライアントであるドルトムントMFヘンリク・ムヒタリャン、今夏パリ・サンジェルマンを退団したFWズラタン・イブラヒモビッチがユナイテッド移籍に迫っているため、同クラブと話し合う機会が増えているためだ。<br><br>一方、ユベントスはポグバを残留させるために新契約を提示する構えだ。現在の年俸から400万ユーロ(4億5000万円)アップして3年の契約延長をオファーする意向だと見られている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.28 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、来週にもマンチェスター・U入りが決定か

パリ・サンジェルマン(PSG)を退団したFWズラタン・イブラヒモビッチは、まもなくマンチェスター・ユナイテッドへの加入が決定することになるのかもしれない。<br><br>イブラヒモビッチは、6月末までとなっていたPSGとの契約を延長せず退団することが決定。今後の去就の確定はスウェーデン代表として出場したユーロ2016終了後へと先送りされたが、スウェーデンはグループステージ敗退で大会を終え、イブラヒモビッチは代表引退も表明した。<br><br>イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、イブラヒモビッチの代理人ミーノ・ライオラ氏とユナイテッドの間ではユーロ前に1年契約の条件面が合意。イブラヒモビッチは来週にはメディカルチェックを受け、ユナイテッド加入が正式に決定する見通しだという。<br><br>ユナイテッドでは新シーズンからジョゼ・モウリーニョ新監督が指揮を執る。イブラヒモビッチの加入が決まったとすれば、インテル在籍時の指揮官と再会することになる。<br><br>ユナイテッドはボルシア・ドルトムントからMFヘンリク・ムヒタリャンの獲得にも近づいている模様だと報じられている。過去3年間は不満の残るシーズンを過ごしてきたユナイテッドだが、復活に向けて着々と準備を整えようとしているようだ。<br><br>提供:goal.com 2016.06.28 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ムヒタリャンのユナイテッド行きが今週中に決定? 契約残り1年の選手が移籍金45億円で移籍か

ドルトムントMFヘンリク・ムヒタリャンのマンチェスター・ユナイテッド移籍が間近に迫っているのかもしれない。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、チームがプレシーズンを開始する来月4日までに状況をあらためて「見定める」と話している。<br><br>ドルトムントとは2017年まで契約を結ぶムヒタリャンだが、ミーノ・ライオラ代理人は選手側の希望として、ドルトムントにユナイテッド移籍を要求。ドイツ『キッカー』によると、一時はDFマッツ・フンメルス、MFイルカイ・ギュンドアンに続くこの夏3人目の主力放出を拒否していたドルトムント首脳陣だが、今週中にムヒタリャンをどう扱うか、最終的な決断を下すという。<br><br>ヴァツケCEOは「我々は今週にも状況を見定める予定だ。それはすべてを明確にすることを意味する」と説明。「プレシーズン開始前に、可能な限り人事面を解決することを望んでいる」と、来月4日を目処にムヒタリャンに関する決断を下すことも示唆している。<br><br>ユナイテッドがムヒタリャン獲得に向けて提示している移籍金は、3600万ユーロ(約40億8000万円)と報じられてきた。だが『キッカー』の見解では、ドルトムントが同選手の移籍を認めるのは4000万ユーロ(約45億4000万円)からだという。ユナイテッドがその要求に応じる場合、契約が残り1年となっている選手においては、ブンデスリーガ史上最高額の移籍となる。<br><br>「ミヒャエル・ツォルク(スポーツディレクター)やトーマス・トゥヘル(監督)だけではなく、クラブの各委員会とも話さなければいけない」とヴァツケCEO。ムヒタリャン放出は「難しい決断になる」ことを強調しながら、4000万ユーロといった額での売却には、首を縦に振らざるを得ないことも認めている。<br><br>「どんな移籍にも3つの展望が存在する。経済的なもの、戦略的なもの、そしてスポーツ的なものだ。経済的な展望が圧倒的な場合、決断が当初とは異なることだってあり得る」<br><br>ヴォルフスブルクFWアンドレ・シュールレとの接触が伝えられてきたドルトムントだが、レヴァークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツディレクター)によれば、MFカリム・ベララビの獲得オファーも提示しているという。ムヒタリャンの代役探しが本格化していることも、ドルトムントが同選手の放出に傾いていることを物語っているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.27 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

モイーズ「クロースはマンチェスター・Uでスコールズの後継者になれた」

元マンチェスター・ユナイテッド監督のデイビッド・モイーズ氏が、ドイツ代表MFトニ・クロースの獲得をかつて望んだと明かした。ユナイテッドのレジェンド、ポール・スコールズ氏の後継者になると考えていたそうだ。<br><br>サー・アレックス・ファーガソン氏の引退を受け、2013年夏にユナイテッドの指揮官に就任したモイーズ氏は、成績不振のためにわずか10カ月で解任された。<br><br>モイーズ氏が指揮を執っていた間に、現在も所属するMFマルアン・フェライニやMFフアン・マタを獲得したユナイテッドだが、指揮官はクロースの加入も望んでいたそうだ。現在レアル・マドリーでプレーするクロースは当時、バイエルンに所属していた。<br><br>モイーズ氏はイギリス『サンデー・タイムズ』で次のように述べている。<br><br>「私はユナイテッドにクロースを連れてきたかったんだ。そのパスレンジや人を使う能力で、彼はユナイテッドのトッププレーヤーになれたはずだ。おそらくはスコールズの後継者にね」<br><br>「だが、彼は去ってしまい、レアル・マドリーでいかに素晴らしい選手かを示している。クロースには特別な能力があるんだ。シャビ・アロンソやアンドレア・ピルロ、スコールズのようにね」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.27 18:55 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース