【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

「モウリーニョとの間に問題はない」ポグバ、指揮官との対立と退団報道を否定

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは、ジョゼ・モウリーニョ監督との対立を否定した。<br><br>2016年夏に当時の世界最高額でマンチェスター・ユナイテッドに加入したポグバだが、一貫性に欠けるパフォーマンスを続け、2018年に入ってからベンチを温める機会が増加。これを受け、同選手とモウリーニョ監督の関係は崩れてしまったと報じられていたが、フランス代表MFは『カナル』でこの噂を否定した。<br><br>「彼との間に問題はないし、彼も僕との間に問題があるとは思っていないはずだ。彼は僕をキャプテンに指名したし、ユナイテッドのようなクラブでプレーする責任を教えてくれた。彼は監督で、決断する立場にある。だから選手である僕はそれらを受け入れ、ピッチ上で答えを出さなければならない」<br><br>また、退団報道が出ていることについて「そうなるとは思わない」と否定したポグバは「監督は選手一人のことだけを考えているのではなく、チームのことを考えて決断している。だから、選手はこれを受け入れなくてはならない。彼が髪形で選手を選んでいるって? それはロメル(ルカク)と(マルアン)フェライニに言えることだろう」と冗談を交えながらコメントを残した。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.23 13:11 Mon
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝進出を喜ぶも…モウリーニョが見据える先はPL2位フィニッシュ

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、FAカップ制覇よりもリーグ2位フィニッシュが重要と考えているようだ。<br><br>21日に行われたFAカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドはトッテナムと対戦。トッテナムに先制点を許したマンチェスター・ユナイテッドだが、アレクシス・サンチェス、アンデル・エレーラの得点で逆転勝利を収め、2年ぶりの決勝進出を決めている。<br><br>異なる2クラブでFAカップ制覇を成し遂げれば、史上3人目の快挙達成となるモウリーニョ監督。しかし、試合後「今、私が考えていることは、リーグ戦を2位で終えるために最低でも2つの勝利と1つの引き分けが必要ということだ」と、リーグ戦を良い順位で終えることに専念したいと語った。<br><br>「2位で終え、スパーズ、リバプール、チェルシー、アーセナルよりも良い成績を収められれば、成功のシーズンだったといえる。目標としていた勝ち点80を超える81を獲得できれば、十分に成功だ。これは昨シーズンよりも多くのポイントを奪い、多くの試合に勝利し、多くのゴールを挙げ、失点を減らし、トップチームよりも良い成績で終えたことを意味する」<br><br>「FAカップのファイナルで勝つための努力をしなければならないが、たったの1試合でチームの良し悪し、選手の良し悪し、監督の良し悪し、そしてシーズンの良し悪しが決まるとは思えない」<br><br>試合については、「選手たちは勝利に値した。スパーズのようなチーム相手にこのような戦いができたことは、とても重要だ。両チームともに力強いスタートを切り、最初は彼らが中盤を支配し、先制点を奪った。しかし、選手たちはその後良いプレーを見せ、得点を奪った。後半も頭を使い、組織的に、そして自信を持ち、落ち着いて試合をコントロールできた」と称賛している。<br><br>決勝にコマを進めたマンチェスター・ユナイテッドは、5月19日にチェルシーとサウサンプトンの勝者と対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.22 17:44 Sun
twitterfacebook
thumb

1Gで勝利に貢献のサンチェス「適応に苦労した分、今日の得点は…」

マンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェスは、得点を奪ってチームの勝利に貢献できたことへの喜びを語った。<br><br>今年1月にアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したサンチェスだが、リーグ戦で2ゴールのみと不振。これを受け、FAカップ準決勝トッテナム戦を前にポール・スコールズ氏は同選手をスタメンから外すように求めていたが、21日の試合では貴重な同点ゴールをマークするなど2-1の逆転勝利に貢献し、自身3度目のFAカップ制覇に王手をかけた。<br><br>試合後、サンチェスは「ビッグクラブに来て、全てが変わってしまったことは、僕にとって本当にハードだった。だから、こうしてチームのために得点を奪えたことにとても幸せを感じている」と新天地での苦戦を認めるも、チームの勝利に貢献できたことを喜んだ。<br><br>「ポール・ポグバから最高のパスが来て、最初はニアサイドを狙おうと思ったけれど、GKの動きが見えてファーサイドのポストを狙ってシュートを打った。GKはバランスを崩して動けなかったね」<br><br>また、恩師であるアーセン・ヴェンゲル監督のアーセナル退任についても言及。「彼はフットボール界のレジェンドだから退任は悲しい。紳士であり、フットボールのマスターである彼は僕に敬意とプロ意識を教えてくれた。昨日、今後の幸運を祈るとメールをした。彼には感謝しかない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェス&エレーラ弾で逆転! スパーズ撃破のユナイテッドが2季ぶり決勝へ《FA杯》

▽FAカップ準決勝マンチェスター・ユナイテッドvsトッテナムが21日、ウェンブリーで行われ、2-1でユナイテッドが勝利した。この結果、ユナイテッドが決勝へ進出した。 ▽準々決勝ではブライトンを退け、優勝した2015-16シーズンぶりに準決勝に進出したユナイテッド。プレミアリーグでは自らの敗戦からライバル・マンチェスター・シティの優勝をアシストしてしまったが、2シーズンぶりのFAカップ制覇に向けて、GKにデ・ヘア、センターバックコンビはジョーンズとスモーリング、中盤にマタやポグバ、前線にはサンチェス、リンガード、ルカクを並べた。 ▽一方、2年連続での準決勝進出となったトッテナムはリーグ戦ここ2試合勝利無しと若干低調気味。今回の大一番には、GKにフォルム、ディフェンスラインにはD・サンチェスやトリッピアー、中盤の底はE・ダイアーとデンベレを並べ、前線ににはケイン。デレ・アリ、ソン・フンミンらをぶつけた。両チームにとって残りのリーグ戦に向けても調子を上げていきたい一戦だ。 ▽2番目の優勝回数を誇るユナイテッド(12回)と、それに次ぐトッテナム(8回)が激突。開始間もなく、ケインがファーストシュートを放ったトッテナムはその勢いのままユナイテッドのゴールを強襲。対してユナイテッドも縦への推進力を前面に出し、両チームともテンション高く試合に入った。 ▽すると10分、早くも試合が動く。最終ラインのD・サンチェスのロングボールで一気に右サイドを攻め込んだエリクセン。ディフェンスとGKの間にグラウンダーのクロスを入れると、トップスピードで飛び込んだデレ・アリがネットを揺らしてトッテナムが先制した。 ▽この失点からひとつギアを上げたユナイテッドは24分、敵陣右サイドでデンベレからボールを奪うと、奪ったポグバがすかさずクロスを供給。このクロスにディフェンスの背後から飛び込んだサンチェスが頭で決めて、スコアを振り出しに戻した。 ▽その後もチャンスを作った両者。前半アディショナルタイムにはE・ダイアーが左ポスト直撃のシュートを放つなど終始ゴールを匂わせる試合展開となった。 ▽迎えた後半、互角の攻防を見せるユナイテッドとトッテナムは、まずはアウェイチームがチャンスを得る。58分、敵陣中央のエリクセンから左のソン・フンミンにボールが渡ると、ソン・フンミンはこれをダイレクトでゴール前のケインへ。ケインはキックフェイントをひとつ入れてシュートに持ち込むが相手に当たり枠を外れてしまう。 ▽そんな中、次に試合を動かしたのはユナイテッドだった。62分、後方からのロングボールをルカクが潰れてサンチェスに繋げると、ボックス左からクロスを選択。グラウンダーのクロスをルカクが触ってコースを変えリンガードがややスルー気味に見送ると、ファーサイドのエレーラがダイレクトで蹴り込みユナイテッドに逆転弾をもたらした。 ▽その後68分にB・デイビスを下げてルーカス・モウラを投入したトッテナムは、73分にエリクセンが敵陣中央から強烈な左足のシュートを浴びせるが、わずかに枠の右に逸れる。 ▽試合も後半アディショナルタイムに入り、トッテナムはD・サンチェスを前線に上げるパワープレーを敢行。だが、その隙を突かれルカクにカウンターでゴール前まで運ばれるという危ないシーンも。 ▽最後はGKフォルムまでもが攻めあがる場面も見られたがゴールを奪うことはできずここで試合終了。逆転したユナイテッドが2-1で勝利し、2シーズンぶりの決勝進出を果たした。 2018.04.22 03:21 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアで飛躍のアンドレアス・ペレイラ、心はユナイテッドに

▽マンチェスター・ユナイテッドからバレンシアへとレンタル移籍中のブラジル人MFアンドレアス・ペレイラだが、心はユナイテッドにあるようだ。『ESPN』が報じた。 ▽アンドレアス・ペレイラは、PSVの下部組織からユナイテッドの下部組織に入団。2015年7月にトップチームへと昇格するも、グラナダ、バレンシアとスペインクラブへのレンタル移籍を続けている。 ▽バレンシアでは、今シーズンのリーガエスパニョーラで21試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。コパ・デル・レイでも6試合に出場するなど、多くの経験を積んでいる。 ▽一部報道では、バレンシアが完全移籍でアンドレアス・ペレイラの獲得を目指しているとされているが、本人はユナイテッドの選手であり続けたいと明かした。 「バレンシアが僕の代理人に接触してきた。そして、僕を買い取りたいと言ってきた。それはお世辞であり、メディアで報道されているようなものではなかった」 「僕がジョゼ・モウリーニョ監督との会談を要求していると言われているけど、僕は何も要求していない」 「バレンシアのマルセリーノ(・ガルシア・トラル)監督は、僕に多くのことを話してくれる。十分理解しているけど、僕はまだマンチェスター・ユナイテッドの選手であり、2020年までオールド・トラッフォードでプレーする。ユナイテッドでね」 「僕はユナイテッドを離れたいと思ったことは、決してないよ」 2018.04.21 18:35 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース