【プレビュー】崖っぷちファン・ハール、ゲーゲンプレスで突き落とされるか《リバプールvsマンチェスター・ユナイテッド》2016.01.17 14:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第22節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドのノースウェスト・ダービーが17日の日本時間23:05からアンフィールドで開催される。

▽9位のリバプール(勝ち点31)は前節、試合終了間際のMFジョー・アレン弾でアーセナルと3-3のドロー。FWフィルミノが抜群の存在感を示し、2ゴールを記録した。今回は、選手たちのハードワークぶりが際立っていた一戦から中3日の厳しい日程。MFヘンダーソンやMFミルナーら負傷明けの選手たちの反動が懸念される中、コンディショニングが鍵となる。

▽一方のユナイテッドは、前節のニューカッスル戦を3-3で引き分け、6位に後退した。最近のリーグ戦8試合でわずか1勝と、勝ち点を順調に積み重ねることができていない。今回の一戦で敗れることになれば、ファン・ハール監督が解任されるとの報道も出ている。崖っぷちのファン・ハール監督は、自身のポジションを守ることができるか。

◆クロップvsファン・ハール
▽クロップ監督とファン・ハール監督の対戦は、過去に4度。いずれもクロップ監督がドルトムント、ファン・ハール監督がバイエルンを率いていたときだ。戦績は2勝2敗の五分となっている。

◆リバプール◆
【4-2-3-1】

▽リバプール予想スタメン
GK:ミニョレ
DF:クライン、コロ・トゥーレ、サコー、アルベルト・モレーノ
MF:ヘンダーソン、カン
MF:アイブ、ララナ、ミルナー
FW:フィルミノ
負傷者:DFフラナガン(ひざ)、DFロブレン(ハムストリング)、DFシュクルテル(ハムストリング)、DFジョー・ゴメス(ひざ)、MFロシター(ハムストリング)、MFコウチーニョ(ハムストリング)、FWイングス(ひざ)、FWスタリッジ(ハムストリング)、FWオリジ(ひざ)


▽ホームチームは負傷者が続出している。ジョー・ゴメスとフラナガン、イングスがひざの負傷で長期離脱中。ロブレン、シュクルテル、ロシター、コウチーニョ、スタリッジの5人はハムストリングを痛めており、欠場する見込みとなっている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】

▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
GK:デ・ヘア
DF: A・ヤング、スモーリング、ブリント、ダルミアン
MF:マタ、シュナイデルラン、エレーラ、フェライーニ、マルシャル
FW:ルーニー
負傷者:DFロホ(肩)、DFショー(足の骨折) 、MFキャリック(不明)


▽手術を受けたショーとバレンシア、ロホの3選手が長期離脱中。また、ファン・ハール監督は、キャリックが負傷で欠場することを明言している。フィル・ジョーンズと、ひざを痛めているシュバインシュタイガーは出場できるか分からない状態だ。

★タクティカル・プレビュー
◆ハイプレスとリトリートを明確に~リバプール~
▽ホームのリバプールはアーセナル戦で見せたように、連動したハイプレッシングからボールを奪取し、足元の技術を生かした攻めでゴールを目指すことになる。ただ、アーセナル戦は試合を通じて激しい攻防が繰り広げられ、なかなか落ち着かない展開となった。それだけに、消耗は激しかったはずだ。主力に負傷者が続出している現状、中3日で迎える今回もアーセナル戦のようなペースで試合を進めれば、後半に足が止まってしまうだろう。

▽とはいえ、チームの真骨頂であるハイプレスを封印するという選択肢はない。試合のペースや展開を考えながら、うまくギアをコントロールしたい。ユナイテッドのビルドアップで狙うべきは、セントラルMF。特にシュバインシュタイガーは、いまだにプレミアリーグのリズムに馴染めていない上、全盛期からのアジリティ低下が顕著だ。頭の動きに身体がついていってないようで、これまで何度も安易なボールロストを犯している。リバプールとしては、奪いどころの狙い目となる。

▽また、センターバックにリーダーのシュクルテルが不在であることと、スピード不足のコロ・トゥーレを起用することになりそうな点を考えれば、ハイプレスにいかない場面では、できるだけ最終ラインを低く保ちたい。現在のユナイテッドは、相手にリトリートされると、まったくと言っていいほど攻め手がない。中途半端にラインを上げて、スピードのあるマルシャルやリンガードにスペースを与えるのは避けたいところ。ハイプレスとリトリートを明確に使い分けることが、勝利への近道だ。

▽攻撃面では、センターフォワードの特長を生かしたい。前線のコンビを前節と同様にララナとフィルミノのコンビにするならば、ユナイテッドの最終ラインの要であるスモーリングを釣り出しにかかるなど、機動力を生かして相手を揺さぶりたい。ベンテケを使うのであれば、フィジカルに不安を抱えるブリントのところにぶつけて、シンプルにハイボールを入れるなど、単純なプレーでも脅威を与えることができるはずだ。

★ポゼッションにこだわるな~ユナイテッド~
▽一方、得点力不足が目立つユナイテッドは、前節に2ゴール1アシストを記録したルーニーの復調が大きい。ただ、かつてのようなスピードはなく、身体の無理も利かなくなっているだけに、もはや1人でどうにかできる選手ではない。そのため、トップ下にパサータイプのエレーラやマタを起用するよりも、ニューカッスル戦の後半のようにマルシャルとのコンビで使う方が力を存分に発揮できそうだ。

▽気を付けるべきは、やはりクロップ監督のハイプレスだろう。デ・ヘアの足元の技術を活用したとしても、そのほかの面子やビルドアップの確度から見て、クロップ監督のハイプレスに遭えば、ボールを引っかけられる可能性が高い。ユナイテッドは、リバプールが前から来る時間帯は無理なつなぎを控え、ロングボールを増やしたい。その点を鑑みれば、フェライーニの存在がポイントになるかもしれない。

▽遅攻の際には、ある程度、マルシャルの個人技に頼らざるを得ない状況だ。ここを抑えられた際には、サイドバックの積極的な攻め上がりや、セントラルMFからの縦パスを増やすなど、よりリスクを冒したプレーが必要になってくる。ニューカッスル戦では、カウンターの方が迫力のある仕掛けを見せることができることが明らかになった。“相手にボールを持たせる”という対クロップの常套手段をうまく使うことを考えたい。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドMFリンガード、新契約について交渉中であることを認める

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表MFジェシー・リンガード(24)は、新契約の交渉が進行中であることを認めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015-16シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティへのレンタル移籍から復帰したリンガードは同シーズン、リーグ戦で25試合に出場し、4得点1アシストを記録した。復帰2年目となる今シーズンも序盤こそケガで出遅れたものの、ここまで15試合に出場し、1得点2アシストを記録している。 ▽そんなリンガードは現在、契約の延長について交渉を行っていることを認めたようだ。また、同選手はユナイテッドでの生活に満足感を示している。 「契約の話はしているよ」 「僕はユナイテッドでのプレーを楽しんでいるし、僕の心はユナイテッドにある。レギュラーを獲るためには多くの競争があるんだ。でも、それはチームにとって良いことなんだ。周りに偉大な選手がいることは良いことだよ」 「レギュラーを獲るためには戦わなくてはいけない。それが練習の中でよりハングリーにさせるんだ。そして、そのチャンスが巡ってきたとき、戦わなくてはいけないことを知っているよ」 「このチームには(ヘンリク・)ムヒタリャン、ズラタン(・イブラヒモビッチ)、(ポール・)ポグバのようなビックな選手がいる。彼らのような何かを成し遂げた選手が上にいることは良いことで、僕らは彼らからいろいろな経験を積ませてもらっているよ。特に若い選手たちはね」 「そのようなチームに割り込もうとするハングリーさがあることは素晴らしいことだよ」 2017.03.26 20:28 Sun
twitterfacebook
thumb

元マンチェスター・U主将がポグバを擁護「移籍市場が狂っている」

かつてマンチェスター・ユナイテッドでキャプテンを務めたネマニャ・ヴィディッチは、現在マンチェスター・Uでプレーするポール・ポグバを擁護し、来シーズンの活躍を保証した。<br><br>ポグバは昨夏史上最高額でユヴェントスからマンチェスター・Uに加入。ここまで公式戦41試合に出場し、7得点5アシストを記録している。ポグバの活躍について金額に見合ったものかどうか様々な意見が聞かれるが、ヴィディッチはポグバについて以下のように語った。<br><br>「現在の移籍市場は狂っている。ポールは素晴らしい選手だよ。彼の能力はシーズンで25ゴールを挙げるようなものではない。彼はフィールドのあらゆる場所でボールに絡み、10得点から15得点を決める選手だ。試合を変え、20点から25点を取れる選手になれるポテンシャルも持っている。今シーズン彼は良い仕事をしてる。ベストの力を発揮しているわけではないが、40試合以上に出場している。ピッチ上での存在感と同様に大事なこと。中盤には誰かしらパワフルで大きく、存在感のある選手が必要だ。彼が来シーズンさらに良いプレーをすると確信しているよ」<br><br>ポグバは19日に行われたヨーロッパリーグのロストフ戦で負傷し戦線を離れている。代表戦ウィーク明けの復帰が見込まれている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、クロアチアvsウクライナを観戦…ラキティッチらの視察を否定

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、インターナショナルウィークはクロアチアを訪れていたようだ。『Goal』の取材によって明らかになった。<br><br>モウリーニョは休暇を生かして、24日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選のクロアチアvsウクライナを観戦。先日、『Goal』ではクロアチア代表のMFイヴァン・ラキティッチ、イヴァン・ペリシッチがマンチェスター・Uに加入する可能性があると報じられたが、モウリーニョは視察のためでなく、イングランドの気候を逃れ、友人を訪れていただけだと『HNTV』で説明している。<br><br>「隠された理由なんてないよ。私は休暇を楽しみたかっただけで、友人を訪れていたんだ。すべての人が、私が何人かの選手を見るために来たと信じているが、数人の選手を見るために旅行する必要なんてない。彼ら全員をよく知っているからね」<br><br>続けて「雨の多いマンチェスターとは違う良い天気の場所でリラックスしたかったんだ」と天気を理由にクロアチアを訪れたとしている。<br><br>なお、クロアチアはイヴァン・ラキティッチのアシストによるニコラ・カリニッチのゴールで、ウクライナを1-0で下している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 10:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ファーガソン、欧州でスペイン勢強しの現状に「ロナウドもメッシも歳をとる。サイクルは変わる」

▽元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏が、『ESPN』のインタビューでプレミアリーグ勢のヨーロッパレベルにおける低迷について、スペイン勢を比較対象に持論を転じた。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽スペイン勢は、過去3年間でチャンピオンズリーグ(CL)決勝に5チームが進出。ヨーロッパリーグ(EL)においては、セビージャが3連覇を成し遂げており、近年のヨーロッパレベルの戦いで他を寄せ付けない好成績で主役の座を射止めている状況だ。 ▽しかし、かつてユナイテッドに2つのビッグイヤーをもたらしたファーガソン氏は、「サイクルは変わりゆくもの」と述べ、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナFWリオネル・メッシという2人のスーパースターの加齢により、勢力図も変化していくとの見解を示した。 「今はスペインのサイクルにあるね。彼らはベストであり、だからこそ勝てている。しかしながら、変化のときが訪れるだろう」 「ロナウドだって、メッシだって歳を重ねる。彼らの代わりになれる選手がいるだろうか。サイクルは変わりゆくものだよ」 2017.03.24 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ファーガソン氏、移籍を発表したシュバインシュタイガーについて言及「大きなインパクトをMLSに与える」

元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏は、先日アメリカ移籍を発表したバスティアン・シュバインシュタイガーについて『ESPN』で語っている。<br><br>2015年からマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたシュバインシュタイガーは、21日にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーへ移籍することを発表した。今季から就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では、多くの出場機会は得られなかったものの、ファーガソン氏は32歳の元ドイツ代表選手はアメリカで活躍できると信じているようだ。<br><br>「彼は多くのものをクラブに残してくれた。残念なことに昨シーズンは負傷し、1年間を棒に振っていた。新指揮官のジョゼには彼なりの考えがあったと思う。この移籍は良いタイミングだった。彼の功績は偉大で、アメリカの選手たちやサポーターに人気があるはずだ。彼は大きな影響をMLSに与えられると信じている」<br><br>シュバインシュタイガーは、今シーズンはわずかカップ戦に4試合出場したのみで、リーグ戦では出場機会に恵まれなかった。2月22日に行われたヨーロッパリーグのサンテチェンヌ戦での途中出場がレッド・デビルズのメンバーとして戦った最後の試合となっていた。<br><br>提供:goal.com 2017.03.24 13:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース