指揮官への信頼を強調するイグアイン「今の僕はサッリのお陰」2016.01.17 09:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、チームを率いるマウリッシオ・サッリ監督に感謝の気持ちを伝えた。イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』がイグアインのコメントを伝えている。

▽ナポリは16日、セリエA第20節でサッスオーロをホームに迎え3-1で勝利し、首位をキープした。この試合にフル出場を果たしたイグアインは1-1で迎えた42分に勝ち越しゴールを奪うと、試合終了間際にも追加点を挙げて、チームの勝利に貢献している。

▽今シーズン、リーグ戦20試合で20ゴールと驚異的な数字を残すイグアイン。試合後のインタビューでその原動力を聞かれると、サッリ監督のお陰であるとした。

「僕は毎日のトレーニングから全力でプレーしている。これは監督のお陰だね。当然チームメートやクラブにも感謝している。ただ、サッリの前では力を抜くことなんてできない。今はとても感謝しているし、このスタイルを続けていきたいと思っているよ」

▽またスクデット争いについては「穏やかな気持ちを保ってプレーしなければいけない。個人的にはできるだけチームが上位でシーズンを終えられるようにこれからも助けていきたい」とコメント。周囲に惑わされることなく、自分たちのペースで勝ち星を拾っていくことが大事だとした。

コメント

関連ニュース

thumb

スクデットだけでは満足せず?ナポリ指揮官が求めるクラブとサポーターの意識改革

ナポリのマウリツィオ・サッリ監督は、チャンピオンズリーグで成功を収めるためにはクラブの意識改革が必要だと訴えた。<br><br>サッリ監督率いるナポリは15日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦でRBライプツィヒと対戦。本拠地サン・パオロで行われたファーストレグで1-3と痛い敗戦を喫した。<br><br>現在セリエAで首位に立ち、28年ぶりのスクデット獲得に向け国内では好調を維持するナポリ。23日に敵地で行われるセカンドレグに向けた記者会見で、サッリ監督はファーストレグのパフォーマンスは予期せぬことだったと明かし、選手に奮起を促した。<br><br>「我々のファーストレグのプレーは道化師のようだった。70%は私のミス、10%はクラブ、10%は選手、そして最後の10%はスタッフだ。控え選手に何も責任がないことは明らか。なぜならその時点でのベストメンバーで臨んだが最悪のパフォーマンスを見せたからだ」<br><br>「勝利のため、そして自分たちの価値を証明するためにフィールドへ入らなければいけない。先週の木曜日のパフォーマンスは予期せぬことだった。我々は単純に、セリエAの試合のあとに十分に充電することができなかった」<br><br>さらに指揮官は、チャンピオンズリーグで本来の力を出し切れていない現状に、サポーターを含めてクラブの意識を変える必要があると語った。<br><br>「セリエAでは全力でプレーできているが、他の大会ではそれができていない。これは避けては通れないステップだ。登録人数を増やせば、他の大会も勝ち抜くことができるようになるだろう」<br><br>「また、サポーターは皆セリエAに集中している。それはナポリが過去30年間果たせていないことだからだ。しかし、我々はファンの希望によって影響を受けてはいけない。ファンにも前を向いてもらわなければならない。正直に言えば、今のところサポーターはスクデットにしか興味がないのは事実だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 20:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、GKドンナルンマ売却ならナポリGKを確保か?

▽ミランが、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの移籍を考慮し、ナポリGKの獲得を考えているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽昨夏も移籍の噂が絶えなかったドンナルンマ。ミランは、今夏もドンナルンマの移籍の可能性があるとみており、後釜を考える必要がある。 ▽ミランが獲得を狙うのは、ナポリの元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ。35歳の守護神は、今シーズンもセリエAでここまで24試合に出場し、正守護神としてスクデット獲得に向けてチームを支えている。 ▽レイナは、ナポリとの契約が今シーズン終了までとなっており、ミランとしては実力者をフリーで獲得できる状況。ナポリとの関係もあまり良くないと言われており、ミランとしてはしっかりと確保したいところだ。 2018.02.21 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

そこまでやる必要ある? RBライプツィヒ、敵将のために●●を仮設

▽ドイツ『ビルト』は、RBライプツィヒが22日にホームで行われるヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのナポリ戦に向け、敵将のためにとあるブースを設けたと報じた。 ▽新たに仮設されたのは、喫煙ルームだ。ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、フットボール界でも有名な愛煙家の1人。試合中でも、度々タバコを咥えながら指揮する姿が見受けられるほどだ。 ▽伝えられるところによれば、ナポリ側の要望を受けたRBライプツィヒは、アウェイチームのロッカールームに幅3m、高さ3.5mの喫煙室を設置。気になる費用に関しては、サッリ監督の全額負担だという。 ▽なお、1stレグは3-1でアウェイのRBライプツィヒが先勝している。喫煙ルームを手にしたサッリ監督は、どのような采配で瀬戸際に立たされるチームを逆転突破に導いてくれるのだろうか…。 2018.02.21 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

序盤のアラン弾でウノゼロ勝利のナポリがクラブ記録の9連勝で首位堅持!《セリエA》

▽セリエA第25節、ナポリvsSPALが18日にサン・パオロで行われ、ホームのナポリが1-0で勝利した。 ▽前節、ラツィオとの上位対決を4-1で快勝した8連勝の首位ナポリが降格圏の18位に低迷するSPALをホームに迎えた一戦。セリエAでは勝ち点1差の2位ユベントスと共に熾烈なスクデット争いを繰り広げる一方、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ではRBライプツィヒにホームで1-3の厳しい敗戦を強いられたナポリ。同じサン・パオロでバウンスバックが求められる今回の一戦では先発6人を変更。インシーニェやメルテンス、ジョルジーニョら主力がスタメンに入った。 ▽冷たい雨が降りしきる中でスタートした一戦はホームのナポリが立ち上がりから圧倒。開始3分にボックス左のインシーニェが右ポスト直撃のシュートを放つと、直後の6分にはボックス手前で前向きに仕掛けたアランがカジェホンとの短いパス交換でゴール前に抜け出しあっさりと先制点を奪った。 ▽早い時間帯の先制点で勢いづくホームチームは9分にもハムシクの浮き球の左クロスに反応したカジェホンがゴール右至近距離からシュートも、これはGKの好守に遭う。 ▽その後も質の高いパスワークで相手の守備に的を絞らせないナポリは圧倒的なボールポゼッションで試合をコントロール。この流れの中でメルテンスやハムシク、インシーニェがフィニッシュに絡んでいくが、失点後も守備のバランスを崩さないSPALを前になかなか2点目を奪うことができなかった。 ▽結局、ナポリの1点リードで折り返した試合は後半も同様の展開が続いていく。早い時間帯に試合を決めたいナポリは63分、中盤でのアランのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、こぼれ球を回収したアランの浮き球クロスをハムシクが頭で流し込む。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ハムシクのオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽その後も1-0のスコアで試合が推移していく中、逃げ切りを図るナポリはハムシク、カジェホン、ジョルジーニョを下げてジエリンスキ、ログ、A・ディアワラをピッチに送り出し試合を締めにかかる。 ▽結局、立ち上がりのアランの先制ゴール以降、スコアは動かぬまま試合はナポリの1-0でタイムアップ。持ち味の攻撃力は鳴りを潜めたものの格下相手に完璧に試合をコントロールしたナポリが、1シーズンでのクラブ記録となる9連勝を達成し2位ユベントスとの勝ち点差1をキープした。 2018.02.19 01:17 Mon
twitterfacebook
thumb

1.5軍で挑み完敗のナポリ…指揮官が選手に失望「ハングリーさがない。誇りを持て」

ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリは15日、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、敗戦の弁を述べた。<br><br>ナポリは15日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦で、ライプツィヒをホームに迎えた。セリエAで首位につけるナポリは、1ポイント差で追いかけるユベントスとのスクデット争いを優先し、ドリース・メルテンスやロレンツォ・インシーニェら、多数の主力選手をスタメンから外し、ELライプツィヒ戦では控えメンバー主体で臨んだ。<br><br>しかし、21歳のアルジェリア代表MFアダム・ウナスが期待に応え、52分に先制点を挙げたものの、9分後には同点に追いつかれると、さらに2失点。本拠地「スタディオ・サン・パオロ」の一戦を、1-3で落としている。<br><br>サッリ監督は、想定以上の苦戦について選手たちのメンタル面での課題を指摘した。<br><br>「こんな形で失点するなんてありえない。試合にはがっかりだ。メンタル面も整えて臨まなければならないが、今夜の選手たちを見ると仕事だからプレーしているだけで、熱意やハングリー精神が感じられなかった。<br><br>「ナポリのユニフォームに対し、もっと誇りを持つべきだ。メンタリティでも、ビッグクラブになれるよう成長していかなくてはならない」<br><br>一方、MFピョートル・ジエリンスキは、対戦相手のライプツィヒについて、セリエAであれば優勝候補の一角になれるレベルだと脱帽した。<br><br>「ライプツィヒは非常に良いクラブだ。クオリティは高く、選手個人で違いを出せる。セリエAだったら、スクデット争いに加われるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 17:32 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース