指揮官への信頼を強調するイグアイン「今の僕はサッリのお陰」2016.01.17 09:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、チームを率いるマウリッシオ・サッリ監督に感謝の気持ちを伝えた。イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』がイグアインのコメントを伝えている。

▽ナポリは16日、セリエA第20節でサッスオーロをホームに迎え3-1で勝利し、首位をキープした。この試合にフル出場を果たしたイグアインは1-1で迎えた42分に勝ち越しゴールを奪うと、試合終了間際にも追加点を挙げて、チームの勝利に貢献している。

▽今シーズン、リーグ戦20試合で20ゴールと驚異的な数字を残すイグアイン。試合後のインタビューでその原動力を聞かれると、サッリ監督のお陰であるとした。

「僕は毎日のトレーニングから全力でプレーしている。これは監督のお陰だね。当然チームメートやクラブにも感謝している。ただ、サッリの前では力を抜くことなんてできない。今はとても感謝しているし、このスタイルを続けていきたいと思っているよ」

▽またスクデット争いについては「穏やかな気持ちを保ってプレーしなければいけない。個人的にはできるだけチームが上位でシーズンを終えられるようにこれからも助けていきたい」とコメント。周囲に惑わされることなく、自分たちのペースで勝ち星を拾っていくことが大事だとした。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG、イブラの後継にイグアインを指名か…移籍金73億円で交渉中と仏紙

▽ナポリのアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(28)は、パリ・サンジェルマン(PSG)のトップターゲットなのか。フランス『Le Parisien』は、PSGがオファーを打診していると報じた。 ▽PSGでは、契約満了で今シーズン限りでの退団が決定したFWズラタン・イブラヒモビッチに代わるゴールスコアラーの確保に向けた動きが以前から伝えられてきた。 ▽『Le Parisien』は、PSG側はすでにイグアインの代理人と接触中で、移籍金6000万ユーロ(約73億5000万円)で移籍交渉の話を進めていると伝えた。 ▽なお、今シーズンのセリエAでシーズンレコードの36ゴールをマークしたイグアインには、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも関心を示しているとみられている。 2016.05.24 14:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリがエンポリ一筋の守備の要トネッリを獲得

▽ナポリは23日、エンポリのイタリア代表DFロレンツォ・トネッリ(26)の獲得を発表した。契約期間や移籍金は発表されていないが、エンポリと2019年6月まで契約を結んでいたトネッリの移籍金は1000万ユーロ(約12億2000万円)と報じられていた。 ▽今季のセリエAで2位となり、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を決めているナポリにとっては、新シーズンに向けて一人目の補強選手となっている。 ▽巧みな駆け引きを持ち味とするセンターバックのトネッリはエンポリ下部組織出身で、これまでエンポリ一筋でプレー。ナポリのマウリツィオ・サッリ監督とは昨季、師弟関係にあり、今季はセリエAで26試合に出場して2ゴールを記録。エンポリの2年連続残留に貢献していた。 2016.05.23 22:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、アルビオルは契約延長せずに残留へ バレンシアは来年フリーで?

ナポリDFラウール・アルビオルは、契約を延長せず、だがこの夏はチームに残ることになるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。<br><br>現行契約が2017年までとなっているアルビオルは、バレンシアへの移籍が取りざたされていた。だが『ガゼッタ』によると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は認めない意向だ。<br><br>その理由は、マウリツィオ・サッリ監督が守備陣の大黒柱としてアルビオルを欠かせない選手とみているからだ。アルビオルとDFカリドゥ・クリバリのコンビを中心に、今季のナポリはユべントスに続くリーグ2位の失点数だった。<br><br>そのため、デ・ラウレンティス会長は1年後にフリーで失うことになっても、この夏にアルビオルを手放すことはしない考えとのこと。アルビオルは来季、ナポリでチャンピオンズリーグを戦ってから、来年夏にフリーでスペインに戻るとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.23 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

FIGCが八百長疑惑のナポリvsフロジノーネの調査開始を発表! 開始13分にフロジノーネMFが不可解な一発退場

▽セリエAで再び八百長疑惑が浮上している。イタリアサッカー連盟(FIGC)は19日、2015-16シーズンのセリエA最終節、ナポリvsフロジノーネでのフロジノーネのイタリア人MFミルコ・ゴーリの退場に関して、調査に乗り出すことを発表した。 ▽今月14日に行われたセリエA最終節のナポリvsフロジノーネは、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートイン圏内の2位キープを狙うナポリと、19位で2部降格が決定していたフロジノーネが対峙した。 ▽開始13分にナポリMFロレンツォ・インシーニェに対するファウルを取られたゴーリは、激昂して主審に詰め寄ると、この行動が主審への侮辱行為と判断され、同選手のレッドカードが掲示された。そして、早い時間帯に数的優位を手にしたナポリは、エースのFWゴンサロ・イグアインのトリプレッタの活躍で4-0の快勝を収め、3位ローマを勝ち点2差で振り切り、来シーズンのCLストレートインを決定していた。 ▽FIGCの声明によると、このナポリvsフロジノーネでは大手ベッティング会社の『Eurobet』、『Intralot』、『GoldBet』やトトカルチョにおける不正を監視する『AGIMEG』の警報システムが異常な動きを検知し、通報を行ったという。 ▽そして、異常な賭け率が検知されたのが、フロジノーネにレッドカードが掲示されるかどうかを賭ける項目だったようだ。なお、ナポリvsフロジノーネの勝敗に関する項目では、異常は検知されなかったという。 ▽2006年5月にユベントスを中心とするカルチョ・ポリによって、多くの混乱に見舞われたイタリアサッカー界だが、不正根絶の道のりは長いようだ。 2016.05.20 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

2位で今季を終えたナポリ、会長が最初の補強を発表 「監督はまだ知らないが…」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、来シーズンに向けてエンポリDFロレンツォ・トネッリの獲得が事実上決まったことを明らかにした。<br><br>ナポリは14日に行われた今季セリエA最終節フロジノーネ戦に4-0の快勝を収め、ローマを抑えて2位でシーズンを終えた。デ・ラウレンティス会長は、チームをチャンピオンズリーグ復帰に導いたマウリツィオ・サッリ監督への感謝の言葉とともに、試合後に次のように語った。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えている。<br><br>「サッリは知らないことだが、ナポリは最初の補強を決めた。トネッリだ。正式な形で決まるのは月曜日になってからだがね」<br><br>「信頼を表す行動だよ。3位に終わる悔しい結果になっていたとしても、補強はしていたわけだからね。欧州で戦っていけるように、今後も落ち着いて、かつ効果的に補強をしていきたい」<br><br>26歳のCBトネッリはエンポリ下部組織出身で、これまでエンポリ一筋でプレーしてきた。今季はセリエAで26試合に出場し2ゴールを記録している。<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.15 18:02 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース