指揮官への信頼を強調するイグアイン「今の僕はサッリのお陰」2016.01.17 09:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、チームを率いるマウリッシオ・サッリ監督に感謝の気持ちを伝えた。イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』がイグアインのコメントを伝えている。

▽ナポリは16日、セリエA第20節でサッスオーロをホームに迎え3-1で勝利し、首位をキープした。この試合にフル出場を果たしたイグアインは1-1で迎えた42分に勝ち越しゴールを奪うと、試合終了間際にも追加点を挙げて、チームの勝利に貢献している。

▽今シーズン、リーグ戦20試合で20ゴールと驚異的な数字を残すイグアイン。試合後のインタビューでその原動力を聞かれると、サッリ監督のお陰であるとした。

「僕は毎日のトレーニングから全力でプレーしている。これは監督のお陰だね。当然チームメートやクラブにも感謝している。ただ、サッリの前では力を抜くことなんてできない。今はとても感謝しているし、このスタイルを続けていきたいと思っているよ」

▽またスクデット争いについては「穏やかな気持ちを保ってプレーしなければいけない。個人的にはできるだけチームが上位でシーズンを終えられるようにこれからも助けていきたい」とコメント。周囲に惑わされることなく、自分たちのペースで勝ち星を拾っていくことが大事だとした。

コメント

関連ニュース

thumb

イグアイン代理人が駆け引き!? 「会長は移籍金を求めるが、我々は契約延長を拒否できる」

▽移籍が噂されるナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(28)の去就について代理人がナポリ会長を牽制している。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽2013-14シーズンにレアル・マドリーからナポリに加入したイグアインは加入後から主力としてプレー。2015-16シーズンには66年ぶりにセリエAの得点記録を更新する1シーズン36ゴールをマークし、チームの2位躍進に貢献した。 ▽そんなイグアインに対して、今夏の移籍市場ではアトレティコ・マドリー、チェルシーなどのビッグクラブが興味を示していると噂されており、イグアイン自身もナポリ退団を考慮していると報じられている。しかしアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、イグアインとの契約延長を望んでおり、移籍する際には9400万ユーロ(約107億円)に設定された契約解除金を支払えるクラブのみとの姿勢を見せているようだ。 ▽これを受けて、イグアインの代理人を務め実の兄弟であるニコラス・イグアイン氏は次のように牽制している。 「今の状況で言えば、会長はイグアインを手放すならば契約解除金の満額を求めている。しかし、我々も契約延長を拒否する権利がある。ナポリに加入した時には、チャンピオンズリーグでプレーし、スクデットを獲得する野望があった。我々はそのために全力を尽くしたし、クラブはそこを正しく判断しなければいけない」 「会長が契約解除金を求めるのもわかる。それは権利だ。だからこそ我々も契約延長は受け入れられない。2018年まで契約を結んでいるので、来年にどんな動きがあるか見てみよう。我々は契約を尊重するし、ナポリでプレーする間は全力を尽くすと約束しよう」 2016.06.29 09:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリがトッテナムの若手MFプリチャード獲得を目論む? プレミア2クラブも獲得に関心とも

▽ナポリが、トッテナムの元U-21イングランド代表MFアレックス・プリチャード(23)の完全移籍獲得を目指しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽プリチャードには2つのプレミアリーグクラブが800万ポンド(約12億2600万円)での獲得に関心を示しているとされていた。昨年8月にトッテナムと4年契約を結んだプリチャードだが、今年1月にWBAへとレンタル移籍。しかし、WBAではリーグ戦で2試合の出場に終わっていた。 ▽2014-15シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のブレントフォードで45試合に出場し12得点を記録していたプリチャードだが、トッテナムでは出場機会が限られており、オファー次第では移籍の可能性もありそうだ。 2016.06.22 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、イグアイン獲得を諦める? トップクラスのFW到着は...

アトレティコ・マドリーは、ナポリFWゴンサロ・イグアインを獲得候補から外したのかもしれない。アンドレア・ベルタTD(テクニカルディレクター)が明かした。<br><br>ディエゴ・シメオネ監督の要望で、トップクラスのストライカー補強に動いているアトレティコ。その候補としてイグアイン、チェルシーFWジエゴ・コスタ、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWエディンソン・カバーニらの名前が浮上している。<br><br>イグアインは2015&minus;16シーズン、35試合に出場して36得点を挙げ、セリエA最多得点記録を更新した。同選手にはアトレティコのほか、PSGやバイエルンからの関心が取りざたされているところだ。<br><br>だがベルタTDは、イタリア『ラジオCrc』で「ナポリの人々は安心していい。イグアインはアトレティコに来ないだろう」と語った。アトレティコがアルゼンチン代表FW獲得に動く可能性を否定している。<br><br>ナポリとイグアインの契約には9470万ユーロ(約110億円)の契約解除金が設定されているとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.22 00:27 Wed
twitterfacebook
thumb

イグアインにほれ込むナポリ会長「大好きだからずっと残ってほしい」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、FWゴンサロ・イグアインにほれ込んでいるようだ。長期契約を結ぶ用意があると明かし、選手がナポリに残ることを望んでいると述べた。<br><br>セリエAの年間最多得点記録を66年ぶりに更新したイグアインには、ビッグクラブからの関心が絶えない。だが、アルゼンチン代表としてコパ・アメリカ・センテナリオに参戦中のイグアイン本人は先日、ナポリサポーターらに「安心してくれ」と残留を示唆するようなコメントを発している。<br><br>デ・ラウレンティス会長はイタリア『ラジオ・キス・キス・ナポリ』で、イグアインについて次のように述べた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。<br><br>「彼がゴールを決めて喜ぶのを見られるのは、いつだって素晴らしいことだ。彼の言葉が正直なものなら、今後もまだウチでプレーするということだろう。私は彼と5年契約を結ぶ用意がある(現行契約は2018年まで)。選手としても、人としても、彼のことが大好きなんだ。ずっとナポリに残ってほしい」<br><br>去就が騒がれているDFカリドゥ・クリバリやMFマレク・ハムシクについても、デ・ラウレンティス会長は次のように述べている。<br><br>「クリバリとはケンカなどしていない。彼はあと3年、我々と残るだろう。さらにあと2年の契約を望むなら、座って話し合うよ。我々は銀行じゃない。予算も守らなければいけないんだ」<br><br>「ハムシクとも話す。今はユーロを戦っているし、煩わせたくない。ナポリの選手が代表でゴールを決めると、我々はうれしいんだよ」<br><br>提供:goal.com 2016.06.21 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ハムシク代理人、移籍の可能性は「五分五分」ビッグクラブからのオファー示唆

ナポリMFマレク・ハムシク(28)の代理人が、この夏の移籍の可能性が50%だと述べている。<br><br>スロバキア代表をけん引するハムシクは、15日に行われたユーロ2016グループB第2節のロシア戦で1ゴール1アシストと活躍した。スロバキア代表のヤン・コザク監督は、ハムシクには「もっと大きなクラブがふさわしい」と述べている。<br><br>代理人はスロバキア『Pluska』で、選手の今後について次のように述べた。イタリア『メディアセット』が伝えている。<br><br>「ナポリ残留? サッカー界ではあらゆることが可能だ。常に50%の可能性がある。どうなるかは様子をみよう。ハムシクはナポリに残りたいという希望を示した。だが、ロシア戦が終わってから、私にはたくさんの電話が届いている。彼のクオリティーは欧州でよく知られているんだ」<br><br>「(連絡をしてきたのは)重要なクラブたちだよ。だが、それ以上は言わない。ハムシクの市場価値は3200~3500万ユーロだ。マーケットではあらゆることが可能で、常に可能性は五分五分だよ。ナポリは小さなクラブじゃない。だが、マーケットでは決してどうなるか分からないものだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.20 02:30 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース