なでしこGK海堀あゆみが現役引退を発表 「自分自身に勝てなくなった」2016.01.15 16:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽なでしこジャパンのGK海堀あゆみ(29)が15日、2015シーズンをもって現役を引退することを表明した。海堀は、所属クラブのINAC神戸を通じ、引退する理由を明かしている。

「私、INAC神戸レオネッサの海堀あゆみは2015年シーズンをもちまして現役を引退する事を決意いたしました事をご報告させていただきます」

「理由としましては、身体のパフォーマンスが以前に比べて上がらなくなり、日々一番のライバルである自分自身に勝てなくなったからです。私自身、選手として常に最高のパフォーマンスを出す事を信条にトレーニングしてまいりましたが納得のいく状態まであげられなくなった以上、選手を続ける事は信条に反すると考え、決断に至りました」

「サッカー人生を振り返ると、楽しいこと事ばかりではありませんでしたが、苦しい時も厳しい時も、温かいファンの皆様、サポーター、チームメイト、友人、家族など本当に沢山の方々に支えられ、選手としてプレーする事ができたことを幸せに思い感謝しています。そして多くの方に出会えたことを嬉しく思っています」

「改めて、INAC神戸レオネッサチーム関係者、女子サッカー関係者、ファンの皆様、サポーターの皆様、所属したスペランツァFC高槻、INAC神戸レオネッサの監督をはじめスタッフ、チームメイト、友人、家族と、私の支えとなり応援して下さった全ての皆様に感謝します。力の限りの声援をいただいたことはいつまでも忘れません。そして沢山の出会い、出来事は私の財産です。本当にありがとうございました」

「今後の事は何も決まっていませんが、この経験を生かして今の自分を超えれるように前を見て新しい自分にチャレンジしたいと思います。今後とも、INAC神戸レオネッサ、女子サッカーの応援を宜しくお願いいたします。ありがとうございました」

▽2004年にスペランツァFC高槻のトップチームに昇格した海堀は、2008年にINAC神戸へ移籍。これまで、なでしこリーグ通算215試合に出場した。また、2008年から選出されているなでしこジャパンでは、通算53試合に出場。優勝した2011年のドイツ・ワールドカップでは正守護神を務め、2008年の北京オリンピック、2012年のロンドン・オリンピック、2015年のカナダ・ワールドカップの代表メンバーにも選出された。

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表が出場する12月開催のEAFF E-1サッカー選手権2017決勝のマッチスケジュールが決定!

▽東アジアサッカー連盟(EAFF)は8日、今年12月に日本で開催されるEAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝のマッチスケジュールを発表した。 ▽今大会はかつてはダイナスティカップ、2015年までは東アジアカップとして開催されていた大会。今大会は男女ともに開催され、男子は味の素スタジアム、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)で開催される。 ▽出場国は、男女ともにシード国の日本、韓国、中国の他、予選を勝ち上がった北朝鮮が出場する。 ▽男子は12月9日(土)に、女子は1日早く同8日(金)に開幕。男子は初戦で北朝鮮代表と対戦し、中国代表、韓国代表と対戦。女子は、初戦で韓国女子代表と対戦し、中国代表、北朝鮮代表と対戦する。今回発表されたスケジュールは以下のとおり。 ◆EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝 【男子】 会場:味の素スタジアム ▽12月9日(土) 韓国代表 vs 中国代表 日本代表 vs 北朝鮮代表 ▽12月12日(火) 北朝鮮代表 vs 韓国代表 日本代表 vs 中国代表 ▽12月16日(土) 中国代表 vs 北朝鮮代表 日本代表 vs 韓国代表 【女子】 会場:千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ) ▽12月8日(金) 中国代表 vs 北朝鮮代表 日本代表 vs 韓国代表 ▽12月11日(月) 北朝鮮代表 vs 韓国代表 日本代表 vs 中国代表 ▽12月15日(金) 韓国代表 vs 中国代表 日本代表 vs 北朝鮮代表 2017.09.08 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

開催国オランダがデンマークとの打ち合い制し初優勝!《女子欧州選手権》

▽UEFA女子欧州選手権決勝、オランダ代表vsデンマーク代表が6日に行われ、4-2で勝利した開催国オランダが大会初優勝を飾った。 ▽ヨーロッパの強豪16チームによって争われた今回の女子欧州選手権では、大会最多優勝を誇るドイツ代表やワールドカップやオリンピックでも結果を残しているフランス代表やイングランド代表、スウェーデン代表、スペイン代表などが、順当にグループステージを突破した。 ▽準々決勝ではオランダが強豪スウェーデンを撃破し、フランスとの接戦を制したイングランドとの準決勝に駒を進めた。もう1つのブロックでは、伏兵デンマークが優勝候補筆頭のドイツ相手にジャイアントキリングを達成。また、同じく伏兵のオーストリア代表がスペインをPK戦の末に退けた。 ▽準決勝では直近の2試合でなでしこJAPANに連勝を飾るなど、実力をつけるオランダが、ホームの地の利を生かしてイングランドに3-0の大勝を収め、決勝進出を決定。一方、デンマークは伏兵対決となったオーストリア戦をPK戦の末に勝ち切って決勝進出を決めた。 ▽グループステージでも顔を合わせたオランダとデンマークの決勝では、デンマークが開始6分に先制に成功するが、オランダもすぐさま反撃に転じ、白熱の前半は2-2で終了。しかし、ホームの大歓声を後押しにしたオランダが51分にMFスピッツェ、89分にエースFWミエデマがこの試合2点目を決めて突き放し、待望の女子欧州選手権初優勝を飾った。 ▽なお、最優秀選手には準優勝のデンマークからFWペルニール・ハーダーが選出され、得点王は5ゴールを挙げたイングランド代表のFWジョディー・テイラーとなった。 2017.08.07 02:46 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこ、アメリカに0-3完敗 1分2敗でアメリカ遠征終了《トーナメント・オブ・ネーションズ2017》

▽なでしこジャパンは日本時間4日、アメリカで行われている『トーナメント・オブ・ネーションズ2017』の第3戦でアメリカ女子代表と対戦し、0-3で敗戦した。 ▽アメリカ遠征中のなでしこは、初戦のブラジル女子代表戦(1-1)、第2戦のオーストラリア女子代表戦(2-4)を消化。今大会最終戦では、初勝利を懸けてアメリカと対峙した。そのアメリカ戦に向けては、[4-4-2]を採用。A代表初招集の櫨が公式戦初先発を飾ったほか、前回途中出場で得点を挙げた籾木もメンバー入りした。 ▽試合が動いたのは12分。ロングフィードに反応したプレスがワンフェイントからボックス内にボールを送る。走り込みながらボールを受けたラピノーが、ラピノーがキックフェイントで鮫島のマークを振り切り、右足のシュートをゴール左に決め、アメリカが先制に成功する。 ▽均衡を破ったアメリカは、1点リードのまま試合を折り返すと、60分に追加点。敵陣中央の右からテイラー・スミスがディフェンスラインの背後にスルーパスを供給する。抜け出したピューがボックス内でGKとの一対一に持ち込み、左足でネットを揺らし、アメリカがなでしこを突き放した。 ▽一矢報いたいなでしこだったが、68分に決定機を櫨が不意に。嫌な流れのまま終盤を迎えると、80分に3失点目を喫する。右サイドでメウィスのスルーパスに反応したテイラー・スミスが深くから右足ダイレクトでクロス。モーガンのワンタッチシュートがカバーに入った鮫島に当たり、ゴールマウスに吸い込まれた。 ▽結局、効率良く得点を重ねたアメリカがなでしこに完勝。敗れたなでしこは、前節のオーストラリア戦に続く黒星で2連敗となり、1分け2敗の未勝利で大会を終えることとなった。 アメリカ女子代表 3-0 なでしこジャパン 【アメリカ女子代表】 ラピノー(前12) ピュー(後15) アレックス・モーガン(後35) 2017.08.04 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこ、籾木が2戦連発弾も大量4失点でオーストラリアに完敗…《トーナメント・オブ・ネーションズ2017》

▽なでしこジャパンは日本時間31日、アメリカで行われている『トーナメント・オブ・ネーションズ2017』の第2戦でオーストラリア女子代表と対戦し、2-4で敗戦した。 ▽初戦のブラジル女子代表戦を1-1のドローで終えたなでしこは、その試合からスタメンを7人変更。ブラジル戦に続きフラットな[4-4-2]の布陣を採用したなでしこは、GKに池田。最終ラインは右から高木、市瀬、坂本、北川と並べ、中盤は右から中島、隅田、猶本、中里。2トップには田中と横山を起用した。 ▽試合は開始早々になでしこがミスからピンチを招く。1分、バックパスを受けたGK池田が中途半端なクリアを自陣で相手に奪われると、ゴリーのスルーパスをボックス右で受けたバン=エグモンドにシュートを許すが、これはDF坂本のブロックでCKへ逃れた。 ▽立ち上がりのピンチを凌いだなでしこだが、積極的なプレスからチャンスを迎える。6分、前線からハイプレスをかけた田中が中盤でボールを奪うと、ショートカウンターからシュート。これは飛び出した相手GKに弾かれてCKを獲得。ショートコーナーから横山の左クロスをニアで市瀬がフリックすると、これをゴール前の田中が体で押し込んだ。 ▽幸先良く先制したなでしこだったが、一瞬の隙からオーストラリアに同点を許す。11分、最終ラインからのロングパスで右サイドのスペースに抜け出したラソがボックス右まで侵攻し、折り返しを供給。これを中央に走り込んだカーに流し込まれた。 ▽同点とされたなでしこは16分、ミスから逆転を許してしまう。最終ラインでボールを受けた坂本がハイプレスを仕掛けたカーにボールを奪われると、そのままゴール前まで持ち込まれ、シュートをゴールに決められた。 ▽その後もなでしこは、オーストラリアのスピーディなカウンターに苦しめられる。すると43分、オーストラリア陣内まで攻め込んだなでしこだったが、相手DFにボールを奪われるとロングカウンターを受ける。ロングフィードを前線で競り合ったカーが市瀬に競り勝つと、DFの裏に抜け出したカーがゴール前まで持ち上がり、右足のシュートでネットを揺らした。 ▽2点を追うなでしこは、ハーフタイムで猶本、高木、坂本を下げて長谷川、大矢、宇津木をピッチに送り出した。すると開始早々の47分、中島が強烈なミドルシュートでオーストラリアゴールを脅かす。 ▽後半も守備の時間が続くなでしこは、55分に疲れの見えた横山を下げて籾木を投入。すると60分に決定機。籾木のパスで左サイドを突破した長谷川のクロスをファーサイドから走り込んだ中島がジャンピングボレーで合わせたが、これはジャストミートできず。 ▽チャンスを逃したなでしこは62分、相手CKの際にボックス内で長谷川のハンドを取られ、PKを献上。これをバン=エグモンドに決められ、リードを3点差に広げられた。 ▽なでしこはその後、79分に中島を下げて櫨を、83分に北川に代えて万屋をピッチに送り出す。すると、後半アディショナル2分に細かなパスワークから籾木が2戦連続となるゴールを奪ったが、反撃はここまで。 ▽先制しながらも4ゴールを奪われたなでしこがオーストラリアに完敗。なお、なでしこは8月4日に行われる第3戦でアメリカ女子代表と対戦する。 なでしこジャパン 2-4 オーストラリア女子代表 【なでしこジャパン】 田中美南(前6) 籾木結花(後47) 【オーストラリア女子代表】 カー(前11) カー(前20) カー(前43) バン=エグモンド(後17[PK]) 2017.07.31 08:12 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこ、終盤被弾でブラジルとドロー…次戦は豪州戦《トーナメント・オブ・ネーションズ2017》

▽なでしこジャパンは日本時間28日、アメリカで『トーナメント・オブ・ネーションズ2017』の初戦に臨み、ブラジル女子代表と1-1のドローに終わった。 ▽『トーナメント・オブ・ネーションズ2017』は4カ国対抗の国際大会。なでしこ(FIFAランキング6位)、アメリカ女子代表(同1位)、ブラジル(同8位)、オーストラリア女子代表(同7位)の4カ国総当たり戦で優勝を争われる。 ▽なでしこは、[4-4-2]のフォーメーションを用い、最終ラインに右から大矢、市瀬、鮫島、そして初招集の万屋。そのほか、アメリカでプレーする宇津木や、阪口ら主力も先発に名を連ねた。 ▽なでしこは、立ち上がりから相手のシュートレンジの広さに苦戦を強いられた。その中、42分には田中が完璧な抜け出しからGKとの一対一を迎えるが不発。その流れで得た右CKから宇津木がゴールに迫るが、これも決めきれない。 ▽迎えた後半も一進一退の展開に。しかし、高倉監督が後半頭に講じた交代策が的中する。63分に、左サイドからの中島のクロスにファーサイドの籾木がヘディング。これがゴール左に決まり、なでしこが均衡を破る。 ▽しかし、守勢に回り始めたなでしこは、6人の交代枠を使い切った中、87分にカミラの強烈なミドルシュートを浴びて同点。そのまま初戦を終えたなでしこは、31日に行われる第2戦でオーストラリア女子代表と対峙する。 ブラジル女子代表 1-1 なでしこジャパン 【ブラジル女子代表】 カミラ(後42) 【なでしこジャパン】 籾木結花(後18) 2017.07.28 10:20 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース