なでしこGK海堀あゆみが現役引退を発表 「自分自身に勝てなくなった」2016.01.15 16:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽なでしこジャパンのGK海堀あゆみ(29)が15日、2015シーズンをもって現役を引退することを表明した。海堀は、所属クラブのINAC神戸を通じ、引退する理由を明かしている。

「私、INAC神戸レオネッサの海堀あゆみは2015年シーズンをもちまして現役を引退する事を決意いたしました事をご報告させていただきます」

「理由としましては、身体のパフォーマンスが以前に比べて上がらなくなり、日々一番のライバルである自分自身に勝てなくなったからです。私自身、選手として常に最高のパフォーマンスを出す事を信条にトレーニングしてまいりましたが納得のいく状態まであげられなくなった以上、選手を続ける事は信条に反すると考え、決断に至りました」

「サッカー人生を振り返ると、楽しいこと事ばかりではありませんでしたが、苦しい時も厳しい時も、温かいファンの皆様、サポーター、チームメイト、友人、家族など本当に沢山の方々に支えられ、選手としてプレーする事ができたことを幸せに思い感謝しています。そして多くの方に出会えたことを嬉しく思っています」

「改めて、INAC神戸レオネッサチーム関係者、女子サッカー関係者、ファンの皆様、サポーターの皆様、所属したスペランツァFC高槻、INAC神戸レオネッサの監督をはじめスタッフ、チームメイト、友人、家族と、私の支えとなり応援して下さった全ての皆様に感謝します。力の限りの声援をいただいたことはいつまでも忘れません。そして沢山の出会い、出来事は私の財産です。本当にありがとうございました」

「今後の事は何も決まっていませんが、この経験を生かして今の自分を超えれるように前を見て新しい自分にチャレンジしたいと思います。今後とも、INAC神戸レオネッサ、女子サッカーの応援を宜しくお願いいたします。ありがとうございました」

▽2004年にスペランツァFC高槻のトップチームに昇格した海堀は、2008年にINAC神戸へ移籍。これまで、なでしこリーグ通算215試合に出場した。また、2008年から選出されているなでしこジャパンでは、通算53試合に出場。優勝した2011年のドイツ・ワールドカップでは正守護神を務め、2008年の北京オリンピック、2012年のロンドン・オリンピック、2015年のカナダ・ワールドカップの代表メンバーにも選出された。

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司がアジア国際年間最優秀賞にノミネート! アジア女子年間最優秀選手賞には熊谷紗希が候補に

▽アジアサッカー連盟(AFC)が、AFCアニュアルアウォーズ2017のノミネート選手を発表した。 ▽AFCに所属する国やその代表選手、指導者などが表彰されるAFCアニュアルアウォーズ。2016年は岡崎慎司(レスター・シティ)がアジア国際年間最優秀選手賞を受賞したほか、アジア年間最優秀若手選手賞をMF堂安律(当時ガンバ大阪)、MF長野風花(浦和レッズレディース)、AFC特別賞を手倉森誠監督(当時U-23日本代表)が受賞していた。 ▽2017年は、アジア国際年間最優秀選手賞にMF香川真司(ドルトムント)がノミネートされたほか、アジア年間最優秀監督賞に石井正忠監督(当時鹿島アントラーズ)、堀孝史監督(浦和レッズ)、女子では高倉麻子監督(なでしこジャパン)がノミネート。アジア年間最優秀選手賞には、女子部門でDF熊谷紗希(リヨン)がノミネートされている。また、年間最優秀若手選手賞の女子部門に宮澤ひなた(星槎国際高校湘南)がノミネートされている。 ▽授賞式は11月29日にタイのバンコクで開催される。今回発表されたノミネート選手、監督は以下のとおり。 ◆アジア年間最優秀選手賞 【男子】 ウー・レイ(上海上港/中国代表) オマル・ハルビン(アル・ヒラル(サウジアラビア)/シリア代表) オマル・アブドゥルラフマン(アル・アイン/UAE代表) 【女子】 サマンサ・カー(オーストラリア女子代表) シム・スンヒャン(北朝鮮女子代表) 熊谷紗希(なでしこジャパン) ◆アジア年間最優秀監督賞 【男子】 アンジ・ポステコグルー(オーストラリア代表) 石井正忠(鹿島アントラーズ→大宮アルディージャ) 堀孝史(浦和レッズ) 【女子】 ガオ・ホン(中国女子代表) 高倉麻子(なでしこジャパン) レテシア・バウティスタ(フィリピン女子代表) ◆アジア国際年間最終選手賞 アーロン・ムーイ(ハダースフィールド(イングランド)/オーストラリア代表) 香川真司(ドルトムント(ドイツ)/日本代表) ソン・フンミン(トッテナム(イングランド)/韓国代表) 2017.11.20 12:51 Mon
twitterfacebook
thumb

3回戦でINAC神戸を下した早稲田大は準々決勝で敗退…準決勝は日テレvs浦和L、千葉Lvsノジマステラ《皇后杯》

▽12日に第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の準々決勝が行われた。 ▽3回戦でINAC神戸を下した早稲田大学は、ノジマステラ神奈川相模原と対戦。14分に村上真帆のゴールで先制するも、前半だけで3失点を喫し2点ビハインドで前半を押せる。後半に入っても62分に南野亜里沙がゴールを決め、ノジマステラ神奈川相模原が追加点。しかし、70分に河野朱里、71分に中村みづきがゴールを決めて1点差に迫る。しかし、そのまま試合は終了し、早稲田大学は準々決勝で姿を消した。 ▽その他、浦和レッズレディースとマイナビベガルタ仙台レディースの一戦は、66分に菅澤優衣香のゴールで浦和が先制。しかし、後半アディショナルタイム1分に安本紗和子のゴールで仙台が追いついた。結局勝負はPK戦までもつれると、2人ずつが成功した3本目で仙台の嘉数飛鳥が失敗。浦和は5人全員が成功し、5-3で勝利した。 ▽AC長野パルセイロ・レディースvsジェフユナイテッド千葉レディースは、ゴールレスで延長に突入すると、98分に大矢円佳が挙げたゴールを守り切った千葉が0-1で勝利。日テレ・ベレーザvsアルビレックス新潟レディースは、70分に植木理子のゴールを守った日テレが勝利した。 ▽準決勝は、日テレ・ベレーザvs浦和レッズレディース、ジェフユナイテッド千葉レディースvsノジマステラ神奈川相模原に決定した。 <span style="font-weight:700;">◆準々決勝</span> AC長野パルセイロ・レディース 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ジェフユナイテッド千葉レディース</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日テレ・ベレーザ 1</span>-0 アルビレックス新潟レディース <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ノジマステラ神奈川相模原 4</span>-3 早稲田大学 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">浦和レッズレディース 1</span>-1(PK:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>-3) マイナビベガルタ仙台レディース <span style="font-weight:700;">◆準決勝</span> ▽12月21日 日テレ・ベレーザ vs 浦和レッズレディース(16:05)-【45】 ジェフユナイテッド千葉レディース vs ノジマステラ神奈川相模原(19:05)-【46】 [ヤンマースタジアム長居] <span style="font-weight:700;">◆決勝</span> ▽12月24日 《14:10》 【45】の勝者 vs 【46】の勝者 [ヤンマースタジアム長居] 2017.11.20 12:22 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンが発表! 岩渕真奈や猶本光ら主力が順当選出《ヨルダン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、20日〜25日にかけて行われるヨルダン遠征に臨むなでしこジャパンメンバー23名を発表した。 ▽今回のメンバーには、DF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)やMF猶本光(浦和レッズレディース)、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)らが選出されている。 ▽高倉麻子監督は今回の遠征についてコメント。来年4月に行われるアジアカップ開催地での試合に向け、有意義な時間を過ごしたいと語った。 「ヨルダンは来年4月のアジアカップの開催地ということで、視察の意味合いも込めて遠征することとなりました。このような機会を作ることができたことを嬉しく思います。試合はヨルダン女子代表との1試合だけですが、ホスト国として周到な準備を考えているであろう相手と戦えるということで、貴重な強化の場になります。そして、帰国後間もなくしてEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会を迎えますので、そこも見据えてチームとしていい準備をしたいと思います」 ▽なお、なでしこジャパンは、24日にヨルダン女子代表と対戦する。今回発表された、なでしこジャパンメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) 18.<span style="font-weight:700;">山根恵里奈</span>(レアル・ベティス/スペイン)※ 21.<span style="font-weight:700;">松本真未子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">大矢歩</span>(愛媛FCレディース) 3.<span style="font-weight:700;">鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) 4.<span style="font-weight:700;">熊谷紗希</span>(リヨン/フランス)※ 6.<span style="font-weight:700;">宇津木瑠美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) 19.<span style="font-weight:700;">北川ひかる</span>(浦和レッズレディース) 20.<span style="font-weight:700;">万屋美穂</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 22.<span style="font-weight:700;">高木ひかり</span>(ノジマステラ神奈川相模原) 23.<span style="font-weight:700;">三宅史織</span>( INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">MF</span> 7.<span style="font-weight:700;">中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) 10.<span style="font-weight:700;">阪口夢穂</span>(日テレ・ベレーザ) 12.<span style="font-weight:700;">猶本光</span>(浦和レッズレディース) 14.<span style="font-weight:700;">中里優</span>(日テレ・ベレーザ) 16.<span style="font-weight:700;">隅田凛</span>(日テレ・ベレーザ) 17.<span style="font-weight:700;">長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> 5.<span style="font-weight:700;">櫨まどか</span>(伊賀フットボールクラブくノ一) 8.<span style="font-weight:700;">岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) 9.<span style="font-weight:700;">横山久美</span>(1.FFCフランクフルト/ドイツ)※ 11.<span style="font-weight:700;">田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) 13.<span style="font-weight:700;">上野真美</span>(愛媛FCレディース) 15.<span style="font-weight:700;">籾木結花</span>(日テレ・ベレーザ) ※は現地合流 2017.11.13 18:56 Mon
twitterfacebook
thumb

皇后杯でまさかのジャイキリさく裂!! 2連覇中のINAC神戸が早稲田大にPK戦で敗戦

▽12日に第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会が行われた。大会3連覇を目指す女王のINAC神戸は早稲田大学とエディオンスタジアム広島で対戦した。 ▽試合は22分、髙瀬愛実のゴールでINAC神戸が幸先良く先制する。しかしその後は追加点が奪えずにいると、57分には早稲田大学の河野朱里が同点ゴールを奪取。試合はそのまま終了を迎えると、延長戦でも決着はつかずにPK戦へ。 ▽するとPK戦では後攻のINAC神戸が1人目の中島依美、2人目の京川舞と連続で失敗。4人全員が決め切った早稲田大学が4-1でPK戦を制して準々決勝進出を決めた。その他の結果と、準々決勝の日程は以下の通り。 ◆3回戦結果 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">早稲田大学</span> 1-1(PK:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>-1) INAC神戸レオネッサ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日テレベレーザ 4</span>-0 ジェフユナイテッド千葉レディースU-18 伊賀FCくノ一 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 アルビレックス新潟レディース</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">浦和レッズレディース 2</span>-0 セレッソ大阪堺レディース オルカ鴨川FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 マイナビベガルタ仙台レディース</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">AC長野パルセイロ・レディース 3</span>-0 常盤木学園高校 日体大FIELDS横浜 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉レディース</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ノジマステラ神奈川相模原</span> 0-0(PK:<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>-4) ちふれASエルフェン埼玉 ◆準々決勝日程 ▽11月18日 AC長野パルセイロ・レディース vs ジェフユナイテッド千葉レディース(11:00) 日テレ・ベレーザ vs アルビレックス新潟レディース(14:00) [栃木県グリーンスタジアム] ▽11月19日 ノジマステラ神奈川相模原 vs 早稲田大学(11:00) 浦和レッズレディース vs マイナビベガルタ仙台レディース(14:00) [ユアテックスタジアム仙台] 2017.11.13 16:06 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこ、中島&田中弾で雨中のスイス戦を制す《MS&ADカップ2017》

▽なでしこジャパンは22日、MS&ADカップ2017でスイス女子代表を長野Uスタジアムに迎え、2-0で勝利した。 ▽なでしこはGK池田に最終ラインは右から鮫島、熊谷、宇津木、万屋を並べる。中盤の底で阪口と中里が組み、2列目は右から櫨、長谷川、籾木を起用。ワントップには横山が入った。 ▽強い雨が降る中で始まった試合、なでしこジャパンは立ち上がりにCKから際どいヘディングシュートを浴びて冷や汗をかかされるも、徐々にポゼッションを高めて主導権を掌握していく。すると、最初の決定機は19分。ペナルティアーク手前から櫨が左足を振る。 強烈なブレ球のミドルシュートが枠を捉えたが、これはGKのセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけては、なでしこジャパンがスイスを押し込む。しかし、雨で湿ったピッチでなかなか相手を崩しきる攻撃を見せることができず、試合はゴールレスのまま折り返した。 ▽なでしこジャパンはハーフタイム明け、籾木に代えて中島を投入。そのなでしこジャパンが後半も主導権を握る。50分にはバイタルエリアで仕掛けた横山がボックス手前でミドルシュート。しかし、これはわずかにバーの上へはずれる。 ▽それでも、69分にはなでしこジャパンが試合の均衡を破る。バイタルエリア付近の櫨が右サイドからボックス右に走り込んだ中島にパス。これを受けた中島のシュートは一度、GKに防がれるも、こぼれ球を自ら拾ってシュートを流し込み、なでしこジャパンが先行した。 ▽その後もなでしこジャパンはペースを相手に渡さない。87分には、バイタルエリアで田中からボールを受けた途中出場の岩渕が相手GKのファインセーブを強いる枠内シュートを放って2点目に迫る。 ▽さらに、なでしこジャパンはアディショナルタイム3分、相手が前がかりになったところで最終ライン裏のスペースを突いた田中がボックス右からシュートを決めて2点目。そのまま相手をシャットアウト勝ちし、雨中の一戦を制した。 2017.10.22 18:22 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース