なでしこGK海堀あゆみが現役引退を発表 「自分自身に勝てなくなった」2016.01.15 16:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽なでしこジャパンのGK海堀あゆみ(29)が15日、2015シーズンをもって現役を引退することを表明した。海堀は、所属クラブのINAC神戸を通じ、引退する理由を明かしている。

「私、INAC神戸レオネッサの海堀あゆみは2015年シーズンをもちまして現役を引退する事を決意いたしました事をご報告させていただきます」

「理由としましては、身体のパフォーマンスが以前に比べて上がらなくなり、日々一番のライバルである自分自身に勝てなくなったからです。私自身、選手として常に最高のパフォーマンスを出す事を信条にトレーニングしてまいりましたが納得のいく状態まであげられなくなった以上、選手を続ける事は信条に反すると考え、決断に至りました」

「サッカー人生を振り返ると、楽しいこと事ばかりではありませんでしたが、苦しい時も厳しい時も、温かいファンの皆様、サポーター、チームメイト、友人、家族など本当に沢山の方々に支えられ、選手としてプレーする事ができたことを幸せに思い感謝しています。そして多くの方に出会えたことを嬉しく思っています」

「改めて、INAC神戸レオネッサチーム関係者、女子サッカー関係者、ファンの皆様、サポーターの皆様、所属したスペランツァFC高槻、INAC神戸レオネッサの監督をはじめスタッフ、チームメイト、友人、家族と、私の支えとなり応援して下さった全ての皆様に感謝します。力の限りの声援をいただいたことはいつまでも忘れません。そして沢山の出会い、出来事は私の財産です。本当にありがとうございました」

「今後の事は何も決まっていませんが、この経験を生かして今の自分を超えれるように前を見て新しい自分にチャレンジしたいと思います。今後とも、INAC神戸レオネッサ、女子サッカーの応援を宜しくお願いいたします。ありがとうございました」

▽2004年にスペランツァFC高槻のトップチームに昇格した海堀は、2008年にINAC神戸へ移籍。これまで、なでしこリーグ通算215試合に出場した。また、2008年から選出されているなでしこジャパンでは、通算53試合に出場。優勝した2011年のドイツ・ワールドカップでは正守護神を務め、2008年の北京オリンピック、2012年のロンドン・オリンピック、2015年のカナダ・ワールドカップの代表メンバーにも選出された。

コメント

関連ニュース

thumb

元アメリカ女子代表FWワンバックがマリファナとコカインの使用に続き過去のアルコール中毒を告白

▽アメリカ女子サッカー界のレジェンドであり、アメリカ女子代表として活躍したアビー・ワンバック氏が、アルコール中毒だったことを明かした。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽4歳でサッカーを始め、幼少期から頭角を現したワンバック氏は、2003年にアメリカ女子代表デビュー。その後は長らくエースに君臨し、女子ワールドカップを1度、オリンピックを2度制するなど輝かしいキャリアを築き、通算255試合に出場。サッカー女子代表の最多得点記録となる184得点を記録した。 ▽2015年12月に現役を引退したワンバック氏だったが、2016年4月に飲酒運転の疑いで逮捕。その際に、コカインとマリファナを過去に使用していたことを明かしていたが、今回はアルコール中毒だったことも明かしている。 「私は頑固であり、否定的だった。逮捕されたその夜は、私に起こった中で最高のことの1つだった。なぜなら、もし私が公に恥をかかず、屈辱を感じなければ、目を覚ますことはなかったわ」 「私は長年、眠っていたと思う。家族と友人からの嘆願に耳を貸さずに眠り、助けを得るために、自分自身に対しても眠っていたわ。でもあの夜、起き上がるために十分すぎる屈辱を受けたわ」 2016.09.13 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

川澄&宇津木の同僚であるアメリカ女子代表GKホープ・ソロがクラブでの早期シーズン終了を決断

▽アメリカ女子代表から半年間の謹慎処分を受けていたGKホープ・ソロ(35)だが、代表チームよりも先にクラブチームでのシーズンを終了することになった。 ▽2000年からアメリカ女子代表に選出され、2005年から正守護神として活躍してきたソロだが、リオ・デジャネイロ オリンピック準々決勝のスウェーデン女子代表戦後の発言が問題視され、アメリカサッカー連盟(USSF)から代表チームでの活動を6カ月間停止する処分を受けていた。 ▽ソロは、なでしこジャパンMFMF宇津木瑠美やMF川澄奈穂美が所属するシアトル・レインで守護神として活躍。シーズンは残り4試合となっていたが、自身のツイッターを通じて声明を発表。残りのシーズンを欠場することを明かした。 「17年間プレーしてきたアメリカ女子代表チームから除外されたことは、とても衝撃的でした」 「慎重に検討した結果、プレーはしたかったですが、シアトル・レインでのシーズンを終える決断を下しました。精神的に 、まだ戻ることができません」 「この決断が、私にとって、そしてクラブにとって最善であることを信じています」 ▽なお、ソロの決断に関してシアトル・レインのローラ・ハービー監督は「理解し、彼女の決断を尊重する」とコメントし、ソロがシーズンを一足先に終えることを認めた。 2016.08.31 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン候補が発表! DF鮫島彩、MF上尾野辺めぐみが復帰!《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、9月4日〜7日に千葉県内で行われるトレーニングキャンプに臨むなでしこジャパン(日本女子代表)候補メンバー22名を発表した。 ▽高倉麻子監督は今回のメンバーに、佐々木則夫前監督時代に招集されていたINAC神戸レオネッサのDF鮫島彩、アルビレックス新潟レディースのMF上尾野辺めぐみを就任後初招集。その他、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)やGK山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)らを招集した。また、海外組は招集されていない。今回発表されたなでしこジャパン候補メンバーは以下のとおり。 ◆なでしこジャパン候補メンバー22名 <B>GK</B> <B>山根恵里奈</B>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <B>山下杏也加</B>(日テレ・ベレーザ) <B>DF</B> <B>鮫島彩</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>有吉佐織</B>(日テレ・ベレーザ) <B>川村優理</B>(ベガルタ仙台レディース) <B>中村楓</B>(アルビレックス新潟レディース) <B>佐々木繭</B>(ベガルタ仙台レディース) <B>高木ひかり</B>(ノジマステラ神奈川相模原) <B>村松智子</B>(日テレ・ベレーザ) <B>MF</B> <B>上尾野辺めぐみ</B>(アルビレックス新潟レディース) <B>阪口夢穂</B>(日テレ・ベレーザ) <B>中島依美</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>國澤志乃</B>(AC長野パルセイロ・レディース) <B>杉田亜未</B>(伊賀フットボールクラブくノ一) <B>柴田華絵</B>(浦和レッズレディース) <B>千葉園子</B>(ASハリマ アルビオン) <B>京川舞</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>中里優</B>(日テレ・ベレーザ) <B>FW</B> <B>有町紗央里</B>(ベガルタ仙台レディース) <B>菅澤優衣香</B>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <B>横山久美</B>(AC長野パルセイロ・レディース) <B>増矢理花</B>(INAC神戸レオネッサ) 2016.08.26 18:01 Fri
twitterfacebook
thumb

「腰抜け」発言のアメリカ女子代表GKホープ・ソロが6カ月の謹慎処分

▽アメリカサッカー連盟(USSF)は25日、アメリカ女子代表GKホープ・ソロ(35)に対し、6カ月の謹慎処分を下したことを発表した。 ▽2005年からアメリカ女子代表の正守護神として活躍していたソロは、2008年の北京オリンピック、2012年のロンドン・オリンピックで金メダル獲得に貢献。2015年の女子ワールドカップではアメリカ代表の優勝に貢献していた。 ▽オリンピックで女子サッカーが競技に採用されてから5大会連続でメダルを獲得(金メダル4個、銀メダル1個)してきたアメリカだったが、リオ・デジャネイロ オリンピックでは準々決勝のスウェーデン戦でPK戦の末に敗戦。大会4連覇だけでなく、メダル獲得も逃していた。 ▽試合後にソロはスウェーデンの戦い方に苦言を呈し「腰抜けの集まりだった。より優れていたチームが勝てなかったと思う。スウェーデンが勝ち進めるとは思えない」とコメント。しかし、このコメントが処分の対象となった。 ▽USSFのスニル・グラティ会長はホープ・ソロの処分について声明を発表。受け入れがたいとし、処分を与える決定を下したことを明かした。 「オリンピック時のスウェーデン戦後のホープ・ソロのコメントは、受け入れられるものではなく、代表チームの選手に必要な行動基準を満たしてしません」 「競技場内の結果だけでなく、オリンピックはフェアプレーと敬愛の念を表すものです。我々は、例外なく、我々の代表選手たちがこの原則を尊重することを期待しています」 「過去にソロが関わった事件を考慮し、アメリカ代表メンバーに適した振る舞いを彼女に要求していた中で、プライベートな会話と同様に、今回の懲戒処分が適切であると決定しました」 ▽6カ月の謹慎処分を受けた35歳のソロは、今回の処分により2017年2月までアメリカ女子代表としてプレーできないこととなる。なお、「腰抜けの集まり」と言われたスウェーデンは決勝まで進出。ドイツ女子代表に敗れたものの、銀メダルを獲得していた。 2016.08.26 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

安藤梢がSGSエッセンと1年契約延長

▽女子ブンデスリーガに所属するSGSエッセンは14日、元なでしこジャパン代表FW安藤梢(34)と新たに1年の契約延長で合意したことを発表した。 ▽2013年1月からフランクフルトでプレーしていた安藤は、2015年に契約満了で退団すると、同年10月にSGSエッセンへと移籍。リーグ戦15試合に出場し、2ゴールを挙げた。 ▽引き続きSGSエッセンでプレーすることになった安藤は15日、自身の公式ブログで「ご報告」との見出しで以下のように綴っている。 「みなさん、こんにちは! 遅くなりましたがご報告があります。今シーズンもエッセンでプレーすることが正式に決まりました。そして、ドイツに戻ってすぐにエッセンの合宿に参加しました」 「とても光栄なことに、いくつかのチームからオファーをいただき、悩みに悩んだ結果、エッセンに決断しました。このチームに合流し、シーズン終盤はチームのなかでフィットしてきた感覚がありました。そして、今年監督が変わり、昨年の積み上げてきた経験プラスまた新たな気持ちでチャレンジしようという気持ちが高まりました」 「正直、最終的に決断したのは合宿に出発する朝のことで、人生で1番悩んだくらいです…。合宿に行き、すぐにここを選んで間違いはなかったと感じることができてました。前監督も、とても尊敬する監督でしたのでその監督がいなくなってしまったことはここに残るか迷った要因でした」 「新監督のもとでまだ1週間もプレーしてませんが、練習や試合でも細かいところにこだわって指導してくれて毎日の練習がとても充実して楽しいです。今シーズン、エッセンでさらに活躍できるようチャレンジャーの気持ちでがんばります! これからも応援よろしくお願いします!」 2016.08.15 18:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース