G大阪が横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾を完全移籍で獲得2016.01.11 17:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽G大阪は11日、横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾(31)が完全移籍で加入することを発表した。

▽横浜FM下部組織出身の藤本は、桐光学園高から筑波大を経て2006年に清水へ加入。2011年に名古屋へ移籍すると、2014年に横浜FMへ加入していた。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場し3得点、2シーズンで通算45試合に出場し6得点を記録していた。藤本はG大阪を通じて加入の意気込みを語っている。

「チームの勝利に貢献できるよう、一生懸命頑張ります。初めての関西での生活になりますが、1日も早く馴染めるようにしていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」

▽また、下部組織時代、そして2シーズンを過ごした横浜FMを通じては感謝の言葉を述べている。

「横浜F・マリノスは小学生の頃から大好きなチームです。そして、僕のサッカーの基盤となる部分をたくさん教わった大切なクラブでもあります」

「そんな大好きなチームを離れるという決断は簡単なことではありませんでしたが、1人のサッカー選手としてさらに成長し、パワーアップしたいという思いが強く、わがままな選択だと思いますが、新たな地でチャレンジする道を選ばせて頂きました」

「F・マリノスを大事に思う気持ちはこれからも変わることはありません。サポーターのみなさんが作ってくれた応援チャントも大好きです! 2年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、サポーター3名を処分 当面禁止の非公認横断幕を使用

▽ガンバ大阪は15日、サポーター3名の処分を発表した。 ▽当該サポーターは、2日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ最終節のFC東京戦で非公認の横断幕を使用。これを違反行為としたG大阪は、当該サポーターに同クラブの公式戦入場禁止処分を科した。 ▽G大阪では、4月16日に行われた第7節のセレッソ大阪戦にて、一部サポーターによる政治的思想を連想させるフラッグ掲出が判明。以降、当面の公式戦における非公式の横断幕や旗、ゲートフラッグ等、全ての掲出物が禁止されている。 2017.12.16 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

経験豊富なG大阪MF今野泰幸も韓国代表を警戒「間違いなく強い相手。苦労する」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国を警戒し「最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」と全力を出し切って勝ち切ると意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「上手い選手も増えてきているし、元々気持ちを持った選手も多いので、間違いなく強い相手だと思います。苦労すると思います」 <span style="font-weight:700;">──今大会は0-0で粘って、最後に点を取ってという試合が続いているが</span> 「もちろん最初に点が取れた方が良いです。とにかく、最初から飛ばして90分間戦わないと、勝つのは難しい相手だなと思います。最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝するということはやはり大事か</span> 「やっぱり2位だと何も残らないです。1位をとれば、少しは歴史に名を刻めるのでね。とにかく結果にこだわりたいです。どんな内容であろうと気持ちで負けないで、がむしゃらに1位を獲りに行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督は中国戦の試合後に今野選手のプレーを褒めていたが、自身ではどうか</span> 「アンカーのポジションはそんなにやらないですけど、落ち着いてできましたね。最低限のことはできたと思います」 <span style="font-weight:700;">──ダブルボランチとは違いますか</span> 「全然違いますね。そこのポジションを空けたら、誰もいなくなってしまうので、ポジショニングが重要です。僕は本能的に動いてしまうので、そこを空けてしまうことが多いんですけどね。そこを気をつけながらプレーしました」 <span style="font-weight:700;">──経験が少ない選手が多い中で、だいぶ1つになっているような手応えは</span> 「そうですね。練習では監督がどんどん要求してきますし、それにみんなが応えようと必死にやっています。みんなもJリーグでは試合に出ている選手なので、経験も持っているし、サッカーも知っています。徐々に良くなっているとは感じます」 <span style="font-weight:700;">──中盤での自分の生かし方とかは見えてきているか</span> 「僕は経験があるので、色々な要求があるのは当然です。その中で自分の特徴を出していかないと、生き残れないのは分かっていることです。それができないなら、外れていくだけですね」 2017.12.15 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪のMF井手口陽介、韓国を“強さ・巧さ・速さ”兼備と警戒も「3連勝で終われたら」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は14日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF井手口陽介(ガンバ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。韓国代表の印象について「強さ・巧さ・速さ」を兼ね備えていると警戒するも、3連勝で2大会ぶり2度目の東アジア制覇へ意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF井手口陽介</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──コンディションは</span> 「大丈夫だと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「しっかりと(パスを)つないできてフィジカルもしっかりしています。技術もしっかりしている印象ですね」 <span style="font-weight:700;">──引き分けでも優勝という状況だが</span> 「連勝してここまできたので、3連勝して終われたら一番良いです」 <span style="font-weight:700;">──日韓戦については</span> 「日韓戦に限らず、韓国はACLとかでもフィジカルは強かったですし、速くて技術もあるので、個人としてもチームとしても負けないようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──ロシア・ワールドカップまで半年だが、そこに向けて気持ちは強くなっているか</span> 「行きたいという気持ちはありますけど、今回の合宿も含めて競争も激しいので、負けないようにより一層頑張らなくてはいけないです」 2017.12.14 22:23 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国戦で本領発揮へ…G大阪MF倉田秋、生き残りに危機感「まだ1つもアピールできていない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は14日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF倉田秋(ガンバ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。これまでアピールが「1つもできていない」と冷静に分析し、ロシア・ワールドカップへの生き残りに向けて韓国代表戦で「全てを出したい」と本領発揮を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF倉田秋</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──初めてやる選手も多い中、うまく連携はとれそうか</span> 「大分長い時間一緒に過ごしたり、練習しているので、チームっぽくなってきているかなと思います。1試合目より2試合目の方が良かったですし、3試合目はもっと連携面で良くなると思います」 <span style="font-weight:700;">──来年のワールドカップに向けてイメージは膨らんでいるか</span> 「半分くらいですね。守備もしっかりして、攻撃でもゴールやアシストするのが自分のスタイルだと思いますけど、それがまだ1つもできていません。それでも次まだチャンスが残っているので、全てを出したいです」 <span style="font-weight:700;">──中国代表戦ではゴールになりそうな縦パスを入れることができてた印象だが</span> 「初戦の北朝鮮戦ではできなかったことが、中国戦ではできてたと思います。それ一辺倒にはならないようにしたいですけど、それができていたから(小林)悠くんのゴールも生まれたので、縦に入れる意識は良いですけど、その精度やタイミングを良くしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国は中央が堅いが</span> 「相手の右サイドバックが結構攻撃参加してくるので、奪った後にそのスペースをうまく使って、クロスをしっかり合わせることができればチャンスは作れると思います」 2017.12.14 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

宮本恒靖氏、アスリートの社会貢献活動表彰式で大賞 栄えある初代受賞者に《HEROs AWARD 2017》

▽ガンバ大阪U-23監督で元日本代表DFの宮本恒靖氏が11日に都内で行われたアスリートの社会貢献活動を表彰する『HEROs AWARD 2017』の授与式に出席し、大賞となる「HEROs of the year賞」を受賞した。 ▽宮本氏は、 ボスニア・ヘルツェゴビナのモルタル市を拠点とするスポーツアカデミー『マリモスト』で、スポーツを通じた民族融和プロジェクト「マリモスト(小さな橋)」を推進した。 ▽プロジェクトのアンバサダーを務める中田英寿氏や、柔道全日本男子監督の井上康生氏らスポーツ各界の著名人が出席する中、元SMAPでタレントの香取慎吾さんら7名の審査員の選考により、栄えある初代受賞者に輝いた宮本氏は次のようにコメントした。 「(表彰を受けて)第一回目に(HEROs of the year賞に)選んでいただけて非常に嬉しいです。スポーツには子供たちを教育する力や夢を与える力があり、それを伝えることのできるアスリートはとても重要だと思います。日本のアスリートがこれからどんどんこのような活動の機会に触れていけると良いと思います」 ▽また、今後については、「今はボスニア・ヘルツェゴビナで、13歳くらいまでの子供たちにスポーツを通して、フェアプレーだったり、リスペクトだったり、スポーツマンシップだったりを伝えています。今後は他の場所でも伝えていきたいです。他のアスリートと共に、活動に取り組んでいきたと思います」とさらなる推進に意欲を示した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171213_35_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div>【HEROs of the year 賞(副賞500万円)】 ◆宮本恒靖 「マリモスト(小さな橋)」 【HEROs 賞(副賞100万円)】 <アスリート部門> ◆鳥谷敬 「RED BIRD PROJECT」 ◆アンジェラ・磨紀・バーノン 「Ocean's Love」 ◆坂本博之 「こころの青空基金」 <チーム・リーグ部門> ◆福島ユナイテッドFC(サッカー) 風評被害払拭活動「ふくしマルシェ」 <NPO部門> ◆一般社団法人世界ゆるスポーツ協会 すべての人々にスポーツを 2017.12.13 17:30 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース