G大阪が横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾を完全移籍で獲得2016.01.11 17:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽G大阪は11日、横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾(31)が完全移籍で加入することを発表した。

▽横浜FM下部組織出身の藤本は、桐光学園高から筑波大を経て2006年に清水へ加入。2011年に名古屋へ移籍すると、2014年に横浜FMへ加入していた。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場し3得点、2シーズンで通算45試合に出場し6得点を記録していた。藤本はG大阪を通じて加入の意気込みを語っている。

「チームの勝利に貢献できるよう、一生懸命頑張ります。初めての関西での生活になりますが、1日も早く馴染めるようにしていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」

▽また、下部組織時代、そして2シーズンを過ごした横浜FMを通じては感謝の言葉を述べている。

「横浜F・マリノスは小学生の頃から大好きなチームです。そして、僕のサッカーの基盤となる部分をたくさん教わった大切なクラブでもあります」

「そんな大好きなチームを離れるという決断は簡単なことではありませんでしたが、1人のサッカー選手としてさらに成長し、パワーアップしたいという思いが強く、わがままな選択だと思いますが、新たな地でチャレンジする道を選ばせて頂きました」

「F・マリノスを大事に思う気持ちはこれからも変わることはありません。サポーターのみなさんが作ってくれた応援チャントも大好きです! 2年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

宇佐美が惜別アシスト含む2発演出でドイツへ…G大阪は名古屋と乱打戦の末ドロー《J1》

▽25日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第17節のガンバ大阪vs名古屋グランパスは乱打戦の末、3-3の痛み分けに終わった。 ▽ここまで7勝2分け7敗と波に乗り切れない戦いが続く6位のG大阪は、この試合を最後にアウクスブルグ移籍でドイツへ旅立つ宇佐美が先発。その他、ケガの岩下の代役には金正也が起用された。対して、14位の名古屋は田口、シモビッチの両主力が負傷欠場。代わって、川又、矢田をピッチに送り出した。 ▽エースを勝利で送り出したいG大阪だったが、開始早々に足元をすくわれる。3分、ボックス左で丹羽を引き付けた永井が中央に入れたクロスはDFに阻まれるも、こぼれ球をボックス手前で拾った川又が右足を一閃。低い弾道のシュートがゴール左下に突き刺さった。 ▽あっさりと失点したG大阪は、後方から丁寧な繋ぎでボールを落ち着かせ、反撃の糸口を見いだしていく。その後も永井のスピードを生かしたカウンターから危ない場面をつくられるも、何とか丹羽を中心とした守りでさらなる失点を防ぐ。 ▽すると45分、G大阪は阿部を起点としたカウンターを発動させると、右サイドを攻め上がった米倉が中央にグラウンダーのパスからパトリックがポストプレー。最後は、この攻撃の口火を切った阿部が右足のシュートを決め切り、G大阪が土壇場で追いつく。 ▽前半のうちに追いついたことで後半の頭からアグレッシブな入りを見せたG大阪は54分、敵陣の左サイドでFKのチャンスを獲得。キッカーの宇佐美が右足で入れたクロスをゴール前の金正也が頭でコースを変えると、これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽ところが、67分に自陣左サイドからのアーリークロスを川又に頭で叩き込まれたG大阪は、アデミウソン、井手口と立て続けに投入。するとボックス手前でFKのチャンスを得た88分、宇佐美のクロスからこぼれ球を今野が蹴り込み、G大阪が再び勝ち越しに成功する。 ▽しかし、その直後に磯村のクロスから矢野の一発を浴びたG大阪は、3-3のまま試合終了。宇佐美のラストゲームとなった試合は乱打戦の末、勝ち点1ずつを分け合う結果となった。これにより、G大阪は6位で1stステージ終了。名古屋は14位でシーズンを折り返すこととなった。 2016.06.25 21:16 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪FW宇佐美貴史、ドイツでも39番着用へ…アウグスブルクが発表

▽アウグスブルクは24日、今夏に加入することが決まっている日本代表FW宇佐美貴史(24)の背番号について、ガンバ大阪時代と同様の39番に決定したことを公式ツイッターで発表した。 ▽2016-17シーズンから3年ぶりにブンデスリーガでプレーする宇佐美は、21日に吹田市内で行われた記者会見で、アウグスブルクでの背番号について、2013年夏にG大阪へ復帰した当時から付けている39番を引き続き着用したい意向を示していた。 ▽なお、愛着のある39番をドイツでも身に着けることになった宇佐美は、25日に市立吹田サッカースタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ・1stステージ第17節の名古屋グランパス戦がユース時代から親しむG大阪でのラストゲームとなる。 2016.06.24 21:07 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪DF岩下敬輔が右内転筋肉離れ…離脱期間は発表されず

▽ガンバ大阪は22日、DF岩下敬輔の負傷を発表した。 ▽岩下は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ1stステージ第16節のサガン鳥栖戦に先発出場を果たすも、試合中に負傷し74分に倉田と交代でピッチを去っていた。 ▽G大阪公式サイトによると同選手は、右内転筋肉離れにより離脱するようだ。なお、離脱期間については発表されていない。岩下は今季のリーグ戦で8試合に出場していた。 2016.06.22 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

PSV、G大阪MF堂安律に関心…レンタルでの獲得を希望と蘭メディア

▽20日に日本代表FW宇佐美貴史(24)のアウグスブルク移籍を発表したガンバ大阪だが、もう1人の生え抜き選手に欧州挑戦の可能性が浮上した。オランダ『Telegraaf.nl』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、若手育成に定評のあるPSVは今夏、メルボルン・ビクトリーのU-23オーストラリア代表DFトーマス・デン(19)と、以前にチェルシーからの関心を噂されたU-19日本代表MF堂安律(18)の獲得に興味を示しているようだ。 ▽その堂安に関して、「ポテンシャルを秘めた特別な才能の持ち主」と記した『Telegraaf.nl』は、PSVがレンタルでの獲得を希望していると主張。当面は、PSVのBチームでプレーさせる意向を示していると伝えた。 ▽宇佐美に続く逸材として将来を嘱望される堂安は、G大阪ユース在籍時の2015年に2種登録選手として16歳344日の若さで公式戦デビュー。トップチームに昇格した今シーズンは、まだJ1での出場機会こそないものの、J3に10試合出場で5ゴールを記録している。 2016.06.21 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

2度目の欧州挑戦となる宇佐美貴史「再びブンデスでプレーできることが嬉しい」

▽ガンバ大阪とアウグスブルクは20日、日本代表FW宇佐美貴史(24)の移籍交渉に関して、基本合意に達したことを発表した。3年ぶり2度目の欧州挑戦、そして苦渋を味わったブンデスリーガ再挑戦となる宇佐美は、アウグスブルクの公式サイトで以下のようにコメントを寄せた。 「僕は常に日本からブンデスリーガを追っていました。FCアウグスブルクは素晴らしく、ここ数年で大きく変わったと思っています。再びブンデスリーガでプレーできることを非常に嬉しく思っています」 ▽また、アウグスブルクのマネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏は宇佐美について、「若いころにブンデスリーガで経験を積み、ここ数年ガンバ大阪で非常に成長した宇佐美貴史を獲得できたことを嬉しく思っている。彼が自身のクオリティで我々のチームを助けてくれると確信している」と活躍に期待を寄せた。 ▽今夏の移籍が決定した宇佐美は、25日に市立吹田サッカースタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ・1stステージ第17節の名古屋グランパス戦がラストゲームとなる。その試合後には、セレモニーが行われる予定となっている。 2016.06.20 18:30 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース