G大阪が横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾を完全移籍で獲得2016.01.11 17:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽G大阪は11日、横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾(31)が完全移籍で加入することを発表した。

▽横浜FM下部組織出身の藤本は、桐光学園高から筑波大を経て2006年に清水へ加入。2011年に名古屋へ移籍すると、2014年に横浜FMへ加入していた。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場し3得点、2シーズンで通算45試合に出場し6得点を記録していた。藤本はG大阪を通じて加入の意気込みを語っている。

「チームの勝利に貢献できるよう、一生懸命頑張ります。初めての関西での生活になりますが、1日も早く馴染めるようにしていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」

▽また、下部組織時代、そして2シーズンを過ごした横浜FMを通じては感謝の言葉を述べている。

「横浜F・マリノスは小学生の頃から大好きなチームです。そして、僕のサッカーの基盤となる部分をたくさん教わった大切なクラブでもあります」

「そんな大好きなチームを離れるという決断は簡単なことではありませんでしたが、1人のサッカー選手としてさらに成長し、パワーアップしたいという思いが強く、わがままな選択だと思いますが、新たな地でチャレンジする道を選ばせて頂きました」

「F・マリノスを大事に思う気持ちはこれからも変わることはありません。サポーターのみなさんが作ってくれた応援チャントも大好きです! 2年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

広島に続きG大阪も叩きのめした浦和が4連勝《J1》

▽1日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第14節の浦和レッズvsガンバ大阪は、ホームの浦和レッズが4-0で勝利した。 ▽対G大阪戦の直近10試合で3勝7敗と分が悪い浦和は、史上最年少でJ1通算500試合出場の阿部が先発入り。その他、槙野や遠藤航が先発復帰し、出場停止の関根に代わって駒井が右ウイングバックに入った。 ▽一方、浦和に公式戦4連勝中のG大阪は、前節約4年ぶりにケガの影響でベンチスタートとなった遠藤保が先発復帰。出場停止の金に代わって、西野がセンターバックの一角で今シーズン初先発を果たした。 ▽2ndステージ首位の浦和(年間2位)と、勝ち点4差で追いかける同3位のG大阪(年間4位)が対峙した一戦は6分に動く。右サイドの駒井からパスを受けた柏木がボックス右にスルーパスを供給。抜け出した武藤の中央への折り返しを高木が押し込み、浦和が先制した。 ▽早々に被弾したG大阪。その後、何度かボールを落ち着かせにかかるが、相手の鋭い寄せもあり、なかなか攻撃のリズムをつくり出すことができない。23分には、ミドルレンジから倉田がようやくこの試合最初のシュートを記録。しかし、これはGK西川に阻まれる。 ▽高木の2戦連発となるゴールで先行した浦和はその後も終始試合の流れをコントロール。そんな中、前半終盤に差し掛かって、G大阪が徐々にラインを押し上げて反撃に出るが不発に終わり、1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。 ▽後半の頭から大森を下げて藤本を送り込んだG大阪。立ち上がりからこそ持ち直し始めるが、浦和が追加点。50分、森脇からボールを受けた武藤がボックス右角の外側から左足を振り抜く。これが正面の西野にディフレクトし、ゴール右に突き刺さった。 ▽武藤の一発で勢いづき始めたところに水を差されたG大阪は64分、右サイドに開いてボールを受けようとしたアデミウソンが後方からチャージしてきた槙野に手を出してレッドカード。数的不利に陥った。 ▽為す術を失った相手に対して圧倒的に優位に立った浦和は、83分に宇賀神が3点目を挙げると、87分にズラタンがトドメの4点目。3-0で快勝した前節のサンフレッチェ広島戦に続き4-0でG大阪を叩きのめした浦和がリーグ4連勝で2ndステージ首位の座を守った。 2016.10.01 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪が“ヤット2世”MF市丸瑞希とプロA契約

▽ガンバ大阪は30日、U-19日本代表MF市丸瑞希(19)とのプロA契約締結を発表した。9月18日に行われた明治安田生命J3リーグ第22節の鹿児島ユナイテッドFC戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。 ▽G大阪ユース出身の市丸は、今シーズンよりトップチーム昇格を果たした有望株。元日本代表MF遠藤保仁の後継者として評されるボランチを主戦場とし、今シーズンはJ3リーグ戦17試合に出場している。 2016.09.30 19:01 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表、個人の結果を求めるG大阪GK東口順昭「自分自身も結果を残せるように」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は29日、10月6日、11日に行われるロシア・ワールドカップ (W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽日本代表に招集されたガンバ大阪のGK東口順昭がコメント。日本代表としての結果を求めつつ、自身の結果も求めると意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆GK東口順昭(ガンバ大阪)</span> 「選出され嬉しく思います。最終予選ということで、まずはチーム、日本としての結果を求め、さらには今回はしっかりと自分自身も結果を残せるように、合宿中の練習から戦っていきたいです。現在U-16、U-19と各カテゴリーにガンバ大阪から選手が選出されています。その誇りとチームメイトの想いを持ってしっかりと戦ってきます」 2016.09.29 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪FW小川直毅が今年度2度目の交通事故

▽ガンバ大阪は28日、FW小川直毅が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブの報告によれば、9月28日8時頃、小川が自動車を運転していたところ、別車線を走行していたトラックの車線変更時に巻き込まれる形で接触したとのことだ。 ▽双方にケガはなく、事故発生後に速やかに警察等、関係各所に連絡をして対応したという。今後、事故再発防止に向けてクラブ全体で安全運転教育に取り組むとしている。 ▽なお、小川が交通事故を起こしたのは今年度だけで2度目。その他、チーム全体でも、今年に入って、FW長沢駿、MF倉田秋、MF嫁阪翔太、DF金正也らの交通事故が報告されていた。 2016.09.28 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安の今季8得点目含む2発のG大阪U-23、17戦無敗の首位栃木を撃破《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第23節の7試合が25日に行われた。 ▽17戦無敗で首位に立つ栃木SCと、8位につけるガンバ大阪U-23の一戦は、G大阪U-23が0-2で勝利した。試合は36分、堂安の今シーズン8得点目でG大阪U-23が先制する。 ▽1点リードで後半を迎えたG大阪U-23は53分、小川の今シーズン3得点目で追加点を奪うと、そのまま完封勝ちで2連勝。首位を走る栃木SCに18試合ぶりの土をつけた。 ▽その他、4位のカターレ富山vs2位の大分トリニータは0-0のドロー。3位の鹿児島ユナイテッドFCvsFC東京U-23は1-0で鹿児島が2試合ぶりの勝利を収めた。25日に開催されたJ3第23節の結果は以下のとおり。 <div style="font-size:14px;"><span style="font-weight:700;">◆明治安田生命J3リーグ第23節</span> ▽9/25(日) 《13:00》 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 Y.S.C.C.横浜 SC相模原 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span> FC琉球 クルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span> 藤枝MYFC カターレ富山 0-0 大分トリニータ 《16:00》 鹿児島ユナイテッドFC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 FC東京U-23 《17:00》 AC長野パルセイロ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span> セレッソ大阪U-23 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span> ガンバ大阪U-23 ▽9/24(土) 《12:30》 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 福島ユナイテッドFC</div> 2016.09.25 19:20 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース