G大阪が横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾を完全移籍で獲得2016.01.11 17:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽G大阪は11日、横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾(31)が完全移籍で加入することを発表した。

▽横浜FM下部組織出身の藤本は、桐光学園高から筑波大を経て2006年に清水へ加入。2011年に名古屋へ移籍すると、2014年に横浜FMへ加入していた。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場し3得点、2シーズンで通算45試合に出場し6得点を記録していた。藤本はG大阪を通じて加入の意気込みを語っている。

「チームの勝利に貢献できるよう、一生懸命頑張ります。初めての関西での生活になりますが、1日も早く馴染めるようにしていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」

▽また、下部組織時代、そして2シーズンを過ごした横浜FMを通じては感謝の言葉を述べている。

「横浜F・マリノスは小学生の頃から大好きなチームです。そして、僕のサッカーの基盤となる部分をたくさん教わった大切なクラブでもあります」

「そんな大好きなチームを離れるという決断は簡単なことではありませんでしたが、1人のサッカー選手としてさらに成長し、パワーアップしたいという思いが強く、わがままな選択だと思いますが、新たな地でチャレンジする道を選ばせて頂きました」

「F・マリノスを大事に思う気持ちはこれからも変わることはありません。サポーターのみなさんが作ってくれた応援チャントも大好きです! 2年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、GK藤ヶ谷陽介の左ヒラメ筋肉離れを発表…全治約3週間の見込み

▽ガンバ大阪は24日、GK藤ヶ谷陽介が左ヒラメ筋肉離れで全治約3週間と診断されたことを発表した。 ▽藤ヶ谷は16日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の浦和レッズ戦(1-1のドロー)で今シーズン初先発。しかし、後半に負傷交代を余儀なくされていた。 ▽G大阪では現在、ファーストGKのGK東口順昭が全治1カ月の左頬骨骨折で離脱中。チームとして、GKに負傷者が相次ぐ格好となった。 2017.03.24 17:46 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪、FWパトリックの再来日発表…メディカル終了後に選手登録へ

▽ガンバ大阪は24日、リハビリでチームを離れていたブラジル人FWパトリック(29)が同日に再来日することを発表した。選手登録に関してはメディカルチェック終了後となる。 ▽パトリックは、昨年10月に全治8カ月の右前十字じん帯損傷と右外側半月板損傷で途中離脱。サルゲイロ(ブラジル)からの期限付き移籍期間を半年間延長したものの、復帰の目処が立っていないことから、現時点で登録メンバーから外れている。 ▽2014年7月からG大阪でプレーするパトリックは、同年の国内三冠達成に大きく貢献すると、自身もJリーグベストイレブンを受賞。翌年もリーグ戦12ゴールを挙げる活躍を見せたが、昨年は絶不調に陥り、2ゴールを記録するにとどまっていた。 2017.03.24 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

復活アピールのG大阪FWパトリック、「#Osaka」ツイートで来日へ

▽ガンバ大阪に所属するブラジル人FWパトリックに復帰のときが近づいているようだ。 ▽2014年の国内三冠達成に大きく貢献したパトリックは、昨年10月に全治8カ月の右前十字じん帯損傷と右外側半月板損傷で途中離脱。サルゲイロ(ブラジル)からの期限付き移籍期間を半年間延長したものの、復帰の目処が立っていないことで選手登録から外れている状況だ。 ▽しかし、パトリックは事前の報道で5月中旬から6月に早期復帰の噂が浮上する中、これまで自身のツイッター(@patricaguiar)で回復ぶりをアピール。クラブも新たな助っ人FW獲得に相次いで失敗してきた背景もあり、復帰の可能性が高まっていた。 ▽そうした状況の中、先日にリハビリの最終段階に入ったことを明かしていたパトリックが、23日にもツイッターを更新。文章ことないものの、空港で搭乗を控える自身の写真と共に、「#Osaka」のハッシュタグで来日することを報告している。 2017.03.23 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪が開幕節の甲府戦で起きた違反行為に対してサポーター2名の無期限入場禁止を発表

▽ガンバ大阪は21日、2月26日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のヴァンフォーレ甲府戦において、違反行為を行ったG大阪サポーター1名の処分を発表した。 ▽報告によれば、該当のG大阪サポーターが他席種チケット所持者のビジター自由席に侵入。挑発行為および会場運営の妨害があったとのことだ。 ▽今回発表された1名には、G大阪の公式戦への無期限入場禁止の処分が下されたとのこと。すでに処分が発表されていたもう1名も同じ処分になることが発表されている。 ▽甲府戦では後半アディショナルタイムに生まれたG大阪のMF今野泰幸のゴールで追いつき、1-1のドローに終わっていた。 2017.03.21 15:31 Tue
twitterfacebook
thumb

激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》

▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。 ▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。 ▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。 ▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。 ▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。 ▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。 ▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。 ▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。 ▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。 ▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。 2017.03.19 19:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース