G大阪が横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾を完全移籍で獲得2016.01.11 17:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽G大阪は11日、横浜FMの元日本代表MF藤本淳吾(31)が完全移籍で加入することを発表した。

▽横浜FM下部組織出身の藤本は、桐光学園高から筑波大を経て2006年に清水へ加入。2011年に名古屋へ移籍すると、2014年に横浜FMへ加入していた。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場し3得点、2シーズンで通算45試合に出場し6得点を記録していた。藤本はG大阪を通じて加入の意気込みを語っている。

「チームの勝利に貢献できるよう、一生懸命頑張ります。初めての関西での生活になりますが、1日も早く馴染めるようにしていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」

▽また、下部組織時代、そして2シーズンを過ごした横浜FMを通じては感謝の言葉を述べている。

「横浜F・マリノスは小学生の頃から大好きなチームです。そして、僕のサッカーの基盤となる部分をたくさん教わった大切なクラブでもあります」

「そんな大好きなチームを離れるという決断は簡単なことではありませんでしたが、1人のサッカー選手としてさらに成長し、パワーアップしたいという思いが強く、わがままな選択だと思いますが、新たな地でチャレンジする道を選ばせて頂きました」

「F・マリノスを大事に思う気持ちはこれからも変わることはありません。サポーターのみなさんが作ってくれた応援チャントも大好きです! 2年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表候補だったG大阪MF今野泰幸が手術で全治約2カ月

▽ガンバ大阪は23日、MF今野泰幸の手術を発表した。 ▽クラブの発表によると、今野は右足関節(みぎそくかんせつ)前方インピンジメント症候群と診断。22日に手術を受けたとのことだ。全治は約2カ月。 ▽今野は、開幕から欠場すると明治安田生命J1リーグ第4節で復帰。しかし、その後また欠場し、第12節から復帰していた。 2018.05.23 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、DF菅沼駿哉が左外傷性腎損傷…2週間後に再検査

▽ガンバ大阪は22日、DF菅沼駿哉の負傷離脱を発表した。 ▽菅沼は16日に行われたYBCルヴァンカップ第6節名古屋グランパス戦で負傷。左外傷性腎損傷と診断され、2週間後に再検査を受ける見込みだ。 ▽今シーズンから古巣G大阪に復帰した菅沼は開幕当初こそ出場機会に恵まれなかったものの、J1第10節の湘南ベルマーレ戦で復帰後リーグ戦初先発。ここまで2試合に出場している。 ▽G大阪は15試合終了時点で4勝3分け8敗の16位。中断明けの7月18日に行われる次節は、首位サンフレッチェ広島とのアウェイゲームとなる。 2018.05.22 12:17 Tue
twitterfacebook
thumb

攻め切れずのG大阪と浦和、中断前最終戦をゴールレス《J1》

▽19日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第15節のガンバ大阪vs浦和レッズは、0-0のドローに終わった。 ▽16位のG大阪は、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に臨む日本代表メンバーに名を連ねるGK東口が先発。13位の浦和も槙野、遠藤航ら代表組が揃ってスターティングメンバー入りを果たした。 ▽東西のビッグクラブによるJリーグ中断前の最終戦。その試合は、ホーム4連勝中のG大阪が攻守の切り替えで優位に立つ入りとなる。だが、守備を意識した入りを見せる浦和も局面で自由を与えず、攻め手を探る。 ▽その浦和は19分、自陣右サイドでのボールカットからカウンター。左サイドに流れてボールを引き出した柏木が左足のクロスを供給する。ファーサイドの武藤が収め、左足のシュートを放つが、枠に飛ばせない。 ▽ボールの主導権を握るG大阪も27分にロングカウンター。右サイド寄りの位置でパスを受けたファン・ウィジョを逆サイドから追い越してボールを引き出した倉田だが、ボックス左から放ったシュートは枠の右に外れる。 ▽高い位置でのプレッシングが機能するG大阪は、その後も攻撃シーンを創出。だが、31分に米倉のミドルシュートが大きく枠を外れ、34分に長沢が放ったヘディングシュートもGKの正面を突き、牙城を破れない。 ▽すると、今度は浦和に決定機。35分、左サイド深くから宇賀神のセンタリングを供給する。これがファーサイドに流れたところを興梠が押し込みにかかるが、GK東口の鋭い寄せに阻まれ、先制機を不意にする。 ▽肝を冷やしたG大阪は38分、左サイドの倉田がセンタリングを送ると、ボックス中央の長沢がフリック。ファーサイドの藤本がワンタッチで合わせたものの、惜しくもGK西川の正面に飛び、こちらもチャンスを逃す。 ▽ゴールレスで迎えた後半の立ち上がり、浦和の攻勢を受けたG大阪だが、52分に味方とのパス交換でボックス右に抜け出した藤本がチャンスメーク。ニアサイドに飛び込んだ倉田が合わせるが、これも生かせない。 ▽続く55分にも左サイドで得たFKから三浦のヘディングシュートで迫ったG大阪。逆に、浦和もゴールに襲いかかるシーンを作りだすが、武藤の折り返しを興梠が押し込み切れないなど、あとひと押しが足りない。 ▽互いに攻め手を欠いてトーンダウンした展開の中、浦和が71分に宇賀神に代えてマルティノスにスイッチ。対するG大阪も、同分にファン・ウィジョを下げて食野をピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。 ▽そうした状況の中、G大阪は84分、左サイドからドリブルを仕掛けた倉田が左足で中央にクロス。ファーサイドに流れたボールに食野がスライディングで合わせにかかるが、GK西川の右手一本のファインセーブに遭う。 ▽さらに、87分にもG大阪にビッグチャンス。右サイドから米倉がグラウンダーのクロスを送ると、ニアサイドの長沢がワンタッチで合わせる。枠に飛ぶが、この場面もGK西川のビッグセーブに阻まれた。 ▽終盤にかけても分厚い攻めを仕掛けたG大阪だが、浦和とゴールレスドロー。ソリッドな守備を披露した両者だが、改めて攻撃面で課題が浮き彫りとなり、ともに3試合勝ちなしで中断期間を迎えた。 2018.05.19 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】レヴィーとオズ、ターニングポイントの中断前最終戦《G大阪vs浦和》

▽開幕まで1カ月を切ったロシア・ワールドカップ(W杯)開催に伴い、4月1日から15連戦の過密日程が続く明治安田J1リーグ。19日と20日開催の第15節は、中断期間前最後の戦いとなる。その中で、19日に行われるガンバ大阪と浦和レッズによる一戦は、熾烈さを極めること間違いなしだ。 <span style="font-weight:700;">◆不振続く東西の2大クラブ</span> ▽かつてナショナル・ダービーと銘打たれるほど、日本を代表する2大クラブの戦いとして注目を博したG大阪と浦和の戦い。しかし、前者は16位、後者は13位。両者にとって、共に不振からの脱却を目指して、そして、中断明けの後半戦に良い形で繋げたい一戦となる。 <span style="font-weight:700;">◆ホームの利を生かせ</span>〜ガンバ大阪〜 ▽G大阪は前節、今シーズンまだ1度も勝ちのない“鬼門”のアウェイで横浜F・マリノスと引き分け。敵地で初の勝ち点を手にしたといえども、追いつかれた内容面や、戦い方において依然として改善の余地がある。 ▽今節は、勝ち点2差で上を行く浦和が相手。勝てばライバルを上回ることができる一戦だが、引き分け以下だった場合、17位サガン鳥栖の結果次第で再び自動降格圏転落もある。4連勝中であるホームの利を生かせるか。 <span style="font-weight:700;">◆負の歴史を断て</span>〜浦和レッズ〜 ▽対する浦和は前節、ホームで行われた鳥栖戦をゴールレスドロー。圧倒的に押し込む展開に持ち込んだものの、14節終了時点でリーグワースト2位タイの12得点という攻撃陣の火力不足が足を引っ張り、勝てる試合を落とした。 ▽そして、迎えるは長らく激戦を繰り広げてきたG大阪との一戦。過去リーグ戦績で1分け1敗とまだ勝利の味を知らないG大阪のホームに乗り込む浦和だが、相手の現状を考えると、負の歴史を断ち切る絶好機会だ。是が非でも勝ちたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180519_999_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:遠藤保仁、マテウス MF:米倉恒貴、藤本淳吾、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ 監督:レヴィー・クルピ<hr>▽ミッドウィークのYBCルヴァンカップでMF遠藤保仁やDF藤春廣輝といった一部主力を温存。だが、FWファン・ウィジョやMF倉田秋らは名古屋戦出場組は連戦となり、コンディション面が気がかりだ。また、ケガ明け後も調子が上がらないMF今野泰幸は手術を受けることが明らかに。今節の出場は不透明だ。 <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180519_999_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:橋岡大樹、マウリシオ、槙野智章、宇賀神友弥 MF:遠藤航、マルティノス、長澤和輝、柏木陽介、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ<hr>▽就任以降、調整の時間がないことを理由に3バックの採用し続けてきたオズワルド・オリヴェイラ監督だが、先のYBCルヴァンカップで4バックを試運転。今節も4バックで挑んでくるかもしれない。一方、そのYBCルヴァンカップでDF遠藤航やGK西川周作ら数名の主力が出場しており、連戦となる。状態が気になるところだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆DF三浦弦太</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180519_999_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、蒼黒のディフェンスリーダーであるDF三浦弦太。今シーズンから主将を任された23歳のセンターバックは、チームと同様、個人のパフォーマンスも並みに乗り切れない内容が続く。 ▽30日のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバーから落選した今、すべきことはチームで結果を残すこと。売りの身体能力を生かした対人プレーだけでなく、ビルドアップで改めて存在感を示したい。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180519_999_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方、浦和のキープレーヤーは、DF槙野智章だ。11日に31歳の誕生日を迎えた浦和が誇る絶対的ストッパーは、チームの成績が振るわない中でも一対一の部分で強みを発揮するなど、ひとり気を吐く。 ▽さらに、ガーナ代表戦に向けた日本代表メンバーにも選出。23名にしか与えられないロシアW杯行きの片道切符をほぼ手中に収めた。自身初の大舞台に向け、景気付けのプレーを披露したい。 <span style="font-weight:700;">◆勝ちパターン</span> ▽勝敗のポイントは、どちらが先に互いの勝ちパターンに持ち込めるかどうか。 ▽ホーム4連勝中のG大阪が勝つ場合は、いずれの試合でも先制。さらに、チーム全体でハードワークを完遂させることで、すべて完封勝利という内容が続いており、これが勝ちパターンになっている。 ▽対する浦和は、守備の安定が勝利を手繰り寄せるバロメーターに。オズワルド・オリヴェイラ監督就任以降、8試合で5失点。乏しい得点力を守備力でカバーすることで、勝機を見いだしている。 ▽苦境脱却が目先の目標となるG大阪と浦和による戦い。レヴィー・クルピ監督とオズワルド・オリヴェイラ監督のブラジル人名将対決にも注目が集まる一戦は19日、14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">G大阪vs浦和をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.19 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

三つ巴のグループC、浦和&G大阪のプレーオフ進出決定!《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループC最終節の2試合が16日に行われた。 ▽パナソニック スタジアム 吹田で行われたガンバ大阪(3勝2敗/2位)vs名古屋グランパス(1勝4敗/4位)は、アウェイの名古屋が4-1で勝利した。 ▽引き分け以上でグループステージ突破が確定するG大阪が既に敗退が決まっている名古屋をホームに迎え撃った。 ▽試合は15分に動く。右CKから畑尾のヘディングシュートがゴール左隅に決まり、アウェイの名古屋が先制。だが、20分に敵陣右サイドの藤本が浮き球パス。ボックス中央の長沢が右足で蹴り込み、G大阪が追いつく。 ▽ところ、23分、GK林が三浦のバックパス気味なクリアをキャッチすると、これが名古屋の間接FKに。八反田のフリックボールに内田が左足で合わせ、壁に入る相手選手の股下を射抜いて再びリードする。 ▽再び追う展開を強いられたG大阪は41分、カウンターから児玉にシュートを決められて3失点目。さらに、後半開始早々の48分、自陣右サイドで許したFKからクロスバー直撃のボールを内田自らに押し込まれた。 ▽劣勢のG大阪は、中村、食野、森といったカードを切るが、フィニッシュの精度を欠いて、若手主体の名古屋に完敗。だが、他会場で3位のサンフレッチェ広島が敗れたことで、G大阪の2位通過が確定している。 ガンバ大阪 1-4 名古屋グランパス 【G大阪】 長沢駿(前20) 【名古屋】 畑尾大翔(前15) 内田健太(前24) 児玉駿斗(前41) 内田健太(後3) ▽そして、グループDのもう1試合、埼玉スタジアム2002で行われた浦和レッズ(3勝1分け1敗/1位)vsサンフレッチェ広島(2勝1分け2敗/3位)は、ホームの浦和が1-0で勝利した。 ▽引き分け以上でプレーオフ進出が決まる浦和と、他力ながら勝てば逆転突破の可能性がある広島が対戦した。 ▽試合は、序盤からホームの浦和がボールを保持。優位に試合を進めるが、広島の守備をなかなか崩し切れない展開となる。 ▽そのままゴールレスで試合を折り返すと、勝利が突破の絶対条件となる広島はパトリックを投入。しかし、ゴールが遠い。 ▽スコアに動きなく後半の終盤を迎えた試合は66分、浦和が森島のハンドでPKを獲得。だが、李がこれを決め切れない。 ▽それでも、76分にマルティノスのボール奪取からボックス手前の李が左足シュートで先制。結果、勝利した浦和はグループCを首位通過を決めている。 浦和レッズ 1-0 サンフレッチェ広島 【浦和】 李忠成(後31) ◆グループC最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">浦和レッズ</span> 13pt/+4 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪</span> 9pt/-1 3.サンフレッチェ広島 7pt/+2 4.名古屋グランパス 6pt/-5 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※プレーオフ進出</span> 2018.05.16 21:00 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース