トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

元ラツィオDFコラロフ、宿敵ローマへ加入も気に留めず「ピッチ上ではライバル」

ローマに加入したセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフは、過去は否定できないとしながらも、ラツィオは今やライバルであるとしている。<br><br>コラロフは今夏、マンチェスター・シティからローマへ移籍。マンチェスター・シティで7年に渡ってプレーする前は、ラツィオに3年間所属してコッパ・イタリア制覇を経験している。そのため、セリエA復帰の舞台が古巣の最大のライバルクラブとなったことには驚きの声も聞こえたが、コラロフは『ローマTV』でこのように話す。<br><br>「過去は否定できないし、したくもない。でも今はローマにいて100%を注ぐだけだ。ラツィオにいたときと同じようにね。ラツィオは僕にとって良い経験だった。でももうピッチではライバルだよ」<br><br>また、ローマ移籍の背景にはスポーツディレクターのモンチ氏の影響があったことも認め、「彼の存在は重要だった」と語っている。<br><br>「明瞭かつオープンだったから、僕も彼に対してはオープンになれた。2分で基本的な合意に至れたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:33 Mon
twitterfacebook
thumb

デ・ロッシ「ユーベは弱点がない」ライバルチームの強さに嘆き節

現在、インターナショナル・チャンピオンズカップでアメリカに遠征しているローマのMFダニエレ・デ・ロッシが、新シーズンのセリエA展望について語っている。<br><br>「リーグではユベントスより上に行くことは難しい。彼らに弱点がないから、優勝することは並大抵のことではないんだ」<br><br>デ・ロッシは会見で「ナポリのような他のチームが優勝することもあるかもしれないが、もしユベントスからタイトルを奪うチームがあるとしたら、やはりローマがその1番手でありたい」と語り、打倒ユベントスに闘志を燃やしている。<br><br>また、昨シーズン限りでローマを去った盟友フランチェスコ・トッティについて問われると、「彼がいなくても僕はいつも彼の存在を心に抱いている。トッティがいなくなったことで僕らにまた違った形で問題が出てくるかもしれない。だけど、彼がピッチの外で新しい道に進もうとしているし、僕らは僕らで頑張らなければならない」と続け、バンディエラの不在を嘆きながらも飛躍を誓った。<br><br>ローマは現地時間25日、インターナショナル・チャンピオンズカップでトッテナムと激突する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、マン・Cからセルビア代表DFコラロフを完全移籍で獲得!

▽ローマは22日、マンチェスター・シティからセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ(31)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)と発表している。 ▽2010年にローマの宿敵ラツィオからシティに加入した左サイドバックのコラロフは、在籍7年で公式戦247試合に出場し、21ゴール37アシストをマーク。2016-17シーズンは公式戦29試合に出場し、本職でないセンターバックでもプレーした。 ▽ローマ加入を決めたコラロフは、ローマの公式サイトで次のようなコメントをしている。 「ローマに加入できたことを嬉しく思っている。常に勝利することが僕の目標だ。ローマのために全力を尽くすことを約束するよ」 ▽移籍先のローマは、ポルトガル人DFマリオ・ルイ(26)をナポリに売却。また、昨シーズンに左サイドバックのレギュラーを務めたイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(23)が昨季のリーグ最終節のジェノア戦で負った前十字じん帯断裂の重傷によって長期離脱となっており、左サイドバックの補強が急務となっていた。 2017.07.23 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマ、シティから元ラツィオDFコラロフ獲得に迫る! 買い取り義務付きのレンタルでの獲得に

▽ローマが、マンチェスター・シティからセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ(31)の獲得に迫っているようだ。 ▽先日にポルトガル人DFマリオ・ルイ(26)をナポリに売却したローマは、昨シーズンに左サイドバックのレギュラーを務めたイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(23)が昨季のリーグ最終節のジェノア戦で負った前十字じん帯断裂の重傷によって長期離脱となっている。この状況を受けて、今夏の補強が急務となっている。 ▽現時点でローマの獲得候補に浮上しているのが、バレンシアのスペイン人DFホセ・ルイス・ガヤ(22)と、ホッフェンハイムのドイツ人DFジェレミー・トルヤン(22)、トリノのイタリア人DFアントニオ・バレッカ(22)の3選手だ。 ▽だが、若く伸び盛りな3選手に関しては相応の移籍金が必要となり、ウイングやセンターバックなどその他にも補強の必要性があるローマとしては、あくまでエメルソンのバックアップの補強に資金を投入したくないようだ。 ▽イタリア『Tuttomercatoweb』の伝えるところによれば、そこでローマはシティで出場機会の減少が見込まれ、より安価な金額で獲得可能なコラロフをリストアップ。そして、シーズン終了後に700万ユーロ(約9億1000万円)での買い取り義務が発生する1年間のレンタル移籍という条件で交渉をまとめ上げたようだ。 ▽なお、コラロフは2007年から2010年までローマの宿敵であるラツィオに所属。在籍3シーズンで公式戦104試合に出場して11ゴールを記録し、2008-09シーズンにはコッパ・イタリアのタイトルを獲得していた。 2017.07.21 06:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、指揮官古巣から快速FWデフレル獲得! 買い取り義務付きのレンタルで移籍金は最大30億円に

▽ローマは20日、サッスオーロからフランス人FWグレゴワール・デフレル(26)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽なお、ローマの発表によると、ローマはレンタル料金として500万ユーロ(約6億5000万円)を支払い、出場試合数など特定のスポーツ面の条件を達成した場合、今シーズン終了後に1500万ユーロ(約19億5000万円)で買い取ることになるという。また、選手のパフォーマンス、クラブの成績に応じて最大300万ユーロ(約3億9000万円)の追加ボーナスを支払うことになる。 ▽今年1月にも加入の噂があった中、晴れてローマ入りが決定したデフレルは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「ローマのためにプレーできることは、僕にとってたくさんのことを意味する。イタリア国内で最高のチームの1つである、この強力なグループの一員となる」 「ここに来ることができたことを本当に嬉しく思っているし、チームのために全てを捧げるつもりだ」 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコのバックアップと、左右のウイングでプレー可能な多彩なアタッカーの獲得に成功したモンチSD(スポーツ・ディレクター)は、今回のオペレーションに満足感を示している。 「最終的にグレゴワールをチームに迎え入れることができて本当に満足している」 「彼は我々にとってトップターゲットだった。それは彼こそが我々の求めるスタイルのストライカーだったからだ」 「彼は前線で異なる3つのポジションでプレー可能であり、速く、チームのためにプレーできる。同様にチームの攻撃に深みを与え、ゴールへの素晴らしい嗅覚を持ち合わせている」 ▽パルマの下部組織出身のデフレルは、2012年に加入したチェゼーナで台頭。本職はセンターフォワードながら卓越したスピードとテクニックを武器に、左右のウイングでもプレー可能な左利きのアタッカーは、昨シーズンのサッスオーロで公式戦38試合に出場し16ゴール5アシストの数字を残していた。 ▽なお、デフレルはアメリカでプレシーズンツアーを行っているチームにすぐさま合流する予定だ。 2017.07.20 22:45 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース