トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ピャニッチ退団でヴィツェル加入か

▽ローマは、今夏の去就が注目されるボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(26)の流出を覚悟しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(28)と共に今夏の注目株の1人であるピャニッチを抱えるローマは、ファイナンシャル・フェアプレーの問題でいずれかを放出せざるを得ない状況となっている模様だ。 ▽さらにピャニッチに関しては、3800万ユーロ(約47億円)の契約解除金を支払えば、クラブの意思に限らず、獲得が可能という事情もあり、宿敵ユベントスやカルロ・アンチェロッティ新監督が獲得を熱望するバイエルン、元ローマの指揮官、ルイス・エンリケ監督が率いるバルセロナ移籍の線が濃厚となっている。 ▽現時点では代理人を先日のDFBポカール決勝に招待したといわれるバイエルンが、最も獲得に近づいており、アンチェロッティ監督は同胞のルチアーノ・スパレッティ監督に対して、ピャニッチ獲得に関して話し合いを行ったようだ。 ▽また、バルセロナに関しても、リヨンからピャニッチをローマに連れてきたルイス・エンリケ監督次第で、獲得に動く可能性があり、ピャニッチ本人も移籍を望んでいるとの報道もある。 ▽その一方で、マキシミリアーノ・アッレグリ監督が獲得を望むユベントスに関しては、両者のライバル関係もあって獲得の可能性は低くなっており、ユベントスもバレンシアのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(22)やレアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ(24)への関心を強めている。 ▽ピャニッチの流出を覚悟するローマは、既に来シーズンの加入が決定している超逸材、フルミネンセのU-20ブラジル代表MFジェルソン(19)と共に、予てより加入が噂されるゼニトのベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(27)を確保し、司令塔の穴を埋めようと考えているようだ。 ▽なお、今夏のゼニト退団が噂されるヴィツェルは、スパレッティ監督の愛弟子でもあり、ローマ加入に前向きな姿勢を見せている。 2016.05.23 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

スパレッティもトッティの契約延長を認める 「ようやく解決策を見つけた」

ローマのルチアーノ・スパレッティ監督が、FWフランチェスコ・トッティとの契約延長が近いことを認めた。イタリアメディアが報じている。<br><br>現在の契約が今季限りのトッティだが、シーズン終盤戦の活躍から、クラブは契約を延長する方針と報じられていた。ワルテル・サバティーニSD(スポーツディレクター)、マウロ・バルディッソーニGD(ゼネラルディレクター)が、すでにトッティの契約延長をほのめかしている。<br><br>そして、今季途中に衝突も報じられたスパレッティ監督も、39歳のキャプテンが来季もローマでプレーする見通しとなったことを示唆している。<br><br>「契約の最終調整が必要だが、我々はようやく解決策を見つけることができた」<br><br>一方で、MFミラレム・ピアニッチのユベントス移籍や、インテルにレンタル中だったMFアデム・リャイッチのフィオレンティーナ復帰について、スパレッティ監督は「2人とも素晴らしい選手」と述べるにとどまった。<br><br>また、王者ユベントスとの差を埋められるかとの質問には、このように答えている。<br><br>「確かなのは、ローマもこの数年で成長し、ユーベの支配を止めようとしているということだ。だが、ユベントスは本当の戦艦だからね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.23 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGからレンタルのローマDF「イブラよりトッティの方がレジェンド」

ローマDFルーカス・ディーニェは、チームメートのFWフランチェスコ・トッティが同クラブでプレーを続行することを期待しつつ、パリ・サンジェルマン(PSG)FWズラタン・イブラヒモビッチとの比較についても言及している。<br><br>ディーニェは今季PSGからのレンタルでローマに加入。そのPSGでは、レジェンドが今季限りでクラブを去ることになった。在籍4年間で数々の偉業を成し遂げ、クラブを象徴する存在となったイブラヒモビッチは今季限りでの退団を発表している。<br><br>一方のローマでは、キャリアのすべてをこのクラブ一筋で過ごしてきたトッティの去就が注目されていたが、39歳のキャプテンは契約を延長して残留する可能性が高くなっているようだ。<br><br>フランス代表に合流したディーニェが、会見で現チームメートと元チームメートの比較を求められたとして、フランス『フィガロ』が同選手のコメントを伝えた。<br><br>「難しいね。クラブ全体を象徴するような存在としては、トッティの方が少しリードしていると思うよ。24年間をローマで過ごしてきたんだからね」<br><br>「あともう少し長くなることも期待しているよ。本当にレジェンドだ。今シーズンもまた、彼がやってくれたのは素晴らしいことだったよ」<br><br>ディーニェ自身もローマでプレーを続けることを望んでいると公言しており、両クラブ間で完全移籍に向けた交渉が行われているとも明かしているが、現時点で来季のクラブは確定していない。<br><br>提供:goal.com 2016.05.21 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマとの契約延長に迫るトッティ クラブ幹部も「トッティはローマでプレーを続ける」

ローマの象徴は、やはり来季もこのクラブでのプレーを続行することになりそうだ。FWフランチェスコ・トッティの契約延長について、ローマのマウロ・バルディッソーニGD(ゼネラルディレクター)が見通しを述べている。<br><br>現在の契約がこの夏で満了となるトッティだが、クラブは39歳のキャプテンに対して契約延長のオファーを出した。ワルテル・サバティーニSD(スポーツディレクター)は新契約のサインに近づいていることを認め、トッティ自身も前向きな様子を見せていた。<br><br>バルディッソーニGDは、チームが遠征のため訪れたUAEで『ローマTV』に次のように語っている。<br><br>「トッティ? フランチェスコは誰も手が届かない存在だ。レジェンドだよ。レジェンドの域に達すれば、現実と想像の境界は失われるものだ。彼はローマだけではなくサッカーの象徴として世界的に認識されている」<br><br>「過去はまだ過去ではなく、決して過ぎ去っていくことはない。トッティはローマでプレーを続けていくだろうし、非常に長い時間にわたってローマの一部分であり続けるだろう」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.21 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマとの契約延長に迫るトッティ クラブ幹部も「トッティはローマでプレーを続ける」

ローマの象徴は、やはり来季もこのクラブでのプレーを続行することになりそうだ。FWフランチェスコ・トッティの契約延長について、ローマのマウロ・バルディッソーニGD(ゼネラルディレクター)が見通しを述べている。<br><br>現在の契約がこの夏で満了となるトッティだが、クラブは39歳のキャプテンに対して契約延長のオファーを出した。ワルテル・サバティーニSD(スポーツディレクター)は新契約のサインに近づいていることを認め、トッティ自身も前向きな様子を見せていた。<br><br>バルディッソーニGDは、チームが遠征のため訪れたUAEで『ローマTV』に次のように語っている。<br><br>「トッティ? フランチェスコは誰も手が届かない存在だ。レジェンドだよ。レジェンドの域に達すれば、現実と想像の境界は失われるものだ。彼はローマだけではなくサッカーの象徴として世界的に認識されている」<br><br>「過去はまだ過去ではなく、決して過ぎ去っていくことはない。トッティはローマでプレーを続けていくだろうし、非常に長い時間にわたってローマの一部分であり続けるだろう」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.21 14:40 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース