トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ会長、マノラス残留を強調「チェルシーの関心はメディアのでっち上げ」

ローマのジェームス・パロッタ会長が、プレミアリーグ移籍が噂されるDFコスタス・マノラスの残留を強調している。<br><br>チェルシーなどのビッグクラブからの関心が報じられるマノラスは、ローマが即座の報酬アップに応じないこともあり、モチベーションの低下が騒がれている。<br><br>だが、パロッタ会長は次のように述べ、マノラスのことは問題になっていないと強調した。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。<br><br>「我々は良いチームになっている。(ミラレム・)ピャニッチがいなくなった? とても残念だよ。(ルチアーノ・)スパレッティ監督に別の選手を預けられるのを待っている。マーケットで我々がやるべきことは多くない。何人かの選手については頭の中にある」<br><br>「マノラス? どうして彼が残れないんだ? 彼は契約を結んでいる。それを言っておくよ。チェルシーの関心は(メディアが)売り上げを上げるためさ。マノラスはもっと金を欲しがっているのか? 彼はハッピーだよ。(報酬)アップは求めていない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.24 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

マノラス代理人「シティだけでなく多くのビッグクラブが興味を持っている」

▽今夏の移籍市場での去就が注目を集めるローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(25)には、やはり多くのビッグクラブが興味を示しているようだ。同選手の代理人のコメントをイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽マノラスはローマ側に年俸アップを求めていると言われているが、交渉が進展しておらずに契約延長へのサインが遅れている。そこに目を付けた欧州のクラブがマノラスの獲得に興味を示していると言われていた。 ▽同選手の代理人を務めるイオニス氏は、獲得に興味を示していると噂されるマンチェスター・シティだけでなく、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーといったプレミアリーグのクラブが動向を追っていることを明かした。 「マノラスに対しては欧州のビッグクラブたちが興味を持っている。シティだけではなくユナイテッドやチェルシーといったクラブたちもだ。残念ながら、私は最近ローマと話しを行っていない。彼がこのまま首都に残り続けるかどうかについてはコメントを控えさせてもらう」 2016.07.24 11:43 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタ、ローマのズカノビッチを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽アタランタは21日、ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFエルビン・ズカノビッチ(29)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。期間は2017年6月30日までとなっている。買い取る際にかかる移籍金は発表されていない。 ▽2016年冬にサンプドリアからローマへレンタル移籍した左サイドバックとセンターバックをこなすレフティーは、ローマでセリエA9試合に出場。そのズカノビッチに対してローマは2月29日に買い取りオプションを行使し、完全移籍に至っていた。 ▽ローマはこの夏、インテルからズカノビッチと同タイプの元ブラジル代表DFファン・ジェズスをレンタルで獲得していた。 2016.07.22 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、元ポーランドGKスコルプスキと2021年まで契約を延長

▽元ポーランド代表GKウカシュ・スコルプスキ(25)が20日、ローマとの契約を2021年6月30日まで延長した。スコルプスキが所属するマネージメント会社『BMG-SPORT』が公式ツイッターで発表している。 ▽母国ポーランドのグールニク・ザブジェでプロデビューしたスコルプスキは、2013年7月にローマへ加入。2014年1月9日に行われたコッパ・イタリアでイタリアデビューを飾ったが、その後は元イタリア代表GKモルガン・デ・サンクティスの控えとしてカップ戦を中心にプレー。 ▽昨シーズンはセリエAに昇格したエンポリにレンタル移籍されると、守護神としてリーグ戦32試合に出場し、クラブのセリエA残留に大きく貢献した。 2016.07.21 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

元ローマのウルグアイ人FWが4年契約でインテルナシオナルへ

▽インテルナシオナル(ブラジル)は19日、かつてローマでもプレーしたウディネーゼのウルグアイ人FWニコラス・ロペス(22)を4年契約で獲得したことを発表した。 ▽母国ウルグアイのナシオナルでプロキャリアをスタートさせたニコラス・ロペスは、2012年1月に引き抜かれる形でローマ入りすると、2013年7月に共同保有でウディネーゼへと完全移籍した。 ▽しかし、その後も出場機会を求めてヴェローナ、グラナダといったクラブを転々と渡り歩き、昨シーズン途中からは古巣ナシオナルにレンタル移籍していた。 2016.07.20 09:30 Wed
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース