超ワールドサッカー

トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA最終節プレビュー】CLストレートイン争いと残留争い決着

▽前節はユベントスがクロトーネに快勝し、史上初のセリエA6連覇を達成した。チャンピオンズリーグ(CL)・ストレートイン争いでは2位ローマと3位ナポリが揃って勝利し、1ポイント差が維持されたまま最終節を迎えることとなった。ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは本田が惜別弾となる直接FKを叩き込んでミランが6位を確定させている。そして、残留争いではジェノアが勝利して残留を決めた一方でエンポリが敗れ、降格圏に位置するクロトーネとの1ポイント差を引き離せずに最終節での決着に委ねられることとなった。迎える最終節の注目はCLストレートイン争いと残留争いだ。 ▽まずはCLストレートイン争いから。2度リードを許す苦しい内容ながらもエル・シャーラウィとサラーのダブルドッピエッタでキエーボに5-3と打ち勝って2位を死守したローマ(勝ち点84)は、残留を決めた16位ジェノア(勝ち点36)とのホーム戦に臨む。勝利すれば2位確定となる中、モチベーションに欠ける相手を下せるか。ローマとしては余裕の展開としてラストマッチとなるトッティに花道の機会を演出し、来季のCL出場を決めたい。 ▽ローマを1ポイント差で追走する3位ナポリ(勝ち点83)は、10位サンプドリア(勝ち点48)とのアウェイ戦に臨む。勝利しなければ2位浮上の可能性がない中、ホーム最終戦でモチベーションの高い相手を押し切ることはできるか。3試合連続ゴール中の絶好調コンビ、メルテンス&インシーニェに引き続き期待が懸かる。 ▽残留争いでは17位エンポリ(勝ち点32)が降格の決まっている18位パレルモ(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨み、18位クロトーネ(勝ち点31)が4位ラツィオ(勝ち点70)とのホーム戦に臨む。対戦相手を考慮すればエンポリの残留の可能性が高そうだが、シーズン終盤に怒涛の巻き返しを見せたクロトーネの奇跡の逆転残留は果たされるか。 ▽その他、来週土曜日にCL決勝レアル・マドリー戦を控えるユベントスはボローニャとのアウェイ戦を、6位を確定させたミランはカリアリとのアウェイ戦を、9試合ぶりに勝利を飾った7位インテルはウディネーゼとのホーム戦を戦う。ミランでのラストマッチとなる本田はベンチスタート予想、長友は引き続きスタメン予想となっている。 ◆セリエA最終節 ▽5/27(土) 《25:00》 ボローニャ vs ユベントス アタランタ vs キエーボ ▽5/28(日) 《22:00》 カリアリ vs ミラン 《27:45》 トリノ vs サッスオーロ サンプドリア vs ナポリ ローマ vs ジェノア パレルモ vs エンポリ インテル vs ウディネーゼ フィオレンティーナ vs ペスカーラ クロトーネ vs ラツィオ 2017.05.26 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティ、ローマ同僚を最後の晩餐に招待も「お楽しみはこれから」…現役続行を希望?

ローマの主将、FWフランチェスコ・トッティが25日、チームメートを夕食に招き、別れの挨拶をした。イタリア複数メディアが報じている。<br><br>40歳のトッティは自身のフェイスブックを通じて、28日のセリエA最終節ジェノア戦がローマでのラストマッチとなることを発表したばかりだ。これに合わせてトッティは、チームメートやスタッフをレストランに招き、最後の夕食会を開いた。なおトッティとの確執が報じられているルチアーノ・スパレッティは出席していない。<br><br>夕食会はローマ市内を見下ろすことのできるモンテ・マリオの丘にあるレストランで執り行われた。トッティはチームメートとの集合写真をツイッターにアップし、「ありがとう、みんな!」と投稿している。ローマ情報サイト『ForzaRoma.Info』によれば、出席したチームメート全員には、「ありがとう、君のキャプテンより」とメッセージの入ったサイン入りの背番号10番のユニフォームがプレゼントされた。<br><br>またトッティはSNS上で、チームメートのMFラジャ・ナインゴランから「なんて偉大なキャプテンなんだ!」とコメントを受けると、「お楽しみはまだこれからだ」と答えており、これがさらなる憶測を呼んでいる。ローマの幹部は、今シーズン終了後にトッティがフロント入りし現役を引退することを既に発表している。しかしトッティはフェイスブックでも「サッカーへの僕の愛はまだ冷めていない。これは情熱、僕の情熱なんだ。あまりにも熱くて、燃やすことをやめるなんて考えられない」と述べており、現役続行を希望しているように見える。<br><br>トッティには、元イタリア代表のアレッサンドロ・ネスタ氏が指揮を執るNASLマイアミのほか、18歳から20歳にかけて在籍した地元のセリエD(イタリア4部)トラステヴェレも獲得に興味を示している。今シーズン終了後のトッティの動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ナイキが“クラシックなスタイル”のローマ新ホームキットを発表!

▽ナイキは26日、ローマの2017-18シーズンのホームキットを発表した。新ホームキットはクラブを象徴するイエローとレッドのパレットをブラックのディテールでアップデートさせたクラシックなスタイルに、エアロスイフトテクノロジーを融合させている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170526_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽イエローとレッドのカラーリングは、1927年にローマの名前、カラー、アイデンティティを守ることを旨に設立されたクラブの伝統と歴史を感じさせるものとなっている。レッドのジャージの身頃にはエンジニアードニットのゾーンを配置し、幾何学パターンを描きながら、アスリートの動きを損なわず優れたフィットを提供する。 ▽鎖骨から伸びた縫い目は肩のシルエットを強調し、キット全長に伸びるブラックのストライプの生地とつながっている。このストライプは、プレイヤーの動きに合わせて広がり通気性を最大限に高め、その内側から鮮やかなイエローのカラーをのぞかせる。 ▽胸の右上にはイエローでスウッシュロゴを、左側にはクラブのエンブレムをあしらっています。襟口の側面と後ろは同じイエローで縁取っています。ジャージの裏側の首の根元の部分にはチームとこの街のサポーター全員の誇りと絆を象徴する “We are Roma (俺たちはローマだ)” という言葉があしらわれている。 ▽ショーツはレッドをベースに、両脇にはブラックのバンドが使われています。右側にはAS ローマのエンブレムを、左側にはイエローのスウッシュロゴがあしらわれている。 ▽ローマの新ホームキットは5月26日にniki.comや一部専門店で発売。選手たちは28日に行われる最終節で新ホームキットを着用する。 2017.05.26 16:07 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティ、今季限りのローマ退団を認める「ジェノア戦がローマのユニフォームを着る最後の日」

▽ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)が今季限りでのローマ退団を正式に認めた。同選手が25日、自身の『フェイスブック』で明かした。 ▽トッティは25日、自身の『フェイスブック』を更新。その中で28日にスタディオ・オリンピコで行われるセリエA最終節、ジェノア戦が自身にとってローマでのラストゲームになることを認めた。 「2017年5月28日の日曜日、ローマvsジェノアは、私がローマのユニフォームを着る最後の日だ」 「このカラーを代表してプレーすること、それが象徴する意味、私にとってどれだけ意味のあるものだったかを、簡単には言い表すことができない」 「私のフットボールへの愛は決して色褪せない。それは愛情であり、情熱だ。その情熱を止めることを想像することは全くできない。決して…」 「月曜日(29日)から前に進む準備ができている。新しい挑戦への準備ができているんだ」 ▽1989年の下部組織加入以降、ローマ一筋のキャリアを続けてきたローマの王は、20数年以上を過ごしてきた愛するクラブを去る決断をした。なお、同選手にはイタリアの数クラブからのオファーやイタリア代表の元同僚のアレッサンドロ・ネスタ監督が率いる北米サッカーリーグ(NASL)所属のマイアミFCでの現役続行が噂されている。 2017.05.25 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィ&サラーがダブルドッピエッタ、逆転勝利のローマが2位死守《セリエA》

▽ローマは20日、セリエA第37節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、5-3で勝利した。 ▽前節ユベントスに完勝して2位を死守したローマ(勝ち点81)は、3位ナポリが1ポイント差で追走してくる中、コンディション不良のナインゴランがベンチスタートとなった。 ▽残留が決まってモチベーションに欠ける13位キエーボ(勝ち点43)に対し、立ち上がりから攻勢に出たローマは8分、サラーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKソレンティーノのファインセーブに阻まれる。 ▽しかし15分、一瞬の隙を突かれて失点する。右クロスの浮いたルーズボールをボックス中央のL・カストロにボレーで蹴り込まれた。 ▽続く18分にビルサのミドルシュートでゴールを脅かされたローマは、その後もボールを保持していくも、自陣に引くキエーボを崩せない状況が続いた。それでも28分、ファシオのヘディングでのクリアがルーズとなると、これに反応したエル・シャーラウィがディフェンスライン裏を独走。GKをかわしてシュートを流し込んだ。 ▽エル・シャーラウィの3試合連続ゴールで試合を振り出しに戻したローマだったが、37分に失点する。ビルサの左クロスからフリーとなっていたイングレーゼに頭で決められてしまった ▽再び追う展開とったローマは41分にゼコのヘッドでの落としに反応したサラーのゴール至近距離からのシュートはGKソレンティーノの正面を突いてしまう。それでも42分、ドリブルでボックス右に侵入したサラーの放ったシュートがDFに微かにディフレクトすると、これがゴール左に決まって2-2とし、前半を終えた。 ▽迎えた後半、引き続きローマが圧力をかけると、58分に勝ち越しに成功する。ストロートマンのスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス右へ進入。確実にGKとの一対一を制した。リプレーで見ると、エル・シャーラウィはオフサイド気味だったが、ゴールは認められた。 ▽その後、キエーボの圧力を受け始めたことで、エル・シャーラウィに代えてナインゴランを投入したローマは、77分に勝負を決定付ける。ゼコの縦パスを受けたサラーがペナルティアーク左から放ったコントロールシュートがゴール左隅に決まった。 ▽さらに83分、ゼコがミドルシュートを叩き込んだローマはトッティを投入。CKからイングレーゼにゴールを許したものの5-3と勝利し、2位を死守している。 2017.05.21 02:52 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース