トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、サントスからレンタル中のDFエメルソン・パルミエリの買取OP行使

▽ローマは1日、サントスからレンタル中のブラジル人DFエメルソン・パルミエリ(22)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得した。同クラブの財務報告によって明らかになった。 ▽2015年にサントスから1年間のレンタル移籍で加入したエメルソンは、加入初年度は現在バルセロナでプレーするフランス代表DFリュカ・ディーニュのバックアッパーという位置付けだったが、今シーズンはレギュラー候補として獲得されたポルトガル人DFマリオ・ルイの長期離脱によって、左サイドバックのレギュラーに定着した。 ▽シーズン序盤は課題の守備で味方の足を引っ張る場面が散見されたものの、ルチアーノ・スパレッティ監督の粘り強い指導の甲斐もあり、現在は左ウイングバックを主戦場に、左右のサイドバック、左右のウイングなど、複数のポジションをカバーするポリバレント性、優れた攻撃性能を評価され、先日にはブラジル代表を率いるチッチ監督の視察を受けるまでに成長している。 ▽ローマは、今シーズンの公式戦26試合に出場し、1ゴール1アシストの記録を残しているエメルソンの買い取りのために、200万ユーロ(約2億4000万円)をサントス側に支払うようだ。 2017.03.02 03:05 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-3 ローマ《セリエA》

▽セリエA第26節、インテルvsローマの上位対決が26日にジュゼッペ・メアッツァで開催され、アウェイのローマが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170227_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 3失点も幾つかの好守で試合への興味を繋いだ DF 24 ムリージョ 5.5 失点場面ではナインゴランを抑え切れず。それ以外は粘り強く守った 17 メデル 5.5 やや厳しい判定でのPK献上など、ゼコに起点を作られてしまったが、最後の場面で身体を張ってゴールは許さず 33 ダンブロージオ 5.0 対面のサラーの対応に苦戦し、前からボールを奪いに行くチャレンジが少なかった MF 87 カンドレーバ 5.5 積極的に仕掛ける姿勢を見せたが、集中したフアン・ジェズスを剥がし切れず (→ガブリエウ・バルボサ 5.0) 屈強な守備陣に抑え込まれ、2試合連続ゴールはならず 5 ガリアルディーニ 5.5 老獪なデ・ロッシとストロートマンの前に劣勢を強いられたが、一矢報いるゴールの起点に 7 コンドグビア 5.0 ボールを持った際の判断が遅く、度々ボールを失い、カウンターの温床となった 44 ペリシッチ 6.0 1列下のウイングバックでの起用だったが、アシストを記録するなど自身の得意な形をしっかりと出した FW 6 ジョアン・マリオ 5.5 良い形でボールを受ける場面は少なかったが、何とかしようという気持ちは見えた (→バネガ -) 9 イカルディ 6.0 同胞ファシオの厚い壁をこじ開け切れずにいたが、意地の1ゴール 77 ブロゾビッチ 5.5 負傷明けも決定機に絡むなど、まずまずの出来 (→エデル 5.0) 流れを変えるようなプレーは少なかった 監督 ピオリ 5.0 攻撃的な布陣で真っ向勝負を挑むが、要所でクオリティの差が出て完敗 ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170227_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 6.5 安定したセービングに加え、勇敢な飛び出しで最終ラインを助けた DF 2 リュディガー 6.0 持ち味の機動性を生かしてペリシッチらの仕掛けにきっちり対応 20 ファシオ 6.5 巧みなラインコントロールと冷静な対人対応で同胞イカルディをほぼ封殺 44 マノラス 6.5 出足鋭い守備、的確なカバーリングと最終ラインに安定をもたらした MF 13 ブルーノ・ペレス 6.0 守備から攻撃への切り替えの場面で爆発力のある仕掛けから攻め手となった (→ヴェルメーレン -) 6 デ・ロッシ 6.0 非凡な戦術眼を生かして経験の少ない相手のボランチコンビを圧倒 (→レアンドロ・パレデス -) 6 ストロートマン 6.5 判断力、フィジカルコンディション、テクニックいずれも素晴らしく中盤を完全に掌握した 3 フアン・ジェズス 6.0 慣れないウイングバックでの起用だったが、自身のできる仕事を懸命にこなした FW 11 サラー 6.0 圧巻のスピードで前線を駆け回り、相手の脅威となった (→ペロッティ 6.0) 名手同士の対戦となったハンダノビッチとのPK対決に完勝 9 ゼコ 6.5 得点こそなかったが、巧さと強さを兼ね備えたプレーで起点となった 4 ナインゴラン 7.0 圧巻のミドル2発でドッピエッタ。球際の勝負で完勝 監督 スパレッティ 6.5 ミラーゲームでクオリティの差を見せつけ、敵地で完勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ナインゴラン(ローマ) ▽苦戦も予想された敵地での一戦で見事な2つのミドルシュートでハンダノビッチのゴールをこじ開け、勝利の立役者に。ゴール以外の場面での存在感も絶大だった。 インテル 1-3 ローマ 【インテル】 イカルディ(後36) 【ローマ】 ナインゴラン(前12) ナインゴラン(後11) ペロッティ(後40[PK]) 2017.02.27 06:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ナインゴランが圧巻ミドル2発でドッピエッタ! ローマが敵地でインテル撃破《セリエA》

▽セリエA第26節、インテルvsローマの上位対決が26日にジュゼッペ・メアッツァで開催され、アウェイのローマが3-1で勝利した。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽今月初めに行われたユベントスとの“イタリア・ダービー”に敗れたものの、ピオリ新体制移行後のリーグ戦10試合を9勝1敗という好成績で乗り切った5位インテル(勝ち点48)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いのライバル相手のホームゲームで3連勝を目指した。前節のボローニャ戦からのメンバー変更は3点。出場停止のミランダ、エデル、パラシオに代わって、出場停止明けのイカルディ、コンドグビア、負傷明けのブロゾビッチが先発に復帰。 ▽一方、首位ユベントスを勝ち点7差で追う2位ローマ(勝ち点56)は、インテルと同じくセリエA3連勝と好調を継続。直近のヨーロッパリーグ(EL)では敵地で行われた1stレグでの大量アドバンテージを受けて、複数の主力を温存して0-1で敗れるも、ELラウンド16進出を決めた。今回のインテル戦に向けては、出場試合で公式戦8連発中のゼコやサラー、ストロートマン、ナインゴランらが先発に復帰し、軽傷を抱えてベンチスタートのエメルソン・パルミエリを除きベストメンバーが揃った。 ▽互いに[3-4-3]の布陣を採用し、ミラーゲームとなった注目の上位対決は、システムの完成度と攻守の切り替えで勝るローマが押し込む入りとなる。開始8分にはデ・ロッシ、ゼコと中央でダイレクトパスを繋ぎ、ペナルティアーク付近に抜け出たサラーが左足のシュートを放つが、ここはGKハンダノビッチがセーブする。 ▽だが、勢い付くローマは12分、前線でのゼコのキープから一端左に流れてボールを受けたナインゴランが、カットインから右足を振り抜く。ややスライス回転がかかったボールがゴール右隅に突き刺さった。 ▽劣勢の流れのままで先制を許したインテルは、失点直後に左サイドを突破したペリシッチがボックス左でマイナスに折り返したボールを、飛び込んだジョアン・マリオが合わせに行くが、ここは戻ったDFのブロックに遭い、枠に飛ばすことができない。その後は、左右のウイングバックに入るカンドレーバとペリシッチの推進力を生かして反撃に出るが、中央を締められてしまい、フィニッシュまで持ち込むことができない。 ▽前半半ばから終盤にかけては拮抗した時間が続くが、素早い攻守の切り替え、セカンドボールの拾い合いで優位に立つアウェイチームが、より多くの決定機を作っていく。36分にはショートカウンターからボックス左でストロートマンのパスを受けたゼコが、DFムリーニョの股間を通す左足のシュートでGKハンダノビッチを急襲。一方、なかなか攻め切れないインテルは、前半終了間際に右に流れたジョアン・マリオの折り返しをブロゾビッチがダイレクトで合わすが、枠の右を捉えたシュートはGKシュチェスニーの好守に阻まれた。 ▽ローマの1点リードで折り返した試合は、ホームのインテルが後半立ち上がりから攻勢をかける。まずは48分、味方とのパス交換でボックス右に飛び出したカンドレーバがニアポストを狙ってシュートを放つが、これはGKシュチェスニーに阻まれる。続く50分には右サイドでジョアン・マリオが入れたクロスがファーに流れてペリシッチに決定機も、ここはDFブルーノ・ペレスが身体を張ってブロックし、クロスバーの上に外れた。攻勢を強めたいインテルは55分、負傷明けのブロゾビッチを下げてエデルを投入する。だが、この選手交代直後に痛恨の2失点目を喫する。 ▽56分、自陣でガリアルディーニとのルーズボールの競り合いに勝ったナインゴランが、そのままドリブルで長い距離を持ち上がる。最後はサラーが右サイドからのダイアゴナルランでDFを引っ張って空いたペナルティアーク付近のスペースから右足を一閃。弾丸ミドルがゴール左隅に突き刺さった。 ▽ナインゴランの圧巻ドッピエッタで点差を広げたローマは、前がかりになる相手の攻撃を屈強な3バックがきっちり跳ね返して、サラーやナインゴランのスピードを生かした自慢の高速カウンターでトドメを刺しに行く。73分にはサラーに代わって投入されたばかりのペロッティの中央突破から、ゴール前のゼコに決定機もこのヘディングシュートは枠を捉え切れない。 ▽サイドを起点に惜しいところまで持っていくものの、イカルディやエデルが抑え込まれて苦戦が続くインテルは75分、前節ボローニャ戦でセリエA初ゴールを記録したガブリエウ・バルボサ、80分にはジョアン・マリオに代えてバネガを投入し、交代枠を使い切る。すると81分、右サイドでの細かい繋ぎからボックス右に抜け出したペリシッチのダイレクトクロスをファーでフリーのイカルディがスライディングで押し込み、反撃の狼煙を上げるゴールを記録した。 ▽点差が1点に縮まったことで、ここから一気に試合はヒートアップしていくかに思われたが、意外な形からローマに3点目が生まれる。ボックス右に抜け出したゼコがDFメデルと交錯すると、微妙な判定ながらローマにPKが与えられる。これを名手ペロッティが世界屈指のPKストッパー、ハンダノビッチ相手に強気な蹴り方できっちり決め切り、勝負あり。 ▽最後まで諦めずに攻めるインテルは決死の猛攻に出るが、GKシュチェスニーの勇敢な飛び出しに阻まれるなど、2点目を奪うことはできず。好調同士による注目の上位対決に完勝のローマが、リーグ4連勝で3位ナポリとの勝ち点差を5ポイントに広げると共に首位ユベントスとの勝ち点差キープに成功した。一方、ホームでライバル相手に力負けのインテルは、ユベントス戦以来となる3試合ぶりの敗戦を喫した。 2017.02.27 06:53 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第26節プレビュー】インテルvsローマのビッグマッチ開催

▽前節もユベントス、ローマ、ナポリ、インテル、アタランタ、ラツィオといった上位陣が順当に勝利を収め、勝ち点差に変動はなかった。そして、ミランvsフィオレンティーナの好カードはミランがデウロフェウの移籍後初ゴールで勝利し、上位進出の可能性を残している。迎える第26節はインテルvsローマのビッグマッチが日曜日に行われる。 ▽前節ボローニャ戦をガブリエウ・バルボサの移籍後初ゴールで1-0と辛勝した5位インテル(勝ち点48)は、ミランダが累積警告で出場停止となる一方、イカルディが2試合の出場停止処分から復帰する。ボローニャ戦ではイカルディ不在を痛感する展開だっただめ、得点源の復帰は心強い。ミランダが欠場となるものの長友は引き続きベンチスタート予想だ。 ▽一方、前節トリノ戦をゼコの公式戦8試合連続ゴールなどで4-1と大勝した2位ローマ(勝ち点56)は、ホーム戦連勝記録を15に伸ばした。木曜日にヨーロッパリーグのビジャレアル戦を戦ったが、1stレグで勝負を決めていたこともあって主力を温存。万全の状態でインテル戦に臨める状況だ。 ▽ディバラの恩返しドッピエッタやマルキジオの今季初ゴールでパレルモに4-1と大勝してリーグ戦6連勝とした首位ユベントス(勝ち点63)は、17位エンポリ(勝ち点22)を29連勝中のホームに迎える。水曜日に敵地で行われたポルトとのチャンピオンズリーグ(CL)では10人となった相手に2-0と先勝。好調を維持する中、大台の30連勝に乗せることができるか。 ▽今節はナポリvsアタランタの上位対決も開催される。3位ナポリ(勝ち点54)はCLレアル・マドリー戦の敗戦を感じさせず、キエーボに3-1と快勝してリーグ戦3連勝とした。コッパ・イタリアのユベントス戦、セリエAのローマ戦、CLのレアル・マドリーとの2ndレグと重要な試合が続く中、ここ5試合で4勝と絶好調のアタランタ撃破となるか。 ▽前節フィオレンティーナ戦を2-1と競り勝った7位ミラン(勝ち点44)は、12位サッスオーロ(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。今季の1stマッチこそ4-3と打ち勝ったが、近年苦渋を舐めている苦手な相手に対し、引き続きデウロフェウの活躍で勝ち点を伸ばしていきたい。最後に翌水曜日にコッパ・イタリア準決勝でローマ・ダービーを控える6位ラツィオ(勝ち点47)はビリアが出場停止となる中、13位ウディネーゼ(勝ち点29)とのアウェイ戦で上位追走を目指す。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ』を参照 ◆セリエA第26節 ▽2/25(土) 《26:00》 ナポリ vs アタランタ 《28:45》 ユベントス vs エンポリ ▽2/26(日) 《20:30》 パレルモ vs サンプドリア 《23:00》 ジェノア vs ボローニャ キエーボ vs ペスカーラ サッスオーロ vs ミラン ラツィオ vs ウディネーゼ クロトーネ vs カリアリ 《28:45》 インテル vs ローマ ▽2/27(月) 《28:45》 フィオレンティーナ vs トリノ 2017.02.25 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ホームで敗戦も主力温存ローマが逃げ切り成功! ビジャレアルを破ってラウンド16進出《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、ローマvsビジャレアルが23日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのビジャレアルが1-0で勝利した。しかし、2戦合計4-1としたローマがラウンド16進出を決めた。 ▽優勝候補同士の対決となった今回の一戦だが、ビジャレアルホームで行われた1stレグでは、ゼコのハットトリックの活躍などでアウェイのローマが4-0で完勝し、2ndレグを前に大勢が決した。そのため、ローマホームで行われたこの試合では、互いに今週末にインテル、レアル・マドリーとのビッグマッチを控えていることもあり、1stレグから大幅なメンバー変更を敢行。 ▽ローマは、公式戦8連発中のゼコやサラー、ナインゴランら主力がベンチスタートとなり、トッティやペロッティ、ヴェルメーレン、マリオ・ルイなど控えメンバーがピッチに立った。一方のビジャレアルは、キャプテンのブルーノやソリアーノ、チェリシェフといった主力を除き、こちらも多くの控えメンバーを先発起用。右ヒザ前十字じん帯断裂の大ケガから戻ってきたソルダードが、今季の公式戦初出場を飾った。 ▽メンバーを落としたものの、立ち上がりから猛攻を仕掛けていくビジャレアルは、開始10分にロドリゴ・エルナンデスの浮き球のダイレクトパスに反応したソリアーノがボックス右角からダイレクトシュートを放つが、これはクロスバーの上側を掠める。最初の決定機を逸したアウェイチームだったが、15分にソルダードの右クロスを相手DFヴェルメーレンがクリアミス。これに反応したボッレが豪快に右足で蹴り込み、先制に成功した。 ▽まだまだ余裕はあるものの、ホームで先制点を許したローマは、主力不在の影響が色濃くなかなか反撃のチャンスを作れない。それでも、30分には自陣中央の密集でキープしたトッティの見事な右サイドへの展開から長い距離を持ち上がったブルーノ・ペレスがグラウンダーのアーリークロス。これをファーサイドに走り込んだエル・シャーラウィが右足で流し込みにかかるが、ここはGKの果敢な飛び出しに阻まれる。 ▽先制後もリズム良く攻めるビジャレアルは、フアン・ジェズス、ヴェルメーレン、マリオ・ルイの間のスペースを効果的に使い、右サイドを起点に決定機を演出していく。32分にはボックス手前でルーズボールに反応したロドリゴ・エルナンデスが狙い澄ました右足のミドルシュートを放つが、枠の左隅を捉えたシュートはGKアリソンのビッグセーブに阻まれる。さらに40分にもソリアーノが強烈なミドルシュートを放つが、再びアリソンの好守に遭った。 ▽守備面や繋ぎの場面でミスが多く低調な前半45分を過ごしたローマは、足を気にしていたマノラスに代えて、ハーフタイム明けからリュディガーを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更。開始2分にはペロッティとエル・シャーラウィのコンビでゴールに迫るが、エル・シャーラウィの右足アウトにかけたクロスは相手DFのクリアに遭う。だが、直後の49分には前半から精彩を欠くヴェルメーレンの中途半端な対応からボッレに強烈なシュートを許すが、ここはGKアリソンが何とか弾き出した。 ▽後半に入って繋ぎのミスが減ったローマは、2シャドーに入るエル・シャーラウィ、ペロッティの積極的な仕掛けでゴールに迫る。51分には右サイドに流れたトッティの絶妙なクロスからペロッティがヘディングシュートを放つが、これはGK正面。続く53分にも中央突破したペロッティが右足を強振するが、このシュートはGKアンドレス・フェルナンデスに弾き出された。 ▽後半半ばにかけて一進一退の攻防が続く中、ゴールがほしいビジャレアルはアドリアン・ロペス、バカンブ、ジョナタン・ドス・サントスと主力アタッカーを続けて投入。対するローマは76分にデ・ロッシを下げて、ナインゴランをピッチに送り出す。79分には左サイドを突破したペロッティの折り返しからトッティに決定機も、ここはシュートをふかしてしまう。 ▽その後、セットプレーの場面での小競り合いで後半から途中出場のリュディガーが2枚目のカードをもらい、ローマに退場者が出てしまう。このアクシデントを受けて、ブルーノ・ペレスに代わってファシオを投入し、逃げ切りを図る。試合終盤にはボッレらに続けて与えた決定機をGKアリソンの好守で凌ぎ切り、試合はこのままタイムアップ。ホームで敗戦も1stレグのアドバンテージで逃げ切り成功のローマが、2戦合計4-1でラウンド16進出を決めた。 2017.02.24 04:53 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース