トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バーゼル、ローマからドゥンビアを買い取りOP付きのレンタルで獲得! シャルケ移籍のエンボロ後釜に

▽バーゼルは28日、ローマからコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビア(28)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は88番に決定した。 ▽2015年1月に1440万ユーロ(約16億3000万円)でCSKAモスクワからローマに加入したドゥンビアだが、戦術的なセリエAのスタイルに馴染めず、獲得から半年後に古巣のCSKAモスクワにレンタルで復帰。さらに今年2月にはニューカッスルにレンタル移籍していた。 ▽そのため、ローマはクラブ内で不良債権化しているコートジボワール代表FWの売却に向けて動いていたものの、完全移籍での獲得を希望するクラブが現れず。そして、ローマはシャルケに移籍したスイス代表FWブリール・エンボロ(19)の後釜を探すバーゼルに買い取りオプション付きのレンタル移籍という形で放出することになった。 ▽なお、かつてJリーグの柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーしたドゥンビアは、2008年に柏からスイスのヤングボーイズに移籍し、2シーズン連続で得点王に輝いた経験を持つ。6年ぶりとなるスイスリーグで自身3度目の得点王獲得を目指すことになる。 2016.06.29 01:26 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、ゼコ放出はなし? 関係者が「売りに出していない」

去就が騒がれるローマFWエディン・ゼコだが、関係者はクラブが売りに出していないと強調している。<br><br>マンチェスター・シティからローマに加わったゼコだが、初挑戦のセリエAでは期待されたインパクトを残すことができなかった。そのため、この夏の去就が取りざたされている。一部イタリアメディアは、インテルがFWマウロ・イカルディを手放すことになった場合の代役に考えていると報じた。<br><br>だが、DFエルビン・ズカノビッチとともにゼコのマネジメントの仲介役を務めるシルヴァーノ・マルティーナ氏は、イタリア『Forzaroma.info』のインタビューで次のように述べている。<br><br>「ズカノビッチがアタランタ移籍? 私は知らない。我々はアタランタと話していないよ。ローマからもその交渉について知らされてはいない」<br><br>「エディンはローマのキャンプに招集されている。クラブが放出を望んでいるなら、呼ぶことはなかっただろう。すべて普通のことだ。ゼコとズカノビッチは数週間後にキャンプで再会する」<br><br>ゼコ本人はローマに残ることを望んでいるのだろうか。マルティーナ氏は次のように答えた。<br><br>「ゴールを決めたか外したかということだけでなく、彼のことはこれまでのキャリアが物語っていると思う。ローマが彼を売りに出したということは確認されていないな。逆に、彼はとても落ち着いているということは認められるよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.28 03:25 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ナインゴラン獲得に40億円超を用意? ローマは慰留希望

チェルシーの希望は、レスター・シティからMFエンゴロ・カンテを、ローマからMFラジャ・ナインゴランを獲得し、中盤で起用することだという。そのために、ローマに3700万ユーロ(約41億3000万円)のビッグオファーを用意しているそうだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。<br><br>以前からナインゴランへの関心が伝えられているチェルシーだが、新シーズンから指揮を執るアントニオ・コンテ監督は、何としてでも同選手を加えたがっているという。そして、契約解除金が2000万ポンド(約26億8000万円)と言われるカンテも獲得し、コンビを組ませる考えだそうだ。<br><br>だが、MFミラレム・ピャニッチをユベントスに売却したローマは、ナインゴランも失うことを望んでいない。3700万ユーロという大金にも揺れず、ナインゴランへの契約延長オファーを準備しているそうだ。<br><br>ベルギー代表としてユーロ2016を戦っているナインゴラン自身は、次のように述べている。<br><br>「どうなるかは分からない。今の自分に言えるのは、ローマで僕は幸せであり、残るつもりだということ。イタリアで僕は男になった。頻繁にチームを変える選手じゃない。今はユーロに集中しているんだ。それからどうなるか、様子をみよう」<br><br>ルチアーノ・スパレッティ監督は、ナインゴランからすでに残留を約束されたと明かしているという。チェルシーは諦めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.27 23:27 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ退団のヌクルがローマに売り込み? CB問題解決のオプションとなるか

▽今月末にマルセイユとの契約が終了するカメルーン代表DFニコラ・ヌクル(26)が、ローマに売り込みを行っているようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』やイタリア『Il Tempo』が報じている。 ▽2011年にマルセイユに加入して以降、同クラブのディフェンスリーダーとして活躍してきたヌクルだが、財政難や身売りが噂されるクラブとの契約を更新せず、今月末に退団する運びとなる。 ▽フリーで獲得可能なヌクルには、ウェストハムなどのプレミア勢に加え、ユベントスなどが獲得に関心を示しているといわれる。だが、ヌクルの希望する移籍先はローマのようだ。 ▽前述した2つのメディアは、ヌクルの関係者が移籍に向けて、ローマの幹部と移籍交渉を行うためにコンタクトを取っていると報道している。 ▽現在、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが長期離脱を強いられているローマは、今夏のセンターバック補強が急務。財政的な問題を抱えるクラブにとって、フリーで獲得可能なヌクルは重要なターゲットとなるかもしれない。また、同選手はフランス国籍を有しており、非EU圏外の枠を使わずに済む利点もある。 2016.06.27 07:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、不良債権ドゥンビアを今度はバーゼルへ 6年ぶりのスイスリーグ復帰か

▽ローマはコートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビア(28)をバーゼルに買い取りオプション付きのレンタル移籍で放出するようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ▽ローマは、2015年1月に1440万ユーロ(約16億3000万円)でCSKAモスクワからドゥンビアを獲得したものの、戦術的なセリエAのスタイルに馴染めない同選手は、獲得から半年後に古巣のCSKAモスクワにレンタルで復帰。さらに今年2月にはニューカッスルにレンタル移籍していた。 ▽ローマはクラブ内で不良債権化しているコートジボワール代表FWの売却に向けて動いているものの、未だに完全移籍での獲得を希望するクラブが現れていない。そのため、同クラブはスイス代表FWブリール・エンボロ(19)の後釜を探すバーゼルに買い取りオプション付きのレンタル移籍という形で放出することを決断したようだ。 ▽なお、かつてJリーグの柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーしたドゥンビアは、2008年に柏からスイスのヤングボーイズに移籍し、2シーズン連続で得点王に輝いた経験を持つ。6年ぶりとなるスイスリーグでかつての輝きを取り戻すことはできるのか。 2016.06.26 07:04 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース