トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

トッティ、ローマ一筋のキャリアを続けるも「2003年にレアル・マドリー移籍寸前だった」

▽ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、27日に40歳の誕生日を迎えた。ユース時代を含めてローマ一筋のキャリアを築くトッティだが、過去にレアル・マドリー移籍に近づいていたことを認めている。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽ローマに生まれローマ一筋のキャリアを築く、近年のサッカー界で稀有なワンクラブマンは、過去に2度ほどローマを去ることを真剣に検討したことがあったことを認めている。 「過去に若干の難しい時期があった。直近から2番目の契約延長を行う前、度重なるケガで離脱を繰り返し、チームを変えることを考えた瞬間があった」 「しかし、自分の心、友人、家族と対話を行う中で、考えを変えることになった。そして、幸運なことに私は緑のピッチで自分自身を表現するため、まだここに居る」 ▽また、トッティは2003年にレアル・マドリー移籍に近づいていたことを認めている。 「若かった頃にクラブを去ることを検討したかって? 正直なところを言えば、ノーだ。私はこの街の美しさを理解しており、どれだけこの街に愛されているかを理解していたからね。ただ、これまでの歩みの中で幾度かクラブと衝突することもあった」 「ファビオ・カペッロの下でスクデットを獲得した後の2003年、私はレアル・マドリー移籍に近づいていた。個人的にローマの後に歩むべき道だと考えていた。もちろん、クラブへの尊敬からイタリア国内で移籍するつもりはなかった」 「なぜ、マドリー行きを選ばなかったかって? 多くの状況が変化したからだ。私は当時会長と揉めていた。だけど、友人や家族が、ここにはマドリッドで見つけることができない多くのものがあることを理解させてくれたんだ」 ▽また、40歳を迎えながらもパフォーマンスを維持している秘訣について尋ねられると、「個人的には、常にプロフェッショナルであろうとしてきた。そして、悪い慣習を取り入れることもなかった。トレーニングで常に全力を注ぎ、ケガで調子を落とした時期もあったが、今でも情熱を失っていないんだ。それに毎日笑顔でトリゴリア(練習場)に通っているよ」と、未だ衰えない情熱を理由の1つに挙げている。 2016.09.28 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

40歳を迎えたトッティ、メッシからの現役続行要請に「彼の期待に応えられるかは今のところわからない」

▽ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、27日に40歳の誕生日を迎えた。不惑を迎えた"イル・プリンチペ"は、イタリア『スカイ・スポルト』で同日寄せられた多くの人々からのお祝いメッセージに感謝を示すと共に、自身の今後についても語っている。 ▽ローマに生まれローマ一筋のキャリアを築く"ローマの象徴"は、1993年3月28日に行われたブレシア戦でわずか16歳でセリエAデビュー。ここまでセリエ通算604試合に出場し、歴代2位となる250ゴールを記録するなど、世界トップクラスのプレーヤーとしての評価を集めている。 ▽27日にはトッティの40回目の誕生日を祝うため、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを始め、陸上界のスーパースターのウサイン・ボルトやテニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラーなど、スポーツ界の多くの人々からお祝いのメッセージが届いていた。 ▽この件に関してトッティは、「これほどの大きな賛辞を受け取るとは思っていなかったから、全てのメッセージに感謝を示したい。たとえ、他のスポーツをしていても彼らは自分の仲間だと思っているし、彼らからのお祝いを喜んでいるよ。彼らは世界的なアイコンだし、私はとても満足している」と、感謝の言葉を語った。 ▽さらに、メッシから受け取った「あと数年プレーしているところを見たい」というメッセージに関しては、「メッシがあと2年以上プレーしてほしいと言っていたって? 彼の期待に応えられるかは今のところわからないよ。彼とは何度か直接会ったことがあるが、ピッチ内外でフェノーメノだと思うよ。時々、テキストでメッセージを送り合ってもいる」と、明言を避けつつも、現役続行に含みを見せた。 ▽また、トッティは年齢を重ねるごとに自身の考え方に変化が生まれてきたことを認めている。 「もちろん、変化はあるよ。40歳になったから、フットボールに関してだけでなく、よりグローバルな考え方を持つようになった。ただ、個人的に3人の可愛い子供と素晴らしい家族を持っていることを本当に幸運なことだと思っている」 「今はフットボールと家族のことをフィフティーフィフティーに考えている。ピッチにいるときは、それに全てを捧げ、家に居るとこはフットボールを頭の外に置いている」 2016.09.27 23:25 Tue
twitterfacebook
thumb

40歳のバースデーを迎えたトッティに各方面から祝福のメッセージ

▽ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、27日に40歳の誕生日を迎えた。ローマ一筋の生けるレジェンドに向けてサッカー界から多くのお祝いのメッセージが贈られている。同クラブの公式ツイッターが伝えている。 ▽ローマに生まれローマ一筋のキャリアを築く"ローマの象徴"は、1993年3月28日に行われたブレシア戦でわずか16歳でセリエAデビュー。ここまでセリエ通算604試合に出場し、歴代2位となる250ゴールを記録するなど、世界トップクラスのプレーヤーとしての評価を集めている。 ▽その生けるレジェンドの40回目の誕生日を祝おうと、サッカー界の多くの人々からお祝いのメッセージが贈られた。 <B>◆ペレ</B> 「トッティは彼のプレーしてきた時代において最も優れたプレーヤーだ」 <B>◆ジオバニ・トラパットーニ</B> 「ファン・ゴッホはオンリーワン。そして、トッティのようなプレーヤーも他にはいない」 <B>◆マルセロ・リッピ</B> 「トッティはイタリアサッカー界におけるモニュメントだ」 <B>◆ハビエル・サネッティ</B> 「ピッチ内外でのチャンピオンだ。君の対戦相手としてプレーできたことを誇りに思う。君がプレーしているところを見るのは、私にとっても喜びだ。幸運を祈るよ」 <B>◆スティーブン・ジェラード</B> 「彼はローマの王様だ。僕は彼とプレーすることを愛している」 <B>◆ジャンルイジ・ブッフォン</B> 「トッティはイタリアサッカーの歴史を刻んでいる」 <B>◆リオネル・メッシ</B> 「僕はずっと君を尊敬している。そのことを伝えておきたい。今後の幸運を祈っているよ。できれば、あと数年プレーしてほしい」 <B>◆ラウール・ゴンサレス</B> 「トッティと共にプレーすることは僕にとって光栄なことだった」 <B>◆フェルナンド・トーレス</B> 「彼は常にインスピレーションを与えてくれる。ローマにとって彼が居ることが最高の幸運だ」 <B>◆ヴァンサン・カンデラ</B> 「他の人と同様に、トッティ=ローマだと思っている。彼はピッチ内外で並外れた存在だ」 <B>◆ダニエレ・デ・ロッシ</B> 「僕たちの若いころを思い出すよ。ただ、これからも一緒に進もう! 誕生日おめでとう。愛する友人へ」 2016.09.27 22:54 Tue
twitterfacebook
thumb

2日後に40歳のトッティがセリエA通算250得点も、ローマがトリノ相手のアウェイ戦で26年ぶりの敗戦…《セリエA》

▽セリエA第6節のトリノvsローマが25日にスタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノで行われ、ホームのトリノが3-1で勝利した。 ▽前節、今季初先発のトッティや2ゴールを挙げたゼコの活躍で昇格組クロトーネを一蹴した4位のローマは、連勝を目指して3戦勝利のない10位トリノとのアウェイゲームに臨んだ。ローマはクロトーネ戦からトッティ、レアンドロ・パレデスをベンチに下げて、デ・ロッシ、ナインゴランを先発で起用。1トップのゼコの下にナインゴラン、サラー、ペロッティが並ぶ[4-2-3-1]を採用した。 ▽現地時間ランチタイムキックオフで開催された一戦は、立ち上がりから慌ただしい入りとなる。開始直後に裏に抜け出したゼコにいきなり決定機が訪れる。さらに直後にはナインゴランが強烈なミドルシュートを放つが、いずれもGKハートの牙城を破れない。 ▽一方、立ち上がりのピンチを凌いだトリノは、8分に先制点を奪う。波状攻撃からボックス左でオビが上げたクロスを、ファーサイドのベロッティが頭で合わせると、これがGKシュチェスニーの手を弾いてゴールに吸い込まれた。 ▽絶好調のベロッティに最初の決定機をモノにされたローマは、すぐさま反撃を開始。70パーセントを超えるボール支配率に加え、サラーのスピードとゼコの高さを生かした攻撃で相手を押し込む。だが、ゼコやブルーノ・ペレスのシュートがGKハートの好守に阻まれるなど、なかなか同点に追いつくことができない。 ▽逆に、相手のカウンターから幾度かピンチを招くが、13分にファルケ、40分にはベロッティにゴールチャンスも、ここはGKシュチェスニーのビッグセーブに阻まれる。それでも、先制点を演出したオビの負傷交代というアクシデントにこそ見舞われたものの、粘り強い戦いで前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、1点を追うローマは前半にカードをもらっていたデ・ロッシを下げて、切り札のトッティをハーフタイム明けに投入。開始3分には左サイドでペロッティが上げたクロスを、ゴール前のゼコがドンピシャのタイミングでヘディングシュートも、ここはGKハートに弾きだされる。すると52分、古巣対戦のブルーノ・ペレスがボックス内でベロッティを倒してしまい、痛恨のPK献上。これをこちらも古巣対戦のファルケに決められ、ビハインドを広げられてしまう。 ▽負けられないローマはすぐさま反撃を開始すると、失点直後の54分に1点を返す。ボックス左で仕掛けたペロッティがデ・シルベストリに倒されてPKを獲得。これを2日後の27日に40歳の誕生日を迎えるトッティが豪快に決めた。なお、このゴールはトッティにとって、セリエA通算250ゴール目となった。 ▽バンディエラの一撃でここから一気にローマペースと思われたが、先にスコアを動かしたのはトリノ。65分、バイタルエリアで中に持ち込んだファルケが左足を振りぬくと、DFマノラスにディフレクトしたボールがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽痛恨の3失点目を喫したローマは、よりリスクを冒して攻撃に出る。だが、焦りの影響か、フィニッシュの場面でゼコやサラーが冷静さを保てず、ゴールが遠い。逆に、不用意なボールロストから再三のカウンターチャンスを許すが、前半から孤軍奮闘のGKシュチェスニーが何とか試合への興味を繋いだ。その後も必死にゴールを目指すローマだが、最後までゴールをこじ開けることはできず。トリノ相手のアウェイ戦で26年ぶりの敗戦を喫したローマは、早くも今季2敗目を喫した。 2016.09.25 21:27 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹所属のマルセイユ、元ローマ指揮官ルディ・ガルシア招聘か

▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは、元ローマ指揮官の招聘を検討しているのかもしれない。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽フランク・パッシ監督率いるマルセイユは現在、リーグ・アン開幕から1勝2分け3敗の勝ち点5で15位に位置。そこで、成績不振を理由にパッシ監督の解任に踏み切り、ルディ・ガルシア氏(52)の招聘を考慮しているようだ。 ▽フランス人のガルシア氏は、2013年夏にローマ監督に就任。1年目から2年目までチームをセリエAで2位に導く手腕を発揮したが、3年目に成績不振でシーズン途中に解任されていた。 ▽報道によれば、ガルシア氏にはインテルの次期監督候補として名前が浮上していたとのこと。しかし、インテルを率いるフランク・デ・ブール監督がユベントス撃破で信頼を回復させたため、ミラノ行きの可能性が薄れた模様だ。 2016.09.24 14:50 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース