トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ゼコのゴールを守り抜いたローマが3戦連続ウノゼロでリーグ4連勝! クラブ記録タイのホーム13連勝達成!《セリエA》

▽セリエA第21節、ローマvsカリアリが22日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 ▽リーグ戦3連勝で首位ユベントスと暫定1ポイント差の2位に付けるローマは、4連勝を目指して10位カリアリをホームに迎えた。ミッドウィークに行われたコッパ・イタリアのサンプドリア戦から先発5人を変更。GKシュチェスニー、マノラス、ストロートマン、ペロッティ、エメルソン・パルミエリが先発に復帰し、アフリカ・ネイションズカップ参加で不在のサラーを除くベストメンバーが起用された。 ▽前回対戦で引き分けたカリアリ相手に立ち上がりから攻勢を仕掛けるローマは、ボックス右に抜け出したゼコが惜しいシュートを放つなど、引いたアウェイチームを相手に揺さぶりをかけていく。 ▽その後も中盤に下りてくるペロッティ、ゼコのポストプレーを軸に両ウイングバックが積極的に高い位置を取って相手を押し込むローマは、31分にデ・ロッシの絶妙なフィードに反応したゴール前のゼコに決定機も、ここはシュートがGKラファエウの正面を突く。終始、高いボール支配率を保って相手陣内でのプレーを続けたローマだったが、前半のうちにカリアリゴールをこじ開けることはできなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりから攻勢に出るローマは、55分に左サイドのリュディガーが右足で浮き球のクロスを入れると、これに反応したゼコがDFを引きずりながらも右足で合わせ、待望の先制点を奪った。 ▽ゼコのリーグ戦3試合ぶりとなる今季14点目でようやくリードを手にしたローマは、やや重心を後方に下げてゲームコントロール優先の戦い方にシフト。前がかりな相手に対して、カウンターから追加点を目指すが、ゼコやナインゴランのシュートは枠を捉え切れない。さらに70分には単騎突破でボックス内に侵入したペロッティが強烈なシュートを放つが、ここはGKラファエウの好守に阻まれた。 ▽後半終盤にかけても危なげなく試合をコントロールするローマは、83分にナインゴランが強烈なミドルシュート、84分にはゼコがゴール前でヘディングシュートを放つが、前者は相手GKのファインセーブ、後者はクロスバーに阻まれ、追加点とはならず。 ▽それでも、エル・シャーラウィ、レアンドロ・パレデス、ヴェルメーレンと試合終盤にかけて続けて交代カードを切って逃げ切りに成功したローマが、3戦連続のウノゼロでリーグ戦4連勝を飾った。なお、この勝利でローマは1930年に記録したクラブ記録タイのホーム13連勝を達成した。 2017.01.23 06:57 Mon
twitterfacebook
thumb

出場機会を失っているヘセがローマ移籍か!? 次節のナント戦ベンチ外は移籍の前触れと報道

▽パリ・サンジェルマンで出場機会を失っているスペイン人FWヘセ・ロドリゲス(23)がローマ加入に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽昨夏の移籍市場でレアル・マドリーからパリ・サンジェルマンに完全移籍で加入したヘセ。5年契約を結ぶなど大きな期待を背負って新天地にやってくるも、印象的なぱパフォーマンスを見せることはできず、リーグ戦では9試合1ゴールに留まっている。 ▽そんなヘセに対して、以前からローマが興味を示していると言われている。さらに現在はFWモハメド・サラーが、アフリカネーションズカップに出場しているエジプト代表に選出されており、アタッカーの駒が不足している。そんな中昨年末にはDFアントニオ・リュディガーとのトレードで獲得に動くのではないかと言われていた。 ▽『フットボール・イタリア』によれば、ローマ側は現在もヘセの動向を追っているようだ。さらに同メディアはヘセが今節のナント戦でメンバー外となっていることを指摘。移籍に向けて動き出したのではないかと報じている。 2017.01.21 15:11 Sat
twitterfacebook
thumb

3トップ揃い踏みのローマがサンプに圧勝! 準々決勝進出8チームが出揃う!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア5回戦のローマvsサンプドリアが19日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが4-0で勝利した。 ▽リーグ戦3連勝でセリエA2位に付けるローマは、リーグ戦で5試合勝利がない13位サンプドリアとの今シーズンのコッパ初戦に臨んだ。この一戦に向けてスパレッティ監督は、直近のウディネーゼ戦から先発4人を変更。リーグ戦出場停止明けのリュディガーとデ・ロッシが先発に復帰したほか、GKにアリソン、昨夏エンポリから加入も前十字じん帯断裂の重傷で戦列を離れていたマリオ・ルイがローマデビューを飾った。 ▽開始2分にロングフィードに抜け出したムリエルに左ポスト直撃のシュートを許すなど、慌ただしい入りとなったローマは、ボールを保持するものの不用意なロストが目立ち、相手の鋭いカウンターに晒され、幾度もピンチを招いた。 ▽その後も行ったり来たりの落ち着かない展開が続く中、25分と35分にはレアンドロ・パレデスの目の覚めるようなミドルシュートでローマがゴールに迫るも、クロスバーと相手GKプジョーニの好守に遭い、先制点とはならない。 ▽それでも、徐々に攻撃のリズムを作り出したローマは、39分に先制点を奪う。エル・シャーラウィのパスが相手DFにブロックされるも、ボックス手前でこの跳ね返りに反応したナインゴランが右足を一閃。強烈な縦回転がかかったドライブシュートがゴール右隅を射抜いた。ナインゴランの公式戦2試合連続ゴールで均衡を破ったローマは、40分過ぎにもエル・シャーラウィ、ナインゴランが続けて際どいシュートを放つが、相手GKの好守に阻まれ、1点リードのままハーフタイムを迎えた。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ローマが開始2分に追加点を挙げる。ドリブルで持ち上がったエル・シャーラウィの右足アウトにかけたスルーパスに反応したゼコが、ボックス左に抜け出し、左足のシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽最高の時間帯に追加点を奪って勢い付くローマは、その後もゼコがポスト直撃の惜しいヘディングシュートを放つなど、畳みかける攻めを見せる。すると61分、ゼコのロングフィードに抜け出したエル・シャーラウィがボックス左角から見事なループシュートを流し込み、3トップ揃い踏みとなる3点目を奪った。 ▽この3点目で勝利を確信したスパレッティ監督は、共に1ゴール1アシストを記録した殊勲のゼコとエル・シャーラウィを下げて、トッティとペロッティをピッチに送り出した。 ▽試合終盤にかけても完璧に試合をコントロールするローマは、トッティに2度のゴールチャンスが訪れるも決め切れない。それでも、試合終了間際の90分にペロッティの絶妙な左クロスをナインゴランが頭で合わせ、この試合2点目となるチーム4点目を奪い、試合はタイムアップ。3トップ揃い踏みのローマが、圧勝でコッパ準々決勝進出を決めた。 ▽なお、コッパ・イタリア準々決勝組み合わせおよび試合日程は以下の通り。 ◆コッパ・イタリア準々決勝組み合わせ ナポリ vs フィオレンティーナ(1/24) ユベントス vs ミラン(1/25) インテル vs ラツィオ(1/31) ローマ vs チェゼーナ(2/1) ※()内は試合開催日 2017.01.20 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティが真っ赤なバラの花束をプレゼントで受け取る…贈り主はあのレジェンド

ローマに所属する元イタリア代表のFWフランチェスコ・トッティが真っ赤なバラの花束をプレゼントされたことを16日、自身のフェイスブックで報告している。<br><br>トッティの自宅に真っ赤なバラの花束とメッセージカードが届いた。情熱の赤いバラだけに、女性への贈り物かと思われるが、宛先は妻でタレントのイラリー・ブラージではなく、ローマの主将トッティだった。<br><br>カードには可愛らしい文字で、トッティ家へ新年の挨拶が添えられている。メッセージの最後にあるように、このプレゼントの贈り主は、伝説の英雄、ディエゴ・マラドーナだった。マラドーナからの突然のプレゼントに、トッティは感謝の意を示している。<br><br>「ディエゴ・マラドーナ、心遣いをありがとう。あなたとご家族にとっても、素晴らしい1年になりますように!」<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.18 07:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマが2戦連続ウノゼロで3連勝! トッティが2017年初出場《セリエA》

▽セリエA第20節のウディネーゼvsローマが15日にフリウリで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽前半戦を首位ユベントスと暫定勝ち点4差の2位で終えたローマは、後半戦初戦で11位のウディネーゼとのアウェイゲームに臨んだ。アフリカ・ネイションズカップでサラー、負傷でペロッティの両ウイングを欠くスパレッティ監督は、ゼコとエル・シャーラウィ、ナインゴランを前線で起用。また、出場停止のリュディガー、デ・ロッシに代わって負傷明けのマノラス、レアンドロ・パレデスを起用した。 ▽主力数名を欠くも立ち上がりから主導権を握ったローマは、開始2分にストロートマンの浮き球スルーパスに抜け出したゼコにいきなり決定機が訪れる。さらに5分にはボックス左でボールを収めたナインゴランの折り返しを受けたエル・シャーラウィが、枠の右を捉えたシュートを放つが、ここはGKカルネジスのビッグセーブに阻まれた。 ▽立ち上がりの決定機を逸したローマだったが、12分に先制点を奪う。ボックス中央でストロートマンの浮き球パスに反応したナインゴランが見事な右足のダイレクトボレーでゴール左を破った。勢いづくローマは17分にも相手DFファラオーニのハンドでPKを獲得するが、ここはキッカーのゼコがクロスバーの遥か上にシュートを外してしまい、絶好の追加点のチャンスを逃した。 ▽すると、このPK失敗で流れを失ったローマは、22分にセットプレーの流れからボックス付近でフェリペ、デ・パウルに続けて枠を捉えた決定的なシュートを許すが、GKシュチェスニーが圧巻のビッグセーブでいずれのピンチも防ぐ。さらに27分にもデ・パウルに強烈なミドルシュートを打たれるが、頼れるポーランド人守護神がここでもチームを救った。 ▽その後は一進一退の攻防が繰り広げられるが、ドゥバン・サパタの強靭なフィジカル、デ・パウルの正確なキックを武器に追いすがるウディネーゼが、前半終盤にかけて良い形を作るが、DFマノラス、DFファシオを中心に粘り強く守るローマの守備を攻略するまでには至らず。 ▽1点リードで後半を迎えたローマだったが、行ったり来たりの試合展開を改善できず、なかなか流れを引き戻せない。何とか流れを変えたいスパレッティ監督は、63分にエル・シャーラウィを下げて、切り札のトッティを投入。2017年初出場の40歳レジェンドは、プロとして25年目のピッチに立った。すると投入直後のファーストプレーでは絶妙なワンタッチパスからナインゴランに決定機を供給も、ここはわずかに届かない。 ▽その後もトッティやストロートマンを起点に幾つかの決定機を創出するローマは、82分と85分にゼコに続けて決定機も、PK失敗で気落ちするエースFWは試合を決める2点目を奪えず。それでも、ここ最近守備の安定感が際立つローマは、前半のリードを最後まで守り切り、2試合連続ウノゼロで勝利。リーグ3連勝で2位キープに成功した。 2017.01.16 01:03 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース