トッティがミラン戦で3カ月半ぶりの復帰へ! ガルシア「彼は招集される」2016.01.09 06:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽右足の負傷で昨年9月末以来、戦列を離れているローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、9日のミラン戦で約3カ月半ぶりの復帰を果たすようだ。ローマを率いるルディ・ガルシア監督が、前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。

▽トッティは、昨年9月26日に行われたカルピ戦で右足屈筋を負傷。当初は2カ月ほどの離脱と見込まれていたものの、回復状況が思わしくなく復帰がズレ込んでいた。

▽しかし、ガルシア監督は9日に行われるセリエA第19節のミラン戦の前日会見で負傷者の状況について説明した際に、39歳のバンディエラの招集メンバー入りを明言している。

「フランチェスコは招集されるだろう。彼は100%の状態ではないが、彼がスカッドに入ることは素晴らしい知らせだ」

▽さらに、ガルシア監督は前節のキエーボ戦を欠場したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシと同試合で負傷交代したエジプト代表FWモハメド・サラーがミラン戦で起用できる見込みだと語っている。

「ダニエレは元気になっている。また、サラーに関してもドクターから出場の許可を得られたのは良い知らせだね」

▽また、ガルシア監督は自身と同様に解任の噂が浮上しているシニシャ・ミハイロビッチ監督が率いるミランとの一戦に向けて展望を語っている。

「私は(解任の噂を)気にしていない。そういった質問に答える暇はないよ。とにかく、我々は明日の試合で論理的かつ数学的な観点から勝利を取り戻す必要がある」

▽さらに、同監督は脆弱な守備がチームの問題点であることを認めつつも「攻撃的に戦わないならば、ローマではない」と、ミラン戦でも攻撃的に戦うつもりであると語っている。

「より多くの得点を得ていれば、より高い順位にいることができただろう。もちろん、より失点が少なければ、1点取るだけでも勝つには十分だ。しかし、攻撃的に戦わないならば、ローマではない」

「ただ、我々は残り15分を切ってからの遅い時間帯に8失点している。それに関しては私自身気にしている部分だ」

「それでも、個人的な考えでは、その原因は同じものではなく、ほとんどが個人的なミスから与えたものだ」

▽キエーボ戦のドローで首位のインテルと勝ち点6差の5位にいるローマだが、ミラン戦に向けては前述した3選手に加え、キエーボ戦を出場停止で欠場したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが復帰する。

▽一方、前々節のジェノア戦で3試合の出場停止処分(主審への暴言)を科されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、処分軽減を求めた上訴に失敗し、引き続き欠場となる。したがって、代役にはリーグ2戦連発中の18歳のナイジェリア人FWサディク・ウマルが起用される見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

古巣ローマと初対戦のサラーが複雑な胸中明かす「より多くの感情を呼び起こす」

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが24日に控える古巣ローマとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグに向けて複雑な胸中を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽昨夏、ローマからリバプールに加入したサラーは、プレミアリーグで31ゴールを記録するなど、ここまでの公式戦46試合で41ゴール13アシストと異次元のパフォーマンスを披露。22日にはイングランドプロサッカー協会(PFA)が選出するPFA年間最優秀選手賞を受賞した。 ▽そして、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せるエジプト代表FWは24日にアンフィールドで行われるCL準決勝1stレグで2年間を過ごした古巣ローマと決勝進出を懸けた重要な初戦に臨む。 ▽この一戦を前にサラーは『スカイ・スポーツ』で、移籍から1年も経っていない段階で古巣と対戦することは感情面で難しいものだと素直に認めている。 「それは多くの感情を呼び起こすものになると思う。僕は対戦が決まってから、毎日のようにローマのプレーヤーたちと話しているんだ。昨日はトッティとも話したよ」 「僕にとって古巣との対戦は簡単なものではないんだ。僕はクラブと街を愛している。同時に彼らが僕のことをとても愛してくれていることも知っているから、本当に複雑な気持ちだ。より多くの感情を呼び起こすものになると思う」 「僕は彼らのことをよく知っている。僕たちは2年間一緒にプレーしたからね。同時に僕たちは互いのプレーを知り尽くしているし、個人的に決して簡単な試合にならないと思っているよ」 「感情の面ではより複雑だね。僕はこれまでの2年間ローマのために戦ってきた。そして、それから8ケ月ほどで今度は対戦相手として戻らないといけないからね」 ▽また、リバプール1年目でPFA年間最優秀選手賞を受賞したサラーだが、個人賞よりもCLのタイトルをより欲していると主張している。 「それは100パーセント異なるものだ。チャンピオンズリーグを獲得することは街や地元ファン、世界中のファンにとってとても素晴らしいことだからね。だから、個人賞とチャンピオンズリーグを同列に扱うことはできない」 「チャンピオンズリーグ制覇はとてつもない偉業なんだ。僕たちはその偉業を成し遂げるために自分たちの持てる100パーセントを尽くして戦っていくつもりだ」 2018.04.23 14:32 Mon
twitterfacebook
thumb

シック、待望のローマでのリーグ初ゴールに「あまりに長い間待ち続けていた」

▽ローマに所属するチェコ代表FWパトリック・シックが移籍後初となるセリエAでのゴールを喜んでいる。イタリア『メディアセット・プレミアム』が伝えている。 ▽昨夏、リバプールに旅立ったエジプト代表FWモハメド・サラーの後釜としてクラブ史上最高額の4200万ユーロ(約55億6000万円)でサンプドリアからローマに加入したシック。しかし、度重なる負傷で出遅れると、ここまでリーグ戦17試合ノーゴールと大きく期待を裏切る状況が続いていた。 ▽しかし、21日に行われたセリエA第34節のSPAL戦(3-0で勝利)で先発出場したシックは2点リードで迎えた59分にCKの流れから右サイドでMFロレンツォ・ペッレグリーニが左足で入れたクロスを頭で合わせ、待望の移籍後初となるリーグ戦でのゴールを記録した。 ▽同試合後、『メディアセット・プレミアム』のインタビューに答えたシックは待望の初ゴールを素直に喜んでいる。 「ようやくだね。僕はあまりに長い間(ゴールを)待ち続けていたんだ」 「僕はチームのために働き、そうすればそのうちにゴールを決められると思っていた。多くのケガの影響で良いスタートを切ることはできなかったけど、今は全く問題がないし幸せな気持ちだよ」 ▽また、チーム2点目の場面ではMFラジャ・ナインゴランのミドルシュートをゴール前でコースを変えたように見えていたが、ボールに触れていなかったことを認めている。 「いや、僕のゴールではないよ。ボールに触ろうとしたけど、届かなかったんだ。ただ、今日のコンディションはかなり暑かったし、まずはチームの勝利が重要だった」 「今は次のリバプール戦に集中している。僕たちはバルセロナとのゲームで見せたような態度を次のゲームでも見せなければならない」 2018.04.22 15:04 Sun
twitterfacebook
thumb

シックの移籍後セリエA初弾など3発快勝のローマが3位死守! リバプール戦に弾み《セリエA》

▽ローマは21日、セリエA第34節でSPALとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節ジェノア戦を2-1で逃げ切って3位を死守したローマ(勝ち点64)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦を控える中、ゼコやジェンギズ、デ・ロッシら主力をベンチスタートとし、シックやゴナロンらバックアッパーを起用。そして、今冬に加入したホナタン・シルバがデビューを飾った。 ▽残留圏内ぎりぎりに位置する17位SPAL(勝ち点29)に対し、[4-3-3]で臨んだローマは3トップに右からナインゴラン、シック、エル・シャーラウィと並べた。 ▽慎重に立ち上がった一戦は、12分にローマがピンチを迎える。ファシオがボックス内でアンテヌッチと入れ替わられそうになったところで交錯。しかし、主審はノーファウルの判定を下した。 ▽攻撃の形を作れずにいたローマだったが、22分にチャンス。高い位置でボールを奪ってエル・シャーラウィがボックス手前左からコントロールシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽その後もペースを握れずにいたローマだったが、35分に先制する。敵陣でボールを奪ってショートカウンターに転じ、ストロートマンのパスを受けた右サイドのペッレグリーニが入れたクロスをクリアにかかったヴィカリのオウンゴールを誘った。 ▽続く41分にもペッレグリーニがGKを強襲するシュートを浴びせたローマは、追加タイム2分に決定機。シックの浮き球パスに反応してボックス中央に侵入したエル・シャーラウィがシュートに持ち込んだがGKにセーブされ、前半を1点のリードで終えた。 ▽それでも迎えた後半、52分にローマが突き放す。FKの流れからボックス右角のナインゴランがミドルシュート。これがゴール左に突き刺さった。その後、パロスキの決定的なシュートをGKアリソンがファインセーブで阻止したローマは、エル・シャーラウィのシュートはセーブされるも、59分に勝負を決定付ける。CKの流れから右サイドのペッレグリーニが左足で上げたインスウィングのクロスをシックが頭で押し込んだ。 ▽シックの移籍後セリエA初ゴールで勝負を決定付けた余裕のローマは、ストロートマン、ナインゴランを下げてリバプール戦に向けて調整。そのまま3-0で快勝し、3位を死守してリバプール戦に弾みを付けている。 2018.04.22 00:00 Sun
twitterfacebook
thumb

躍進ローマのナインゴラン、CLで戦う喜びを語る「サッカーをプレーする者全員の夢」

ローマのMFラジャ・ナインゴランが、ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)の公式ウェブサイトでインタビューに応じ、チャンピオンズリーグ(CL)で戦う喜びを語った。<br><br>エウゼビオ・ディ・フランチェスコ率いるローマは、CL準々決勝バルセロナと対戦。1stレグを1-4で落とし、逆転突破には2ndレグで最低でも3ゴールが必要な状況だったが、6分のFWエディン・ジェコの先制点を皮切りに、3-0で勝利を収めた。2試合合計スコアは4-4となったが、アウェイゴール差により、1983-84シーズン以来34年ぶりのベスト4進出を決め、準決勝ではリバプールとの対戦が予定されている。<br><br>&ldquo;ニンジャ&rdquo;ことベルギー代表MFは、キャリアにおいてCLでプレーするという夢を実現できたことを喜んだ。<br><br>「CLは、サッカーをプレーする者全員の夢だと思う。俺はトレーニングに励んで、夢を実現することができた。CLの舞台は違った空気が流れているし、別物だと思う。一発勝負のようなものなので、常に勝ち抜けるチャンスはある。実際、大会としては短いし、ミスをすればその犠牲を払わなければならない。だが高い満足感を得ることもできる。自分たちはこれを目指している」<br><br>また29歳のナインゴランは、自身のもう1つの目標として、ロシア・ワールドカップ出場を挙げた。<br><br>「俺は今まで、チームメートのためにも、クラブのためにも自分の持てる力をすべて出し尽くしてきた。力を出し尽くすことは重要だと思うし、俺は常に実行してきた。難しいとは思うが、あと俺に足りないのはワールドカップだけだ。挑戦したい」<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマとリバプールでプレーしたリーセ氏がCL準決勝を予想「どちらか選べと言われたら…」

▽かつてリバプールとローマの両クラブで活躍したヨン・アルネ・リーセ氏は、この2クラブがチャンピオンズリーグ準決勝で戦うことに興奮している。イタリア『レッゴ』のインタビューで、試合の展望などを語った。 ▽リーセ氏は「ローマとリバプールは互角」と分析。しかし、「ローマの方が経験豊富でソリッドだ。(ユルゲン・)クロップのチームはより技術があってスペクタクルだね。どちらかを選べと言われたらローマだ。2ndレグがホームで、彼らにはファンがついている」と語った。 ▽ローマにとって最も警戒すべき相手は、リーセ氏と同じように両クラブでプレーしているFWモハメド・サラーだ。リーセ氏は「彼のことは50センチも外せない。ただ、彼の位置には(アレクサンダル・)コラロフがいる。自分からみて、世界トップレベルのサイドバックだよ」とコメント。カギとなり得るマッチアップについて話した。 ▽準決勝1stレグは24日に行われる。ローマホームでの2ndレグは、5月2日に開催予定だ。 2018.04.20 23:10 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース