ジダン・マドリー、ケイン獲得へ?2016.01.08 16:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽先日にジネディーヌ・ジダン監督がトップチーム指揮官に就任したレアル・マドリーが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(22)に触手を伸ばそうとしているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽今年2月に31歳となるFWクリスティアーノ・ロナウドからの世代交代を見据えるマドリーは、新たなゴールゲッターとしてケインに目をつけているようだ。昨シーズンに大きな飛躍を遂げたケインは今シーズン、序盤こそネットを揺らすことに苦労したが、徐々に調子を上げており、リーグ戦で11ゴールを記録している。

▽なお、マドリーとトッテナムは、過去にMFルカ・モドリッチやMFガレス・ベイルの移籍を成立させるなど、良好な関係を築いている。

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤン、レアル・マドリー移籍希望発言を否定 「僕はドルトムントの選手」

FWピエール=エメリク・オーバメヤンは、レアル・マドリーへの移籍の可能性を示唆したとされる発言について、意図とは異なる形で伝えられたと主張している。<br><br>昨シーズンのドルトムントでゴールを量産し、大きく評価を高めたオーバメヤンに対しては、他国の複数のビッグクラブが関心を抱いているのではないかとみられる。マドリーもそういったクラブの中のひとつだ。<br><br>フランス『フィガロ』は前日、オーバメヤンがドイツ『ZDF』にマドリーへの移籍の希望を口にしたと伝えた。だがオーバメヤンは『ツイッター』で次のように声明を発し、自身のものとされた発言の内容を否定している。<br><br>「僕がまったく言っていないようなことを、あらゆる場所で読むことができる。『レアル・マドリーだけが、僕をドルトムントから遠ざけることができる』というものだ。誰が僕の言葉を変えているのか知らないけど、人々が好き勝手なことをするのは悲しいことだ」<br><br>「僕はボルシア・ドルトムントの選手だ。どんなインタビューでも正直に、(マドリーでプレーすることは)子供の頃からの夢だと言ってきたけど、それ以上のことは何もない。ありがとう」<br><br>提供:goal.com 2016.07.28 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが新加入T・ムニエ2発含む3ゴールでモラタ先発のレアル・マドリー撃破《ICC2016》

▽28日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016米国・欧州ラウンドのレアル・マドリーvsパリ・サンジェルマンは、PSGが3-1で勝利した。 ▽米国・欧州ラウンドの開幕ゲームとなるレアル・マドリーと、2戦目となるPSGが対峙した。レアル・マドリーは、ユベントスから買い戻したモラタを先発起用。対するPSGは、ベン・アルファとトマス・ムニエの新加入組がベンチスタートとなった。 ▽試合は開始早々の2分に動く。左サイドでドリブルを仕掛けたイコネが相手数人の囲い込みに動じることなくボックス中央に侵攻。最後はマルセロを抜き去り、相手GKとの一対一を冷静に制し、PSGが先制する。 ▽出鼻をくじかれたレアル・マドリーは、ボールの主導権を握りながら押し込みにかかると、18分にボックス左外からコバチッチが右足を鋭く振り抜く。ボールは枠の右隅を捉えたかに思われたが、惜しくも右ポストに嫌われてしまう。 ▽すると、PSGは35分、12分にチアゴ・シウバとの交代でピッチに立ったT・ムニエの強烈なミドルシュートで追加点を奪取。続く40分には、T・ムニエが敵陣の高い位置でラインの背後に抜け出して、GKとの一対一を迎える。一度目のシュートはGKにブロックされるも、こぼれ球を押し込み、チームに3点目をもたらした。 ▽立て続けの失点で大量リードを許したレアル・マドリーは、43分にオーリエのハイドを誘い、PKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げたマルセロが左足のシュートをゴール右隅に沈め、レアル・マドリーが1点を返してハーフタイムを迎えた。 ▽後半を迎えると、全選手をハーフタイムから一新したレアル・マドリーが押し気味に試合を進めていく。しかし、攻撃をゴールに結び付けられずにいると、後半途中からディ・マリアや、新加入のベン・アルファらを投入したPSGの勢いに押され始める。 ▽結局、相手の攻撃をPKのみの1点に抑え込んだPSGが3-1で白星。24日に行われた第1戦のインテル戦に続く白星でICC連勝を飾った。敗れたレアル・マドリーは、30日に行われる次戦でチェルシーと対戦。PSGは31日にレスター・シティと激突する。 2016.07.28 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、中盤の戦力が過剰に? 3選手を放出する可能性

レアル・マドリーは今夏の移籍市場が閉まるまでに中盤の戦力を整える必要があるかもしれない。<br><br>レアルは近年、FWカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの&ldquo;BBC&rdquo;を3トップに据える4-3-3で成功を収めてきた。この布陣の基礎を築いたのはカルロ・アンチェロッティ現バイエルン・ミュンヘン監督である。当時アシスタントコーチを務めていたジネディーヌ・ジダン監督もこれに続き、2016-17シーズンでも基本的に同様のシステムで臨むことが予想される。<br><br>マドリーの現所属選手は25名。ジダン監督は各ポジションに2選手ずつ抱えることを理想としている。中盤にはカゼミロ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースと昨季レギュラーに定着した3選手がおり、加えてイスコ、ハメス・ロドリゲス、マテオ・コバチッチ、マルコ・アセンシオ、マルティン・ウーデゴール、マルコス・ジョレンテと6選手が出場機会をうかがう状況だ。<br><br>このまま行くと、ジダン監督の考えでは3選手が余剰戦力になる。レアルはウーデゴールやコバチッチの放出を検討しているとみられるが、一方でカンテラーノのジョレンテや今夏エスパニョールから復帰したアセンシオをチームに残す方針だとも言われる。<br><br>さらに、レアルはユベントスMFポール・ポグバ獲得を完全にあきらめているわけではない。ポグバが加入するとなれば、イスコやハメスが出場機会を求めて移籍に傾く可能性もある。<br><br>ジダン監督は26日の公式会見で8月31日までは何もかもが起こり得ると話していた。最終的にレアルが獲得・放出するのはどの選手になるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 19:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダン、ポグバ獲得は「市場が閉まるまで分からない」、ハメスは残留と明言

レアル・マドリーを指揮するジネディーヌ・ジダン監督は、獲得を狙っているとうわさされるユベントスのフランス代表MFポール・ポグバについて「私には分からない」と話した。記者会見で語っている。<br><br>ポグバはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定的と見られているが、公式発表はされていない。レアル・マドリーは早くからポグバ獲得に向けて動いてきた経緯があることに加え、数多くのスター選手を獲得してきた歴史がある。このため、マドリード行きというどんでん返しがあるのではないかといううわさは絶えない。<br><br>ジダン監督は移籍マーケットでの動きについて、「ポグバが来るのかどうか、私には分からない。(移籍市場が閉まる)31日までは何もかも起こりえるからね」と話し、獲得に含みを持たせた。<br><br>さらに、「いつも言ってきたことだ。もっとも、今はポグバのことを話すべき時じゃない。すべてのクラブが彼を欲しがっている。素晴らしい選手だからね」と話し、フランス代表MFを狙っているのがレアル・マドリーだけではないと強調した。<br><br>また、移籍が噂されているコロンビア代表MFのハメス・ロドリゲスに関しては、「ハメスはレアル・マドリーの選手だ。そう言ってきたし、これからもそう。彼はレアル・マドリーに残るよ」と、残留する見込みであると明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、擁する選手たちの市場価値が最も高額なクラブに

レアル・マドリーは、世界で最も価値の高いサッカークラブだと言えそうだ。『Transfermarkt』の情報を基に、スペイン『マルカ』が各選手の市場価値を伝えている。<br><br>レアル・マドリーは、昨季に比べて9選手が市場価値を高めている。その9選手とはGKケイロル・ナバス、DFラファエル・ヴァラン、マルセロ、ダニエル・カルバハル、MFカゼミロ、トニ・クロース、ルーカス・バスケス、FWガレス・ベイル、カリム・ベンゼマである。<br><br>この価値を高めた選手たちを含め、レアルが現在擁する25選手の合計額は7億8330万ユーロだ。これはバルセロナ(7億7150万ユーロ)、バイエルン・ミュンヘン(5億7470万ユーロ)を抑え、世界一位の数字となる。<br><br>それぞれの選手の市場価値は以下のとおり<br><br>【昨季より市場価値が上がった選手】<br />K・ナバス(2000万ユーロ)<br />ヴァラン(3000万ユーロ)<br />マルセロ(3000万ユーロ)<br />カルバハル(2500万ユーロ)<br />カゼミロ(2000万ユーロ)<br />クロース(5500万ユーロ)<br />アセンシオ(1200万ユーロ)<br />ベイル(9000万ユーロ)<br />L・バスケス(1000万ユーロ)<br />ベンゼマ(6000万ユーロ)<br />モラタ(4000万ユーロ)<br><br>ヤニェス(300万ユーロ)※昨夏トップチームから昇格で、昨季のデータなし<br><br>【昨季より市場価値が下がった選手】<br />キコ・カシージャ(600万ユーロ)<br />セルヒオ・ラモス(4000万ユーロ)<br />ペペ(600万ユーロ)<br />ナチョ(500万ユーロ)<br />コエントラン(1000万ユーロ)<br />ダニーロ(1800万ユーロ)<br />L・シウバ(500万ユーロ)<br />モドリッチ(5000万ユーロ)<br />コバチッチ(2000万ユーロ)<br />ハメス(7000万ユーロ)<br />イスコ(3500万ユーロ)<br />クリスティアーノ・ロナウド(1億1000万ユーロ)<br />ヘセ(1400万ユーロ)<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 20:57 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース