ジダン・マドリー、ケイン獲得へ?2016.01.08 16:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽先日にジネディーヌ・ジダン監督がトップチーム指揮官に就任したレアル・マドリーが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(22)に触手を伸ばそうとしているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽今年2月に31歳となるFWクリスティアーノ・ロナウドからの世代交代を見据えるマドリーは、新たなゴールゲッターとしてケインに目をつけているようだ。昨シーズンに大きな飛躍を遂げたケインは今シーズン、序盤こそネットを揺らすことに苦労したが、徐々に調子を上げており、リーグ戦で11ゴールを記録している。

▽なお、マドリーとトッテナムは、過去にMFルカ・モドリッチやMFガレス・ベイルの移籍を成立させるなど、良好な関係を築いている。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、セビージャ戦の敗戦を引きずらず...「この勝利が我々をより強くする」

レアル・マドリーは、先日のセビージャ戦での敗戦を引きずるつもりはないようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>15日のリーガエスパニョーラ第18節で、セビージャに1-2と敗れたレアル。これにより昨年4月4日から続いていた連続無敗記録が「40」で途切れた。だがジネディーヌ・ジダン監督はセビージャ戦直後にアウェイのロッカールームで、&ldquo;悪魔ばらい&rdquo;をするために短い演説を打って選手たちの団結を図ったという。<br><br>ジダン監督は雄弁だった。チームの犯したミス、また的確なプレーをいずれも指摘。指揮官にとっては、敗戦したとはいえポジティブな要素が多く残った試合だったとされる。<br><br>ジダン監督が心を痛めたのは、レアルの負け方だった。85分までリードして試合をコントロールしながら、終了間際に2点を叩き込まれて敵地サンチェス・ピスファンで屈した。試合終盤の逆転劇はジダン・マドリーの真骨頂とも言える強みだ。お株を奪われ、ショックも大きかったという。一方でフランス人指揮官はその責任を第一に負うべきは自分だと自覚している様子だ。<br><br>一方、ジダン監督は戦う姿勢を示したチームに満足感を覚えた。試合後の公式会見では「この敗戦が我々をより強くする」と語っている。今後の試合では、連続無敗記録の重圧から解放される。指揮官はそういったメリットにも目を向けている。<br><br>敗戦はいつか訪れるものである。ジダン・マドリーはまだ多くの試合が残されていることを理解している。アトレティコ・マドリー戦(3-0)、バルセロナ戦(1-1)、セビージャ戦(1-2)とのアウェーマッチで勝ち点5あるいは勝ち点7を獲得する目前だったが、それは叶わなかった。しかし、この3チームが後半戦でレアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウを訪れることを忘れてはならない。<br><br>レアルは監督・選手ともにその3試合がリーガ制覇の鍵を握ると予測している。過去8年間で1度しか達成できていないリーガの奪冠への道のりは、これからも続く。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.18 07:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガがセビージャサポーターのセルヒオ・ラモスに対する侮辱発言で処分要求

▽スペインプロリーグ機構であるラ・リーガは16日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグのセビージャvsレアル・マドリーでの侮辱的な発言に対して処分を求めたことを発表した。 ▽問題が起きたのは12日にサンチェス・ピスファンで行われた一戦。試合開始直後から、かつてセビージャでプレーしたマドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに対して侮辱的な発言が飛び交っていた。これに対して同選手は83分にパネンカ(チップキック)でPKを成功させて、セビージャサポーターに向かって挑発的な態度をとっていた。試合は、3-3の引き分けに終わるもマドリーが2戦合計で6-3として準々決勝に進出している。 ▽ラ・リーガの報告によると、セビージャのウルトラスが陣取るスタンドから、キックオフ前からも侮辱的な発言が飛び交っていた模様。「セルヒオ・ラモスはくそったれ」、「ラモス死ね」、「マドリーもバルサもうんざりだ」、「下劣なマドリー、下劣な首都」といった言葉が発せられていたという。 ▽ラ・リーガはセビージャサポーターの行動を問題視し、スペインサッカー連盟(RFEF)へ、セビージャに対して罰金やスタジアムの閉鎖などの処分を求めている模様。なお、今回の訴えでは、セビージャ側が申し出たPK後のセルヒオ・ラモスの挑発行為、スタジアムへの物の投げ込みなどに関するものは対象となっていない。 2017.01.17 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ戦で2失点のK・ナバス、ヨベティッチ弾の際には「飛び出すことを意識していた」

15日のリーガエスパニョーラ第18節、レアル・マドリーは敵地サンチェス・ピスファンでのセビージャ戦を1-2で落とした。GKケイロール・ナバスは、終了間際にスコアをひっくり返されたことについて、「注意力を保てなかった」との見解を述べている。<br><br>コスタリカ代表GKは、スペイン『Beinスポーツ』との試合後インタビューで次のようにコメントしている。<br><br>「最後まで集中しなければならない。彼らはボールを保持していたが、危険な場面を生み出していなかった。だから僕たちは少し落ち着いてしまって、おそらく必要なだけの注意力を保てなかったんだ」<br><br>FWステファン・ヨベティッチが決めたミドルでの逆転弾においては、K・ナバスのポジショニングの悪さが指摘されている。その場面については、次のように説明した。<br><br>「彼一人がこちらに向ってきていたから、飛び出すことを意識していたんだ。ミドルには手で触れたが、弾くことはできなかった。悲しいことだね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.16 23:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド復帰のポグバ「R・マドリーやバルサに移籍する可能性もあった」

▽フランス代表MFポール・ポグバが、昨夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッド加入を決断するまで、レアル・マドリー、バルセロナの2クラブのいずれかに移籍する可能性があったことを明かした。 ▽2012年夏にユナイテッドを去り、活躍の場を求めてユベントスに加入したポグバ。その後、ユベントスでスタープレーヤーへの階段を駆け上がると、昨夏に史上最高額の移籍金1億1000万ユーロで古巣ユナイテッドに復帰した。 ▽『RMC Sport』のインタビューに応じたポグバは、自身の去就に多くの注目を集めたその当時を振り返り、以前からいつの日かユナイテッドに復帰することを望んでいたことを告白した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 「昨夏の僕にはレアル・マドリーか、バルセロナに加入する可能性があった。両クラブともに関心を示してくれていたけど、僕は常日頃からマンチェスター・ユナイテッドに戻りたいと思っていた。僕が彼ら(マンチェスター・ユナイテッド)の下を離れたときから、彼らは僕の心にあった。僕は自分自身にいつの日か戻ってくると言い聞かせていたんだ」 ▽ユナイテッド復帰を決断した23歳のポグバは、今シーズンの序盤こそ新天地での適応に苦戦していたものの、徐々にフィット。ここまでは公式戦28試合に出場して6ゴール4アシストと調子を上げつつある。 2017.01.16 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣セビージャの観衆に嫌悪されるS・ラモス、「この状況は何をしても変わらない」

15日のリーガエスパニョーラ第18節、レアル・マドリーは敵地サンチェス・ピスファンでのセビージャ戦を1-2で落とし、連続無敗記録は40でストップした。しかしDFセルヒオ・ラモスは、自チームのパフォーマンスが誇るべきものであったとの見解を示している。<br><br>スペイン『マルカ』と『アス』がレアル・マドリー主将のコメントを伝えた。<br><br>「とても難しい試合になってしまったが、チームのパフォーマンスに胸を張らなくてはいけない。僕たちはこの一戦をほぼ支配していたのだから。確かに最後の10分間はうまく時間を使えなかったが、それでも長い間にわたって無敗を貫き、今も首位にいることを誇らなければね」<br><br>先のコパ・デル・レイのセビージャ戦では、ピスファンの一部観衆に侮辱的なチャントを浴びせられ、それに挑発的な振る舞いで応戦したS・ラモス。今回の一戦では、ボールに触れる度に強烈なブーイングを浴びせられることになった。<br><br>「ピッチに立つときには、気を逸らすようなことをすべて払いのけようと試みている。自分のオウンゴールについてはプレーの成り行きだったし、個人的に最高の試合を演じられたと思う。ピスファンにおける最高の一試合と言ってもいい」<br><br>「現実を変えることはできないし、受け入れなければ。もちろん違う歓迎を望んでいるけど、状況を変えようと試みた人々がいても、結局はどうにもならなかった。自分自身の姿勢には満足しているし、自チームでは愛情は感じられる。この件について、もうコメントしたくはない。もし言葉の暴力があったなら、手段を講じてくれればいいだけのことだ」<br><br>またGKケイロル・ナバスのポジショニングが疑問視されるセビージャの逆転弾については、次のように述べている。<br><br>「そのプレーはまだ見返していない。しかし誰かに責任を負わせる必要なんてないんだ。フットボールは全員で勝ち、全員で負けるものなんだからね」<br><br>S・ラモスは一方で、ジダン監督がこの試合で採用した3-5-2システムの感触についても語った。<br><br>「僕たちにとっては、驚きでも何でもない。使い慣れているシステムとはかなり異なるが、それでも良い結果をもたらしてきたものだ。このシステムだとポゼッション率を上げることができる。もし勝利していたら、試合記事に記される内容は変わっていただろうしね」<br><br>提供:goal.com 2017.01.16 09:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース