ジダン・マドリー、ケイン獲得へ?2016.01.08 16:19 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽先日にジネディーヌ・ジダン監督がトップチーム指揮官に就任したレアル・マドリーが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(22)に触手を伸ばそうとしているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽今年2月に31歳となるFWクリスティアーノ・ロナウドからの世代交代を見据えるマドリーは、新たなゴールゲッターとしてケインに目をつけているようだ。昨シーズンに大きな飛躍を遂げたケインは今シーズン、序盤こそネットを揺らすことに苦労したが、徐々に調子を上げており、リーグ戦で11ゴールを記録している。

▽なお、マドリーとトッテナムは、過去にMFルカ・モドリッチやMFガレス・ベイルの移籍を成立させるなど、良好な関係を築いている。

コメント

関連ニュース

thumb

ピケがまたもマドリーをディスる…ウンデシマに対して「常に簡単な相手と対戦してきた」

▽バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが、ライバルチームであるレアル・マドリーを再び“口撃”した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽これまでも度々、マドリーへの口撃を行ってきたピケ。今回は自身のツイッターを介して、『#askPique』のハッシュタグを用いてファンからの質問に受け答えした。 ▽その中でピケは、マドリーが昨季のチャンピオンズリーグ(CL)で“ウンデシマ”(=11度目の優勝)を達成したことについて言及。グループステージから決勝トーナメントまで簡単な試合ばかりだったと語った。 「とても簡単なグループ(パリ・サンジェルマン、シャフタール、マルメ)に属し、決勝トーナメント1回戦ではイタリアの3位チーム(ローマ)と対戦。準々決勝ではドイツの8位(ヴォルフスブルク)、そして準決勝ではイングランドの4位(マンチェスター・シティ)と対戦だった。さらに2ndレグはすべてホームだったよ」 2016.08.25 10:14 Thu
twitterfacebook
thumb

CLグループステージ出場32クラブ決定! ポッド1はマドリー、バルサらに加えレスターが入る!!《CL》

▽24日にチャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフの全日程が終了し、グループステージ出場32クラブおよび、ポッド分けが決定した。 ▽今回のポッド分けでは、ポッド1に前大会王者のレアル・マドリーと、2015-16シーズン終了時点でのUEFAカントリーランキング上位7協会の国内リーグ王者が入る。そのためプレミアリーグを制したレスター・シティに加え、バルセロナ、バイエルン、ユベントス、ベンフィカ、パリ・サンジェルマン、CSKAモスクワが同じポッドとなった。 ▽そのほか3つのポッドには、昨シーズン終了時点でのUEFAクラブ係数に基づいて割り振られる。そのため、CLプレーオフ組のマンチェスターシティは、ポッド1に次ぐ位置づけとなるポッド2に入っている。 ▽また、日本人所属クラブでは、FW岡崎慎司の所属するレスターは前述したようにポッド1、MF香川真司の所属するドルトムントはポッド2、MF清武弘嗣の所属するセビージャはポッド2となった。したがって、同じポッド2の香川と清武が同じグループに入ることはないが、ポッド1の岡崎に関してはポッドと国が異なる両選手と対戦する可能性がある。 ▽なお、グループステージの抽選会は日本時間25日の25時から行われる。今回発表されたポッド分けは以下の通り。 ◆CLグループステージポッド分け 【ポッド1】 レアル・マドリー(スペイン) バルセロナ(スペイン) レスター・シティ(イングランド) バイエルン(ドイツ) ユベントス(イタリア) ベンフィカ(ポルトガル) パリ・サンジェルマン(フランス) CSKAモスクワ(ロシア) 【ポッド2】 アトレティコ・マドリー(スペイン) ドルトムント(ドイツ) アーセナル(イングランド) マンチェスター・シティ(イングランド) セビージャ(スペイン) ポルト(ポルトガル) ナポリ(イタリア) レバークーゼン(ドイツ) 【ポッド3】 バーゼル(スイス) トッテナム(イングランド) ディナモ・キエフ(ウクライナ) リヨン(フランス) PSV(オランダ) スポルティング(ポルトガル) クラブ・ブルージュ(ベルギー) ボルシアMG(ドイツ) 【ポッド4】 セルティック(スコットランド) モナコ(フランス) ベシクタシュ(トルコ) レギア・ワルシャワ(ポーランド) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ルドゴレツ・ラズグラト(ブルガリア) コペンハーゲン(デンマーク) ロストフ(ロシア) 2016.08.25 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、年俸11億円超でベイルと契約延長へ C・ロナウドやウーデゴールとも新契約締結か

レアル・マドリーはMFガレス・ベイルとの契約延長を望んでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>2014年夏にトッテナムからマドリーに加入したベイルは、加入後の3年間で2度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献。今夏行われたユーロ2016ではウェールズ代表のエースとして母国をベスト4に導き、世界屈指の選手であることを示した。<br><br>マドリーはベイルの活躍を評価するべく、新契約の締結を検討している。クラブは2021年までとなる契約延長(現行契約2019年まで)、現所属選手の中で年俸額2位のDFセルヒオ・ラモスの年俸1000万ユーロ(約11億円)を上回るサラリーを準備しているようだ。<br><br>またマドリーは9月末までにFWクリスティアーノ・ロナウドの契約延長をまとめる考えだ。現行契約を2018年までとしている同選手には、2年契約+1年延長オプションが用意されている模様。最大で2021年までの契約延長となる。ポルトガル代表FWは、今後もチームトップの年俸2100万ユーロ(約23億7000万円)を受け取るとされる。<br><br>さらに、マドリーはMFマルティン・ウーデゴールの2021年までの契約延長も考慮している。この夏こそ移籍先を模索しているノルウェー代表MFだが、クラブ首脳陣の未来に向けた期待値は高く、ベイル、C・ロナウドに続いて新たな契約が結ばれる予定だ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.24 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

アセンシオ活躍の裏で…マドリディスタはハメス売却に賛成

▽レアル・マドリーのサポーターたちは、とっくに“10番”をいないものだと考えているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽2014-15シーズンにモナコからマドリーに加入したハメス・ロドリゲス。ブラジル・ワールドカップでのパフォーマンスを期待されるも、マドリーでは定位置をつかみ取ることができず。今夏の移籍市場ではスペインメディアに放出候補と報じられていた。 ▽現在はチームに残っており、21日に行われたリーガエスパニョーラ第1節のソシエダ戦では77分から途中出場。しかし印象的なパフォーマンスを発揮できなかった。 ▽一方、今季からマドリーに復帰したスペイン代表FWマルコ・アセンシオは同試合に先発出場を果たすと、40分には華麗なループシュートを沈めるなど好パフォーマンスを発揮した。この結果『マルカ』は、ハメス・ロドリゲスのチーム内での序列が再び下がったと報道。現時点では、アセンシオ、ルーカス・バスケス、マテオ・コバチッチ、イスコらよりも下に位置しているという。 ▽さらに『マルカ』は、ハメス・ロドリゲスに関するオンライン投票を実施。2万9000もの投票の結果、約59%が同選手の放出に賛成していることが明らかになった。 ▽移籍市場は今月31日まで開いているが、果たしてハメス・ロドリゲスはこのままマドリーに残留していばらの道を進むのだろうか――。 2016.08.24 11:07 Wed
twitterfacebook
thumb

リーガ白星発進のレアル・マドリー、昨季開幕戦から5つの変化

レアル・マドリーは21日に行われたリーガエスパニョーラ開幕節、敵地アノエタでレアル・ソシエダに3-0と快勝した。チームには、昨シーズンの同時期に比べて5つの変化があったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>ラファエル・ベニテス前監督が率いた昨シーズンのマドリーは、開幕戦で敵地モリノンを訪れてスポルティング・ヒホンと対戦。90分を0-0で終え、ドロー発進した。最終的にバルセロナが優勝を飾ったリーガにおいて、勝ち点2を落としたのは後々大きな痛手となった。<br><br>だがジネディーヌ・ジダン監督のマドリーは、多くのビッグチームが勝ち点を落とすソシエダの本拠地アノエタで3得点を挙げて快勝してみせた。マドリーは昨シーズンから数えてリーガのアウェイ戦で9試合無敗を続けている。最後に敗戦したのは、12月13日のビジャレアル戦だ。これがチームに起きた1つ目の変化である。<br><br>2つ目の変化は、メンバーとシステムの変更だ。ベニテス前監督はヒホン戦で4-3-3を採用。負傷欠場したFWカリム・ベンゼマの代わりには、ヘセ・ロドリゲス(今夏パリ・サンジェルマンに移籍)を1トップに置き、ガレス・ベイルをトップ下に、さらにダニエル・カルバハルにベンチに追いやり加入したばかりのダニーロを右サイドバックに起用した。<br><br>一方、ジダン監督は4-3-3、4-4-2、4-1-4-1を併用しながらソシエダと戦った。今夏マドリーに復帰したマルコ・アセンシオ、アルバロ・モラタを積極的に起用。ルカ・モドリッチを欠いた中盤には、イスコでもハメス・ロドリゲスでもなくマテオ・コバチッチを据えた。クリスティアーノ・ロナウドを負傷で欠いた試合でベイル、モラタ、アセンシオを前線に並べての3得点勝利はマドリーファンの期待値を高めるに十分なものだった。<br><br>そして、ジダン監督はマドリー生え抜きの選手を多く起用している。これが3つ目の変化だ。今シーズンの開幕戦でピッチに立ったカンテラーノ(下部組織出身選手)は5人。GKキコ・カシージャ、カルバハル、カセミロ、モラタが先発で、ルーカス・バスケスが途中出場で勝利に貢献した。昨シーズンのヒホン戦で、ピッチに立ったカンテラーノはヘセだけだった。また、昨シーズンは開幕戦にスタメン出場したスペイン人選手がヘセ1人だったのに対し、今シーズンは開幕戦で5人のスペイン人選手が先発している。<br><br>試合に関して言えば、決定力の向上が4つ目の変化として浮き彫りになる。マドリーは昨シーズンの開幕戦で計27本のシュートを浴びせ、8本シュートを枠内に収めながら無得点に終わった。今シーズン、ソシエダ戦では18本のシュートで3ゴール(ベイル2得点・アセンシオ1得点)を記録した。<br><br>また、5つ目の変化としてジャッジへの対応が挙げられる。昨シーズン、マドリーはヒホン戦でC・ロナウドに対するPKの笛が吹かれなかったことに憤慨した。だが今シーズンはソシエダ側が判定に不満を爆発させ、それが試合をヒートアップさせる要因にもなっている。<br><br>マドリーはジダン監督の下、確かな変化を加えながら前進しているようだ。2011-12シーズン以来の優勝を果たし、2連覇中のバルセロナから覇権を奪い返せるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.23 20:32 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース