磐田が鳥栖GK奥田達朗を完全移籍で獲得「素晴らしいクラブ」2016.01.07 15:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は7日、鳥栖のGK奥田達朗(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽奥田は愛知学院大から2011年に鳥栖へ加入。5シーズン在籍しJ1通算8試合、J2通算1試合に出場。2014年からはリーグ戦に出場していない。奥田は磐田を通じて意気込みを語っている。

「初めまして! サガン鳥栖から加入します、奥田達朗です。このような素晴らしいクラブでプレーできるチャンスを頂いて、感謝しています。ジュビロ磐田の為に全力で戦います! これからよろしくお願いします」

▽また、5シーズン在籍した鳥栖を通じてもコメント。新天地での飛躍を誓った。

「5年間プレーさせてもらったサガン鳥栖を離れるのはすごく寂しいですが、新たな舞台で成長した姿をみなさんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございございました!」

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:川崎フロンターレ 1-0 ジュビロ磐田《J1》

▽明治安田生命J1リーグ1stステージ第14節の川崎フロンターレvsジュビロ磐田が29日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で川崎Fが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 <div id="ad"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160529_29_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽川崎フロンターレ採点 GK 1 チョン・ソンリョン 5.5 後半序盤に小林祐のミドルシュートをファインセーブ DF 18 エウシーニョ 6.5 守備で崩れず、攻撃面でもOGを誘うなど貢献度が高かった 5 谷口彰悟 6.0 堅実な対応を継続。前半終盤に惜しいヘディングシュートも 23 エドゥアルド 6.5 大きなミスなく相手攻撃陣に好対応を続ける 20 車屋紳太郎 5.5 守備で崩れずも、もう少し攻撃に関与したかった MF 11 小林悠 5.5 精力的に動くも決定的な仕事はできず 21 エドゥアルド・ネット 6.0 体格を生かした厚い守備。好スルーパスで決定機演出も 14 中村憲剛 6.5 スルーパスやプレースキックでさすがの精度を見せた 19 森谷賢太郎 5.0 低調なパフォーマンスで前半のうちに交代 (→大塚翔平 6.0) 前者よりも攻守に絡んだ (→武岡優斗 -) 2 登里享平 5.5 左サイドハーフでプレーも、やや打開力を欠いた (→中野嘉大 -) FW 13 大久保嘉人 6.0 いつも通りゴールへの積極性を見せて相手の脅威となる 監督 風間八宏 6.0 崩すのに手こずるも、勝ち点3に相応しかった <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160529_28_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ジュビロ磐田採点 GK 1 八田直樹 5.5 ボックス外に飛び出すもボールに触れることができない場面があったが、それ以外は問題なし DF 33 藤田義明 5.5 可もなく不可もない平均的なパフォーマンス 35 森下俊 6.0 好カバーリングを継続。安定していた 3 大井健太郎 6.0 ゴール前での好ブロックを見せるなど良い出来 MF 9 太田吉彰 5.0 守備のタスクが多く、攻撃面で存在感を示せず (→中村太亮 -) 23 山本康裕 5.5 守備に集中し、中盤を締めた 13 宮崎智彦 6.0 バイタルエリアの危険なスペースを埋める。際どいミドルシュートも 4 小林祐希 5.0 良いミドルシュートもあったが、それほどアクセントを付けることができず (→松井大輔 -) 15 アダイウトン 5.5 要所で鋭い仕掛けも、中央寄りで少し窮屈そうなプレーぶり 24 小川大貴 5.5 OGは不運。堅実な守備に加え、攻撃時のサポートも良かった FW 8 ジェイ 5.0 負傷明けで本来の出来になかった (→齊藤和樹 5.5) ほとんど仕事ができず 監督 名波浩 5.5 守備面で機能も、ゴールを奪うプランが見えなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! エウシーニョ(川崎F) ▽安定感のある守備に加え、持ち味の攻撃参加から試合を決めるプレーを見せた。 川崎F 1-0 磐田 【川崎F】 OG(後43) 2016.05.29 21:18 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤のOGで磐田を下した川崎Fが首位キープ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ1stステージ第14節の川崎フロンターレvsジュビロ磐田が29日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで8勝4分け1敗で首位の川崎Fと、同5勝4分け4敗で7位に位置する磐田が相まみえた。直近5試合で3勝2分けと勝ち点を積み重ねる川崎Fは、ここ5戦で4ゴールと好調の大久保と、日本代表に選出された小林悠が順当に先発入りした。一方、前節の甲府戦を3-1と快勝した磐田は、3試合連続ゴール中で日本代表に初選出された小林祐がスタメンに名を連ねた。 <div id="ad"></div> ▽序盤にペースを握ったホームの川崎Fは、7分に最初の決定機を迎える。エドゥアルド・ネットの絶妙なスルーパスでボックス左に抜け出した大久保がシュート。しかし、これは素早く間合いを詰めてきたGK八田の好ブロックに遭って先制とはならない。 ▽一方、最前線のジェイの後方に小林祐とアダイウトンを置く[3-4-2-1]を採用した磐田も徐々に盛り返す。守備時は2シャドーのアダイウトンと小林祐がそれぞれ左右のサイドをケアし、[5-4]のブロックで川崎Fの攻撃力を封じにかかる。 ▽前半の半ば以降は、両者共にチャンスをつくれない。ポゼッションで優位に立つも相手を崩しきれないチームを見かねた川崎Fの風間監督は、38分に森谷を下げて大塚を投入。すると、43分にセットプレーからゴールチャンスが訪れる。左サイドから中村が入れたFKにファーの谷口がヘッド。しかし、これは右のクロスバーに弾かれた。 ▽迎えた後半も川崎Fがボールを保持する展開となる。だが、先にゴールへ近づいたのは磐田。55分、ミドルレンジから左足を振り抜いた小林祐の鋭いシュートがゴール左に飛ぶ。しかし、これはGKチョン・ソンリョンのファインセーブに遭う。 ▽対する川崎Fも中村を軸にゴールへ迫る。62分には中村の左CKからファーの大久保が放ったシュートがわずかに枠をはずす。終盤にかけて一方的に攻めた磐田は、76分にも好機。中村からの絶妙なスルーパスでボックス右に抜け出した小林が、飛び出してきたGKを尻目にクロスを送る。しかし、正面でフリーの大久保には、わずかに合わない。 ▽それでも、川崎Fがついにゴールをこじ開ける。88分、ボックス右に走りこんだエウシニョが大久保からのパスをダイレクトで折り返す。このボールが磐田DF小川のオウンゴールを誘い、スコアを動かした。 ▽その後、このゴールを守りきった川崎Fがそのまま逃げ切り。最近6試合で4勝目となる白星を奪取し、首位をキープした。 2016.05.29 21:17 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が“ビッグマウス”小林祐希に期待感…「メンタルの伴った選手が現れたのかな」《日本代表海外組合宿》

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は27日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、合宿4日目を行った。練習後にミックスゾーンで記者の取材に応じたFW本田圭佑(ミラン)は、“ビッグマウス”としても注目を集める初招集のMF小林祐希(ジュビロ磐田)について、「少し自分の若い頃にダブる」と述べ、「メンタルの伴った選手が現れたのかな」と期待感を口にした。 ◆FW<B>本田圭佑</B>(ミラン/イタリア) <B>――A代表に初選出されたジュビロ磐田の小林祐希選手に期待する部分は?</B> 「楽しみですし、色々と吸収したい。実のところ、小林くんとは一度ミラノで食事をしたことがあって。そのときが初対面だったけど、自分に自信があるっていう意味で、何も恐れずにしっかりと発言するところとか、少し自分の若い頃にダブる部分もある」 <div id="ad"></div> 「クオリティは、おそらく(ガンバ大阪のFW宇佐美)貴史とかと同じ世代なのかな。僕らの世代のときよりもあるでしょうし。メンタルの伴った選手が現れたのかなという風に期待している。話したときは、面白い青年だなと思ったし、すごい伸び代を感じましたね」 <B>――小林のプレーは見たことはあるのか?</B> 「何度かは。僕はホルンのオーナーですよ(笑)。オランダに行ってから、Jリーグを全然見なくなってたけど、ホルンの選手のことを考え始めたら、結構浦和(レッズ)の試合とかね(笑)。(名古屋)グランパスは、本当に知らない選手ばっかりだなと思いながら(笑)」 「彼自身が言ってきたことを実現していくかを注目してあげてほしい。そういう発言するタイプっていうのは、日本において少ないわけですから。希少価値が高いので大事にしてあげてほしいと思う」 2016.05.27 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表初招集に意気込む磐田MF小林祐希「恩返しできるように」

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、6月3日と7日に行われるキリンカップサッカー2016に臨む日本代表メンバーを発表した。代表に初選出されたジュビロ磐田のMF小林祐希がクラブ公式サイトでコメントを残している。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「長い時間追跡してきた」と口にするほど評価されている小林は、初の日本代表選出を喜び、意気込みを語った。 「今回、世界を肌で感じられる日本代表というチャンスをもらえて、大変嬉しく思います。今まで支えてくれたサポーター、チームのみんなや周りの方々に感謝し、恩返しできるように頑張ります」 2016.05.26 20:24 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島が杉本弾で追いつくもドロー…磐田の敗退が決定《ナビスコカップ》

▽25日に県立カシマサッカースタジアムで行われたヤマザキナビスコカップ2016のグループA第6節、鹿島アントラーズvsジュビロ磐田の一戦は、1-1のドローに終わった。 ▽前節、湘南ベルマーレ相手に後半アディショナルタイムで失点し、前回王者ながら敗退が決定した鹿島は、ユースから今季昇格したDF町田やFW垣田、MF平戸など若手を多く起用。一方、勝ってグループステージ突破に望みを繋ぎたい磐田も、GK志村やDF大南、DF石田など若手選手を多数起用した。 ▽先手を奪ったのは磐田だった。17分、ボックス左でFKのチャンス。中村が左足でクロスを送ると、ファーサイドの藤田が頭で合わせ、磐田が先制する。 ▽先制を許してしまった鹿島は20分、西のスルーパスを受けた垣田がボックス内からシュート。相手DFに当ってコースが変わるも、シュートは左ポストを叩き、同点ゴールとはならない。 ▽垣田や鈴木を中心に磐田ゴールを脅かす鹿島だったが得点を奪えず。1点ビハインドで迎えた後半も、序盤から攻勢を掛けるが赤崎や大橋のシュートは枠を捉えられない。 ▽それでも58分、右サイドからの西のクロスを走り込んだ平戸がヘッド。これはGKに弾かれるも、杉本が蹴り込んで、鹿島が同点に追いつく。 ▽77分、ボックス手前からのFKを上田が得意の左足で直接狙うも、シュートは右ポストを直撃し得点とはならない。鹿島は途中出場のカイオが攻撃のスイッチを入れる役割を担うも、決定力を欠いてゴールを奪えず。そのまま試合は終了し、1-1のドロー。この結果、磐田の敗退も決定した。 2016.05.25 21:36 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース