磐田が鳥栖GK奥田達朗を完全移籍で獲得「素晴らしいクラブ」2016.01.07 15:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は7日、鳥栖のGK奥田達朗(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽奥田は愛知学院大から2011年に鳥栖へ加入。5シーズン在籍しJ1通算8試合、J2通算1試合に出場。2014年からはリーグ戦に出場していない。奥田は磐田を通じて意気込みを語っている。

「初めまして! サガン鳥栖から加入します、奥田達朗です。このような素晴らしいクラブでプレーできるチャンスを頂いて、感謝しています。ジュビロ磐田の為に全力で戦います! これからよろしくお願いします」

▽また、5シーズン在籍した鳥栖を通じてもコメント。新天地での飛躍を誓った。

「5年間プレーさせてもらったサガン鳥栖を離れるのはすごく寂しいですが、新たな舞台で成長した姿をみなさんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございございました!」

コメント

関連ニュース

thumb

磐田退団のDF高木和道、タイのクラブに完全移籍

▽ジュビロ磐田は9日、DF高木和道(36)がエアフォース・セントラルFC(タイ)に完全移籍することを発表した。 ▽滋賀県出身の高木は、これまで清水エスパルス、ヴィッセル神戸、ガンバ大阪、大分トリニータ、FC岐阜でプレー。2016年から磐田に加わった。 ▽しかし、明治安田生命J1リーグでの出場はなし。YBCルヴァンカップ3試合、天皇杯3試合1得点を記録するにとどまり、同年限りでの退団が発表されていた。 2017.01.14 12:42 Sat
twitterfacebook
thumb

新スコアラー候補のFW川又堅碁「ハマれば取れる。ハマらなかったら本当にヤバイ」

▽ジュビロ磐田は13日、2017シーズンの新体制発表会見を行った。 ▽FW川又堅碁はこの会見に新加入選手として名波浩監督と共に出席。昨シーズン限りで退団したFWジェイに代わるスコアラーとして寄せられる周囲の期待に対して、「ハマれば取れる。ハマらなかったら本当にヤバイ」と笑いを誘いつつ、ゴール量産に意欲を示した。 ◆FW<span style="font-weight:700;">川又堅碁</span>(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">――背番号20番について</span> 「本当は名古屋のときも20番が良かったけど、矢田旭がくれなかった(笑)」 <span style="font-weight:700;">――磐田でのプレーについて</span> 「まずは僕自身、自力で行くようなタイプではない。俊さんといかに良いコンビを組めるかだったり、チームに自分の特徴を生かしてもらえるように、練習から『自分はこうなんや』というのを見せていって、良さを出していってもらえれば」 <span style="font-weight:700;">――MF中村俊輔とのプレーは初</span> 「僕は前から俊さんとやりたいと思っていた。今回、実現したのは嬉しいけど、まだ実現しただけ。名波さんだったり、呼んでくれた服部さんだったり、社長だったり、チームに関係する人が喜べるような結果を残せたら最高」 <span style="font-weight:700;">――ストライカーとしての目標</span> 「目標はない。だけど、小学生のときから変わらないのは試合に出たら点を取るということ。取れなかったときに何が悪いのかを求めて次の試合に臨みたい」 <span style="font-weight:700;">――FWジェイの後釜としての期待</span> 「わからないけど、どうですかね。ハマれば取れると思う。実際、僕の方が点を取っていると思うし…ハマらなかったら本当にヤバイと思います(笑)」 <span style="font-weight:700;">――代表への思い</span> 「それはある。僕が小さい頃から見ていた俊さんからパスをもらえるということに関しては、僕が言える立場じゃないけど、(磐田と)契約してからずっとワクワクしていた。『早く(中村俊輔の磐田移籍を)発表してくれ』『遅すぎやろ!』と」 <span style="font-weight:700;">――自身の移籍時、中村俊の移籍は決まっていなかったのか</span> 「絶対決まってなかったと思う。だけど、僕は『決まってくれ!』と願っていた。報道も出ていなかったんじゃなかったかな。神が助けてくれました(笑)…『神ってる(笑)』」 2017.01.13 20:28 Fri
twitterfacebook
thumb

トリコロールからサックスブルーに染まったMF中村俊輔「ジュビロイズムを身体に」

▽ジュビロ磐田は13日、2017シーズンの新体制発表会見を行った。 ▽MF中村俊輔はこの会見に新加入選手として名波浩監督と共に出席。移籍決断の要因や、磐田というクラブの印象、抱負を語った。 ◆MF<span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">――磐田の歴史</span> 「僕が若い頃は名波さんをはじめ、代表選手が多い黄金時代。スター軍団がやっている感覚で、勝てない試合が多く、歯が立たなかった。今、そのチームに入れて、不思議な気持ち。ジュビロイズムを身体に感じて染み込ませて、グラウンドで発揮していきたい」 <span style="font-weight:700;">――これまでと違う青色のユニフォームに袖を通した感想</span> 「さっき川又と喋っていて、全然似合わないねって言われた。だから、お前もだよって言い返しといた。でも、セルティックの緑と白のユニフォームは自分の中で最初しっくりこなかった。プレーしていってチームのために貢献していくうちに自分色に染めていけば良いかなと感じている」 <span style="font-weight:700;">――ジュビロ磐田移籍の決め手</span> 「これというものはないけど、やっぱり名波さんの存在は大きいし、服部もそう。以前に一緒にプレーしていたというのは大きいことで、どういう方かもわかる。さっき名波さんも言っていたけど、部屋を行き来する仲じゃないけど、グラウンド上だったり、代表の色んな期間の中で人間性というのは見えてくるもの」 「1番は門を開けているというスタンス。あとは『人間性を重視する』『年齢は関係ない』という3つを言われただけで十分だった。基本は元にいたチーム(横浜F・マリノス)で(やる)っていうのがあった。だけど、ジワジワと状況も変わってきた」 <span style="font-weight:700;">――惹かれた名波監督の人間性</span> 「1番は選手のことを第一に考えているところ。それをすごく感じることができるし、現役時代も自分のプレーだけじゃなくて味方がどうやったら良いプレーができるかとか、チームがこうだから自分が今何をすべきなのかを客観的に見ることができる人」 <span style="font-weight:700;">――ヤマハスタジアムの印象、静岡県の印象</span> 「ファンの方の目が肥えているなと。昔からサッカー王国と言われているところなので。去年はたまたま点差が付いた試合になったけど、そういう印象よりもやられた印象の方が強い。サッカー専用スタジアムでファンとの距離も近いし、ホームの利を生かして『1点入ったら、3点取れるんじゃないか』という気持ちを抱かせるようなプレーをしつつ、相手のチームにとって嫌がられるような雰囲気をファンの方と作りたい。選手は監督から教えられるよりも、プレッシャーの中でやれば伸びる。そういう時間を増やせるように、選手がまず良いプレーを見せていければ」 <span style="font-weight:700;">――今回の移籍は自分にとってどういうものか</span> 「イタリアに行ったときは完全に挑戦だったし、行きたかったのはスペインだった。自分が足りないのはフィジカルだったし、ヒデさん(中田英寿)に刺激を受けてイタリアに行った。セルティックのときは、チャンピオンズリーグが理由だった。ストラカン監督が僕のサッカー感を好きでいてくれた。スペインのときはボロボロになったとしても、一回は経験しておきたいという挑戦の気持ち」 「今は状況も年齢も違う。マリノスで単純なものでそうでなくなったときに、今まで普通だったものが普通じゃなくなった時に、普通のサッカーがしたいと。その矢先に名波さんがすぐ駆けつけてくれたのは大きかった。タイミング的にも。あとはマリノスでもそうだったけど、一回自分とプレーしたことがある指導者の下で一回やってみたいなと。B級ライセンスを取った僕としても勉強になる。もちろん、それが目的で来たわけではないけどね」 「ただ、ここでは全くのゼロだし、全員のスタートラインが一緒。自分も競争してレギュラーを取って、今シーズンできる基盤を作って、チームを繋ぐ。そういうことをやっていかないといけないという気持ちが大きい。自分がいいプレーして、FKも決めて、川又とかに良いボール出してってことはすごく大事だと思うけど、それだけじゃない。新参者かもしれないけど、落とせるものは落として、このクラブが良い方向にいくんだったらそれでいい。うるさいかもしれないけど、口を出すかもしれない(笑)」 <span style="font-weight:700;">――個人としての目標</span> 「ジュビロのために総合的に何ができるかっていうことに常に気を配って、見渡してやっていきたいなと。例えば自主練。マリノスでもやってたけど若いFWを捕まえて『こういうトラップした方がいいから』と言ってパス出して一緒に練習したりしたい。逆に、ベテランの選手とよくコミュニケーション取ったりもしたい。今、32〜33歳の選手があと1年しかできないところを36歳になるまでジュビロに貢献し続けられるために何かができたらいい。自分自身、教わることの方が多いと思うけど、何頭も追うものがあるという『やりがい』があるから選んだ感じ」 2017.01.13 20:27 Fri
twitterfacebook
thumb

名波浩監督、新加入のMF中村俊輔を語る…「期待しかない」「大きな尊敬の念」

▽ジュビロ磐田は13日、2017シーズンの新体制発表会見を行った。 ▽この会見に新加入選手と共に出席した名波浩監督は、現役時代に日本代表でチームメートとしても共演したMF中村俊輔の加入について、「そりゃ、嬉しいですよね(笑)」と返答。「チームメートと良い関係性を築ければ1+1以上のものがどれくらい計り知れないものなのかをみんなに見ていただけると思う」と期待を寄せた。 ◆<span style="font-weight:700;">名波浩</span>監督(ジュビロ磐田) 「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。社長、服部強化本部長から細かいことを言っていただいたので、私からあまり言うことはないのかなと。どのみち、Q&Aがあるということなので、多くは語らないでおくが、正直なところ年末年始、気の抜けた生活をしていたので、今日も道中に渋滞に巻き込まれるという悪運から始まった。ただ、控え室で選手たちの顔を見て、やる気、野心にみなぎっているその姿勢だけで私の勝負に対するスイッチが入り、『今シーズンもやってやろう』という気になった」 「番記者の方は私と毎日のようにコミュニケーションを取っている中で感じているところはあるかも知れないが、今シーズンに入ってやっと『競争』というフレーズを出してもおかしくないレベルに達するのかなと思っている。ここにいるクオリティのある選手たち、将来を担う選手たち、既存の選手たちが融合したときに初めて競争が生まれる。昨シーズン、一昨シーズンもそうだったが、それ以上に期待が深まった。勝負ごとなのでやってみないとわからないが、十分に期待できるチーム作りができるという自信がある」 <span style="font-weight:700;">――今シーズンの目標</span> 「順位とか、勝ち点の目標という具体的なものは内に秘めているものこそあるが、ここで公表することではないと思うので、差し控えてさせていただきたい。だけど、得失点の+-0というのをミニマムな目標として、そこからより上に一つでも多く積み上げられれば、18クラブを二分割したときにA、Bというクラスでくくるとしたら、Aクラスにいるんじゃないかなと。この前、社長とお話をさせていただいたとき、A、B、Cの三分割にしてAに入ろうという話をしていたが、私はリアリスト。そこまでは求めていないが、もちろんのことより高いところに行ければ良いし、そういったチーム作りができればと思っている」 「それから、高みを目指すにあたって高めていることは得点力の部分。昨シーズン、37得点ということで得点が少ない。ご覧の通り、センターFW、トップ下、(高橋)祥平に関しても攻撃的なセンターバック。やはり攻めなければ我々の魅力は半減してしまう。高い位置からアプローチをかけるアクションサッカーをやっていく中で、下がって低い位置でボールを奪って60、70mもポゼッションしながら攻めるよりも、高い位置で奪って10、15秒でフィニッシュまで行くという形はそのまま浸透させていきたい。それを叶えてくれるだけのメンバーが集まってくれたので、既存の選手とうまく融合させていきたい」 <span style="font-weight:700;">――MF中村俊輔とは日本代表で共にプレーした間柄。マリノスから移籍してきた率直な感想</span> 「そりゃ、嬉しいですよね(笑)。先日、その辺のショッピングモールだったり、コンビニであったり、色んなところで俊輔の記事が出てから、街中で『期待してます!』『絶対獲ってください!』と言われるようになっていた」 「私と俊輔の関係性よりも、いちサッカーファンとして、みんなが見たいと思う選手が我々のクラブに来てくれて、自分の手元で羽ばたいてくれると思うと身震いがする。チームメートと良い関係性を築ければ1+1以上のものがどれくらい計り知れないものなのかをみんなに見ていただけると思う。もう期待しかない」 <span style="font-weight:700;">――日本代表でプレーしたことがあるMF中村俊輔に対する印象、評価</span> 「お互いの?(笑)。俊輔もそうだが、シャイボーイ。シャイボーイ同士、あんまり部屋の行き来もなく、練習、試合のピッチ上以外でそこまで絡んではいなかった。私自身、年齢、上下関係も気にせず発言するタイプ。俊輔は歳下だが、大きな尊敬の念を抱いているし、サッカーに対する情熱、気持ちが小さい頃から揺るがずにきているんだなとひしひしと感じている」 「もちろん、ここにいる選手も既存の選手もそうだが、私の手元にいる以上は全員が私の息子。社長にとっては孫かも知れないが、全員のことを息子だと思って振る舞う。なので、そういうつもりで接してきて欲しいし、どんな外的要因に晒されたとしてもそれを全て跳ね除けて守るという自信がある。自分の手元にある選手たちは非常に大切したい。これはクラブ全体、我々のスタンスです」 2017.01.13 20:26 Fri
twitterfacebook
thumb

「磐田は魅力のあるクラブ」…中村俊輔ら新加入組が抱負

▽ジュビロ磐田は13日、2017シーズンの新体制発表会見を行った。 ▽J1昇格初年度となった昨シーズンの明治安田生命J1リーグを13位で終えた磐田は、J1復帰から2シーズン目を迎える新シーズンに向け、MF中村俊輔やFW川又堅碁、DF高橋祥平ら計8名の獲得に成功。昨シーズン以上の成績が期待される。 ▽この新体制発表会見には、ビザの関係で来日が遅れているMFムサエフを除く新加入の7選手が出席。新シーズンからサックスブルーのユニフォームを身にまとう選手たちはそれぞれ抱負を語った。 ◆No.10 <span style="font-weight:700;">MF中村俊輔</span> 「マリノスから移籍してきた中村俊輔です。38歳ということで難しい決断だったが、(磐田は)すごい魅力のあるクラブだし、服部(年宏)さんだったり、名波(浩)さんが“門を開けて待っている状態"だったので、自分も挑戦しようと」 「期待だったりは十分わかっているので、あとはグラウンドで示すのが1番だと思っている。ジュビロのファンの方々にも、『アイツを獲って間違いなかったな』と思ってもらえるように、勝ち点を1つでも積み上げられるように精一杯プレーしたい」 ◆No.20 <span style="font-weight:700;">FW川又堅碁</span> 「名古屋グランパスから移籍してきた川又堅碁です。今シーズン、ジュビロでたくさん点を取れるように、俊さんから良いボールをもらえるようにしっかりと要求してゴールを取っていきたい。良いコンビになれるように努力するのでよろしくお願いします」 ◆No.14 <span style="font-weight:700;">MF松本昌也</span> 「自分自身、新たな挑戦。選手としても、1人の人間的にも成長できるように、あとはジュビロの力になれるように全力で頑張りたい。よろしくお願いします」 ◆No.26 <span style="font-weight:700;">MF藤川虎太朗</span> 「東福岡高校からやってきました藤川虎太朗です。1日でも早く試合に出て、点を決められるようにしたい。応援よろしくお願いします」 ◆No.34 <span style="font-weight:700;">MF針谷岳晃</span> 「昌平高校からきました針谷岳晃です。自分の持ち味であるパスやボールを失わないというところを発揮して、チームに貢献できるように頑張りたい。応援よろしくお願いします」 ◆No.36 <span style="font-weight:700;">GK三浦龍輝</span> 「AC長野パルセイロからきました三浦龍輝です。1日でも早くチームの力になれるように日々努力していきたい。応援よろしくお願いします」 ◆No.41 <span style="font-weight:700;">DF高橋祥平</span> 「ヴィッセル神戸から移籍してきました高橋祥平です。僕はディフェンダーなので、失点を少なくさせられるように、日々努力してチームのために貢献できればと思っている。よろしくお願いします」 2017.01.13 20:25 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース