超ワールドサッカー

磐田が鳥栖GK奥田達朗を完全移籍で獲得「素晴らしいクラブ」2016.01.07 15:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は7日、鳥栖のGK奥田達朗(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽奥田は愛知学院大から2011年に鳥栖へ加入。5シーズン在籍しJ1通算8試合、J2通算1試合に出場。2014年からはリーグ戦に出場していない。奥田は磐田を通じて意気込みを語っている。

「初めまして! サガン鳥栖から加入します、奥田達朗です。このような素晴らしいクラブでプレーできるチャンスを頂いて、感謝しています。ジュビロ磐田の為に全力で戦います! これからよろしくお願いします」

▽また、5シーズン在籍した鳥栖を通じてもコメント。新天地での飛躍を誓った。

「5年間プレーさせてもらったサガン鳥栖を離れるのはすごく寂しいですが、新たな舞台で成長した姿をみなさんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございございました!」

コメント

関連ニュース

thumb

両チームともに決定機を決めきれず…浮上を目指す2チームの一戦は痛み分けに終わる《J1》

▽27日に明治安田生命J1リーグ第13節のサンフレッチェ広島vsジュビロ磐田がエディオンスタジアム広島で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽前節のヴァンフォーレ甲府戦でリーグ戦では6試合ぶりの白星を飾った16位の広島(勝ち点9)が、柏レイソル戦に敗れて2連敗の4戦未勝利となった10位の磐田(勝ち点15)を迎えた。 ▽試合はアウェイの磐田が最初に決定機を迎えた。6分に左サイドからカットインしたムサエフが右足で上げたインスイングのクロスをボックス内の川又が収める。うまく反転してシュートを放っていったが、これは枠を捉えきれなかった。対する広島も直後の7分に左CKを獲得。ゴール前に遅れて入り込んでフリーとなった皆川が頭で狙うが、下がり気味に放ったヘディングシュートは枠を捉えきれない。 ▽その後も磐田はトップの川又を起点に、トップ下に入った松井がゲームを作り、アダイウトンやムサエフが積極的に仕掛けていく。広島は両サイドを使ってファイナルサードまでボールを運んでいった。しかし徐々に磐田がポゼッションを高めて広島を押し込んでいくと、29分には上田のアーリークロスに川又が頭で合わせるなど、次々とシュートを浴びせていった。 ▽すると広島も31分に久しぶりに相手陣内へ侵攻。中央からボールを運んだ柴崎が右にはたき、ミキッチがクロス。ボックス内でこぼれだと頃をアデルソン・ロペスが拾ってシュートを放つが、ここは大井がブロックに入った。広島は44分にも右サイドを駆け上がったミキッチのクロスを、ボックス内で柴崎がトラップ。そのまま右足を振り抜いたが、ボールは枠を捉えきれず。お互いに決定機を作りながらも、前半はゴールレスで終わった。 ▽両チームともに交代なしで迎えた後半、最初のチャンスは前半終盤に流れを掴んだ広島。ディフェンスラインの裏を狙った皆川に柏からのボールが通ると、巧みなトラップでゴール方向に体を向ける。そこからシュートまで放っていったが、GKカミンスキーが足でブロックして得点とはならなかった。 ▽磐田も55分、ボックス手前でボールを受けた松井がドリブルでボックス内に侵入。そのまま左足でループシュートを狙ったが、GK林が難なくキャッチする。59分には右サイドでうまく相手を外してアダイウトンがクロス。ボックス内で混戦となると、松井が左足で合わせるがGK林がセーブ。こぼれ球に櫻内が詰めるがここもGK林が好セーブで切り抜けた。 ▽磐田は78分、アダイウトン、中村太と繋いで最後はムサエフがシュート。しかし中に入り込んだ川又に当たってしまいチャンスを逸する。広島も79分に右サイドからのクロスにアンデルソン・ロペスが頭で合わせたが、ボールは枠を捉えきれない。 ▽結局試合はゴールが生まれずにドロー決着。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.05.27 15:56 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田MF中村俊輔が左ハムストリングス肉離れで約3週間の離脱

▽ジュビロ磐田は25日、MF中村俊輔の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、中村は23日のトレーニング中に負傷したとのこと。浜松市内の医療機関にて検査を受けた結果、左ハムストリングス肉離れと診断。トレーニング合流までは3週間程度を要するとのこと。27日の第13節サンフレッチェ広島戦、6月4日の第14節ガンバ大阪戦を欠場することとなる。 ▽中村は、今シーズンから磐田でプレー。明治安田生命J1リーグで11試合に出場し2得点を記録していた。 2017.05.25 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

クリス&中川弾にGK中村が躍動! 磐田撃破で6連勝の柏が暫定首位に浮上!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節、ジュビロ磐田vs柏レイソルが20日にヤマハスタジアムで行われ、アウェイの柏が2-0で勝利した。 ▽リーグ3試合勝利がない10位磐田と、破竹の5連勝で首位浦和レッズと勝ち点1差の3位に位置する柏の一戦。前節、川崎フロンターレに0-2で敗れた磐田は、4試合ぶりの勝利を目指すこの一戦に向けて先発2人を変更。小川大と松浦に代わって、アダイウトンと出場停止明けの宮崎が先発に復帰。対する柏は、前節のFC東京戦と同じ先発メンバーで6連勝を目指した。 ▽立ち上がりからオープンな攻防となった試合は、ホームの磐田が続けて決定機を作る。まずは4分、中村俊のスルーパスに抜け出したアダイウトンがボックス左でGKと一対一になるが、ここはGK中村航の好守に遭う。続く7分にはペナルティアーク付近の好位置で得たFKを名手中村俊が左足で狙うが、壁の上を越えたシュートはGK中村航に見事な反応で弾き出され、続け様のチャンスを逃した。 ▽絶好調の守護神の好守で序盤のピンチを凌いだ柏は、11分にボックス手前右で手塚が絶妙なコントロールシュートを放つが、こちらは相手GKカミンスキーの好守に阻まれる。さらに17分には小池のフィードをクリスティアーノが頭で裏へ流したボールに抜け出した武富がボックス手前左からシュートを放つが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。 ▽時間の経過と共にアウェイの柏が優勢に試合を運ぶ中、前半終了間際に先制点が生まれる。44分、右サイド深くでドリブル突破を仕掛けた伊東がグラウンダーで折り返す。これをニアの中川が潰れてボールの角度を変えると、ボックス中央でこのボールを受けたクリスティアーノが体勢を崩しながらも右足のシュートで流し込んだ。 ▽前半終了間際の失点によって1点ビハインドで後半に臨んだ磐田は、宮崎に代えて小川大をハーフタイム明けに投入。51分には中盤でのパスカットから前線でアダイウトンが潰れてゴール方向に流れたボールに抜け出した川辺に決定機も、GK中村航が再び立ちはだかる。このこぼれ球を川又がボックス右ラインで折り返すが、中央でDFにクリアされた。 ▽前半同様に若き守護神の好守で失点を逃れた柏は、すぐさま反撃を開始。52分には中盤でムサエフからボールを奪い、ショートカウンターに転じるが、ボックス左に抜け出したクリスティアーノの左足のシュートは枠を捉え切れない。さらに54分にはボックス右に抜け出した武富とGKカミンスキーと交錯し、PKが与えられる。だが、磐田側が猛抗議に出ると、副審と相談した福島主審はカミンスキーが交錯前にボールを触っていたと判断し、このPKを取り消しとする裁定を下した。 ▽この判定をキッカケによりヒートアップした試合は、ここからホームチームが押し込む展開に。63分に川又を下げて齊藤を投入したホームチームは、66分にボックス右で仕掛けた中村俊が左足の浮き球シュートでゴールを狙うが、またしても柏の若き守護神が立ちはだかる。その後もセットプレーから幾度となくゴールに迫るが、あと一押しが足りない。 ▽PK判定が覆って以降、耐える時間が続いた柏だったが、74分に鋭いカウンターから試合を決定付ける2点目を奪う。右サイドで縦パスを受けたクリスティアーノがそのまま相手陣内を独走し、絶妙なクロスをゴール前に供給。これを155cmの小兵アタッカー中川が頭で流し込んだ。 ▽試合終盤にかけては最後の交代カードとして上田を投入した磐田が、81分に中村俊のスルーパスに抜け出したアダイウトン、90分には再び右サイドからのクロスに飛び込んだアダイウトンに決定機も、いずれも決め切れず。試合終了間際に守備的な3枚の交代カード切って逃げ切り成功の柏が、敵地で2-0の勝利。破竹の6連勝を飾った柏が、同時刻開催で引き分けた浦和、今夜サガン鳥栖戦を控える2位ガンバ大阪を抜き、暫定首位に浮上した。 2017.05.20 16:02 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田のDF藤田義明、MF太田吉彰が負傷

▽ジュビロ磐田は17日、DF藤田義明、MF太田吉彰の負傷を発表した。 ▽藤田は12日に行われたU-20日本代表との練習試合で受傷。浜松市内の病院にて検査を行った結果、右ヒザ外側側副靭帯損傷と診断された。トレーニング合流までは6週間程度かかるとのことだ。 ▽太田は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節の川崎フロンターレ戦(2-0で川崎Fが勝利)で71分から途中出場。しかし、73分にクリアした場面でヒザを痛め、77分に中村太と負傷交代した。左ヒザ内側側副靭帯損傷と診断され、トレーニング合流までは4週間から6週間程度かかるとのことだ。 ▽藤田は今季、J1リーグでここまで2試合に出場。YBCルヴァンカップでは5試合1得点を記録している。太田はJ1リーグで7試合に出場。YBCルヴァンカップでは3試合に出場している。 2017.05.17 13:43 Wed
twitterfacebook
thumb

FW小川航基、プレースタイル異なるFW久保との2トップ「やってて楽しい」《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。 ▽試合後、先制点を挙げたFW小川航基(ジュビロ磐田)がメディア陣のインタビューに応対した。個人としは反省はありつつも、連携は徐々に良くなっていると主張。また、FW久保建英(FC東京U-18)とのツートップについてはプレースタイルが異なるため「やってて楽しい」と充実感を示している。 <span style=“font-weight:700;">◆FW小川航基</span>(ジュビロ磐田)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170515_4_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──得点シーンについて</span> 「良いボールが来たので、良かったかなと思います。高さには自信があるので」 <span style="font-weight:700;">──身体能力が高い相手に結果を出したが</span> 「ホンジュラスが世界でどれくらいのレベルなのかはわからないですけど、U-20W杯にも出てきたチームなので、その相手に勝てたというのは非常に収穫があります。もっともっと内容は良くなると思いますけど、思い切りトライできたのは良かったです」 <span style="font-weight:700;">──今日の出来は</span> 「イージーミスが前半多かったです。そこは改善できると思うので、もっと自分が動き出したところで、出してくれる場面というかもっと出てきてもおかしくない動き出しは繰り返していました。もっとボールが出てくればチャンスも増えてくると思うので流れの中でしっかり判断したいです」 <span style="font-weight:700;">──連携が徐々に深まっているようにも見えるが</span> 「そうですね。大分、コミュニケーションもとれてきました。本番でもっともっと良くなるのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──この試合では岩崎悠人(京都サンガF.C.)との2トップだったが</span> 「(岩崎)悠人はずっと裏を狙うようなタイプだったんですけど、最近は足元で受けるようにもなってきて、クラブでも意識してやっているというのを聞きました。自分も足元で受けるというのを最近やっていますし、裏に抜ける事もやっているので、お互いが必ず違う動きになるようにというのは一番心がけていますね」 <span style="font-weight:700;">──FW久保建英(FC東京U-18)と新しいことをやっていくことに関しては</span> 「プラスになることだと思いますし、悠人と違ったプレーヤーなので、そういった意味でコンビネーションがやりやすいというのはありますし、やってて楽しいですね」 2017.05.16 01:54 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース