磐田が鳥栖GK奥田達朗を完全移籍で獲得「素晴らしいクラブ」2016.01.07 15:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は7日、鳥栖のGK奥田達朗(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽奥田は愛知学院大から2011年に鳥栖へ加入。5シーズン在籍しJ1通算8試合、J2通算1試合に出場。2014年からはリーグ戦に出場していない。奥田は磐田を通じて意気込みを語っている。

「初めまして! サガン鳥栖から加入します、奥田達朗です。このような素晴らしいクラブでプレーできるチャンスを頂いて、感謝しています。ジュビロ磐田の為に全力で戦います! これからよろしくお願いします」

▽また、5シーズン在籍した鳥栖を通じてもコメント。新天地での飛躍を誓った。

「5年間プレーさせてもらったサガン鳥栖を離れるのはすごく寂しいですが、新たな舞台で成長した姿をみなさんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございございました!」

コメント

関連ニュース

thumb

磐田とドローの横浜FMが2戦連続足踏みで首位陥落《J1》

▽23日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第5節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田は、1-1の痛み分けに終わった。 ▽2ndステージ開幕から3勝1分と好調の横浜FMと、4試合未勝利とやや出遅れた磐田が相まみえた。両チームともに前節と同様の先発メンバーを引き続き採用してきた一戦。入りこそ磐田が押し気味に進めるが、対する横浜FMは売りとする堅守からリズムをつくり、流れを引き寄せにかかる。 ▽22分には、横浜FMに決定機。右サイドを突破した斎藤がグラウンダーのクロスを供給すると、相手DFの弾いたボールに反応した喜田が強烈なミドルシュートを放つ。しかし、ここは磐田の宮崎にブロックされた。それでも25分、マルティノスが右サイドからボックス内にボールを送ると、カイケが押し込んだ。 ▽先制を許した磐田は 27分に同点機。左サイドでボールを受けた中村のクロスから、走りこんだアダイウトンがヘディングで合わせる。しかし、ここはGK榎本のセーブに阻まれる。すると、今度は横浜FMにもチャンスが巡ってくるが、こちらも決め切れず、1-0でハーフタイムを迎えた。 ▽早いうちに追いつきたい磐田は54分、アダイウトンが左サイドで相手数人をドリブルで抜き、クロスボールを供給。森下がヘディングでゴールの左隅を狙うが、GK榎本の好セーブに阻まれてしまう。それでも62分、磐田はジェイからパスを受けた川辺が右足のミドルシュート。これがゴールに突き刺さった。 ▽追いつかれた横浜FMは71分に伊藤を投入。しかし、磐田の勢いを抑止できず、やや押し込まれる時間が続く。試合終盤には、横浜FMが猛攻を仕掛けるが、そのまま1-1で終了。2戦連続のドローに終わった横浜FMは、2ndステージ開幕から守り続けてきた首位から3位に後退した。 2016.07.23 22:38 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田が猛攻仕掛けるも川崎Fに同点を許し痛み分け《J1》

▽17日に明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節のジュビロ磐田vs川崎フロンターレがヤマハスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽磐田は前節のヴァンフォーレ甲府戦をゴールレスドローで終えて2戦連続の引き分けとなり勝ち点2の14位。一方の川崎Fは2ndステージ開幕から3連勝を飾り首位に立っている。なお、川崎Fの大島はこの試合終了後からチームを離れて、リオ五輪に参加するU-23日本代表に合流する。 ▽試合は川崎Fがポゼッションを取って攻め込むのに対して、磐田も引いて守るのではなく前線からボールを奪いに行くアグレッシブなディフェンスを見せて対応した。すると4分、裏に抜け出したアダイウトンがボックス右に流れながらこの試合のファーストシュートを放つ。 ▽一方の川崎Fは9分、トップ下に入る大塚のパスを受けた大久保が右足でミドルシュートを狙うが、これは枠の外へと飛ばしてしまった。その後、エドゥアルド・ネットとジェイがやり合うなど試合は徐々にヒートアップしていく。迎えた16分に川崎Fは、抜け出した小林がGKをかわしてシュートを流し込みにかかる。しかしライン上で磐田の選手がボールを掻きだして、得点とはならなかった。 ▽磐田は27分、ジェイがボックス外の右の位置で倒されてFKを獲得。これを小林がファーサイドへと直接狙うが、惜しくも枠を捉えきれない。磐田はその後も川崎F陣内へと攻め込んでいくも、ゴールを奪えず。前半終了間際には川崎Fがセットプレーから攻め込むがこちらも決めきれずにゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半はお互いに交代なしで迎えた。再び川崎Fがボールを持つ場面が長くなるも、磐田の集中したブロックを崩せずに攻めあぐねる。すると53分、磐田は左サイドの川辺が入れたマイナスのボールに、ボックス内に侵入してきたジェイが合わせると、これがゴールネットを揺らして試合の均衡を破る。 ▽川崎Fは直後の54分に、下がってボールを受けた大久保のスルーパスから小林が反転してシュートを放つも、GK志村がボールをはじき出した。59分にはスルーパスに抜け出した橋本がネットを揺らしたがここはオフサイドの判定でゴールは認められない。それでも64分、大島のスルーパスに反応した小林がGK志村とパパドプーロスの間を射抜くシュートを沈めて、川崎Fが同点とした。 ▽その後はお互いに交代カードを切って勝ち越しを目指す。磐田は79分にアダイウトンを下げて森島を送り出すと、直後の80分にその森島がネットを揺らすが、直前のプレーでオフサイドがありノーゴールとなった。試合終盤にかけても磐田が相手陣内でのプレーを続けていくが、川崎Fの守備を打ち破れない。結局試合はそのまま終了を迎え、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2016.07.17 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

中国からの獲得オファーが報じられた磐田FWジェイが噂を完全否定「ジュビロだけ」

▽ジュビロ磐田の元イングランド代表FWジェイが、中国移籍の噂について否定した。自身のツイッター(@jaybothroyd)でコメントしている。 ▽13日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第3節のヴァンフォーレ甲府戦でメンバー外となったジェイ。試合後に、自身のツイッター上でサポーターとの「質問タイム」を実施し、様々な質問に答えた。 ▽イギリス『ミラー』が12日に、ジェイに対して中国スーパーリーグが獲得に興味をしていると報道。この件についてサポーターから質問を受けたジェイは「どんなオファーにも興味がない。僕にはジュビロだけだよ。今は良いプレーをすることに集中している」と返答していた。 ▽その他、「ただの噂だ! 選手がパフォーマンスを残せば、いつだって噂はある」ともツイートし、中国への移籍が単なる噂であることを強調した。なお、ジェイが欠場した甲府戦では、磐田は得点を奪えずにゴールレスドローに終わっていた。 2016.07.14 11:36 Thu
twitterfacebook
thumb

昨シーズンJ2得点王の磐田FWジェイに中国スーパーリーグが興味

▽またしてもJリーグに“爆買い”の手が伸びているようだ。ジュビロ磐田に所属する元イングランド代表FWジェイ(34)に中国スーパーリーグからのオファーが届いているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今冬に”爆買い”で注目を集めた中国スーパーリーグは、その勢いは収まることなく、今夏も移籍市場を賑わせている。山東魯能はニューカッスルのセネガル代表FWパピス・シッセ(31)、サウサンプトンのイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(30)を獲得。Jリーグからも、セレッソ大阪のブラジル人FWブルーノ・メネゲウ(29)が長春亜泰へと完全移籍していた。 ▽ジェイは2015年に磐田へと加入すると、2015シーズンのJ2リーグで32試合20得点を記録。今シーズンはJ1リーグで9試合に出場し7得点を記録している。 ▽かねてからジェイは磐田でキャリアを終えたいと明かしているものの、中国からの興味は尽きていないとのこと。果たして、ジェイはどの様な決断を下すのだろうか。 2016.07.13 22:07 Wed
twitterfacebook
thumb

耐えた甲府が連敗を「4」でストップ 攻め切れない磐田はJ1通算350勝ならず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第3節のヴァンフォーレ甲府vsジュビロ磐田が13日に山梨中銀スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽年間17位の甲府と同11位の磐田が、共に2ndステージ初勝利を目指した一戦。4連敗中の甲府は、中3日での試合となったが、大ベテラン土屋を先発起用するなど、大幅なメンバー変更を行わず。対する磐田はジェイとパパドプーロスの助っ人コンビに加え、宮崎を今シーズン初めてスタメンから外し、上田や松井らが先発に入った。 ▽立ち上がりからボールを保持する磐田が、小林や川辺を起点に序盤から押し込んでいくが、なかなかボックス内でフィニッシュに繋げられない。 ▽一方、カウンターを起点にゴールを目指す甲府は、24分にボックス右に抜け出した河本が強烈なシュートでGK志村を脅かすと、その数分後にも左サイドからのクロスを福田が頭で合わすが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 ▽続け様のピンチを凌いだ磐田は、前半終了間際にボックス右に抜け出した川辺に絶好機も、ここはシュートを枠の左に外し、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も拮抗した展開が続く中、65分には中村太のグラウンダーの左クロスにアダイウトンが飛び込むが、ここはわずかに届かない。対する甲府は、68分に投入した森のスピードを生かしたカウンターから幾度となくチャンスを窺うが、良い形でフィニッシュまで持ち込めない。 ▽ゴールレスのまま迎えた試合終盤にかけては、磐田が猛攻を見せる。だが、いずれもセットプレーの流れから藤田と川辺が放ったミドルシュートはGK河田のビッグセーブに阻まれる。逆に、後半アディショナルタイムには甲府の田中が惜しいミドルシュートを放つが、これはGK志村に阻まれて試合はタイムアップ。互いに決め手を欠いた一戦は、痛み分けのドロー。それでも、粘り強く勝ち点1を拾った甲府は、連敗を「4」でストップした。 2016.07.13 21:49 Wed
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース