磐田が鳥栖GK奥田達朗を完全移籍で獲得「素晴らしいクラブ」2016.01.07 15:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は7日、鳥栖のGK奥田達朗(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽奥田は愛知学院大から2011年に鳥栖へ加入。5シーズン在籍しJ1通算8試合、J2通算1試合に出場。2014年からはリーグ戦に出場していない。奥田は磐田を通じて意気込みを語っている。

「初めまして! サガン鳥栖から加入します、奥田達朗です。このような素晴らしいクラブでプレーできるチャンスを頂いて、感謝しています。ジュビロ磐田の為に全力で戦います! これからよろしくお願いします」

▽また、5シーズン在籍した鳥栖を通じてもコメント。新天地での飛躍を誓った。

「5年間プレーさせてもらったサガン鳥栖を離れるのはすごく寂しいですが、新たな舞台で成長した姿をみなさんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございございました!」

コメント

関連ニュース

thumb

【2017 J1チーム診断】天才レフティー加入&競争激化で得点力アップへ…目指すは1ケタ順位《ジュビロ磐田》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回はオフに大型補強を敢行し、上位進出を目指すジュビロ磐田編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆チーム内での競争で底上げと上位進出を目指す</span> ▽J1復帰元年となった昨季を年間順位13位で残留を決め、2年目を迎えるジュビロ磐田。オフには、チームトップの14得点を記録したFWジェイを放出したものの、大幅な戦力ダウンは回避。その一方で、MF中村俊輔やFW川又堅碁といった日本代表経験者やウズベキスタン代表MFムサエフを獲得するなど、各ポジションでの補強に成功。就任4季目の名波浩監督が『競争』というフレーズを口にしたように選手層に厚みを加えることができた。昨シーズンJ1で経験を積んだ既存選手と新加入選手でチームの底上げと1ケタ順位を目指す。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽総得点37点と得点数の少なさが目立った昨シーズン。今シーズン期待されるのは新加入選手による攻撃パターンの増加だ。昨シーズンはジェイという圧倒的なターゲットがいたことで、クロスからの得点に偏り、スルーパスからのチャンスが少なかった。しかし、競り合いにも強く、裏への抜け出しも武器とする川又、一振りでチャンスを作り出す中村俊の加入で、スルーパスからのチャンスが増えることが予想される。さらに、攻撃的DF高橋祥平の加入により、高い位置でボールを奪い、短い時間でシュートまで持っていくことも期待できる。これまで以上に攻撃的なサッカーが展開されるだろう。新加入選手がフィットすれば、既存の武器であるMFアダイウトン、MF太田吉彰の両サイドの攻撃にバリエーションが増え、得点力アップにつながるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション</span>[4-5-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_iwata_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:山本康裕、大井健太郎、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">高橋祥平</span>、宮崎智彦 MF:川辺駿、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ムサエフ</span> MF:太田吉彰、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">中村俊輔</span>、アダイウトン FW:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">川又堅碁</span><hr>▽[4-5-1]がベースになると考えられるが、オフでの取り組みを見ると[3-5-2]の併用も考えられる。特にベテランの域に達している中村がフルで戦えるかが懸念されるが、MF上田康太やMF松井大輔ら既存選手はもちろん、名波監督は高卒選手を含めた若い選手を高く評価。MF荒木大吾、MF松本昌也、MF針谷岳晃らの起用も十分に考えられる。試合を組み立てる力がある選手が多いだけに、中盤の組み合わせにも注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_iwata_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF中村俊輔(日本) 1978年6月24日(38歳) 2016シーズン(J1):19試合4得点<hr>▽今年のオフシーズンを賑わせたこの選手が新戦力の目玉だ。天才レフティーが繰り出すパスが、川又、FW小川航基や活気あるサイドの選手たちと息が合えば多くのチャンスが作り出せ、脅威となること間違いなし。プレースキックも未だ健在で、セットプレーからの得点にも期待が膨らむ。昨シーズンは勝ちきれなかった試合が多かっただけに、あらゆる位置からゴールに直結させるパスを出すことができる中村のパフォーマンスが、チームの結果に影響するだろう。同じ天才レフティーとして輝きを放った名波監督との共鳴が楽しみだ。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_iwata_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MFアダイウトン(ブラジル) 1990年12月6日(26歳) 2016シーズン(J1):34試合6得点<hr>▽実力者の加入で新たな輝きを放つことが期待されるのがアダイウトンだ。昨シーズンは思うような結果を残せなかったが、圧倒的なスピードとドリブルは要所で存在感を示した。今シーズンは、ゲームを作れる選手が多く、より高い位置でドリブルをスタートさせることが可能となる。そうなれば、相手にとってさらに怖い選手となるだろう。また、アタッキングサードでの選択肢を増やすことができれば、そのスピードを最大限に発揮でき、自身の得点チャンスが多く訪れるはずだ。ジェイの退団があっただけに、アダイウトンの成長がチームの上位進出のカギを握るだろう。 2017.02.23 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

抽選にもつれこんだ鹿児島ラウンド…小川航の土壇場弾でドローの磐田が制覇《DAZNニューイヤーカップ》

▽11日に行われた2017 JリーグDAZNニューイヤーカップ鹿児島ラウンドのジュビロ磐田(J1)vs鹿児島ユナイテッドFC(J3)は、1-1のドローに終わった。 ▽互いに1勝1分けで迎えた鹿児島ラウンドの最終戦。勝った方がこのラウンド優勝となる一戦は、中村や川又不在の磐田がボールの主導権を握って押し気味に進めるが、対する鹿児島も守備からリズムを作り、流れを手放さない展開となる。 ▽こう着状態が続いた中、磐田は38分に決定機。チェイシングからバイタルエリアでボールを拾った齊藤が中央に展開し、これを受けた針谷が鋭いターンから左足のシュートを放つ。これが枠内を捉えるが、コースが甘く、GKに弾かれてしまう。 ▽0-0で後半を迎えた試合もこう着状態。ハーフタイム明けに松井、針谷に代えて、松本、荒木を投入した磐田が攻め立てる。すると、62分には磐田が上田のパスからボックス左の松本が左足を一閃。しかし、鋭いシュートは左ポストに嫌われる。 ▽続く66分にも磐田にチャンス。バイタルエリア中央でパスを受けた齊藤が右に流れながら右足のシュートを放つ。これがゴール右隅を捉えたものの、相手GKの鋭い反応に阻まれてしまう。 ▽その後、69分に齊藤に代えて小川航を投入した磐田は73分、左サイドから中央に切り込んだ松浦の折り返しから荒木がシュート。しかし、ここも相手GKのセーブに遭い、この決定機を不意にする。 ▽すると、84分には鹿児島に決定機。ロングカウンターから藤本がボールをボックス内に持ち込んで右足シュート。これは相手GKに阻まれたものの、直後の右CKから松下のクロスをファーサイドの藤本が右足で叩き込んだ。 ▽ところが、磐田は後半アディショナルタイム4分、櫻内が右サイド深くからクロスを上げると、これに反応した大井がヘッド。ボールはクロスバーに弾かれたものの、こぼれ球を小川航がプッシュした。 ▽結局、このまま1-1で試合終了。その後、2勝1分け無敗で同率首位に立つ両チームによる抽選の結果、土壇場で同点に追いついた磐田の鹿児島ラウンド優勝が決定している。 ジュビロ磐田 1-1 鹿児島ユナイテッドFC 【ジュビロ磐田】 小川航基(90分+4) 【鹿児島ユナイテッドFC】 藤本憲明(84分) 2017.02.11 16:07 Sat
twitterfacebook
thumb

若手積極起用の磐田が北九州に辛勝で最終節は鹿児島との決勝戦!!《DAZNニューイヤーカップ》

▽8日に2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの鹿児島ラウンド第2節のギラヴァンツ北九州(J3)vsジュビロ磐田(J1)が行われ、1-0で磐田が勝利した。 ▽5日に行われた鹿児島ラウンドの開幕節で鹿児島ユナイテッドと引き分けた北九州と、ロアッソ熊本に引き分けた磐田が初勝利を目指して激突した。北九州は[4-4-2]のフォーメーションを採用。一方、初戦とは大きくメンバーを入れ替えた磐田は[4-2-3-1]のフォーメーションを用い、若手を多く起用した。 ▽試合は北九州がロングボールを用いて中盤を飛ばした縦に速い展開を見せる中、磐田はバックラインから丁寧にビルドアップして前線までチームとしてボールを運ぶ姿勢を見せた。 ▽17分に磐田は荒木が右サイドで仕掛けてボックス内に侵入。遅れて入ってきた針谷が荒木からの横パスに合わせるが決めきれなかった。北九州も徐々にプレスラインを高くし、ボール奪取からのショートカウンターを狙っていく。 ▽22分にはまたも磐田に決定機。太田が右サイドを突破してクロスを配給。針谷がややスピードを落としてボックス内中央でこのボールに合わせる。フリーで放ったシュートだったが、枠を捉えきれずにチャンスを逸した。北九州も23分に相手陣内でボールを奪って左サイドに展開。このクロスに、水永が頭で合わせるもこちらも決めきれなかった。 ▽迎えた42分、松浦の縦パスをボックス内で小川がしっかりとポストプレーで落とす。最後は走り込んだ荒木がシュートを放つと、GK山岸が弾くがボールはゴールネットを揺らし磐田が先制した。前半はそのまま磐田が1点リードで終えた。 ▽迎えた後半は47分に北九州が右サイドでFKを獲得。浦田が左足で入れたインスイングのボールに花井が飛び込むが触れず。ボールはゴールマウスに向かうが、わずかにコースを外れてゴールとはならなかった。 ▽北九州は55分にもチャンスを作り出す。左CKの流れからファーサイドにボールがこぼれると、ここでフリーとなった西島がボレーで合わせるが、ボールはクロスバーを叩き、北九州はこのチャンスも決めきれなかった。 ▽両選手とも交代カードを切ってフレッシュな選手を送り出していくが、決定機を決めきれない場面が目立つ。試合終盤は北九州がセットプレーからゴールを目指すも最後まで決めきることはできずに試合終了。後半は押され気味だった磐田が1点を守り切り今大会初勝利を飾った。 ギラヴァンツ北九州 0-1 ジュビロ磐田 【磐田】 荒木大吾(42) 2017.02.08 15:52 Wed
twitterfacebook
thumb

川又弾で先制の磐田、熊本に一瞬の隙を突かれてドロー《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの鹿児島ラウンドが5日に行われ、ジュビロ磐田(J1)vsロアッソ熊本(J2)は、1-1の引き分けに終わった。 ▽昨季、明治安田生命J1リーグを年間13位で終え、J1復帰2年目を迎える磐田と、J2リーグを16位で終了し、清川体制2年目を迎える熊本が激突した。試合は立ち上がり、J1の磐田が熊本を攻め立てる。 ▽磐田は5分、クロスのこぼれ球を拾った中村がボックス手前から左足を振り抜き、強烈なシュートでゴールを脅かすも、ここはGK佐藤がパンチングでセーブ。その直後の右CK、中村がショートコーナーのパス交換からカットインして再びシュートを放つ。得点とはならずも、序盤から中村が積極性を見せる。 ▽前半半ばを迎えると、雨脚が激しくなったピッチコンディションに両チームとも苦戦し、パスが収まらない時間が続く。その中で、熊本は26分、細かいパス回しでボックス手前までつなぐと、林が右サイドに展開。これを黒木がダイレクトでクロスを入れるも、田中には合わず。熊本はスピーディに磐田ゴールに迫る。 ▽徐々に落ち着きを取り戻し、サイドチェンジを織り交ぜながら熊本を揺さぶる磐田は37分に決定機。中村の左サイドからのサイドチェンジを右コーナー付近で受けた太田が落とし、櫻内がダイレクトでクロス。これに反応した川又が頭で合わせると、右隅に吸い込まれ、磐田が先制する。 ▽1点リードで後半を迎えた磐田は、4バックにシフトチェンジ。その効果もあってか、中盤で奪える回数が増え、高い位置でボールをコントロールする。しかし、ゴール前で攻めあぐね、チャンスを作ることができない。一方の熊本も、奪ってからのカウンターで素早くゴールに迫るも、ラストパスに精彩を欠き、シュートを打つことができない。 ▽徐々に敵陣への侵攻回数を減らしていた熊本だったが、一瞬の隙を突く。79分、スルーパスに反応した三鬼がボックス右からグラウンダーのクロス。これをファーサイドに走りこんだ嶋田が左足で押し込み、熊本が同点に追いつく。 ▽その後は、熊本が同点に追いついた勢いそのままに齋藤のスピードを活かした攻撃で磐田ゴールに迫るも、あと一歩のところでシュートまでいけず。一方の磐田も、ボールをキープするも、相手守備陣を崩すには至らず、そのまま1-1のドローに終わった。 ジュビロ磐田 1-1 ロアッソ熊本 【磐田】 川又堅碁(37) 【熊本】 嶋田慎太郎(79) 2017.02.05 16:51 Sun
twitterfacebook
thumb

【2017Jリーグ補強診断】No1レフティー加入に沸くも足らずの補強《ジュビロ磐田》

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。J1復帰から2シーズン目を迎えるジュビロ磐田編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆大幅な戦力値ダウンは回避</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170205jubilo_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【OUT】 GK 牲川歩見(22)→ザスパクサツ群馬/期限付き 奥田達朗(34)→V・ファーレン長崎/完全 DF パパドプーロス(32)→契約満了 石田崚真(20)→ツエーゲン金沢/期限付き 高木和道(36)→エアフォース・セントラルFC/完全 MF 岡田隆(32)→現役引退 上村岬(25)→FC今治/完全 田中裕人(26)→愛媛FC/期限付き FW 森島康仁(29)→契約満了 ジェイ(34)→契約満了 中村祐輝(29)→契約満了 岩元颯オリビエ(20)→ガイナーレ鳥取/期限付き<hr>▽昨シーズンのリーグ戦14ゴールを記録した元イングランド代表のFWジェイが契約満了で退団。一方で、サンフレッチェ広島から期限付き移籍中の成長著しいMF川辺駿の慰留に成功するなど、J1復帰から2年目を迎える新シーズン向けて、ジェイの退団を除けば大幅な戦力値ダウンを回避した。 <span style="font-weight:700;">◆補強診断</span>(★5つが最高) <span style="color:#FF0000;font-weight:700;">★★</span>☆☆☆ ▽MF中村俊輔の獲得で今オフを彩ったが、全体的な補強動向を見ると、やや物足りない印象。特に、課題だった昨シーズンのリーグ戦で50失点の守備陣強化に向けた補強が進まなかった点は気がかりだ。 <span style="font-weight:700;">◆守備陣強化進まず【GK&DF】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170205jubilo_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>【IN】 三浦龍輝(24)←AC長野パルセイロ/完全 高橋祥平(25)←ヴィッセル神戸/完全<hr>▽守備陣の新戦力として、攻守の積極性を売りとするDF高橋祥平を獲得。ただ、上述の通り、高橋以外のDF補強はなく、昨シーズンと同様に質と選手層の部分で不安を解消できたとは言い難い陣容だ。 <span style="font-weight:700;">◆No1レフティー加入で戦力アップ【MF】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170205jubilo_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>【IN】 ムサエフ(28)←ナサフ・カルシ/完全 松本昌也(22)←大分トリニータ/完全 川辺駿(21)←サンフレッチェ広島/期限付き期間延長 中村俊輔(38)←横浜F・マリノス/完全 藤川虎太朗(18)←東福岡高校/新加入 針谷岳晃(18)←昌平高校/新加入<hr>▽昨夏にMF小林祐希が退団以降、適任者不在で苦労していたトップ下として、今オフ最も多くの注目を集めた中村を獲得。その他、ウズベキスタン代表MFムサエフと、MF松本昌也を引き入れ、中盤の強化に成功した。 <span style="font-weight:700;">◆ジェイ後釜にFW川又堅碁【FW】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170205jubilo_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>【IN】 川又堅碁(27)←名古屋グランパス/完全<hr>▽昨シーズンのリーグ戦で14ゴールを記録したジェイの退団は痛手だが、日本代表歴も持つFW川又堅碁を獲得した。昨シーズンは5得点にとどまったが、出場した際の得点率においてJ1全体で2位の0・83を記録。川又の活躍がチームの浮沈のカギを握りそうだ。 2017.02.05 15:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース