磐田が鳥栖GK奥田達朗を完全移籍で獲得「素晴らしいクラブ」2016.01.07 15:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は7日、鳥栖のGK奥田達朗(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽奥田は愛知学院大から2011年に鳥栖へ加入。5シーズン在籍しJ1通算8試合、J2通算1試合に出場。2014年からはリーグ戦に出場していない。奥田は磐田を通じて意気込みを語っている。

「初めまして! サガン鳥栖から加入します、奥田達朗です。このような素晴らしいクラブでプレーできるチャンスを頂いて、感謝しています。ジュビロ磐田の為に全力で戦います! これからよろしくお願いします」

▽また、5シーズン在籍した鳥栖を通じてもコメント。新天地での飛躍を誓った。

「5年間プレーさせてもらったサガン鳥栖を離れるのはすごく寂しいですが、新たな舞台で成長した姿をみなさんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございございました!」

コメント

関連ニュース

thumb

【ジュビロ磐田】3年ぶりのJ1の舞台で上々の折り返し、小林去就に懸念も"パパ"躍動に期待《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">60点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽3年ぶりの復帰となったJ1の舞台で1stステージを8位で終えられたことは、クラブにとって上々の結果といえるだろう。また、合計9失点を喫した横浜F・マリノス戦とヴィッセル神戸戦の影響で、失点数こそ中位以下となったものの21得点で8位の攻撃面を含め、ここまで残したスタッツを見ると、現在の順位が妥当であることを証明している。 ▽前半戦では守護神のGKカミンスキー、離脱を繰り返したエースFWジェイ、MF松井、長期離脱を強いられたDF小川など負傷者に悩まされた感もあるが、3試合連続ゴールで日本代表初選出となるなど、エースに成長したMF小林、セントラルMFと左サイドバックで質の高いパフォーマンスを見せたMF宮崎、アルビレックス新潟から復帰したMF山本、ベテランMF太田らの奮闘は見事だった。さらに、カミンスキー、GK八田の離脱で急遽デビューを飾った20歳GK志村の台頭も明るい話題の1つだった。 ▽また、ここ最近は対戦相手に応じて[4-2-3-1]、[3-4-2-1]のシステムを併用するなど、戦術面のオプション構築に動いており、この戦い方がうまくハマっていけば、後半戦に向けたチームのストロングポイントになるかもしれない。 <B>◆1stステージ成績</B> 8位 6勝5分け6敗 勝ち点23 得点:21(8位)、失点:23(11位) 得失点差:-2 <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/jbi20160626_3_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-2-3-1】</B> <span style="font-size:14px;">GK:カミンスキー DF:櫻内渚、大井健太郎、森下俊、中村太亮 MF:山本康裕、宮崎智彦 MF:太田吉彰、小林祐希、アダイウトン FW:ジェイ</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>MF小林祐希 16試合出場(先発16試合)/4得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/jbi20160626_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> ▽名波監督の粘り強い指導がようやく実り、今や日本代表に選出されるまでに成長したプラチナ世代屈指のタレントが、前半戦のMVPだ。J2時代は圧巻の左足を武器にプレースキックや豪快なミドルシュートでゴラッソを連発した一方、90分間の仕事量が極端に少ない“消える”試合も多かった。だが、今シーズンは第11節の鹿島アントラーズ戦から3試合連続ゴールを記録するなど、パフォーマンスに継続性が出ている。また、独りよがりなプレーが減り、視野の広さを生かしたゲームメーク、オフ・ザ・ボールの精度が格段に上がり、一段階上のプレーヤーへと成長した。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽昇格組の磐田が1stステージを上々の8位で終えられた最大の理由は、ここまで連敗が一度もないというバランスの取れた戦い方にある。その一方で、連勝が1度しかなかった事実も、チームがこの位置にいる理由だ。したがって、2ndステージに向けては上位争いを目指すのか、はたまた安全に残留を目指すかでアプローチの仕方が大きく変わってくる。 ▽球際での粘りやセカンドボールへの反応、連動したプレッシングなどチームプレーに主眼を置いた守備と、名波監督の志向する“アクションサッカー”のエッセンスを感じさせる繋ぎはまずまず機能しているが、崩しの局面ではまだJ1の守備を攻略できるレベルではないのが実情だ。 ▽そのため、現在はジェイやアダイウトン、小林らの個の能力を生かしたロングカウンターやセットプレーが主な得点パターンだ。2ndレグでチームが上位争いに絡むためには、遅攻などそれ以外の攻め手を増やしていく必要がある。とりわけ、アダイウトン以外に縦に仕掛けられる選手が少ない現状では、アタッキングサードで頻繁なポジションチェンジを交えた細かい崩しが必要となる。 ▽もちろん、リーグ屈指のターゲットマンであるジェイがコンディションを上げて、昨シーズンのようにボックス内の王者として存在感を示してくれることが、最も楽な解決策だ。しかし、負傷体質でスタミナに不安を抱える同選手に多くを望めないのが現状。となると、連係面に難のあるジェイとアダイウトンの連係改善や、個で打開できる新戦力の補強と並行して、崩しのオプションを増やしておきたいところだ。また、得点力向上に向けてはジェイらの離脱でチャンスが与えられながらも生かせなかったFW森島、FW齊藤、FW中村らの奮起に期待したいところだ。 ▽その一方で、後半戦に向けての大きなプラス材料は、前半戦最後のベガルタ仙台戦で異次元のパフォーマンスを見せたDFパパドプーロスの存在だ。同試合では地上戦、空中戦のいずれでも圧巻のプレーを披露。加えて、守護神のカミンスキーが戦列に復帰すれば、後方の安定感は格段に増し、攻撃によりリスクを冒せることで、チーム全体に大きな相乗効果をもたらすはずだ。 ▽最後に後半戦に向けて最も重要となるのが、オランダのヘーレンフェーンへの移籍の可能性が報じられている小林の慰留だ。仮に、攻撃とゲームメークの部分で重責を担う同選手が今夏に流出となれば、大きな戦力低下となる。放出が避けられない場合は、外国人枠が埋まっている関係上、できるだけ早く他クラブからの代役確保に動く必要がある。 2016.06.29 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

史上初3連覇の懸かるG大阪らACL勢は4回戦から登場…磐田&福岡は1回戦から参戦《天皇杯》

▽8月から開幕する第96回天皇杯の大会概要が27日、JFA(日本サッカー協会)ハウスで発表された。 ▽今大会は、8月27日より1回戦がスタート。この1回戦から、今シーズンよりJ1リーグに昇格したジュビロ磐田、アビスパ福岡が登場する。その他、史上初の大会3連覇が懸かるガンバ大阪、サンフレッチェ広島、浦和レッズ、FC東京のAFCチャンピオンズリーグ出場クラブは、4回戦から参戦。残るJ1勢は、2回戦から出場する。 ◆<B>1回戦</B> 開催日:8月27(土)-28日(日) 出場クラブ:ジュビロ磐田、アビスパ福岡、J2クラブ、シード1クラブ(※第64回全日本大学サッカー選手権大会優勝の関西学院が出場)、都道府県代表47クラブ ◆<B>2回戦</B> 開催日:9月3(水)-7日(水) 出場クラブ:J1クラブ ※7日開催試合は、ルヴァンカップ準々決勝に出場するクラブ(ヴィッセル神戸、大宮アルディージャ、横浜F・マリノス)が登場 ◆<B>3回戦</B> 開催日:9月22日(木・祝) ◆<B>4回戦</B> 11月9日(水)、12日(土) ※サンフレッチェ広島、ガンバ大阪、浦和レッズ、FC東京のAFCチャンピオンズリーグ出場クラブが登場 ※9日開催試合は、J2、J3が対象 ◆<B>準々決勝</B> 開催日:12月24日(土) ◆<B>準決勝</B> 開催日:12月29日(木) ◆<B>決勝</B> 開催日:2017年1月1日(日・祝) 2016.06.27 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アダイウトン躍動の磐田が3発快勝! 仙台は5連勝ならず…《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ・1stステージ最終節のジュビロ磐田vsベガルタ仙台がヤマハスタジアムで行われ、3-0で磐田が勝利した。 ▽リーグ戦3試合白星から遠ざかっている磐田は、練習態度の問題からFWジェイが懲罰でメンバー外に。前節の湘南戦からDF藤田、MF山本に代えてDF櫻内、MF松浦を起用した。一方の仙台は現在リーグ戦4連勝と勢いに乗っている状態。前節の甲府戦からDF蜂須賀、MF富田、MF野沢に代えて、DF渡部、MF藤村、MF水野を起用した。 ▽試合は3分、バックパスにアダイウトンがチェイスすると、GK六反が蹴り出したボールを体に当てるもボールはラインを割る。12分にはアダイウトンが落としたボールを小林がパス。太田が反応するもボールを失う。 ▽仙台は16分に決定機。ディフェンスラインからのロングパスからカウンター。最後はクロスを受けた奥埜がシュートを放つも、枠を捉えられない。 ▽迎えた24分、パパドプーロスの守備からカウンター。アダイウトンがボックス左を仕掛けると中央にクロス。これが、GK六反に当たってゴールラインを割り、磐田が先制する。 ▽先制を許した仙台は35分、右からのハモン・ロペスのクロスにフリーの奥埜が合わせに行くが、無人のゴールに押し込めない。すると38分、磐田は右サイドを仕掛けた太田がボックス内右からシュート。これがネットに突き刺さり、磐田がリードを2点に広げる。 ▽2点ビハインドとなった仙台だったが、後半も磐田ペースで進む。すると64分、小林のロングボールをアダイウトンが渡部と競り合うと、こぼれ球を自ら拾ってシュート。リードを3点に広げる。 ▽仙台はハモン・ロペスを中心に磐田ゴールを目指すが得点を奪えず。磐田が主導権を最後まで握ったまま試合終了。磐田が3-0で勝利、仙台は連勝が4でストップした。 2016.06.25 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田FWジェイ、母国のEU離脱に賛同…「独立は最善の決断」

▽Jリーグのジュビロ磐田でプレーする元イングランド代表FWジェイが、母国の欧州連合(EU)からの離脱という結果に賛同の意を表した。 ▽イギリスは23日、欧州連合(EU)からの離脱の賛否を問う国民投票の結果、離脱派の票が過半数を占めたため、離脱することを決定した。これにより、世界の経済のみならず、サッカー界も影響を受ける可能性が高い。 ▽この結果を受けて、24日に自身の公式ツイッターを更新したジェイは、EU離脱という国が下した決断を支持する姿勢を見せた。 「今日、僕たちは独立記念日を祝福することができる。僕自身がイングランド人であることを誇りに思うよ。もう一度素晴らしい国を築いていこう!」 「僕は国外で生活しているけど、イングランド人であることに変わりはない。だから、僕の国にはベストであってほしい。独立は最善の決断だよ」 2016.06.25 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田がMF清水貴文とプロA契約締結「チームのために全力で戦います」

▽ジュビロ磐田は23日、MF清水貴文(23)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽清水は6月5日(日)に行われた2016JリーグヤマザキナビスコカップのグループA第7節、名古屋グランパス戦の出場により、通算試合出場時間がプロA契約締結条件に達したようだ。 ▽プロA契約締結を受けて清水は「これまで多くの方々に支えられ、ここまで来ることができました。また新たな気持ちで、チームのために全力で戦いますので、応援よろしくお願いします」と喜びを露わにした。 2016.06.23 19:37 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース