磐田が鳥栖GK奥田達朗を完全移籍で獲得「素晴らしいクラブ」2016.01.07 15:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は7日、鳥栖のGK奥田達朗(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽奥田は愛知学院大から2011年に鳥栖へ加入。5シーズン在籍しJ1通算8試合、J2通算1試合に出場。2014年からはリーグ戦に出場していない。奥田は磐田を通じて意気込みを語っている。

「初めまして! サガン鳥栖から加入します、奥田達朗です。このような素晴らしいクラブでプレーできるチャンスを頂いて、感謝しています。ジュビロ磐田の為に全力で戦います! これからよろしくお願いします」

▽また、5シーズン在籍した鳥栖を通じてもコメント。新天地での飛躍を誓った。

「5年間プレーさせてもらったサガン鳥栖を離れるのはすごく寂しいですが、新たな舞台で成長した姿をみなさんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございございました!」

コメント

関連ニュース

thumb

磐田DF大井健太郎が負傷…左大腿二頭筋肉離れで約3週間の離脱

▽ジュビロ磐田は25日、DF大井健太郎の負傷を発表した。 ▽大井は20日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節のサガン鳥栖戦で負傷。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、左大腿二頭筋肉離れと診断。練習復帰まで約3週間とのことだ。 ▽アルビレックス新潟から今シーズン磐田に復帰した大井は、リーグ戦26試合に出場し1得点を記録していた。 2016.08.25 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡撃破の磐田が2ndステージ初勝利でJ1通算350勝達成《J1》

▽24日にレベルファイブスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第10節のアビスパ福岡vsジュビロ磐田は、アウェイの磐田が3-2で競り勝った。 ▽前節、残留争いのライバルである新潟アルビレックスとの直接対決を落とした年間18位の福岡と、サガン鳥栖と引き分けた同13位の磐田が対峙した。3連敗中で6戦未勝利の福岡は、前節スタメンから外れていた金森が復帰。2ndステージで未だ白星なしの磐田は、ジェイを2試合連続で先発起用した。 ▽今週末に行われる天皇杯1回戦に参戦する日程の関係で前倒し開催となった一戦は、9分に動く。川辺が福岡の最終ラインの背後に浮き球を送ると、これが亀川のクリアミスを誘発。ルーズボールに反応したアダイウトンが右足ダイレクトでネットを揺らした。 ▽先制を許した福岡は13分に同点機。敵陣の左サイドからのグラウンダーのクロスを供給されると、ニアサイドに走り込んだ城後が上体を倒しながら押し込みにかかる。これが相手GKの横を通過するが、惜しくも左ポストに嫌われてしまう。 ▽それでも、福岡は16分に追いつく。自陣ハーフウェイライン付近でのボール奪取から左サイドの為田が持ち上がり、ゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これに反応した城後がファーサイドでフリーとなり、落ち着いてボールを流し込んだ。 ▽同点に追いついた勢いをそのままに試合の流れを引き寄せた福岡は、21分に勝ち越しのチャンスを迎える。ドリブルで中央突破を試みた金森がバイタルエリア中央から右足でシュート。これが枠の左を捉えるが、GKカミンスキーにセーブされてしまう。 ▽同点で迎えた後半も相手にボールの主導権を握られる中、カウンターで応戦した福岡。50分にはその速攻で得たバイタルエリア右でのFKのチャンスから駒野が右足で直接ゴールを狙う。これがゴール右隅を捉えるが、惜しくも相手GKに阻まれた。 ▽良いリズムでゴールに迫る福岡は60分、ついに逆転する。左サイドからボックス内にボールを持ち込んだ金森が相手を引き付けてバイタルエリア中央にボールをはたく。これに反応した三門のシュートはGKに弾かれるも、こぼれ球を為田が押し込んだ。 ▽試合をひっくり返された磐田は直後に宮崎を下げて山本を送り込み、反撃を開始。63分には相手を引き付けた川辺の横パスからボックス右でフリーとなっていたジェイが左足でゴールを狙う。これが相手GKのファンブルを誘い、アダイウトンがネットを揺らした。 ▽すると、磐田は続く69分に敵陣の中央付近でFKのチャンスを獲得。上田のふわりとしたクロスボールをボックス右のジェイが頭で中央に折り返すと、相手2人に囲まれながらもパパドプーロスがヘディングで合わせたボールがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽再びビハインドを追う苦しい展開に持ち込まれた福岡は終盤にかけて、坂田、邦本、中原を立て続けに投入するが、猛攻も実らず2-3で敗戦。泥沼の4連敗となった。一方の磐田は2ndステージ初白星。そして、J1通算350勝を達成した。 2016.08.24 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田が2ndステージ9戦未勝利もジェイの土壇場弾で鳥栖から勝ち点1《J1》

▽20日にヤマハスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節のジュビロ磐田(総合13位/2ndステージ16位)vsサガン鳥栖(総合10位/2ndステージ4位)は、1-1のドローに終わった ▽ヘーレンフェーンに移籍した小林のラストゲームとなった前節のガンバ大阪戦を0-2で落とした磐田と、前節の川崎フロンターレ戦(1-0)で2試合ぶりの白星を手にした鳥栖が対峙した。1stステージでは、ホームの磐田が1-0で勝利している。 ▽2ndステージ初勝利を狙う磐田は、GKにカミンスキーが15試合ぶりに先発復帰。出場停止明けのパパドプーロスも先発起用された。対する鳥栖は、前節から先発に変更なし。鎌田や豊田ら主力が名を連ねた。 ▽試合を動かしたのは、アウェイの鳥栖だった。12分、右サイドのキム・ミヌが左足でファーサイドにロングボールを供給すると、これがパパドプーロスのクリアミスを誘発。このこぼれ球をボックス右の鎌田が冷静に沈めて、鳥栖が先制した。 ▽先制を許した磐田は、1ビハインドで迎えた後半の立ち上がりから攻勢をかけるが、なかなか追いつけない。すると、対する鳥栖もカウンターで応戦。しかし、こちらもGKカミンスキーとの一対一を決め切れないなど、追加点が遠い。 ▽それでも、磐田は後半アディショナルタイム3分、途中出場の森島がボックス内で相手のファウルを受けて、PKのチャンスを獲得。これをジェイが落ち着いて決め切った磐田が辛くも引き分けに持ち込み、勝ち点1を手にした。 2016.08.20 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪に今季初の3連勝許した磐田、小林ラストマッチ黒星で8戦未勝利《J1》

▽13日にエコパスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第8節のジュビロ磐田vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が2-0で勝利した。 ▽2ndステージ開幕から4分け3敗で白星から遠ざかる年間13位の磐田と、4勝2分け1敗の4位でステージ優勝争いにしがみつく同5位のG大阪が相まみえた。1stステージでは、アデミウソン、遠藤のゴールにより、G大阪が2-1の逆転勝利を収めている。 ▽2連敗中の磐田は、12日に今節終了後のヘーレンフェーン移籍が決定した小林が先発。 その他、宮崎とパパドプーロスが累積警告で欠場となった一方で、ジェイが2試合ぶりにベンチ入りし、GKに八田を起用した。 ▽対して、2連勝中で初の3連勝が懸かるG大阪は、前節に引き続き遠藤をボランチ起用。1トップにはアデミウソンを置き、2列目に右から阿部、倉田、大森を据え、右足首痛で出場が危ぶまれた今野も先発入りした。 ▽小林のラストマッチということもあり、士気高く試合に入った磐田だったが、先にチャンスをつくり出したのはG大阪。3分、遠藤の浮き球パスにボックス右で反応した阿部が右足のボレーでゴールに迫るが、枠の上に外れる。 ▽入りこそやや動きに固さが目立ったものの、森島やアダイウトン、小林らが積極的にシュートを放っていくことで、徐々に持ち直した磐田。33分にはボックス右の外側で得たFKから小林が直接ゴールを狙うが、GK東口にセーブされる。 ▽その後、ラインを下げて相手を前に釣り出しながらカウンターでゴールに迫るG大阪は、ハーフタイムにかけて反撃。阿部や米倉が立て続けにゴールに迫るが、ゴールネットを揺らすには至らず、ゴールレスでハーフタイムを迎えた。 ▽後半の入りからペースを上げたG大阪は57分、味方を追い越す動きで左サイドの背後に抜け出したオ・ジェソクがボックス内に侵攻。オ・ジェソクからパスを受けたアデミウソンが鋭いターンで相手をかわして右足のつま先で押し込んだ。 ▽先制を許した磐田は、2試合ぶりにベンチ入りしたジェイを投入。すると、そのジェイや小林にシュートチャンスが巡ってくるなど、磐田の攻撃が勢いづき始めるが、ボールがGK東口の正面を突くなどで決定的なシーンとはならない。 ▽そんな中、機を見たカウンターで追加点を目指したG大阪は、遠藤、大森に代えて、長沢、堂安を立て続けに投入。すると78分、左サイドをドリブルで突破した堂安がボックス内に抜け出して中央にクロスを送り、ゴール前でフリーの長沢がネットを揺らした。 ▽結局、最後までしたたかな戦いぶりで磐田をいなし続けたG大阪が今シーズン初の3連勝。小林のラストマッチを白星で飾れなかった磐田は、これで3連敗となり、2ndステージ8戦未勝利となっている。 2016.08.13 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘーレンフェーンも磐田MF小林祐希の加入合意を発表…メディカルチェック後に3年契約

▽ヘーレンフェーンは12日、ジュビロ磐田の日本代表MF小林祐希(24)の獲得でクラブ間合意に達したと発表した。来週にもメディカルチェックを受けるためにオランダを訪れ、問題がなければ3年契約を結ぶとのことだ。 ▽ヘーレンフェーンのテクニカルマネージャーを務めるゲリー・ハムストラ氏は小林の獲得についてコメント。「非常に良い人間性があり、技術的、戦術的に素晴らしい選手だ。我々は、再び代表経験のある選手をチームに加える事ができて嬉しい」と今回の合意に満足感を示している。 2016.08.12 20:34 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース