磐田が鳥栖GK奥田達朗を完全移籍で獲得「素晴らしいクラブ」2016.01.07 15:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽磐田は7日、鳥栖のGK奥田達朗(27)が完全移籍で加入することを発表した。

▽奥田は愛知学院大から2011年に鳥栖へ加入。5シーズン在籍しJ1通算8試合、J2通算1試合に出場。2014年からはリーグ戦に出場していない。奥田は磐田を通じて意気込みを語っている。

「初めまして! サガン鳥栖から加入します、奥田達朗です。このような素晴らしいクラブでプレーできるチャンスを頂いて、感謝しています。ジュビロ磐田の為に全力で戦います! これからよろしくお願いします」

▽また、5シーズン在籍した鳥栖を通じてもコメント。新天地での飛躍を誓った。

「5年間プレーさせてもらったサガン鳥栖を離れるのはすごく寂しいですが、新たな舞台で成長した姿をみなさんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございございました!」

コメント

関連ニュース

thumb

磐田vs湘南は互いに決め手を欠きゴールレスドロー《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節のジュビロ磐田vs湘南ベルマーレがヤマハスタジアムで行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽年間勝ち点31で13位につける磐田と、年間勝ち点19で最下位に位置する湘南の一戦。磐田はシステムを4-2-3-1に変更。1トップにFWジェイを配置。左にMFアダイウトン、右にMF太田、中央にMF松井を配置した。一方、現在10連敗中の湘南は、GK村山が5試合ぶりにスタメンに復帰。また、天皇杯で2ゴールを記録したFW山田が10試合ぶりにリーグ戦に復帰、齊藤もリーグ戦初スタメンとなった。 ▽試合は2分に磐田がチャンス。ボックス手前でFKを得ると、太田のクロスから最後はアダイウトンがバイシクルシュートで狙うも、枠を外れていく。6分には中村のクロスをファーサイドで折り返そうとするが、クリアされてしまう。 ▽19分、カウンターを仕掛けた湘南は山田がボックス内右で切り返してDFをかわすとグラウンダーのクロス。これを三竿が合わせてネットを揺らすも、オフサイドの判定となる。 ▽湘南は持ち味である攻守の切り替えの早さを武器に攻め込むも、精度を欠いて得点を奪えない。一方の磐田はジェイ、アダイウトンにボールを預けて攻撃を仕掛けるも、湘南が集中した守備を見せて決定機を作らせない。 ▽32分、左CKから大槻がフリーでヘッド。シュートは枠を捉えるも、GKカミンスキーが右手一本でセーブする。磐田は34分、アダイウトンがドリブルで持ち込んでそのままシュートも、GK村山がセーブ。結局前半はゴールレスで終える。 ▽迎えた後半はホームの磐田が押し込む。48分にはジェイのクロスを松井が合わせるも、枠を外してしまう。54分にはジェイと太田がワンツーで繋ぐと、最後はジェイがシュート。しかし、これはポストの左に外れる。 ▽湘南は67分、三竿からのパスを受けた齊藤がボックス手前からシュート。しかし、これはGKカミンスキーがセーブ。70分には菊池の落としを齊藤が収めるも、シュートは打てない。 ▽磐田は攻めあぐねる中88分、右サイドからの川辺のクロスをジェイがどんぴしゃヘッド。しかし、村山が左手一本でなんとかセーブする。 ▽92分にはパワープレーから磐田は松浦がボックス手前でシュート。これは枠を捉えるも、再びGK村山がセーブする。その後も互いに攻勢は見せるが決定機を作れず。そのまま試合は終了し、0-0のゴールレスドローに終わった。 2016.09.25 16:54 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田がDF石田崚真とプロA契約締結

▽ジュビロ磐田は24日、DF石田崚真(20)とのプロA契約締結を発表した。8月28日に行われた第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦の FC岐阜SECOND戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。 ▽石田はクラブの公式サイトで、「プロサッカー選手として、スタートラインに立てたことは、うれしく思います。これからも日々努力して、チームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と今後の活躍を誓った。 ▽磐田の下部組織で育った石田は、2015年1月に喫煙・飲酒が発覚。仮契約を解除されると、6カ月間にわたって練習生として所属した後、同年8月に正式入団。今シーズンは、J1リーグ戦の1試合に先発起用されるなど出場機会を増やしていた。 2016.09.24 17:54 Sat
twitterfacebook
thumb

20歳FW鈴木優磨が今季8得点目の鹿島、磐田に3発完勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第12節の鹿島アントラーズvsジュビロ磐田が17日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-0で鹿島が勝利した。 ▽2ndステージ4勝2分け5敗で11位の鹿島(総合3位)と、同1勝5分け5敗で15位の磐田(総合13位)が相まみえた。両者共に球際に厳しくいく締まった序盤となった中、先制したのは鹿島だった。25分、柴崎の右CKを正面の昌子がヘッド。これがゴール左に突き刺さり、鹿島が先手を取る。 ▽ハーフタイムにかけても鹿島が押し気味に試合を進める。44分には、最終ラインを破った赤崎がGKを誘い出してボックス右でクロス。しかし、ファーでフリーのまま飛び込んで頭で合わせた土居はシュートを枠に飛ばせない。 ▽迎えた後半も白熱の好勝負が繰り広げられる。そんな中でスコアを動かしたのは、またも鹿島。73分、柴崎のパスで最終ライン裏に抜けた途中出場の鈴木がGKカミンスキをかわしにかかると、そのまま倒れる。このプレーがPKと判定されると、鈴木が自らPKを沈めて今季8ゴール目を記録した。 ▽さらに鹿島は、左サイドで獲得したFKで小笠原の入れたクロスがジェイのオウンゴールを誘って3点目。その後、磐田のパパロプーロスが2枚目のイエローカードで退場となったことで数的優位になった鹿島が完封勝利で勝ち点3を上乗せした。 2016.09.17 20:33 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田のDFリーダー大井健太郎、今季2度目の左足肉離れで全治5~7週間の離脱

▽ジュビロ磐田は14日、DF大井健太郎が左大腿二頭筋肉離れで全治5~7週間程度と診断されたことを発表した。 ▽大井は、10日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第11節のヴィッセル神戸戦(3-4で磐田が敗戦)で負傷。ハーフタイムでピッチを後にしていた。 ▽ディフェンスリーダーの大井は、今シーズンここまでJ1リーグ戦27試合に出場。なお、大井にとって、左大腿二頭筋の肉離れと診断されたのは今シーズン2度目となる。 2016.09.14 11:39 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田MF宮崎智彦に第1子となる長女が誕生「より一層努力し、チームの為に頑張りたい」

▽ジュビロ磐田は11日、MF宮崎智彦に第1子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽磐田の発表によると、宮崎の長女は10日に浜松市内の病院で誕生したとのことだ。宮崎はクラブを通じてコメントしている。 「この度、第一子となる女の子が無事に生まれました。新しい家族が増え、より一層努力し、チームの為に頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 ▽今シーズンの宮崎は、明治安田生命J1リーグで26試合に出場している。 2016.09.11 20:47 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース