仙台、清水からDF平岡康裕が期限付き移籍2016.01.05 15:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽仙台は5日、清水からDF平岡康裕(29)が期限付き移籍にて加入することを発表した。移籍期間は、2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。なお、平岡は2016シーズンにおける清水との対戦には出場できない。

▽2005年に清水商業高から清水に入団した平岡は、これまでJ1リーグ戦185試合に出場して12ゴールを記録。2008シーズンの1年間は、札幌に期限付き移籍している。

▽平岡は、仙台の公式サイトを通じて意気込みを語った。

「清水エスパルスから移籍してきました平岡康裕です。チームのためにハードワークして、自分の持ち味をピッチで表現したいと思います。1日も早くサポーターのみなさんに認められるように頑張りますので、これからよろしくお願いします」

▽一方、清水の公式サイトでは感謝を述べている。

「このたび、ベガルタ仙台に移籍することになりました。自分を育ててくれたクラブをこのタイミングで出るということは、自分自身すごく悩みましたが、新たなチャレンジをしようと決めました。この決断によって、またエスパルスに必要とされる選手に成長したいと思います。2005年の加入以来、10年間応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

GS終了の川崎が首位浮上!! 2位後退の仙台は最終節で決勝T進出を目指す《ナビスコカップ》

▽25日にヤマザキナビスコカップ2016のグループB第6節の川崎フロンターレvsベガルタ仙台が行われ、2-1で川崎Fが勝利した。 ▽すでに5試合を消化している5位の川崎F(勝ち点5)が、4試合を消化して首位に立つ仙台(勝ち点8)を等々力陸上競技場に迎えた。仙台はこの試合で勝利すると決勝トーナメント進出が決まる。しかし、試合の主導権は川崎Fが握る展開となった。10分には左サイドから切り崩していくと、ボックス外の大塚が意表を突いたミドルシュートを狙った。 ▽その後も川崎Fは右サイドの三好や田坂を起点に仙台陣内に攻め込んでいく。28分には田坂が左サイドから入れたクロスがファーサイドに抜けて、大塚が押し込みにかかるもGK関の好セーブに遭って得点を奪えなかった。 ▽再三のチャンスを潰してきた川崎Fだったが、43分にボックス内でボールを受けた大塚が反転からシュートを沈めてついに試合の均衡を破る。結局、前半は川崎F1点リードのまま終えた。 ▽後半はお互いに交代選手なしで迎えた。すると迎えた48分、バックラインの裏に抜け出した大塚がGKとの一対一を迎えると、落ち着いてループシュートを沈め、川崎Fがリードを広げた。 ▽対する仙台は56分に相手陣内中央でFKを獲得。水野が直接狙うも決めきることはできず。その流れで得たCKから平岡にもシュートチャンスが生まれるが、GK安藤が好セーブを見せた。 ▽仙台は61分に杉浦を下げてハモン・ロペスを送り込みゴールを目指す。さらに69分には、金久保と三田を投入するなど攻撃的な選手を送り込んだ。すると85分に相手選手のハンドから仙台がPKを獲得。これをハモン・ロペスがきっちりと決めて、1-2と点差を詰める。 ▽試合終盤も猛攻を仕掛ける仙台だったが、1点が遠く試合はそのまま終了。この結果、勝ち点8で川崎F、仙台、横浜FMが並び、得失点差で川崎Fが首位に浮上。一方の仙台は、最終節で決勝トーナメント進出を目指して戦う。 2016.05.25 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台、MFキム・ミンテがU-23韓国代表に選出

▽J1のベガルタ仙台は23日、MFキム・ミンテ(22)がU-23ナイジェリア代表とU-23ホンジュラス代表、U-23デンマーク代表との国際親善試合に臨むU-23韓国代表に選出されたことを発表した。 ▽今年8月にリオ五輪を控える韓国は、6月2日にナイジェリア戦、同4日にホンジュラス戦、同6日にデンマークとのフレンドリーマッチに臨む。 ▽キム・ミンテは、U-23韓国代表選出に際して仙台の公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「ベガルタ仙台のスタメンで出場できるくらいに成長して、仙台に戻ってきたいと思います。精一杯頑張ってきます。応援よろしくお願いいたします」 2016.05.23 14:43 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場の奥埜弾で仙台が接戦を制する!!《J1》

▽21日にShonan BMWスタジアム平塚で、明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節の湘南ベルマーレvsベガルタ仙台が行われ、1-0で仙台が勝利した。 ▽前節のアビスパ福岡戦で敗戦を喫し最下位に転落した湘南が、前節の大宮アルディージャ戦で3試合ぶりの敗戦となった14位の仙台を迎えた。 ▽試合立ち上がりは、アウェイの仙台がハモン・ロペスを中心に攻勢に出た。対する湘南も持ち味であるハードワークで仙台に自由を与えず、ボールを奪えば縦に早い展開へと持ち込んでいく。17分には仙台が、相手陣内でFKを獲得すると野沢が入れたボールを、石川直がフリック。最後は大岩が合わせに行くが、決めきることはできなかった。 ▽一方の湘南は、26分にFKからボックス内でこぼれ球を拾った高山がシュートを放つがGK六反がセーブし得点とはならず。その後、仙台がやや優位に試合を進めていく展開となるも、お互いに決定機を作り出せない。それでも40分、仙台が押し込んだ状態から、ハモン・ロペスや石川直が立て続けにシュートを浴びせるが、ここは湘南が体を張ったブロック。結局スコアが動かないままハーフタイムを迎えた。 ▽後半は湘南も攻勢に出る中、50分には長谷川がドリブルでボールを運ぶと、ボックス内で倒されたが、PKを奪えず。それでも、前半以上に高い位置でボールが奪えるようになり、相手陣内で試合を進めていった。仙台は55分にドリブルで攻め上がった金久保が右サイドからカットインしてシュートを放つが、相手選手に当ててしまい得点とはならず。 ▽徐々に激しさを増す中で、試合は76分に動きを見せる。左サイドから崩しにかかった仙台は、途中出場の奥埜にボールが入る。ボックス内の奥埜は冷静にシュートを沈め、仙台が先制に成功した。失点直後の湘南は、長谷川を下げて大槻を送り出し攻勢を強めていく。しかし仙台の堅い守りを崩しきれずに時間が経過していく。 ▽すると試合は終了のホイッスルを迎え、仙台が2試合ぶりの白星を手にした。一方、敗れた湘南は3連敗となっている。 2016.05.21 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台MF杉浦恭平が接触事故…双方にケガはなし

▽ベガルタ仙台は15日、MF杉浦恭平が接触事故を起こしていたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、杉浦は14日の13時50分頃、ユアテックスタジアム仙台に向かう途中、仙台市泉区で前方を走っていた車に接触したとのことだ。なお、双方にケガはない。 2016.05.16 10:09 Mon
twitterfacebook
thumb

家長弾を守り切った大宮がアウェイで仙台を完封!《J1》

▽14日にユアテックスタジアム仙台で明治安田生命J1リーグ・1stステージ第12節、ベガルタ仙台vs大宮アルディージャが行われ、大宮が0-1で勝利した。 ▽前節はホームでアビスパ福岡と対戦し2-0で勝利した仙台は、前節と同じメンバーで臨んだ。一方の大宮は、前節は浦和レッズとの“さいたまダービー”。0-1で敗れて連敗は避けたい所。MF泉澤に代えてDF沼田、FW江坂に代えてFWムルジャを起用した。 ▽7分、ボックス手前でパスを受けた梁勇基が左足でミドルシュート。これがDF菊地の足に当ってディフレクトするも、枠に飛んだシュートはGK加藤がセーブする。 ▽仙台はムルジャ、家長に対して人数をかけて守り、攻撃の形を作らせない。それでも30分には、裏へのボールに抜け出したムルジャがボックス右でキープ。中央の家長を狙うも、パスはカットされてしまう。 ▽ハーフタイムにかけては仙台が押し込むと45分、野沢のパスを受けた梁勇基が中央に切れ込みシュート。しかし、わずかに枠を外れ、ゴールレスで前半を終える。 ▽迎えた後半、仙台はいきなり決定機を迎える。46分、左サイドでボールを持ったハモン・ロペスが高速クロス。これに走り込んだ金久保が合わせるも、ミートしきれず枠を外してしまう。大宮も51分に決定機。左からの和田のクロスを横谷がボックス内でヘッド。しかし、わずかにポストの外を通過してゴールとはならない。 ▽それでも67分、大宮が1つのチャンスを生かす。右サイドを駆け上がった奥井が鋭いクロスを上げると、ボックス中央で待ち構えた家長が右足で合わせ、大宮が先制する。 ▽先制を許した仙台は、ハモン・ロペスが再三左サイドを仕掛けるも、中との呼吸が合わずにクロスをチャンスに結び付けられない。奥埜、水野、ウイルソンを投入し、さらに攻勢をかける仙台だが、精度が低くチャンスを作れず。終盤にかけては得意とするパワープレーを仕掛けるも、大宮がしっかりと鍵をかけて試合終了。アウェイの大宮が0-1で勝利。仙台は初の連勝とはならなかった。 2016.05.14 16:03 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース