超ワールドサッカー

仙台、清水からDF平岡康裕が期限付き移籍2016.01.05 15:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽仙台は5日、清水からDF平岡康裕(29)が期限付き移籍にて加入することを発表した。移籍期間は、2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。なお、平岡は2016シーズンにおける清水との対戦には出場できない。

▽2005年に清水商業高から清水に入団した平岡は、これまでJ1リーグ戦185試合に出場して12ゴールを記録。2008シーズンの1年間は、札幌に期限付き移籍している。

▽平岡は、仙台の公式サイトを通じて意気込みを語った。

「清水エスパルスから移籍してきました平岡康裕です。チームのためにハードワークして、自分の持ち味をピッチで表現したいと思います。1日も早くサポーターのみなさんに認められるように頑張りますので、これからよろしくお願いします」

▽一方、清水の公式サイトでは感謝を述べている。

「このたび、ベガルタ仙台に移籍することになりました。自分を育ててくれたクラブをこのタイミングで出るということは、自分自身すごく悩みましたが、新たなチャレンジをしようと決めました。この決断によって、またエスパルスに必要とされる選手に成長したいと思います。2005年の加入以来、10年間応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

仙台クリスランが大活躍! PKとスーパーゴールでわずか1分の間に逆転! 新潟を下し4試合ぶりの勝利!! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第13節のベガルタ仙台vsアルビレックス新潟が28日に行われ、2-1で仙台が勝利を収めた。 ▽ここ3試合勝利から遠ざかっている13位の仙台(勝ち点14)は、横浜F・マリノスと引き分けた前節と同じメンバーで試合に臨む。対する17位の新潟(勝ち点12)は、呂比須ワグナー新監督の下、5試合ぶりに勝利した前節の札幌戦から、こちらもメンバー変更なしで2連勝を目指す。 ▽序盤からボールを保持する仙台は4分にビッグチャンスを迎える。右サイドを起点にゴール前まで攻め込むと、最後は梁勇基のボックス左からの折り返しを、ゴール前の石原が合わせるが、うまくミートできずに枠を外してしまう。 ▽その後もポゼッションを高める仙台は、相手を押し込む時間帯が続く。守りに関しても隙を見せない仙台は、新潟の攻撃の芽を早めに摘み取り安定した戦いを見せる。一方の新潟は、主導権を握られながらも、球際やゴール前での集中した守備を崩さない。徐々にカウンターなどで攻撃に転じ、得点の匂いを漂わせるが前半は無得点で終えた。 ▽後半開始早々の48分に、新潟にとってこの試合最初の決定機が訪れる。自陣中央でボールを奪うと、すぐさまカウンターを発動。ボールを受けたホニがハーフウェイライン付近からドリブルで攻め上がると、そのまま右足でシュート。しかし懸命に戻ったDF平岡にスライディングブロックされてしまう。 ▽ヒヤリとした仙台は56分に、左CKから増嶋が打点の高いヘディングでゴールに迫るが、わずかにクロスバーの上へ外れてしまう。前半と同様に、ボールを保持するのは仙台。しかし、虎視眈々とカウンターを狙うアウェイの新潟が先制に成功する。 ▽62分、新潟が再び自陣中央でボールを奪うと、すぐにカウンターに転じる。ボックス外左の山崎がゴール前にパスを出すと、相手DFと鈴木が交錯しながらボールはチアゴ・ガリャルドの下へ。チアゴ・ガリャルドはこれを冷静に沈め、新潟に先制点をもたらした。 ▽攻め込みながらも失点を喫した仙台は、直後に2選手を投入。その交代で入った西村が70分にボックス内からシュートを狙うが、GK大谷にパンチングで防がれ同点にすることはできない。 ▽それでも攻め続ける仙台。83分にようやく攻撃が身を結ぶ。西村と同時投入されたクリスランが、その西村のパスからボックス内に侵入すると、DFに倒されPKを獲得。自らキッカーを務めたクリスランがきっちり決めて、仙台が同点に追いついた。 ▽さらに直後の84分、仙台はクリスランのスーパーゴールで逆転に成功する。左サイドの敵陣中央から永戸がアーリークロスを上げる。ボックス内のクリスランが左足の巧みなトラップで納めると、そのまま左足のジャンピングボレーでネットを揺らした。交代で入ったクリスランの2ゴールで、仙台はわずか1分の間に逆転を決めた。 ▽立て続けに2得点を許してしまった新潟は、85分に鈴木がGKと一対一の場面を迎えるが、GKシュミット・ダニエルが立ちはだかり仙台ゴールに蓋をされる。試合はこのまま終了。クリスランのPKを含む2得点の活躍でホームの仙台が見事に逆転勝利を収めた。 2017.05.28 15:34 Sun
twitterfacebook
thumb

アウェイで逆転勝利を収めた仙台が首位キープ! 札幌は最終節に3位入りを目指す《YBCルヴァンカップ》

▽24日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第6節の北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台が札幌ドームで行われ、1-2で仙台が勝利を収めた。 ▽ここまで4試合を消化し、2勝1分け1敗で勝ち点7の4位につける札幌と、5試合を消化し3勝1分け1敗の勝ち点10で首位に立つ仙台の一戦。札幌はマセードが約2カ月ぶりの復帰となり、仙台は好調のクリスランが1トップに入った。 4分、ジュリーニヨガ左サイドへ展開すると、石井がボックス内左からクロス。これをフリーの上原がどんぴしゃヘッドで叩き込み、札幌が先制する。 ▽先制した札幌はジュリーニョを中心に攻撃を組み立てる。12分にはジュリーニョが高い位置でボールを奪うと、左サイドまでドリブルで持ち上がりクロス。しかし、上原が合わせたシュートは枠を捉えられない。 ▽すると17分、仙台がチャンスをものにする。西村からのパスを受けたクリスランがボックス中央ではたいたボールを、佐々木が巧みなターンでDFをかわし、そのままシュート。これがネットを揺らし、仙台が同点に追いつく。 ▽勢いづく仙台は20分、右サイドでFKを獲得すると、三田がゴール前にクロス。これをボックス中央で石川が頭で合わせ、仙台が逆転に成功する。 ▽仙台は前半アディショナルタイム1分にもチャンス。小島ががアーリークロスを送るも、菊地が何とかクリアし試合終了。1-2と仙台が1点をリードして前半を終える。 ▽1点ビハインドの札幌は後半開始から、攻撃の中心だったジュリーニョに代えて菅を投入。攻撃の活性化を図る。菅の投入で推進力を得た札幌は、セットプレーのチャンスを多く創出。小野が幾度となくクロスを送るも、味方に合わずゴールを奪えない。 ▽リードしている仙台はリスクを犯して攻め込むことはなく、しっかりをブロックを作って対応。荒野に代えて宮澤、小野に代えて都倉を投入し、勝負に出る。 ▽76分にはその都倉が決定機。上原がドリブルで仕掛け都倉にパスを送ると、ボックス手前からシュート。しかし、これはGK関がセーブする。 ▽防戦が続く仙台は、両サイドを使って攻撃を仕掛けるも、クロスが味方に合わない。その後も攻め込む札幌、守る仙台の構図が続くが、最後までゴールは生まれず。仙台が1-2で札幌を下し首位をキープした。一方の札幌は、最終節に3位浮上を目指す。 2017.05.24 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台MF三田啓貴が一般女性と入籍「家族を支えられるように頑張っていきたい」

▽ベガルタ仙台は21日、MF三田啓貴(26)の入籍を発表した。お相手は一般女性となる。 ▽三田はFC東京の下部組織出身で、2016年に仙台へ期限付き移籍。今シーズンから完全移籍で加入していた。三田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、私事ではありますが5月21日にかねてからお付き合いさせて頂いている女性と入籍いたしました。今まで以上に自覚と責任を持ち、家族を支えられるように頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします」 2017.05.21 17:43 Sun
twitterfacebook
thumb

大岩弾で追いついた仙台が連敗ストップ! 逃げ切り失敗横浜FMは連勝ならず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節、横浜F・マリノスvsベガルタ仙台が20日に日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽9位横浜FMと14位仙台が対峙した一戦。今季3度目の連勝を目指すホームの横浜FMは、前節のヴァンフォーレ甲府戦からダビド・バブンスキーに代わって、前田を先発で起用。一方、連敗ストップを目指す仙台は、敗れた大宮アルディージャ戦からクリスランに代わって、奧埜を先発で起用した。 ▽戦前の予想に反して、立ち上がりからペースを握ったアウェイの仙台がホームチームを押し込んでいく。開始3分にはボックス左ライン際で永戸が折り返したボールをゴール前の石原がワンタッチでGKを剥がし、フリーの梁勇基がシュートもこれはGKに阻まれる。さらにこぼれ球を富田がミドルシュートで狙うが、これは相手DFの好ブロックに阻まれた。 ▽開始早々の先制ゴールはならずも、良いリズムで攻勢を続ける仙台は、三田や大岩、梁勇基らが積極的にボックス内でチャンスに絡むが、相手のブロックやシュート精度の問題であと一歩でゴールとはならない。 ▽一方、守勢が続きなかなか攻撃に出られない横浜FMだったが、30分過ぎにようやく最初の決定機を作る。32分、右サイドの松原が正確なクロスをボックス左に入れると、これに反応した齋藤がヘディングシュート。だが、枠を捉えたシュートはGKシュミット・ダニエルのワンハンドセーブに阻まれる。 ▽それでも、この決定機をキッカケに盛り返し始めた横浜FMは、前半アディショナルタイムに右サイドでルーズボールを拾ったマルティノスからのフィードにうまくオフサイドラインをかい潜って抜け出した前田が、そのままボックス内に持ち込んで最後は得意の角度から左足の丁寧なシュートをゴール左隅に流し込み、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、梁勇基を起点にアウェイチームが反撃を試みるが、GK飯倉の牙城を破れない。流れを変えたい仙台は、58分に梁勇基を下げて西村、69分には蜂須賀を下げて中野を投入し、より攻撃にリスクをかける。 ▽一方、後半も粘り強い戦いでリードを保つ横浜FMは、いずれも接触プレーで足を気にしていた齋藤、前田を諦め、73分に扇原、山中をピッチに送り出す。 ▽拮抗した展開が続く中、75分過ぎにスコアが動く。76分、左サイドからのクロスをゴール前の石原が右足で丁寧に落とし、これを奧埜がシュートするが、GK飯倉の圧巻の反応に阻まれる。だが、このプレーで得た左CKの場面でキッカーの三田がアウトスウィングで入れたボールをゴール前フリーの大岩が頭で流し込み、仙台が同点に追いついた。 ▽その後、奧埜に代えてクリスランを投入し、さらに前がかる仙台が勝ち越しゴールを目指して攻勢に出る。しかし、試合終了間際に中野の右クロスから訪れたクリスランの決定機は、ヘディングシュートが枠を捉え切れず、試合は1-1のままタイムアップ。積極的な戦いで追いついた仙台が、連敗をストップ。一方、逃げ切り失敗の横浜FMはホームで連勝のチャンスを逃した。 2017.05.20 16:08 Sat
twitterfacebook
thumb

大前のゴールで逆転した大宮、仙台を下し今季2勝目!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節大宮アルディージャvsベガルタ仙台が14日に行われ、2-1でホームの大宮が勝利した。 ▽ここまでわずか1勝で、最下位に沈む大宮(勝ち点4)は、前節から、高山、長谷川アーリアジャス―ル、岩上に代えて、菊池、マテウス、ドラガン・ムルジャを先発に起用した。対する14位の仙台(勝ち点13)は、ここ6試合で1勝と、こちらも苦しい状況。その仙台の前節からの変更点は、菅井に代えて蜂須賀の、この1点のみとなった。 ▽試合開始早々から、大宮は攻撃の姿勢を強く見せる。1分、敵陣中央の左サイドで瀬川がボールを持つと、そこから豪快に右足を振り抜き、仙台GKシュミット・ダニエルを強襲。さらに、仙台が自陣のボックス内でボールを奪い、カウンターに転じようとすると、素早いチェックでボールを奪い返した大宮が逆カウンターで、仙台ゴールに襲い掛かる。 ▽序盤から積極的に攻勢に出る大宮に負けじと、仙台も少しずつ攻撃を仕掛け始める。すると23分、ボックス内でクリスランがDF山越に倒されPKを獲得。自らキッカーを務めたクリスランは、一度はGK塩田にセーブされるも、こぼれたボールを押し込み、仙台に先制点をもたらした。 ▽リードを許した大宮は、さらに攻勢を強めて同点を狙うが、集中した守りを見せる仙台を崩すことができない。逆に仙台は43分、左CKからの流れで増嶋がネットを揺らすが、その前の大岩とGK塩田の接触プレー時にファウルを取られ、ゴールは認められなかった ▽迎えた後半、一進一退の攻防が続く中、大宮がセットプレーから、仙台ゴールをこじ開ける。右CKを獲得すると、大前がクロスを上げてニアのマテウスが頭で後ろに逸らす。そこへ入った山越がヘディングで流し込んで同点に追いついた。 ▽勢いに乗る大宮は、67分にもボックス外右からのクロスに、瀬川が頭で合わせるが、惜しくも枠を外れてしまう。大宮がやや優勢に試合を進める中、仙台にもチャンスが訪れる。80分、左CKから蜂須賀がヘディングシュートを狙うが、ゴールの右へ。 ▽攻撃への気迫を見せる両者だが、勝ったのは大宮だった。大前がDFの隙を突いて背後に抜け出すと、渡部がそこにロングボールを供給。大前は巧みなトラップから、ドリブルでボックス内に持ち込むと、キックフェイントでDFを一人かわし、冷静にゴールに流し込んだ。 ▽逆転を許した仙台は、試合終了間際のセットプレーで、GKダニエル・シュミットもゴール前に上がる捨て身の攻撃にでるが、粘り強い守りで死守する大宮ゴールを割ることはできなかった。試合はこのまま終了。逆転劇を演じたホームの大宮が2-1で勝利し、今季2勝目を挙げた。 2017.05.14 19:18 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース