仙台、清水からDF平岡康裕が期限付き移籍2016.01.05 15:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽仙台は5日、清水からDF平岡康裕(29)が期限付き移籍にて加入することを発表した。移籍期間は、2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。なお、平岡は2016シーズンにおける清水との対戦には出場できない。

▽2005年に清水商業高から清水に入団した平岡は、これまでJ1リーグ戦185試合に出場して12ゴールを記録。2008シーズンの1年間は、札幌に期限付き移籍している。

▽平岡は、仙台の公式サイトを通じて意気込みを語った。

「清水エスパルスから移籍してきました平岡康裕です。チームのためにハードワークして、自分の持ち味をピッチで表現したいと思います。1日も早くサポーターのみなさんに認められるように頑張りますので、これからよろしくお願いします」

▽一方、清水の公式サイトでは感謝を述べている。

「このたび、ベガルタ仙台に移籍することになりました。自分を育ててくれたクラブをこのタイミングで出るということは、自分自身すごく悩みましたが、新たなチャレンジをしようと決めました。この決断によって、またエスパルスに必要とされる選手に成長したいと思います。2005年の加入以来、10年間応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

闘莉王のピンポイントフィードから先制した名古屋が仙台を下し貴重な勝ち点3獲得!《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節のベガルタ仙台vs名古屋グランパスがユアテックスタジアム仙台で行われ、1-2で名古屋が勝利した。 ▽現在年間勝ち点37で12位につける仙台が、年間勝ち点23で16位と降格圏に沈む名古屋を迎えた一戦。引き分け以上で残留が確定する仙台は、MF梁勇基が6試合の先発出場となった。一方の名古屋は、MFハ・デソンが先発に復帰。右サイドバックに矢野が入り、小川が3トップの一角に入った。 ▽開始2分、最終ラインの田中マルクス闘莉王がロングフィード。これに反応した小川がボックス内でダイレクトシュート。これが決まり、名古屋が早々に先制する。 ▽先制された仙台は9分、ハモン・ロペスがボックス手前から左足シュート。しかし、これは力なくGK楢崎がキャッチする。10分には奥埜がドリブルで仕掛けシュートも、枠を外してしまう。 ▽仙台はハモン・ロペスが積極的に仕掛けるも、闘莉王が体を張って応戦する。ホームの仙台は両サイドを使って攻勢をかけるも、名古屋は集中した守備で得点を許さない。 ▽ハーフタイムにかけても仙台が押し込む時間が続くが、残留のために勝ち点3が必要な名古屋が粘りの守備を見せ、前半は名古屋が1点リードで終える。 ▽後半もペースを握ったのは名古屋。すると57分、GK関からのパスを受けた平岡が田口にボールを奪われると、田口は上手くGK関をかわし、無人のゴールに流し込む。 ▽リードを2点に広げた名古屋は、その後も積極的に仕掛けていくも、追加点を奪えない。一方の仙台も、梁勇基、奥埜、ハモン・ロペスを中心に名古屋ゴールを目指すが、アタッキングサードで精度を欠き決定機を作れない。 ▽それでも87分、梁勇基からのパスを受けたパブロ・ジオゴがボックス左からクロス。これが磯村に当たり、オウンゴールで仙台が1点を返す。その後も押し込む仙台だったが、名古屋がことごとく跳ね返し試合終了。逆転残留を目指す名古屋が基調な勝ち点3を獲得した。敗れた仙台は5試合白星から遠ざかっている。 2016.09.25 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMが兵藤のゴールを守り切ってリーグ戦4戦ぶりの白星! 敗れた仙台は4連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第11節のベガルタ仙台vs横浜F・マリノスがユアテックスタジアム仙台で行われ、横浜FMが0-1で勝利した。 ▽インターナショナルウィークの関係で2週間ぶりの開催となったリーグ戦。仙台は8月27日に行われた第10節のサンフレッチェ広島戦、第9節の大宮アルディージャ戦と連敗すると、天皇杯2回戦ではグルージャ盛岡に2-5と大敗を喫している。一方の横浜FMは、大宮とのルヴァンカップ準々決勝初戦で敗れるも、ホームでの第2戦で勝利しベスト4入り。さらに天皇杯2回戦では福島ユナイテッドFCを延長戦の末に2-0で下している。 ▽最初に決定機を迎えたのは横浜FM。15分、中町のパスを受けた齋藤がドリブルで中央へ切れ込みボックス手前からシュート。しかし、枠の右に外れる。カウンターで攻撃の形を作る仙台は22分、右CKからのクロスをファーサイドでハモン・ロペスが合わせるも枠を捉えられない。 ▽互いに効果的な攻撃を出せなかったが34分、右サイドをドリブルで突破した前田がボックス右から左足シュート。しかし、シュートはわずかに枠を外れてしまう。その後は、仙台のペースで試合は進むも決定機を作れず。結局、ゴールレスで前半を終える。 ▽迎えた後半、最初にチャンスを作ったのは横浜FM。51分、小林のパスを受けた前田が右サイドを駆け上がりクロス。ファーで伊藤が合わせるも、わずかに枠を外してしまう。54分には、小林のアーリークロスを抜け出した齋藤が落とし、最後は伊藤がボックス手前から強烈なシュート。しかし、DFがブロックする。 ▽横浜FMが押し込む展開で迎えた83分、左サイドを齋藤がドリブル突破。ボックス内に侵入しクロスを入れると、こぼれ球を兵藤がボレーで蹴り込み、横浜FMがついに先制する。 ▽先制された仙台は89分、ウイルソンが中澤をかわしてボックス手前から強引にシュート。しかしGK榎本にキャッチされる。仙台は同点を目指して攻め込むも、横浜FMの固い守りを崩せず試合終了。0-1で横浜FMが勝利しリーグ戦4試合ぶりの白星。敗れた仙台は4連敗となった。 2016.09.10 19:56 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台大MF山田満夫が仙台の特別指定選手に…2013年は松本に所属

▽日本サッカー協会(JFA)は2日、仙台大学サッカー部に所属するMF山田満夫(22)を、8月30日付けで2016年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はベガルタ仙台となる。 ▽山田は北海道出身で、帯広北高校から2013年に松本山雅FCに加入。しかし、2014年2月に松本を退団。2014年に仙台大学へ進学していた。 2016.09.02 18:07 Fri
twitterfacebook
thumb

負傷者に悩まされる仙台、MF佐々木匠が右足くるぶしの靭帯損傷で手術を受け全治約3カ月

▽ベガルタ仙台は30日、U-19日本代表MF佐々木匠の負傷を発表した。 ▽佐々木は仙台市内の病院にて手術を行い、右足関節陳旧性前距腓靭帯損傷(右足外くるぶし付近の靭帯損傷)と診断されたとのこと。全治まで約3カ月かかる見込みだ。佐々木は今シーズンの明治安田生命J1リーグで2試合に出場している。 ▽仙台は、MF梁勇基やMF野沢拓也、MF金久保順、DF平岡康裕、DF石川直樹ら負傷者が続出しており、また1名増えてしまった。 2016.08.30 13:14 Tue
twitterfacebook
thumb

青山&柴崎弾の広島が仙台に完封勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第10節のベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島が27日にユアテックスタジアム仙台で行われ、0-2で広島が勝利した。 ▽2ndステージ4勝1分け4敗で11位(総合10位)の仙台と、同4勝2分け3敗で8位(総合4位)の広島が相まみえた。先に決定機を演出したのは仙台。16分、ボックス左手前でボールを叩いたハモン・ロペスのコントロールシュートが左のクロスバーに直撃した。 ▽対する広島は、18分に反撃する。右サイドのミキッチが入れたクロスにニアサイドの茶島が頭で合わせる。このヘディングシュートが枠を捉えたが、GK関の好セーブに遭った。逆に24分には仙台のハモン・ロペスが抜け出して枠内シュートを放つも、今後は広島GK林も好セーブを見せて失点を許さない。 ▽そんな中、スコアを動かしたのは広島だった。30分、左サイドの柴崎が中央に入れたボールをペナルティアーク付近の青山がダイレクトで叩き、コントロールシュートを流し込んだ。 ▽迎えた後半、ビハインドを背負うホームチームが広島を押し込む。しかし、広島も懸命に耐えながらカウンターを繰り出し、相手をけん制する。 ▽すると、ゴールを生んだのは広島だった。78分、左サイドで清水が仕掛けて出したパスはクリアされるも、こぼれ球を拾った柴崎がボックス左でシュート。鋭いシュートがバーの下を叩いてネットを揺らし、広島がリードを広げる。 ▽その後、広島は逃げ切りに成功し、前節の敗戦を払拭する白星を獲得。仙台は前節に続く連敗となった。 2016.08.27 21:23 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース