仙台、清水からDF平岡康裕が期限付き移籍2016.01.05 15:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽仙台は5日、清水からDF平岡康裕(29)が期限付き移籍にて加入することを発表した。移籍期間は、2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。なお、平岡は2016シーズンにおける清水との対戦には出場できない。

▽2005年に清水商業高から清水に入団した平岡は、これまでJ1リーグ戦185試合に出場して12ゴールを記録。2008シーズンの1年間は、札幌に期限付き移籍している。

▽平岡は、仙台の公式サイトを通じて意気込みを語った。

「清水エスパルスから移籍してきました平岡康裕です。チームのためにハードワークして、自分の持ち味をピッチで表現したいと思います。1日も早くサポーターのみなさんに認められるように頑張りますので、これからよろしくお願いします」

▽一方、清水の公式サイトでは感謝を述べている。

「このたび、ベガルタ仙台に移籍することになりました。自分を育ててくれたクラブをこのタイミングで出るということは、自分自身すごく悩みましたが、新たなチャレンジをしようと決めました。この決断によって、またエスパルスに必要とされる選手に成長したいと思います。2005年の加入以来、10年間応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

計6発の乱打戦はドロー…広島がラストワンプレーで仙台に追いつく! 《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のサンフレッチェ広島vsベガルタ仙台がエディオンスタジアム広島で行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽第7節を終えて、1勝1分け5敗で17位に沈む広島と、3勝4敗で12位につける仙台が激突した。0-1で敗れた前節の横浜F・マリノス戦で今シーズン初の連勝を逃した広島は、その一戦から丸谷と清水に代えて千葉と柏を先発起用。フィリペ・シウバに代えて青山がリーグ戦3試合ぶりの先発復帰を果たした。 ▽一方、前節の鹿島アントラーズ戦で1-4の黒星を喫したリーグ3連敗中の仙台は、広島と同様に先発メンバーを3人変更。石川と藤村、茂木に代えて増嶋と富田、永戸を起用した。 ▽24日をもってクラブ創立25周年を迎える広島が『25周年記念試合』として位置付けた一戦。試合は立ち上がりからホームの広島が仙台ゴールへと迫るも、ラストパスが前線とかみ合わず、シュートまで至らない。 ▽広島は21分、左サイドでボールを受けた柏がカットインから右足を振り抜く。しかし、枠を捉えることができない。 ▽その後もセカンドボールを拾い続け、青山を起点に何度も両サイドの裏を突くも、クロスの精度を欠き、仙台ゴールを脅かすことができない。対する仙台もカウンターから敵陣へ迫るも、攻め上がる枚数が少なく決定機を作ることができない。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、ここまでシュートまで結びつけることができなかった広島が先制に成功する。54分、右サイドの高橋からのクロスをゴール前中央で粘ると、ゴール前左で待ち構えていた柏が右足を振り抜いて、ニアサイドを射抜いた。 ▽待望の先制点を奪った広島は、攻勢を強める。すると60分、左サイドを突破した柏のクロスをファーサイドでアンデルソン・ロペスがダイレクトシュート。これは平岡にブロックされるも、こぼれ球を工藤が押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽立て続けに2点を奪われた仙台が反撃に出る。65分、ボックス手前で富田のパスを受けたクリスランがヒールでボックス左に送ると、走り込んだ三田が左足を振り抜く。しかし、ラインぎりぎりのところで千葉にかき出されてしまう。しかし、その3分後、右サイドを突破した三田がクロスを供給。これに反応した梁勇基が滑りながらも右足で合わせると、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽1点を返した仙台が攻勢を強めると73分、ボックス手前やや左でFKを獲得。これを三田が左足を振り抜いてゴール右上隅を狙うと、バーを叩いてゴールに突き刺した。さらに76分、ボックス手前での細かいパス回しからボックス左外に展開すると、増嶋が柔らかいクロスを供給。これに反応した石原が頭で押し込んだ。 ▽9分間で2点のリードを引っくり返された広島は、その後猛攻を仕掛けるも、守備固めに入った仙台ディフェンスを崩すことができない。 ▽それでも辛抱強く攻勢を続けると、ラストワンプレーでドローに持ち込む。後半アディショナルタイム5分、敵陣中央右から途中出場のミキッチがアーリークロス。ファーサイドに流れたセカンドボールを柏が頭で折り返すと、ゴール前で待ち構えていた柴崎が胸で収めて右足で押し込んだ。 ▽結局、そのまま試合終了。2点のリードを引っくり返されるも、土壇場で追いついた広島だったがメモリアルマッチを勝利で飾ることができず、対する仙台はリーグ戦4試合白星がない。 2017.04.22 16:41 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台が昨年に引き続き仙台大MF山田満夫を特別指定選手として登録

▽ベガルタ仙台は21日、仙台大学に所属するMF山田満夫(22)を2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として申請し、承認されたことを発表した。 ▽2014年に松本山雅FCを退団し、仙台大学へと進学した山田は、昨シーズンにも特別指定選手として登録されていた。しかし、明治安田生命J1リーグでの出場はなかった。 ▽昨季に引き続き特別指定選手として登録された山田は、クラブを通じて以下のコメントを残している。 「昨シーズンに引き続き、ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変光栄に思います。同時にたくさんの方々の協力や支えに深く感謝しております。この経験を通してベガルタ仙台、仙台大学に貢献できるようがんばります。応援よろしくお願いします」 2017.04.21 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島、4発で仙台一蹴! 曽ヶ端&小笠原のJ1通算500試合目に勝利で飾る《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節、ベガルタ仙台vs鹿島アントラーズが16日にユアテックスタジアム仙台で行われ、鹿島が4-1で勝利した。 ▽6節終了時点で、3勝3敗で10位に付ける仙台と、4勝2敗で3位につける鹿島の一戦。前節の浦和レッズ戦で0-7と大敗し、今季初の連敗を喫した仙台は、その一戦から先発メンバーを7人変更。GK関憲太郎と梁、奥埜らに代えてGKシュミット・ダニエルと石原、クリスランを起用した。また、石原はこの試合がJ1通算200試合目となった。 ▽一方の鹿島は、前節のセレッソ大阪戦を0-1で敗れると、12日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・第4節のブリスベン・ロアー戦でも1-2で敗戦。公式戦で連敗中の鹿島は、ブリスベン・ロアー戦から先発メンバーを4人変更した。GKクォン・スンテとレオ・シルバ、金森に代えてGK曽ヶ端と永木、中村を起用。また、鈴木の欠場した前線には、右足首を負傷から復帰した金崎が入った。また、曽ヶ端と小笠原はこの試合がJ1通算500試合目となった。 ▽試合は立ち上がりから激しい攻防が繰り広げられる。まずは鹿島が6分、左サイドの山本からパスを受けた中村がボックス左手前から右足を振り抜く。対する仙台は10分、茂木のクロスをボックス右で収めた石原がシュート性のクロスで折り返す。これをファーサイドに走り込んだ佐々木が頭で合わせるも、わずかに枠を捉えきれない。 ▽試合が落ち着き始めると、次第に鹿島が流れを引き寄せる。19分、敵陣中央で永木が相手のパスをインターセプトすると、そのままボックス内にスルーパス。これに反応した土居がボックス内でシュートを放つも、GKシュミット・ダニエルの好守に阻まれる。 ▽迎えた25分、GK曽ヶ端のゴールキックをハーフウェイライン付近で西が収めると、ドリブルを開始。ボックス手前まで運ぶと、上体フェイントで一人交わし、右足を振り抜いてゴール右隅へと突き刺した。 ▽先制した勢いそのままに鹿島が仙台を攻め立てる。31分、中村が最終ラインの昌子からのスルーパスに反応してボックス内に侵攻すると、石川がたまらずファール。このPKを金崎が落ち着いてゴール右隅へと沈めた。 ▽立て続けに2点を許した仙台は、反撃に転じるもフィニッシュのところで鹿島ディフェンスに抑えられ、シュートを打つことができない。すると鹿島は43分、金崎のパスをボックス右外で受けた遠藤がボックス右の土居とのパス交換から左足を振り抜く。石川の股を抜いたシュートにGKシュミット・ダニエルは一歩も動けず、ボールはそのままゴール左隅へと吸い込まれた。 ▽3点のビハインドで試合を折り返した仙台は、後半立ち上がりに反撃の狼煙をあげる。50分、三田からの左CKをゴール前中央でクリスランが昌子に競り勝ち、頭で押し込んだ。 ▽その後は仙台が押し込む時間帯が続くも、鹿島も応戦。61分、敵陣中央からのスルーパスを受けた中村がボックス手前からシュート。さらに63分、ボックス右深い位置からの金崎の落としを遠藤がボレーシュート。立て続けに仙台ゴールを脅かすも、決め切ることができない。 ▽流れの中でチャンスを作り切れない仙台はセットプレーからゴールに迫る。64分、三田の左CKをゴール前で大岩がヘディングシュート。しかし、これがGK曽ヶ端の正面。さらに75分、三田の左CKが混戦になると、石川が左足でジャンピングボレーを放つも、わずかにゴール右へ外れる。 ▽その後も猛攻を仕掛ける仙台だったが、決め切ることができず。すると鹿島は後半アディショナルタイム2分、三竿のロングボールに反応した途中出場のペドロ・ジュニオールがカウンターからとどめを刺し、試合をクローズ。4発大勝で連敗を脱した鹿島が曽ヶ端と小笠原のメモリアルゲームに花を添えた。一方の仙台はリーグ3連敗を喫した。 2017.04.16 21:38 Sun
twitterfacebook
thumb

19歳佐々木が1G1Aの活躍! 仙台が磐田に勝利《YBCルヴァンカップ》

▽12日、YBCルヴァンカップ2017のグループA第2節、ベガルタ仙台vsジュビロ磐田が行われ、2-0で仙台が勝利した。 ▽明治安田生命J1リーグ第6節で浦和レッズに0-7の大敗を喫したホームの仙台は、浦和戦から、大岩、平岡、藤村、三田を除く7人のメンバー変更。対するアウェイの磐田は、J1第6節の清水エスパルス戦から、高橋、宮崎、川辺以外の8人を変えて試合に臨んだ。 ▽両者落ち着いた立ち上がりで始まった前半。最初にチャンスを迎えたのは磐田だった。12分、中村太がペナルティアーク手前からミドルシュート。GKが弾いたこぼれ球を拾った磐田が波状攻撃を仕掛けると、最後は川辺がネットを揺らすも、ゴール前にいた磐田の選手がオフサイドを取られ、ゴールは認められない。23分には、右サイドの松本から、グラウンダーのクロスが入ると、小川が反応。滑り込みながら右足で合わせるも、シュートはゴールの右をかすめる。 ▽その後は、終始お互いに精彩を欠き、なかなかゴールチャンスを作り出せないまま時間が経過。仙台は42分、FKから何とかチャンスを作り出そうとするも、ゴール前の混戦からの石原のバックヘッドは、勢いなくGKにキャッチされてしまう。 ▽44分には、左サイドでパスを受けた佐々木が、ボックス左まで持ち込んでゴールを狙うが、シュートはバーの上に外れる。前半は磐田がやや優勢に進めたものの、両者とも細かいミスが目立ち、ゴールレスで折り返す。 ▽迎えた後半、早々に試合が動く。51分、敵陣中央のやや左でパスを受けた佐々木が、縦に走り込んでいたクリスランにスルーパス。キーパーと1対1になったクリスランが冷静にこれを決めて、仙台が先制に成功した。 ▽先制点を奪った仙台は、さらに攻勢に出る。64分、左サイドでパスを回すと、DFの背後に走り込んだ三田に、佐々木が浮き球でスルーパス。三田はさらにDFを一人かわし、ボックス左の深い位置からシュートを放つ。しかし、これはGKに弾かれ追加点を奪えない。 ▽それでも、攻め立てる仙台が追加点を奪う。68分、右サイド深くからクロスを入れた菅井が、一度はブロックされるも、こぼれ球を拾いボックス左の佐々木にパス。佐々木はGKの位置を確認し、冷静にループシュート。ボールはGKの頭上を抜く綺麗な軌道でネットに吸い込まれた。 ▽その後は守りに重きを置く仙台に対し、攻撃のアイデアが見出だせない磐田が攻めあぐねる時間帯が続き試合終了。2-0でホームの仙台が勝利し、0-7で大敗した浦和戦の汚名を払拭した。 2017.04.12 22:06 Wed
twitterfacebook
thumb

興梠J初ハット&今季初“KLM”弾など大量7発! 仙台撃破の浦和が5戦負けなし《J1》

▽7日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ第6節の浦和レッズvsベガルタ仙台は、7-0で浦和が勝利した。 ▽5節終了時点で、3勝1敗1分で4位につける浦和と、3勝2敗で7位につける仙台が激突した。前節のヴィッセル神戸戦を3-1で勝利した浦和は、先発メンバーに同じ11人を起用。一方、前節の川崎フロンターレ戦で0-2の敗北を喫した仙台は、先発メンバーを3人変更。菅井と石川、契約により浦和戦に出場できない石原に代えて増嶋と蜂須賀、藤村を起用した。 ▽[3-4-2-1]のシステムを採用する両チームの一戦。まずはアウェイの仙台が浦和ゴールを脅かす。2分、縦パスを受けた梁勇基のポストプレーから奥埜がボックス手前まで運んでシュート。しかし、これはわずかにゴール左へと外れる。 ▽互いにラストパスの精度を欠き、フィニッシュまで持っていくことができない展開の中、20分、一瞬の隙を突いた浦和が均衡を破る。右サイドで縦へと仕掛けた関根が、切り返しでDFを振り切り左足でクロス。これをゴール前にフリーで走り込んだ興梠が頭で叩き込んだ。 ▽先制点を奪った浦和は、勢いに乗ったまま一気に試合の流れを引き寄せる。27分、ボックス右手前で関根がボールを持つと、マイナスのパスを受けた森脇が絶妙なスルーパスで関根にリターン。これを関根が中央に折り返すと、走りこんだ興梠が右足で合わせ、追加点を奪う。さらに29分、敵陣中央やや左でパスを受けた武藤がドリブルを開始。ボックス中央手前まで切り込むと、右足を振り抜いてゴール右隅へと突き刺した。 ▽しかし、順調な試合運びを見せる浦和にアクシデントが起こる。プレスをかけようとした関根が急に立ち止まり、脇腹を抑えて交代を要求。そのまま担架で運び出され、42分に駒井と交代する。 ▽突然のアクシデントも動揺を見せない浦和は、仙台を攻め立てると前半アディショナルタイム1分、ボックス左でパスを受けた宇賀神が平岡にスライディングタックルで倒されてPKを獲得。これを興梠が冷静に左隅へと沈め、前半だけでキャリア2度目のハットトリックを達成する。 ▽後半に入っても仙台を攻め立てる浦和は47分、ハーフウェイラインを越えた辺りから武藤が敵陣中央に浮き球のパスを送ると、これが相手ディフェンスラインの背後へと抜ける。これに抜け出した李がGK関との一対一を冷静に制し5点目を奪う。 ▽一矢報いたい仙台だったが、大量リードで余裕を持って試合を進める浦和のディフェンスを崩すことができず。終盤に差し掛かっても攻撃の手を緩めない浦和は66分、柏木の右CKに反応した阿部が頭で流すと、大岩のオウンゴールを誘発。さらに後半アディショナルタイムにも柏木がヘディングシュートを決めて、7-0で圧勝した。 ▽仙台に反撃の余地を与えず、最後まで攻勢を続けた浦和が興梠のリーグ戦初のハットトリックと今季初の“KLM"弾など大量7発で連勝。敗れた仙台は今季初の連敗を喫した。 2017.04.07 21:57 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース