仙台、清水からDF平岡康裕が期限付き移籍2016.01.05 15:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽仙台は5日、清水からDF平岡康裕(29)が期限付き移籍にて加入することを発表した。移籍期間は、2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。なお、平岡は2016シーズンにおける清水との対戦には出場できない。

▽2005年に清水商業高から清水に入団した平岡は、これまでJ1リーグ戦185試合に出場して12ゴールを記録。2008シーズンの1年間は、札幌に期限付き移籍している。

▽平岡は、仙台の公式サイトを通じて意気込みを語った。

「清水エスパルスから移籍してきました平岡康裕です。チームのためにハードワークして、自分の持ち味をピッチで表現したいと思います。1日も早くサポーターのみなさんに認められるように頑張りますので、これからよろしくお願いします」

▽一方、清水の公式サイトでは感謝を述べている。

「このたび、ベガルタ仙台に移籍することになりました。自分を育ててくれたクラブをこのタイミングで出るということは、自分自身すごく悩みましたが、新たなチャレンジをしようと決めました。この決断によって、またエスパルスに必要とされる選手に成長したいと思います。2005年の加入以来、10年間応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

名古屋DF古林将太が仙台へ期限付き移籍

▽ベガルタ仙台は23日、名古屋グランパスに所属する元U-19日本代表MF古林将太(26)の期限付き移籍での加入を発表した。期間は2018年1月31日まで。背番号は「29」に決定している。 ▽湘南ベルマーレの下部組織で育った古林は、2009年10月10日に当時18歳で天皇杯に出場、同クラブのトップ2種登録を用いて、公式戦デビューを果たした。2016年に名古屋グランパス加入すると、移籍初年度の2016シーズンは公式戦34試合に出場。しかし、今シーズンは公式戦3試合のみの出場に留まっていた。古林は両クラブを通じてコメントを出している。 ◆ベガルタ仙台 「初めまして 名古屋グランパスから期限付移籍加入することになりました、古林将太です。1日も早く仙台の地に慣れ、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「この度、ベガルタ仙台への期限付き移籍を決めました。昨年末、必ずJ1(明治安田生命J1リーグ)復帰のために力を出しきると皆さんに誓ったので、このような報告をする事を、とても心苦しく思っています。なかなかチームの力になれない日々が続く中で、試合に出たいという気持ちが日に日に募り、たくさん悩みましたが今回の決断に至りました。練習場、スタジアムで声をかけてくださったファン・サポーターの皆さんに、さらに成長した姿をお見せできるよう、頑張ってきます」 2017.07.23 13:33 Sun
twitterfacebook
thumb

来日初アシストの神戸ポドルスキ、今後の活躍を誓う「手土産なしで来たわけじゃない」

Jリーグプレシーズンマッチが7月22日にユアテックスタジアム仙台で行われ、ベガルタ仙台とヴィッセル神戸が対戦した。試合は2-2(PK4-2)で神戸が勝利。試合後、神戸のFWルーカス・ポドルスキが来日初ゲームを振り返った。<br><br>今日の試合は「自分にとっては練習だった」と切り出すポドルスキ。「こういった親善試合はチーム、システム、そしてリーグのことを知るいい機会。悪くない45分だった」と前半のみの出場をまずまずの感触で終えた。「他の選手たちはシーズン真っ最中で休んでいない。自分は休んでいたから、まだプレシーズンとも言える状態。3~5試合もこなせば100%の状態になるが、60~70%の状態でも得点、アシストはできる。コンディションは全てじゃない。だからこそ、こういった試合はチームメイトやコンビネーションを学ぶいい機会なんだ」と今日のゲームの意義を語った。<br><br>34分にはFW渡邉千真のゴールをアシストしたが、「次の試合で得点やアシストをしなければ、世界中が議論を始めるだろうね。今日は練習試合で、コンビネーションを深めるいい機会だった」とあくまで練習を強調。「もちろん監督の戦術について100%理解したい。自分は新しい選手だからね。とは言え、神戸に手土産なしで来たわけじゃないんだ。僕の経験やパワーを還元して、来年何か勝ち取りたいと思っている」と力強く話した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.22 23:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ポドルスキが対外試合デビュー! 渡邉が2ゴールの神戸がPK戦で仙台を下す《2017 ユアテック Wマッチ》

▽22日、ユアテックスタジアム仙台で2017Jリーグプレシーズンマッチ、ベガルタ仙台vsヴィッセル神戸が行われ、90分間を終えて2-2のドロー。PK戦を2-4で制した神戸が勝利した。 ▽「2017 ユアテック Wマッチ ─ユアスタ20周年記念─」と題された今回のフレンドリーマッチ。1週間後に再開される明治安田生命J1リーグを雨に行われた。 ▽ホームの仙台は特別ユニフォームを着用。GKには関憲太郎を起用。[3-5-2-1]のシステムを採用し、大岩一貴、増嶋竜也、椎橋慧也が3バックを形成。ボランチに富田晋伍、三田啓貴を置き、右に蜂須賀孝治、左に中野嘉大を起用。2シャドーに石原直樹、佐々木匠を並べ、1トップにクリスランを置いた。 ▽一方の神戸は、ネルシーニョ監督の67歳のバースデー。GKにキム・スンギュを起用し、[4-4-2]を採用。4バックは右から伊野波雅彦、岩波拓也、渡部博文、橋本和、ボランチに田中英雄と松下佳貴を置き、右に三原雅俊、左に小川慶治朗を配置。2トップに渡邉千真と、今夏加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを起用。ポドルスキにとっては神戸でのデビュー戦となった。 ▽神戸のキックオフで始まった試合。ファーストシュートはポドルスキだった。1分、橋本からの横パスを受けたポドルスキがボックス手前左から左足シュート。これは枠を大きく外す。 ▽ボールを握る神戸は5分、橋本から裏へ出されたボールに反応した渡邉がボックス内左からシュートも枠を外す。 ▽6分には、小川の浮き玉のパスに反応した渡邉が裏に抜け出すと、GK関をかわして角度のないところから無人のゴールへと決め、神戸が先制する。 ▽ポゼッションを高めて主導権を握る神戸に対し、攻め手が見出せない仙台。すると13分に神戸が再び決定機を迎える。最終ラインの岩波からのロングフィードに渡邉が抜け出すと、最後はボックス内からシュート。しかし、これはなんとかブロックする。 ▽14分にはポドルスキがボックス手前でパスを受けると、渡邉へのパスがブロック。しかし、こぼれ球を拾うとボックス内に侵入してシュートを放つが、枠外。21分に、神戸ばボックス手前でFKを得ると、田中が相手の裏をかいて直接狙うも、シュートはわずかに枠の左に外れる ▽防戦一方となる仙台は34分に再び失点。ハーフウェイライン付近でボールを持ったポドルスキが左足で丁寧なパス。これを渡邉が受けると、ボックス内右からシュート。左ポストを叩くもそのままラインを超え、神戸がリードを2点に広げる。 ▽仙台は41分、背後にクリスランが飛び出すと、GKキム・スンギュがボックス外に出て対応。しかし、このタックルがファウルを取られ仙台がFKを獲得する。するとこのFKから三田がクロスを上げると、クリスランがヘッドで合わせて仙台が同点い追いつく。 ▽さらに45分、ドリブルで持ち込んだ三田がボックス内左からシュート。しかし、これはクロスバーを叩きゴールとはならない。 ▽神戸が1点をリードして迎えた後半、仙台はGK関に代えてシュミット・ダニエルを投入。一方の神戸はポドルスキに代えて安井拓哉を起用した。 ▽56分、ボックス内右で小川からのパスを受けた渡邉がシュート。しかし、GKシュミット・ダニエルの足に当たってゴールとはならない。 ▽仙台は59分に富田、石原、増嶋に代えて奥埜、西村、藤村を投入。神戸は60分に三原に代えてウエスクレイを投入した。 ▽仙台は62分、右サイドからカットインした蜂須賀がシュート。しかし、これは左ポストを叩いてゴールとはならない。 ▽神戸は66分に伊野波に代えて北本を、74分には田中に代えて2種登録の17歳MF佐々木を投入。仙台は79分にクリスランに代えて、特別指定選手の流通経済大学FWジャーメイン良を投入する。 ▽すると直後にジャーメイン良がチャンスメイクに絡む。ボックス内でのルーズボールをジャーメイン良がヘディングで落とすと、西村がシュート。しかし、これは枠を外れる。 ▽85分、大きなサイドチェンジをボックス内で受けた中野が切り返しから右足シュート。しかし、これはGKキム・スンギュが鋭い反応でセーブする。87分には中野のパスを受けたジャーメイン良がボックス内からシュート。しかし、これもGKキム・スンギュがセーブ。これで得たCKからフリーの西村がルーズボールを頭で押し込みに行くも、シュートは枠を捉えられない。 ▽このまま神戸が勝利するかと思われたが92分、ジャーメイン良がドリブルを仕掛けると渡部がボックス内でファウルを犯しPKを献上。これをジャーメイン良が自ら蹴り込み、土壇場で仙台が追いつく。 ▽PK戦は仙台が先攻に。しかし、1人目の茂木のシュートはGKキム・スンギュがセーブする。一方の神戸は渡邉が1人目を務めるとしっかりと成功。仙台は2人目にジャーメイン良を選択するが、このシュートもGKキム・スンギュがセーブ。神戸は2人目の北本がしっかりと決めてリードを広げる。 ▽仙台の3人目は西村が務めると、これは成功。神戸の3人目を務める渡部は中央に豪快に決めて3人連続で成功となる。仙台は4人目の奥埜も成功しなんとか次に繋げるが、神戸は4人目の小川がしっかりと決めて勝負あり。フレンドリーマッチはPK戦を制した神戸が勝利を収めた。 ベガルタ仙台 2-2(2 PK 4) ヴィッセル神戸 【仙台】 クリスラン(前42) ジャーメイン良(後47)【PK】 【神戸】 渡邉千真(前6、前34) PK戦 1人目(仙台):× 茂木駿佑 1人目(神戸):○ 渡邉千真 2人目(仙台):× ジャーメイン良 2人目(神戸):○ 北本久仁衛 3人目(仙台):○ 西村拓真 3人目(神戸):○ 渡部博文 4人目(仙台):○ 奥埜博亮 4人目(神戸):○ 小川慶治朗 2017.07.22 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】堅守崩壊に平山の誤算…積極補強も実らず残留争いへ《ベガルタ仙台》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はベガルタ仙台編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆クリスランが躍動も堅守崩壊で苦しい前半戦</span> 勝ち点21/6勝3分8敗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707sendai_senseki_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは渡邉晋政権下で最高となる12位でシーズンを終えた仙台は、今シーズン開幕前に大型補強を敢行。1桁順位を目指すべく開幕を迎えた中で、FC東京から加入した期待のFW平山相太が早々に負傷離脱するも開幕2連勝を飾る好調な出だしとなった。ところが4月7日に行われた第6節の浦和レッズ戦で、突如としてストロングポイントであった守備が崩壊。0-7という屈辱的な大敗を喫し、第7節の鹿島アントラーズ戦でも1-4と大敗。第8節のサンフレッチェ広島戦では引き分けに終わるも3失点を喫するなど、わずか3試合で14失点と、前半戦だけで昨季の1stステージ(25失点)を上回る32失点を喫している。 ▽その後は、新加入のFWクリスランがチームにフィットし、チーム最多の7ゴールをマーク。徐々に白星も積み重ねていったが、最後まで守備の再構築はできず。第16節のセレッソ大阪戦、第17節のガンバ大阪戦に連敗して前半戦を終えた。さらに、そのG大阪戦ではルーキーながらも全試合に出場し、キーマンとなっていたDF永戸勝也が負傷し、今シーズン絶望。後半戦も苦しい戦いが続きそうな気配が漂っている。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707sendai_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 【GK&DF】10点/100点満点 ▽開幕から2戦連続でクリーンシートを達成するも、上記にあるように浦和戦の大敗を境に守備が崩壊。17試合で32失点は、最下位のアルビレックス新潟(37失点)に次いでワースト2の記録となった。今シーズンから取り組む3バックは安定感を欠き、両サイドや裏のスペースを簡単に使われた結果、ラインを下げる場面が多く見られた。良い形で進んでいた戦術変更が、結果に繋がらず裏目に出た形となった。 【MF】30/100点満点 ▽永戸勝也や中野嘉大といった新戦力が台頭してきた中盤だが、全体的なパフォーマンスは低かった。特に球際での弱さが目立ち、相手にポゼッションを奪われてからシンプルに3バックの裏を狙われる攻撃から失点を重ねた。守備改善には、中盤のアプローチから変える必要がある。またボランチで不動のコンビを組む富田晋伍、三田啓貴も守備に追われることが多く、攻撃に力を使えていない。一方でオフェンシブハーフは新加入の石原直樹が4ゴール。梁勇基、奥埜博亮、西村拓真らが揃って2ゴールを奪うなど最低限の仕事はした。 【FW】50/100点満点 ▽期待された平山の負傷はあったものの、クリスランが躍動。14試合の出場でチームトップとなる7得点をマークする活躍で攻撃陣をけん引した。また平山の負傷でセンターフォワードを務めていた石原も、本来のポジションで起用され存在感が増すなど、クリスラン効果が表れている。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707sendai_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FWクリスラン(25歳/No.20) 明治安田生命J1リーグ:14試合(先発8回)/7得点 ▽仙台のMVPは文句なしのクリスランを選出。太もも肉離れの影響で出遅れるも、第4節の柏レイソル戦でJリーグデビューを果たすと、初のスタメンとなった第7節の鹿島戦で初ゴールをマーク。さらに第13節の新潟戦で決めた「左からのクロスを左足でトラップして左足で合わせる」ワールドクラスのプレーは、J1の月間ベストゴールに選出された。チームトップとなる7ゴールを奪う活躍で、残留圏内での折り返しに大きく貢献している。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> FW平山相太(32歳/No.9) 明治安田生命J1リーグ:0試合(先発0回)/0得点 ▽「無事之名馬」という言葉がある。能力で多少劣っていても、ケガなく走り続ける馬は名馬であるという意味だ。得点力不足を補うために加入した平山だが、開幕前に左腓骨筋腱脱臼により12週間の離脱となった。チームとしては軸に据えていた平山が離脱したことで、戦い方の変更を余儀なくされた。平山自身も新天地でのスタートで躓いてしまい悔しさがあるだろう。前半戦のワーストプレーヤーに選出するが、後半戦の巻き返しに期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆地に足を付けて残留を</span> ▽前半戦の戦いから見ても、当面の目標は早期の残留決定だ。そのためにも守備の再整備は必須条件といえる。幸いにもリーグ戦は約1カ月の中断期間に入るため、今シーズンから取り組む3バックシステムにもう一度向き合うことができる。新システムでもかつての堅守を取り戻すことができるかが残留を大きく左右する。また、オフェンス面では速攻の精度が重要だ。ここ数年は遅攻の取り組みをしてきたが、現状をシビアに見て効果的に勝ち点を奪える“堅守速攻”が有効。原点回帰してフィニッシャーのクリスランに繋げるまでのパターンを作り出したい。 2017.07.16 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ポルディ加入に沸く神戸、仙台に3発快勝で後半戦白星スタート《J1》

▽8日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第18節のヴィッセル神戸vsベガルタ仙台は、ホームの神戸が3-0で勝利した。 ▽7勝2分け8敗の11位でシーズンを折り返した神戸と、6勝3分け8敗の13位に後半戦を迎えた仙台が激突した。ポドルスキやハーフナー・マイク加入に沸く神戸は、田中が今シーズンのリーグ戦初先発。対する仙台は、負傷離脱の永戸に代わり、蜂須賀がスタメン起用された。 ▽試合を動かしたのは、この試合で神戸開港150年記念ユニフォームを着用した神戸。29分、パスワークからボックス中央でボールを受けた三原がワンタッチで素早く右足でシュートを放つ。これがゴール左に決まり、神戸が先制する。 ▽これで攻撃のテンポを上げた神戸は、そのわずか2分後、ボックス左でクロスに反応した小川が右足ダイレクトでシュート。これはポストに嫌われたものの、跳ね返りをゴール前の渡邉が詰め、神戸が得点を重ねた。 ▽2点ビハインドのまま後半を迎えた仙台は、その立ち上がりから反撃。チーム内トップの7ゴールをマークするクリスランが積極的にシュートを放っていくが、決め切ることができない。 ▽すると、神戸は65分、右CKから田中が右足でクロスを供給。渡邉が相手DF数人を引きつけて生まれたゴール前のスペースに潜り込んだニウトンが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、神戸が3点目を手にした。 ▽結局、試合はこのまま終了のホイッスル。3発快勝の神戸が連敗を「3」で止めた。敗れた仙台は、これで3連敗となり、4戦未勝利となっている。 2017.07.08 20:55 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース