仙台、清水からDF平岡康裕が期限付き移籍2016.01.05 15:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽仙台は5日、清水からDF平岡康裕(29)が期限付き移籍にて加入することを発表した。移籍期間は、2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。なお、平岡は2016シーズンにおける清水との対戦には出場できない。

▽2005年に清水商業高から清水に入団した平岡は、これまでJ1リーグ戦185試合に出場して12ゴールを記録。2008シーズンの1年間は、札幌に期限付き移籍している。

▽平岡は、仙台の公式サイトを通じて意気込みを語った。

「清水エスパルスから移籍してきました平岡康裕です。チームのためにハードワークして、自分の持ち味をピッチで表現したいと思います。1日も早くサポーターのみなさんに認められるように頑張りますので、これからよろしくお願いします」

▽一方、清水の公式サイトでは感謝を述べている。

「このたび、ベガルタ仙台に移籍することになりました。自分を育ててくれたクラブをこのタイミングで出るということは、自分自身すごく悩みましたが、新たなチャレンジをしようと決めました。この決断によって、またエスパルスに必要とされる選手に成長したいと思います。2005年の加入以来、10年間応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

【ベガルタ仙台】終盤に見せたV字回復の勢いを2ndステージに引き継げるか《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">60点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽泥沼の4連敗を喫し、一時は15位と降格圏内に飲み込まれそうになるも、V字回帰を果たして10位でシーズンを折り返した。序盤は前線のメンバーを固定できず、開幕から7試合は複数得点が取れないで勝ち点を落としていた。しかし、FWハモン・ロペスとMF野沢拓也の2トップが機能し始めるとチームの状態も上向きに。第13節から第16節まで4連勝を飾った。 ▽また、守備陣ではDF渡部博文とDF平岡康裕のセンターバックコンビを軸に、両サイドをDF石川直樹、DF大岩一貴がスタメンとして活躍。しかし17試合25失点は堅守のチームとして物足りない数字であり、2ndステージに向けて守備の調整が必要だ。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>10位 7勝2分け8敗 勝ち点23 得点:20(10位タイ)、失点:25(12位タイ) 得失点差:-5</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sdi20160622_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-4-2】</B> <span style="font-size:14px;">GK:六反勇治 DF:大岩一貴、平岡康裕、渡部博文、石川直樹 MF:奥埜博亮、富田晋伍、三田啓貴、梁勇基 FW:ハモン・ロペス、野沢拓也</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>FW野沢拓也</B> <B>14試合(先発10試合)/3得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sdi20160622_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽手術により離脱したFW金園英学やコンディション不良のウィルソンら、前線の主力に変わってFWにコンバートされると、チームトップタイの3ゴールをマーク。相手のDFとMFの間でプレーすることが多く、バイタルエリアでタメを作り、持ち味のテクニックで攻撃のタクトを振るう。プレースキッカーとしても高精度のボールを配給するなど、攻撃を牽引した。文句なしの1stステージMVPだ。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽一時は残留争いに巻き込まれていたチームだったが、 10位でシーズンの折り返しを迎えた。2ndステージでは早々に残留を決めて、上位進出を狙っていきたい。そのためにも大きくチームに変化を加える必要はないが、2つのポイントが気になる。 ▽1つはオフェンスのオプションだ。前線のハモン・ロペスが徐々に結果を残し始めている。しかし、そこにボールを運ぶまでのパターンは野沢や梁勇基を経由することが多く、攻撃のバリエーションは少ない。奥埜や金久保順などサイドで起点となれる選手もいるため、彼らが存在感を増していけばより多くのゴールが生まれるだろう。 ▽もう1つは守備陣だ。上記にもあるように、ここまでは4選手がスタメンとして活躍している。今後、失点数を減らしていくには、バックラインだけでなくボランチとの連係が重要になってくる。また、ディフェンスラインはほぼメンバーが固定されている状態で1stステージを戦った。主力にケガや出場停止がある場合に、DF蜂須賀孝治やDF二見宏志などの控え選手が高いパフォーマンスを見せられるかが鍵を握る。 2016.06.28 19:02 Tue
twitterfacebook
thumb

アダイウトン躍動の磐田が3発快勝! 仙台は5連勝ならず…《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ・1stステージ最終節のジュビロ磐田vsベガルタ仙台がヤマハスタジアムで行われ、3-0で磐田が勝利した。 ▽リーグ戦3試合白星から遠ざかっている磐田は、練習態度の問題からFWジェイが懲罰でメンバー外に。前節の湘南戦からDF藤田、MF山本に代えてDF櫻内、MF松浦を起用した。一方の仙台は現在リーグ戦4連勝と勢いに乗っている状態。前節の甲府戦からDF蜂須賀、MF富田、MF野沢に代えて、DF渡部、MF藤村、MF水野を起用した。 ▽試合は3分、バックパスにアダイウトンがチェイスすると、GK六反が蹴り出したボールを体に当てるもボールはラインを割る。12分にはアダイウトンが落としたボールを小林がパス。太田が反応するもボールを失う。 ▽仙台は16分に決定機。ディフェンスラインからのロングパスからカウンター。最後はクロスを受けた奥埜がシュートを放つも、枠を捉えられない。 ▽迎えた24分、パパドプーロスの守備からカウンター。アダイウトンがボックス左を仕掛けると中央にクロス。これが、GK六反に当たってゴールラインを割り、磐田が先制する。 ▽先制を許した仙台は35分、右からのハモン・ロペスのクロスにフリーの奥埜が合わせに行くが、無人のゴールに押し込めない。すると38分、磐田は右サイドを仕掛けた太田がボックス内右からシュート。これがネットに突き刺さり、磐田がリードを2点に広げる。 ▽2点ビハインドとなった仙台だったが、後半も磐田ペースで進む。すると64分、小林のロングボールをアダイウトンが渡部と競り合うと、こぼれ球を自ら拾ってシュート。リードを3点に広げる。 ▽仙台はハモン・ロペスを中心に磐田ゴールを目指すが得点を奪えず。磐田が主導権を最後まで握ったまま試合終了。磐田が3-0で勝利、仙台は連勝が4でストップした。 2016.06.25 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台MF杉浦恭平が左足首のじん帯損傷で全治6週間

▽ベガルタ仙台は21日、MF杉浦恭平が左足首のじん帯損傷で全治約6週間と診断されたと発表した。 ▽杉浦は19日の練習試合で負傷。クラブの発表によれば、仙台市内の病院にて精密検査を行ったという。 ▽2014シーズンから仙台でプレーする杉浦は、今シーズンは明治安田生命J1リーグに3試合出場している。 2016.06.21 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ホームで逆転勝利の仙台がリーグ戦4連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ1stステージ第16節のベガルタ仙台vsヴァンフォーレ甲府が18日にユアテックスタジアム仙台で行われ、2-1で仙台が勝利した。 ▽ここまで6勝2分け7敗で10位の仙台と3勝6分け6敗で14位の甲府が相まみえた。リーグ戦3連勝中の仙台と、今季初のリーグ戦連勝を目指す甲府の一戦は開始早々に動く。 ▽4分、ゴール前でボールをキープしたチュカのラストパスをクリスティアーノがゴールに流し込んだ。 ▽前半から攻め立てるもなかなかネットを揺らせない仙台は、後半に同点とする。59分、右サイドでボールを受けた蜂須賀のクロスをハモン・ロペスがヘディングでゴールに流し込んだ。 ▽その後もハモン・ロペスを中心に甲府ゴールに迫る仙台は78分、ボックス左でボールを受けたハモン・ロペスの折り返しをファーサイドの野沢がゴールに押し込み、逆転に成功。 ▽その後、吉野や熊谷など攻撃的な選手を投入し攻撃の活性化を狙った甲府だが、連動した仙台の攻守に苦戦を強いられ、そのまま2-1で試合終了。ホームで4連勝を飾った仙台は8位に浮上した。 2016.06.18 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

三田&ハモン・ロペス弾で仙台が今季初の3連勝!《J1》

▽11日に日立柏サッカー場で行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第15節の柏レイソルvsベガルタ仙台は、仙台が2-0で勝利した。 ▽ここまで6勝4分け4敗で5位の柏と、5勝2分け7敗で12位につける仙台が相まみえた。2試合ぶりの白星を狙う柏と、3連勝を目指す仙台の一戦は32分に動く。 ▽ボックス左のスペースでボールを受けたリャン・ヨンギが右足でクロスを送ると、ファーサイドに詰めた三田が押し込んだ。 ▽前半から攻め立てるもなかなかネットを揺らせない柏は、迎えた後半も仙台の縦に鋭い攻撃に苦慮。試合のコントロールに苦しむ。 ▽すると70分、ルーズボールに反応した富田がボックス内で倒されて、仙台がPKのチャンスを獲得。これをハモン・ロペスが落ち着いて沈め、リードを広げた。 ▽その後、田中を入れて攻撃の活性化を狙った柏だが、その後も連動した仙台の攻守に苦戦を強いられ、そのまま0-2で前節の横浜FM戦に続く黒星。仙台は今シーズン初の3連勝を飾った。 2016.06.11 21:03 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース