仙台、清水からDF平岡康裕が期限付き移籍2016.01.05 15:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽仙台は5日、清水からDF平岡康裕(29)が期限付き移籍にて加入することを発表した。移籍期間は、2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。なお、平岡は2016シーズンにおける清水との対戦には出場できない。

▽2005年に清水商業高から清水に入団した平岡は、これまでJ1リーグ戦185試合に出場して12ゴールを記録。2008シーズンの1年間は、札幌に期限付き移籍している。

▽平岡は、仙台の公式サイトを通じて意気込みを語った。

「清水エスパルスから移籍してきました平岡康裕です。チームのためにハードワークして、自分の持ち味をピッチで表現したいと思います。1日も早くサポーターのみなさんに認められるように頑張りますので、これからよろしくお願いします」

▽一方、清水の公式サイトでは感謝を述べている。

「このたび、ベガルタ仙台に移籍することになりました。自分を育ててくれたクラブをこのタイミングで出るということは、自分自身すごく悩みましたが、新たなチャレンジをしようと決めました。この決断によって、またエスパルスに必要とされる選手に成長したいと思います。2005年の加入以来、10年間応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

【2017J1チーム診断】新システム導入&穴埋め補強で上位を狙う!!《ベガルタ仙台》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は新システムで上位進出を目指すベガルタ仙台編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆未来のために変革のシーズンへ</span> ▽今回のストーブリーグでは各ポジションの選手たちが完全移籍でチームを去り、特に中盤以外では主力選手たちが退団した。そのため穴埋め的な補強が目立った。渡邉晋監督4年目を迎える今シーズンは、新システムを導入するなど変革の年になること掲げた。過去3シーズンを上回る成績を残すため、そしてクラブの未来のため、『STRONG』なチームを目指す。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽上記にあるように穴埋め補強ながらも守備陣では松本山雅FCからGKシュミット・ダニエルが復帰。清水エスパルスから期限付き移籍加入していたDF平岡康裕が完全移籍で加入。さらに、柏レイソルからはDF増嶋竜也を期限付き移籍で獲得した。また、FC東京から期限付き移籍加入だったMF三田啓貴が完全移籍となるなど戦力を維持できたことも大きい。 ▽一方で問題は前線。FWハモン・ロペス(柏レイソル)、FWウィルソン(ヴァンフォーレ甲府)、FW金園英学(北海道コンサドーレ札幌)の主力3選手が退団した。FC東京からFW平山相太、浦和レッズからFW石原直樹、トンデラ(ポルトガル)からFWクリスランを獲得して穴を埋めたものの、一からチーム作りをすることに。ハマるかハマらないか、今シーズンも攻撃陣の出来がカギを握る。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170218_sendai_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">シュミット・ダニエル</span> DF:大岩一貴、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">増嶋竜也</span>、石川直樹 MF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">パブロ・ジオゴ</span>、富田晋伍、三田啓貴、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">中野嘉大</span> MF:梁勇基、奥埜博亮 FW:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">平山相太</span><hr>▽昨シーズンまでの[4-4-2]から大きく変化をもたらせ、[3-4-2-1]を採用。キャンプ序盤での戸惑いも解消され、「結構手ごたえを感じている」(増嶋)と口にするほど完成度も上がりつつあるようだ。新加入の増嶋を3バックの中央に置き、DF大岩一貴、DF石川直樹がサイドを固める。DF平岡康裕もここに加わってくるはずだ。また、1トップには新加入のFW平山相太をターゲットとして置き、2列目のMF梁勇基、MF奥埜博亮が狙う形。MF野沢拓也、FW石原直樹も控えている。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170218_sendai_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FW平山相太(日本) 1985年6月6日(31歳) 2016シーズン(J1):15試合5得点<hr>▽全国高校サッカー選手権では2002年大会、2003年大会で得点王を獲得した“怪物”も今年で32歳を迎える。Jリーグで12シーズン目となる今季は、慣れ親しんだFC東京を離れて仙台に加入。得点力不足が言われるチームだけに、上位進出には平山の得点が不可欠だ。中盤には良質のパサーやプレースキッカーがいるだけに、チームにフィットできれば自身初となる2桁得点も夢ではないだろう。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170218_sendai_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>MF野沢拓也(日本) 1981年8月12日(35歳) 2016シーズン(J1):18試合3得点<hr>▽昨シーズンは2トップの一角を担うなど新たなポジションに挑戦し、前半戦は前線と中盤のリンクマンとして好パフォーマンスを見せた。しかし7月に肉離れで離脱すると、10月まで復帰がずれ込むなど、シーズンを通して見れば不甲斐ない結果となった。それだけに今季にかける意気込みは強いだろう。今季はターゲットマンとなる平山や裏に抜け出す技術が高いFW石原直樹が加入しただけに、野沢の高精度パスは不可欠となる。 2017.02.19 15:01 Sun
twitterfacebook
thumb

柏から仙台へ…DF増嶋竜也が目標を掲げる「トップ5を目指す」《Jリーグキックオフカンファレンス》

▽2017 Jリーグキックオフカンファレンスが13日に東京都内で開催。J1、J2、J3所属の全クラブから監督、選手が出席した。 ▽柏レイソルから期限付き移籍でベガルタ仙台に加入したDF増嶋竜也が取材に応対。新天地での意気込みや移籍の理由を語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF増嶋竜也</span>(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170213_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">──現在のチームの仕上がり状態は</span> 「今年は[3-4-3]という新しいフォーメーションに取り組んでいて、僕を含めて新しい選手も入ってきています。キャンプの最初の方は上手くいかない部分があったんですが、試合を重ねて、練習を重ねて行って、監督の指示もあってフィットしていっています。手応えも感じているので、充実しています」 <span style="font-weight:700;">──3バックはこれまでも何度も経験されていると思いますが</span> 「結構やったことはあるので、僕自身は抵抗なくすんなり入れました。ただ、全体的にはやり方だったり、やったことない選手もいたので、映像見ながら確認しながらやっていました。逆に今は、良いんじゃないかなという手応えはありますね」 <span style="font-weight:700;">──仙台へ移籍された決め手は</span> 「昨シーズンは最初の頃は試合に出られていましたが、出られなくなった時でも仙台が最初に声を掛けてくれました。監督とも話して熱意を感じて、必要としてくれているところでもう一度頑張りたいなという思いで決めました」 <span style="font-weight:700;">──仙台でプレーすることへのイメージは</span> 「仙台は結構手堅くて、守備が固くて、カウンターからパワフルな攻撃のイメージがありました。その中で、自分は守備の部分で良さを生かせたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンの目標は</span> 「チームとしてはトップ5を目指そうと監督が言って、チーム全体で目標に向かってやっています」 <span style="font-weight:700;">──個人の目標は</span> 「1年通して試合に出ることです。レイソル戦は出られませんが、それ以外の試合は全部出るつもりです」 2017.02.13 21:12 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台の新加入FWクリスランが右大腿直筋肉離れ…全治約4週間で開幕絶望か

▽ベガルタ仙台は5日、FWクリスランが右大腿直筋肉離れと診断されたことを発表した。全治約4週間の見込みだ。 ▽クリスランは今シーズン、ポルトガルのSCブラガから期限付き移籍で仙台に加入。新たな攻撃の軸として期待されているブラジル人アタッカーだ。 ▽これにより、クリスランは25日に開幕する明治安田生命J1リーグ第1節の北海道コンサドーレ札幌戦への出場が厳しくなった。 2017.02.05 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台のキャプテンはMF富田晋伍が継続! 副キャプテン3名も発表

▽ベガルタ仙台は3日、2017シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表した。 ▽新シーズンのキャプテンは昨シーズンに引き続きMF富田晋伍が務める。また、副キャプテンはDF石川直樹、DF大岩一貴、MF藤村慶太が務めることが発表された。4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF富田晋伍(キャプテン) 「昨シーズンに引き続き、キャプテンを務めさせていただくことになりました。声で引っ張っていくタイプではありませんが、自分らしくプレーで引っ張っていきたいと思います。チームの目標達成のために、全力を尽くします。いいチーム、そして強いチームを共に作っていきましょう。応援よろしくお願いいたします」 ◆DF石川直樹(副キャプテン) 「今シーズンも副キャプテンを務めさせていただくことになりました。シャイなキャプテンをサポートすると共に、選手が意見を積極的に交換できる雰囲気作りも行っていきたいと思います。熱いご支援・ご声援を引き続きよろしくお願いいたします」 ◆DF大岩一貴(副キャプテン) 「キャプテン・副キャプテンの力になるために自分ができることを責任もって全力で取り組んでいきたいと思います。頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆MF藤村慶太(副キャプテン) 「キャプテンの力に少しでもなることと、この経験を通して個人としても成長できるように、チームのために何ができるのかを考えて務めさせていただきます。よろしくお願いいたします」 2017.02.03 16:33 Fri
twitterfacebook
thumb

【2017Jリーグ補強診断】過渡期に入った仙台、大きな補強なくカギは成熟度《ベガルタ仙台》

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。チーム変革のため、選手の入れ替えを行ったベガルタ仙台編ををお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆変革の時期を表す選手放出</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170201sendai_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【OUT】 GK 六反勇治(29)→清水エスパルス/完全 DF 渡部博文(29)→ヴィッセル神戸/完全 MF キム・ミンテ(23)→コンサドーレ札幌/完全 杉浦恭平(28)→ツエーゲン金沢/完全 水野晃樹(31)→サガン鳥栖/完全 FW ウイルソン(31)→ヴァンフォーレ甲府/完全 金園英学(28)→コンサドーレ札幌/完全 ハモン・ロペス(27)→柏レイソル/完全<hr>▽主力としてチームを支えたDF渡部博文やFWハモン・ロペス、かつてのエースFWウイルソン、守護神GK六反勇治などが退団。「GOOD」なチームからの脱却を目指すべく、全て完全移籍で選手がチームを去った。 <span style="font-weight:700;">◆補強診断</span>(★5つが最高) <span style="color:#FF0000;font-weight:700;">★★</span>☆☆☆ ▽4選手がレンタル移籍での加入となり、昨シーズンのMF三田啓貴の成功例を再び生み出そうという考えが見える。大きな戦力の上積みとは言えないものの、新加入選手の活躍なしでは「STRONG」なチームに変貌を遂げることはないだろう。大きな期待が懸けられている。 <span style="font-weight:700;">◆ハリルも期待の正守護神候補が復帰【GK&DF】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170201sendai_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 シュミット・ダニエル←松本山雅FC/復帰 平岡康裕←清水エスパルス/期限付き→完全 増嶋竜也←柏レイソル/期限付き 永戸勝也←筑波大学/新加入<hr>▽昨シーズン松本で飛躍を遂げ、日本代表GK合宿にも呼ばれたシュミット・ダニエルが復帰。恵まれた体格と鋭い反射神経で、守護神として君臨することが期待されている。また、期限付き移籍で昨季プレーした平岡を完全移籍で、柏から増嶋を期限付きで獲得。最終ラインに経験値の高い選手を加えることができたのは、大きな収穫だ。 <span style="font-weight:700;">◆昨季躍動のMF三田の残留が最大の補強に【MF】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170201sendai_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 三田啓貴←FC東京/期限付き→完全 中野嘉大←川崎フロンターレ/期限付き<hr>▽中盤の補強は2名。昨シーズンのチームMVPに輝いた三田を完全移籍で残留させられたことは大きな補強といえるだろう。川崎Fから期限付きで加入の中野もドリブルが特徴で、サイドでの仕掛けに期待が懸かる。 <span style="font-weight:700;">◆総入れ替えの最前線は三者三様【FW】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170201sendai_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 平山相太←FC東京/完全 石原直樹←浦和レッズ/期限付き クリスラン←ブラガ(ポルトガル)/期限付き<hr>▽ウイルソン、ハモン・ロペス、金園英学と3枚のFWの代わりに獲得したのは実力者たち。前線でターゲットになれる平山、衛星としてターゲットマンの周りでプレーできる石原、ポルトガルからも1トップを張れるクリスランを獲得。3人がどの様にチームにフィットできるのかが大きな課題となるが、それぞれが能力を発揮すれば、大きな相乗効果が生まれるだろう。 2017.02.01 20:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース