仙台、清水からDF平岡康裕が期限付き移籍2016.01.05 15:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽仙台は5日、清水からDF平岡康裕(29)が期限付き移籍にて加入することを発表した。移籍期間は、2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。なお、平岡は2016シーズンにおける清水との対戦には出場できない。

▽2005年に清水商業高から清水に入団した平岡は、これまでJ1リーグ戦185試合に出場して12ゴールを記録。2008シーズンの1年間は、札幌に期限付き移籍している。

▽平岡は、仙台の公式サイトを通じて意気込みを語った。

「清水エスパルスから移籍してきました平岡康裕です。チームのためにハードワークして、自分の持ち味をピッチで表現したいと思います。1日も早くサポーターのみなさんに認められるように頑張りますので、これからよろしくお願いします」

▽一方、清水の公式サイトでは感謝を述べている。

「このたび、ベガルタ仙台に移籍することになりました。自分を育ててくれたクラブをこのタイミングで出るということは、自分自身すごく悩みましたが、新たなチャレンジをしようと決めました。この決断によって、またエスパルスに必要とされる選手に成長したいと思います。2005年の加入以来、10年間応援いただき本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

ウイルソン2戦連発の仙台が連勝! 湘南は厳しい3連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第5節のベガルタ仙台vs湘南ベルマーレが23日にユアテックスタジアム仙台で行われ、ホームの仙台が1-0で勝利した。 ▽前節、アルビレックス新潟を破って2ndステージ初勝利を手にした仙台と、リーグ2連敗中の湘南が対峙した一戦。試合は立ち上がりからホームの仙台が優勢に試合を運ぶと、12分にハモン・ロペスが枠の右に外れる惜しいシュートを放つ。 ▽その後も梁勇基を起点に攻勢を続ける仙台は、43分にロングカウンターから奥埜が決定的なシュートを放つが、これは左ポストを叩き、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入って4バックに変更した湘南だったが、粘り強く守れる一方でなかなか攻撃の形を見いだせない。すると58分、ハモン・ロペスとのパス交換でボックス左に持ち込んだウイルソンが、角度のないところから左足で強烈なシュートを叩き込み、仙台に先制点が生まれた。 ▽何とか勝ち点を持ち帰りたい湘南は、ルーキーの神谷ら攻撃的な交代カードを切って反撃を試みるも、引いた仙台の守備を最後まで崩せず、試合はタイムアップ。ウイルソンの2試合連続ゴールで勝ち切った仙台が、リーグ戦2連勝を飾った。一方、敗れた湘南は3試合連続無得点での3連敗となった。 2016.07.23 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

清水が仙台DF二見宏志を完全移籍で獲得「目標達成に貢献するために全力でプレーします」

▽清水エスパルスは21日、ベガルタ仙台からDF二見宏志(24)を完全移籍で獲得したと発表した。背番号は「26」となる。 ▽二見は2013年に特別指定選手として仙台でリーグ戦1試合に出場。2014年に阪南大から正式に仙台へと加入すると、J1通算25試合出場1得点、ナビスコカップ通算12試合出場、天皇杯通算3試合出場1得点を記録。今シーズンは明治安田生命J1リーグで4試合に出場、ナビスコカップでは3試合の出場に留まっていた。二見は両クラブを通じてコメントしている。 <B>◆清水エスパルス</B> 「はじめまして。ベガルタ仙台から移籍してきました二見宏志です。チームの目標達成に貢献するために全力でプレーしますので、応援よろしくお願いいたします」 <B>◆ベガルタ仙台</B> 「今回清水エスパルスへ移籍することになりました。特別指定選手の頃を含めて、4シーズンお世話になりました。結果が出せないまま、移籍するのは悔しいですが、この悔しさを新しいチームでぶつけたいと思います」 「プロ生活をベガルタ仙台にスタートすることができて本当に良かったです。みなさんありがとうございました。これからも応援よろしくお願いいたします」 2016.07.21 11:06 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台MFキム・ミンテがリオ五輪に臨むU-23韓国代表に追加選出

▽ベガルタ仙台は17日、MFキム・ミンテが8月に開催されるリオデジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)のU-23韓国代表に追加選出されたことを発表した。 ▽グループCに所属する韓国は、8月4日に行われる初戦でU-23フィジー代表と対戦。同7日にU-23ドイツ代表、同10日にU-23メキシコ代表と対戦する。 ▽キム・ミンテは、U-23韓国代表選出に際して仙台の公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「いつも沢山の応援ありがとうございます。メンバーに選出され、夢のようです。ベガルタ仙台で培った力を世界に見せつけてきます! 我なく、さらに成長して戻ってきたいと思います。全力を尽くして頑張ってきます。引き続き応援よろしくお願いします!」 2016.07.18 03:16 Mon
twitterfacebook
thumb

競り勝った仙台が連敗ストップ 新潟は2ndステージ4連敗《J1》

▽17日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第4節のアルビレックス新潟vsベガルタ仙台は、アウェイの仙台が2-1で勝利した。 ▽2ndステージ開幕3連敗中の新潟と、こちらも3連敗で低空飛行の仙台が相まみえた。1stステージでは、ホームの仙台が4-2の勝利を収めている。 ▽復調のキッカケを掴むためにも連敗を止めたい両者の一戦は、ゴールレスで迎えた後半から激しさが増す展開となる。その試合の均衡を破ったのは仙台だった。 ▽54分、左サイドの敵陣浅い位置からドリブルを仕掛けたウイルソンがそのままボックス手前左まで持ち込むと、シュートをゴールマウスに突き刺した。 ▽リードを許した新潟だったが、61分に同点。右サイドの敵陣中央で得たFKから、野津田がクロスを上げると、舞行龍ジェームズが頭で合わせて試合を振り出しに戻した。 ▽それでも、仙台は66分にカウンターを発動。ハモン・ロペスからパスを受けた奥埜がボックス手前まで持ち込み、左足の狙い澄ましたシュートをゴール左に決める。 ▽結局、奥埜のゴールが決勝点となり、新潟が2-1で1stステージから数えて5試合ぶりの白星で連敗ストップ。新潟は泥沼の4連敗となった。 2016.07.17 22:12 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和が興梠のAT弾で鬼門・ユアテックスタジアムを攻略!!《J1》

▽13日に明治安田生命J1リーグ2ndステージ第3節のベガルタ仙台vs浦和レッズがユアテックスタジアム仙台で行われ、1-0で浦和が勝利した。 ▽2ndステージに入り2連敗を喫して最下位に沈む仙台が、2連勝で4位に付ける浦和をホームに迎えた一戦。浦和にとってはリーグ戦4戦未勝利と鬼門のユアテックスタジアム仙台での大一番となった。試合はホームの仙台が押し気味に試合を進め、相手陣内で時間を使って行く。対する浦和は慌てることなくブロックを敷いて、立ち上がりの時間を過ごしていった。 ▽すると6分、ボックス内でこぼれ球に反応した関根が左足でシュート。この試合最初の決定機となったが、ここはGK関がセーブした。その後も、仙台が浦和陣内に攻め込む回数は多いものの、シュートまで持ち込むのは浦和。17分には武藤がやや遠い位置から右足でシュートを狙ったが、ここは枠を捉えきれなかった。 ▽仙台のファーストシュートは19分、ハモン・ロペスがボックス手前でボールを受けて反転し前を向くと、そのまま左足で狙うがクロスバーを大きく超える。22分には浦和が右サイドから攻め込み、関根が入れたグラウンダーのクロスに武藤がヒールで合わせるが、相手にブロックされゴールとはならず。 ▽ハーフタイムにかけては浦和が仙台陣内で試合を進めていくが、仙台も集中して浦和の攻撃を跳ね返し前半はゴールレスで終えた。交代なしで迎えた後半は、前半の終盤と同様に浦和が相手陣内でプレーを続ける。しかし最初にチャンスを作ったのは仙台で、ボックス手前の藤村がシュートを狙う。逆サイドを狙ったシュートだったが、ボールはポストをかすめていった。 ▽仙台は両サイドを軸にゴール前にクロスを入れてゴールを目指すが、しっかりと人に対してマークにつく浦和の守備が跳ね返していく。70分を迎える頃には試合がやや停滞していき、お互いにシュートまで持ち込めない展開が続く。すると浦和は関根を下げて駒井を送り出すなど、交代カードを切っていく。 ▽仙台も79分に梁を下げてウィルソンを送り込むなどゴールを目指す。それでも互いに流れを引き寄せられず、さらに中3日での試合からか、目に見えて運動量が落ちていく。そのままアディショナルタイムに突入し、このままドローかと思われた93分、相手陣内でノンプレッシャーとなっていた柏木が縦にスルーパスを送ると、これに興梠が反応。ボックス右からシュートを流し込み、浦和がついに試合の均衡を破った。 ▽土壇場でリードを許した仙台だったが、残り時間で反撃を見せることはできずに試合は終了。浦和が5試合目にして初めてユアテックスタジアムで白星を飾り、2ndステージ3連勝を飾った。 2016.07.13 21:07 Wed
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース