リバプールのリアクション王ロブレン、マスコットキッズに握手をスカされてナイスな反応2015.01.03 16:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、プレミアリーグ屈指のリアクション芸の使い手なのかもしれない。イギリス『BT sport』が、2日のウェストハム戦前のトンネルでロブレンとマスコットキッズが繰り広げられた微笑ましいやり取りを紹介している。

▽リバプールは、2日に行われたプレミアリーグ第20節でウェストハムとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。この試合にフル出場したロブレンは、ハマーズのマスコットキッズと見事な掛け合いを見せた。

▽ピッチ入場前のトンネルで隣にいたマスコットキッズと握手を試みたロブレンだったが、このマスコットキッズはロブレンの差し出した手を見事にスカして見せた。アウェイゲームでの握手拒否は頻繁にあるため通常の選手であれば、無視するか、ムッとした表情を浮かべるところ。

▽しかし、リアクションの良いロブレンは、「オイッ!」という呟きと共に絶妙な反転からマスコットキッズに向き直って、優しく頭をポンポンと叩いた。

▽スター選手でありながら、まるで近所のお兄さんのようなフレンドリーさとリアクションの良さを見せたロブレン。恐らく、クラブの企画でドッキリを仕掛ければ、さぞかし素晴らしいリアクションを見せてくれるだろう。興味のある方は以下のURLからチェックしてみてください。

◆ロブレンの表情に注目
https://vine.co/v/ibM3mIJaZpw

コメント

関連ニュース

thumb

モイーズ痛恨…前線補強に動くもリバプール&サウサンプトンに拒否られる

▽デイビッド・モイーズ監督が率いるサンダーランドが2つのオファーを断られていたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽サム・アラダイス監督のイングランド代表指揮官就任を受け、今シーズンからサンダーランドを率いることとなったモイーズ監督。今夏の移籍市場では積極的に動き、古巣のマンチェスター・ユナイテッドからDFパディ・マクネア、DFドナルド・ラブを完全移籍で、MFアドナン・ヤヌザイをレンタル移籍で獲得。さらに、エバートン時代の教え子であるMFスティーブン・ピーナール、マルセイユからDFハビエル・マンキージョを獲得している。 ▽ディフェンスラインにテコ入れを果たしたモイーズ監督は、前線の補強も考え、リバプールのFWダニー・イングス、サウサンプトンのFWジェイ・ロドリゲスの獲得に動いていた。しかし、リバプール、サウサンプトンともにサンダーランドからのオファーを拒否。イングスに関してはレンタル移籍か完全移籍かは不明だが、ジェイ・ロドリゲスはレンタルでの獲得を目指していたものの拒絶されたようだ。 ▽今夏の移籍市場の閉鎖は31日の23時(現地時間)となっており、時間がなくなってきたモイーズ監督。開幕3試合で1分け2敗と良いスタートを切れなかったが、新たなストライカーの確保は叶うだろうか。 2016.08.30 12:31 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールのスペイン人FWルイス・アルベルトがラツィオ移籍

▽リバプールは29日、スペイン人FWルイス・アルベルトをラツィオへ完全移籍で放出することを発表した。イギリス『BBC』によれば、移籍金は430万ポンド(約5億7000万円)とのことだ。 ▽2013年夏にカンテラ時代を過ごしたセビージャからリバプールに移籍したL・アルベルトだったが、ブレンダン・ロジャーズ前監督の信頼を得るには至らずプレミアリーグでは9試合の出場に留まっていた。 ▽そして2014年夏にマラガへ、2015年夏にデポルティボへレンタルに出されていた。2015-16シーズンはデポルティボでリーガエスパニョーラ29試合に出場して6ゴール7アシストと活躍してリバプールに戻っていたが、ユルゲン・クロップ監督の評価を覆すことはできなかった。 2016.08.30 03:11 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール優勢もトッテナムが引き分けに持ち込み勝ち点1を分け合う《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第3節のトッテナムvsリバプールが27日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節クリスタル・パレス戦をワニアマの移籍後初ゴールで1-0と勝利して1勝1分けスタートとしたトッテナムは、C・パレス戦のスタメンからヤンセンに代えてデレ・アリを起用した。 ▽一方、前節バーンリー戦を0-2と完敗して1勝1敗スタートとなったリバプールは、5-0と大勝したEFLカップのバートン戦のスタメンから2選手を変更。コウチーニョとワイナルドゥムが先発に戻り、引き続き[4-3-3]のシステムを採用した。 ▽最初に決定機を掴んだのはリバプール。5分に敵陣でのインターセプトを起点に、フィルミノのラストパスをゴールエリア左のコウチーニョがシュート。しかし、至近距離からのシュートはGKフォルムに右足でセーブされた。 ▽徐々にトッテナムがポゼッションする流れで試合が推移する中、カウンターを狙うリバプールは13分にボックス右へ侵入したS・マネのシュートでトッテナムを脅かす。その後もS・マネのスピードを生かしたカウンターを狙うリバプールがゴールにより近づくが、トッテナムはGKフォルムの鋭い飛び出しなどで阻止していく。 ▽効率よくゴールに迫るリバプールは23分にコウチーニョのミドルシュートでトッテナムを脅かすと、26分にもS・マネの浮き球パスを受けたコウチーニョが枠内シュートを浴びせてプレッシャーをかけていく。 ▽流れの悪いトッテナムは28分にウォーカーが左ヒザを痛めてしまい、ポチェッティーノ監督はストライカーのヤンセンを投入。右サイドバックにE・ダイアーを、センターハーフにエリクセンを回して[4-4-2]に変更した。 ▽すると42分、リバプールがPKを獲得する。左サイドゴールライン際からボックス内に侵入したフィルミノがラメラに倒された。これをミルナーがゴール左に決めてリバプールが先制してハーフタイムに入った。 ▽後半立ち上がりにワイナルドゥムが際どいミドルシュートを浴びせたリバプールは、53分に左CKからマティプのヘディングシュートがバーを掠める決定機を演出。そして56分にはS・マネがネットを揺らすも、ラストパスを送ったララナのポジションがオフサイドでノーゴールとなる。 ▽一方、ちぐはぐな攻撃を続けていたトッテナムは62分にようやく決定機。右サイドからE・ダイアーの入れたグラウンダークロスを、ボックス中央のエリクセンがダイレクトでシュート。しかし、枠の上に外れてしまった。続く64分には左CKからアルデルヴァイレルトの放ったヘディングシュートが枠の左を捉えたがGKミニョレのビッグセーブに阻まれてしまう。 ▽それでも72分、右サイドから上がったクロスのルーズボールをボックス左のローズが拾い、飛び出したGKミニョレを外すシュートを決めて試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけては両チームがゴールを目指す一進一退の攻防が繰り広げられたが、決定機は生まれず1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合った。 2016.08.27 22:39 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリの新天地はスイス? シオン会長が関心認める

リバプールFWマリオ・バロテッリの新天地が決まるかもしれない。スイスのシオンが、同選手の獲得に興味を持っていることを認めた。<br><br>ミランへのレンタルが終わってリバプールに戻っているバロテッリは、ユルゲン・クロップ監督の構想に含まれていない。そのため今夏の移籍が決定的となっているが、買い手がいない状況が続いていた。<br><br>そこでシオンが動き出したようだ。シオンのクリスティアン・コンスタンティン会長は、「バロテッリのレンタルについて話し合っていることを認める」と『Ticinonews.ch』にコメント。「交渉は前進している。ただ、移籍が決まるかどうかはまだ言うことができない」と続けた。<br><br>イタリア国内のクラブに自身を売り込んでいるとも言われるバロテッリ。スイスで再出発ということになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.25 05:34 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝のリバプール、クロップはS・マネを称賛「2試合だけで語るのは好きではないが…」

リバプールは23日、イングランド・リーグカップ初戦でバートン・アルビオンと対戦し、5-0で勝利した。<br><br>試合はFWダニエル・スタリッジの2ゴールなどで大量5得点の大勝となっている。しかし、チームを率いるユルゲン・クロップ監督は得点のなかったFWサディオ・マネを称賛した。イギリス『ミラー』がコメントを伝えている。<br><br>「私は本当に彼が大好きだが、2試合を見ただけで多くを語るのは好きではない。彼のクオリティーやスタイルがリバプールに合うことはわかっていた。我々が彼をここに連れてきたんだからね」<br><br>マネは今夏、サウサンプトンから3000万ポンド(約41億円)でリバプールへ加入した。バートン戦では2アシストをマークし、パス成功率は82%となっている。なお、週末リバプールはプレミアリーグ第3節でトッテナムと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.24 19:58 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース