リバプールのリアクション王ロブレン、マスコットキッズに握手をスカされてナイスな反応2015.01.03 16:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、プレミアリーグ屈指のリアクション芸の使い手なのかもしれない。イギリス『BT sport』が、2日のウェストハム戦前のトンネルでロブレンとマスコットキッズが繰り広げられた微笑ましいやり取りを紹介している。

▽リバプールは、2日に行われたプレミアリーグ第20節でウェストハムとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。この試合にフル出場したロブレンは、ハマーズのマスコットキッズと見事な掛け合いを見せた。

▽ピッチ入場前のトンネルで隣にいたマスコットキッズと握手を試みたロブレンだったが、このマスコットキッズはロブレンの差し出した手を見事にスカして見せた。アウェイゲームでの握手拒否は頻繁にあるため通常の選手であれば、無視するか、ムッとした表情を浮かべるところ。

▽しかし、リアクションの良いロブレンは、「オイッ!」という呟きと共に絶妙な反転からマスコットキッズに向き直って、優しく頭をポンポンと叩いた。

▽スター選手でありながら、まるで近所のお兄さんのようなフレンドリーさとリアクションの良さを見せたロブレン。恐らく、クラブの企画でドッキリを仕掛ければ、さぞかし素晴らしいリアクションを見せてくれるだろう。興味のある方は以下のURLからチェックしてみてください。

◆ロブレンの表情に注目
https://vine.co/v/ibM3mIJaZpw

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールに金星のアラダイス監督「我々は彼らの弱点を何度も露見させた」

▽23日に行われたプレミアリーグ第34節で、リバプールを2-1で下したクリスタル・パレス。サム・アラダイス監督は、敵地での勝利に喜びを露わにしている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ▽15位のC・パレスは、残留に向けて敵地でもポイントを落とせない状況の中、24分にMFフィリペ・コウチーニョの直接FK弾を浴びて先制を許すも、42分に元リバプールのFWクリスティアン・ベンテケが決めて同点に。後半にも、74分にベンテケが加点し、見事に逆転勝利を決めた。 ▽この勝利により、C・パレスは12位に浮上。残留に向けて大きな勝ち点3を手にしたアラダイス監督は、以下のように試合を振り返った。 「今日は終始、我々が戦術的に優れていたね。限られたポゼッションで、リバプールの弱点を露わにしたんだ。何度も何度もね。そして最後には0-1から逆転することができた」 「私は選手たちを本当に誇りに思っているよ。彼らは守り抜き、リバプールの守備の弱点を突いたんだ。結局、相手は対処することができなかったね」 ▽さらにアラダイス監督は、リバプールの守備の脆さについても言及した。 「ホームのリバプールは、全てのDFが攻撃に参加する素晴らしいフットボールをしている。アーセナルに似ているね。でもそれは危険な状態をさらけ出しているんだ。後ろの空いたスペースに選手を走らせれば、二人の大柄な男(DFジョエル・マティプとDFデヤン・ロブレン)は、それを対処することに慣れてないからね」 「知ってのとおり、コーナーキックもリバプールの大きな弱点だ。彼らは既にコーナーから6失点していたからね」 「そして今、我々に勝利を捧げる7失点目をしたんだ」 2017.04.24 15:22 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがコウチーニョのFK弾で先制もベンテケの2発に沈む…《プレミアリーグ》

▽リバプールは23日、プレミアリーグ第34節でクリスタル・パレスとアンフィールドで対戦し、1-2の敗戦を喫した。 ▽リーグ戦7戦無敗の2連勝と勢いに乗る3位のリバプール(勝ち点66)が、15位のクリスタル・パレス(勝ち点35)を迎えた一戦。[4-3-3]のフォーメーションを敷くリバプールは、GKミニョレがゴールマウスを守り、バックラインはクライン、マティプ、ロブレン、ミルナーを配置。中盤はルーカス・レイバ、カン、ワイナルドゥムとなり、前線はオリジ、フィルミノ、コウチーニョとなった。 ▽試合はバックラインから組み立てるリバプールがポゼッションを握る。アンカーに入るルーカス・レイバがバックラインに降りて、両サイドバックは高い位置を取りながらクリスタル・パレスを押し込む。3分には左サイドの高い位置でボールを受けたミルナーのクロスにワイナルドゥムが飛び込むなど、狙いの形を見せた。 ▽その後もポゼッションを握って押し込んでいくリバプールだが、クリスタル・パレスがディフェンスの際に[5-4]の2ラインを自陣で敷いて構えるため、フィニッシュまで持ち込める場面は少ない。また、16分にはカウンターを狙うがワイナルドゥムがボールのコントロールを誤り、こぼれ球を拾ったコウチーニョもシュートではなくパスを選択。攻め上がったミルナーのクロスは相手に当ててしまい、シュートまで持ち込めなかった。 ▽さらに21分にはかつてリバプールでプレーしたベンテケが、一人で持ち込んでシュートを放つなど、クリスタル・パレスは少ないチャンスをシュートで終わらせていく。しかし24分、コウチーニョが仕掛けてボックス手前の位置でFKを獲得。コウチーニョ自身が直接狙うと、壁を越えた鋭いシュートがゴールマウス左隅を揺らして、優勢だったリバプールが先制点を奪った。 ▽クリスタル・パレスは40分、ベンテケがボックス内でボールをキープしようとしたところにロブレンがチャージ。ベンテケが倒れてレフェリーの笛が吹かれるも、判定はベンテケのシミュレーションでイエローカードが提示された。 ▽しかし42分、右サイドで裏を取ったキャバイエが、低く鋭いクロスをゴール前に入れると、走り込んだベンテケが難なくプッシュ。ベンテケはゴールセレブレーションを見せず。クリスタル・パレスが同点として前半を終えた。 ▽両チーム交代なしで迎えた後半は、クリスタル・パレスが前掛かった入りを見せるも、最初のチャンスはリバプール。50分にルーカス・レイバの縦パスからコウチーニョが右足を振り抜くが、このシュートは大きく枠を越えてしまった。52分にもコウチーニョがドリブルで仕掛けてシュート。しかしここはトムキンスが体を張ったブロックを見せて枠に飛ばせない。 ▽リバプールは59分にもルーカス・レイバの縦パスから、抜け出したフィルミノがGKヘネシーと一対一を迎えるが、一瞬早くGKヘネシーがボールに触ってこのチャンスも活かせない。クリスタル・パレスも72分にボックス内でベンテケがバイシクルで入れたボールをキャバイエが押し込みにかかるが、クロスバーを越えるなどこちらもチャンスを決めきれず。 ▽しかし74分、右CKのチャンスでベンテケが低い弾道のクロスを頭で合わせる。するとこれがネットを揺らし、クリスタル・パレスが試合をひっくり返した。クリスタル・パレスは78分にザハを下げてファン・アーンホールトを送り出す。追いかける形となったリバプールもロブレンを下げてアーノルドを送り出すなど、両チームともにベンチワークが激しくなる。 ▽アンフィールドで負けられないリバプールだが、焦りからか効果的な攻撃を見せられない。アディショナルタイムは6分あったが、フラストレーションを溜めるリバプールは、同点に追いつくことはできずに試合終了。クリスタル・パレスが、ベンテケの2発でまたも上位チームから勝ち点を奪った。 2017.04.24 02:28 Mon
twitterfacebook
thumb

勢いに乗るリバプール、難敵クリスタル・パレス相手に狙うはダブル

リバプールはアウェイでの2連戦を連勝で終え、好調をキープしている。5勝2分けと7試合無敗を続けているレッズだが、今節はクリスタル・パレスという厄介な相手をアンフィールドに迎えることとなる。<br><br>確かに、サム・アラダイス率いるチームは、リバプールのような相手と比べればプレミアリーグの小クラブと呼べるかもしれない。だが彼らはイングランドのクラブらしく戦う意思と強靭な肉体を持ってアンフィールドに乗り込んでくるだろう。パレスは現在リーグ15位と、降格圏まで勝ち点7差の安心できない位置にいる。一方で、チームの状況は上向きで、直近6試合で勝ち点3を取りこぼしたのは3-1で敗れたサウサンプトン戦と2-2で引き分けたレスター戦のわずか2試合と好調だ。しかも4勝をあげた相手の中にはリーグの上位を行くアーセナルとチェルシーも含まれる。<br><br>しかし、リバプールのベンチにはユルゲン・クロップという優れた指揮官がいる。クロップはリバプールの選手たちに力強い信念を植え付けた。攻撃陣はブラジル代表コンビ、MFフィリペ・コウチーニョとFWロベルト・フィルミーノがけん引している。コウチーニョは最近プレミアリーグでのブラジル人最多得点記録を塗り替え、またフィルミーノも最近行われたストーク戦とWBA戦で連続して決勝ゴールを決める活躍を見せた。<br><br>また、FWディヴォック・オリジやFWダニエル・スタリッジら最前線の層も厚く、守備陣はDFジョエル・マティップ、DFナサニエル・クライン、そしてDFデヤン・ロブレンらがチームをしっかりと支えている。<br><br>そしてゴールマウスを守るのはGKシモン・ミニョレだ。彼は最近のアウェイゲームでも驚異的なセーブを連発するなど、超人的なパフォーマンスを披露している。また副キャプテンのMFジェームズ・ミルナーもかつてないほど頼れる存在となった。<br><br>来る試合ではパレスもリバプールの脅威となりうるチームだが、指揮官のアンフィールドでの戦績は惨憺たるものだ。アラダイスはその指揮官人生の中で一度もアンフィールドでの勝利を手にしていない。彼はこの伝説的なスタジアムで13試合を経験しているが、3分け10敗と相性が極めて悪く、このトラウマを克服できるかも見どころだ。<br><br>10月にパレスのホーム、セルハーストパークで行われた対戦では、リバプールが4-2と快勝している。この試合はMFエムレ・カン、ロブレン、マティップ、そしてフィルミーノと異なる選手たちがネットを揺らし、レッズが勝ち点3を持ち帰った。<br><br>両クラブはともにいまだ安泰とは言えない状況にあるため、この試合では勝利を求めている。パレスはなんとしても降格を回避することを考えているし、リバプールはチャンピオンズリーグ出場権をより確実なものにしたいはずだ。レッズは現在3位につけているものの、すぐ後ろにはマンチェスターの2クラブが迫っている。ここでしっかりと勝ち点3を積み上げ、悲願のCL復帰にまた一歩近づきたいところだ。<br><br>プレミアリーグ第34節 リバプール対クリスタル・パレスは日本時間4月23日(日)24時30分キックオフ予定。<br><br>提供:goal.com 2017.04.22 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールがマドリー期待の若手アセンシオに59億円を準備もマドリー側は売却拒否

▽リバプールがレアル・マドリーのスペイン代表MFマルコ・アセンシオ(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽2014年12月にマジョルカからマドリーに加入したアセンシオは、2014-15シーズンはマジョルカ、2015-16シーズンはエスパニョールで武者修行を行った。今シーズンからマドリーに復帰した同選手は、強力なメンバーが揃う中で出場機会は限られるも、リーグ戦17試合で3ゴールを奪う活躍を見せている。 ▽そんなアセンシオの活躍を受けて、リバプールが獲得に興味を示しているようだ。『アス』によれば、すでに5000万ユーロ(約58億5200万円)のオファーに向けた準備を進めているという。 ▽しかしマドリー側は同選手を売却するつもりはないようで、とくにジネディーヌ・ジダン監督はアセンシオの能力を高く評価。来シーズンは中心選手としての役割を与える考えを持っているという。 ▽また『アス』は、アセンシオの残留が濃厚となっているため、中盤の余剰人員としてコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの退団は避けられないと主張している。 2017.04.21 12:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ハート獲得を否定するクロップ「今も、これからもない」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、トリノのイングランド代表GKジョー・ハート(30)の獲得を否定した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽現在マンチェスター・シティからトリノにレンタル移籍中のハートには、2000万ポンド(約27億9000万円)の移籍金でリバプールに加入するのではないかという噂が流れている。しかし、クロップ監督は、リバプールに所属しているベルギー代表GKシモン・ミニョレとドイツ人GKロリス・カリウスの2人に満足しているようで、移籍の噂を否定した。 「彼(ハート)は素晴らしいキーパーだよ。最高級のクオリティを持っているね。でもそれを我々にもたらしてくれることはないだろう。今も、そしてこれからもね」 2017.04.20 20:54 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース