超ワールドサッカー

リバプールのリアクション王ロブレン、マスコットキッズに握手をスカされてナイスな反応2015.01.03 16:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、プレミアリーグ屈指のリアクション芸の使い手なのかもしれない。イギリス『BT sport』が、2日のウェストハム戦前のトンネルでロブレンとマスコットキッズが繰り広げられた微笑ましいやり取りを紹介している。

▽リバプールは、2日に行われたプレミアリーグ第20節でウェストハムとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。この試合にフル出場したロブレンは、ハマーズのマスコットキッズと見事な掛け合いを見せた。

▽ピッチ入場前のトンネルで隣にいたマスコットキッズと握手を試みたロブレンだったが、このマスコットキッズはロブレンの差し出した手を見事にスカして見せた。アウェイゲームでの握手拒否は頻繁にあるため通常の選手であれば、無視するか、ムッとした表情を浮かべるところ。

▽しかし、リアクションの良いロブレンは、「オイッ!」という呟きと共に絶妙な反転からマスコットキッズに向き直って、優しく頭をポンポンと叩いた。

▽スター選手でありながら、まるで近所のお兄さんのようなフレンドリーさとリアクションの良さを見せたロブレン。恐らく、クラブの企画でドッキリを仕掛ければ、さぞかし素晴らしいリアクションを見せてくれるだろう。興味のある方は以下のURLからチェックしてみてください。

◆ロブレンの表情に注目
https://vine.co/v/ibM3mIJaZpw

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールが獲得を狙うMFナビー・ケイタ、ライプツィヒは放出容認も100億円要求

▽ライプツィヒはギニア代表MFナビー・ケイタ(22)の放出を容認したようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。獲得を狙うリバプールにとっては朗報だが、現時点で移籍金に隔たりがあるようだ。 ▽フランス・リーグドゥのイストルでプロデビューを果たしたN・ケイタは、その後ザルツブルグに渡り、今シーズンからライプツィヒに加入。リーグ戦31試合に出場し8ゴール8アシストを記録。チームのブンデスリーガ2位躍進の立役者となった。 ▽そんなN・ケイタに来季チャンピオンズリーグを戦うリバプールが関心を寄せている。クラブとの契約延長を断ったとされる同選手だが、契約を2020年まで残しており、クラブは少なくとも7000万ポンド(約99億4000万円)程度の移籍金を要求しているという。 ▽同メディアによると、リバプールはN・ケイタ獲得に向けて、5000万ポンド(約71億円)のオファーを考慮しているようだ。ライプツィヒの要求額とは2000万ポンド(約28億3000万円)の差があるが、リバプールは獲得に向けて歩み寄ることになるのだろうか。 2017.06.26 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがムバッペ獲得レースに参戦?

▽リバプールがモナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得レースに参戦するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今夏の移籍市場を賑わせているムバッペは現在、レアル・マドリーやアーセナル、パリ・サンジェルマン(PSG)といった複数のビッククラブから関心を寄せられている。 ▽今回の報道によると、リバプールは現在、ムバッペの動向を注視しており、熾烈な争奪戦に加わろうとしているとのこと。しかし、リバプールは多大な資金力を誇る他クラブとの競争に勝てる自信がない模様だ。 ▽現在、獲得レースで一歩リードしているとみられるマドリーは、史上最高額を超えるオファーの提示や同クラブの指揮官を務めるジネディーヌ・ジダン監督がムバッペ本人に電話で説得を試みるなど熱心に獲得へ動いていると伝えられている。また、資金力を有するPSGが1億1900万ポンド(約169億円)の巨額オファーを投じる準備をしているとの報道もイギリスメディアによって伝えられた。 ▽一方で、ムバッペを残留させたいモナコは、同選手の週給を1万6000ポンド(約227万円)から14万ポンド(約1988万円)まで引き上げたオファーを提示。しかし、900パーセントの給与の引き上げにも、ムバッペはこれを断ったとの報道がフランスメディアによって報じられている。 2017.06.26 19:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル続投アーセナルの来季を不安視する戸田氏「上位に置いていかれる可能性がある」《戸田和幸インタビュー⑤》

▽元日本代表で現在はサッカー解説者を務める戸田和幸氏に超ワールドサッカーがインタビューを実施。戸田氏は、2017-18シーズンのプレミアリーグの展望において、アーセナルとリバプールの状況を不安視している。 ▽リバプールはユルゲン・クロップ監督が率いて2シーズン目を迎えた2016-17シーズンを4位でフィニッシュ。上位陣には無敗でシーズンを終えたものの、下位チーム相手の取りこぼしが目立ち、チャンピオンズリーグ(CL)のストレートインを逃した。戸田氏はリバプールの戦い方を不安視し、CLの本戦に進んだ場合の不安要素を語ってくれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「リバプールは上位と試合をするときは素晴らしい闘いを見せるんですけどね。でも、例えば順位が下のチームを相手にした時に自陣に下がられボールを持たされるような展開になるとカウンターでやられてしまったりCBとGKのところでのミスで失点を喫してしまう。失点の仕方が『あれ?』っというのが他の上位のクラブに比べると多いのかなという印象です」 「リバプールはプレーオフからではありますが新シーズンはいよいよCLもあります。クロップ監督のチームは本当に良く走りますが、例えばスパーズと比べてみるとより「走る」部分がベースとなっているチームではないかと。スパーズはビルドアップ、プレッシング、ショートカウンター、システムも4バック・3バック両方使えます。一方リバプールはビルドアップがあまり得意ではないと感じていますし、より走力ベースのサッカーをするのでパフォーマンスのばらつきが大きいと感じています」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>「前線に揃う多彩なアタッカー陣がガンガン走ってプレスをかけつつフィルミーノを起点に鋭いコンビネーション・突破を見せますがそのインテンシティの高いサッカーをシーズン通して続けられるのかという部分に疑問を持っています。また、CL本大会に出場出来たとしてどのくらいリーグ戦の成績を安定させることができるか。クロップ監督のサッカーにはエネルギー効率の部分とコンディション面の難しさが付きまといそうです」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>リバプールが強豪相手に強さを見せた一戦!<br /><a href="https://goo.gl/HDmm4v" target="_blank">第25節 リバプールvsトッテナム</a><hr></div>▽また、アーセナルは2016-17シーズン、1994-95シーズン以来となるライバルのトッテナムの後塵を拝しただけでなく、5位フィニッシュにより、19シーズン連続で出場していたCLの出場権も逃した。一方で、フロント陣は退任の噂もあったアーセン・ヴェンゲル監督の続投を決定。戸田氏は、2017-18シーズンのアーセナルも危惧している。 「アーセナルについてはヴェンゲル監督の続投に個人的には驚かされました。現有戦力がどうなるかにもよりますがアーセナルだけ(他の5クラブに)置いてかれる可能性はあるかなと見ています」 「ヴェンゲル監督の若手を獲得して育てるといった哲学、経営まで含めた全体のマネジメント力は素晴らしいと思いますが、今のサッカーそれだけでは勝てないのではないかと。もっとタイムリーに勝つ為の戦力を揃える事が必要だと考えます。サッカー自体については基本的に一つのシステムのみ。終盤に3バックを採用しましたがアーセナルのサッカーをより進化させる為の試みというよりは失点を防ぐ為の一時的な措置だったと思います。マネジメントとは別の視点で純粋にサッカーの部分でどれだけのものを作る事が出来る監督なのかという視点で見た時に戦術面含めた特徴は感じられないというのが率直な意見です」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>アーセナルが今季初めて3バックを採用した一戦<br /><a href="https://goo.gl/E6tRmq" target="_blank">第33節 ミドルズブラvsアーセナル</a><hr></div>「アーセナルのサッカーを見ていると、(メスト・)エジルとサンチェスに基本的に全幅の信頼と自由を与え全ての攻撃がこの2人からスタートします。ですので仮に彼らが消されてしまうもしくは調子が今一つだとなってしまうとチームとして機能しなくなります。どこにボールがあってもチームメイトは必ずこの2人を探す。ですから相手からすれば、潰すところが(はっきりしているので)やりやすくなっている。特定の選手に依存し過ぎると、チームとしては極端に機能しなくなってしまうということを、アーセナルを見ると感じます」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/toda20170617_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 「アーセナルの選手たちも一流ですが、他のライバルチームと比べると、足らないポジションはあると思います。(サンティ・)カソルラがいないことで中盤の構成力に影響が出ていると思いますがそれだけでは補えない箇所はあるのではないかと。GKの(ペトル・)チェフは変わらず素晴らしいですが中盤の中央と最終ラインはどうか。身体的なパワー・スピードも含めて若干落ちるかなと感じています。サンチェス・エジルの去就も非常に気になるところですし仮にこの二人がいなくなってしまったとして来季CLに出場することが出来ないクラブにどんな選手が来てくれるのか。戦力の維持という部分も難しいオフシーズンを迎えてると思います」 「ヴェンゲル監督の哲学は非常にオーソドックスで、選手を信頼して託すタイプだと分析しています。試合毎のプランがあったり試合の中で配置を変えたり守り方を変えたりといった部分は基本的にはありません。やはりボールを持ってナンボのチームですが戦力で考えてそれだけでは勝てないのではないかと。『アーセナル、今日は守備プレッシングに出てるな』という時の方が強かったりしますがそれが戦前からチームとして綿密に準備され行っているのかはよく分からない。(4月23日に行われたFAカップ準決勝の)マンチェスター・シティ戦や決勝でのチェルシー戦の時のように『その試合は絶対に勝つ』という強い気持ちをベースにプレーしている時のアーセナルは攻守に非常にバランスの取れた速くて上手いサッカーを見せます。しかしながらそれがシーズン通してできているわけではない」 「残念ながらバイエルンに10発叩き込まれて込まれてしまった試合を見た時にヨーロッパで勝ち上がっていく事が出来るチームではないのだという事が明らかになってしまった (※CL決勝トーナメント1回戦、2戦合計2-10で敗戦)。あそこまで完膚なきまでにやられるは。力の差があり過ぎて何度闘ってもやってもバイエルンには勝てないと思ったくらい力の差は大きかった。イングランドだけではなく欧州のビッグクラブと比較するとそれぐらい差が開いているところがある」 「エジルはよく批判されてますけど、僕は『この人からしか始まらないんだから(相手に潰されやすい)』って思いますね。逆に言えばエジルやサンチェスをうまく生かす為のシステムやメカニズムを作れば、そこまで依存する必要はなくなります。ですから試合を見た印象だけでエジルを批判する人にはサッカー自体への理解度が足らないと思いますしその前に考えることあるんじゃないかと思います。確かにアーティスティックな選手で感覚でプレーする選手ですしフィジカル的にも逞しさには欠けるかもしれませんが彼の持つビジョンや高い技術をベースにしたアイデア溢れるプレーは素晴らしい。どうしても給料が高いこともあって、『エジルが消えている』なんて批判をされてしまいますが消されてしまっている試合も多いというのが僕自身の見解です」 「選手たちだけでは解決できないことがサッカーには絶対あります。どの選手を選んでどこに配置しどう戦うかという事を決定するのが監督の大きな仕事の一つとなります。そう考えると他のライバルに比べてアーセナルが1番希薄ではないのかなと見ています」 「FAカップを獲った事もありヴェンゲル監督が続投すると決定しましたが来シーズンどんなサッカーを見せてくれるのか非常に興味深い。(アレックス・)イウォビなど若くて有望な選手もいますがプレミアで優勝する、CLに出場といった視点で考えると別の選択肢があってよかったのではないかと」 「ユーロ2016で強烈にブレイクしたレナト・サンチェスはバイエルンに移籍をした結果ほとんど出場することが出来ずに終わりました。それは単純に他の選手の力が上だからです。あのレナト・サンチェスが数試合で終わる(先発6試合、途中出場11試合)。それがバイエルンの強さ。アーセナルだったら間違いなくバリバリのレギュラーとして多くの試合に出られていたでしょう」 「アーセナルは安定した経営を第一に考えておりその上で上位にいる事が出来れば良いと考えているのではないでしょうか。ですから大きなお金を投資して勝つというのは、経営陣として望んでないのかもしれません。だからすべてに於いて経営陣の要求を満たしてくれるヴェンゲル監督でOKということなのかなと。CLを逃すという一つの結果がきっかけとなり(上位5チームに)離されるシーズンにならなければいいなと勝手ながらに心配をしています」 ※27日は、ラストとなる第6弾を公開!戸田氏が新シーズンプレミアリーグでプレーする日本人選手について語る!移籍の噂が挙がるあの日本人選手についても! 2017.06.26 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーがファン・ダイク獲得に巨額オファー準備も、問題は選手の心!?

▽チェルシーがサウサンプトンのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(25)の獲得に向けて巨額オファーを準備しているようだ。しかし移籍の実現に向けて1つの大きな問題があるという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今夏の移籍市場で去就が注目を集めているファン・ダイク。同選手に対しては、センターバックを補強ポイントとして挙げているチェルシーが獲得に興味を示しているようで、実際に6000万ポンド(約85億円)のオファーを準備しているという。 ▽これはサウサンプトンを納得させるだけの金額のようだが、肝心なファン・ダイク自身の心が動かないという。 ▽ファン・ダイクに対しては早い段階でリバプールも獲得に興味を示していた。しかしサウサンプトンと交渉する前に、リバプール側がファン・ダイクと接触。さらにユルゲン・クロップ監督が直々に出向き、ファン・ダイクを口説き落としたと言われている。 ▽これを受けてサウサンプトン側はリバプールの対応を非難し、プレミアリーグ側に調査を依頼していた。その後リバプールが謝罪し、公式声明では「我々はサウサンプトンを尊重し、今後、選手(ファン・ダイク)への関心は持たないことを明確にしたい」と、同選手から手を引くことを約束した。 ▽しかし『デイリー・メール』によるとファン・ダイク自身はリバプールへの思いが消えないようだ。チェルシーもその点を考慮しており、今後の交渉は慎重に進めていくように方向転換したと言われている。 2017.06.26 10:59 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールOB、サラーの成功を確信「ファンは彼のプレーを見て楽しむはず」

イギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるポール・インス氏は、リバプールファンはモハメド・サラーの獲得で歓喜することになると予想している。<br><br>サラーは先日、ローマから多額の移籍金でリバプール加入が決定した。ローマ時代は83試合で34ゴールをマークしただけでなく、その驚異的なスピードでセリエAを席巻。元リバプールMFのインス氏は「クラブにとって良いビジネスだろう」と話し、このように続ける。<br><br>「ローマでの昨シーズンを見たが、彼は15~16ゴールを決めた。チェルシーでは成功できなかったね。出場機会がなかったからだとは思わないが、リバプールのような偉大なクラブに戻ってきた。リバプールにとって素晴らしい新戦力であるし、ファンは彼のプレーを見て楽しむだろう」<br><br>チェルシーでの失敗からイタリアを経て、再びプレミアリーグの舞台へと舞い戻ったサラー。リバプール1年目から快速を飛ばして、活躍することはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.24 17:25 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース