リバプールのリアクション王ロブレン、マスコットキッズに握手をスカされてナイスな反応2015.01.03 16:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、プレミアリーグ屈指のリアクション芸の使い手なのかもしれない。イギリス『BT sport』が、2日のウェストハム戦前のトンネルでロブレンとマスコットキッズが繰り広げられた微笑ましいやり取りを紹介している。

▽リバプールは、2日に行われたプレミアリーグ第20節でウェストハムとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。この試合にフル出場したロブレンは、ハマーズのマスコットキッズと見事な掛け合いを見せた。

▽ピッチ入場前のトンネルで隣にいたマスコットキッズと握手を試みたロブレンだったが、このマスコットキッズはロブレンの差し出した手を見事にスカして見せた。アウェイゲームでの握手拒否は頻繁にあるため通常の選手であれば、無視するか、ムッとした表情を浮かべるところ。

▽しかし、リアクションの良いロブレンは、「オイッ!」という呟きと共に絶妙な反転からマスコットキッズに向き直って、優しく頭をポンポンと叩いた。

▽スター選手でありながら、まるで近所のお兄さんのようなフレンドリーさとリアクションの良さを見せたロブレン。恐らく、クラブの企画でドッキリを仕掛ければ、さぞかし素晴らしいリアクションを見せてくれるだろう。興味のある方は以下のURLからチェックしてみてください。

◆ロブレンの表情に注目
https://vine.co/v/ibM3mIJaZpw

コメント

関連ニュース

thumb

クロップ、移籍金高騰の風潮に苦言 「1億ポンドの選手が負傷したら…」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、選手の移籍金が高騰を続ける風潮に苦言を呈している。リバプールが一人の選手に天文学的な金額をつぎ込むことはないと主張した。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドは、1億1000万ユーロ(約128億5000万ユーロ)とも言われる金額でユベントスMFポール・ポグバの獲得に近づいているとみられる。そのユベントスもナポリからFWゴンサロ・イグアインを9000万ユーロ(約100億円)で獲得するなど、巨額の移籍金が飛び交う現状となっている。<br><br>クロップ監督も3000万ポンド(約40億9000万円)あるいは3400万ポンド(約46億3000万円)などと報じられた額でサウサンプトンからFWサディオ・マネを獲得するなどの補強を行っているが、それを大きく越える金額を一人の選手に支払うつもりはないようだ。補強の方針について次のように語っている。<br><br>「1億ポンドの選手を連れて来て、その選手が負傷してしまうと、すべて台無しになってしまうね。サッカーがそういうものになってしまう日には、私はもう仕事をしていないよ。大事なのは一緒にプレーすることだからね」<br><br>「最高の選手が欲しいとは思うものだが、成功するためにはグループを作り上げることが必要だ。私は金を使うとしても、チームを作るために使うよ。バルセロナはそうしてきた。タイトルを獲得することはできるとしても、どういうやり方でやりたいかというものがある」<br><br>多くのビッグクラブが関心を寄せるような選手の獲得を争うのでなく、&rdquo;掘り出し物&rdquo;を見つけるのが移籍市場の醍醐味だとクロップ監督は考えているようだ。<br><br>「全員が同じプールで泳ぐには、プールは小さすぎる。全員が同じ選手を求めていくのはね。プールの外にも大勢の選手がいる。キャリアの次のステップを踏み出そうしている選手たちだ。我々はそういう選手を見つけたい」<br><br>「昨シーズンの最高の選手が誰なのかを知るのは良いが、それ以上に面白いのは、来年の最高の選手が誰になるかを見つけ出そうとすることだ。今からそれが分かっていれば、本当に素晴らしい補強になるだろうね。はるかに安い補強でもある。それが我々の取り組んでいることだ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.29 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールMFマルコビッチにフィオレンティーナとローマが興味

▽リバプールのセルビア代表MFラザール・マルコビッチ(22)に対して、フィオレンティーナとローマが獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽2014年7月にベンフィカからリバプールに加入したマルコビッチだったが、当時の指揮官であるブレンダン・ロジャーズ監督を納得させるプレーを見せることはできずに、2015-16シーズンはフェネルバフチェにレンタルで加入していた。 ▽現在はリバプールに復帰しているもののユルゲン・クロップ監督の信頼を勝ち取れておらず、今夏の移籍市場で放出される可能性が高いと噂されている。 ▽そんな同選手に対して『フットボール・イタリア』は、中盤の補強を画策しているフィオレンティーナとローマが獲得に興味を示していると報道。どちらのクラブもマルコビッチの能力は高く評価しているようで、完全移籍ではなくレンタルでの加入が可能かどうかを探っているという。 ▽また『フットボール・イタリア』は、ポルトガルのスポルティング・リスボンもマルコビッチ獲得に動いていると報道。こちらは、移籍形態については報じていないもののかねてから熱心にマルコビッチの動向を追っていたと伝えている。 2016.07.29 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールが若手FWウィルソンと新契約を締結

▽リバプールは28日、ウェールズ代表FWハリー・ウィルソン(19)と新契約を締結したことを発表した。契約の詳細は明らかにされていない。 ▽8歳でリバプール下部組織に加入したウィルソンは、2014年にトップチームへと昇格。昨シーズンはリーグ1(イングランド3部)のクルーへとレンタル移籍し、今年1月に復帰していた。 ▽また、2013年10月には16歳でウェールズ代表デビューし、史上最年少での出場を記録している。ウェールズ代表キャプ数は1。 2016.07.29 09:49 Fri
twitterfacebook
thumb

一発退場のセスク、リバプールに謝罪 「悪意はなかった」

チェルシーMFセスク・ファブレガスが、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のリバプール戦で退場となったことを謝罪した。<br><br>セスクはチェルシーが1-0と勝利した27日のリバプール戦で、DFラグナル・クラヴァンに危険なタックルを見舞い、一発退場となった。<br><br>リバプールのユルゲン・クロップ監督は試合後、セスクがリバプールのロッカールームで謝罪したと明かしたが、選手本人が自ら『インスタグラム』で再度謝罪している。<br><br>「ラグナル・クラヴァンに対するタックルについては、とても申し訳なく思っている。悪意はなかったんだ。彼が大丈夫だと知って、すごくホッとしている」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.29 08:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘセはアーセナルorリバプール移籍? ジダンは移籍の可能性を除外せず

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、同クラブに所属するスペイン人FWヘセ・ロドリゲス(23)の移籍の可能性を除外していない。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ▽マドリーでポジションを確保しきれていないヘセに関しては、移籍の可能性が伝えられている。アーセナルとリバプールが獲得に興味を示していると伝えられる中、ジダン監督は以下のように話し、出場機会を得るために選手が新天地を求める可能性を示唆した。 「彼が出場機会を求めて退団したいのなら、私は分からない。彼はチームにいる。私が言えるのはそれだけだよ」 ▽ヘセは昨シーズン、マドリーで公式戦38試合に出場し、6ゴールを記録。FWガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWカリム・ベンゼマという強力3トップとのポジション争いを回避し、移籍の道をたどるのだろうか。 2016.07.29 04:21 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース