リバプールのリアクション王ロブレン、マスコットキッズに握手をスカされてナイスな反応2015.01.03 16:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、プレミアリーグ屈指のリアクション芸の使い手なのかもしれない。イギリス『BT sport』が、2日のウェストハム戦前のトンネルでロブレンとマスコットキッズが繰り広げられた微笑ましいやり取りを紹介している。

▽リバプールは、2日に行われたプレミアリーグ第20節でウェストハムとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。この試合にフル出場したロブレンは、ハマーズのマスコットキッズと見事な掛け合いを見せた。

▽ピッチ入場前のトンネルで隣にいたマスコットキッズと握手を試みたロブレンだったが、このマスコットキッズはロブレンの差し出した手を見事にスカして見せた。アウェイゲームでの握手拒否は頻繁にあるため通常の選手であれば、無視するか、ムッとした表情を浮かべるところ。

▽しかし、リアクションの良いロブレンは、「オイッ!」という呟きと共に絶妙な反転からマスコットキッズに向き直って、優しく頭をポンポンと叩いた。

▽スター選手でありながら、まるで近所のお兄さんのようなフレンドリーさとリアクションの良さを見せたロブレン。恐らく、クラブの企画でドッキリを仕掛ければ、さぞかし素晴らしいリアクションを見せてくれるだろう。興味のある方は以下のURLからチェックしてみてください。

◆ロブレンの表情に注目
https://vine.co/v/ibM3mIJaZpw

コメント

関連ニュース

thumb

ロブレン怒りの主張「ルカクは意図的だった」

▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメロ・ルカクに対して怒りをぶちまけた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽問題が起こったのは14日に行われたプレミアリーグ第8節、リバプールvsユナイテッドのノースウェスト・ダービー。この試合のハーフタイム間際、ピッチに倒れ込んだロブレンの顔をルカクが右足で蹴っていた。 ▽その後、イングランドサッカー協会(FA)はこの場面を調査。しかし意図的なものではなかったとの判断から、処分しないことが明らかとなっている。 ▽しかし被害者のロブレンは、ルカクに対する怒りが収まらない模様。意図的な踏みつけ行為であり、さらにはルカクからの謝罪がないことに激怒した。 「これは僕の見方だが、正直に言えばあれは意図的だったともう。また、意図的でなかったにしても、本来ならばすぐに謝罪するものだ」 「ただ、これはピッチ上で起こったことであり、もう決定は出ている。これで終わりであり、その決定を覆すことはできない。当然、僕個人の決定ではないし、失望しているとも言えない。これがフットボールだよ」 2017.10.17 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ロブレンの顔面を蹴ったルカクにお咎めなし

▽イングランドサッカー協会(FA)はマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクに対し、処分を下すことはないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ルカクは14日に行われたプレミアリーグ第8節リバプール戦のハーフタイム間際、地面に倒れ込んだDFデヤン・ロブレンに対し、意図的ではない様子だったものの右足で顔面を蹴ってしまっていた。 ▽そのルカクの行為に対し、元主審のデルモット・ギャラガー氏は次のような見解を示している。 「ルカクのヒザの動きを見ると、意図したものではないことがわかると思う。ロブレンを避けようとした際に当たってしまったものだったと見るのが自然だよ」 2017.10.17 04:48 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ、攻撃的スタイルに批判の声も「モウリーニョのようにやっても優勝は無理」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、成功への&ldquo;レシピ&rdquo;はないと考えているようだ。<br><br>リバプールは14日、プレミアリーグ第8節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、スコアレスドローに終わった。ジョゼ・モウリーニョ監督の戦術の前に、無失点に抑えられ、リバプールの攻撃的なスタイルには批判の矛先を向けられている。<br><br>クロップはマンチェスター・Uの守備的なアプローチには理解を示しつつ、それが成功をつかむために必要なことではないと主張している。<br><br>「ユナイテッドがやっていることははっきりしていた。ジョゼは自分が正しいと思っていることをやった。もしくはやりたかったことをね。それはOKだ。しかし、我々にとってそれは楽にするものではない」<br><br>さらに続けて、「我々は数年間チャレンジャーであり続ける。大きなハートで、勇気を持たいないといけない」と話している。<br><br>今季も攻撃的な姿勢をトレードマークにシーズンに臨んでいるリバプールだが、開幕8試合で首位と9ポイント差の8位に沈むなど、今のところ実を結んでいない。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.10.16 23:38 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 0-0 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドが14日にアンフィールドで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171014_26_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 ミニョレ 6.0 前半終盤のルカクの決定機を見事に阻止。それ以外に難しい仕事はなかった DF 12 J・ゴメス 6.0 堅実な守備でサイドを締めつつ、要所で攻撃を後方支援 32 マティプ 6.0 ロブレンとのコンビでルカクを封殺。前半は決定機にも絡んだ 6 ロブレン 6.0 チームが前がかりな中で冷静にリスク管理。球出しも無難だった 18 A・モレーノ 6.0 積極的なオーバーラップでコウチーニョをサポート MF 5 ワイナルドゥム 6.0 球際の強さや切り替えの速さで攻守に存在感 14 ヘンダーソン 5.5 攻守にセーフティファーストを心掛け、相手にカウンターを許さず 23 ジャン 6.0 やや質を欠いたものの中盤で攻守に奮闘 FW 11 サラー 6.0 前半は鋭い仕掛けでダルミアンを手玉に取ったが、後半は疲労の影響でやや沈黙 (→チェンバレン -) 9 フィルミノ 6.0 南米予選帰りの厳しいコンディションの中、積極的な動き出しや攻守の切り替えで存在感 (→ソランケ -) 10 コウチーニョ 6.5 キレ味鋭い仕掛けや正確なパスで攻撃をけん引 (→スタリッジ -) 監督 クロップ 5.5 引いた相手に対して、崩し切れず。勝ち点2を取りこぼした ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171014_26_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 6.0 マティプの決定機を阻止し、勝ち点1獲得に貢献。こぼれ球への反応も良かった DF 25 バレンシア 5.5 守備では粘り強く守ったが、攻撃参加はほとんどなかった 12 スモーリング 6.0 空中戦の強さに加え、不用意につり出されず、危険なエリアを常にカバー 4 フィル・ジョーンズ 6.0 一度痛恨のパスミスがあったが、それ以外はフィジカルを生かしたプレーで相手攻撃陣に対応した 36 ダルミアン 5.5 前半はサラーに苦しめられたが、後半は何とか対応。堅実に守備だけをこなし続けた MF 18 A・ヤング 5.5 献身的にバレンシアのサポートをするなど、守備面で奮闘。攻撃では見せ場はなかった (→リンデロフ -) 21 エレーラ 6.0 守備的MFと考えれば、高い評価が与えられるが、攻撃面では幾度からしい繋ぎを見せたものの、総じて物足りない 22 ムヒタリアン 5.0 3回ほどチャンスに絡んだが、代表戦の影響か消えている時間が長かった (→リンガード 5.5) 前線からプレッシャーをかけるなど、与えられた守備の役目はこなした 31 マティッチ 5.5 球際で粘り強く守り、ミスのない繋ぎを見せた 11 マルシャル 5.5 前半は守備に奔走し、ルカクの決定機を創出。ただ、ゲームプランの足かせで持ち味を出し切れず (→ラッシュフォード 5.0) 得意の個人技で局面を打開したかったが、ノーインパクト FW 9 ルカク 5.0 前半の決定機を逸す。それ以外は前線で孤立し、相手センターバックにことごとく潰された 監督 モウリーニョ 5.5 得意の守備的プランでゴールレスに持ち込み勝ち点1を持ち帰る。ただ、カウンター不発は今後の課題 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コウチーニョ(リバプール) ▽渋いゲーム展開の中で随所でスタンドを沸かすなど、相変わらずのテクニックでチャンスを演出し続けたコウチーニョをMOMに選出。 リバプール 0-0 マンチェスター・ユナイテッド 2017.10.14 22:36 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールvsユナイテッドは痛み分け! モウリーニョが敵地で得意のゴールレスに持ち込む《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドが14日にアンフィールドで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽リバプールは前節、ニューカッスルを相手に1-1のドロー。最近のリーグ戦4試合で1勝と白星を重ねることができていない。今回の一戦で仮に敗れることになれば、その差は10ポイントまで広がり、早くも優勝争い脱落の様相を呈することになりかねない。今後に向けて重要となるホームゲームに臨んだクロップ監督だが、代表ウィーク中にマネがハムストリングを痛め6週間の離脱を強いられた。そのため、コウチーニョをサラーとフィルミノと共に3トップの一角で起用。その一方で、それ以外のポジションは現状のベストメンバーを揃えてきた。 ▽対するユナイテッドは、前節のクリスタル・パレス戦で4-0の圧勝。マンチェスター・シティと共に優勝候補筆頭に挙げられているものの、ここまで昨季トップ6の対戦はなかった。正真正銘の優勝候補として名乗りを挙げるうえで必勝が求められるこの一戦に向けては、ポグバやフェライニ、バイリーと主力に故障者が出たため、スモーリングやダルミアン、エレーラと出場機会が少ない選手たちが代役を担った。 ▽代表ウィーク明けの厳しいコンディションを受けて、互いにやや抑えめの入りを見せたものの、遅攻に問題を抱えるホームチームに対して、アウェイのユナイテッドがあっさりとボールポゼッションを譲ったことで、時間の経過と共にリバプールが押し込む展開に落ち着く。 ▽ワイナルドゥムのボール奪取を起点に幾度かショートカウンターを仕掛けるリバプールは、開始7分にフィルミノとの連携でそのワイナルドゥムがゴール前に飛び出すなど、相手ゴールに迫る。対するユナイテッドは無暗に前からボールを奪いに行かず、自陣中央をきっちり締めたブロック構築しつつ、右サイドのヤングとバレンシアのベテランコンビを筆頭にサイドでの連動した守備で相手の強力なサイドアタックにもきっちりアジャストする。 ▽上位対決らしい拮抗した展開が続く中、試合開始30分を過ぎてようやく試合が動き始める。30分には右サイドでヤングが入れたクロスのこぼれをボックス手前のムヒタリアンが胸で落とし、これをマティッチが豪快な左足ボレーで合わせるが、わずかに枠を捉えられない。直後の34分にはリバプールのCKからボックス左フリーでフィルミノが折り返したボールをゴール前のマティプがワンタッチで合わすが、これはGKデ・ヘアの圧巻のセーブに遭う。さらに、こぼれ球をサラーが左足で蹴り込むが、枠の左に外れた。 ▽その後、前半終了間際の44分にはマティッチのパスカットからマルシャル、ムヒタリアンとのダイレクトパスでゴール前に飛び出したルカクに決定機も、ここは同胞GKミニョレに至近距離からのシュートをセーブされ、前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半は、より勝ち点3がほしいリバプールが攻勢を強める。立ち上がりにはフィル・ジョーンズの不用意なパスをカットしたコウチーニョの仕掛けからフィルミノに決定機も、ここはオフサイドにかかってしまう。その後も相手を押し込むリバプールは56分、右サイドのジョー・ゴメスからのクロスをゴール前にフリーで飛び出したジャンがワンタッチで合わせるが、これを枠に飛ばせない。 ▽一方、後半に入って失点こそ免れているものの、全く攻撃の形を作れなくなったユナイテッドは、63分にムヒタリアンに代えてリンガード、65分にマルシャルに代えてラッシュフォードを投入し、生え抜きのイングランド代表コンビに局面の打開を託すが、この交代も流れを変えるまでには至らず。 ▽その後も試合を支配するものの、アタッキングサードでの崩しのアイデアを欠くリバプールは、疲れの見えるサラーとコウチーニョ、フィルミノの前線3枚を次々に下げて、スタリッジ、チェンバレン、ソランケとフレッシュな選手の投入であと一押しを目指す。だが、試合終盤には完全に引き分けモードに入ったユナイテッドの堅守を前に決定機らしい決定機を作れず、試合はこのままタイムアップ。 ▽代表ウィーク明けのランチタイムキックオフという厳しいコンディションで行われたビッグマッチは、互いに攻守の切り替えなどレベルの高さを見せた一方、やや見せ場を欠くゴールレスドローに終わった。 2017.10.14 22:35 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース