リバプールのリアクション王ロブレン、マスコットキッズに握手をスカされてナイスな反応2015.01.03 16:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、プレミアリーグ屈指のリアクション芸の使い手なのかもしれない。イギリス『BT sport』が、2日のウェストハム戦前のトンネルでロブレンとマスコットキッズが繰り広げられた微笑ましいやり取りを紹介している。

▽リバプールは、2日に行われたプレミアリーグ第20節でウェストハムとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。この試合にフル出場したロブレンは、ハマーズのマスコットキッズと見事な掛け合いを見せた。

▽ピッチ入場前のトンネルで隣にいたマスコットキッズと握手を試みたロブレンだったが、このマスコットキッズはロブレンの差し出した手を見事にスカして見せた。アウェイゲームでの握手拒否は頻繁にあるため通常の選手であれば、無視するか、ムッとした表情を浮かべるところ。

▽しかし、リアクションの良いロブレンは、「オイッ!」という呟きと共に絶妙な反転からマスコットキッズに向き直って、優しく頭をポンポンと叩いた。

▽スター選手でありながら、まるで近所のお兄さんのようなフレンドリーさとリアクションの良さを見せたロブレン。恐らく、クラブの企画でドッキリを仕掛ければ、さぞかし素晴らしいリアクションを見せてくれるだろう。興味のある方は以下のURLからチェックしてみてください。

◆ロブレンの表情に注目
https://vine.co/v/ibM3mIJaZpw

コメント

関連ニュース

thumb

フィーゴ「レアル・マドリーでジェラードとプレーしたかった」

▽レアル・マドリーOBで元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏が、25日のチャリティマッチで対戦相手としてマッチアップしたリバプールOBで元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏について言及した。 ▽「リバプール・レジェンド」と「レアル・マドリー・レジェンド」のチャリティマッチが25日にアンフィールドで実現。リバプール側からスティーブ・マクマナマン氏やロビー・ファウラー氏、マイケル・オーウェン氏、レアル・マドリー側からフェルナンド・モリエンテス氏やエミリオ・ブトラゲーニョ氏、ミチェル・サルガド氏ら錚々たるレジェンドが会した。 ▽そのチャリティマッチ終了後、「レアル・マドリー・レジェンド」の一員としてプレーしたフィーゴ氏は、自身が現役時代にジェラード氏と共演したかったかと問われると、次のようにコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 「我々はキャリアのある時点で一緒にプレーする可能性があった。しかし、それが実現に至らなかったんだ」 「(ジェラードでチームメートになれなくて)残念だよ。ベストプレーヤーとプレーすることは誰もが望んでいることなのだからね。ジェラードはそのキャリアにおいて、彼のポジションで史上最高の選手の1人だということを証明した」 「リバプールはラッキーだった。彼はここアンフィールドでそのクオリティや才能を示したのだからね」 2017.03.26 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

チャリティーマッチで躍動のジェラード「この勝利はモランに捧げる」

▽かつてリバプールやイングランド代表としてプレーしたスティーブン・ジェラード氏が、25日に行われたリバプール・レジェンドとレアル・マドリー・レジェンドの試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽アンフィールドで行われたチャリティーマッチは、24分にジェラードのアシストからオーウェンがネットを揺らす。49分にもジェラードのアシストからオルドリッジがネットを揺らし、66分にはジェラードが倒されて得たPKをファウラーが決めた。さらに78分にはジェラード自身にもゴールが生まれている。 ▽その後はレアル・マドリー・レジェンドに3失点を喫する展開となるも、大勢の観客に見守られて行われたチャリティーマッチは、リバプール・レジェンドの勝利に終わった。 ▽この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたジェラードはインタビューに応じ、先日、83歳でこの世を去ったリバプールのレジェンドであるロニー・ラモン氏への哀悼の意を示している。 「今日のチャリティーマッチは、誰もが楽しみにしていたものだ。リバプールを代表して、参加してくれたレアル・マドリーには感謝の意を示したい。選手たちだけでなく、サポーターも待ち望んだ試合だったね」 「そして今日は、ミスター・リバプールであるロニー・モランについても話さなければいけない。今日の勝利は彼に捧げたいと思っているよ。今の選手たち、昔の選手たち、そしてなによりも彼の家族にとっては非常に悲しいことだ。ただ、僕たちリバプールは、いつでも彼らのそばにいる。今日の勝利が彼らの励みになってくれればうれしいね」 2017.03.26 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェラードがチャリティーマッチで躍動!! 全得点に絡む活躍でマドリーレジェンドに勝利!!《チャリティーマッチ》

▽25日にアンフィールドでチャリティーマッチのリバプール・レジェンドvsレアル・マドリー・レジェンドが行われ、4-3でリバプール・レジェンドが勝利した。 ▽大勢の観客が見守る中開始された試合は24分、ボックス右までボールを運んだジェラードのクロスにオーウェンが頭で合わせてリバプールが先制する。そのまま1-0で前半を終えると、迎えた49分にファウラーのスルーパスに反応したジェラードがボックス右から折り返すと、これをオルドリッジが押し込んで2点目を奪った。 ▽66分には細かなパス回しから抜け出したジェラードがGKに倒されてリバプールがPKを獲得。これをファウラーが決めて3点目を奪った。3点に絡んだジェラードは直後にミドルレンジから現役時代を髣髴とさせる強烈なミドルシュートを放つが、これはクロスバーに弾かれる。しかし78分、右サイドからのクロスをうまくコントロールしてボックス内で右足を振り抜くとこのシュートが決まって4点目を奪った。 ▽マドリーもここから反撃に出るとまずは80分、サルガドのミドルシュートがこぼれたところをコンゴが押し込む。さらに81分には、バックラインでの横パスを奪ったモリエンテスがそのままシュートを決めきり、マドリーが2点差に追い上げる。 ▽迎えた90分には右サイドからのクロスに、ボックス内でフリーとなっていたデ・ラ・レーが頭で合わせてネットを揺らす。しかしマドリーの反撃もここで終了し、素晴らしい雰囲気の中で行われたチャリティーマッチは、ジェラードが全得点に絡む活躍を見せたリバプールの勝利で幕を閉じた。 リバプール・レジェンド 4-3 レアル・マドリー・レジェンド 【リバプール・レジェンド】 オーウェン(前24) オルドリッジ(後4) ファウラー(後21)【PK】 ジェラード(後33) 【レアル・マドリー・レジェンド】 コンゴ(後35) モリエンテス(後36) デ・ラ・レー(後45) 【リバプール・レジェンドメンバー】 ◆スタメン GK:イェジー・ドゥデク DF:ビョルン・トーレ・クバルメ、ダニエル・アッゲル、ヨン・アルネ・リーセ、ジェイミー・キャラガー MF:スティーブ・マクマナマン、スティーブン・ジェラード、ディートマー・ハマン FW:ロビー・ファウラー、マイケル・オーウェン、ルイス・ガルシア ◆サブ GK:サンデル・ヴェステルフェルト DF:ステファヌ・アンショズ、アラン・ケネディ、フィル・バブ MF:ジェイソン・マカティア、ジョン・オルドリッジ、ヴラディミール・シュミツェル、サリフ・ディアオ、パトリック・ベルゲル、ガリー・マカリスター、デイヴィッド・トンプソン FW:イアン・ラッシュ 【レアル・マドリー・レジェンドメンバー】 ◆スタメン GK:ペドロ・コントレラス DF:ミチェル・サルガド、ロベルト・カルロス、フランシスコ・パボン、フェルナンド・サンス MF:ルイス・フィーゴ、クラレンス・セードルフ、ルベン・デ・ラ・レー、サヴィオ FW:フェルナンド・モリエンテス、クリスティアン・カランブー ◆サブ GK:カルロス・サンチェス DF:ジュリオ・ジョレンテ、ヘスス・エンリケ・ベラスコ MF:スティーブ・マクマナマン FW:エミリオ・ブトラゲーニョ、マイケル・オーウェン、ホセ・エミリオ・アマビスカ、エドウィン・コンゴ 2017.03.26 09:06 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールのレジェンド、ロニー・モラン氏が死去

▽現役時代にリバプールのキャプテンを務め、引退後に監督としてチームを率いた経験を持つロニー・モラン氏が22日、死去した。83歳だった。同日にリバプールの公式サイトで発表されている。 ▽同氏は1952年から1966年にリバプールで活躍し、379試合の出場を記録した。また、1991年、1992年と2度にわたり暫定監督としてリバプールを指揮。1992年にはFAカップ決勝までチームを導いた。 ▽リバプール公式サイトは「リバプールFCとそのサポーターの想いはロニーの妻と子供たち、家族そして多くの友人たちと共にあります」と哀悼の意を表している。 2017.03.22 22:28 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップ「この結果は悔やまれる」マンチェスター・C戦でのドロー決着を悔やむ

プレミアリーグ第29節、マンチェスター・シティvsリバプールは1-1のドローに終わった。試合後、リバプールのユルゲン・クロップ監督が敵地で勝ち点3を取り損ねたことを悔やんでいる。『スカイスポーツ』のインタビューで明かした。<br><br>「この試合では両チームともPKのチャンスがあった可能性がある。ただ、我々にあった決定的なチャンスは(アダム)ララーナと(サディオ)マネにもあった。チャンスを逃したことで結果的に難しい試合になってしまった」<br><br>「アウェー戦だったが我々は最後まで十分に得点できるチャンスがあった。試合内容は悪くなかっただけに、(勝利できなかった)この結果は悔やまれるね」<br><br>51分にジェームズ・ミルナーのPKで先制したものの、リバプールは69分にセルヒオ・アグエロにゴールを奪われて、結果的に1-1のドローに終わった。しかし、クロップにとっては、PK以外でマンチェスター・Cのゴールを脅かすシーンが目立ったことに満足感を示しつつも、上位争いを展開するマンチェスター・Cから勝ち点1を分け合う結果には悔しさをにじませた。<br><br>また、「(相手の)GK(ウィリー・カバジェロ)はとても印象的だったね。彼はとても素晴らしい働きをしていた」と述べ、相手の守護神に賛辞を贈っている。<br><br>マンチェスター・Cは勝ち点57の3位、リバプールは勝ち点56の4位。2位トッテナムが同じ節で勝利して勝ち点を59に伸ばしており、上位争いはさらに白熱の様相を呈している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.20 09:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース