リバプールのリアクション王ロブレン、マスコットキッズに握手をスカされてナイスな反応2015.01.03 16:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、プレミアリーグ屈指のリアクション芸の使い手なのかもしれない。イギリス『BT sport』が、2日のウェストハム戦前のトンネルでロブレンとマスコットキッズが繰り広げられた微笑ましいやり取りを紹介している。

▽リバプールは、2日に行われたプレミアリーグ第20節でウェストハムとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。この試合にフル出場したロブレンは、ハマーズのマスコットキッズと見事な掛け合いを見せた。

▽ピッチ入場前のトンネルで隣にいたマスコットキッズと握手を試みたロブレンだったが、このマスコットキッズはロブレンの差し出した手を見事にスカして見せた。アウェイゲームでの握手拒否は頻繁にあるため通常の選手であれば、無視するか、ムッとした表情を浮かべるところ。

▽しかし、リアクションの良いロブレンは、「オイッ!」という呟きと共に絶妙な反転からマスコットキッズに向き直って、優しく頭をポンポンと叩いた。

▽スター選手でありながら、まるで近所のお兄さんのようなフレンドリーさとリアクションの良さを見せたロブレン。恐らく、クラブの企画でドッキリを仕掛ければ、さぞかし素晴らしいリアクションを見せてくれるだろう。興味のある方は以下のURLからチェックしてみてください。

◆ロブレンの表情に注目
https://vine.co/v/ibM3mIJaZpw

コメント

関連ニュース

thumb

評価は? ジダン、獲得が噂されるサラーに言及

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)について語った。 ▽今季、ローマからリバプールに移籍したサラーは、公式戦25試合19得点6アシストを記録。プレミアリーグの得点王争いで首位に立っており、チームの絶対的存在となっている。一部メディアは先日、レアル・マドリーがサラーの獲得に関心を示していると報じていた。 ▽現在クラブ・ワールドカップを戦っているチームを率いるジダン監督は、サラーについて言及。以下のように話した。イギリス『メトロ』がコメントを伝えた。 「レアル・マドリーがサラーに興味を持っているというニュースを目にしたよ。でも、焦らないでほしい」 「私にとって、彼は今、アメージングな位置にいる選手だ」 「サラーは偉大な選手だ。ローマでも証明したし、今はリバプールでそうしている」 「彼はまだ若い。常に改善していっているところだ。他のチームの選手のことはあまり話せないけど、個人的に高く評価している選手だよ」 2017.12.16 14:27 Sat
twitterfacebook
thumb

カリウス「上を目指せる力がある」WBA戦でドローもリバプールの巻き返しに意気込む

13日に行われたプレミアリーグ第17節、リバプールvsWBAの一戦で、リバプールのGKロリス・カリウスが先発出場を果たした。<br><br>ベルギー代表GKシモン・ミニョレが足を負傷したため、ユルゲン・クロップ監督はWBA戦でカリウスをピッチに送り出した。同選手はチャンピオンズリーグやカップ戦ではゴールを守っていたが、プレミアリーグで出場したのは、8月に行われたアーセナル戦以来、実に4カ月ぶりの出場となった。<br><br>カリウスは現地メディアに、ようやくやってきたリーグ戦での出場機会に、喜びのコメントを明かしている。<br><br>「しばらく間が空いたけど、その期間は長かった。カップ戦では出ていたけれど、リーグ戦で出番がやってくるとは思っていなかったから嬉しかったね」<br><br>ミニョレとの正GK争いが激化している状況について、カリウスは「先発でゴールを任されるのはやっぱり嬉しいことだ。トレーニング時から常に集中していたからね」とコメント。<br><br>ここ2試合で2引き分けと、勝ち点を取りこぼしている現状については「監督は常にベストの布陣で試合に挑んでいるし、若手選手が複数起用されていたとしても、それはポイントを失った言い訳にはならない。まだ上を目指せるだけの力があると僕らは信じているよ」と続け、上位争いに意気込みを示している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

実在した…笑いながらブチギレする男・クロップ

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップのインタビューが話題だ。 ▽リバプールは10日に行われたプレミアリーグ第16節でエバートンと対戦。前半にFWモハメド・サラーの得点により先制したが、終盤の77分にDFデヤン・ロブレンがFWドミニク・カルバート=ルーウィンを倒したとされPKを与えると、これをFWウェイン・ルーニーに決められて同点とされた。 ▽試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたクロップ監督は、PKの判定に疑問を呈し、同メディアのパット・デイビッドソン記者と舌戦を繰り広げた。 記者「何か主審に抗議しましたか?」 クロップ「私は理解できなかったが、主審はそれをPKだとみなした。それが言える全てだ。汚い言葉は使っていないよ。私はこんな試合が信じられなかった。片方のチームは95分間にわたって勝利を目指した。もう一方は…。PKの場面以外は枠内シュートはおろかボックスにもほとんど入っていなかった。だがドアが開いた。私は理解しきれない」 記者「あなたにとっては100%、PKじゃなかった…」 クロップ「いやいやいや」 記者「私はロブレンを非難したいのではありませんが、チャレンジに行く必要はあったのでしょうか?」 クロップ「彼はチャレンジに行っていないよ! カルバート=ルーウィンが倒れにいって…」 記者「ロブレンの手は彼の背中に…」 クロップ「(実際に記者に対して)こんな感じだよ。君も見ただろ。君はPKだと言うならそうだ。それが君の意見だ。PKだと言うのが君の意見か?」 記者「私の意見は重要ではありません」 クロップ「私の意見だって明らかに重要じゃない」 記者「あなたの意見は重要です」 クロップ「それで何かが変わる?」 記者「いや、このインタビューで何を変えることはできません。私たちにそれができると?」 クロップ「あなたはPKだと思ったのか?」 記者「接触はわずかだと思いますが、PKだったと思います」 クロップ「ハハハ!(笑)。なら、このインタビューを終えることだってできる。なぜなら、フットボールのことを少しでも理解している人と私は話したい。申し訳ないが、信じがたい」 記者「怒るのも分かりますが、スタジオには数々の試合を経験してきた人がいて、彼らもPKだと言ってますよ」 クロップ「(カメラ目線で)おぉ、それは申し訳ない。私が間違えていた。君たちは正しい」 記者「それは何とも言えませんが」 ▽日本の有名俳優さんが、「笑いながら怒る人」というネタはよく知られているが、今回のクロップ監督はまさにコレ。内容で圧倒しながらも大事なダービーをドローで終えたことが非常に悔しかったようだが、改めて独特のパーソナリティを持つ指揮官だと認識されただろう。 2017.12.15 10:31 Fri
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ獲得に再び動き出すバルサ…イニエスタは「賢明な補強になる」と加入に期待

バルセロナのMFアンドレス・イニエスタは、フィリペ・コウチーニョの加入を望んでいるようだ。<br><br>今夏、バルセロナはコウチーニョ獲得に向け、複数回にわたりオファーを送ったものの、いずれもリバプールが拒否。しかし、ブラジル代表司令塔への関心を持ち続けているスペインのクラブは、冬の移籍市場でも同選手の獲得に動くとされている。<br><br>さらに、ハビエル・マスチェラーノの退団が近づく一方で、ブラジルのパラメイラスで活躍するコロンビア代表DFのジェリー・ミナの獲得にも強い興味を見せているバルセロナ。イニエスタはクラブの両ターゲットについて&ldquo;賢明な補強&rdquo;と考えているようだ。<br><br>13日に取材に応じたイニエスタは「彼らはチームにとって重要な補強になるだろう。クラブがそのポジションの強化を望むなら、このようなクラブでプレーすることへの圧力に耐えられるだけの選手でなければならない。だから彼らは2つの重要な契約になると思う」とバルセロナが獲得を狙う両選手について言及。<br><br>続けて「でも、まだ何も起きていないし、実現はなかなか難しいことだ」と2人の南米選手の加入を望むものの、1月に両選手の移籍が成立するか分からないと話している。<br><br>さらに、チャンピオンズリーグのラウンド16で対戦することが決まったチェルシーに関して「全ての部分で非常にパワフルなチームとの試合は非常にタフで難しくなると思う」と率直な感想を述べた。しかし、2009年の準決勝でチェルシー相手に劇的な決勝点を挙げたイニエスタは「いくつかの良い思い出がある。人生の中で最高の記憶だ」と再戦を楽しみにしているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.14 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

自慢の攻撃陣不発のリバプールが痛恨の2戦連続ドロー《プレミアリーグ》

▽リバプールは13日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第17節でWBAと対戦し、0-0のドローに終わった。 ▽前節、微妙なPKの判定もあり宿敵エバートンとの“マージーサイド・ダービー”を1-1のドローで終えた4位のリバプール(勝ち点30)だが、リーグ戦6試合無敗と好調を継続。2試合ぶりの勝利を目指す中2日での今節は、降格圏の18位に低迷するWBA(勝ち点13)をホームで迎え撃った。エバートン戦からの先発変更は6点。GKに今季2度目のリーグ戦出場となるカリウス、右サイドバックはジョー・ゴメスに代わってアーノルド、中盤はミルナー、ヘンダーソン、チェンバレンからジャン、コウチーニョ、ワイナルドゥムのユニットに入れ替え、前線はソランケに代えてフィルミノをサラー、マネと共に組ませた。 ▽パーデュー体制に変更も守備的な入りを見せたWBAに対して、立ち上がりから攻勢を仕掛けるリバプール。だが、連戦の影響かサラーやマネがキレを欠く攻撃は人海戦術で守る相手の守備をなかなか破れない。 ▽17分には右サイドで仕掛けたサラーからの斜めのスルーパスに抜け出したフィルミノが左足のダイレクトシュートでゴールを狙うが、これはわずかに枠の右に外れる。すると、その後は決定機さえも作れない苦しい時間が続く。逆に、30分にはバイタルエリアで前を向いた相手FWロブソン=カヌに決定的なシュートを許すが、これはクロスバーの上部を叩き枠外に外れる。結局、前半は0-0のスコアで終了した。 ▽後半に入っても試合展開に大きな変化はなし。51分にはWBAの右CKでクリホヴィアクのクロスをファーのヤコブに頭で合わせられるが、これはGKカリウスの好守で凌ぐ。その後もリバプールはセットプレーでワンチャンスを狙うWBAの攻撃に苦戦が続く。 ▽後半半ばを過ぎても膠着状態が続く中、選手交代で流れを変えたいクロップ監督は76分、マネとワイナルドゥムを下げてソランケとチェンバレン、80分にはアーノルドに代えてジョー・ゴメスを投入。すると82分、リバプールにこの試合最大の決定機が訪れる。右サイド深くでゴメスが低いクロスを入れると、これをゴール前に飛び込んだソランケが身体ごとゴールに押し込む。しかし、この日一番の盛り上がりを見せたリバプールサポーターの歓声は、この直後にため息へと変わる。主審はゴール場面に関してソランケのハンドを取り、ゴールを取り消しとした。 ▽“神の手”ゴールが認められず、意気消沈となったこの日のリバプールの攻撃陣に残り時間でWBAの堅守を崩し切る力は残っておらず、試合は0-0のままタイムアップ。前節のダービーに続いて自慢の攻撃陣が機能しなかったリバプールは、痛恨の2戦連続ドローでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落した。 2017.12.14 07:54 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース