リバプールのリアクション王ロブレン、マスコットキッズに握手をスカされてナイスな反応2015.01.03 16:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンは、プレミアリーグ屈指のリアクション芸の使い手なのかもしれない。イギリス『BT sport』が、2日のウェストハム戦前のトンネルでロブレンとマスコットキッズが繰り広げられた微笑ましいやり取りを紹介している。

▽リバプールは、2日に行われたプレミアリーグ第20節でウェストハムとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。この試合にフル出場したロブレンは、ハマーズのマスコットキッズと見事な掛け合いを見せた。

▽ピッチ入場前のトンネルで隣にいたマスコットキッズと握手を試みたロブレンだったが、このマスコットキッズはロブレンの差し出した手を見事にスカして見せた。アウェイゲームでの握手拒否は頻繁にあるため通常の選手であれば、無視するか、ムッとした表情を浮かべるところ。

▽しかし、リアクションの良いロブレンは、「オイッ!」という呟きと共に絶妙な反転からマスコットキッズに向き直って、優しく頭をポンポンと叩いた。

▽スター選手でありながら、まるで近所のお兄さんのようなフレンドリーさとリアクションの良さを見せたロブレン。恐らく、クラブの企画でドッキリを仕掛ければ、さぞかし素晴らしいリアクションを見せてくれるだろう。興味のある方は以下のURLからチェックしてみてください。

◆ロブレンの表情に注目
https://vine.co/v/ibM3mIJaZpw

コメント

関連ニュース

thumb

マティプのリバプール移籍が完了

▽リバプールは1日、カメルーン代表DFジョエル・マティプ(24)の移籍が完了したことを発表した。シャルケとの契約が2015-16シーズン限りで満了となったマティプは、今年2月時点でフリーでのリバプール入りが内定していた。 ▽センターバックのほか、守備的MFとしてもプレー可能なマティプは、2009年にシャルケでトップチームデビューを果たした。同クラブで通算258試合に出場し、23ゴールを記録。2015-16シーズンは、リーグ戦全34試合に出場していた 2016.07.01 17:29 Fri
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがリバプールの若手FWシンクレアを獲得…5年契約

▽ワトフォードは30日、リバプールのイングランド人FWジェローム・シンクレア(19)の獲得を発表した。5年契約を結んだとのことだ。 ▽シンクレアは、2011年にWBAの下部組織からリバプールへと加入。2015年3月にはウィガンへとレンタル移籍をしていた。昨シーズンはU-21プレミアリーグで15試合に出場し5得点を記録。FAカップにも2試合出場し、1得点を記録していた。 ▽リバプールでは2012年9月にトップチームデビューを果たしており、16歳と6日でのデビューはクラブ最年少記録となっていた。また、U-16、U-17イングランド代表の経験もある。 2016.06.30 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

シュクルテルのトルコ行きが目前 フェネルバフチェ会長が明かす

リバプールDFマルティン・シュクルテルが、トルコのフェネルバフチェへ移籍することになりそうだ。<br><br>シュクルテルのフェネルバフチェ移籍は、今月中旬にも頻繁に伝えられていた。スロバキア代表のユーロ2016敗退を受けて、交渉が再び動き出したようだ。<br><br>フェネルバフチェのアジズ・ユルドゥム会長が、トルコメディアに対して、「(グレゴリー・)ファン・デル・ヴィールとシュクルテルの移籍はほぼ完了だ」と語った。<br><br>2008年1月にゼニトからリバプールにやってきたシュクルテルは、リバプールで320試合に出場した。しかし、2015-16シーズン途中にユルゲン・クロップ監督が就任してからは出番が少なくなっていたところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.30 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

シュクルテルがクロップ監督をSNS上で侮辱! 後に投稿削除で謝罪と弁明

▽今夏のリバプール退団が濃厚とされるスロバキア代表DFマルティン・シュクルテルが、自身の『インスタグラム』でユルゲン・クロップ監督を侮辱した。 ▽クロップ監督就任以降、出場機会を減らすシュクルテルは、今夏のリバプール退団が決定的となっている。一部ではフェネルバフチェやインテルなどのクラブが関心を示しているといわれる。 ▽そんな状況の中でシュクルテルは、29日に自身の『インスタグラム』に友人との写真を投稿。その画像と共に7つのハッシュタグが付けられていたが、問題となったのは最後のハッシュタグ。最後のハッシュタグにはスロバキア語で「Klopp is a di*khead(非常にやんわりと意訳すると、クロップはバカ)」という侮辱的な言葉が書かれていた。 ▽この投稿がSNS上で大きな話題になると、シュクルテルはすぐさま投稿を削除。そして、数時間後に自身の『インスタグラム』に謝罪文を掲載すると共に、今回の投稿がプロフィールを管理する友人によって行われたものだったと弁明している。 「自分の名前の下に書かれていた言葉と今の状況を本当に残念に思っている。ここ最近は、とても忙しいときに自分のSNSのプロフィールの管理を友人に手伝ってもらっている」 「彼はあのとき我を忘れていたんだ。同時に、あのコメントがどれだけ深刻な事態を引き起こすかを理解していなかった。ここで強調したいのは、彼の意見は僕の意見ではないということだ」 ▽今回の侮辱発言の真相に関しては藪の中だが、シュクルテルのリバプール退団は避けられない模様だ。 2016.06.30 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

新戦力マネ加入を喜ぶクロップ 「2012年五輪での活躍から注目していた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、サウサンプトンからの加入が決まったFWサディオ・マネを以前から高く評価し、注目していたようだ。<br><br>リバプールは28日にマネを「長期契約」で獲得したことを発表した。報道によれば移籍金は3000万ポンドで、リバプールにとって史上3番目の高額補強になるとのことだ。<br><br>クロップ監督はロンドン五輪での活躍でマネに目を留め、その後レッドブル・ザルツブルク、サウサンプトンへと移籍した同選手に注目し続けていたとクラブ公式テレビに語った。<br><br>「私はサディオのことを何年も追い続けてきた。2012年のオリンピックで印象的なパフォーマンスを見せてからだ。それからオーストリアでの彼の成長を見て、サウサンプトン加入後も見てきたよ」<br><br>昨シーズン途中で就任し、この夏から本格的に自らの目指すチーム作りを開始できるクロップ監督にとって、これまでで最大の補強となったマネは本当に獲得を強く望んでいた選手だと考えられそうだ。<br><br>「ここに来てからは、スタッフと彼についてたくさん話をした。我々にとって良い補強になりそうだと常に感じていたよ。クオリティーが高く、ハードワークをしてくれて、得点力も高い選手だ」<br><br>「彼と話をしたときには、クラブに加入すること、我々の素晴らしいファンのためにプレーすることに情熱を感じているのが分かった。彼がリバプールのユニフォームを来てプレーする姿に、ファンも私と同じくらい興奮してくれると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.29 13:15 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース