FC東京が磐田から元日本代表DF駒野友一を獲得「高みを目指す」2015.12.30 17:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、磐田から元日本代表DF駒野友一(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽広島ユース出身の駒野は、2000年にトップチーム昇格を果たし、2007年までプレー。2008年から磐田でプレーしていた。これまでJ1通算361試合、J2通算87試合に出場している。なおFC東京は、DF太田宏介(28)がエールディビジのフィテッセに移籍している。

▽新天地にFC東京を選んだ駒野は、クラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「このたび、FC東京に加入させていただきます、駒野友一です。城福監督のもと、さらなる高みを目指すため、FC東京に移籍を決めました。サポーターのみなさんに認めていただけるように頑張ります。これからよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京FW久保建英がPSGでネイマールと共演?

▽FC東京に所属するU-17日本代表FW久保建英(16)に“フランスの巨人”パリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性が急浮上した。 ▽『フランス・フットボール』が報じた「PSGが“日本のメッシ”久保を注視」と銘打たれた記事によれば、古巣バルセロナが連れ戻しに動いているとされる久保を巡り、PSGも競合。PSGでスポーツディレクターを務めるアンテロ・エンリケ氏は、既に水面下で久保に近しい人物との接触を図ったという。 ▽バルセロナ下部組織で日々成長を続けた久保だが、クラブで発覚した国際サッカー連盟(FIFA)のルールに基づく18歳未満の外国人選手獲得・登録違反でプレー不可能に。そのため、2015年3月からFC東京U-15むさしに加わった。 ▽その後、明治安田生命J3リーグに属するFC東京U-23などでプレーを続けながら、U-20とU-17の日本代表としてそれぞれのワールドカップに出場。11月にはFC東京とプロA契約を結び、トップチーム昇格を果たしている。 2017.11.21 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖がクラブ創設20周年記念試合でJ1ホーム通算50勝達成! FC東京は17歳MF平川デビューも6戦未勝利…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節、サガン鳥栖vsFC東京がベストアメニティスタジアムで行われ、ホームの鳥栖が2-1で勝利した。 ▽すでに優勝やAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権争いから脱落し、残留も確定している9位の鳥栖(勝ち点44)と、11位FC東京(勝ち点39)による中位対決。 ▽クラブ創設20周年記念試合で特別ユニフォームを身に纏い、J1ホーム通算50勝達成に向けて高いモチベーションを見せる鳥栖に対して、立ち上がりはFC東京の時間が続く。 ▽それでも、永井のミドルシュートや橋本の決定機を古巣対戦のGK権田が凌いでいくと、17分に先制点を奪う。ボックス手前やや左の位置で得たFKの場面で名手・原川が右足を振り抜くと、美しい軌道を描いたボールが左ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らした。 ▽相手のビューティフルFKで失点したFC東京も、25分に決定機を作り出す。左サイドに抜け出した太田からの絶妙なクロスをフリーでゴール前に飛び込んだピーター・ウタカが頭で合わすが、これを枠に飛ばせない。 ▽すると、34分には相手陣内中央右で小野からゴール前のビクトル・イバルボに絶妙な縦パスが通る。ここでイバルボが巧みなフェイントでDFとGKを外してシュートも、これはGK大久保にブロックされる。だが、このこぼれ球に反応した福田が冷静に無人のゴールへ流し込んだ。 ▽鳥栖の2点リードで折り返した試合は、後半に入ってFC東京が押し込む展開となる。前半同様に太田の正確なクロスを起点に攻めると、53分にはボックス付近で室屋がコントロールシュートを放つが、わずかに枠の左に外れた。 ▽流れを変えたいFC東京は、62分に梶山を下げて大久保嘉人、72分には先日にプロ契約を締結したばかりの平川怜が17歳6カ月29日で日本人でクラブ史上最年少出場を果たす。その後、なかなかゴールに迫れなかったものの、試合終了間際の94分には何でもないロングボールの処理を誤ったDFキム・ミンヒョクからボールを奪った大久保嘉人が冷静にGKとの一対一を制し、一矢報いるゴールを挙げた。 ▽それでも、このまま試合を終わらせた鳥栖がクラブ創設20周年記念試合でJ1ホーム通算50勝達成した。 2017.11.18 16:54 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京が最終節のG大阪戦で石川直宏の引退セレモニーを実施

▽FC東京は15日、12月2日(土)に行われる明治安田生命J1リーグ最終節のガンバ大阪戦で、今シーズン限りで現役を引退する石川直宏の引退セレモニーを実施することを発表した。 ▽試合は味の素スタジアムで14時キックオフ。チケットはすでに発売されている。 ▽なお、来場者先着2万名に石川直宏選手にちなみ特別に制作した「Naoの手!“青”」をプレゼントすることも発表。SOCIO開門(11:45予定)~前半終了まで配布するとのこと。なくなり次第終了する。 ▽また、12月3日(日)に行われる明治安田生命J3リーグ第34節のFC東京U-23vsセレッソ大阪U-23にて、先着5,000名に「Naoの手!“赤”」がプレゼントされる。 ▽石川は、2000年に横浜F・マリノスの下部組織からトップチームへの昇格を果たした。FC東京には、2002年4月から2003年7月までの期限付き移籍を経て、同年8月に完全移籍を果たした。 ▽しかし2014年の腰椎椎間板ヘルニアの負傷をきっかけに徐々に出場機会が減少。2015年8月にはフランクスルトとの親善試合で左ひざ前十字じん帯を断裂する大ケガを負い、復帰を果たすも今シーズンは公式戦での出場はここまでない。 2017.11.15 11:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【囲み取材】16歳でプロ契約のFC東京MF久保建英、将来像は「誰が見ても一目ですごいとわかる選手」

▽FC東京は1日、FC東京U-18から加入するU-20日本代表MF久保建英、U-17日本代表MF平川怜の入団会見を行った。 ▽会見後、久保はメディア陣による囲み取材に対応。16歳でのプロ契約にも「自分はチャレンジャー」だと謙虚な姿勢を見せた。また、自身の将来像について「誰が見てもこの選手はすごいなと一目でわかる選手」になることを描いた。 ◆MF<span style="font-weight:700;">久保建英</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">――プロ選手になったが</span> 「これまでと違って、プロという肩書きが常についてきます。そこは誇りを持つと共に責任感を持ってしっかりとちゃんとした行動をとっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――今シーズンのリーグ戦は残り3試合だが</span> 「今回プロ契約を結ばせて頂いたことで、自分も他のプロ選手と同等のチャンスをもらえるところにはいると思います。ただ、まだ自分がチャンスをもらえるだけの働きをしているわけではありません。これから少しでも早くそのチャンスをもらえるように努力していきたいです」 <span style="font-weight:700;">――特にこれから努力していかなくてはいけないポイントは</span> 「今は自分よりもフィジカルや体格差がある相手に対して、自分が勝っている部分はどこなのかを探して、そこで相手の懐に入っていくドリブルであったり、自分の長所だと思っているところを伸ばしていくことがまずは大事だと思っています。ただ、練習の中で短所も伸ばしていきながらやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――U-17ワールドカップで差を感じたと言っていたが、逆に手応えはあったか</span> 「やれるなという手応えはありましたし、それは最初から思っていました。逆に自分の理想がそれより少し高く、足りないなという部分はありましたけど、ある程度は自分が思っていた通りのやれることはやれました。ただ、年齢が無制限になるプロになれば、同年代の中でやれるというだけでは、甘んじていられません。もっと上を目指していきたいです」 <span style="font-weight:700;">――将来どういう選手になっていきたいか</span> 「誰が見てもこの選手はすごいなと一目でわかるくらいの選手になりたいです。プレーの波が小さい選手が良い選手だと聞いているので、そういう選手になっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――プロになった以上フラットな競争が始まるが、年齢で考えた時に段階的に成長していきたいという思いと相手をなぎ倒していきたいという思いどちらが強いか</span> 「自分は年齢的にもレベル的にもまだプロ選手としては、チャレンジャーだと思っています。尻込みせずにどんどん挑戦してそれで大きな収穫を得ることができれば、それによって次のステップが見えてくると思います。どんどん挑戦していきたいです」 <span style="font-weight:700;">――成長のスピード感に関してはどういう理想を描いているか</span> 「自分の理想はありますけど、一人でサッカーをやっているわけではありません。当然、自分じゃない選手の成長も耳にしたり、目で見たりすると思うので、それに負けないようにというのはいつも思っています。他の選手にあまり気を囚われすぎずに自分が満足できるプレーを毎日やっていければと思います」 <span style="font-weight:700;">――ルヴァンカップでは2試合に出場したが、FC東京のサポーターの印象について</span> 「初めて味の素スタジアムで出場した時は、緊張感というよりも応援してくださるサポーターの数がぐっと増えていて、一種の親近感を感じることができました。それくらい温かい応援でありました」 <span style="font-weight:700;">――サポーターの方からはなんて呼ばれたいか</span> 「それはサポーターの方に…(笑)」 <span style="font-weight:700;">――将来的に着けたい背番号は</span> 「今はそんなことを言えるレベルではないので、特にないです」 <span style="font-weight:700;">――プロ選手になれば給料が貰えるが、初任給の使い道は</span> 「特には考えていないです(笑)」 <span style="font-weight:700;">――まだ高校生だが、プロ選手になる上で悩んだことは</span> 「正直、かなり悩んで出した答えです。自分もまだ高校生という中で、今まで何度も代表に選出されて、その度に学校を休んでいました。いろいろな先生や生徒に助けてもらったりということもあったので、難しい選択でしたけど、自分はサッカー選手として生きていきたいのでこういう答えを出しました」 2017.11.01 21:49 Wed
twitterfacebook
thumb

【囲み取材】MF平川怜、FC東京初の調布市出身プロ契約に「今度は子供達に目標としてもらえる存在に」

▽FC東京は1日、FC東京U-18から加入するU-20日本代表MF久保建英、U-17日本代表MF平川怜の入団会見を行った。 ▽会見後、平川はメディア陣による囲み取材に対応。FC東京のホームタウンである調布市初のプロ契約選手として「今度は子供達に目標としてもらえる存在になっていきたい」と意気込んだ。 ◆MF<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">――U-17ワールドカップを経験して、プロにならなくてはいけないという気持ちはどれくらい高まったか</span> 「U-17ワールドカップを経験して、世界との差を埋めるためにということを考えていました。このタイミングでプロになれるチャンスがきたので、すぐにチャレンジしたいという思いがありました」 <span style="font-weight:700;">――自分からプロ選手にして欲しいというリクエストをしたのか</span> 「そんなことはしてないです(笑) 前よりレベルが高いところでやっていかなくてはいけないという話はしました」 <span style="font-weight:700;">――イングランドでは同年代の選手がマンチェスター・シティなどで出場していたりするが、そういう部分で刺激を受けたか</span> 「マンチェスター・シティとFC東京というクラブでは、大きな差があると思います。そういう意味でこのタイミングでプロ契約を結んで、プロとして活躍することが大事だと思いました」 <span style="font-weight:700;">――U-17W杯で感じたことは</span> 「やりきったという手応えは全然掴めませんでした。もう一度、日本でしっかりとまずはJ1を目指してやるということが今一番思っていることです」 <span style="font-weight:700;">――J1に出場するためにこれから高めなくてはいけない部分は</span> 「まずはフィジカル面で大人と高校生では差があると思うので、そういうところを練習で上げていくことが大事になると思います。ただ、その差を感じさせない技術を学んでいきたいです」 <span style="font-weight:700;">――J3でデビューして約1年が経つが、この1年は早かったか</span> 「思い返すとあっという間な感じがしますけど、1年前と比べれば、成長を感じています。1年を無駄にしなければどんどん成長していけると思っています」 <span style="font-weight:700;">――FC東京U-15むさしとU-18で学んだことは</span> 「U-15むさしでは、ボールの扱い方やテクニックの部分でとても成長できました。ユースになってからはそれだけではダメだということがわかって、球際や戦うという基本的なことを学ぶことができました。そこをベースにこれからどんな監督でも使ってもらえる選手になっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――現時点で通用すると思う部分は</span> 「現時点では技術は劣っていないと思っています。そこを武器にしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――将来的にどんな選手になりたいか</span> 「攻撃でも守備でもしっかりとチームに貢献できるということが今のサッカーでは大事になってくると思います。どっちもできる選手になっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――調布市からの初のFC東京のプロ契約選手になるが</span> 「調布市で小さい頃から育って、ずっとFC東京を目標にやってきました。今度は逆に自分が子供達に目標としてもらえる存在になっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">――U-17W杯を戦って、ヨーロッパのクラブでもやれそうだという感覚か、それとも危機感を覚えたか</span> 「このままのんびりやっていたら当然世界にいけないです。それは自分次第だと思いますし、世界に出ても全く活躍できないと思った訳ではないです。自分次第でそういうチャンスはどんどん広がってくると感じているので、これからの自分のやり方次第だと思います」 <span style="font-weight:700;">――自身の1歳上や2歳上の選手たちがすごい金額でトップクラブに移籍しているのを見て</span> 「そういう選手たちは、早熟ということもありますし、今の自分と直接比べることはできません。少しずつそういう選手に近づいてそこを目指してやっていきたいです」 2017.11.01 21:47 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース