FC東京が磐田から元日本代表DF駒野友一を獲得「高みを目指す」2015.12.30 17:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、磐田から元日本代表DF駒野友一(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽広島ユース出身の駒野は、2000年にトップチーム昇格を果たし、2007年までプレー。2008年から磐田でプレーしていた。これまでJ1通算361試合、J2通算87試合に出場している。なおFC東京は、DF太田宏介(28)がエールディビジのフィテッセに移籍している。

▽新天地にFC東京を選んだ駒野は、クラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「このたび、FC東京に加入させていただきます、駒野友一です。城福監督のもと、さらなる高みを目指すため、FC東京に移籍を決めました。サポーターのみなさんに認めていただけるように頑張ります。これからよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京のMF佐々木渉が入籍を発表

▽FC東京は24日、MF佐々木渉(20)が入籍したことを発表した。なお、相手は一般女性で、氏名、年齢等の公表は控えるとのこと。 ▽佐々木はクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。 「このたび、4月21日(金)に入籍をいたしました。これまで以上に責任感を持ち、サッカー選手として、そして一人の人間として、もっと成長できるように努力していきます。引き続き応援をよろしくお願いします」 ▽FC東京のユース出身の佐々木は2014年に第二種登録選手としてトップチームデビュー。その後はFC東京U-23のメンバーとして明治安田生命J3リーグで活躍。今季はここまで出場機会はない。 2017.04.24 20:47 Mon
twitterfacebook
thumb

太田の直接FK弾含む3発で新潟撃破! FC東京、3試合ぶりの白星《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のアルビレックス新潟vsFC東京がデンカビッグスワンスタジアムで行われ、3-0でFC東京が勝利した。 ▽第7節を終えて、1勝2分け4敗で16位につける新潟と、3勝1分け3敗で8位につけるFC東京の一戦。2-0で勝利した前節のヴァンフォーレ甲府戦で今シーズン初勝利を飾った新潟は、その一戦と同様のメンバーを起用した。 ▽一方、前節の浦和レッズ戦で0-1の黒星を喫して今季初の連敗を喫したFC東京は、その一戦から先発メンバーを3人変更。室屋と永井、阿部に代えて太田と河野、大久保嘉人を起用した。 ▽試合は、立ち上がりからホームの新潟が前線のスピードを活かした攻撃で果敢に相手陣内へと攻め入るも、FC東京の固いディフェンスを前にシュートチャンスを作ることができない。 ▽前半半ばが経過すると、ここまで押し込まれていたFC東京がセットプレーから先制する。28分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、太田が左足を振り抜く。ゴール左上隅を狙ったシュートはGK大谷が伸ばした手をかすめることなく、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽先制を許した新潟が攻勢を強めると31分、山崎の落としを受けたロメロ・フランクがボックス手前から右足でシュート。さらに32分、チアゴ・ガリャルドのパスでボックス右へと抜け出したホニが右足を振り抜くも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽立て続けにチャンスを作った新潟は直後に決定機を迎える。34分、こぼれ球を拾ったチアゴ・ガリャルドがボックス手前から右足を振り抜く。これがゴール右隅を捉えるも、GK林がわずかに触れて右ポストに嫌われてしまい、1-0でFC東京がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると1点ビハインドの新潟が攻撃を加速させる。62分、最終ラインからの縦パスに反応した加藤がボックス右に抜け出すと、相手DFにブロックされるもこぼれ球をホニが右足でシュート。しかし、これはGK林に正面でキャッチされる。 ▽その後も攻勢を続ける新潟だったが、一瞬の隙からFC東京が追加点を奪う。69分、高萩の縦パスに抜け出した太田が左サイド敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだ橋本が右足で合わせ、ゴール左上に突き刺した。 ▽終盤に差し掛かると、リードを広げたFC東京がダメ押しのチャンス。80分、最終ラインからのボールを敵陣中央やや右で永井がヘディングで縦に流すと、ポストプレーに入った前田が潰れてボールはボックス右手前へと転がる。これに反応した大久保嘉人が抜け出すと、ソン・ジュフンに倒されてしまう。すると、ボックス外でのファウルにも見えたが、これがPKの判定。これを大久保嘉人自らが真ん中に沈め、3-0と新潟を突き放す。 ▽一矢報いたい新潟は終盤、ソン・ジュフンを前線に上げパワープレーに出るも、猛攻は実らず。3-0で快勝したFC東京は、3試合ぶりの勝利。一方の新潟は、今季初の連勝とはならなかった。 2017.04.22 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京MF平岡翼が右ヒザ前十字靭帯損傷及び内側半月板損傷で今季絶望か…

▽FC東京は21日、MF平岡翼が右ヒザ前十字靭帯損傷及び内側半月板損傷と診断され、20日に埼玉県内の病院にて手術を行ったことを発表した。全治は約8カ月とのこと。 ▽平岡は、3月29日のトレーニング中に負傷し、ここまで経過を観察していた。 ▽2014年に作陽高校からFC東京に入団した平岡は昨シーズン、U-23チームとして明治安田生命J3リーグで28試合に出場し、1ゴールを記録。今シーズンは、ここまでリーグ戦での出場はない。 2017.04.21 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英の最年少得点記録更新でスペインにも衝撃…『スポルト』が報道

バルセロナの下部組織に在籍していたことでも知られる久保建英が、明治安田生命J3リーグ第5節でゴールを挙げた。史上最年少ゴール記録を打ち立てた久保にバルセロナ&ldquo;偏重&rdquo;としても知られるスペイン紙『スポルト』が注目している。<br><br>明治安田生命J3リーグ第5節が15日に行われ、セレッソ大阪U-23対FC東京U-23は、1-0でFC東京U-23が勝利を収めた。2試合連続で先発出場した久保は38分、左サイドで3人のDFをかわし、豪快な左足のシュートでこの試合唯一の得点をマークしている。<br><br>『スポルト』では、「タケフサ・クボがJリーグで最年少得点記録保持者となった」と見出しを打ち、注目。試合後のフラッシュインタビューのコメントも紹介している。<br><br>なお、久保のゴールは世界中に衝撃を与え、スペインの他、イタリアやドイツのメディアでも紹介された。15歳での得点もさることながら、豪快なゴールが世界に与えたインパクトは小さくなかったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.17 13:27 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ戦連発の興梠弾でFC東京撃破! 浦和は3連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節、FC東京vs浦和レッズが16日に味の素スタジアムで行われ、浦和が1-0で勝利した。 ▽6節終了時点で、3勝2敗1分で7位につけるFC東京と、4勝1敗1分で2位につける浦和レッズの一戦。前節のコンサドーレ札幌とのアウェイ戦を1-2で敗れ、2試合白星がないFC東京は、札幌戦から先発メンバーを4人変更。太田と中島、田邉に代えて徳永と梶山、永井を起用した。また、練習中にボールが頭部に直撃し、脳震とうの疑いもあった大久保は欠場。前線には前田が入った。 ▽一方、前節のベガルタ仙台戦では攻撃陣が爆発し、7-0の大勝で連勝を飾った浦和は、11日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・第4節の上海上港戦(1-0で勝利)から先発メンバーを3人変更。青木と駒井、ズラタンに代えて菊池と武藤、興梠を起用した。 ▽試合はまずホームのFC東京が、好調の浦和を脅かす。1分、ボックス右手前でパスを受けた永井がフリックで縦に流すと、走り込んだ阿部がボックス右からシュートを放つも、西川にパンチングで防がれる。 ▽開始早々、ピンチを迎えた浦和が落ち着きを取り戻すと、速攻から先制点を奪う。14分、最終ラインからのパスを自陣中央で柏木が潰れてうまくつなぐと、カウンターを発動。ラファエル・シルバがドリブルで敵陣中央まで進攻すると、ボックス内にスルーパス。これに走り込んだ興梠が左足で右隅へと流し込んだ。 ▽リードを許したFC東京は19分、セットプレーから同点のチャンスを迎える。ボックス右外からのFKをキッカーの東がクロスを選択。これをゴール前中央の梶山がフリーの状況から頭で合わせるも、当てきることができず、ゴール左へ外れた。 ▽その後、浦和は細かいパスワークからクロス、ミドルシュートを織り交ぜてFC東京ディフェンスを揺さぶる。対するFC東京も、カウンターから最終ラインの裏を突き始めるも、ゴール前の枚数が少なく、攻め手を欠いてしまう。 ▽浦和の1点リードで迎えた後半、ここまで苦しい展開を強いられていたFC東京が反撃を見せる。50分、ボックス手前で前田からパスを受けた橋本が右足を振り抜くと、左ポストに直撃。55分、敵陣中央左のFKから東がクロスを入れると、そのままゴール方向へ。しかし、今度は右ポストに嫌われる。 ▽後半立ち上がり、FC東京が立て続けにチャンスを作ると、攻防はより激しさを増す。すると浦和は74分、自陣で奪ったボールをラファエル・シルバが受けると、ドリブルで敵陣へと進攻。ボックス内に浮き球のスルーパスを送ると、反応した興梠がキープから反転シュートを放つも、GK林彰洋の好守に阻まれる。 ▽対するFC東京は81分、東がボックス右外からクロスを入れると、ユ・インスが頭で逸らす。このボールをボックス内で受けた中島が右足でループ気味のシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽追いつきたいFC東京は84分に徳永に代えて太田を投入。その後は、両サイドからクロスを放り込むも、脅かすには至らずそのまま試合終了。興梠のゴールを守り切った浦和が3連勝を達成。一方のFC東京は今季初の連敗を喫した。 2017.04.16 17:02 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース