FC東京が磐田から元日本代表DF駒野友一を獲得「高みを目指す」2015.12.30 17:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、磐田から元日本代表DF駒野友一(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽広島ユース出身の駒野は、2000年にトップチーム昇格を果たし、2007年までプレー。2008年から磐田でプレーしていた。これまでJ1通算361試合、J2通算87試合に出場している。なおFC東京は、DF太田宏介(28)がエールディビジのフィテッセに移籍している。

▽新天地にFC東京を選んだ駒野は、クラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「このたび、FC東京に加入させていただきます、駒野友一です。城福監督のもと、さらなる高みを目指すため、FC東京に移籍を決めました。サポーターのみなさんに認めていただけるように頑張ります。これからよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京がMF石川直宏の手術を発表…左ヒザ内側半月板損傷で全治2カ月

▽FC東京は29日、MF石川直宏(35)の手術結果を発表した。 ▽2日のトレーニング中に負傷した石川は、チームドクターの診察を受け、左ヒザ内側半月板損傷と診断。28日に埼玉県内の病院にて手術を行い、全治まで約2カ月の見込みとのことだ。 ▽今シーズンの石川は、明治安田生命J1リーグでの出場はなかった。 2016.07.29 13:22 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京MF米本拓司が右ヒザ十字じん帯断裂・内側じん帯損傷で手術

▽FC東京は28日、MF米本拓司の負傷を発表した。 ▽米本は23日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第5節の川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”で負傷。前半33分に相手ボールを奪いに行った際、右足が芝に引っかかりその場で座り込み、担架で運ばれて退場していた。 ▽チームドクターの診察の結果、右ヒザ十字じん帯断裂・内側じん帯損傷と診断。手術を行う決定し、全治期間については手術後に発表される。 ▽米本は、2010年に左ヒザ前十字じん帯損傷および左ヒザ外側半月板損傷の重傷を負うと、2011年にも再び左ヒザ前十字じん帯を負傷していた。 2016.07.28 10:41 Thu
twitterfacebook
thumb

開催日とスタジアムが未定だったJ3リーグのFC東京vs秋田は9月19日に味スタで開催《J3》

▽Jリーグは27日、明治安田生命J3リーグ第22節のFC東京U-23vsブラウブリッツ秋田の開催日、会場が決定したことを発表した。 ▽開催日とスタジアムが未定だった同カードは、9月19日(月・祝)に、味の素スタジアムで開催される。なお、キックオフ時間は未定となっており、8月10日に発表される予定だ。 2016.07.27 18:18 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京、城福氏の後任として篠田善之コーチが新監督に昇格

▽FC東京は26日、トップチームコーチを務めていた篠田善之氏(45)が新監督に就任することを発表した。 ▽FC東京は今月24日に城福浩監督(55)を解任。後任を選定していた。また、FC東京は、トップチームコーチ兼FC東京U-23監督の安間貴義氏がトップチームコーチ専任となり、FC東京U-18コーチを務めていた中村忠氏がトップチームコーチ兼FC東京U-23監督に就任することも併せて伝えている。 ▽篠田善之氏は、公式サイト上で以下のコメントを残している。 「選手がピッチで躍動し、FC東京のファン・サポーターのみなさんの心に伝わるようなプレーができるように、チーム一丸となって頑張ります。みなさんのサポートをよろしくお願いします」 ▽現役時代に福岡ブルックス(アビスパ福岡)などでJ1通算109試合、J2通算94試合に出場した篠田氏は、現役引退後の2005年から指導者のキャリアをスタート。2008年7月から2011年8月までは福岡を指揮し、J1昇格などに導いた。2012年からはFC東京のトップチームコーチを務めていた。 2016.07.26 16:01 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京が城福浩監督を解任…後任は未定

▽FC東京は24日、城福浩監督(55)の解任を発表した。後任は未定とのこと。 ▽城福氏は、現役引退後にアンダー世代の日本代表などで監督を歴任すると、2008年にFC東京の監督に就任。就任2年目の2009年にはヤマザキナビスコカップを制するも、2010年には残留争いに巻き込まれ10月に解任されていた。 ▽2012年に当時J2のヴァンフォーレ甲府の監督に就任すると、24戦無敗というJ2新記録を達成するなどJ2優勝、J1昇格に貢献。2013年、2014年もチームをJ1残留に導いていた。 ▽2014年シーズン終了後に甲府を退団すると、1年間のフリーを経て、今シーズンからFC東京の監督に復帰。チームとして2度目のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場し、リーグタイトルも目指したが、ACLではベスト16で敗退。リーグ戦もここまで苦戦が続き、2ndステージは5試合を終えて1勝4敗の16位、年間でも13位と低迷していた。なお、池田誠剛フィジカルコーチもあわせて退任する。 2016.07.24 17:18 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース