FC東京が磐田から元日本代表DF駒野友一を獲得「高みを目指す」2015.12.30 17:39 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、磐田から元日本代表DF駒野友一(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽広島ユース出身の駒野は、2000年にトップチーム昇格を果たし、2007年までプレー。2008年から磐田でプレーしていた。これまでJ1通算361試合、J2通算87試合に出場している。なおFC東京は、DF太田宏介(28)がエールディビジのフィテッセに移籍している。

▽新天地にFC東京を選んだ駒野は、クラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「このたび、FC東京に加入させていただきます、駒野友一です。城福監督のもと、さらなる高みを目指すため、FC東京に移籍を決めました。サポーターのみなさんに認めていただけるように頑張ります。これからよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京がDF徳永悠平、DF室屋成、DF吉本一謙、MF平岡翼、MF佐々木渉と契約更新

▽FC東京は2日、DF徳永悠平(33)、DF室屋成(22)、DF吉本一謙(28)、MF平岡翼(20)、MF佐々木渉(20)の5選手と2017シーズンの契約で合意したと発表した。 ▽徳永は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで30試合に出場、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では7試合に出場していた。室屋は、シーズン前のケガにより前半戦を欠場。J1で12試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で1試合に出場していた。吉本は、J1で7試合、YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 ▽また、平岡、佐々木はFC東京での出場機会はなかったものの、FC東京U-23で明治安田生命J3リーグに出場。平岡は28試合出場し1得点、佐々木は17試合出場を記録した。 2016.12.02 18:46 Fri
twitterfacebook
thumb

MF三田啓貴がFC東京から仙台に完全移籍で加入!! 今季は31試合4ゴール!!

▽ベガルタ仙台は25日、FC東京から期限付き移籍で加入していたMF三田啓貴(26)が来シーズンから完全移籍で加入することを発表した。 ▽今シーズンに期限付き移籍で仙台に加入した三田は、ボランチとして31試合4ゴールを奪う活躍を見せていた。 ▽三田は仙台の公式サイト上で「今シーズンは熱い声援ありがとうございました。来シーズンもベガルタ仙台でプレーできることになり、嬉しく思います。仙台のため、タイトル獲得のために全力を尽くします。共に戦いましょう!よろしくお願いします!」とコメント。 ▽また退団するFC東京の公式サイトでは「スクールから数えて12年間を過ごしたFC東京を離れるという決断を下すことは簡単なことではありませんでしたが、自分が今以上に成長するために今回チャレンジすることを決めました。成長した姿をみなさんに見せられるように、日々努力し続けたいと思います。FC東京のファン・サポーターのみなさんの温かいご声援は一生忘れません。本当に12年間ありがとうございました」と語った。 2016.11.25 18:08 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京のMF橋本拳人が右ヒザ手術で全治2〜3カ月

▽FC東京は25日、MF橋本拳人の手術を発表した。 ▽橋本は9日に行われた第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)のHonda FC戦に先発フル出場。しかし、試合中に負傷していたとのことだ。 ▽FC東京の発表によると、橋本は24日に埼玉県内の病院にて右ヒザ関節鏡視下内側半月板部分切除の手術を行ったとのこと。全治は約2〜3カ月になるとのことだ。 ▽なお、FC東京はHonda FCに2-1で勝利し準々決勝に進出。12月24日に川崎フロンターレと対戦する。 2016.11.25 13:24 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京が今季加入のDF駒野友一、ベテランGK榎本達也との契約満了を発表

▽FC東京は22日、DF駒野友一(35)、GK榎本達也(37)の契約満了を発表した。 ▽駒野は、サンフレッチェ広島ユース出身で、2000年にトップチーム昇格。2008年にジュビロ磐田に移籍すると、今シーズンからFC東京に加入していた。しかし、7月にアビスパ福岡へと期限付き移籍していた。今シーズンはFC東京で明治安田生命J1リーグで1試合、FC東京U-23として明治安田生命J3リーグで4試合、AFCチャンピオンズリーグで2試合に出場していた。 ▽榎本は、浦和学院高校から1997年に横浜マリノスへ入団。その後は2007年からヴィッセル神戸、2011年から徳島ヴォルティス、2013年から栃木SCでプレーし、FC東京には2015年に加入していた。今シーズンは明治安田生命J1リーグでの出場はなく、明治安田生命J3リーグでFC東京U-23として7試合に出場していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 <span style="font-weight:700;">◆DF駒野友一</span> 「半年間という短い間でしたが、ありがとうございました。怪我ばかりでチームに迷惑を掛けてしまい、本当に残念で悔しい思いでいっぱいです。それでも、この経験を次に活かせるように、これからもしっかりと頑張りたいと思います。半年間、本当にありがとうございました」 <span style="font-weight:700;">◆GK榎本達也</span> 「2年間という短い間でしたが、クラブ関係者、チームスタッフ、チームメイト、ファン・サポーター、FC東京にかかわるみなさんに心から感謝しています。ひとつ心残りがあるとすれば、リーグ優勝を果たせなかったことです。これからもFC東京の発展を陰ながら応援していますし、このクラブでの経験をこれからの人生に活かしていきたいと思います。まだ天皇杯がありますので、引き続き応援よろしくお願いします」 2016.11.22 10:26 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1チーム別総括】夢半ばに崩壊した城福二次政権…シーズン終盤に生まれた一体感は来季への布石に《FC東京》

▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第10回目は、年間9位で2016シーズンを終えたFC東京編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆チーム採点</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">40点</span>(100点満点) <span style="font-weight:700;">◆チーム成績</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_fctokyo.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span style="font-weight:700;">◆シーズン総括</span> ▽クラブの規模、選手の顔ぶれ、掲げる目標を考えれば、2016シーズンは決して満足感に浸れるようなものではなかった。今シーズンより満を持して指揮官に復職するも、シーズン途中に解任された城福浩前監督のスタイルや、FW阿部拓馬、MF水沼宏太、MFハ・デソン、DF駒野友一ら新加入組もことごとくはまらず、年間9位という不本意な結果に終わった。 ▽とはいえ、シーズン途中に城福前監督の解任に踏み切り、篠田善之監督を招へいして以降の成績は8勝2分け2敗。ラスト4試合を全勝で切り抜けるなど、戦いの中で個々のパフォーマンスレベル、チームの一体感は向上した。来シーズンは篠田監督の下でスタートから戦うことができるだけに、どれだけ地に足をつけてシーズンインできるか注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_fctokyo_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">DF森重真人(29)</span> 32試合出場(先発32試合) / 4得点<hr>▽2016シーズンも日本を代表する不動のディフェンスリーダーとして、抜群の存在感を示した。もちろん、今シーズンもディフェンダーとしての役割を全うしつつ、得点能力を発揮し4ゴールを記録。個人としても、価値をより高めたシーズンだった。ただ、毎年のことだが、チームはタイトルレースに絡めていないのが現状。より個人の格を上げるのであれば、チームに1つでも多くのタイトルをもたらしたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆敢闘賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_fctokyo_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">MF橋本拳人(23)</span> 20試合出場(先発8試合) / 4得点<hr>▽監督交代後、MF田邉草民ら独り立ちした選手の名前も挙げたいところだが、ここではシーズンを通じて考え、MF橋本拳人をピックアップする。ボランチや、サイドバックのほか、右ウィンガーとしてプレーするなど、ユーティリティな働きでチームのバランサー役を遂行。プレーに安定感もあり、4ゴールという数字を見てもわかるとおり、得点力の部分でも存在感を示した。 <span style="font-weight:700;">◆ブレイクスルー賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_fctokyo_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">FW中島翔哉(22)</span> 12試合出場(先発8試合) / 3得点<hr>▽篠田監督就任後、チームの成績、状態が右肩上がりに上向いたのは、間違いなくこの男の台頭があったから。持ち前のドリブルスキルはもちろん、ゴールに向かう姿勢、そして、バイタルエリア付近でのチャンスメーカーとして、異質な存在感を解き放った。勝負の1年となるであろう来シーズンは1年を通じてフルに戦う姿を期待したい。 2016.11.13 13:00 Sun
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース