ニュース

thumb

富山のDF吉井直人が現役引退...J2通算43試合、J3通算36試合2得点を記録

▽カターレ富山は21日、DF吉井直人(29)が現役を引退することが決定したことを発表した。 ▽兵庫県出身の吉井は、2010年に大阪学院大学より富山に加入し、プロキャリアをスタートさせた。2014年にはFC町田ゼルビアへの期限付き移籍を経験。2016シーズンでは明治安田生命J3リーグに4試合出場し、1得点を挙げた。 ▽通算では、J2リーグで43試合出場、J3リーグで36試合2得点を記録している。 ▽現役引退が決定した吉井は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「昨シーズンをもって7年間の現役生活を引退することを決めました。はじめに、何も取り柄のない自分と関わって下さったカターレ富山、町田ゼルビアの選手、スタッフ、スポンサー企業の皆様、本当にありがとうございました。そして、何不自由なく育ててくれた両親、どんな時も支えてくれた妻、娘に感謝しています。これからまた、新たな道に進みますが、自分らしく努力していきたいと思っています。本当にありがとうございました!」 2017.01.21 13:09 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸がFWグエン・コンフォンの期限付き移籍期間満了を発表

▽水戸ホーリーホックは20日、ベトナム代表FWグエン・コンフォン(21)の期限付き移籍期間満了を発表した。ホアン・アイン・ザライFCへと復帰する。 ▽グエン・コンフォンは昨シーズン期限付き移籍で水戸に加入。明治安田生命J2リーグで5試合に出場していた。 2017.01.20 21:23 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季限りで長野退団の元スイス代表GKジョニー・レオーニが栃木に加入

▽栃木SCは20日、AC長野パルセイロから元スイス代表GKジョニー・レオーニ(32)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽スイス代表として2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場した経歴を持つジョニー・レオーニは昨年、長野に入団。明治安田生命J3リーグ15試合、天皇杯1試合に出場したが、同シーズン限りで長野を退団していた。 ▽新たな活躍先として栃木を選択したジョニー・レオーニは、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「まずはじめに改めて私に日本のJリーグでプレーをするチャンスを与えてくれた栃木SCに感謝の気持ちを送ります。そして私は再び日本に戻れることを大変幸せに感じております」 「栃木SCはJ3リーグの中でもトップクラブであり、目標である昇格のためにベストを尽くすことをお約束します。関係者の皆様、ファン、サポーターの皆様と共に精一杯戦っていきたいと考えています」 2017.01.20 16:34 Fri
twitterfacebook
thumb

YS横浜、東海大学FW北原大奨の加入発表…昨季は特別指定選手としてプレー

▽Y.S.C.C.横浜は20日、東海大学からFW北原大奨(22)が加入することを発表した。 ▽北原 は昨シーズン、特別指定選手としてYS横浜に入団。明治安田生命J3リーグ13試合2ゴールを記録した。 ▽YS横浜に正式加入することになった北原は、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、特別指定選手から正式にY.S.C.C.に加入となりました、北原大奨です。2017年シーズンも素晴らしい環境の中でサッカーできることに感謝し、監督やチームスタッフ、家族に結果で恩返しできるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.01.20 15:51 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪在籍8年のFW小川直毅が契約満了で退団…「熱い熱いガンバサポーター。本当に大好きでした」

▽ガンバ大阪は20日、FW小川直毅(21)が2016シーズンの契約満了に伴い、来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽G大阪ユース出身の小川は2013年に2種登録選手としてトップチームデビューを果たすと、翌年に正式昇格した。 ▽2015年には藤枝MYFCに期限付き移籍し、昨年にG大阪に復帰。しかし、トップチームで出番なく、U-23のメンバーとして明治安田生命J3リーグ24試合3得点を記録した。 ▽育ったG大阪を退団することになった小川はクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「下部組織からガンバで8年、大変お世話になりました。プロ生活のスタートをガンバで切れたことは幸せでした。大好きなガンバでプロになれたのも両親をはじめ、周りの人の支えがあったからです。なに1つ結果も残せず、こんな恩知らずの事になってしまった事が残念です。悔しいです」 「だからこそ地に這いつくばってでも、また必ずのし上がってきます。成長した自分をもう1度見てもらえるよう頑張ります。こんな頼りない、情けない自分を応援していただいて本当にありがとうございました。強くて上手いガンバ大阪。熱い熱いガンバサポーター。本当に大好きでした。これからも強いガンバ大阪であり続ける事を心から願っています」 2017.01.20 12:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトで出場機会失う元ベルギー代表FWドゥポワトルがJクラブにレンタル移籍か? ポルトガル主要メディアが報道

▽ポルトに所属する元ベルギー代表FWローラン・ドゥポワトル(28)が、日本のJリーグのクラブにレンタル移籍する可能性があるようだ。ポルトガル『O jogo』が報じている。 ▽昨夏、ベシクタシュに旅立ったカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカルの後釜として、ヘントからポルトに完全移籍で加入したドゥポワトルだったが、若きエースのポルトガル代表FWアンドレ・シウバとのポジション争いに敗れ、今シーズンここまではリーグ戦6試合で1ゴールと、思うような結果を残すことができず。 ▽また、ポルトは今冬の移籍市場でヴィトーリア・ギマランエスからブラジル人FWソアレスの獲得に迫っており、余剰人員であるドゥポワトルの放出が濃厚とされている。 ▽『O jogo』の伝えるところによれば、2020年6月まで契約を残すドゥポワトルに関してポルトは、レンタルでの放出を考慮しているという。しかし、今シーズン既に前所属先のヘントで公式戦に出場している同選手は、国際サッカー連盟(FIFA)の「同一シーズンには2チームまでしかプレーできない」という規定によって、ヨーロッパの他クラブでのプレーが不可能な状況となっている。 ▽これを受けて、ドゥポワトルの代理人は新シーズンを迎える日本のクラブへのレンタル移籍を有効なオプションとして捉えているようだ。現時点で移籍先候補の具体名は挙がっていないものの、同選手のサラリーを考えれば、J1の資金力に優れるクラブに限られるはずだ。 ▽なお、2005年に母国のRFCトゥルネーでプロキャリアをスタートさせたドゥポワトルは、いくつかの国内クラブを渡り歩いた後、2014年にヘントへ完全移籍。ヘントでは、在籍2シーズンで公式戦87試合に出場し30ゴールを記録。加入初年度の2014-15シーズンにはクラブの1部リーグ初優勝に貢献した。 ▽また、ベルギー代表としては2015年10月に初招集されると、ユーロ2016予選のアンドラ代表戦で代表デビュー&代表初ゴールを記録した。だが、以降は分厚い選手層に阻まれ、代表でのプレー機会は訪れていない。 ▽191cmの屈強なフィジカルと豪快なフィニッシュを武器とする大物ストライカーは、果たして新シーズンのJリーグでプレーすることはあるのか。 2017.01.20 00:02 Fri
twitterfacebook
thumb

愛媛のGK曵地裕哉が鈴鹿に完全移籍!

▽愛媛FCは19日、GK曵地裕哉(26)が東海社会人リーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCに完全移籍することが決定したことを発表している。 ▽北海道出身の曵地は、2009年にコンサドーレ札幌の下部組織からトップチームに昇格。また、ユース時代の2007年からの2年間は2種登録選手としてトップチームに在籍していた。その後、2014年に愛媛FCに加入。2016シーズンの明治安田生命J2リーグでの出場はなかった。 ▽鈴鹿への完全移籍が決定した曵地は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「愛媛FCのファンの皆さん、この度鈴鹿アンリミテッドFCに移籍する事になりました。報告が遅くなり、申し訳ありません」 「3年間在籍させてもらいましたが、選手としてなかなか結果を出せず迷惑をかけましたが、ファンの皆さんには温かく応援してくれて本当に感謝しています。この先も曵地裕哉を応援してもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。ありがとうございました!」 2017.01.19 15:29 Thu
twitterfacebook
thumb

YS横浜、FW北脇健慈やポーランド人GKら3選手加入

▽Y.S.C.C.横浜は19日、東京ヴェルディに所属するFW北脇健慈(25)、ポーランドのコンコルディア・エルブロンクに所属する同国人GKフィリップ ・ウィフマン(22)、天津泰達に所属するMF張帥(チョウ・シュアイ/19)の3選手が新たに加入することを発表した。 ▽北脇は、2014年に日本体育大学からユース時代を過ごした東京V入り。その後、FC鈴鹿ランポーレへの期限付き移籍を経て、2016シーズンから復帰すると、明治安田生命J2リーグ15試合1得点を記録した。 ▽ウィフマンは身長188cm、体重82kgのGK。張帥は身長180cm、体重74kgのMFとなる。3選手はそれぞれ以下のようにクラブの公式サイトを通じてコメントしている。 ◆FW北脇健慈 「初めまして。東京Vから来ました。北脇健慈です。Y.S.C.C.の為に全力で頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆GKフィリップ ・ウィフマン 「この度Y.S.C.C.に移籍出来て大変嬉しく思ってます。Y.S.C.C.でプレーする事は自分のキャリアにとって大きな挑戦となりますがこのクラブで共に成功を成し遂げたいと思っています。ディフェンス面から少しでもチームの手助けをして、勝利に貢献出来るように頑張ります」 ◆MF張帥 「Y.S.C.C.へ入団することになりました張帥です。日本でサッカーを練習することは、自分にとって大きなチャレンジです。どんな困難があっても、直面し、乗り越える自信があります。この度、Y.S.C.C.の一員になり、素直に嬉しいですが、これに満足することなく、この喜びを精一杯チームのために、そして自分のために、悔いの残らないように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 2017.01.19 15:18 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸が江陵市庁のDFクォン・ヨンジンを完全移籍で獲得!

▽水戸ホーリーホックは19日、韓国の江陵市庁FCに所属する韓国人DFクォン・ヨンジン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽韓国出身のクォン・ヨンジンは、身長176cm、体重74kgのディフェンダー。2011年にはU-20韓国代表にも選出されており、デンソーカップ大学日韓定期戦では韓国大学選抜の主将として日本と対戦している。 ▽水戸への加入が決定したクォン・ヨンジンは、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「皆さま初めまして、ヨンジンと申します。今回、私に日本での新しいチャレンジの機会を与えて頂き、大変感謝しています。良い結果をサポーターの皆さまに届けられるように全力でチームの為にプレーする事を約束します」 2017.01.19 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

富山のFW西川優大が現役引退「素晴らしい仲間に恵まれプレーできた」

▽カターレ富山は19日、2016シーズン限りで契約満了となっていたFW西川優大(30)が現役を引退することが決定したことを発表した。 ▽埼玉県出身の西川は、2009年に筑波大学より加入したFC岐阜でプロキャリアをスタートさせ、J2リーグ41試合11得点を記録。2012年に富山に完全移籍で加入した後、2014年8月に栃木SCに期限付き移籍でプレーすると、2015年に完全移籍した。2016年には富山に復帰。現役最後の年となった2016シーズンは明治安田生命J3リーグで19試合に出場し、2得点を挙げている。通算ではJ2で221試合33得点、J3で19試合2得点、天皇杯で12試合2得点を記録した。 ▽現役引退が決定した西川は、クラブの公式サイトを通じて、スタッフやファン・サポーターに感謝を伝えている。 「2016シーズンで引退することを決めました。この世界に入るきっかけをつくっていただいた、元FC岐阜社長の今西さん、GMの服部さん、そして大学時の監督だった風間八宏さんにはとても感謝しています。本当にありがとうございました。大した結果も残せず、嬉しいことより辛いことの方が多かった8年間でしたが、素晴らしい仲間に恵まれプレーすることができました。選手としてプレーさせていただいたFC岐阜、栃木SCの関係者の皆様、ファンやサポーターの方々には大変お世話になりました。この場をお借りして感謝申し上げます」 「そして、自分をここまで育ててくれた両親には本当に感謝しています。小さい頃から両親の助けなしではここまでサッカーをすることはできませんでした。さらに、いつも側で支えてくれた妻と子どもにも感謝しています」 「昇格して終えるつもりでしたが叶わず、それだけが心残りで悔しいですが、カターレ富山でプロ生活を終えることができ、本当に良かったです。3年半とお世話になったカターレ富山の関係者の皆様、ファンやサポーターの方々、どんな時でも温かいご声援をいただき、ありがとうございました。これからもカターレ富山を応援しています。最後に、これまで支えてくださった全ての皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました」 2017.01.19 14:08 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京のMFハ・デソンがFCソウルに完全移籍「思い描いていたようにならなかった」

▽FC東京は19日、元韓国代表MFハ・デソン(31)がFCソウルに完全移籍することを発表した。 ▽韓国出身のハ・デソンは、2016年に北京国安からFC東京に加入すると、同年6月に名古屋グランパスに期限付き移籍。昨シーズンは明治安田生命J1リーグにFC東京で3試合出場、名古屋では9試合に出場し、1得点を挙げている。また、FC東京ではACLに3試合出場した。 ▽FCソウルへの完全移籍が決定したハ・デソンは、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「FC東京に加入することが決まった時には、日本でプレーしたいと思っていたことが現実になり、嬉しさと期待感は大きなものでした。ですが、プロの世界はそう簡単ではなく、自分が思い描いていたようにはなりませんでした。ファン・サポーターのみなさんに喜びよりも失望をたくさん与えてしまったことは、自分としてもとても悔しく思います」 「このたび韓国のチームに戻ることになりましたが、自分がいたFC東京というチームをこれからも応援していきます。ファン・サポーターのみなさんも、これからもFC東京はもちろん、ハ・デソンもずっと応援していただけたら嬉しく思います。短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2017.01.19 13:32 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉がバニーヤースのFWラリベイを獲得! セルタ時代にはリーガで11得点2アシストを記録

▽ジェフユナイテッド千葉は18日、UAEのバニーヤースSCに所属するアルゼンチン人FWラリベイ(32)の完全移籍での加入が内定したことを発表した。 ▽アルゼンチン出身のラリベイは、2004年にアルゼンチンのCAウラカンに加入し、プロキャリアをスタート。その後は、カリアリやラージョ・バジェカーノでもプレーし、セルタに所属していた2014-15シーズンでは、リーガエスパニョーラで35試合11得点2アシストを記録している。 ▽2015年にバニーヤースSCに加入すると、2015-16シーズンではリーグ戦24試合15得点5アシストを記録。今シーズンはここまで13試合3得点1アシストを記録している。 ▽千葉への加入が内定したラリベイは、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「ジェフユナイテッドファミリーの皆様、はじめまして。歴史と伝統のあるジェフに加入できる事になりまして、大変嬉しく思っております。ジェフは新しいチャレンジをしている事も理解していますし、そのプロジェクトの一員になれる事を誇りに思います。今年の目標であるJ1昇格に向け、私自身の経験と情熱の全てを尽くし最大限の努力をしていきますので応援よろしくお願いします」 2017.01.18 21:33 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸が札幌DFパウロンを期限付き移籍で獲得! 2016シーズンは福島に期限付き移籍

▽水戸ホーリーホックは18日、北海道コンサドーレ札幌のブラジル人DFパウロン(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。同期間は2017年2月1日から2018年1月31日となっている。 ▽ブラジル出身のパウロンは、2013年にブラジルのローマ・エスポルチ・アブカラナより期限付き移籍で札幌に加入。2016年に福島ユナイテッドFCに期限付き移籍を果たし、2016シーズンの明治安田生命J3リーグで18試合に出場して2得点を記録している。 ▽水戸への加入が決定したパウロンは、3クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 ◆水戸ホーリーホック 「再びJ2の舞台でプレーする機会をいただき、嬉しく思っています。私や選手たちはこれからコンディションを整えてピッチで頑張るので、サポーターの皆さんは選手を信じて熱い応援をお願いいたします。一緒に頑張りましょう!」 ◆北海道コンサドーレ札幌 「怪我もあって、皆様にあまり良いパフォーマンスを見せることが出来ず残念でした。 昨年は札幌を離れていましたが、チームがJ1昇格を果たし私もとても嬉しかったです。札幌は日本で初めてのチームということもあって、今でも大好きです。私もずっと応援しているので、J1でも頑張ってください」 ◆福島ユナイテッドFC 「怪我のせいもあり、札幌であまり試合に出られなかった私に、プレーの機会を与えてくれたチームには本当に感謝しています。昨年はたくさん試合に出場することができて、本当に良かったです。私はチームを離れることになりましたが、これからも頑張ってください。私も頑張ります」 2017.01.18 15:37 Wed
twitterfacebook
thumb

YS横浜を1年で退団したDF一井賢人が東京23FCへ移籍

▽Y.S.C.C.横浜は18日、昨シーズン限りで退団したDF一井賢人(23)が東京23FCへ移籍することを発表した。 ▽一井は、昨年1月に国学院大学から加入。しかし、明治安田生命J3リーグでの出場はなく、1年での退団となった。一井はクラブを通じてコメントしている。 「この度、東京23FCに移籍することになりました。1年間という短い間でしたが、サポーターやスタッフ、そしてYSCCに関わる全ての方々には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」 「これからもサッカーを続けられる喜び、そして今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず全力で頑張っていきたいと思います。1年間本当にありがとうございました」 2017.01.18 12:42 Wed
twitterfacebook
thumb

栃木が地元・栃木県出身の駒澤大学DF種岡岐将の加入を発表「『栃木の男』と認めて頂けるように」

▽栃木SCは18日、駒澤大学のDF種岡岐将(22)の加入を発表した。 ▽種岡は、栃木県日光市出身で、市立船橋高校から駒澤大学へと進学していた。種岡はクラブを通じてコメントしている。 「この度、栃木SCに加入する事になりました駒澤大学の種岡岐将です。地元である栃木に帰ってくることができ、このチームの一員としてプレーするチャンスを与えて頂いたことを大変嬉しく思います。これまで支えてくれた家族をはじめとする全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、一日でも早くピッチに立ってサポーターの皆さんに『栃木の男』と認めて頂けるように全身全霊をかけて闘います。応援よろしくお願いします」 2017.01.18 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島ユナイテッドがMF中原優生と再契約

▽鹿児島ユナイテッドは17日、MF中原優生(26)と再契約することを発表した。 ▽中原は2016シーズン、明治安田生命J3リーグに29試合出場し、8得点を記録していた。再契約した中原は、鹿児島の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「一度、契約満了となりましたが再契約させて頂くことになりました。まず始めに鹿児島ユナイテッドFCからもう一度チャンスを与えて頂いたことに感謝の気持ちしかありません。今シーズン鹿児島ユナイテッドFCのJ2昇格という目標に、自分の全ての力を注ぎます。鹿児島ユナイテッドFCクラブ選手、スタッフ、サポーター、そしてユナイテッドに関わる全ての人の思いを背負い戦います。もう一度よろしくお願いします」 2017.01.17 17:57 Tue
twitterfacebook
thumb

福島ユナイテッドに東海大GK堀田大暉が加入

▽福島ユナイテッドは17日、東海大学のGK堀田大暉(22)が加入することを発表した。 ▽堀田は182cm73kgで、ユース時代はベガルタ仙台に所属していた。堀田は福島ユナイテッドの公式サイトを通じて、以下のコメントを残している。 「この度、2017シーズンから福島ユナイテッドFCに加入することになりました堀田大暉です。私が生まれ育った東北の地で、Jリーガーとしてのキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。今までお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに1日でも早くチームに貢献できるように日々努力していきたいと思います。応援よろしくお願いします」 2017.01.17 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

SC相模原に立命館大学MF髙畑智也が加入

▽SC相模原は17日、立命館大学のMF髙畑智也(22)が加入することを発表した。 ▽髙畑は滝川第二高校から立命館大学に進学。167cm63kgのMFだ。高畑は、相模原の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「SC相模原に加入することになりました髙畑智也です。今まで支えてくれた全ての人々に感謝し、結果で恩返ししたいと思います。またチームのJ3優勝に貢献できるように全力で頑張りますので応援宜しくお願いいたします」 2017.01.17 16:02 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡が釜山アイパークからブラジル人FWウィリアン・ポッピを獲得「早く試合に出たくてワクワクしている」

▽アビスパ福岡は17日、Kリーグ・チャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークからブラジル人FWウィリアン・ポッピ(22)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽ウィリアン・ポッピは、2014年にブラジルのジョインビレでキャリアをスタート。同年にモジミリンへと期限付き移籍。2015年はジョインビレでプレーした、。釜山アイパークには2016年3月に加入。昨シーズンはKリーグ・チャレンジで38試合に出場し18得点を記録。ベストイレブンに選出されていた。また、カマタマーレ讃岐に所属するMF渡邉大剛とも共にプレーしていた。ウィリアン・ポッピはクラブを通じてコメントしている。 「はじめましてウィリアン・ポッピです。アビスパ福岡でプレーできることになり本当に幸せです。早く試合に出たくてワクワクしています。チームの目標を達成できるように全力で頑張りますので応援よろしくお願いします!」 ▽なお、ウィリアン・ポッピは17日のトレーニングより合流する予定とのことだ。 2017.01.17 09:44 Tue
twitterfacebook
thumb

長野のFW近藤祐介が現役を引退...昨季は7月から相模原に期限付き移籍

▽AC長野パルセイロは16日、FW近藤祐介(32)が現役を引退することを発表した。 ▽東京都出身の近藤は、2003年に流通経済大学付属柏高校よりFC東京に加入し、プロキャリアをスタートさせた。2006年から2007年にはヴィッセル神戸に期限付き移籍。2006シーズンのJ1・J2入れ替え戦第2戦では神戸のJ1昇格に導く値千金のアウェイゴールを決め、2007年にはイビチャ・オシム監督率いる日本代表候補に選出され練習合宿にも参加した。2010年にコンサドーレ札幌に完全移籍を果たし、栃木SC、ギラヴァンツ北九州を経て、2015年7月に長野入り。2016年の7月には期限付き移籍でSC相模原に加入していた。 ▽今シーズンは明治安田生命J3リーグで10試合に出場。J1リーグ通算96試合11得点、J2リーグ192試合31得点、J3リーグ24試合0得点、リーグカップ通算24試合4得点、天皇杯通算16試合3得点を記録している。 ▽現役引退を表明した近藤は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「14年間支えていただいたみなさまには本当に感謝しております。最終キャリアとなる、この長野で結果が出せなかったことは残念でしたが、これまでのサッカー選手生活で培った経験を糧に、今後も頑張っていきたいと思います。本当に今までありがとうございました」 2017.01.16 17:39 Mon
twitterfacebook
thumb

相模原のDF川上典洋が九州リーグのテゲバジャーロ宮崎に完全移籍!

▽SC相模原は16日、DF川上典洋(29)が九州リーグに属するテゲバジャーロ宮崎に完全移籍することを発表した。 ▽島根県出身の川上は、2016年に相模原に加入。負傷の影響もあり昨シーズンの明治安田生命J3リーグでの出場はなかった。 ▽テゲバジャーロ宮崎への移籍が決定した川上は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「この度テゲバジャーロ宮崎に完全移籍する事になりました。半年間SC相模原のスタッフ、チームメイト、サポーターの皆様にはとてもお世話になりました。怪我をしてしまった事もあり何も出来なかった事が今でも悔しくてたまりません」 「これからも自分を信じこの気持ちを宮崎で全てぶつけていこうと思います。また皆さんとお会いできる事を楽しみにしています」 2017.01.16 17:38 Mon
twitterfacebook
thumb

福島がMF星広太の契約を更新! 昨季はJ3で28試合5得点を記録

▽福島ユナイテッドFCは16日、MF星広太(24)の契約を更新したことを発表した。 ▽神奈川県出身の星は、2015年に神奈川大学より福島に加入。昨シーズンは明治安田生命J3リーグ28試合に出場し、5得点を挙げた。 ▽契約を更新した星は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「今季も福島ユナイテッドでプレーさせて頂くことになりました。去年の悔しさを忘れず今季はより多くの勝利に貢献できるよう頑張るので、応援よろしくお願いします」 2017.01.16 17:37 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸がブラジル人MFウエスクレイを獲得…左サイドが主戦場

▽ヴィッセル神戸は16日、アトレチコ・ミネイロに所属するブラジル人MFウエスクレイ(25)を完全移籍で獲得することを発表した。 ▽ウエスクレイはアトレチコ・ミネイロの下部組織出身で、シャペコエンセやサンタクルス、セアラなどブラジル国内のチームをレンタル移籍で渡り歩いていた。昨シーズンはブラジル2部リーグのセアラで27試合に出場し7得点を記録していた。 ▽主に左ウイングや左サイドハーフでプレーし、ドリブルが特徴。 ▽神戸への加入が決定したウエスクレイは、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「はじめまして、ウエスクレイです。2017年シーズン、ヴィッセル神戸に加入する事になり、大きな喜びと幸せを感じています。同時に、私自身にかかる期待と責任も感じています。私は海外、日本でプレーする事を夢見てきました。今回、私を信頼しチャンスを与えてくれたヴィッセル神戸、クラブ関係者に、感謝をしています。この感謝の気持ちを、クラブの目標を実現する事で、恩返しがしたいと強く思っています」 「最後に、ヴィッセル神戸のサポーターの皆さんへ。2017年シーズン、多くの喜び、幸せな時間を共有する事をお約束します。一致団結し、ヴィッセル神戸に初のタイトルをもたらしましょう。皆さんにお会いできる日を心待ちにしています! どうぞよろしくお願いします」 2017.01.16 14:52 Mon
twitterfacebook
thumb

沼津MF宮田直樹のテゲバジャーロ宮崎への加入が決定

▽アスルクラロ沼津は12日、MF宮田直樹(29)が九州リーグのテゲバジャーロ宮崎への加入が決定したことを発表した。 ▽長野県出身の宮田は、2016年にファジアーノ岡山より加入していた。身長182cm、体重77kgのミッドフィルダー。 2017.01.16 14:23 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥取退団のDF川鍋良祐が現役引退「本当に自分は幸せ」

▽ガイナーレ鳥取は16日、DF川鍋良祐(30)が2016シーズンをもって現役を引退することを発表した。 ▽浦和レッズのユースで育った川鍋は、これまで栃木SCやギラヴァンツ北九州、松本山雅FC、AC長野パルセイロでプレー。2015年に鳥取へと加入した。昨シーズンは明治安田生命J3リーグ19試合2得点。しかし、シーズン終了後の退団が発表されていた。 ▽現役生活にピリオドを打つことを決意した川鍋は、鳥取の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「2016年シーズンをもって引退することに決めました。栃木SCでプロ生活をスタートさせてもらい、ギラヴァンツ北九州、松本山雅FC、長野ACパルセイロ、ガイナーレ鳥取でプレーさせて頂きました。本当に感謝してます。プロ9年間で出会ったクラブ、フロントスタッフ、監督、コーチ、選手は僕の財産ですし、どんなときも応援してくれたファン、サポーターの皆さんは宝物です」 「正直、「引退する」、この言葉を口にするとき本当に怖かったし、辛かったし、寂しかったです。でもそれだけ真剣に真摯にサッカーに取り組んでこれた証なのかなと思いました。こんな想いを持つことができるサッカーに出会えたこと、本当に自分は幸せでした。これから先も自分らしくやっていこうと思います。本当にありがとうございました」 2017.01.16 13:41 Mon
twitterfacebook
thumb

相模原が日体大MF川戸大樹の新加入を発表「結果という形で恩返しができるように」

▽SC相模原は15日、日本体育大学のMF川戸大樹(22)が加入することを発表した。 ▽川戸は兵庫県出身で、ヴィッセル神戸U-18から日本体育大学へと進学していた。川戸はクラブを通じてコメントしている。 「この度、SC相模原に加入することになりました、川戸大樹です。これまで私のサッカー人生を支えてくれた全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、日々努力を怠ることなく結果という形で恩返しができるように頑張っていきます。チームの勝利のために貢献できるよう精進していきます。応援のほどよろしくお願いいたします」 2017.01.15 22:02 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎F、MF可児壮隆のFC今治移籍を発表…3年連続の期限付き移籍

▽川崎フロンターレは15日、MF可児壮隆(25)がJFLのFC今治に期限付き移籍することを発表した。加入期間は2017年2月1日~2018年1月31日までとなる。 ▽2014年に阪南大学からユース時代に所属歴のある川崎Fに入団した可児は、2015年に湘南ベルマーレ、2016年にツエーゲン金沢へと期限付き移籍。昨シーズンは金沢で明治安田生命J2リーグ13試合に出場した。 ▽元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治に加入することになった可児は、川崎Fのクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今季、FC今治に期限付き移籍することになりました。ツエーゲン金沢の時もフロンターレのサポーターの皆さんには応援をしていただきました。感謝しています。FC今治でチームに貢献できるように、そして成長してフロンターレに戻ってきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 2017.01.15 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

元日本代表DF中澤佑二、横浜FMと契約更新! 在籍16年目のシーズンへ

▽横浜F・マリノスは15日、元日本代表DF中澤佑二(38)と2017シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽埼玉県出身の中澤は、1999年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)とプロ契約を結ぶと、2002年に横浜F・マリノスに移籍した。在籍15年目の昨シーズンは明治安田生命J1リーグの全34試合に出場。3年連続でのフルタイム出場という偉業を達成した。キャリア通算では、J1で537試合(34得点)、リーグカップ戦で61試合(4得点)、天皇杯で41試合(3得点)、AFCチャンピオンズリーグで11試合の出場を記録している。 ▽また。1999年にA代表デビューを飾った日本代表のキャリアにおいては、110試合(17得点)のキャップ数をマーク。2006年のドイツ大会から2大会連続でワールドカップに臨む日本代表に選出された経歴を持つ。 2017.01.15 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋がDFオーマンの契約満了を発表…昨季加入もリーグ戦9試合の出場に留まる

▽名古屋グランパスは14日、元U-21スウェーデン代表DFルドゥウィッグ・オーマン(25)との契約満了を発表した。 ▽オーマンは、スウェーデンのカルマルから昨シーズン加入。シーズン序盤こそレギュラーポジションを掴んだものの、明治安田生命J1リーグで9試合の出場、ナビスコカップで4試合の出場に留まっていた。オーマンはクラブを通じてコメントしている。 「この度、名古屋グランパスを退団することになりました。たった一年間でしたが、名古屋グランパスという素晴らしいクラブでプレーできたことを幸せに思っています。特にファンの方達のサポートには言葉に言い尽くせないほど感謝しています。そして日本で経験した全ては、私の人生の中で忘れないものとなりました」 「今回皆様にお別れを言うのはとてもさみしいですが、またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。去年は名古屋グランパスやサポーターにとってとても苦しい一年でしたが、今年はより良い結果を出せるようお祈りしています。皆様ありがとうございました」 2017.01.14 17:44 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング