ニュース

thumb

徳島、アルゼンチン人FWオルシーニの完全移籍、ブラジル人FWナタン・ジュニオールとの契約解除を発表

▽徳島ヴォルティスは18日、アルゼンチン人FWオルシーニ(23)がSAサリメント(アルゼンチン2部)に完全移籍し、ブラジル人FWナタン・ジュニオール(29)とは双方合意のうえ契約を解除することを発表した。 ▽アルゼンチン人のオルシーニは、2016年に徳島入りすると、同年に日本代表MF本田圭佑が実質的なオーナーを務めていたオーストリアのSVホルンに期限付き移籍。2017年7月からはファジアーノ岡山に半年間、今シーズンからはスポルティボ・ルケーニョ(パラグアイ)に1年半の期限付き移籍で加入していた。 ▽ブラジル人のナタンは、今シーズンにアル・ファティフ(サウジアラビア)から徳島に完全移籍。しかし、3月17日に行われたトレーニングで負傷したナタンは右ヒザ関節骨軟骨損傷と診断され、5月初旬に検査のためブラジルに一時帰国した後、5月11日に同箇所の手術を受けた。全治は手術日から約3カ月とされており、再来日の日程が待たれていた中での契約解除となった。なお、ここまで公式戦の出場は記録されていない。 ▽両名は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆FWオルシーニ 「徳島ヴォルティスに貢献することができなかったことが何より心残りです。ファン・サポーターの皆さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです。クラブが今年J1へ昇格できると信じています。アルゼンチンに戻りプレーしますが、今後とも応援いただけると幸いです」 ◆FWナタン・ジュニオール 「徳島ヴォルティスの選手、クラブ関係者、そしてファン・サポーターの皆様と短い時間でしたが、とても良い経験と一生の思い出になりました。チームが目標を達成出来ることを願っています。また、いつか徳島ヴォルティスに戻れるように一生懸命頑張ります。大変お世話になりました」 2018.07.18 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、ブラジル人FWミシャエルが加入! 「ピッチに立った時はとにかくチームの勝利に貢献したい」

▽FC岐阜は18日、ブラジルのアトレチコ・デ・アラゴイニャスからブラジル人FWミシャエル(22)が加入することを発表した。背番号は「33」に決定。同選手はメディカルチェック後に正式に岐阜の一員となる。 ▽岐阜の発表によると、ECバイーアでプロデビューを飾ったミシャエルはアトレチコ・メトロポリターノを経て2018年からアトレチコ・デ・アラゴイニャスでプレー。また、同クラブはミシャエルのプレースタイルに関して「スピードとテクニックを兼ね備えたアタッカー。独特のリズムのドリブルでチャンスを作り出す」と紹介している。 ▽岐阜への加入が決定したミシャエルはクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「はじめまして、ミシャエルです。FC岐阜に加入することができて本当に幸せで、嬉しく思っています。私の事を信じて、このチャンスをくださって、皆様に感謝しています。日々の練習を一生懸命して、ピッチに立った時は、とにかくチームの勝利に貢献したいです」 2018.07.18 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡、青森山田DF三國ケネディエブスの来季加入内定を発表! 192cmの大型CB

▽アビスパ福岡は18日、青森山田高校サッカー部所属のDF三國ケネディエブス(18)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽192cm80kgと恵まれた体格を持つ三國は当初、“怪物FW”として注目を集めたが、昨年の夏にセンターバックに転向。すると、現在ではディフェンスリーダーとして名門・青森山田の守備陣を統率するまでに成長した。また、セットプレーでのヘディングも驚異的な規格外のディフェンダーだ。 ▽三國は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆DF三國ケネディエブス 「プロのキャリアをアビスパ福岡でスタート出来ることを光栄に思います。ここまで来れたのは決して自分だけの力ではなく、監督、コーチ、そして背中を押してくれた親のおかげです。アビスパ福岡に合流するまで自分を磨き、即戦力となれるように頑張ります」 ▽東京都出身の三國は、青森山田中学校から青森山田高校に進学。日本代表としては、U-15カテゴリーにFW登録で、U-18カテゴリーにDF登録で招集経験がある。 2018.07.18 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

元G大阪の広島DF丹羽大輝、長谷川トーキョーに完全移籍加入

▽FC東京は17日、サンフレッチェ広島に所属する元日本代表DF丹羽大輝(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「5」に決まっている。 ▽ガンバ大阪ユース出身の丹羽は、2004年のトップチーム昇格後、徳島ヴォルティス、大宮アルディージャ、アビスパ福岡に期限付き移籍。2012年にG大阪復帰を果たすと、2013年から指揮を執った長谷川健太現・FC東京監督の下でJ2優勝や、2014年の三冠達成、2015年の天皇杯連覇に貢献した。 ▽その後、2017年夏から出場機会を求めて広島に完全移籍。しかし、城福浩監督が就任した今シーズンは、明治安田生命J1リーグ第15節終了時点でわずか1試合の出場にとどまった。MF大森晃太郎やFWリンスに続き長谷川監督と再タッグを組むことになったことを受け、次のようにコメントしている。 ◆FC東京 「今やらなければならない事をきちんと整理して、自分が持っている力を100%以上出して、これまで培ってきたものをこのチームに全てささげたいと思います。ピッチの上で共に叫び共に笑い共に戦いましょう!!」 ◆サンフレッチェ広島 「去年、残留を勝ち取れたこと、今年、今の成績を残せていること、すべてはサポーターの皆さんと共に力を合わせた結果だと思っています。一年間エディオンスタジアムの声援を受けながらプレーできたことはこれ以上ない幸せでした。これからもサンフレッチェ広島の後押しをよろしくお願いします。本当にありがとうございました。またお会いしましょう」 2018.07.18 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛が岐阜のMF禹相皓を期限付き移籍で獲得「精一杯頑張っていきたい」

▽愛媛FCは17日、FC岐阜のMF禹相皓(ウ・サンホ/25)を期限付き移籍で獲得することを発表した。期限付き移籍期間は2018年7月18日~2019年1月31日となる。なお、今シーズンの岐阜との公式戦には出場できない。 ▽禹相皓は、柏レイソルU-18から明海大学へと進学。その後はモンテネグロのOFKペトロバツへと移籍。韓国の大邱FCを経て、2018年に岐阜へと加入した。今シーズンの明治安田生命J2リーグでは1試合の出場にとどまっていた。禹相皓は、クラブを通じてコメントしている。 ◆愛媛FC 「初めまして、FC岐阜から移籍することになりました禹相皓です。シーズンの途中での加入になりますが、早くチームに馴染み、勝利に貢献できるように精一杯頑張っていきたいと思います。宜しくお願いします」 ◆FC岐阜 「この度、愛媛FCに移籍する事が決まりました。短い間でしたが、応援してくださったファン、サポーターの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。FC岐阜での経験を活かして、これからも頑張ります。本当にありがとうございました」 2018.07.17 16:11 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡DF田村友、山形へ完全移籍「山形で活躍する姿、成長した姿を届ける」

▽モンテディオ山形は17日、アビスパ福岡からDF田村友(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年に福岡大学から福岡に入団した田村は、2017年に浦和への期限付き移籍を経験。復帰した今シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽山形への完全移籍が決定した田村は、両クラブの公式サイトに以下のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「アビスパ福岡から移籍してきた田村友です。チームのために、個人の成長のために全力で戦います。よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「山形に移籍することになりました。2015年からたくさんの経験をさせてもらったアビスパ福岡には感謝の気持ちでいっぱいです。応援してくれていたファン・サポーターに直接挨拶できず、とても残念で申し訳なく思っていますが、山形で活躍する姿、成長した姿をみなさんに届けられるよう全力で頑張りたいと思います。今までありがとございました」 2018.07.17 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「プレーをしっかりと見せたい、ピッチで戦いたい」FC東京のMF梶山陽平、新潟へ期限付き移籍

▽アルビレックス新潟は16日、FC東京からMF梶山陽平(32)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は7月17日から2019年1月31日まで。背番号は「13」に決定している。 ▽FC東京下部組織出身の梶山は、2004年にトップチーム昇格。2013年にはパナシナイコス、大分トリニータへの期限付き移籍を経験した。在籍16年目を迎えた今シーズンはここまでYBCルヴァンカップで3試合1得点、U-23チームで明治安田生命J3リーグ5試合に出場していた。 ▽新潟への期限付き移籍が決定した梶山は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「FC東京から加入することになりました梶山陽平です。J1昇格という目標達成に向けて、チームの雰囲気や流れを変えられるような貢献をできるように頑張りたいと思います。 応援よろしくお願いいたします」 ◆FC東京 「優勝争いをしている中でチームを離れてしまい申し訳ありません。ただ、サッカー選手として『自分のプレーをもう一度しっかりと見せたい、ピッチで戦いたい』という気持ちが強く、チャレンジしようと決めました。これまで応援してもらってきたことに恥じないようなプレーをしたいと思っています。チームは変わりますが、また自分のプレーを観てもらえるように、頑張ります。東京は必ず優勝できると信じています」 2018.07.16 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山、横浜FCからMFジョン・チュングンを期限付き移籍で獲得

▽ファジアーノ岡山は16日、横浜FCから韓国人MFジョン・チュングン(23)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は7月17日から2018年12月31日まで。背番号は「37」に決定しており、横浜FCと対戦するすべての公式戦に出場することができない。 ▽韓国出身のジョン・チュングンは、2017年にフランスのFCナントBから横浜FCに加入。2017シーズンは明治安田生命J2リーグで37試合7ゴール3アシストを記録した。今シーズンはここまでJ2リーグで17試合に出場していた。 ▽岡山への期限付き移籍が決定したジョン・チュングンは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「横浜FCから期限付き移籍で加入することになりました、ジョン チュングンです。今回の豪雨災害では、岡山県でも甚大な被害があったことをニュースで知り、心を痛めていました。一日も早い復興を心から願っています」 「これからファジアーノ岡山の一員として自分のストロングポイントである、スピードを活かしたプレーでチームの勝利に貢献できるよう全力で頑張りますので、よろしくお願いします」 ◆横浜FC 「シーズン途中ですが、ファジアーノ岡山に期限付き移籍することになりました。1試合でも多く試合に出場し、成長した姿を横浜FCサポーターの皆さんにも見ていただけるように、頑張ってきたいと思います」 2018.07.16 10:38 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和にDF茂木力也が復帰! 2017年から期限付きで山形に

▽浦和レッズは15日、モンテディオ山形に期限付き移籍しているDF茂木力也(21)の復帰を発表した。19日からチームに合流する。 ▽埼玉県出身の茂木は、2015年に浦和ユースからトップチームに昇格すると、2016年に愛媛FC、翌2017年から山形に期限付き移籍。今シーズンは明治安田生命J2リーグ8試合に出場していた。 ▽浦和復帰が決まった茂木は両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆浦和レッズ 「このたび、浦和レッズに復帰することになりました。プロ生活をスタートさせたチームにまた戻って来られることをうれしく思います。プロ1年目にチームの力になれず悔しい思いをしたので、山形、愛媛でここまで積み上げてきたものをみなさんに見せられるように精一杯レッズのためにプレーし、レッズのために全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 ◆モンテディオ山形 「この度、浦和レッズに復帰することになりました。1年半の間、地域の皆様から本当に支えられていることを実感しながらサッカーをする事が出来ました。山形では様々なポジションでプレーをさせて頂き、僕自身にとっても素晴らしい経験になりました。プロとしての初ゴールも山形の雪の中決めることが出来、一生の記憶に残るゴールになりました」 「山形では嬉しいことだけではなく、悔しいことも沢山ありましたが、その悔しさがあったからこそ、サッカー選手としても人間としてもまた一歩先に歩みを進められたと思います。この1年半山形で大きく成長できたと思えるように、これからも精一杯プレーします。皆さんにこれから活躍している姿を沢山見せられるよう、浦和レッズで一生懸命頑張っていきます。1年半本当に有難うございました」 2018.07.15 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

京都がタイから補強! MF大久保剛志が期限付き加入 かつて仙台や山形に在籍

▽京都サンガF.C.は15日、PTTラーヨンFC(タイ)に所属するMF大久保剛志(32)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2018年12月31日まで。16日からチームに合流する。 ▽大久保は2005年にベガルタ仙台でプロデビュー後、ソニー仙台FC、モンテディオ山形でもプレー。2014年のバンコク・グラス(タイ)加入を経て、2016年からPTTラーヨンFCに加わった。 ▽タイで公式戦通算79試合20得点を誇る大久保は、Jリーグ復帰を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「京都サンガF.C.のサポーターの皆様、初めまして大久保剛志です。このたび京都サンガF.C.に加入する事ができ、大変光栄です。この感謝の気持ちを胸に、京都の勝利の為に精一杯戦います。そして、サポーターの皆様と喜びを分かち合えるよう、日々全力を尽くしていきます。応援宜しくお願い致します」 2018.07.15 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎、エスパニョールからFWハイロ・モリージャスを完全移籍で獲得!

▽V・ファーレン長崎は15日、リーガエスパニョーラのエスパニョールからスペイン人FWハイロ・モリージャス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2014-15シーズンにエスパニョールでトップチームデビューを飾ったハイロ・モリージャスは、ジローナ、ヌマンシアへの期限付き移籍を経て、2017-18シーズンにエスパニョール復帰。しかし、リーガエスパニョーラでの出場はなかった。 ▽元スペインU-18代表。リーガエスパニョーラ通算3試合出場、リーガ2部通算41試合8ゴール2アシスト、コパ・デル・レイ通算2試合2ゴールを記録している。 ▽長崎への加入が決定したハイロ・モリージャスは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「Hola,ハイロ・モリージャスです。ハイロと呼んでください。V・ファーレン長崎と契約を結ぶことができて、とてもうれしく思っています。私のプレースタイルは、スピードを活かして相手のペナルティエリアに侵入し、ゴールを決めることです。私が持っている力をグラウンドで最大限に発揮し、V・ファーレン長崎の勝利のために多くのゴールを決めます。そして、サポーターの皆さんに愛される選手になれるように頑張ります。よろしくお願いいたします」 2018.07.15 09:47 Sun
twitterfacebook
thumb

清水、ジェリー・ペイトン氏をコーチに招へい! 磐田、神戸、アーセナルなどのGKコーチを歴任

▽清水エスパルスは14日、コーチにジェリー・ペイトン氏を招へいしたことを発表した。 ▽ジェリー・ペイトン氏は、元アイルランド代表GK。指導者としては1994年から1995年までジュビロ磐田のGKコーチ、1995年から1997年までヴィッセル神戸のGKコーチを歴任。その後はスウェーデン1部リーグのAIKソルナ、フルアム、アーセナルでGKコーチを務めていた。 2018.07.14 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

柏、中谷進之介の後釜確保! フルミネンセからDFナタン・ヒベイロを獲得

▽柏レイソルは14日、フルミネンセからDFナタン・ヒベイロ(28)を獲得したことを発表した。 ▽2010年にカタールのアル・ラーヤンでプロキャリアをスタートしたブラジル出身のナタン・ヒベイロは、2013年10月にカタール国籍を取得。2018年5月にフルミネンセに加入し、ここまでリーグ戦5試合に出場していた。 ▽柏への加入が決定したナタン・ヒベイロは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「多くの知人から日本や日本の人たちについてたくさんの話を聞いていて、とても良いイメージを持っていました」 「この移籍の機会を与えてくれたレイソルをはじめとする関係者の皆さんに感謝をお伝えしたいと思います。その期待に応えられるように、チームの勝利に貢献できるように頑張っていきます」 「センターバックとして攻撃的な守備、厳しくアタッカーに寄せるところ、そしてビルドアップやボールの扱いといったプレーを見てほしいです」 ▽柏は6月下旬にDF中谷進之介が名古屋グランパスへ移籍。若きディフェンスリーダーの後釜として期待がかかる。 2018.07.14 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台MF庄司悦大、京都へ期限付き移籍…今季岐阜から加入

▽京都サンガF.C.は14日、ベガルタ仙台に所属するMF庄司悦大(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年1月31日までで、仙台と対戦するすべての公式戦に出場することができない。 ▽庄司は2018年にFC岐阜から仙台に完全移籍。自身初のJ1初挑戦となったが、今シーズンはここまでYBCルヴァンカップの3試合に出場がとどまっていた。 ▽京都へ期限付き移籍することとなった庄司は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「ベガルタ仙台から加入することになりました庄司悦大です。京都のために自分ができることを全て出したいと思います!応援よろしくお願いします」 ◆ベガルタ仙台 「チームの戦力としてあまり貢献することができませんでしたが、たくさん応援していただき、サポーターのみなさんには本当に感謝しています。チームは変わりますが、引き続き応援していただけると嬉しいです。半年間という短い間でしたが、温かいご声援ありがとうございました」 2018.07.14 10:14 Sat
twitterfacebook
thumb

清水、FWドウグラスを獲得 過去に徳島や京都、広島でプレー

▽清水エスパルスは13日、アランヤシュポル(トルコ)に所属するブラジル人FWドウグラス(30)の完全移籍加入を発表した。背番号は「49」に決定している。 ▽ドウグラスは過去、徳島ヴォルティスや京都サンガF.C.サンフレッチェ広島でもプレーした決定力が魅力のストライカー。広島在籍の2015年にJ1得点ランキング2位の21得点を挙げ、優勝に貢献すると共にベストイレブンを受賞した。その後、2016年にアル・アイン移籍。2018年からアランヤシュポルに活躍の場を移した。 ▽Jリーグ復帰となるドウグラスは、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「また日本に来ることができて大変嬉しく思います。2010年に初めて日本に来ましたが、私の家族も日本が大好きですし、とても喜んでいます。これから新しいチャレンジができるチャンスを与えてくれた、エスパルス関係者の皆さんには感謝の気持ちしかありません。エスパルスの目標達成のために頑張っていきたいと思います。また、サポーターの皆さんに喜んでもらえるプレーをしたいと思いますので、後押しをお願いします!」 ▽清水は、今シーズンの明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で降格圏と勝ち点5差の10位。再開初戦の18日に行われる第16節でセレッソ大阪をホームに迎え撃つ。 2018.07.13 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌がチャナティップの来季完全移籍加入を発表 ムアントンと合意

▽北海道コンサドーレ札幌は13日、タイ代表FWチャナティップ・ソングラシン(24)の完全移籍加入合意を発表した。チャナティップは2019年2月1日から完全移籍で札幌に加わる。 ▽“タイのメッシ”の異名を持つチャナティップは、2012年にテロ・サーサナでデビュー。その後、ムアントン・ユナイテッドを経て、昨年途中から期限付きで札幌に加入した。 ▽札幌加入初年度は、明治安田生命J1リーグ16試合に出場。在籍2年目の今シーズンはより存在感を高め、ここまでJ1リーグ13試合に出場してJ初得点を含む3得点を記録している。 2018.07.13 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎F、U-21日本代表の順天堂大FW旗手怜央&筑波大MF三笘薫の2020年加入内定を発表!

▽川崎フロンターレは13日、順天堂大学のU-21日本代表FW旗手怜央(20)と筑波大学のU-21日本代表MF三笘薫(21)が2020年からの加入で内定したことを発表した。 ▽三重県出身の旗手は、静岡学園高校卒業後に順天堂大学に進学。1月には、U-23アジア選手権に参加したU-21日本代表のメンバーにも名を連ねた、ドリブルが特徴のストライカーだ。 ▽神奈川県川崎市出身の三笘は、U-10のカテゴリーから川崎Fの下部組織に所属。筑波大学進学後、5月にはトゥーロン国際大会に臨んだU-21日本代表としてもプレーしていた。 ▽両選手は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆FW旗手怜央 「この度、川崎フロンターレに加入することになりました旗手怜央です。今まで支えてくれたすべての方々に感謝し、これからも謙虚に自分らしく頑張ります。サポーターの皆さん、よろしくお願いします」 ◆MF三笘薫 「この度、川崎フロンターレに加入することになりました三笘薫です。小さい頃からの夢であったサッカー選手にこの育ててもらったクラブでなれることを大変嬉しく思います。両親をはじめ、自分に関わって下さったすべての方々に感謝したいと思います。アカデミーからお世話になったこのクラブにしっかりと恩返しができるように頑張りたいと思います」 「まずは大学でしっかりと結果を残して2年後に向けてしっかりと精進したいと思います。よろしくお願いします」 2018.07.13 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島、FWペドロ・ジュニオールが中国2部へ 今季終了までの期限付き移籍

▽鹿島アントラーズは13日、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)が武漢卓爾職業足球倶楽部に期限付き移籍することを発表した。期間はシーズン終了までとなる。 ▽ペドロ・ジュニオールは、2007年の大宮アルディージャ入り後、アルビレックス新潟やガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸などJリーグ複数クラブでプレー。2017年から鹿島に加わったが、故障もあり、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ7試合でノーゴールと本来の力を出し切れていなかった。 ▽1年半で鹿島に別れを告げることになったペドロ・ジュニオールは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「自分のキャリアにおいて新たな挑戦をしたく、この移籍を決断しました。サポーターの皆さまにはいつも力強い応援と声援をいただき、感謝しています。クラブに幸運が訪れることを、心より祈っています」 ▽武漢卓爾職業足球倶楽部は中国2部のクラブ。ペドロ・ジュニオールはメディカルチェック等のため、11日に離日している。 2018.07.13 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

柏が誇る不動の右SB小池龍太、独から熱視線か

▽柏レイソルに所属するDF小池龍太(22)に海外挑戦の可能性が急浮上した。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽小池は、2017年にレノファ山口FCから柏に加入。身長170cmに満たない小柄ながら無尽蔵のスタミナとタイミング抜群の攻撃参加が魅力の右サイドバックで、柏でもレギュラーとして抜群の存在感を誇り、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ開幕から全15試合に先発中だ。 ▽18日に再開が迫るJ1リーグでさらなる活躍に期待が集まる小池だが、ドイツ有力紙『ビルト』によれば、ディナモ・ドレスデンなどブンデスリーガ2部の複数クラブが関心を示しており、獲得の動きもあるという。 2018.07.13 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋DFイム・スンギョム、木浦市庁FCに完全移籍…今季は大分へ期限付き移籍

▽名古屋グランパスは12日、大分トリニータに期限付き移籍中の韓国人DFイム・スンギョム(23)が韓国ナショナルリーグの木浦市庁FCに完全移籍することを発表した。 ▽韓国出身のイム・スンギョムは、2017年7月に韓国の名門・高麗大学校から名古屋に入団。2017シーズンは明治安田生命J2リーグに12試合、昇格プレーオフに2試合出場した。今シーズンは大分トリニータに期限付き移籍。しかし、天皇杯での1試合に出場がとどまっていた。 ▽木浦市庁FCへの完全移籍が決定したイム・スンギョムは、名古屋・大分の公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「Jリーグに来てから今まで、新しいサッカー観に出会い学ぶ事も多くすごく楽しかったです。 また違うチャレンジをすると同時に自分の成長の為に韓国に帰る事にしました」 「今まで多くの声援を下さり感謝しています。名古屋グランパスを応援しています。ありがとうございました」 ◆大分トリニータ 「6カ月間多くの応援に本当に感謝しております。シーズン通してチームの力になれず移籍となり申し訳ない気持ちです。チームを離れてもトリニータを応援します。本当にありがとうございました」 2018.07.12 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島、日本代表DF植田直通がベルギーへ セルクル・ブルーシュと基本合意

▽鹿島アントラーズは12日、日本代表DF植田直通(23)のセルクル・ブルージュKSV完全移籍で基本合意に達したと正式発表した。植田は15日に離日。メディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ。 ▽2013年に大津高校から入団した植田は以降、鹿島で着実に力をつけ、2016年にリオ・デジャネイロ オリンピックの日本代表に選出。2015年にA代表初招集を受けると、2017年のEAFF E-1サッカー選手権でデビューを果たしたが、メンバー入りのロシア・ワールドカップで出番がなかった。 ▽セルクル・ブルージュは、1899年創設のベルギー北西部ブルージュに本拠を置くクラブ。今シーズンから1部参戦を果たす昇格クラブであり、過去に3度のリーグ優勝を誇る。 ▽今シーズンもここまで日本代表DF昌子源と共に鹿島の主力センターバックを務めてきた植田。ロシアW杯終了後の海外挑戦決定を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「アントラーズでは5年半プレーさせてもらいましたが、試合に出られない時も、出ている時も、何ものにも変え難い濃密な時間を過ごすことができました。チームメート、スタッフ、フロントの方々と一緒に戦えたことは僕の財産ですし、いつも熱い声援を送ってくれるサポーターの皆さまがいたからこそ、ここまで成長できたと断言できます」 「しかし、自分にはサッカー選手として世界で活躍するプレーヤーになりたいという目標があり、今回のW杯をベンチから見て、世界の舞台で戦う選手たちと勝負するためには、もっともっと成長しなくてはいけないという思いを強くしました。シーズン途中の大切な時期にチームを離れることになり、本当に申し訳なく感じています。皆さんに成長した姿を見せられるよう、またいつか、素晴らしい形で再会できるよう、自分らしく戦ってきたいと思います。これまで応援していただき、本当にありがとうございました」 2018.07.12 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥取がYS横浜からDF西山雄介を獲得! 「目標のために全力を」

▽ガイナーレ鳥取は12日、Y.S.C.C.横浜に所属するDF西山雄介(23)の完全移籍加入を発表した。背番号は「33」に決定している。 ▽東京都出身の西山は、2017年に山梨学院大学からYS横浜に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグ10試合に出場した。両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆ガイナーレ鳥取 「はじめまして! この度、Y.S.C.C.から加入することになりました西山雄介です。シーズン途中での加入にはなりますが、いち早くチームに適応し、ガイナーレ鳥取の勝利に貢献したいと思います! J2昇格という目標のために全力を注ぎ、シーズンが終わった時にガイナーレ鳥取に関わる全ての皆様で喜びを分かち合いましょう! ニシ、ユースケと気軽に呼んで頂けたら嬉しいです! よろしくお願い致します」 ◆Y.S.C.C.横浜 「この度、ガイナーレ鳥取に移籍することになりました。チームが目標達成に向かって邁進している中、シーズン途中でチームを抜けるということに対して非常に申し訳なく思っていますし、自分の中でも決断に迷うこともありました。しかし挑戦したいという思いが強く、今回移籍する決断に至りました。大学も都リーグ所属で、無名の自分をJリーグという舞台でキャリアをスタートさせて頂いたYSCC。吉野理事長をはじめ、樋口監督、高田コーチ、チームメイト、関わってくださった全ての方々に感謝しています」 「また、どんな時も力強い声援を送ってくださったサポーターの皆様には、感謝していると共にシーズン途中でチームを離れることになってしまい非常に申し訳なく思っています。違うチームにはなりますが、選手としてこれからピッチで輝くことがそういった方々への恩返しになると思っているので、「あんな選手もいたなぁ」と覚えてもらえていたら嬉しいです! 一年半ありがとうございました」 2018.07.12 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

群馬MF志村駿太がザスパ草津チャレンジャーズへ期限付き移籍

▽ザスパクサツ群馬は11日、MF志村駿太(21)がザスパ草津チャレンジャーズへ期限付き移籍することを発表した。 ▽志村は、群馬県伊勢崎市出身で、群馬の下部組織出身。2016年にトップチームへと昇格すると、2017年はtonan前橋に期限付き移籍。2018シーズンは復帰していた。志村はクラブを通じてコメントしている。 「自分を見つめ直して成長できるよう頑張りたいと思っています。これからも応援していただけると嬉しいです。日々精進します!」 ▽なお、期限付き移籍期間は、2019年1月31日までとなる。 2018.07.11 18:58 Wed
twitterfacebook
thumb

杉山弘一監督契約解除の秋田、間瀬秀一氏の3シーズンぶり復帰を発表

▽ブラウブリッツ秋田は11日、10日付で契約を解除した杉山弘一監督の後任として、間瀬秀一氏が就任することが決定したことを発表した。同氏は12日のトレーニング合流する。 ▽間瀬氏は2015年1月に秋田の監督に就任して、指揮官としてのキャリアをスタート。2年間指揮した後に愛媛FCの監督に就任したが、2シーズン目を戦っていた2018年5月に契約を解除していており、今回3シーズンぶりの秋田復帰となった。 ▽間瀬監督の復帰後初陣は、16日の明治安田生命J3リーグ第18節のFC琉球戦になるようだ。 2018.07.11 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、清水からU-19中国代表DF呉少聰を期限付き移籍で獲得! 192㎝の大型DF

▽京都サンガF.C.は11日、清水エスパルスからU-19中国代表DF呉少聰(ウ・ショウ・ツォン/18)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月1日まで。なお、清水と対戦するすべての公式戦に出場することができない。 ▽呉少聰は、192㎝、74kgと大柄な体格に恵まれたレフティDF。2018年3月に北京控股足球倶楽部(中国)から清水に加入したが、ここまで公式戦での出場はなかった。現在はU-19中国代表の遠征に参加しているため、22日にチームに合流するとのことだ。 ▽京都への期限付き移籍が決定した呉少聰は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆清水エスパルス 「このたび、京都サンガへ期限付き移籍することになりました。エスパルスで学んだことを京都で活かして、早く試合に出られるように頑張ってきます。遠くからも応援を宜しくお願いいたします」 ◆京都サンガF.C. 「京都サンガF.C.のために、全力を尽くし、常に努力を重ね、ピッチに立ち貢献したいと思います。よろしくお願いします」 2018.07.11 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

秋田、杉山弘一監督の契約解除を発表…昨季J3優勝も今季苦戦

▽ブラウブリッツ秋田は11日、杉山弘一監督との契約を10日付で解除したことを発表した。後任については明かされていない。 ▽タイやシンガポールで指導者としての経験を積んだ杉山弘一監督は、2017年に秋田の監督に就任。2017シーズンでは最終節で逆転して首位に立ち、明治安田生命J3リーグ初優勝を成し遂げたが、J2ライセンスが未交付だったためJ2昇格はならず。さらに今シーズンはJ3連覇を目指すも、ここまで6勝3分け7敗で9位と苦戦。今月2日にはクラブとして初めてのJ2クラブライセンス取得に向けた申請を実施していた中での契約解除となった。 ▽杉山弘一監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ファン、サポーター、スポンサーの皆さん、選手、スタッフ、ブラウブリッツ秋田に関わる全ての方々に支えられて、2017シーズンも2018シーズンも充実した時間を過ごすことができました」 「心から感謝しています。特にどんな時も全力で取り組んでくれた選手たちには感謝したいです。ありがとうございました。シーズン途中でチームを去らなければならないことは残念に思いますし、申し訳なく思いますが、私もプロの監督ですから受け止めなければなりません」 「これからもブラウブリッツ秋田、そして秋田の街が元気に笑顔になっていくことを祈っています。本当にありがとうございました」 ▽また、今回の件に関して岩瀬浩介代表取締役社長兼強化部長は、以下のようにコメントしている。 「シーズンの前半戦を終え、今シーズンクラブが掲げた目標であるJ2昇格を達成することが現状のままでは困難であると判断し、この度杉山弘一監督との契約を解除することとなりました。杉山監督におかれましては、就任当初からこれまで監督業務に全身全霊、真摯に取り組んで頂きました」 「特に昨シーズンはクラブ初の優勝を成し遂げ、クラブの新たな歴史を築き上げ、J2昇格に向けた礎を築いていただきました。その多大なるご尽力と功績に心より感謝申し上げます」 「シーズン中盤でのリスタートとなりますが、株主、スポンサー、ファン・サポーターの皆様をはじめ、多くの皆さんに昨シーズン以上の感動をお届けできるよう最大の努力を続けて参ります」 「引き続きブラウブリッツ秋田へのご支援ご声援を何卒よろしくお願い致します」 2018.07.11 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、MFマティアス・カセラスの期限付き移籍解除「期待を裏切ることになり大変申し訳ない」

▽京都サンガF.C.は11日、ウルグアイ人MFマティアス・カセラス(26)の期限付き移籍の解除を発表した。 ▽マティアス・カセラスは2017年12月にウルグアイのプラサ・コロニアから期限付き移籍で加入。しかし、今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで2試合の出場にとどまり、6月には右ヒザ内側側副じん帯を損傷していた。 ▽京都の退団が決定したマティアス・カセラスは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、京都サンガF.C.を退団することになりました。日本に来て半年という短い間でしたが、ありがとうございました。私は海外でプレーするのが夢で、サンガからオファーをいただいた時はとても嬉しくチームに貢献したいと思ってきましたが、度重なる怪我や体調不良で思うようにプレーが出来ず、チームやサポーターの皆様の期待を裏切ることになってしまって大変申し訳なく思っています」 「怪我の治療などにご尽力をいただいたチームの方々には感謝しています。今サンガは大変な時期にありますが、クラブ全体が一丸となりこの状況を打開出来ますよう、心から応援しています」 2018.07.11 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エル・ニーニョの移籍先が決定! 新天地は鳥栖

▽元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)が10日、移籍先を表明した。行き先は、サガン鳥栖。シドニーFCや北京人和、シカゴ・ファイアーの名前も取り沙汰される中、一時破談が囁かれた鳥栖行きを決断した。 ▽トーレスは、2015年冬に幼少期から過ごす古巣アトレティコ・マドリーに復帰。だが、ヨーロッパリーグ(EL)優勝を置き土産に2017-18シーズン限りで退団した。過去、リバプールや、チェルシー、ミランでもプレー。チェルシーでチャンピオンズリーグとEL制覇を経験した。 ▽スペイン代表キャリアにおいては、2003年にデビュー。通算110試合38得点を誇り、2010年大会のワールドカップ優勝と、2008年から2大会連続のユーロ制覇に貢献した。 ▽なお、背番号は馴染みの深い「9」に決定。それに伴い、鳥栖は同日、元韓国代表FW趙東建の背番号が「9」→「19」に変更することを併せて発表している。 2018.07.10 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

山口、東京VからMF高井和馬を完全移籍で獲得! ルーキーイヤーの昨季はJ2で10発

▽レノファ山口FCは10日、東京ヴェルディからMF高井和馬(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「50」を着用する。 ▽2017年に日本体育大学からザスパクサツ群馬に入団した高井は、2017年の明治安田生命J2リーグで39試合10ゴールを記録。2018年には東京Vに加入したが、今シーズンの出場数はここまでJ2リーグの3試合、天皇杯の1試合にとどまっていた。 ▽山口への完全移籍を決断した高井は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆レノファ山口 「東京ヴェルディから移籍してきました高井和馬です。感謝の気持ちを持って、チームの目標に向かって精一杯プレーします。よろしくお願いします」 ◆東京ヴェルディ 「レノファ山口FCに移籍することになりました。サッカー選手として、まだまだ上に行く、もっと上手くなりたい、という思いが強く決断しました。短い間でしたが、ありがとうございました」 2018.07.10 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、3億強の宇佐美貴史から1億弱の伊東純也にシフトか

▽デュッセルドルフは、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得から完全撤退したのかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、ブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した日本代表FW原口元気と宇佐美。しかし、前者はハノーファー移籍が決まり、後者においても交渉の行き詰まりが取り沙汰されている。ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前から続く交渉に依然として進展がない模様だ。 ▽また、ドイツ『キッカー』によれば、宇佐美の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。そこで代役として名前が挙がったのが、Jリーグ屈指のドリブラーである柏レイソルのFW伊東純也(25)であり、移籍金は100万ユーロ(約1億3000万円)程度だという。 2018.07.10 14:15 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp