超ワールドサッカー

ニュース

thumb

鳥栖、MF鎌田大地のフランクフルト移籍合意を発表…MF長谷部誠とチームメートに

▽サガン鳥栖は24日、MF鎌田大地(20)がフランクフルトに完全移籍することで基本合意したと発表した。25日に行われる明治安田生命J1リーグ第16節の浦和レッズ戦がラストゲームとなり、試合終了後にセレモニーが実施される。 ▽愛媛県生まれでガンバ大阪ジュニアユース出身の鎌田は、2015年に東山高校から鳥栖に入団。類まれなるパスセンスでFW豊田陽平とともに鳥栖の攻撃をリードする存在としてプロ1年目から活躍した。プロ3年目の今シーズンは、J1リーグ15試合に出場して3ゴール。J1通算で64試合13ゴールを記録した。 ▽移籍先となるフランクフルトは現在、元クロアチア代表MFのニコ・コヴァチ監督が率い、今シーズンのブンデスリーガを11位でフィニッシュ。過去に高原直泰(現・沖縄SV)、MF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)、MF乾貴士(現・エイバル)が在籍したクラブで、現在はMF長谷部誠が在籍している。 2017.06.24 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季限りで讃岐退団のDF小澤雄希が現役引退 「最高のサッカー選手人生でした」

▽カマタマーレ讃岐は24日、昨シーズンまで所属したDF小澤雄希(33)の現役引退を発表した。 ▽小澤は高校卒業後、オランダのセミプロチームでプレー。2008年にセレクションを経て水戸ホーリーホックに加わり、プロキャリアをスタートさせた。その後、湘南ベルマーレ、SC相模原を経て、2014年に讃岐入り。2016シーズン終了後に契約満了に伴い、讃岐を退団した。 ▽現役引退後、一般企業に就職することが決定している小澤は、讃岐の公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「私、小澤雄希は、プロサッカー選手を引退します。小さい頃から夢だった、サッカー選手。プロになるため遠回りもしたけれど、その夢を叶え、9年間ピッチで戦えたこと。まずは自分によく頑張った、30年間のサッカー生活お疲れさま、と言ってあげたいと思います。選手生活は、最高の瞬間ばかりではなく、最悪の瞬間も、失敗もたくさんありました。挫折しそうになる時もあったけれど、家族、サポーターの皆様含め、自分を支えてくれたすべての人から、チャレンジする勇気をもらい、何度も立ち向かうことができました」 「これからは、スポーツ界に携わる仕事に就きます。日本のスポーツ界をもっと盛り上げるため、1日でも早く活躍できるよう頑張ります。最後に、プロサッカー選手を目指す子どもたちへ。誰にでも、プロサッカー選手になれるチャンスはあります。夢を持ち続け、最後まで諦めずに目標に向かって頑張ってください。チャンスはどこに転がっているか分かりません。掴むのも自分、逃すのも自分。常に準備をしていれば、そのチャンスを掴むことができると、今までの経験から断言します」 「本当に、最高のサッカー選手人生でした。応援してくださった皆様。本当にありがとうございました! これからも、SNSは利用したいと思いますので、気軽に話しかけてくださいね。僕とかまあげさんのこと、時々は思い出してくれると嬉しいです。それでは、また会う日まで!」 2017.06.24 13:41 Sat
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン、G大阪に続きU-20日本代表MF堂安律の加入発表…移籍形態は買取OP付きの期限付き移籍

▽オランダのフローニンヘンは23日、ガンバ大阪に続き、U-20日本代表MF堂安律(19)の期限付き移籍加入を発表した。フローニンヘン側の発表によれば、堂安は買取オプションが付いた2017-18シーズンまでの1年間の期限付き移籍加入となる。 ▽堂安は今後、G大阪の一員として25日に市立吹田サッカースタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第16節の川崎フロンターレ戦がラストマッチに。その後、28日にオランダへと旅立ち、メディカルチェックに問題がなければ正式契約を結ぶという。 ▽G大阪ユース時代から将来を嘱望されていた堂安は、同年5月のAFCアジアチャンピオンズリーグでクラブ史上2番目となる16歳11カ月11日で公式戦デビュー。高校3年生の2016年に飛び級昇格を果たした。U-20ワールドカップでは4試合3得点。今シーズンはクラブでも出場機会を増やし、J1リーグ9試合3得点を記録している。 2017.06.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

流通経済大FWジャーメイン良が特別指定選手として仙台に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、流通経済大学のFWジャーメイン良(22)を、19日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はベガルタ仙台となる。 ▽神奈川県出身のジャーメイン良は、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2015年から全日本大学選抜に選出されていた。ジャーメイン良は、クラブを通じてコメントしている。 「ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変嬉しく思います。この貴重な経験を通して、ベガルタ仙台、流通経済大学の勝利に少しでも貢献できる選手になるために日々のトレーニングから全力で取り組んでいきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.23 16:53 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、FWドゥドゥの登録抹消…全治8カ月の右ヒザ前十字じん帯断裂で治療中

▽柏レイソルは24日、FWドゥドゥの登録を抹消することを発表した。 ▽ドゥドゥは5月24日に行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ2017のグループステージ第6節、FC東京戦で負傷。その後の検査で全治8カ月の右ヒザ前十字じん帯断裂と診断され、現在も治療が続いている。 ▽21歳のドゥドゥは、2016年3月に柏入り。今シーズンは明治安田生命J1リーグの2試合に途中出場している。 2017.06.23 16:37 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟が名古屋DF大武峻を完全移籍で獲得「残留と言う大きな目標に向かってすべて出し尽くす」

▽アルビレックス新潟は23日、名古屋グランパスのDF大武峻(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。特別指定選手ながら当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、開幕スタメンを掴むなどJ1で12試合に出場。2年目の2015年は7試合の出場に留まったものの、2016年は20試合に出場。しかし、クラブ史上初のJ2降格となった。 ▽今シーズンからチームを率いる風間八宏監督の下では出場機会に恵まれず、ここまで明治安田生命J2リーグで1試合の出場に留まっている。大武は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「アルビレックス新潟のファン・サポーターの皆さんこんにちは、名古屋グランパスから来ました大武峻です。J2で出場機会のなかった私に、チャンスを与えてくださったアルビレックス新潟の皆さんに本当に感謝しています」 「現在のチームの状況はよく理解しています。まずは残留と言う大きな目標に向かって、自分の持てる力をすべて出し尽くして、チームに貢献できればと思っています」 「厳しい戦いが続くと思いますが、選手、スタッフ、サポーターが一丸となれば、必ずこの苦境を乗り越えられると思いますので、引き続き素晴らしいサポートをよろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスのファン・サポーターの皆さん、クラブに関わるスタッフ、パートナーの皆さん、特別指定選手の頃から合わせて約3年半、本当にお世話になりました。プロサッカー選手としての人生を名古屋グランパスという歴史ある素晴らしいクラブでスタートできたことを本当に誇りに思っていますし、名古屋グランパスで過ごした時間や経験は僕にとってのかけがえのない財産です」 「昨シーズン、名古屋グランパスを初めてJ2に降格させてしまい非常に責任を感じていますし、だからこそ今シーズン、1年でのJ1復帰に向けて全身全霊をかけて貢献していこうと思っていましたが、全くチームの力になれない今の自分にとても悔しさと怒りを感じています。そして、サポーターの皆さんには本当に申し訳なく思っています」 「チームがJ1昇格に向けて頑張っている時に退団することは非常に迷いました。しかし、自分自身の成長のため、環境を変えて新たなチャレンジをしようと決断しました。6月23日をもってグランパスを離れることになりますが、グランパスというクラブは僕の心の中に残り続けますし、これからも応援しています。またいつの日か成長してこのクラブでプレーできればいいなと思っています。約3年半、本当にありがとうございました」 2017.06.23 15:12 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズの契約満了を発表

▽FC東京は23日、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズ(29)が6月30日で契約満了となり、更新をしないことを発表した。 ▽2015年7月にニュージーランドのウェリントン・フェニックスから加入したネイサン・バーンズは、移籍1年目となった2015シーズンの明治安田生命J1リーグの10試合に出場し、2得点を記録。また、同年9月に行われたロシアW杯アジア2次予選第3戦のバングラデシュ代表戦では、代表初ゴールを挙げ、オーストラリア年間最優秀選手にもノミネートされた。 ▽しかし、その後クラブでは好不調の波があり、レギュラー定着は叶わず。今シーズンはトップチームでの出場はここまでYBCルヴァンカップの4試合のみ。U-23としては明治安田生命J3リーグに3試合していた。J1通算26試合3得点、J3通算6試合、リーグカップ戦通算6試合、天皇杯通算1試合、AFCチャンピオンズリーグ通算5試合1得点を記録にとどまっていた。 ▽契約満了が決定したネイサン・バーンズは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 「このたび、FC東京を離れることになりました。クラブを去るのはとても寂しいですし、仲間と別れることを残念に思います。FC東京での2年間は自分にとって貴重な経験の連続でした。もちろん良い時もあれば、そうでない時もありましたが、そのどれもが自分にとって大切な思い出です」 「そして、FC東京の16番のユニフォームに袖を通せたことを誇りに思います。いつも明るく接してくれたチームメイト、いつも選手のことを一番に考えてくれたコーチングスタッフ、たくさんの良い仲間に恵まれました。このチームで、この仲間でJ1、J3、ACLを戦えたことを本当に嬉しく思います。また、素晴らしいファン・サポーターのみなさんには、いつも支えていただき、感謝しています。みなさんの声援がいつも僕に力を与えてくれました」 「FC東京のこれからの活躍を心から願っています。将来、何かの形でまたFC東京に関われることを心から楽しみにしています。試合結果も毎試合楽しみにチェックしようと思います。素晴らしい時間、素晴らしい思い出、素晴らしい日々をありがとうございました」 「最後になりますが、これからも僕のサッカー人生は続いていきます。これからもネイサン バーンズを応援していただけると嬉しいです。このクラブで出会った全ての人を忘れません。さよならは言いません。また会う日まで。ありがとうございました。GO!F.C.TOKYO!」 2017.06.23 15:08 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島の下部組織で育った仙台大学DF川上盛司が特別指定で福島に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、仙台大学サッカー部のDF川上盛司(22)を、22日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は福島ユナイテッドFCとなる。 ▽栃木県出身の川上は、鹿島アントラーズのジュニア、ジュニアユース、ユースで育ち、仙台大学へと進学していた。川上はクラブを通じてコメントしている。 「福島ユナイテッドFCの特別指定選手に登録され、大変光栄に思います。感謝の気持ちと自覚を持ち精一杯プレーします。この貴重な経験を通して大きく成長したいと思います。よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.23 13:47 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が電撃発表、U-20日本代表MF堂安律が期限付き移籍でFCフローニンヘンへ

▽ガンバ大阪は23日、U-20日本代表MF堂安律(19)がオランダのFCフローニンヘンに期限付き移籍することを電撃発表した。移籍期間は2018年6月30日まで。25日に行われる明治安田生命J1リーグ第16節の川崎フロンターレ戦がラストマッチとなり、試合終了後にセレモニーが行われる。 ▽G大阪ユース時代から将来を嘱望されていた堂安は、高校2年生だった2015年に2種登録でトップチームに登録されると、同年5月のAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でクラブ史上2番目となる16歳11カ月11日で公式戦デビュー。2016年には高校3年生で飛び級昇格を果たした。 ▽2016年10月のU-19アジア選手権では、5大会ぶりのU-20ワールドカップ(W杯)出場権獲得に貢献すると共に大会MVPを受賞。同年のアジア年間最優秀ユース選手賞も受賞した。U-20W杯では4試合3得点。今シーズンはクラブでも出場機会を増やしており、J1リーグ9試合3得点を記録している。 ▽移籍先のフローニンヘンは、1980年にリーグ優勝経験のあるオランダのクラブで、昨シーズンのエールディビジを8位でフィニッシュ。かつてはMFアリエン・ロッベン(バイエルン)、FWルイス・スアレス(バルセロナ)などの名プレーヤーが所属していた。 2017.06.23 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府がFWガブリエルの選手登録抹消を発表…3月に重傷を負い長期離脱

▽ヴァンフォーレ甲府は23日、ブラジル人FWガブリエル(21)の登録抹消を発表した。 ▽ガブリエルは、2017年2月にサンパウロから期限付き移籍で加入。193cmの長身ストライカーとして期待されたが、3月に右足関節じん帯損傷、右足関節剥離骨折で約10週間と診断。ブラジルに帰国して治療しており、公式戦の出場がないまま選手登録が抹消されることとなった。 ▽なお、甲府は同日にブラジル人FWジュニオール・バホス(24)の獲得を発表していた。 2017.06.23 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、ブラジル人FWジュニオール・バホスの加入発表…「勝利に貢献したい」

▽ヴァンフォーレ甲府は23日、ブラジル人FWジュニオール・バホス(24)の加入を発表した。背番号は「29」に決定した。 ▽身長183cm、体重77kgのジュニオール・バホスは、アトレチコ パラナエンセでキャリアをスタート。その後、期限付き移籍でブラジル国内の複数クラブを転々とし、2016年9月から2017年3月までグアラニECでプレーしていた。 ▽甲府に加入することになったジュニオール・バホスはクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「日本でプレーをする貴重な機会をいただき深く感謝しています。日々のトレーニングから邁進し、ゴールを決めチームの勝利に貢献したいと思います。応援よろしくお願いします」 2017.06.23 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖がDF鄭昇炫を獲得、リオ五輪出場の韓国人CB

▽サガン鳥栖は23日、Kリーグクラシックの蔚山現代FCに所属する韓国人DF鄭昇炫(チョン・スンヒョン/23)の加入合意を発表した。 ▽鄭昇炫は、対人に長けた身長188cmのセンターバックで、リオ・デジャネイロ オリンピックの韓国代表にも選出された経歴の持ち主。同大会の4試合に全て先発出場を果たした。 ▽鳥栖は今シーズンの明治安田生命J1リーグ第15節終了の現時点で5勝5分け5敗の勝ち点20で12位に位置。25日に行われる次節は、ホームに8位の浦和レッズを迎え撃つ。 2017.06.23 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

東京VがビジャレアルBのスペイン人FWカルロス・マルティネスを完全移籍で獲得…今季は3部で20ゴール

▽東京ヴェルディは22日、ビジャレアルのBチームに所属するスペイン人FWカルロス・マルティネス(30)が完全移籍で加入することを発表した ▽カルロス・マルティネスは、UDAグラマネート、テッラーサFC、UEオロトとスペインのクラブでプレー。2015年7月からビジャレアルBに所属している。 ▽今シーズンはスペイン3部で38試合に出場し20ゴールを記録していた。カルロス・マルティネスはクラブを通じてコメントしている。 「スペインのビジャレアルからヴェルディに来ましたカルロス・マルティネスです。私の持っているすべての力を出すために、そして多くの得点を取るために、ヴェルディにやってきました。ぜひ、応援をお願いします」 ▽なお、カルロス・マルティネスは7月上旬に来日しチームに合流するとのこと。選手登録が完了次第、7月22日のカマタマーレ讃岐戦から出場が可能となる。 2017.06.22 21:09 Thu
twitterfacebook
thumb

大分、C大阪、松本でプレーした韓国代表MFキム・ボギョンが柏と完全移籍加入で合意

▽柏レイソルは22日、全北現代モータースの韓国代表MFキム・ボギョン(27)と完全移籍加入で合意に達したことを発表した。来日は来週の予定とのこと。 ▽キム・ボギョンは、2010年にセレッソ大阪に加入すると、外国籍選手枠の関係でそのまま大分トリニータへと期限付き移籍。J2で24試合出場6得点を記録。翌年にC大阪へ復帰すると、J1で26試合出場8得点を記録した。 ▽2012年はロンドン・オリンピックに出場するなどし、8月にカーディフへと移籍。その後、ウィガンへの移籍を経て、2015年9月に松本山雅FCへと加入した。松本ではJ1で6試合に出場。2016年から全北現代モータースでプレーしていた。 ▽全北現代では2016年のAFCチャンピオンズリーグに出場。グループステージではFC東京と同居するなどし、大会を制してクラブ・ワールドカップにも出場していた。 2017.06.22 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮が浦和とのACLで仲裁にも入った済州ユナイテッドのFWマルセロ・トスカーノの完全移籍加入内定を発表

▽大宮アルディージャは22日、済州ユナイテッドFCに所属するブラジル人FWマルセロ・トスカーノ(32)の完全移籍加入が内定したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 ▽マルセロ・トスカーノは、パウリスタやパラナ、フィゲイレンセ、アメリカ・ミネイロなどブラジル国内のクラブで長らくプレー。2010年8月から2013年1月まではポルトガルのヴィトーリアに所属すると、ポルトガル・プリメイラリーガで通算61試合に出場し12ゴール9アシストを記録していた。 ▽2016年1月に済州ユナイテッドFCに移籍すると、今シーズンはKリーグ・クラシックで13試合出場6ゴール、AFCチャンピオンズリーグで8試合に出場。グループステージではガンバ大阪と同居し1ゴールを記録。ラウンド16では浦和レッズと対戦し、1stレグで1ゴールを記録していた。マルセロ・トスカーノはクラブを通じてコメントしている。 「まずは今回、このような機会をくださった大宮アルディージャに感謝の言葉を伝えたいです。大宮アルディージャに加入することができ、とても光栄ですし、チームの目標を達成できるようにベストを尽くします。新しいチームメートやスタッフたちとの出会いも楽しみですし、素晴らしいファン・サポーターの前で、良いパフォーマンスでこたえたいと思います」 2017.06.22 16:23 Thu
twitterfacebook
thumb

「強じんなフィジカルを活かして重戦車のようにゴールに突き進むストライカー」 新潟が23歳のブラジル出身FWを獲得

▽アルビレックス新潟は22日、カフェタレロス・デ・タパチューラ(メキシコ2部リーグ)からドウグラス・タンキ(23)の移籍加入が内定したことを発表した。 ▽23歳のタンキは188cm92kgの大型FWで、これまでコリンチャンスやポンチプレッタでプレー。2015シーズンはザスパクサツ群馬に在籍し、4試合出場1得点の記録を残した。2016-17シーズンはメキシコ2部リーグで28試合出場10得点をマークしている。 ▽新潟はタンキの特徴について、「強じんなフィジカルを活かして重戦車のようにゴールに突き進むストライカー。利き足の左足はもちろん、右足、ヘディングから繰り出すパワフルで正確なシュートが持ち味で、高い決定力で得点源となる」と紹介している。 ▽移籍に際し、タンキは新潟の公式サイトで以下のコメントを残した。 「新潟に来ることができて非常に嬉しく思います。チームの状況はよく理解していますが、チームメイトとともに、力を合わせて目標を達成できるようにがんばっていきたいと思います。アルビレックス新潟のサポーターの皆様、引き続き素晴らしいサポートをいただけますよう、お願いいたします」 2017.06.22 15:11 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南、MF新井光の来季加入内定を発表! 長野出身の攻撃的MF

▽湘南ベルマーレは20日、長野市立長野高校に在籍するMF新井光(17)の2018シーズン加入内定を発表した。 ▽AC長野パルセイロ下部組織で育った長野県出身の新井は、足元の技術が高く、状況判断にも優れた攻撃的MF。2014年にU-16日本代表候補に招集された経歴を持つ。新井はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来シーズンより湘南ベルマーレに加入することとなりました新井光です。小学1年生からサッカーを始めて今まで、たくさんの人に支えてもらい今日を迎えることができました。これまで関わってくださった皆さんには本当に感謝しています。来シーズン、湘南で開幕から試合に出場する気持ちで、これからも日々の練習を頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.06.20 17:48 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、U-20日本代表FW岩崎悠人とプロA契約! 目標は「J1昇格に貢献」

▽京都サンガF.C.は20日、U-20日本代表FW岩崎悠人(19)とのプロA契約締結を発表した。5月24日に韓国で行われたU-20ワールドカップ(W杯)2017のグループステージ第2戦、U-20ウルグアイ代表戦で公式試合時間450分以上出場のプロA契約変更条件を満たした。 ▽滋賀県出身の岩崎は京都橘高校から今シーズン入団すると、ルーキーイヤーの今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ14試合1ゴールを記録。先のU-20W杯には、日本代表として2試合に出場を果たしていた。岩崎はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「プロA契約を締結することができ嬉しく思います。チームの目標であるJ1昇格に貢献できるよう、これからも強い気持ちをもってプレーしていきたいと思います」 2017.06.20 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

山口、アルゼンチン人MFと加入合意! 背番号は「24」に

▽レノファ山口FCは20日、アルゼンチン人MFマルセロ・ビダル(24)の加入合意を発表した。背番号は「24」。今後、メディカルチェック終了後に本契約を結び、22日のトレーニングから合流する。 ▽マルセロ・ビダルは、インデペンディエンテでプロキャリアをスタートさせた後、オリンポといったアルゼンチン国内のクラブでプレー。2016年からボリビアのブルーミングに所属していた。 ▽7月23日に行われる明治安田生命J2リーグ第24節のファジアーノ岡山戦から出場可能となるマルセロ・ビダルは、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「レノファ山口FCに来ることができてとても嬉しいです。勝利に貢献できるよう、全力でプレーしますので応援よろしくお願いします」 2017.06.20 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、元韓国代表FWファン・ウィジョの完全移籍加入を正式発表…背番号は「11」に決定

▽ガンバ大阪は20日、城南FCに所属する元韓国代表FWファン・ウィジョ(24)の完全移籍加入を正式発表した。背番号は「11」。登録ウインドーが開く7月21日以降から出場可能となる。 ▽また、城南FCも同日にファン・ウィジョのG大阪移籍を発表。移籍金については双方の合意の下で明らかにされていないものの、2年契約でのG大阪加入となる。 ▽韓国代表としても9試合1ゴールを記録するファン・ウィジョは、以前からG大阪の関心が伝えられてきた万能アタッカー。核となるスコアラー不在のG大阪にとって、待ち焦がれたストライカーの到着となる。 ▽ファン・ウィジョは、2013年にKリーグデビュー。公式戦通算139試合34ゴール8アシストを記録する184cmのストライカーで、2015年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のG大阪との2試合でいずれもゴールを決めていた。 2017.06.20 12:38 Tue
twitterfacebook
thumb

大分が湘南を退団したMFシキーニョを期限付きで獲得…選手登録の関係で7月22日まで出場不可

▽大分トリニータは18日、コインブラMGからMFシキーニョ(27)が期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は「10」となる。 ▽シキーニョは、コインブラMGから今シーズン湘南ベルマーレに期限付き移籍。明治安田生命J2リーグでは2試合の出場にとどまっていた。 ▽大分はシキーニョの特徴を「正確な左足のキックとスピードを武器に多くのチャンスを生み出すサイドアタッカー」と紹介している。 ▽シキーニョは18日のトレーニングからチームに合流するものの、選手登録の関係上7月22日の明治安田生命J2リーグ第24節の水戸ホーリーホック戦から出場可能となる。 2017.06.18 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南が10番を背負うMFシキーニョの退団を発表「とても良い時間を過ごすことができました」

▽湘南ベルマーレは18日、ブラジル人MFシキーニョ(27)の退団を発表した。期限付き移籍元であるコインブラMGに復帰するとのことだ。 ▽シキーニョは今シーズンから湘南に期限付き移籍で加入。背番号10を背負っていた。明治安田生命J2リーグではわずか2試合の出場にとどまっていた。シキーニョはクラブを通じてコメントしている。 「試合に出られない時も、サポーターの皆さんにはいつも応援していただき感謝しています。出場した2試合でも、すごく大きな声援を送っていただきました。5カ月という期間でしたが、とても良い時間を過ごすことができました。ありがとうございました」 2017.06.18 10:53 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟、ブラジル人MFジャン・パトリックとの契約を解除! リーグ不出場もルヴァンカップで1得点

▽アルビレックス新潟は16日、ブラジル人MFジャン・パトリック(24)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。ジャン・パトリックは同日、帰国することも併せて伝えられている。 ▽今季、ルーヴェルデンセから新潟に加入したジャン・パトリックだが、明治安田生命J1リーグでの出場はなかった。その一方で、ルヴァンカップでは2試合に出場し、横浜F・マリノス戦でゴールを記録していた。 2017.06.16 17:23 Fri
twitterfacebook
thumb

産業能率大学GK安田亘佑が福島に特別指定で加入「全身全霊をかけて全力でプレーしたい」

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、産業能率大学サッカー部のGK安田亘佑(22)を、15日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は福島ユナイテッドFCとなる。 ▽安田は兵庫県出身で、帝京第三高校から産業能率大学へと進学していた。安田はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、JFA・Jリーグ特別指定選手として、福島ユナイテッドFCでプレーできる機会をいただき、大変嬉しく思います。これまで支えてきて下さった方々に感謝し、恩返しできるように、日々の練習から全身全霊をかけて全力でプレーしたいと思います。少しでもチームの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.16 14:11 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪、FW一美和成とプロA契約!

▽ガンバ大阪は15日、FW一美和成(19)とのプロA契約締結を発表した。一美は5月21日に行われた明治安田生命J3リーグ第9節のアスルクラロ沼津戦で公式試合出場時間がプロA契約変更条件を満たした。 ▽熊本県出身の一美は、2015年に大津高校からの特別指定選手としてロアッソ熊本に加わると、翌2016年にG大阪入団。プロ2年目の今シーズンは、G大阪U-23の一員として明治安田生命J3リーグを主戦場に、8試合の出場を記録している。 2017.06.15 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アル・アインが広島DF塩谷司の獲得を発表

▽アル・アインは14日、サンフレッチェ広島から元日本代表DF塩谷司(28)を獲得したことを公式ツイッターで発表した。 ▽水戸ホーリーホックでキャリアをスタートさせた塩谷は2012年のシーズン途中に広島へ加入。在籍6年目となる広島ではこれまで公式戦186試合に出場し、23ゴールを記録。今季もここまで明治安田生命J1リーグ全試合に出場していた。 ▽2003年にAFCチャンピオンズリーグ(ACL) を優勝するなど、UAE屈指の強豪チームであるアル・アインは、今季もACLベスト8に残っており、8月22日にはアル・ヒラル(サウジアラビア)との準決勝1stレグが控えている。 ▽ACLでは結果を残しているアル・アインだが、国内リーグでは2014-15シーズン以来国内タイトルから遠ざかっており、今季は4位と低迷しAFCチャンピオンズリーグ出場権も逃していた。 2017.06.15 06:49 Thu
twitterfacebook
thumb

19位と低迷する熊本が清川浩行監督の退任を発表…池谷友良社長が3度目の指揮

▽ロアッソ熊本は14日、清川浩行監督(50)、財前恵一ヘッドコーチ(48)の退任を発表した。後任監督には過去にも監督を務めていた代表取締役社長の池谷友良氏(54)が就任する。また、代表取締役社長には、会長を務めていた永田求氏(66)が就任する。 ▽清川監督は、2010年に熊本のヘッドコーチに就任。2016年から監督を務めていた。昨シーズンは震災の影響もありながら、16位でシーズンをフィニッシュ。しかし、今シーズンは開幕から苦戦が続き、18試合を終えて4勝3分け11敗の19位に低迷していた。清川監督はクラブを通じてコメントしている。 「ファン、サポーターの皆様、スポンサー、株主の皆様、クラブを支えていただいている全ての皆様、いつもチームを後押しするご声援をいただき、誠にありがとうございます」 「2010年からロアッソ熊本でお世話になり、昨年から監督に就任し、チームの目標でもある「J1昇格」へ向けて、チームスタッフ、選手達と共に挑んできましたが、皆様のご期待に応えることができませんでした。また、昨年の熊本地震の際には、全国の皆様がチームを支えていただいたこと、心より感謝しています」 「私はクラブを去ることになりましたが、これからもロアッソ熊本へのご声援をどうぞよろしくお願いいたします」 ▽また、新監督に就任する池谷氏は、古巣の柏レイソルでヘッドコーチや監督を歴任。2005年に前身のロッソ熊本の監督に就任すると、2008年12月まで指揮。2008年8月からはGM(ゼネラルマネージャー)も兼任し、その後熊本の運営会社である株式会社アスリートクラブ熊本の取締役、社長に就任。2013年7月から12月までは吉田靖監督の解任に伴い、再び指揮を執っていた。 2017.06.14 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、FWファン・ウィジョ獲得へ移籍金協議中か

▽韓国メディア『朝鮮日報』など複数メディアは13日、城南FCに所属する元韓国代表FWファン・ウィジョ(24)のガンバ大阪移籍を報じた。 ▽伝えられるところによれば、城南FCとG大阪はファン・ウィジョの移籍に関して交渉中。現在、移籍金に関する協議に入っているという。 ▽しかし、城南FCに売却の意思はない模様。とはいえ、2部降格で昨年の半額以下に予算を減らされており、今夏に主力を売却せざるを得ない状況に陥っているようだ。 ▽報道によれば、城南FCとファン・ウィジョの契約は今シーズンまで。そのため、城南FCが移籍金に手にするためには、このタイミングでファン・ウィジョを手放すしかないとみられている。 ▽韓国代表としても8試合1ゴールを記録するファン・ウィジョは、以前からG大阪の強い関心が伝えられてきた万能アタッカー。今シーズンは2部で16試合3ゴールを記録している。 2017.06.14 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

びわこ成蹊スポーツ大学DF宮大樹が来季加入内定の神戸に特別指定で加入

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、びわこ成蹊スポーツ大学サッカー部のDF宮大樹(21)を、6日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はヴィッセル神戸となる。 ▽宮は大阪府出身で、清明学院高校からびわこ成蹊スポーツ大学へと進学。2017年には全日本大学選抜にも選出された経験がある。また、5月23日には、来シーズンからのC大神戸加入内定が発表されていた。宮はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンからヴィッセル神戸に加入することになりました、宮大樹です。本日はお集まりいただきありがとうございます。ヴィッセル神戸という素晴らしいクラブに加入することになり、大変嬉しく思っています。小さいころからの夢であったプロサッカー選手になれたのは、自分だけの力ではなく、家族・チームメイト・指導者の力があってこそです。中でも、毎試合応援に来てくれる両親には本当に感謝しています」 「ヴィッセル神戸にはお手本となる素晴らしい選手がたくさんいます。その選手たちから得るものがたくさんあると思うので、必死でくらいついて試合に出られるよう頑張っていきます。自分のストロングポイントは身長を活かした守備や左足からのフィードだと思っているので、日々の練習からさらに磨いてヴィッセル神戸の勝利に貢献していきたいです。応援してくださっている方々や家族、サポーターの方々のためにも、一日でも早く試合に出られるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.12 19:23 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉がDF岡野洵とプロA契約! 「ジェフに恩返しが出来るように」

▽ジェフユナイテッド千葉は11日、DF岡野洵(19)とのプロA契約締結を発表した。岡野は5月27日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節の愛媛FC戦で、公式試合時間450分以上出場のプロA契約変更条件を満たした。 ▽千葉の育成機関で育った岡野は、2014年9月に16歳ながら2種登録選手としてトップチーム登録されると、2016年に正式昇格。今シーズンはJ2リーグ6試合の出場を記録している。岡野はクラブ公式サイトで次のようにコメントした。 「A契約を締結できた事をとても嬉しく思います。今まで関わって下さったたくさんの人に感謝し、より高みを目指して日々精進していきたいと思います。1試合1試合全力で闘いジェフに恩返しが出来るように頑張りますので引き続き応援よろしくお願いします」 2017.06.11 11:39 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング