ニュース

thumb

湘南が順天堂大DF坂圭祐の来季加入内定を発表「全ての方々に感謝」

▽湘南ベルマーレは15日、順天堂大学のDF坂圭祐(22)が、来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽三重県四日市市出身の坂は、地元のクラブでサッカーを始め、四日市中央工業高校でのプレーを経て、順天堂大学に進学した。Jリーグクラブのユースに所属経験が無い同選手だが、2013年に全国高校選手権優秀選手に選ばれると、2014年には日本高校選抜、2017年にはユニバーシアード日本代表に選出。湘南は坂を「DFとしては小柄ながら打点の高いヘディングを持ち、また攻撃の起点となる正確なフィードを供給する」と評している。 ▽坂はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「来シーズンから湘南ベルマーレに加入することになりました坂圭祐です。プロサッカー選手としての第一歩を、素晴らしいチームでスタートできることを大変嬉しく思います」 「どんな時も自分を応援してくれた家族、多くのことを教えてくれた指導者やチームメイトなど全ての方々に感謝しています。そういった方々の想いを胸に、サッカー選手としてはもちろん、人間的にも成長し、1日でも早く湘南ベルマーレの力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.09.15 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南が国士舘大FW山口和樹の来季加入内定を発表「向上心を持ってプレー」

▽湘南ベルマーレは15日、国士舘大学のFW山口和樹(22)が、来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽身長155cmと小柄な体格の山口は、名古屋グランパスの下部組織出身だ。湘南は、同選手を「常にボールに関わる運動量を持ち、90分間高い質でパフォーマンスを継続する」と評している。 ▽山口は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントをした。 「来季より湘南ベルマーレに加入することとなりました山口和樹です。湘南という素晴らしいクラブでプロ生活をスタートできることを嬉しく思います。日々の練習で着実に成長し、自分の特長を磨くことのできるこのクラブで、向上心を持ってプレーしたいと思います」 「これまで支えてくださった方々への感謝を忘れず、1日でも早くベルマーレの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.09.15 16:29 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、FWウイルソンとの契約を解除

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、ブラジル人FWウイルソン(32)との契約を解除したことを発表した。 ▽コリンチャンスでキャリアをスタートさせたウイルソンは複数クラブへの移籍を経て、2012年にベガルタ仙台入りすると、リーグ戦13得点で同シーズンのベストイレブンを受賞した。しかし、3年目以降はケガも相次ぎ、昨シーズンで仙台を退団。今シーズンから甲府入りし、明治安田生命J1リーグ21試合に出場して2得点を記録していた。 2017.09.15 15:53 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、長身オーストラリア人FWを獲得

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、オーストラリア人FWヴァシリオス・コンスタンティニディス(31)が加入することを発表した。登録名は、「ビリー」とのこと。アジア枠での選手登録となる。 ▽188km、85kgのFWのビリーは右利きで、背番号は29番をつける。これまではギリシャのクラブを転々としており、2016年9月から今年6月まではギリシャのヴェリアに所属していた。 ▽ビリーは甲府の公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「このクラブの一員になれて誇りに思います。ゴールとアシストを沢山もたらし、チームに貢献できるように全力でプレーします」 2017.09.15 15:46 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜が東海学園大学FW榎本大輝を特別指定選手として受け入れ…独特なリズムのドリブルが特徴

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、東海学園大学サッカー部FW榎本大輝(21)を、13日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先のFC岐阜も発表している。 ▽榎本は千葉県出身で、中央学院高校から東海学園大学へと進学している。岐阜は榎本について「独特なリズムのドリブルとスピードでサイド突破を得意とするアタッカー」とプレーの特徴を紹介している。背番号は「29」。榎本はクラブを通じてコメントしている。 「今回特別指定選手としてJリーグのピッチに立てる機会をもらい、試合に少しでも多く関わっていけるように自分自身をレベルアップし自分の特徴を出してチームの勝利に貢献できるよう精一杯頑張っていきたいです。よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.09.15 13:06 Fri
twitterfacebook
thumb

筑波大学蹴球部FW北川柊斗が山形に特別指定選手として加入

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、筑波大学蹴球部FW北川柊斗(22)を、13日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先のモンテディオ山形も発表している。 ▽北川は三重県出身で、名古屋グランパスU-15、U-18でプレー。筑波大学へと進学していた。U-15からU-19まで日本代表を経験している。背番号は「42」をつける。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.09.15 13:03 Fri
twitterfacebook
thumb

常磐大学サッカー部GK井坂健太が“サッカーを始めるきっかけ”になった水戸に特別指定選手として加入

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、常磐大学サッカー部GK井坂健太(21)を、13日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先の水戸ホーリーホックも発表している。 ▽井坂は茨城県出身で、鹿島アントラーズノルテジュニアユースから第一学院高校、常磐大学へと進学していた。背番号は「37」。井坂はクラブを通じてコメントしている。 「この度、特別指定選手として登録をさせていただきました井坂健太です。小学生の頃から良く試合を観戦しに行き、私がサッカーを始めるきっかけになった水戸ホーリーホックに、特別指定選手として登録される事をとても嬉しく思います。チームに貢献できるように、そして今まで支えてくれた方々に恩返しをできるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.09.15 13:01 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木SCが下部組織出身の作新学院大学MF法師人将大を特別指定選手として受け入れ

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、作新学院大学サッカー部MF法師人将大(ほうしとまさひろ/22)を、13日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先の栃木SCも発表している。 ▽法師人は栃木県出身で、栃木のジュニアユース、ユースと昇格し、作新学院大学に進学していた。法師人はクラブを通じてコメントしている。 「特別指定選手になった法師人将大です。栃木SCにはジュニアユース、ユースと6年間お世話になっているので嬉しく思います。J2昇格に向けてまだまだリーグ戦は続きますが、チームに貢献できるよう頑張ります」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.09.14 19:17 Thu
twitterfacebook
thumb

流経大MF守田英正、阪南大MF脇坂泰斗、筑波大MF三笘薫の3名が川崎Fに特別指定選手として加入

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、流通経済大学体育局サッカー部MF守田英正(22)、阪南大学サッカー部MF脇坂泰斗(22)、筑波大学蹴球部MF三笘薫(20)の3選手を、9日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先の川崎フロンターレも発表している。 ▽守田は大阪府高槻市出身で、金光大阪高校から流通経済大学へと進学していた。脇坂は神奈川県横浜市出身で、川崎Fのユースから阪南大学へと進学、三苫は現在2年生で、神奈川県川崎市出身。U-10から川崎Fに所属しており、筑波大へと進学していた。3選手とも2017年のユニバーシアード日本代表のメンバーで、守田と脇坂は来シーズンからの川崎Fへの加入が内定している。3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆No.33 MF脇坂泰斗 「川崎フロンターレの特別指定選手に登録されることを大変嬉しく思います。1日でも早くフロンターレの力になれるよう日々努力していきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆No.34 MF守田英正 「川崎フロンターレの特別指定選手に登録されることを大変嬉しく思います。この貴重な経験を通して、川崎フロンターレと流通経済大学の勝利に少しでも貢献できる選手になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆No.35 MF三笘薫 「この度、川崎フロンターレの特別指定選手として登録していただくことになりました。再び川崎フロンターレの選手としてプレーできることを嬉しく思います。これまで支えてくれたすべての人に感謝すると共に、これからもひたむきに努力し、チームに貢献できるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.09.14 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

柏、アカデミー4選手の来季トップ昇格内定を発表

▽柏レイソルは14日、GK猿田遥己(18)、DF田中陸(18)、DF中川創(18)、DF宮本駿晃(18)の来シーズントップチーム昇格内定を発表した。 ▽4名は、柏U-18所属の選手。昇格内定を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆GK猿田遥己 「来季からトップチームに加入することになった猿田遥己です。プロサッカー人生の一歩目をこのクラブで始められることをとても光栄に感じています。これまで支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れず、恩返しできるように頑張りたいと思います」 ◆DF田中陸 「小学4年生の時にセレクションに合格して以来、レイソルでプロになることを目標にしてきたので、トップ加入が決まり、とても嬉しいです。これまで支えて下さった方々に感謝し、チームに貢献できるよう日々精進して行きます」 ◆DF中川創 「来シーズンからレイソルのトップチームに加入することになりました、中川創です。柏レイソルでプロサッカー選手をスタートすることができ、大変嬉しく思います。支えてくださった方々への感謝を忘れることなく、チームの力になれるよう日々精進していきます」 ◆DF宮本駿晃 「来季から加入することになりました宮本駿晃です。この柏レイソルでプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまでずっと自分を支えてくださった多くのみなさんへの感謝の気持ちを胸に、頑張って行きたいと思います」 2017.09.14 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM、ユース所属3選手の来季トップチーム昇格を発表

▽横浜F・マリノスは14日、MF堀研太(18)、MF山田康太(18)、DF西山大雅(18)が来シーズンよりトップチームに昇格することを発表した。 ▽3名はユース所属の選手。トップチーム昇格を受け、3選手はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆MF堀研太 「今回トップチームに昇格することができ本当に嬉しく思っています。僕は小学2年生から横浜F・マリノスに所属しており、トップチーム昇格は幼い頃からの目標でした。目標が叶い嬉しく思いますが、ここで満足することなくこれからはプロとしての自覚を持ちプレーしたいと思います。僕の長所であるドリブルからのシュートと相手DFの背後への動き出しでチームに貢献したいです」 ◆MF山田康太 「小さい頃からお世話になった横浜F・マリノスでプロとしてのスタートを切れることが非常に嬉しいです。人間としてもプレイヤーとしても成長させてくれたクラブなのでいち早くピッチに立ってチームに貢献できるように頑張っていきます」 ◆DF西山大雅 「子供の頃から憧れていた横浜F・マリノスでプロ生活をスタートできることを大変嬉しく思います。これまでのサッカー人生の中でプロサッカー選手になることを目標としていましたが、ここで満足してしまってはこの厳しい世界で生き残っていけないと思っています。日々レベルアップするための努力を惜しまず、少しでもチームの力になれるように精一杯頑張ります」 2017.09.14 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

富山が水戸DF佐藤和樹を育成型期限付き移籍で獲得「昇格に向けて少しでも力になれるように全力を尽くしたい」

▽カターレ富山は12日、水戸ホーリーホックのDF佐藤和樹(24)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は9月13日から2018年1月31日までとなる。 ▽佐藤は名古屋グランパスのU-18出身で、2015年に名古屋から水戸へ移籍。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで11試合に出場したものの、今シーズンはここまで出場機会がなかった。佐藤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆カターレ富山 「水戸から育成型期限付き移籍で加入することとなりました、佐藤和樹です。昇格に向けて少しでも力になれるように全力を尽くしたいと思っています。応援をよろしくお願いします」 ◆水戸ホーリーホック 「昨年チームに加入してから今まで、あまり力になれなかった事を悔しく思っています。それでも温かく接してくれたファン・サポーターの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。富山に行くことになりましたが、選手としても人間としてもパワーアップしていけるように、変わらず頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 2017.09.12 20:39 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山が佐賀大学MF松本健太郎の来季加入内定を発表「スピードに乗ったドリブルを生かし勝利に貢献」

▽ファジアーノ岡山は11日、佐賀大学のMF松本健太郎(21)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。 ▽佐賀県出身の松本は、佐賀北高校を経て、佐賀大学に進学。2016年には、九州選抜としてデンソーカップチャレンジに出場していた。松本は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「幼い頃からの夢であったプロサッカー選手のスタート地点に立てたことを大変嬉しく思うとともに、今までお世話になった全ての方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。このファジアーノ岡山という素晴らしいクラブで、サッカー選手としてはもちろん、一人の人間として大きく成長できるよう、常に明確な目標を設定して取り組んでいきます」 「自分の持ち味であるスピードに乗ったドリブルを生かし、ファジアーノ岡山の勝利に貢献できるよう全力で闘いますので、応援をよろしくお願いします」 2017.09.11 15:34 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京、新監督として安間貴義コーチの昇格を発表!

▽FC東京は10日、同クラブのコーチを務めていた安間(あんま)貴義氏(48)が暫定監督に就任したことを発表した。期間は明かされていない。また、空席となるコーチの枠にはスカウティング部の宮沢正史氏が就くことも併せて伝えた。 ▽安間新監督は、1969年の5月23日生まれ。Jリーグでの試合経験はないが、日本フットボールリーグ(JFL)に属するHonda FCの前身である、本田技研工業で選手としてプレー。引退後は、2002年から2004年までHonda FCで指揮を執った後、ヴァンフォーレ甲府、カターレ富山の監督を経て、2015年にFC東京のコーチに就任。安間新監督はクラブ公式サイトを通じてコメントした。 「これからの9試合を来シーズンにつなげていけるようにしたいと思います。もう一度目線を前に向けて、一日一日を積極的に、一試合一試合を全力でFC東京らしく戦っていきたいと考えています。そして、みなさまがFC東京に寄せる期待に応え、誇りを持ってもらえるよう、気持ちの部分から変えていきたいと思います。引き続き、ご声援をよろしくお願いいたします」 ▽FC東京は、明治安田生命J1リーグ第25節終了時点で10位と振わず。同日、2016年途中から指揮を執っていた篠田善之前監督の解任を発表していた。 2017.09.10 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪、山口に期限付き移籍していたFW米澤令衣の復帰を発表

▽セレッソ大阪は10日、レノファ山口FCに期限付き移籍をしていたFW米澤令衣(21)が12日付けで復帰することを発表した。 ▽大阪府出身の米澤は、2015年にヴィッセル神戸U-18からC大阪に加入し、同年5月にはブラウブリッツ秋田に期限付き移籍を果たした。プロ3年目となった今シーズンは山口に期限付きで加入し、明治安田生命J2リーグでここまで16試合に出場していた。 ▽C大阪への復帰が決定した米澤は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「このタイミングですがセレッソに戻る決断をしました。山口に来てたくさんの温かいサポーターに出会いみなさんの前でプレーすることができとても幸せでした。短い期間でしたがありがとうございました」 ◆レノファ山口FC 「レノファ山口から復帰することが決まりました。シーズン残り少ないですがチームのために全力でプレーします。よろしくお願いします」 2017.09.10 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京、篠田善之監督の退任を発表…大型補強虚しく今季無冠濃厚

▽FC東京は10日、篠田善之監督(46)の退任を発表した。なお、後任監督については明らかにされていない。 ▽2016年途中からトップチーム監督に就任した篠田監督は、今シーズンが指揮2年目。オフの大型補強に注目を集めたが、明治安田生命J1リーグ第25節終了時点で10位と期待を裏切っている。また、ルヴァンカップ、天皇杯でも既に敗退。無冠が濃厚だ。 ▽今シーズン限りでFC東京を去ることになった篠田監督は、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「日頃より、温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。期待に沿えるような成績を残すことができず、ファン・サポーターやすべてのFC東京に関わるみなさまに大変申し訳なく思っております。2012年から5年半FC東京でサッカーと向き合い、また多くの方々と出会えたことに、心から感謝しています。これからの東京のさらなる発展のために、選手、クラブを今後もサポートしていただければと思います」 2017.09.10 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸が浦和からMF伊藤涼太郎を育成型期限付き移籍で獲得「全力で取り組む」

▽水戸ホーリーホックは9日、浦和レッズのMF伊藤涼太郎(19)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。 ▽セレッソ大阪U-15出身の伊藤は、作陽高校から2016年に加入。加入1年目にJ1デビューを果たし1試合に出場、今シーズンはルヴァンカップで1試合に出場していた。伊藤はクラブを通じてコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「みなさん、こんにちは。育成型期限付き移籍で加入することとなりました伊藤涼太郎です。チームの力になれるよう全力で取り組み、1日でも早く、ファン・サポーターのみなさんに認めて頂けるよう頑張ります。よろしくお願いします」 ◆浦和レッズ 「このたび、水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍をすることとなりました。日々、全力で取り組み、試合に出場して成長できるようにがんばりますので、今後とも、応援、よろしくお願いいたします」 2017.09.09 23:11 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷川健太監督、今季限りでG大阪指揮官を退任 2014年の国内三冠を含む4つのタイトルを獲得

▽ガンバ大阪は7日、長谷川健太監督(51)と来シーズンの契約を更新しないことを発表した。後任については、明らかにされていない。 ▽長谷川監督は、2013年からG大阪を指揮。同年にJ2優勝で1年でのJ1復帰に導くと、翌年に前人未到の昇格初年度での国内三冠(J1リーグ、Jリーグカップ、天皇杯)を達成するなど、計4つのタイトルをチームにもたらしてきた。 ▽G大阪の山内隆司代表取締役社長は、長谷川監督の退任を受けて、次のようにコメントした。 「長谷川監督には、ガンバ大阪がJ2に降格した翌年、2013シーズンに就任して頂きました。J1昇格を義務付けられた難しいシーズンでしたが、優勝して一年で復帰することが出来ました。そして、何より復帰した2014シーズンには、後半から驚異的に勝ち星を重ね、J1リーグで優勝を飾るだけでなく、ナビスコカップや天皇杯も優勝し、昇格即3冠という偉業を成し遂げることが出来ました。2015シーズン以降は、アジアの舞台で再び戦いながら、国内でも常に優勝争いにチームを導き、2015シーズンの天皇杯優勝など、素晴らしい指導力を遺憾なく発揮して頂きました」 「また、2016シーズンのベストヤングプレーヤー賞を受賞し、日本代表にも選出された井手口選手や、U-20ワールドカップ2017で日本代表の中心選手として活躍した堂安選手など、若手選手を積極的に起用し、チーム力の底上げにも大きく貢献していただきました」 「しかし、クラブとしては、今、新たなステージに向けてステップを踏み出す時と考え、熟考のうえ、長谷川監督からの卒業はこのタイミングだと判断しました。この5シーズンの間、J2に降格して厳しい状況だったガンバ大阪を救い、さらにJ1で4度の優勝へ導いて頂いた長谷川監督には心より感謝申し上げます」 「今シーズンも全てのタイトルを狙う姿勢に変わりはありません。ファン・サポーターの皆様も残りのシーズン、引き続き熱い応援をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします」 2017.09.07 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

札幌、東京Vでプレーしたブラジル人MFニウドが福島に加入!!

▽福島ユナイテッドFCは7日、ブラジル人MFニウド(24)が加入することを発表した。 ▽2014年に東京Vでプレーしたニウドは、J2リーグ戦24試合で2ゴールをマーク。翌シーズンには札幌に加入して、J2リーグ戦13試合に出場した。その後はブラジルに帰国していたが、シーズン途中から福島に加入することが決まった。 ▽ニウドはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「日本でのこの新しい挑戦に非常に気力に満ち溢れています!自分の仕事に対して信頼をおいてくれた全ての役員、コーチングスタッフに感謝しています!選手やコーチングスタッフも快く受け入れてくれて、グラウンドで御返ししたいと思います!」 2017.09.07 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島が仙台MF佐々木匠を育成型期限付き移籍で獲得

▽徳島ヴォルティスは6日、MF佐々木匠(19)をベガルタ仙台から育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2018年1月31日まで。背番号は『30』を着用することが決定している。 ▽ベガルタ仙台の下部組織出身である佐々木は、2017年にトップチームでデビューを飾った。今シーズンは、ここまで公式戦13試合に出場し、3得点を記録している。佐々木は両クラブ公式サイトを通じてコメントした。 ◆徳島ヴォルティス 「ベガルタ仙台からきました佐々木匠です。徳島ヴォルティスのサッカーに魅力を感じこのチームでプレーしたいと思い決断しました。徳島ヴォルティスのJ1(明治安田生命J1リーグ)昇格のために全力を尽くし、チームに貢献できるよう頑張ります! 応援よろしくお願いします! 」 ◆ベガルタ仙台 「このたび、徳島ヴォルティスへ育成型期限付移籍することになりました。小さい頃からプレーしてきた大好きなベガルタ仙台、生まれ育った仙台を離れることを決断するのは簡単ではありませんでしたが、自分自身をさらに成長させるために移籍することにしました。徳島ヴォルティスのJ1昇格のために全力を尽くし、必ず成長して帰ってきます。これからも応援よろしくお願いします」 2017.09.06 13:46 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FCが内田智也の現役引退を発表…今後は社員として勤務

▽横浜FCは5日、香港プレミアリーグに所属するSouthern District FCのMF内田智也(34)が現役引退することを発表した。また、5日より横浜FC HAMABULEプロジェクトコミュニケーションマネージャーとして横浜FCの事業部員として勤務することも発表している。 ▽三重県出身の内田は、四日市中央工業高校から2002年に横浜FCへ入団。6シーズン在籍すると、2008年に大宮アルディージャへと移籍。3シーズンプレーし、2011年にヴァンフォーレ甲府へ移籍すると、2012年から横浜FCに復帰してプレーしていた。J1通算79試合4得点、J2通算230試合18得点、カップ戦では9試合1得点、天皇杯では21試合4得点を記録していた。内田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、16年間の現役生活を終えることをきめました。応援していただいていたサポーターのみなさん、本当にありがとうございました。自分の実力以上に長くプレーできたのは、サポーターのみなさんが時に厳しく、時には優しくそしていつもそばで支え続けてくださったからだと思っています。これからは、違う形になりますが横浜FCというクラブに貢献していけたらと思っています。たくさんの方々とまたスタジアムでお会いできるのを楽しみにしています。本当にありがとうございました」 2017.09.05 15:37 Tue
twitterfacebook
thumb

徳島、静岡学園MF渡井理己の来季加入内定を発表

▽徳島ヴォルティスは5日、静岡学園高校MF渡井理己(18)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。 ▽静岡県出身の渡井は、リベルダージFCから静岡学園に進学。身長168cm、体重58kgのミッドフィルダーだ。 ▽加入が内定した渡井は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になることが出来、大変嬉しく思います。これまでたくさんの方に支えてもらったおかげで、ここまで来ることが出来たので本当に感謝しています。今までお世話になった方々に恩返しできるように精一杯プレーしたいと思います。そして夢を実現させていただいたチームに貢献できるように、1日でも早く試合に出て、結果を残せるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2017.09.05 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン堂安律の実兄が長野に入団! びわこ成蹊スポーツ大学から加入へ

▽AC長野パルセイロは1日、びわこ成蹊スポーツ大学MF堂安憂(21)の来季加入内定を発表した。 ▽堂安は加入の喜びをクラブの公式サイトで以下のように語っている。 「サッカーを始めたときの目標がプロサッカー選手になることで、まずはその目標をかなえることができ、とても嬉しく思います。自分を必要としてくれたAC長野パルセイロに関わるすべての方々、これまで自分のサッカーに関わり、成長させてくれた家族、仲間、スタッフの方々に本当に感謝しております」 「一日でも早くピッチに立ち、チームの勝利に貢献できるよう日々頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします」 2017.09.01 17:34 Fri
twitterfacebook
thumb

興国高校MF島津頼盛が金沢に特別指定で加入…C大阪U-15出身

▽日本サッカー協会(JFA)は30日、興国高校のMF島津頼盛(18)を、28日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はツエーゲン金沢となる。 ▽島津は大阪府出身で、セレッソ大阪のU-15に所属。興国高校に進学していた。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.08.30 21:42 Wed
twitterfacebook
thumb

九州産業大学GK加藤大喜が山口に特別指定で加入

▽日本サッカー協会(JFA)は30日、九州産業大学のGK加藤大喜(21)を、29日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はレノファ山口FCとなる。なお、背番号は「48」をつける。 ▽加藤は熊本県出身で、高校は鹿児島県の神村学園高校に進学。その後、九州産業大学に進学していた。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.08.30 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

阪南大学のユニバ代表MF重廣卓也が京都に特別指定で加入「勝利のために頑張りたい」

▽日本サッカー協会(JFA)は30日、阪南大学サッカー部のMF重廣卓也(22)を、21日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は京都サンガF.C.となる。なお、背番号は「38」をつける。 ▽重廣は、広島皆実高校から阪南大学へと進学。ユニバーシアード日本代表にも選ばれ、第29回大会の優勝メンバーの1人として活躍した。重廣はクラブを通じてコメントしている。 「いち早くチームに馴染み、戦力になれるよう、京都サンガの勝利のために頑張りたいと思います」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.08.30 21:38 Wed
twitterfacebook
thumb

山口がGKコーチの平井直人氏を選手登録…7年ぶりの現役復帰、古巣の京都戦から起用可能に

▽レノファ山口FCは30日、GKコーチを務めていた平井直人氏(39)が現役復帰を果たすことを発表した。選手登録がされ、第31節の京都サンガF.C.戦から出場が可能となる。 ▽平井は京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)のユース出身で、1997年にトップチームへ昇格。2010年までプレーし現役を引退していた。J1通算100試合、J2通算113試合に出場している。 ▽引退後は京都のU-18でGKコーチを務め、2013年からは愛媛FCのトップチームGKコーチに就任。2015年に京都に戻ると、今シーズンから山口でコーチを務めていた。平井はクラブを通じてコメントしている。 「このたび選手登録をすることになりました。対戦相手が京都サンガF.C.であることに感慨深いものがありますが、レノファが勝つために自分ができることを遂行することに変わりはないので、全力で京都に勝利したいと思います。よろしくお願いします」 2017.08.30 21:31 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田がカールスルーエ退団のMF山田大記の復帰を発表!「ドイツで成長した姿を見せられるように」

▽ジュビロ磐田は30日、カールスルーエを退団していたMF山田大記(28)が完全移籍で加入することを発表した。31日のトレーニングから参加予定とのことだ。 ▽山田は明治大学から2011年に磐田に加入。背番号10を背負い、1年目からJ1で29試合に出場し5得点を記録。その後も主力としてプレーし、3シーズンでJ1通算90試合出場22得点を記録していた。2014年はJ2での戦いとなるも17試合に出場し3得点を記録。2014年7月に当時ブンデスリーガ2部のカールスルーエに完全移籍した。 ▽カールスルーエでも主力としてプレーしていた山田は、3シーズンでブンデスリーガ2部88試合に出場し10得点14アシストを記録。しかし、チームは2016-17シーズンのブンデスリーガ2部で低迷。今シーズンから3部に降格し、山田は契約満了で退団していた。山田はクラブを通じてコメントしている。 「再びサックスブルーのユニフォームを着て、プレーさせてもらうことになりました。自分を育ててくれたジュビロ磐田というクラブと応援してくれるサポーターの為に、自分にできることを精一杯やりたいと思います。ドイツで成長した姿を見せられるように頑張ります。ジュビロに関わる全ての皆さん、改めてよろしくお願いします」 2017.08.30 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

山形、FW中村駿太の来季加入内定を発表

▽モンテディオ山形は30日、青森山田高校のU-19日本代表FW中村駿太(18)の来季加入が内定したことを公式発表した。 ▽170cm66kgの中村は、現在青森山田高校の3年。過去に柏レイソルのユースに所属しており、U-19日本代表以下の各年代の代表に招集されてきた逸材だ。 ▽山形は中村のプレーの特徴について、「多彩なシュートのテクニック、DFラインの裏に抜ける動き出し、クロス時のゴール前でのマークを外す動きなど得点を取るためのプレーに優れる選手」と紹介している。 ▽加入内定を受けて、中村は山形の公式サイトで以下のコメントを残している。 「この度、青森山田高校から加入することになりました。中村駿太です。サッカーを始めてから最初の目標であったプロサッカー選手になることが出来てとても嬉しく思います。モンテディオ山形に関わる全ての方々、これまで自分に携わってくれた全ての方々には本当に感謝しています。少しでも早くピッチに立ち、チームの勝利に貢献出来るように頑張ります。応援よろしくお願いします!」 2017.08.30 11:11 Wed
twitterfacebook
thumb

町田が特別指定選手の日本体育大学GK福井光輝の来季加入内定を発表

▽FC町田ゼルビアは30日、日本体育大学のGK福井光輝(21)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽福井は、湘南ベルマーレのジュニアユース出身で、湘南工科大学附属高校から日本体育大学へと進学。U-18日本代表候補にも選出された経験がある。また、今シーズンは特別指定選手として町田に在籍。明治安田生命J2リーグで2試合ベンチ入りを果たしている。福井はクラブを通じてコメントしている。 「このクラブに正式に加入できることを心からうれしく思います。そして、今まで育ててくれた家族、サポートしてくださった指導者の皆様、たくさんの友人、自分を支えてくれた全ての方々に感謝しています」 「今シーズン、特別指定選手としてトレーニングやリーグ戦にも数試合、関わることができ、ゼルビアというチーム、そしてサポーターの皆様の雰囲気が好きになりました。クラブが近い将来のJ1昇格を目指している中で、自分もその歴史に加わりたいと思い、決断致しました」 「1日でも早く試合に出てお世話になった皆様への恩返し、そして昇格に貢献できるように頑張りたいと思います。サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、これからも応援をよろしくお願い致します」 2017.08.30 11:08 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング