ニュース

thumb

新潟、新潟医療福祉大FW矢村健の来季加入内定を発表! 今季は特別指定でプレー

▽アルビレックス新潟は13日、新潟医療福祉大学に所属するFW矢村健(21)の来シーズン加入内定を発表。また、今シーズンは特別指定選手としてトップチームでプレーすることも併せて発表している。背番号は「39」を着用する。 ▽矢村は、市立船橋高校から新潟医療福祉大学に進学した身長168㎝、体重66㎏のフォワード。クラブは同選手の特徴を「裏へ抜け出すセンスと泥臭いプレーが武器。ゴールへの推進力と得点感覚に優れたストライカー」と紹介している。 ▽来シーズン加入内定と特別指定選手登録が決定した矢村は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今まで自分に携わってくれた方々に感謝しています。強化指定選手とかは関係なく、一日も早く試合に絡める選手になり、大学、アルビレックスともに刺激を与えられる存在になります。これがゴールではなく、さらに成長できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.13 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

栃木、7月に選手登録抹消のDFディオゴ・フェレイラと契約解除

▽栃木SCは12日、オーストラリア人DFディオゴ・フェレイラ(28)の契約解除及び帰国を発表した。 ▽ユース時代にポルトなどに所属していたディオゴ・フェレイラは、メルボルン・ビクトリーら母国クラブを渡り歩いた後、2018年にモフン・バガンAC(インド)から栃木に加入。しかし、ここまで公式戦での出場はなく、7月に選手登録を抹消されていた。 ▽クラブの発表によると、ディオゴ・フェレイラはすでに9日に帰国しているとのこと。 ▽退団したディオゴ・フェレイラは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、クラブを退団してオーストラリアへ帰国する事となりました」 「日本で素晴らしい経験をさせていただき感謝しています。 栃木SCの今後の幸運と発展を祈っています。ありがとうございました」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.13 08:50 Thu
twitterfacebook
thumb

山口、流通経済大DF小野原和哉の来季加入内定を発表「全力で取り組みます」

▽レノファ山口FCは12日、流通経済大学のDF小野原和哉(22)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽大阪府出身の小野原は、U-18ジュビロ磐田を出て流通経済大でキャリアを継続。今回の内定に際し、以下のようにコメントしている。 ◆小野原和哉 「来シーズンよりレノファ山口FCに加入することになりました、小野原和哉です。今まで関わってくれた全ての方に感謝し、レノファ山口FCの勝利のため、また、山口県を盛り上げる事で恩返しできるように全力で取り組みます。応援よろしくお願いします」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.12 10:53 Wed
twitterfacebook
thumb

山形、東洋大MF坂元達裕の来季加入内定を発表 「日々向上心を持ち努力していきたい」

▽モンテディオ山形は11日、東洋大学のMF坂元達裕(21)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽東京都出身の坂本は、FC東京U-15むさしから前橋育英高校に入学し、東洋大学に進学。山形は同選手を「得点感覚に優れ、連携で打開できるアタッカー、両足から精度の高いボールを供給でき、ゴールを奪える選手」と評価している。 ▽坂本は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆坂元達裕 「この度、モンテディオ山形に加入することになりました坂元達裕です」 「幼い頃から憧れていたプロという舞台に、素晴らしいクラブでスタートできることを、大変嬉しく誇りに思います」 「今までお世話になった全ての方々、モンテディオ山形に関わる全ての方々に結果で恩返しができるよう、日々向上心を持ち努力していきたいと思います。応援よろしくお願い致します」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.11 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

富山FW西晃佑が期限付き移籍満了で富山新庄クラブから復帰!

▽カターレ富山は11日、富山新庄クラブに育成型期限付き移籍していたFW西晃佑(20)が、育成型期限付き移籍期間の満了に伴い復帰することを発表した。 ▽富山県出身の西は、U-15年代から富山に所属。昨シーズンにトップチーム昇格を果たし、今年7月上旬に富山新庄クラブに期限付き移籍していた。今シーズンはここまで、明治安田生命J3リーグ4試合に出場している。 ▽西は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている ◆西晃佑 「このような経験の機会を与えてくれたチームに感謝し、今シーズン残り少ないですがチームの勝利に貢献できるように頑張ります」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.11 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

海外移籍を希望し契約解除の元札幌FWヘイスが新潟に加入内定

▽アルビレックス新潟は11日、北海道コンサドーレ札幌を退団していたFWヘイス(29)の加入内定を発表した。なお、11日のトレーニングから合流している。 ▽ヘイスは、アトレチコ・ミネイロやPSV、フィテッセなどでプレー。2016年にバイーアから札幌に加入。加入1年目は明治安田生命J2リーグで24試合に出場し7得点を記録。チームのJ2優勝、J1昇格に貢献していた。 ▽2017年はJ1で12試合に出場し6得点と結果を出したものの、今シーズンはJ1で4試合の出場に留まり、YBCルヴァンカップで6試合に出場し1得点を記録するなど、カップ戦のメンバーとなっていた。 ▽ヘイスは、海外クラブからのオファーがあり、本人が海外移籍を望んだために札幌と7月23日に契約解除。しかし、交渉が難航していたと発表されていた。ヘイスはクラブを通じてコメントしている。 「自分のキャリアの中で、新しいチャレンジとなります。そのチャンスを与えてくれたアルビレックス新潟に感謝しています。自分のベストを尽くし、チームメイトのために最大限のサポートをしていきたいと思います。応援をよろしくお願いいたします」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.11 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

柏退団のハモン・ロペスが仙台に復帰! 「約束を果たすことができ、本当にうれしく思います」

▽ベガルタ仙台は11日、ブラジル人FWハモン・ロペス(28)の復帰が決定したことを発表。チームには、同日合流している。 ▽ハモン・ロペスは、2014年から2016年にかけて仙台に所属していた。とりわけ、2016シーズンには明治安田生命J1リーグ32試合10ゴールと印象的な活躍を披露。2017年からは柏レイソルに加入していたが、2年目の今シーズンはJ1リーグで6試合の出場に留まっており、今年7月に契約を解除していた。 ▽仙台復帰に際し、ハモン・ロペスはクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ハモン・ロペス 「2年前、移籍する際に、みなさんに『近いうちにまた会いましょう』とコメントしましたが、その約束を果たすことができ、本当にうれしく思います。再びベガルタ仙台の一員として、チームの勝利に貢献できるように以前よりも努力を重ねます。そして、ユアスタで僕の応援歌を大きな声で歌っていただけるのを楽しみにしています」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.11 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

山形、大阪体育大“10番”MF末吉塁の来季加入内定を発表…持ち味は「スピードを活かしたサイド攻撃」

▽モンテディオ山形は10日、大阪体育大学に所属するMF末吉塁(22)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽末吉は、初芝橋本高校から大阪体育大学に進学。背番号10を背負い、先日まで開催されていた総理大臣杯では準優勝に貢献した。 ▽クラブは末吉の特徴を「スピードを活かしたサイド攻撃が持ち味で、攻撃では囲まれても打開する突破力、守備では粘り強い対応力がありハードワークの出来る選手」と紹介している。 ▽山形への来シーズン加入が決定した末吉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度モンテディオ山形に加入内定した末吉塁です。この山形という素晴らしいクラブでプロサッカー選手の第一歩を踏めることをとても嬉しく思います。山形の勝利に少しでも貢献できるように全力でプレーしますので応援よろしくお願いします」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.10 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南、今季加入の元セルビア代表FWアレン・ステバノヴィッチと契約解除

▽湘南ベルマーレは10日、元セルビア代表FWアレン・ステバノヴィッチ(27)と双方合意のもと契約を解除したことを発表した。 ▽インテル下部組織出身のアレン・ステバノヴィッチは、トリノ、パレルモ、スペツィアらを経て、2017年12月にパルチザン・ベオグラードから湘南に加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合2得点を記録し、YBCルヴァンカップと天皇杯には2試合ずつ出場していた。 ▽退団が決定したアレン・ステバノヴィッチは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「サポーターの皆さん、約半年という短い期間でしたがありがとうございました。皆さんの前で自分の力を発揮できなかったことを残念に思いますが、それでもいつも熱い声援を送ってくれたことに感謝しています。クラブとサポーターの皆さんの幸運を祈っています」 2018.09.10 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸からMIOびわこ滋賀にレンタル中のFW向井章人、昨季プレーしたFC今治へ

▽ヴィッセル神戸は10日、FW向井章人(19)がMIOびわこ滋賀への育成型期限付き移籍が終了し、FC今治への育成型期限付き移籍が決定したことを発表した。移籍期間は今シーズン終了時まで。 ▽神戸U-18出身の向井は、2017年にトップチーム昇格。同年はFC今治へ期限付き移籍を果たし、今シーズンはMIOびわこ滋賀でプレーしていた。 ▽MIOびわこ滋賀から今度は2017年にプレーしていたFC今治へ期限付き移籍することとなった向井は、3クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC今治 「この度FC今治に加入することになりました、向井章人です。色々な葛藤もありましたが、もう一度FC今治でサッカーをさせていただくことになりました。シーズン残り少ないですが、チームの力になれるよう全力で頑張ります」 ◆MIOびわこ滋賀 「この度、FC今治へ移籍することになりました。短い間でしたが、応援して頂き本当にありがとうございました。これからもMIOびわこ滋賀の活躍を願っています」 ◆ヴィッセル神戸 「MIOびわこ滋賀よりFC今治へ移籍することになりました。いただいたチャンスを最大限活かせるようにFC今治で残りのシーズン全力を尽くします」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.10 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏ヒムナスティック・タラゴナ退団のDF鈴木大輔、3年ぶり柏復帰!

▽柏レイソルは9日、今夏ヒムナスティック・タラゴナを退団した元日本代表DF鈴木大輔(28)の加入を発表した。背番号は「4」に決定している。 ▽アルビレックス新潟でプロキャリアをスタートさせた鈴木は、2013年1月に柏レイソルへ完全移籍。3シーズン主力としてプレーした後、2016年1月に柏を退団後、同年2月にスペイン2部のヒムナスティック・タラゴナに加入した。昨シーズンはスペイン2部で20試合に出場。通算67試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 ▽また、代表では2012年のロンドン・オリンピックに出場。OA枠で出場したサウサンプトン所属のDF吉田麻也と共に、44年ぶりベスト4進出に貢献した。また、柏在籍時にA代表に初招集され、2013年7月の東アジアカップ(現・EAFF E-1選手権)のオーストラリア代表戦で初出場を果たしている。 ▽3年ぶりの柏復帰が決定した鈴木は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「自分にとって特別なクラブである柏レイソルに戻ってくることができて、本当に光栄に思っていますし、柏レイソルの黄色いユニフォームに袖を通せる日を心待ちにしています。2年半、厳しい環境だったスペインでプレーしてきてタフになったと感じますし、それをプレーで示したいです。28歳になり、若い選手の多いチームの中で自分の経験を伝えながら、チームを引っ張っていきたいですし、自分らしいプレーを出して、チームの目標に向けて貢献していきたいです」 Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.09 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

町田、クラブ最年少で2種登録されたユース所属FW橋村龍ジョセフの来季トップチーム昇格を発表

▽FC町田ゼルビアは8日、ユース所属のFW橋村龍ジョセフ(18)の来シーズントップチーム昇格を発表した。 ▽東京都出身の橋村は、ゼルビアフットボールスクール時代から町田下部組織に所属。2017年にはクラブ最年少で2種登録され、昨シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合、今シーズンは天皇杯に1試合出場している。 ▽来シーズンのトップチーム昇格が決定した橋村は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、ユースからトップチームに昇格することができ、大変嬉しく思っています。そして、こうしたスタートラインへ立たせてくださったFC町田ゼルビアの関係者の方々をはじめ、チームメイト、家族へ感謝したいです」 「小学3年生でゼルビアのスクールに入り、それからずっとプロ選手を思い描いてきました。自分をここまで育ててくださったアカデミーコーチの皆さんには、本当に感謝しています。ありがとうございました」 「自分がトップチームで活躍すればアカデミーの活性化にもつながるという責任と感謝をもって、また、それが恩返しにつながると信じて、これからも変わらずに日々努力していきたいと思います」 「今年トップチームへ帯同させていただき、プロの責任感や技術など、様々な面で学ぶことができました。それを必ずプラスにして活躍できるように頑張っていきたいと思います。そしていつか、ゼルビアを背負って立つような選手になれるよう、プレーも人間面も磨いていきたいと思います」 「ファン・サポーターの皆様、これからも応援をよろしくお願い致します」 2018.09.08 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球、FW福田愛大との契約を解除…同選手が新たなステージへ進むことを切望

▽FC琉球は7日、FW福田愛大(23)との契約を両者合意のもと解除することを発表した。 ▽クラブの発表によると、福田はかねてより新たなステージへ進むことを切望。クラブ側も本人の意思を尊重し、応援するという形で契約解除に至ったようだ。 ▽退団が決定した福田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この様な形で、シーズン途中に退団することになり、まずサポーターの皆様に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。沖縄で約1年半、プロサッカー選手として日々その厳しさを痛感しつつ頑張ってきました。しかし、チームやサポーターの方々の期待に応えられず、このような決断をすることがとても心苦しい限りです」 「これからは新たな可能性にかけてしっかり前を向いて頑張って行こうと思っています。FC琉球がJ3優勝、J2昇格を必ず成し遂げることと確信しています。いつまでもFC琉球を愛して応援し続けます。本当にありがとうございました!」 ▽アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた福田は、2017年に埼玉工業大学から琉球に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグに1試合出場していた。 2018.09.07 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF生駒仁が富山に育成型期限付き加入

▽横浜F・マリノスは7日、DF生駒仁(19)がカターレ富山に育成型期限付き移籍することを発表。期間は2019年1月31日まで。富山では背番号33を着用する。 ▽鹿児島県出身の生駒は、2018年に鹿児島城西高校から入団。今シーズンはここまで、公式戦に出場していない。 ▽生駒は、両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「横浜F・マリノスのファン、サポーターの皆さんこの度カターレ富山に期限付き移籍することになりました。選手としても人間としても成長する為に強い覚悟を持って頑張ってきます」 ◆カターレ富山 「横浜F・マリノスのから来ました生駒仁です。シーズン途中ではありますが、チームの勝利の為に全力でプレーしますので共に戦いましょう。よろしくお願いします」 2018.09.07 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

J2首位町田、C大阪からMF山内寛史が育成型期限付き移籍で加入

▽FC町田ゼルビアは7日、セレッソ大阪からMF山内寛史(23)が育成型期限付き移籍で加入したことを発表した。背番号は「18」に決定。移籍期間は2018年9月8日から2019年1月31日までとなる。 ▽埼玉県出身の山内は國學院大學久我山高校、早稲田大学を経て2017年にC大阪に加入。今季はJ1リーグで4試合、天皇杯・ACLで1試合ずつ、C大阪U-23の一員としてJ3リーグ11試合に出場し1ゴールを記録している。 ▽なお、山内は今回の移籍に際して両クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 ◆FC町田ゼルビア 「この度、セレッソ大阪から加入することになりました。山内寛史です。シーズン途中にFC町田ゼルビアという素晴らしいクラブに加入できることをとても嬉しく感じています。覚悟を持ってチームに合流し、一日も早く勝利に貢献できるように全力でプレーします。よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「この度FC町田ゼルビアに移籍することになりました。セレッソ大阪では、本当に多くのことを学ばせてもらいました。その上で、いまの自分がさらに成長するために今回の決断をしました。シーズン途中でチームを離れることは、セレッソ大阪を支えてくださる方々に申し訳なく思いますが、選手としてもっと成長してきますので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」 2018.09.07 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

千葉、日本文理高校GK相澤ピーターコアミが来季加入内定!

▽ジェフユナイテッド千葉は6日、日本文理高校のGK相澤ピーターコアミ(17)の来季からの加入が内定したことを発表した。 ▽東京都出身の相澤は、193cmの恵まれたサイズを誇るGK。新潟県の日本文理高校で全国高校サッカー選手権にも出場しており、今年8月にはU-18日本代表として2018 SBSカップ国際ユースサッカーにも出場した有望株だ。 ▽相澤は千葉加入に際してクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「夢であったプロサッカー選手のキャリアをジェフユナイテッド市原・千葉というクラブで始められることを光栄に思います。僕と関わってくださった全ての方々に感謝し、恩返しできるよう、日々精進していきますので応援よろしくお願いします」 2018.09.06 19:16 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島、ユース所属の2選手が来季トップチーム昇格

▽徳島ヴォルティスは5日、同クラブのユースに所属するDF久米航太郎(18)、MF藤原志龍(18)のトップチーム昇格を発表した。なお、藤原とのプロ契約締結も併せて伝えられている。 ▽久米と藤原はともに徳島県出身。プロとしての一歩を踏み出した両選手は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆DF久米航太郎 「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ大変嬉しく思います。これまで自分に携わっていただいた全ての人に感謝し、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムのピッチでプレーする姿を少しでも早く見せられるように、日々努力していきます。これからも応援よろしくお願いします」 ◆MF藤原志龍 「ジュニアユース、ユースと徳島ヴォルティスに育ててもらい、このたび徳島ヴォルティスのトップチームに昇格出来たことはすごく嬉しいです。これまで支えてくれた皆さんに恩返し出来るよう、これからも全力で頑張りたいと思います」 「今年、実際に鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムのピッチに立つことが出来て、サポーターの皆さんの声をすごく感じることが出来て、改めてここで活躍したいと感じました。徳島ヴォルティスのために、結果を残せるように頑張りたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」 2018.09.05 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

U-18C大阪DF石尾崚雅が金沢に来季加入内定

▽ツエーゲン金沢は5日、U-18セレッソ大阪DF石尾崚雅(18)が2019シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽大阪府出身で現在興国高校在学中の石尾は、U-15年代からC大阪の下部組織に加入。今年には、U-18、U-19日本代表にも選出されている。また、2種登録選手としてU-23C大阪にも参加。今シーズンは明治安田生命J3リーグ16試合に出場している。 ▽石尾は、金沢のクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆石尾崚雅 「プロサッカー選手になるという夢をツエーゲン金沢というチームでスタートできることを光栄に思います。この決断を応援してくださった方々に感謝の気持ちを忘れず、成長した姿を見せられるように頑張ります」 2018.09.05 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

相模原、名古屋MF梶山幹太を育成型期限付き移籍で獲得「強い覚悟を持ってきた」

▽SC相模原は5日、名古屋グランパスからMF梶山幹太(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。 ▽名古屋下部組織出身の梶山は、2017年にトップチーム昇格。今シーズンはYBCルヴァンカップに2試合、天皇杯に1試合出場している。 ▽相模原への育成型期限付き移籍が決定した梶山は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「SC相模原のファン・サポーターの皆様、初めまして。名古屋グランパスから来ました梶山幹太です。 このチームの為に全力で闘う強い覚悟を持ってきました。早く試合に出て結果を残せるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「SC相模原に期限付き移籍することになりました。急な報告となってしまいファン・サポーターの皆様には申し訳ありません。今チームから離れることは非常に悩みましたが、自分自身チャレンジしたいという気持ちがあり、このような決断となりました。成長した姿をまた見せられるように頑張ってきます」 2018.09.05 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

19位不振の新潟、神田勝夫氏の強化部長再任を発表

▽アルビレックス新潟は4日、神田勝夫氏(52)の強化部長就任を発表した。前任の木村康彦氏は2日付で退任となる。また。3日の取締役会でアルビレックス新潟シンガポールで代表を務める是永大輔氏(41)の専務取締役就任が決まったことも併せて伝えている。 ▽神田氏は、現役時代にセレッソ大阪や、横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)、新潟に所属。引退後は新潟の強化部に配属され、2004年4月から昨年まで強化部長を歴任し、今年4月から新潟医療福祉大学の健康科学部/健康スポーツ学科にて教授も担当した。 ▽新潟は現在、明治安田生命J2リーグ8勝6分け17敗の19位。1日に行われた前節の愛媛FC戦をドローに終わり、連敗を「6」で止めたが、J3降格圏内の21位ロアッソ熊本とわずか4ポイント差の不振に喘いでいる。 ▽なお、8日に行われる次節は、18位に位置するFC岐阜をホームに迎え撃つ。Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.04 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

金沢、国士舘大FW大石竜平の来季加入内定を発表 元磐田MFの息子

▽ツエーゲン金沢は4日、国士舘大学に在学するFW大石竜平(21)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽静岡県出身の大石は、身長169cmのFW。かつてジュビロ磐田でMFとして活躍した大石隆夫氏を父に持つ。 ▽金沢でプロキャリアをスタートさせることになった大石は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「来シーズンからツエーゲン金沢に加入することになりました。これまで支えてくださった全ての方々に感謝しています。サッカー選手としても人間としても成長しながら、チームの勝利に貢献していけるように頑張っていきたいと思います。石川県の皆さんよろしくお願いします!!」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.04 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

広島、ユース所属MF東俊希&MF松本大弥とプロ契約締結! 今季は2種登録でプレー

▽サンフレッチェ広島は2日、ユース所属のMF東俊希(18)とMF松本大弥(18)のプロ契約締結を発表した。なお、両選手は今シーズン2種登録選手として登録されることも併せて発表されている。 ▽東は、FCゼブラから広島ユースに入団。各年代別の日本代表には常に選出され続け、第42回日本クラブユース選手権大会では3位入賞に貢献。クラブは、同選手の特徴について「各年代別日本代表に選出されてきたサイドアタッカー。キレのある突破と正確な左足のキックでチャンスを演出する。8月22日(水)に行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦vs.名古屋グランパスでは、先発でトップチーム初出場を果たした」と紹介している。 ▽松本は、横川武蔵野フットボールクラブから広島ユースに入団。2017年にはU-17日本代表に選出され、東同様に第42回日本クラブユース選手権大会では3位入賞した。クラブは同選手の特徴について「攻守にバランスのとれた大型ボランチ。対人守備の強さ、豊富な運動量、正確なロングフィードは大きな魅力」と紹介している。 ▽広島とのプロ契約が決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆東俊希 「サンフレッチェ広島でプロ生活をスタートできることを嬉しく思います。これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずにプレーし、新たな目標に向かって努力していきます。応援をよろしくお願いします」 ◆松本大弥 「サンフレッチェ広島ユースから昇格することになりました松本大弥です。サンフレッチェ広島という歴史と伝統のあるクラブでプロキャリアをスタートできることをうれしく思います。これまで自分に携わった全ての人に感謝し、その感謝の気持ちをピッチで表現できるように常に全力で取り組み日々努力していきます。サンフレッチェ広島の勝利に少しでも早く貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いします」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.02 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

町田が早稲田大主将FW岡田優希の来季加入内定を発表!

▽FC町田ゼルビアは2日、早稲田大学に在学するFW岡田優希(22)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽神奈川県出身の岡田は、川崎フロンターレの下部組織を経て、早稲田大学に進学。今年から主将を務める身長172cm、体重70kgのストライカーだ。 ▽来シーズンから町田でプロキャリアをスタートさせる岡田は、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「私は川崎で生まれ育ちながらも、FC町田ゼルビアが社会人リーグから進化を遂げていく姿を目にしていました。今現在、J2で圧倒的な成績を残し、これからJ1を目指していく大きな挑戦に向かう、夢のあるチームの一員になれることを大変光栄に感じています」 「私自身、フィジカルや才能など全くない中、夢を必死に追いかけ、ゴールを奪って自分を証明することでここまできました。ゴールを奪うこと、決定力やシュートパターン、ゴールへの嗅覚は誰にも負けません」 「そして私は、プロサッカー選手に「なりたい」ではなく「なる」、試合に「勝ちたい」ではなく「勝つ」、ゴールを「奪いたい」ではなく「奪う」と言い切る形での覚悟を持つことを大事にしてきました。FC町田ゼルビアという大きな夢のあるクラブの一員として参加させていただくからには、J1に「上がりたい」ではなく、「上がる」という覚悟を持ち、それをプレーで体現することを誓い、夢の実現に向けて全身全霊で取り組んで参ります」 「クラブの皆様、ファン・サポーターの皆様、どうぞよろしくお願い致します」Jリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.02 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台、FW西村拓真のCSKAモスクワ移籍が決定 今季J1で11発の若き点取り屋

▽CSKAモスクワは31日、ベガルタ仙台に所属するFW西村拓真(21)の完全移籍加入を正式発表した。契約期間は4年となる。 ▽愛知県出身の西村は、富山第一高校2年生時の2013年度に全国高校選手権を制覇。2015年に仙台入りすると、昨シーズンはJリーグカップでチームを初の4強に導き、個人としてもニューヒーロー賞を受賞した。 ▽そして、プロ4年目の今シーズンは仙台の若き点取り屋に成長。ここまで明治安田生命J1リーグ全24試合に出場し、得点ランキングで川崎フロンターレのFW小林悠に並ぶ日本人トップの11得点(全体4位)を挙げている。 ▽仙台史上初の生え抜き選手の海外移籍となる西村は、同クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「1人のサッカー選手として現状以上に成長するために、今回の移籍を決断しました。シーズン途中のタイミングにも関わらず、温かく送り出してくれるクラブのみなさんには、感謝の気持ちでいっぱいです」 「海外へ挑戦するチャンスをいただけたのは、サポーターのみなさんを始め、スポンサー各社の関係者の方々や、常に切磋琢磨をくり返したチームメート、叱咤激励をいただいたスタッフ陣の存在があったからこそだと思います。すべての方々に感謝しています。3年半、本当にたくさんの応援、サポートありがとうございました」 ▽CSKAモスクワは、ロシアリーグ6度の優勝を誇る1911年創設の強豪。2010〜14年までFW本田圭佑(現メルボルン・ビクトリー)が在籍したことで知られる。なお、9月1日に行われる明治安田生命J1リーグ第25節の清水エスパルス戦後、壮行セレモニーが予定されている。 2018.08.31 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟がU-18所属のGK藤田和輝の来季加入内定を発表…今季は2種登録

▽アルビレックス新潟は31日、新潟U-18に所属するGK藤田和輝(17)が来シーズンから加入することを発表した。また、今シーズンはトップチームに2種登録されることも発表されている。 ▽藤田は新潟県出身で、U-12から新潟に所属。クラブは「機敏なシュートストップでチームを救うゴールキーパー。ポジショニングセンスにも優れ、クロスへの対応でも安定感を見せる」と特徴を紹介している。藤田はクラブを通じてコメントしている。 「ジュニアの頃から目標としていたトップチームに昇格することができ、とても嬉しく思います。家族や今まで携わっていただいた方々への感謝の気持ちを忘れず、一日でも早くビッグスワンの舞台で活躍できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽なお、2種登録の背番号は「41」となる。 2018.08.31 12:39 Fri
twitterfacebook
thumb

山形、FW北川柊斗とのプロA契約を発表

▽モンテディオ山形は8月30日、FW北川柊斗(23)との契約をプロC契約からプロA契約に変更したことを発表した。 ▽北川は、7月21日に行われた明治安田生命J2リーグ第24節アルビレックス新潟戦に出場し、プロA契約締結条件となる公式戦通算出場時間の条件を満たした。 ▽三重県出身の北川は、筑波大学卒業後の2018年に山形入り。今シーズンはJ2リーグ14試合に出場し、1ゴールを決めている。 2018.08.30 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋、MF深堀隼平とプロA契約を締結「グランパスの勝利に貢献できるように」

▽名古屋グランパスは8月30日、MF深堀隼平(20)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽深堀は、8月22日に行われた天皇杯3回戦サンフレッチェ広島戦に出場し、プロA契約締結条件となる公式戦通算出場時間の条件を満たした。契約変更に際し、同選手はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「まずはじめに、名古屋グランパスでプロA契約になれたことを本当に嬉しく思いますし、ようやくこれで、プロとしてのスタートラインに立てたと思っています」 「残りのシーズン、少しでも多くの試合に絡んでいけるよう、日々の練習からプロとしての自覚をもって取り組みます。そして、サッカー選手としてさらにレベルの高い選手になり、グランパスの勝利に貢献できるようにこれからも頑張っていきたいと思います」 ▽愛知県出身の深堀は、U-15年代から名古屋の下部組織に所属。昨シーズンからトップチームへの昇格を果たしており、今シーズンは明治安田生命J1リーグ4試合に出場している。 2018.08.30 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

札幌がFWヘイスとの契約解除を発表! 理由は海外クラブ移籍の為

▽北海道コンサドーレ札幌は8月30日、FWヘイス(29)との契約を両者合意のもと7月23日に解除していたことを発表した。 ▽なお、発表が遅れた理由に関して、海外クラブからのオファーがあり、本人が海外クラブへの移籍を希望していること、クラブとして契約解除と移籍先を同時に知らせたい意図があった為だと、クラブ公式サイト上で説明されている。現在も本人と海外クラブの間で交渉が継続されており、所属先決定までに時間がかかるとの判断で、契約解除のみの発表となった。所属先については、決定してから改めて札幌から発表が行われる。 ▽契約解除に際して、ヘイスはクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「コンサドーレサポーターのみなさん、こんにちは」 「サポーターのみなさんとは、約2年半一緒に戦ってきましたが、チームを支えてもらったこと、自分を支えてもらったことを大変感謝しています。みなさんのおかげで、幸せな2年間をコンサドーレで過ごすことができました。本当にありがとうございます」 「きっとみなさんの事が恋しくて会いたくなると思いますので、いつかコンサドーレに戻って来られたらと思います。本当にありがとうございました」 ▽ブラジル出身のヘイスは母国アトレティコ・ミネイロでキャリアをスタートさせ、オランダのPSVやフィテッセでもプレーした。札幌には2016年に加入し、初年度から明治安田生命J2リーグ24試合7ゴールでクラブのJ1昇格に貢献。今シーズンは、J1リーグ4試合に出場していた。 2018.08.30 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、U-18所属MF喜田陽をプロ登録! 今季はJ3で13試合出場

▽セレッソ大阪は30日、U-18所属のMF喜田陽(18)をアマチュア登録からプロ登録に変更することを発表した。 ▽小学生の頃に在籍していたセレッソ大阪サッカースクール泉大津校から常にC大阪の下部組織でプレーしてきた喜田。2017年には2種登録でトップチームに登録され、YBCルヴァンカップのプレーオフでは、途中出場してトップチームデビューを飾っていた。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグに13試合出場して1アシストを記録している。 ▽また、これまで各年代の日本代表にも選出。2017年にはU-17ワールドカップにも出場していた。 東京V、MF藤本寛也とプロA契約締結! ▽高校在学中でのプロ登録に喜田は、クラブ公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「サッカースクールからセレッソ大阪に入り、セレッソ大阪で『プロサッカー選手』をスタートさせる事ができて嬉しく思います。サポート、応援してくださる方々にさらに感謝して、日々全力で戦っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 京都、U19代表GK若原智哉とプロA契約 広島がMF川井歩とプロA契約 2018.08.30 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

東京V、MF藤本寛也とプロA契約締結! 今季J2で3ゴールの左利きの大器!

▽東京ヴェルディは29日、MF藤本寛也(19)とのプロA契約締結を発表した。同選手は先日にプロA契約の締結条件であるJ2試合出場900分を達成していた。 ▽東京ヴェルディジュニアから東京V一筋のキャリアを築いてきた藤本は今季からトップチームに昇格。正確かつパワフルな左足とパスセンスを特長とする大器は、本職はボランチやインサイドーフも智将ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下では右ウイングと右ウイングバックを主戦場にプレー。 ▽ジェフユナイテッド千葉との今季J2開幕戦でいきなりスタメンデビューを飾ると、ここまでJ2リーグで20試合に出場し、プロ初ゴールを記録した第15節のファジアーノ岡山戦、第26節の京都サンガF.C.戦、第30節の千葉戦ではいずれもチームを勝利に導く決勝点を記録していた。 ▽また、日本代表の年代別チームの常連である藤本は、フル代表のトレーニングパートナーとしてU-19日本代表のロシア遠征にも参加していた。 2018.08.29 17:36 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp