超ワールドサッカー

ニュース

thumb

秋田に加入のMF山田樹「東南アジアでプレーしていました」

▽ブラウブリッツ秋田は14日、MF山田樹(26)の加入を発表した。背番号は14になる。 ▽2013年に、アルビレックス新潟シンガポール(シンガポールリーグ)でプロデビューした山田は、その後はラオスとタイでプレー。今年1月に加入していたカスタムズ・ユナイテッドFC(タイ3部リーグ)からの加入となった。 ▽山田は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ブラウブリッツ秋田に加入しました、山田樹です。東南アジアのプロリーグで4年半程プレーをしていました。既にシーズンが開幕しているタイミングでの加入となりましたが、1日でも早く試合で活躍し、チームの勝利・優勝に貢献できるようベストを尽くします」 「秋田県は今までいた所に比べると寒いですが、熱いプレー、試合で皆さんと共に盛り上げていければと思っています。よろしくお願いいたします」 2017.04.14 16:50 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島DF木村魁人が期限付き移籍でサウルコス福井に復帰

▽鹿児島ユナイテッドFCは11日、DF木村魁人(23)が北信越フットボールリーグのサウルコス福井に期限付き移籍することを発表した。期間は017年4月11日〜2018年1月31日までとなる。 ▽神奈川県出身の木村は、2016年に関東学院大学からサウルコス福井に入団。今シーズンから鹿児島に活躍の場を移した。木村はクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「サウルコス福井にレンタル移籍する事になりました。来年戻って来れるように一年間結果にこだわって頑張ってきます。ありがとうございました」 2017.04.11 17:43 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟、MF原輝綺とプロA契約締結…J1開幕から全試合先発中の高卒ルーキー

▽アルビレックス新潟は11日、MF原輝綺(18)とのプロA契約締結を発表した。4月1日に行われた明治安田生命J1リーグ第5節のガンバ大阪戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。 ▽U-20日本代表の常連でもある埼玉県出身の原は今シーズン、市立船橋高校から新潟に入団。高卒ルーキーながら、J1開幕節からここまで全6試合に先発出場を果たしている。 2017.04.11 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟がU-18に所属するDF山賀和輝、MF本間至恩を2種登録

▽アルビレックス新潟は7日、新潟U-18に所属するDF山賀和輝(17)、MF本間至恩(16)をトップチームに2種登録することを発表した。背番号は山賀が「35」、本間が「36」をつける。 ▽山賀は新潟県出身で、180cm、70kgのディフェンダー。柏崎ユナイテッドから新潟U-18に加入していた。本間も新潟県出身で、161cm、48kgのミッドフィルダー。新潟U-15からU-18に昇格していた。 2017.04.07 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

清水がユース7選手の2種登録を発表

▽清水エスパルスは7日、ユースに所属するGK梅田透吾、DF監物拓歩、FW平墳迅、MF新関成弥、DF伊藤研太、MF宮本優、MF滝裕太の7選手のトップチーム2種登録を発表した。 ▽梅田、監物、滝はジュニアユースから清水に所属。新関はアスルクラロ沼津U-15、伊藤は名古屋グランパス三好FC、平墳はSC岐阜VAMOS、宮本はUKI-C.FC/JFAアカデミー宇城から清水ユースに加入していた。 ▽7選手はトップチームに登録が完了し、トップチームの公式戦に出場可能となった。 2017.04.07 17:46 Fri
twitterfacebook
thumb

長野下部組織出身の市立長野高校のMF新井光が特別指定で湘南に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、長野市立長野高校サッカー部のMF新井光(16)を、4日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先は湘南ベルマーレとなる。 ▽新井は長野県出身で、AC長野パルセイロのジュニアユース、U-15、U-18と昇格。現在は長野市立長野高校に在学中だ。また、2014年にはU-16日本代表候補にも選ばれている。 ▽湘南は新井について「足元の技術が高く、状況判断にも優れた攻撃的ミッドフィルダー」とプレーの特徴を紹介している。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.04.07 17:03 Fri
twitterfacebook
thumb

愛媛が札幌GK阿波加俊太を育成型期限付き移籍で獲得

▽愛媛FCは3日、北海道コンサドーレ札幌に所属するGK阿波加俊太(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。同期間は2018年1月31日まで。 ▽北海道出身の阿波加は2013年に札幌U-18からトップチームへの昇格を果たした。その後、2014年にSC相模原、2015年にはHondaFCに期限付き移籍を経験。復帰1年目となった昨シーズンの明治安田生命J2リーグでは1試合に出場したが、今シーズンのJ1リーグではここまで出番がなかった。 ▽愛媛への加入が決定した阿波加は、両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆愛媛FC 「この度、北海道コンサドーレ札幌から育成型期限付き移籍で加入する事になりました阿波加俊太です。すでにリーグ戦が始まっていま すし、1日も早くチームに馴染み、自分の持てる力を最大限に発揮してチームの勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います。よろしく お願いします」 ◆北海道コンサドーレ札幌 「育成型期限付き移籍で愛媛FCに行くことになりました。このタイミングで札幌を離れることになり心残りもありますが、しっかりとポジションを勝ち取って、より試合経験を積もうと思い愛媛へ行くことを決めました。さらにレベルアップをして帰ってくるので、これからも応援よろしくお願いします」 2017.04.03 19:16 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖がGKファンティーニ燦を獲得! セリエBチェゼーナから逆輸入

▽サガン鳥栖は3日、セリエBのチェゼーナに所属するGKファンティーニ燦(18)の加入が決定したことを発表した。背番号は「30」に決定している。 ▽イタリア人の父と日本人の母を持つ千葉県出身のファンティーニ燦は、身長182cm、体重78kgのGK。12歳の時にチェゼーナU-12の入団テスト合格すると、U-19まで同クラブの下部組織でプレーした。今シーズンはプリマヴェーラで18試合に出場。また、昨年8月に行われたコッパ・イタリア2回戦(アレッツォ戦)と3回戦(テルナーナ)では出番こそなかったものの、トップチームでベンチ入りを果たした。 ▽鳥栖への加入が決定したファンティーニ燦は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「こんにちは、ファンティーニ燦です! イタリアから来ました。このクラブに入れて、とても嬉しく思っています! 日本の環境にできるだけ早く適応し、サポーターの皆様と一緒に戦っていきたいと思います! 応援よろしくお願いします!」 2017.04.03 15:24 Mon
twitterfacebook
thumb

元G大阪FW小川直毅、関西サッカーリーグ1部のクラブで再起…「諦めずに一段ずつ這い上がっていこうと」

▽昨シーズン限りでガンバ大阪を退団したFW小川直毅(21)の移籍先が決定した。関西サッカーリーグ1部のFCティアモ枚方は2日、2017シーズンの新戦力として小川が加入することを発表している。 ▽G大阪ユース出身の小川は2013年に2種登録選手としてトップチームデビューを果たすと、翌年に正式昇格。その後、2015年の藤枝MYFCへの期限付き移籍を経て、昨年からG大阪に復帰した。 ▽しかし、昨シーズンはトップチーム出番なし。U-23のメンバーとして明治安田生命J3リーグ24試合3得点を記録したが、シーズン終了後に契約満了による退団がクラブから発表されていた。 ▽大阪府を拠点とする関西サッカーリーグ1部のクラブで再起を期することになった小川は、クラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。 「サッカーをできる環境をいただけた事に感謝の気持ちでいっぱいです。このチームにしっかり恩返しできるように精一杯プレーします。サッカーができる幸せを噛み締めて、諦めずに一段ずつ這い上がっていこうと思います。応援よろしくお願いします」 2017.04.03 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

富山FW中西倫也がJFLのヴェルスパ大分に期限付き移籍

▽カターレ富山は31日、FW中西倫也(24)がJFLのヴェルスパ大分へ期限付き移籍をすることが決定したことを発表した。同期間は、2017年4月1日から2018年1月31日までとなっている。 ▽ヴェルスパ大分への期限付き移籍が決定した中西は、両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ヴェルスパ大分 「カターレ富山から期限付き移籍させてもらうことになりました中西倫也です。1日でも早くヴェルスパ大分の力になれるように頑張りたいと思います」 ◆カターレ富山 「この度、突然ですがJFLのヴェルスパ大分に期限付き移籍することになりました。いろいろ考えた末に決断したことなので、ヴェルスパ大分でも精一杯頑張りたいと思います。今まで応援してくれた方々に恩返しできるよう、成長していきたいと思います」 ▽2015年に富山でプロデビューを果たした中西は、J3リーグ通算50試合に出場し7得点を記録。天皇杯には1試合に出場している。今シーズンの明治安田生命J3リーグでは、ここまで出場機会はなかった。 2017.03.31 21:34 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州が中国人MF孫峻崗の期限付き移籍加入を発表

▽ギラヴァンツ北九州は31日、中国人MF孫峻崗(21)が期限付き移籍で加入したことを発表した。なお、移籍期間は2017年3月21日~2017年12月31日までとなっている。また、中国人選手の在籍はクラブとして初めてとのこと。 ▽北九州に加入した孫はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、ギラヴァンツ北九州に加入できることになり、大変感謝しています。ミクニワールドスタジアム北九州という素晴らしいスタジアムで試合ができることを楽しみにしています。日頃のトレーニングの成果を、自分のプレーに活かせるように、努力を惜しまず、精一杯取り組みたいと思いますので、温かい声援をよろしくお願いします」 ▽孫は2015年から上海上港集団足球倶楽部のリザーブチームに在籍しており、2016年のアジアチャンピオンズリーグでの水原三星ブルーウィングス戦でトップチームデビューを果たしている。 2017.03.31 20:19 Fri
twitterfacebook
thumb

山口がMF平林輝良寛の現役引退を発表…名古屋のスクールコーチに就任

▽レノファ山口FCは31日、昨シーズン限りで契約満了となり退団していたMF平林輝良寛(32)の現役引退を発表した。また、古巣の名古屋グランパスでスクールコーチを務めることも発表している。 ▽名古屋ユース出身の平林は、2003年にトップチームに昇格する。しかし、出場機会に恵まれないでいると2006年9月に当時J2のサガン鳥栖へと期限付き移籍。2007年には当時JFLのFC刈谷へと完全移籍した。FC刈谷ではエースとして活躍。2シーズンで61試合に出場し19得点を記録した。 ▽2008年限りでFC刈谷を退団すると、Fリーグの絶対王者・名古屋オーシャンズに練習生として入団。その後プロ契約を結び、2度のリーグ優勝を経験した。 ▽2011年からは当時JFLのツエーゲン金沢に加入すると、2シーズンで57試合に出場し15得点を記録。2013年には当時中国サッカーリーグの山口へと移籍し、JFL、J3、J2とチームの昇格に大きく貢献した。また、U-16、U-17、U-19と世代別の日本代表も経験している。 ▽平林はJ1で通算14試合出場1得点、J2で8試合出場、J3で30試合出場4得点、JFLで144試合出場39得点、中国サッカーリーグで16試合出場7得点。Fリーグでは22試合に出場し5得点を記録していた。平林はクラブを通じてコメントしている。 「遅くなりましたが私、平林輝良寛は、2016シーズンを最後に現役を引退する事となりました。プロサッカー選手とプロフットサル選手として、そして地域リーグからJ1まで、様々な環境でプレーできた事が自分の素晴らしい財産となりました。これらの経験を今後の人生に活かして、これからも自分らしく歩んでいきたいと思っております」 「平林輝良寛を応援していただいたファン・サポーターの皆様、そして自分に関わっていただいた全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました」 2017.03.31 13:49 Fri
twitterfacebook
thumb

長崎が元U-19韓国代表GKソン・ヨンミンを獲得「多くのファン・サポーターの皆さまに愛される選手になりたい」

▽V・ファーレン長崎は30日、韓国の大邱FCから元U-19韓国代表GKソン・ヨンミン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ソン・ヨンミンは、193cm、88kgと恵まれた体格の持ち主で世代別の韓国代表を経験している。ソン・ヨンミンはクラブを通じてコメントしている。 「V・ファーレン長崎のファン・サポーターの皆さま、こんにちは。このたび、V・ファーレン長崎へ加入することになったソン・ヨンミンです。地域の多くの方に愛されているクラブでプレーすることができ、大変うれしく思っています。V・ファーレン長崎では、これまで多くの韓国人選手が活躍してきましたが、自分も同じように活躍し、多くのファン・サポーターの皆さまに愛される選手になりたいです」 2017.03.30 15:47 Thu
twitterfacebook
thumb

琉球がGKイ・キョンテを期限付き移籍で獲得

▽FC琉球は29日、ファジアーノ岡山から韓国人GKイ・キョンテ(22)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 ▽イ・キョンテは、それぞれのクラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 ◆琉球 「初めて行く土地ですが、周りの人たちが沖縄は素晴らしい場所だと言ってくれました。そのような場所でサッカーができることになり、とても光栄で嬉しく思います。練習から一生懸命に取り組み、いい結果が出せるように頑張りたいと思います」 ◆岡山 「自分自身の成長のために、この機会はチャンスだと思い、琉球行きを決めました。2年間、岡山で多くのことを学びました。ここで学んだこと生かし、試合に出て成長した姿を見せられるように頑張ってきます」 2017.03.29 18:41 Wed
twitterfacebook
thumb

長野が京都産業大学MF前田悠斗の加入を発表

▽AC長野パルセイロは29日、京都産業大学のMF前田悠斗(22)の加入を発表した。背番号は「29」となる。 ▽前田は兵庫県出身で、東山高校から京都産業大学へと進学していた。前田はクラブを通じてコメントしている。 「京都産業大学の前田悠斗です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ本当に嬉しく思います。これまで自分に関わってくれた全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、サポーターの皆さんやチームメイトの皆に早く認められるように、そしてチームのJ2昇格に貢献できるように自分のもっている力を100%出します。応援宜しくお願いします」 2017.03.29 15:29 Wed
twitterfacebook
thumb

清水がアル・ヒラルのブラジル人FWチアゴ・アウベスを期限付き移籍で獲得

▽清水エスパルスは29日、アル・ヒラル(サウジアラビア)のブラジル人FWチアゴ・アウベス(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年3月29日~2018年1月1日までとなる。 ▽181cmのサイドアタッカーであるチアゴ・アウベスは、ブラジルの名門サントスでキャリアをスタート。浦項スティーラーズ、城南FCなど韓国クラブを渡り歩き、昨夏からアル・ヒラルに籍を置いていた。サウジアラビアリーグでは10試合に出場し1得点を記録している。チアゴ・アウベスはクラブを通じてコメントしている。 「まずは清水エスパルスでプレーするチャンスをくれた神様に感謝しています。エスパルスというビッグクラブに入団が決まって、とても嬉しく思います。サポーターの皆さんの前でプレーすることを楽しみにしています。そしてチームが目標達成できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2017.03.29 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟DF増田繁人、期限付き移籍で2年ぶりに町田へ…「チームの力となれるように」

▽FC町田ゼルビアは29日、アルビレックス新潟に所属するDF増田繁人(24)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2018年1月31日まで。背番号「25」に決定した。29日のトレーニングから合流する。 ▽千葉県出身の増田は、流通経済大付属柏高校から新潟に入団。その後、ザスパクサツ群馬、大分トリニータ、町田への期限付き移籍を経て、昨年に新潟復帰を果たしてた。 ▽2度目の町田加入となる増田は両クラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「2年ぶりに復帰となりますが、できるだけ早く町田らしいプレーができるよう、またチームの力となれるように頑張ります。皆様、応援をよろしくお願いします」 ◆アルビレックス新潟 「急な移籍になってしまったことで、サポーターの皆さんには直接挨拶ができず、申し訳なく思いますが、このたびFC町田ゼルビアに期限付き移籍することとなりました。 選手として、ひと回りもふた回りも大きく成長できるように頑張りたいと思います」 2017.03.29 09:49 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島ユースDF松浦航洋、スペイン3部FCフミーリャに加入

▽鹿島アントラーズは28日、鹿島ユースに所属するDF松浦航洋(18)がスペイン・セグンダ・ディビジョンB(スペイン3部)のFCフミーリャに加入することが決定したことを発表した。 ▽茨城県出身の松浦は、身長178cm、体重72㎏のディフェンダー。同選手はジュニア時代から鹿島の下部組織でプレーしており、28日にスペインへと出発する。同国の選手登録規定上、公式戦出場は8月以降となる予定だ。 2017.03.28 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸が磐田MF清水貴文を期限付きで獲得

▽水戸ホーリーホックは25日、ジュビロ磐田に所属するMF清水貴文(24)を期限付きで獲得したことを発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。 ▽2015年に中京大学から磐田に加入した清水は、昨年の明治安田生命J1リーグに1試合、YBCルヴァンカップに4試合、天皇杯に2試合出場していた。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 ▽水戸への期限付き移籍が決定した清水は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「初めまして。ジュビロ磐田から期限付き移籍で加入することとなりました清水貴文です。水戸でプレーできる事を大変うれしく思います。水戸のJ1昇格に貢献できるように、自分の力を出し切りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆ジュビロ磐田 「この度、水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました。この2年間思うような結果は残せませんでしたが、新天地では新たな気持ちで、自分に厳しく、結果にこだわって戦ってきます。みなさんにまた成長した姿をお見せできるように頑張ります。引き続き、応援よろしくお願いします。ジュビロ磐田のJ1での活躍を応援しています」 2017.03.25 22:02 Sat
twitterfacebook
thumb

去就不透明の元磐田FWジェイ、今夏のJリーグ復帰で仮契約済みか

▽昨シーズン限りでジュビロ磐田を退団した元イングランド代表FWジェイ(34)は、今夏に再びJリーグに帰ってくるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽強さと巧さを備えたストライカーであるジェイは2015年、当時J2の磐田に加入すると、リーグ戦32試合で20ゴールを記録。J1昇格の翌年には22試合14ゴールを挙げ、高い決定力を見せつけた。しかし、2016シーズン終了後に磐田を退団。現在まで無所属の状況が続いている。 ▽そうした状況の中、「今夏の極東行きで合意済み」との見出しで伝えられたところによれば、ジェイはクラブ名こそ明らかにされていないものの、7月1日以降の加入で日本のクラブと仮契約。個人的な問題が理由で磐田退団後、すぐに他クラブと契約しなかったという。 2017.03.24 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、元日本代表MF細貝萌の加入合意を発表…2010年以来7季ぶりの国内復帰

▽柏レイソルは24日、シュツットガルトに所属する元日本代表MF細貝萌(30)の加入合意を発表した。2010年以来7シーズンぶりの国内復帰となる。 ▽群馬県出身の細貝は、2005年に前橋育英高校から浦和レッズに入団。その後、アウグスブルク、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、ブルサシュポル、シュツットガルトでプレーした。 ▽しかし、今シーズンはシュツットガルトで出場機会が減少。ケガなどにも泣かされ、ブンデスリーガ2部で10試合の出場に留まり、昨年12月以来出番がない。 ▽7シーズンぶりに国内復帰を果たした細貝は、柏の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、ドイツVfB Stuttgartから移籍してきました細貝萌です。まず、この移籍に関わっていただいた全ての方々に感謝したいと思います。そして、なにより無事に柏レイソルの一員となれたこと、本当に嬉しく思っています」 「2011年にドイツに移籍してから約6年間海外でプレーしてきたので、久しぶりに日本でプレーすることが楽しみである一方で不安もありますが、チームの目標達成に貢献できるよう自分の全てをこのチームに捧げたいと思っています」 「柏レイソルがもっともっと素晴らしいクラブになることが出来るよう、ピッチ上で全力を尽くします。レイソルサポーターの皆様、よろしくお願いします。日立台で皆様に会える日を今からとても楽しみにしています」 2017.03.24 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が韓国人GKイ・ユノを獲得

▽ベガルタ仙台は23日、中東高(韓国)に所属する韓国人GKイ・ユノ(18)の加入が決定したことを発表した。 ▽韓国出身のイ・ユノは身長190cm、体重88㎏のゴールキーパー。仙台への加入が決定したイ・ユノは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ベガルタ仙台に加入し、プロサッカー選手としてプレーする機会をいただき、感謝いたします。年齢は18歳と若いですが、1日でも早くチームの力になり、目標達成に貢献できるよう日々精進して参ります。サポーターのみなさま、応援よろしくお願いいたします」 2017.03.23 18:06 Thu
twitterfacebook
thumb

愛媛がU-18所属のMF青野聖樹、DF二宮和輝、DF松岡昂哉を2種登録

▽愛媛FCは23日、U-18に所属するMF青野聖樹、DF二宮和輝、DF松岡昂哉の3選手をトップチームに2種登録することを発表した。 ▽今回2種登録が発表された3選手は全員ジュニアユースから愛媛でプレー。現在は愛媛U-18でプレーしている。3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF青野聖樹 「2種登録していただき大変嬉しく思います。ここからが始まりなのでトップチームでの出場を目指し、またトップチーム昇格を目指しこれからも感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆DF二宮和輝 「この度は2種登録していただき嬉しく思います。これからも感謝の気持ちを忘れず、たくさんのことを吸収して、少しでも試合に絡んでいけるように頑張りたいと思います」 ◆DF松岡昂哉 「この度は2種登録していただきとても嬉しいです。これからももっと努力して成長していき、トップチームの試合出場に絡めるように頑張っていきます」 2017.03.23 11:58 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FCがC大阪を退団したGK北野貴之の加入を発表

▽横浜FCは22日、GK北野貴之(34)が加入したことを発表した。背番号は45番となる。 ▽横浜FCに加入した北野は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「初めまして。昨シーズンまでセレッソ大阪に在籍していた、北野貴之です。今回横浜FCさんから、ご縁、お話を頂き、心から感謝しております。今年掲げるチームの目標、自分が今日まで得た学びを横浜FCでいかし、チームの目標達成に際し、チームの推進力となれるよう、覚悟し精進して歩みたいと思います」 「横浜FCさんのサポーターの皆様、全国の応援してくださる皆様のお力をお借りし、今シーズン素晴らしい形で終えたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します」 ▽2003年にアルビレックス新潟でプロキャリアを歩み始めた北野は、その後、大宮、セレッソ大阪でプレー。2016年12月の契約満了に伴いC大阪を退団していた。 2017.03.22 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府が元豪州代表MFオリヴァー・ボザニッチと正式契約!「大きなチャレンジになる」

▽ヴァンフォーレ甲府は21日、メルボルン・ビクトリーからの加入が内定していた元オーストラリア代表MFオリヴァー・ボザニッチ(28)と正式に契約したことを発表した。 ▽ボサニッチは、これまでレディングなどイングランドの複数クラブでプレー。中盤のユーティリティプレーヤーで、2014年にオーストラリア代表の一員としてブラジル・ワールドカップにも参戦した実績の持ち主。 ▽17日の練習からすでにチームに合流しているボザニッチは、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「甲府サポーターのみなさん、温かい歓迎をしてくれてありがとうございます。 ヴァンフォーレ甲府でプレーすることは、私にとって大きなチャレンジになります。 チームのために頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします」 2017.03.21 15:29 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟や柏、横浜FCなどでプレーした元北朝鮮代表MF安英学が現役引退

▽アルビレックス新潟や名古屋グランパス、大宮アルディージャ、柏レイソル、横浜FCなどでプレーした元北朝鮮代表MF安英学(38)が現役引退を自身のブログで発表した。 ▽安英学は、2002年に立正大学から新潟に入団。2005年に名古屋へと移籍すると、その後は釜山アイパーク、水原三星ブルーウィングスとKリーグでプレー。2010年に大宮へ移籍し、Jリーグに復帰した。2011年から柏、2014年から横浜FCでプレー。昨シーズン限りで横浜FCを退団していた。J1通算72試合出場3得点、J2通算103試合出場7得点を記録した。 ▽北朝鮮代表としては2002年にデビューを果たすと、2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場。グループステージ3試合に出場した。代表通算39試合出場3得点。安英学は自身のブログで引退を報告。感謝の気持を綴っている。 「この度、現役を引退することを決意いたしました。2002年から2016年シーズンまで、10年以上にわたって選手生活を送ることができました。振り返れば色々なことがありましたが、一言で表すと「とても幸せな時間」でした」 「子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手になり、たくさんの人たちに応援してもらい、素晴らしい選手たちと出会い、世界中をまわり、夢のまた夢であったワールドカップにも出場できました」 「サッカーへの情熱以外、何もなかった僕がこれほど素晴らしい経験ができたのは、どんなときも僕を信じ、支え、応援してくれた方々がいたからです」 「これからは僕が、後輩たちや子どもたちの夢を信じ、支え、応援する番だと思っています」 「プロサッカー選手からは引退しますが、これからもサッカーを愛するものとして一生懸命ひたむきに歩んでいきたいと思いますので、もしよろしければ現役時代と変わらぬご声援を送っていただけたら嬉しいです」 「長い間本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。感謝の気持ちを込めて…」 2017.03.18 14:47 Sat
twitterfacebook
thumb

京都産業大FW和田健太郎が特別指定選手としてジュニアユース、ユースと過ごしたG大阪に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は17日、京都産業大学体育会サッカー部のFW和田健太郎(21)を、3月14日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はガンバ大阪となる。 ▽和田は京都府出身で、G大阪のジュニアユース、ユースと昇格。トップチームには昇格できなかったものの、京都産業大学に進み古巣の特別指定選手となった。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.03.17 15:54 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、MFボザニッチの加入内定を発表…2014年ブラジルW杯の豪州代表メンバー

▽ヴァンフォーレ甲府は16日、メルボルン・ビクトリーに所属する元オーストラリア代表MFオリバー・ジョン・ボザニッチ(28)の完全移籍加入内定を発表した。背番号は「21」に決定。メディカルチェック後に正式契約となる。 ▽ボサニッチは、これまでレディングなどイングランド複数クラブでプレー。中盤の複数ポジションでプレー可能なユーティリティプレーヤーで、2014年にオーストラリア代表の一員としてブラジル・ワールドカップにも参戦した実績の持ち主だ。 ▽17日の練習からチームに合流することも併せて発表した甲府は、明治安田生命J1リーグ第3節終了時点で、1分け2敗の勝ち点1で16位に位置。18日に行われる第4節では大宮アルディージャとホームで対戦する。 2017.03.16 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖、コロンビア代表FWイバルボの期限付き移籍加入を正式発表…フィッカデンティとカリアリ以来の再タッグ

▽サガン鳥栖は15日、カリアリに所属するコロンビア代表FWビクトル・イバルボ(26)の期限付き移籍加入を正式発表した。背番号は「32」に決定。加入期間は2017年3月13日~2017年12月31日までとなる。 ▽イバルボはこれまでアトレティコ・ナシオナルやカリアリ、ローマ、ワトフォード、パナシナイコスでプレー。鳥栖を指揮するマッシモ・フィッカデンティ監督とは、カリアリ在籍時以来の再タッグとなる。 ▽なお、カリアリは14日、抜群の推進力とフィジカルを武器とするイバルボの鳥栖への期限付き移籍を先んじて発表。買い取り義オプションが付随していることも併せて伝えている。 ▽鳥栖に加入することになったイバルボはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「こんにちは、ビクトル イバルボです。まずは、私を招いてくださった竹原社長、クラブ、そして監督に感謝を申し上げたいです。日本でプレーした多くの友人たちから日本は素晴らしい国だと聞いています。そして代表チームのメンバー、すべての友人選手からJリーグは質が高いと聞いています。サガン鳥栖の強い情熱によって、その様な日本のJリーグでプレー出来ることを非常に嬉しく、幸せに思っております」 「改めて感謝を申し上げます。私のサッカー人生で学んできたこと全てを表現したいと思います。そして私自身も日本の落ち着き、謙虚さを習ってサッカー選手として人間としてさらに成長していきたいと思っております。ファン・サポーターの皆さま、早いうちにスタジアムでお会いしましょう!ありがとうございます」 2017.03.15 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

原口元気の同僚MFダリダらチェコ代表20名が発表《ロシアW杯欧州予選》

▽チェコサッカー協会(MFS)は14日、国際親善試合とロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むチェコ代表メンバー20名を発表した。 ▽カレル・ヤロリム監督は、今回のメンバーにMFウラジミール・ダリダ(ヘルタ・ベルリン)やDFセオドル・ゲブレ・セラシェ(ブレーメン)など主力を順当に選出している。 ▽チェコは22日にリトアニア代表と国際親善試合で、26日にサンマリノ代表とロシアW杯欧州予選を戦う。今回発表されたチェコ代表メンバーは以下の通り。 ◆チェコ代表メンバー20名 GK トマシュ・バシリク(バーゼル/スイス) トマシュ・コウベク(スパルタ・プラハ) イリ・パブレンカ(スラビア・プラハ) DF ヤクブ・ブラベク(ヘンク/ベルギー) トマシュ・シボク(ブルサシュポル/トルコ) フィリップ・ノバク(ミッティラン/デンマーク) マレク・スヒー(バーゼル/スイス) トマシュ・カラス(フルアム/イングランド) パベル・カデラベク(ホッフェンハイム/ドイツ) セオドル・ゲブレ・セラシェ(ブレーメン/ドイツ) MF アントニン・バラク(スラビア・プラハ) ヤロミール・ズムルハル(スラビア・プラハ) ヤン・シコラ(スロバン・リベレツ) ボレク・ドカル(河南建業/中国) ヤクブ・ヤンクト(ウディネーゼ/イタリア) ラディスラフ・クレイチ(ボローニャ/イタリア) ウラジミール・ダリダ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) FW パトリック・シック(サンプドリア/イタリア) ミラン・シュコダ(スラビア・プラハ) ミハエル・クルメンチク(ビクトリア・プルゼニ) 2017.03.14 21:48 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング