コロンビア

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.10
20:00
国際親善試合
韓国 2 - 1 コロンビア
2017.10.11
08:30
ロシアW杯 南米予選
最終節
ペルー 1 - 1 コロンビア
2017.10.06
08:30
ロシアW杯 南米予選
第17節
コロンビア 1 - 2 パラグアイ
2017.09.05
29:30
ロシアW杯 南米予選
第16節
コロンビア 1 - 1 ブラジル
2017.09.01
06:00
ロシアW杯 南米予選
第15節
ベネズエラ 0 - 0 コロンビア

基本データ

正式名称:コロンビア代表

原語表記:Colombia

ホームタウン:ボゴタ

チームカラー:黄色/青

関連ニュース

thumb

バルセロナ、コロンビア代表DF獲得の発表が間近か

▽バルセロナが、パルメイラスに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)を手中に収めているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ▽先日にボーナス込み1億6000万ユーロ(約215億円)とみられる移籍金でMFフィリペ・コウチーニョを獲得したバルサ。クラブは引き続き補強を進める模様で、報道によれば1300万ユーロ(約17億4000万円)の移籍金で大筋合意しているとのことだ。今後数日のうちにも選手はバルセロナを訪れ、契約を締結するとみられている。 ▽195cmの長身DFであるミナは2013年に母国クラブのデポルティボ・パストでキャリアをスタート。インデペンディエンテ・サンタフェでのプレーを経て、2016年からパルメイラスに在籍。コロンビアのフル代表でも主力を担っている。 2018.01.10 13:24 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルW杯での負傷を回想するネイマール「両脚が動かせなかった」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)での負傷を回想した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ネイマールは2014年に母国で開催されたW杯に臨み、準々決勝コロンビア代表戦で相手DFフアン・スニガの後方からの激しいタックルを受けて、腰椎を骨折。エースの離脱を余儀なくされると、ブラジルは続く準決勝のドイツ代表戦で1-7と大敗し、悲劇的な大会となった。 ▽ネイマールは、フットボールキャリアが終わる可能性もあった前述の負傷に関して、自身を含め家族全員が悲しみに暮れていたと振り返っている。 「あの負傷は最悪だった。あの週は泣かされたよ。僕の母と父が泣いているのを見たし、友達や家族の全員が悲しんでいた」 「あの後は脚を持ち上げることができなかった。両脚が動かせなかったんだ。ドクターに連れ出されて、僕は泣き出したよ。とても痛かったし、何も感じることができなかったからね。脚(の存在)を感じることができなかった。彼らは僕をスタジアムの病院に連れて行って、『良いニュースは、あなたが歩けるということ。(傷が)もう2cmずれていたら、フットボールのキャリアは終わっていたでしょう』と言ったんだ」 ▽幸い、後遺症もなく戦列に復帰したネイマールは、所属するPSGやブラジル代表で輝かしいキャリアを継続しており、来年6月に開催されるロシアW杯では母国開催で果たせなかった通算6度目のW杯制覇を目指す。 2017.12.28 00:07 Thu
twitterfacebook
thumb

日本と同組のレヴァンドフスキ、同僚ハメスを挑発?!「君の前回大会のゴールを覚えているが…」

▽ポーランド代表主将のバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキが、ロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ決定後にコメントを残した。 ▽レヴァンドフスキのポーランドは、グループHでセネガル代表、コロンビア代表、日本代表と同居した。レヴァンドフスキは、バイエルンで共闘するコロンビア代表の主力であるMFハメス・ロドリゲスに対して、自身のツイッターで以下のようにメッセージを送った。 「やぁ、ブラザー、ハメス・ロドリゲス。僕は君の前回大会でのグレートなゴールを覚えているよ。今回は、ロシアから僕のゴールを君が忘れられないようにしたいと願っている」 ▽前回のブラジル・ワールドカップで、ハメスは日本戦のほか、決勝トーナメント1回戦で圧巻のボレーシュートを決めるなどインパクトを残し、6得点で得点王に輝いた。 2017.12.02 14:13 Sat
twitterfacebook
thumb

今の日本を知らないかも? コロンビア代表監督「ホンダのように…」

▽2018年に行われるロシア・ワールドカップの各グループステージ組み合わせが決定した。 ▽日本代表はグループHに入り、コロンビア代表、セネガル代表、ポーランド代表と同居。初戦は、2014年に行われた前回大会のグループステージ最終節で1-4の黒星を喫したコロンビアだ。 ▽コロンビアを率いるアルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督は、初戦の相手である日本について言及。『El Tiempo』が次のように伝えている。 「我々は彼らを知っている。2014年のブラジルでも対戦したからね。我々は、初戦の相手である彼らだけでなく、ネームと完成されたホンダのように経験豊富な選手について話し合っている」 ▽コロンビア代表監督の口から直々に名前が挙がったパチューカに所属するFW本田圭佑だが、ここ最近は日本代表から遠ざかり気味。果たして、今の日本をどこまで把握しているのか気になるところだ。 2017.12.02 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ロシアW杯特集】日本の対戦相手を紹介:コロンビア代表

▽国際サッカー連盟(FIFA)は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループステージ組み合わせ抽選会を行った。この結果、日本代表はポーランド代表、コロンビア代表、セネガル代表と対戦することが決まった。ここでは日本代表の対戦相手各チームを簡単に紹介していく。 ◆コロンビア代表(2大会連続6回目)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>監督:ホセ・ペケルマン 主将:FWラダメル・ファルカオ 予選成績:7勝5敗6分け(21得点19失点) ▽基本フォーメーション 【4-2-3-1】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_5_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:オスピナ DF:アリアス、D・サンチェス(ムリージョ)、ミナ(サパタ)、ファブラ MF:C・サンチェス、D・トーレス MF:クアドラード、ハメス・ロドリゲス、カルドナ FW:ファルカオ ★予選大苦戦もタレントの宝庫 ▽最終節まで6チームが残り4枠を争う大混戦となった南米予選を辛くも4位で通過したコロンビアは、守備陣や攻撃陣に若手の台頭があったものの、ペケルマン監督の下でブラジルW杯からの継続路線を敷いている。 ▽今予選を通じては[4-2-3-1]、[4-4-2]、[4-3-3]の複数のシステムを使い分けながらも、カウンターを主体に後方と前線の選手が攻守を分業するスタイルの戦い方が目立った。守護神は変わらずアーセナルに所属するGKオスピナが務め、最終ラインではJ・ムリージョやサパタといったブラジルW杯時の主力から、ダビンソン・サンチェス、ミナという若く高いポテンシャルを持つ若手センターバックに世代交代が図られている。一方でサイドバックは右にアリアス、左にファブラがレギュラーを務めている。 ▽守備的なセントラルMFとウイングや攻撃的MFで構成される中盤では、前者の役割をカルロス・サンチェスやD・トーレス、アギラールらが担い、後者はエースのハメス・ロドリゲス、クアドラードというビッグクラブで活躍する二枚看板、近い将来の欧州行きが有力視されるカルドナが主力を担う。 ▽ストライカー陣では、昨年モナコで完全復活を遂げたファルカオが主軸を担い、今夏ビジャレアルとセビージャを新天地に選んだバッカ、ムリエルという、タイプの異なるストライカーがエースの脇を固める。 ★注目選手<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_5_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF:ハメス・ロドリゲス 代表成績:57試合/19ゴール ▽コロンビアの注目プレーヤーは、ブラジルW杯での活躍も記憶に新しいハメス・ロドリゲスだ。ブラジルW杯後にレアル・マドリーにステップアップを果たしたハメス・ロドリゲスだが、その才能を発揮した期間もあったものの、思うように出場機会を得られず、今夏バイエルンにレンタルで旅立った。そのバイエルンではケガの影響で出遅れたが、持ち味の攻撃センスや左足のテクニックを武器に本来の輝きを取り戻し始めている。 ▽レアル・マドリーやバイエルンでプレーするときと異なり、ファルカオと共に攻撃の全権を委ねられている代表チームでは、より自由度の高いプレーを披露している印象だ。とりわけ、クアドラードやファルカオ、カルドナを従えて繰り出すカウンター時の存在感は絶大だ。 ◆コロンビア代表主要メンバー GK ダビド・オスピナ(アーセナル/イングランド) カミロ・バルガス(デポルティボ・カリ) DF エデル・アルバレス・バランタ(バーゼル/スイス) ジェリー・ミナ(パルメイラス/ブラジル) フランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) ステファン・メディーナ(モンテレイ/メキシコ) ジェイソン・ムリージョ(バレンシア/スペイン) オスカル・ムリージョ(パチューカ/メキシコ) ダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド) サンティアゴ・アリアス(PSV/オランダ) クリスティアン・サパタ(ミラン/イタリア) MF アベル・アギラール(デポルティボ・カリ) ウィルマル・バリオス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) エドウィン・カルドナ(モンテレイ/メキシコ) ジョバンニ・モレーノ(上海申花/中国) カルロス・アルベルト・サンチェス(フィオレンティーナ/イタリア) フアン・クアドラード(ユベントス/イタリア) ダニエル・トーレス(アラベス/スペイン) ハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ) ジェフェルソン・レルマ(レバンテ/スペイン) FW カルロス・バッカ(ビジャレアル/スペイン) ルイス・ムリエル(セビージャ/スペイン) ラダメル・ファルカオ(モナコ/フランス) ホセ・イスキエルド(ブライトン/イングランド) テオフィロ・グティエレス(ロサリオ・セントラル/アルゼンチン) ミゲル・ボルハ(アトレティコ・ナシオナル) 2017.12.02 05:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング