ヴァンフォーレ甲府

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 甲府 9 2 3 3 7 10 -3 8

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-30
16:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
神戸 vs 甲府
2017-05-03
14:00
YBCルヴァンカップ Bグループ
第4節
甲府 vs 横浜FM
2017-05-07
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
甲府 vs 磐田
2017-05-10
19:00
YBCルヴァンカップ Bグループ
第5節
神戸 vs 甲府
2017-05-14
14:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
横浜FM vs 甲府

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.22
14:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
甲府 1 - 1 C大阪
2017.04.16
13:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
甲府 0 - 2 新潟
2017.04.12
19:00
YBCルヴァンカップ Bグループ
第2節
甲府 0 - 0 C大阪
2017.04.08
14:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
川崎F 1 - 1 甲府
2017.04.02
17:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
甲府 2 - 0 札幌

基本データ

正式名称:ヴァンフォーレ甲府

原語表記:Ventforet KOFU

ホームタウン:甲府市、韮崎市を中心とする全県

チームカラー:ブルー

関連ニュース

thumb

甲府MF新井涼平が右大腿内転筋肉離れで全治4〜6週間、MF黒木聖仁は左ヒザ外側半月板損傷で全治2カ月

▽ヴァンフォーレ甲府は27日、MF新井涼平、MF黒木聖仁の負傷を発表した。 ▽新井は22日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節のセレッソ大阪戦で負傷。13分にボールをクリアしに行った際に接触はなかったものの倒れ込み、15分に畑尾大翔と交代していた。検査の結果、新井は右大腿内転筋肉離れと診断。全治は約4〜6週間とのことだ。 ▽また、黒木は17日のトレーニング中に負傷。検査の結果、左ヒザ外側半月板損傷と診断され全治は約2カ月とのことだ。 ▽新井は今シーズンの明治安田生命J1リーグで全8試合に先発出場。黒木は1試合に途中出場していた。 2017.04.27 12:29 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、公式戦3試合連続ドロー…杉本2戦連発も畑尾の公式初得点で甲府と痛み分け《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のヴァンフォーレ甲府vsセレッソ大阪が山梨中銀スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽第7節を終えて、2勝2分け3敗で14位につける甲府と、3勝3分け1敗で7位に位置するC大阪の一戦。公式戦3試合白星なしの甲府は、0-2で敗れた前節のアルビレックス新潟戦から山本とオリヴァー・ボザニッチに代えて新里と田中佑昌を先発起用した。 ▽一方、C大阪は、前節でG大阪との“大阪ダービー"を2-2で引き分けたものの、直近の公式戦7試合で4勝3分けと好調を維持。そのC大阪は、前節と同様のスターティングメンバーでこの試合に臨んだ。 ▽試合は立ち上がりからややオープンな展開になるも、両者ともに組織的な守備で決定機を作らせない。 ▽次第にC大阪がボールを保持し始めると24分、右サイドでのパス回しから山口がダイレクトでクロスを供給。これに反応した杉本が頭で合わせるも、GK岡に正面でキャッチされる。 ▽序盤から思うような試合運びができない甲府は33分、敵陣中央右からのFKをファーサイドの田中佑昌、畑尾と頭で折り返すと、最後はエデル・リマがゴール前でヘディングシュートを放つも、ゴール右に外れる。 ▽ゴールを脅かされたC大阪だが、前半終了間際に決定機。43分、敵陣中央右からソウザが鋭いクロスを送ると、ボールがゴール前左に流れる。これに反応した柿谷が左足を合わせるも、当てきることができず、ゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半開始直後、前半終了間際の決定機を逃したC大阪が均衡を破る。48分、山村が頭で落としたボールを受けた柿谷が敵陣中央からスルーパス。これに反応した杉本がボックス内に侵攻すると、左足を振り抜いてゴール右隅へ流し込んだ。 ▽先制を許した甲府だったが62分、ボックス左外でFKを獲得すると、キッカーの兵働がクロスを供給。これを畑尾が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽試合が振り出しに戻ると、両者の攻防は激しさを増す。しかし、互いにフィニッシュの精度を欠き、そのまま試合は終盤へ。すると、猛攻を仕掛けるC大阪に勝ち越しのチャンスが訪れる。後半アディショナルタイム2分、敵陣中央左から清武がクロスを入れると、ゴール前の柿谷がワンタッチでボックス左へパス。これに反応した途中出場の木本がフリーでシュートを放つも、GK岡の好守に阻まれる。 ▽その後も甲府ゴールへと迫ったC大阪だったが、GK岡を中心としたディフェンスを崩すことができず、1-1で試合終了。C大阪はこれで公式戦3試合連続ドローとなった。一方の甲府は公式戦4試合白星がない。 2017.04.22 16:12 Sat
twitterfacebook
thumb

矢野の復帰後初ゴールなどで新潟が甲府との川中島ダービーを制して今季初勝利!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節、ヴァンフォーレ甲府vsアルビレックス新潟の“川中島ダービー”が山梨中銀スタジアムで行われ、2-0で新潟が今季初勝利を飾った。 ▽かつて戦国時代において甲斐国・武田信玄と越後国・上杉謙信が信濃国で相見えた川中島の戦いになぞらえられる甲府と新潟のダービーマッチ。前節の川崎フロンターレ戦で1-1のドローに終わり連勝は2でストップした12位の甲府(勝ち点8)が、サガン鳥栖戦に0-3の完敗を喫し2連敗で未だ勝利がない17位の新潟(勝ち点2)をホームに迎えた。 ▽甲府が[5-3-2]のフォーメーションを採用し、新潟は[4-4-2]で試合に入った。恵まれた天候の中でキックオフされた一戦は、新潟がボールを持ちながらも、自陣で受ける甲府がボールフォルダーへの素早い寄せからロングカウンターを狙っていく。すると11分に早速試合が動いた。左CKを獲得した新潟は、チアゴ・ガリャルドが入れたインスイングのボールを、ファーサイドの富澤が頭で折り返すと最後は原が低空ダイビングヘッドで押し込み、先制点を奪った。 ▽追いかける甲府は18分にボックス手前右の位置でFKを獲得。オリヴァー・ボザニッチが左足で直接狙うと、シュートは枠を捕えたがGK大谷がしっかりとはじき出した。甲府は26分にも左サイドの深い位置でボールを受けた小椋が落として、松橋が狙うがボールは枠外へ。さらに押し込んでいく甲府は、31分に松橋が相手選手との接触で負傷。一度はピッチを出るが、プレー続行となった。 ▽リードする新潟は、オフェンス時にパスのエラーが目立ちフィニッシュに持ち込めない時間が続く。それでも36分、ホニがボックス内でドリブルを仕掛け、GKをかわして無人のゴールに流し込みにかかる。新潟が追加点かと思われたが、ライン上で甲府がクリアしリードを広げることはできなかった。44分にはゴール正面のやや遠い位置でFKを獲得するが、ホニが直接狙った強烈なシュートは枠を捕えるもGKがキャッチ。前半はそのまま新潟の1点リードで終えた。 ▽迎えた後半の最初のチャンスは新潟だった。49分、裏に抜け出したホニがドリブルでボックス内に侵入。DFを引き連れながらもGKの体勢を崩して右足で狙うが、右ポストを叩いてしまい、追加点を奪うことはできなかった。しかし直後の52分、左CKを獲得した新潟はこの流れからニアサイドの矢野が頭で合わせる。矢野の復帰後初ゴールで新潟がリードを2点に広げた。 ▽甲府は終盤にかけて攻勢に出ようとするも、新潟も集中した守りを見せて危なげなくし合いを運んでいく。最後まで集中力を切らさなかった新潟が、そのままリードを保って試合は終了。今シーズン初の川中島ダービーは新潟に軍配があがり、今季初勝利となった。 2017.04.16 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪戦で負傷交代の甲府FW森晃太が右ヒザ前十字じん帯損傷で全治約8カ月、DF熊谷駿が左大腿二頭筋肉離れで全治約6週間

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、FW森晃太、DF熊谷駿の負傷を発表した。 ▽森、熊谷ともに12日に行われたYBCルヴァンカップ第2節のセレッソ大阪戦で負傷。森は30分、熊谷は45分に交代していた。 ▽クラブの発表によると、森は右ヒザ前十字じん帯損傷で全治約8カ月、熊谷は左大腿二頭筋肉離れで全治約6週間とのことだ。 2017.04.15 17:19 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府 vs C大阪はゴールレスドロー《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第2節、ヴァンフォーレ甲府vsセレッソ大阪が12日に山梨中銀スタジアムで行われ、0-0で終了した。 ▽初戦で引き分けた甲府と、勝利したC大阪が激突。甲府は、直近のリーグ戦からGK岡、MF堀米を除く9選手を変更して試合に臨んだ。一方のC大阪は、リカルド・サントスをトップに、2列目には清原、丸岡、水沼を並べた。 ▽序盤は主導権争いが続き、両者共になかなかチャンスをつくれない。先に決定機を迎えたのは甲府。23分、左サイドから曽根田が入れたインスウィングのクロスに正面の熊谷が頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートはわずかに枠をはずれた。 ▽甲府は30分に森、45分に熊谷が負傷し、それぞれ道渕、保坂と交代。試合はハーフタイムにかけて一進一退の攻防となるも、両者共に決定的なチャンスを演出するには至らず、ゴールレスのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、甲府は54分に好機を迎える。ボックス左で仕掛けた黒木のドリブルはDFに引っかけられるも、こぼれ球を付近の河本がダイレクトシュート。ゴール右隅を狙ったコントロールシュートは、わずかに枠の右へはずれた。 ▽状況を打開したいC大阪は62分に清原に代えて岸本、そして72分には木本を下げて藤本を投入する。さらに、82分にはリカルド・サントスを下げて福満を送り出す。 ▽アディショナルタイムには、その福満がボックス手前からミドルシュート。これが枠を捉えたが、GK岡の正面を突く。 ▽結局、両者共に最後までゴールを奪うことができず、試合終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.04.12 21:11 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング