エバートン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 エバートン 50 14 8 7 51 30 21 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-01
20:30
プレミアリーグ
第30節
リバプール vs エバートン
2017-04-04
28:00
プレミアリーグ
第31節
マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン
2017-04-09
24:00
プレミアリーグ
第32節
エバートン vs レスター・シティ
2017-04-15
23:00
プレミアリーグ
第33節
エバートン vs バーンリー
2017-04-22
23:00
プレミアリーグ
第34節
ウェストハム vs エバートン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
24:00
プレミアリーグ
第29節
エバートン 4 - 0 ハル・シティ
2017.03.11
24:00
プレミアリーグ
第28節
エバートン 3 - 0 WBA
2017.03.05
22:30
プレミアリーグ
第27節
トッテナム 3 - 2 エバートン
2017.02.25
24:00
プレミアリーグ
第26節
エバートン 2 - 0 サンダーランド
2017.02.11
24:00
プレミアリーグ
第25節
ミドルズブラ 0 - 0 エバートン

基本データ

正式名称:エバートンFC

原語表記:Everton Football Club

愛称:トフィーズ、ブルーズ

創立:1878年

ホームタウン:リバプール

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

FIFA、W杯予選で右足を骨折したエバートンDFコールマンの離脱期間中の給与を負担へ 週給は約630万円

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、24日のウェールズ代表戦で右足を骨折したエバートンのアイルランド代表DFシェイマス・コールマンの離脱期間中の給与を負担することになるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアイルランドvsウェールズに先発出場したコールマンは、70分に相手DFニール・テイラーの悪質なタックルによって右足の腓骨と脛骨を骨折する重傷を負った。 ▽コールマンは、負傷翌日に同箇所の手術を行ったが、現時点での具体的な離脱期間は判明していない。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、今回のコールマンのケガは、2012年から導入されているFIFAのクラブ保護プログラムが適用されることになり、離脱期間中にエバートンから支払われる予定の給与をクラブに代わってFIFAが負担することになるという。 ▽なお、クラブ保護プログラムでは週給11万2000ポンド(約1570万円)を上限に、FIFA主催試合で長期離脱を強いられた選手の給与をクラブに代わって負担する。『スカイ・スポーツ』によれば、現在コールマンは週給4万5000ポンド(約630万円)を受け取っているとみられており、FIFAは同選手のケガが完治するまで給与を負担し続けることになるようだ。 2017.03.28 01:11 Tue
twitterfacebook
thumb

右足骨折コールマンの手術が成功 しかし、離脱期間は医師もわからず…

▽24日のウェールズ代表戦で右足を骨折したエバートンのアイルランド代表DFシェイマス・コールマンの手術が無事成功したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアイルランドvsウェールズに先発出場したコールマンは、70分に相手DFニール・テイラーの悪質なタックルによって右足を骨折する重傷を負った。 ▽アイルランド代表を率いるマーティン・オニール監督は、25日にコールマンの手術が無事成功したことを明かした。 「彼は土曜(25日)の午前中に手術を受け、無事に成功した。彼は自分に起こったこと、失望の気持ち全てを理解している」 ▽また、オニール監督は、コールマンの離脱期間について「医師や執刀医にさえ正確なことはわかっていない」と語り、復帰には長い時間を要する見込みであると主張している。 「回復にはかなりの時間が必要となるだろう。彼のケガは二重骨折だ。現在、骨折箇所をボルトで固定している」 「(離脱期間に関して)私にはわからない。推測しかできない。医師や執刀医にさえ正確なことはわかっていないんだ」 「回復にはかなりの時間が必要となるだろう。しかし、シェイマスには強い決心がある。そういった前向きな姿勢は、往々にしてケガの回復を助けるものになる」 ▽キャプテンを務めるアイルランド代表と共に、エバートンで重要な役割を担うコールマンには、一刻も早い戦列復帰を期待したところだ。 2017.03.27 02:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シュナイデルランがふくらはぎ負傷でマージーサイド・ダービー出場は状況次第に…

▽エバートンのフランス代表MFモルガン・シュナイデルランが、ふくらはぎを負傷したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽シュナイデルランは18日に行われたプレミアリーグ第29節のハル・シティ戦に先発出場を果たすも、30分に左足を負傷してバリーとの交代でベンチへと下がっていた。試合後は松葉杖をついてスタジアムを後にした同選手だが、クラブのメディカルスタッフによればふくらはぎを負傷しているものの、大事には至っていないと伝えられていた。 ▽エバートンは4月1日にリバプールとのマージーサイド・ダービーを控えているが、クラブの発表によればシュナイデルランの出場は今後の検査結果を見て判断するとのこと。 ▽今冬の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドからエバートンに加入した同選手は、公式戦9試合に出場するなどロナルド・クーマン監督の下で出場機会を得ていた。 2017.03.22 11:23 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン首脳陣、ルカクの退団報道を一蹴…「我々の選手」と主張

エバートン筆頭株主のファルハド・モシリ氏は、FWロメル・ルカクが新契約を拒否したことに関する報道をイギリス『トークスポーツ』のインタビューで否定している。<br><br>ルカク代理人のミノ・ライオラ氏は、以前より2019年で契約の切れるベルギー代表ストライカーが「99.9%」エバートンと新契約を結ぶと話していた。しかしルカクの希望はチャンピオンズリーグに出場することであり、クラブとの新契約を拒否したと報じられている。これを受け、今夏の移籍に関する憶測が過熱しているが、モシリ氏はチームのストライカーはどこにも行かないと明言した。<br><br>「何も問題はない。クラブは選手とその代理人と良い関係性を築いている。まだ2年半も契約が残っており、新契約も準備している。誰一人としてそのことを心配していない。彼は我々の選手だ」<br><br>23歳のルカクは全公式戦で29試合に出場し、20得点を挙げ、チームの攻撃陣をけん引している。はたしてエバートンの最多得点記録を持つストライカーは今夏どのような決断を下すのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.03.16 09:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク、エバートンの新契約オファーを拒否か

▽エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(23)がクラブとの契約延長を拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="cybird170309_ios" data-page-id-and="cybird170309_and" data-height="180px"></span> ▽エバートンとの現行契約を2019年まで残しているルカク。他クラブの関心がささやかれる中、以前から契約延長に向けた動きが伝えられていたが、エバートンが打診した新契約に首を縦に振らなかったという。 ▽しかし、『スカイ・スポーツ』が伝えたところによれば、エバートンに諦めた様子はなく、今後も代理人のミノ・ライオラ氏を交えて会談を継続していくとのことだ。 ▽ルカクは2014年に移籍金2800万ポンドでチェルシーから完全移籍。今シーズンのプレミアリーグで、ここまでトッテナムのFWハリー・ケインと並んでトップの19ゴールを記録している。 2017.03.15 10:45 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング