エバートン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 エバートン 12 3 3 6 12 24 -12 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-11-26
22:30
プレミアリーグ
第13節
サウサンプトン vs エバートン
2017-11-29
29:00
プレミアリーグ
第14節
エバートン vs ウェストハム
2017-12-02
24:00
プレミアリーグ
第15節
エバートン vs ハダースフィールド
2017-12-07
27:00
ELグループE
最終節
アポロン・リマソル vs エバートン
2017-12-10
23:15
プレミアリーグ
第16節
リバプール vs エバートン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.23
29:05
ELグループE
第5節
エバートン 1 - 5 アタランタ
2017.11.18
24:00
プレミアリーグ
第12節
クリスタル・パレス 2 - 2 エバートン
2017.11.05
25:30
プレミアリーグ
第11節
エバートン 3 - 2 ワトフォード
2017.11.02
27:00
ELグループE
第4節
リヨン 3 - 0 エバートン
2017.10.29
25:00
プレミアリーグ
第10節
レスター・シティ 2 - 0 エバートン

基本データ

正式名称:エバートンFC

原語表記:Everton Football Club

愛称:トフィーズ、ブルーズ

創立:1878年

ホームタウン:リバプール

チームカラー:青

関連ニュース

thumb

エバートンOBが古巣に失望…大型補強も実らなかった一番の原因は?

▽かつてエバートンで活躍した元イングランド代表FWのトニー・コティー氏が、古巣の現状を嘆いている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽エバートンは今夏の移籍市場でエースだったベルギー代表FWロメル・ルカクがマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。7500万ポンド(現在のレートで約111億1000万円)もの移籍金を手にしたエバートンは、今夏に積極的な補強を行い、1億5290万ポンド(約226億3400万円)もの大金を費やした。 ▽その大金でアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン、スペイン人FWサンドロ・ラミレス、イングランド代表DFマイケル・キーンなど実力者をチームに加え、さらに元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが復帰を果たしている。 ▽しかし、チームは9試合を終えた時点で2勝2分け5敗の18位と低迷し、10月23日にはロナルド・クーマン監督を解任。チームは指揮官不在の中で戦いを続けており、現在は3勝3分け6敗の勝ち点12で16位。降格圏の18位・ウェストハムとは勝ち点差3となっている。 ▽1988年から1994年までエバートンでプレーし、公式戦184試合72ゴールの実績を持つコティー氏が古巣の現状についてコメント。ここまで12ゴールしか奪えていない現状を考えると、ルカクの放出がチームにとって大きな影響を与えていると語った。 「ルカクを放出してしまい大金を手にしたが、エバートンの補強戦略は非常に脆弱なものだった。以前から言っているように7500万ポンドもの大金を得て、25ゴールを補わなければいけないのであれば、前線の選手を買わなければいけない」 「クリス・ウッド(バーンリー)、アンドレイ・グレー(ワトフォード)らが得点を挙げているとは思わないが、彼らはストライカーだ。今のエバートンには強みがない」 2017.11.24 11:04 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン粉砕のアタランタと攻撃陣爆発のリヨンが揃って決勝T進出!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第5節、エバートンvsアタランタが23日に行われ、アウェイのアタランタが5-1で圧勝した。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で首位に立つアタランタ(勝ち点8)は、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。対するエバートン(勝ち点1)は前節の敗戦によって敗退が決定したものの、ルーニーやウィリアムズ、トム・デイビスなど主力をピッチに送り出した。 ▽試合はモチベーションで勝るアウェイのアタランタが出足鋭い攻めを見せていく。すると12分、味方とのパス交換で右サイド深くに侵攻したカスターニュがグラウンダーのクロス。これをニアでペターニャが潰れ、最後はクリスタンテがワンタッチで流し込んだ。 ▽ホームで先手を許したエバートンは、その後もアレハンドロ・ゴメスを中心に縦に速い攻撃を展開するアタランタを前に耐える時間が続く。それでも、時間の経過と共に押し返し始めると、30分と47分にはボックス付近のミララスが続けて決定的なシュートを放つ。だが、GKベリシャの見事な反応に阻まれ、前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽迎えた後半も立ち上がりはアタランタペースで進む。48分にはボックス内に抜け出したクリスタンテがDFウィリアムズに後ろから倒され、PKを獲得。これをキッカーのA・ゴメスが蹴るが、左を狙ったシュートはコースが甘くGKロブレスにストップされる。さらにこぼれ球を再びA・ゴメスが蹴り込むが、再びロブレスに阻まれた。 ▽絶好の追加点のチャンスを逃したアタランタだったが、その後もエバートンを自陣深くに押し込める猛攻を見せる。しかし、A・ゴメスやハテボエルの決定機が相手の身体を張った守備やGKロブレスのビッグセーブに防がれ、あと一押しが足りない。それでも、64分にはA・ゴメスの左CKをニアで待ち構えていたクリスタンテがバックヘッドでファーポストに流し込み、待望の追加点を奪う。 ▽一方、ホームで意地を見せたいエバートンは、ヴラシッチ、フィーニーと続けて交代カードを切っていくと、71分に1点を返す。右サイドのスペースに抜け出したミララスが折り返したボールを中央で受けたサンドロ・ラミレスが素早い足の振りからゴール左隅に流し込んだ。 ▽この失点をキッカケにエバートンが押し返す時間が続くも、焦れずに失点を防ぐアタランタ。すると、試合終盤にかけて見事なゴールラッシュを見せる。86分、セットプレーの二次攻撃でボックス外のゴセンズが左足で放ったシュートが左ポストの内側を叩いて決まる。さらに、87分と94分にはいずれもカウンターからコーネリウスが連続得点を記録し、終わってみれば5-1の圧勝。敵地でエバートンを粉砕したアタランタが最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 ▽また、同日行われたグループEのもう1試合、リヨンvsアポロン・リマソルは、ホームのリヨンが4-0で快勝した。 ▽ここまで2勝2分けの無敗で2位のリヨン(勝ち点8)は、3位アポロン・リマソル(勝ち点3)をホームに迎えたこの一戦で引き分け以上で突破が決定する優位な状況となった。 ▽試合は立ち上がりからリヨンペースで進んでいくが、互いにアクシデントに見舞われる。15分過ぎ、共に足を痛めたリヨンのトラオレ、アポロンのアントン・マクリガがプレー続行不可能となり、それぞれオアール、セラヤの緊急投入を余儀なくされる。 ▽それでも、試合の主導権を握ったホームチームは29分、左CKの場面で相手GKとDFがクリアミスを犯すと、これをゴール前に詰めていたディアカビが冷静に蹴り込んで先制に成功する。さらに32分にはロングカウンターから左サイドを突破したデパイがクロスを入れると、ボックス右で胸トラップしたフェキルが冷静に左足で流し込んだ。 ▽リヨンの2点リードで折り返した試合は、後半も試合展開に大きな変化はなし。モレルに代えてトゥサールをハーフタイム明けに送り出したホームチームは、後半も鋭いカウンターから相手の背後を突いては決定機を作り出す。 ▽66分にはボックス右でパスを受けたオアールがGKとDFを引き付けて浮き球のクロス。これをマリアーノ・ディアスが頭で合わせ、ダメ押しの3点目を奪った。その後も攻撃の手を緩めないリヨンは、試合終了間際にも若手FWマオリダにゴールが生まれ、4-0の圧勝。この結果、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 2017.11.24 07:04 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンのボラシエが11カ月ぶりにトレーニング復帰

▽エバートンのコンゴ民主共和国代表FWヤニク・ボラシエ(28)が11か月ぶりにトレーニングに復帰した。クラブが公式サイトで伝えている。 ▽昨年12月に、マンチェスター・ユナイテッドとの試合で右ヒザ十字じん帯を負傷して以来戦線から離れていたボラシエ。2度の手術を乗り越え、22日のトレーニングにおよそ11カ月ぶりに参加した。先日、すでにエバートンのU-23チームで実戦復帰していたボラシエだったが、トップチームでのプレーに向けてまた一歩近づいたようだ。 ▽ボラシエは2016年夏にクリスタル・パレスから2500万ポンド(当時約35億4000万円)の移籍金で加入。昨季は右ウイングを主戦場に14試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。 2017.11.23 01:23 Thu
twitterfacebook
thumb

“ダイブ”のエバートンFWニアッセに2試合の出場停止処分

▽イングランドサッカー協会(FA)は22日、18日に行われたプレミアリーグ第12節、クリスタル・パレス戦で“ダイブ”したエバートンのセネガル代表FWバイェ・ウマル・ニアッセに対して2試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ▽ニアッセは、2-2のドローに終わった18日のパレス戦に先発フル出場を果たした。同試合ではパレスが開始2分にMFジェームズ・マッカーサーのゴールで早々に先制。だが、直後の5分にはボックス内で仕掛けたニアッセが相手DFスコット・ダンと交錯し倒れると、このプレーでエバートンにPKが与えられる。これをキッカーのDFレイトン・ベインズが決めて、試合を振り出しに戻していた。 ▽このPKの場面では、DFダンがPKを避けるために足を出しに行くことを止めていたものの、ニアッセは足をかけられたように演技を行い、これが“ダイブ”にあたると、各方面で非難の声が挙がっていた。 ▽そして、FAは同試合後、ニアッセの当該行為に関して調査を開始。元マッチオフィシャル、元レフェリー、元プレーヤーの3者で構成される独立規律委員会が中継映像で確認を行ったところ、全会一致でニアッソの行為が「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」にあたると確認した。 ▽なお、“ダイブ”やシミュレーションなどが横行するイングランドサッカー界では、2017-18シーズンから「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」に対して、厳格な処分を科すことを決定した。 ▽そして、今回処分を科されるニアッセは、プレミアリーグにおいて最初の処分者となる不名誉な記録を残すことになった。 2017.11.23 01:04 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグで活躍した元ナイジェリア代表FWヤクブが現役引退

▽エバートンやポーツマスで活躍した元ナイジェリア代表FWヤクブ・アイエグベニ(35)が22日、現役引退を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』に語っている。 ▽ポーツマスやミドルスブラ、エバートンにブラックバーンなどでプレーしたセンターフォワードのヤクブは、プレミアリーグ通算252試合に出場して95ゴール16アシストをマーク。ナイジェリア代表としては57試合に出場して21ゴールを挙げ、2010年南アフリカワールドカップに出場した。 ▽2017年4月にはコヴェントリーと契約していたが、シーズン終了後に契約満了となって以降はフリーとなっていた。そのヤクブは『スカイ・スポーツ』に対して次のように語った。 「まずはこのようなキャリアを送れたことを感謝したい。ナイジェリアサッカー協会や代表のチームメートにね。代表でのプレーは思い出に残るものばかりだった」 「そして所属した各クラブにも感謝したい。監督やスタッフ、オーナー、そしてチームメートにもね。自分のキャリアを支えてくれたクラブに感謝したい」 「1997年にナイジェリアでキャリアをスタートさせた際にはこれほどの成功は考えていなかった。イングランドでのプレーは、自分を選手として人として成長させてくれた。今は新たなスタートを切るタイミングだと思ったんだ」 2017.11.23 00:33 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング