ブライトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ブライトン 36 8 12 14 32 47 -15 34

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-28
23:00
プレミアリーグ
第36節
バーンリー vs ブライトン
2018-05-09
28:00
プレミアリーグ
第31節
マンチェスター・シティ vs ブライトン
2018-05-13
23:00
プレミアリーグ
第38節
リバプール vs ブライトン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.17
27:45
プレミアリーグ
第35節
ブライトン 1 - 1 トッテナム
2018.04.14
23:00
プレミアリーグ
第34節
クリスタル・パレス 3 - 2 ブライトン
2018.04.07
23:00
プレミアリーグ
第33節
ブライトン 1 - 1 ハダースフィールド
2018.03.31
23:00
プレミアリーグ
第32節
ブライトン 0 - 2 レスター・シティ
2018.03.17
28:45
FA杯
準々決勝
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 0 ブライトン

基本データ

正式名称:ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC

原語表記:Brighton Hove Albion Football Club

愛称:シーガルズ

ホームタウン:Brighton Hove

チームカラー:青と白

関連ニュース

thumb

4位トッテナムが格下ブライトン相手に痛恨のドロー…《プレミアリーグ》

▽トッテナムは17日、プレミアリーグ第35節でブライトンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽3日前に行われたマンチェスター・シティ戦で敗戦を喫し、リーグ戦の連勝が「6」でストップした4位トッテナム(勝ち点67)が、リーグ戦4戦未勝利中の13位ブライトン(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽バウンスバックが求められるブライトンとの一戦に向けて、トッテナムはシティ戦から先発を6人変更。デレ・アリやE・ダイアー、トリッピアーらをベンチに置き、ソン・フンミンやルーカス・モウラ、ワニャマらを先発で起用した。 ▽自陣でブロックを敷く相手に、トッテナムはケインやエリクセンを起点として攻撃の糸口を探るが、なかなか決定機には至らない。23分には、ムサ・シッソコのパスをボックス左で受けたソン・フンミンが縦に切り込み左足を振り抜いたが、軸足を滑らせたシュートは相手GKに正面でキャッチされた。 ▽その後もポゼッションではブライトンを圧倒するトッテナムだが、ノーチャンスのまま時間が経過。45分には、ペナルティアーク左横で倒されたケインが直接FKでゴールを狙う。アディショナルタイム3分にも、ケインのラストパスからソン・フンミンが決定機を迎えるも、シュートはGKライアンの好セーブに防がれた。 ▽迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。48分、バックパスを最終ラインで受けたボングにワニャマが素早くプレスをかけると、このロストボールをソン・フンミンがボックス左深くで拾い、カットインからラストパス。最後はケインがこのボールをゴールに蹴り込み、トッテナムが先制した。 ▽先手を取ったトッテナムだが、不用意なファウルから同点に追いつかれる。49分、ボックス左から侵入したイスキエルドをオーリエが後ろから倒しPKを献上。このPKをグロスにゴール左隅に決められた。 ▽勝ち越しを狙うトッテナムは74分にワニャマとルーカル・モウラを下げてラメラとデンベレをピッチに送り出す。さらに85分にはケインを下げてジョレンテをピッチに送り出した。 ▽トッテナムは88分、エリクセンのパスを最前線のジョレンテがワンタッチではたくと、これを受けたラメラがボックス中央かラ侵入しシュートまで持ち込んだが、これもGKライアンにセーブされる。 ▽結局、試合は1-1のまま終了。トッテナムは格下相手に痛恨のドローで勝ち点を取りこぼした。 2018.04.18 05:48 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神PKストップの10人レスターがブライトン撃破で連勝! 先発の岡崎はシュート0の低調パフォーマンスで後半序盤に交代…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第32節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsレスター・シティが31日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのレスターが2-0で勝利した。なお、レスターのFW岡崎慎司は56分までプレーした。 ▽暫定8位のレスターと同12位ブライトンによる中位対決。インターナショナルウィーク突入前のFAカップ準々決勝でチェルシーに敗れたレスターだが、リーグ戦では3戦負けなしと好調を維持。連勝を目指す今回の一戦に向けては、前述のチェルシー戦からイヘアナチョに代えて岡崎を起用した以外、同じメンバーで臨んだ。 ▽試合は立ち上がりから攻守の切り替えを強調した両チームが球際で激しくぶつかり合う展開に。その流れの中でサイドを使ったシンプルな攻撃を仕掛けるブライトンが立ち上がりに続けてロカディアがフィニッシュに絡んでいく。 ▽一方、前半から粘り強い守備は機能するものの、相手の出足鋭い守備に苦戦を強いられるレスターは岡崎とヴァーディの前線コンビになかなかボールが収まらず、厚みのある仕掛けを見せられない。逆に38分にはグロスのスルーパスに抜け出したマーレイにGKと一対一の場面を作られるが、ここはGKシュマイケルの果敢な飛び出しでシュートミスを誘い、何とか前半をゴールレスで終えた。 ▽後半もなかなか攻撃の形を作れないレスターは56分、ここまでヴァーディと共にシュート0の岡崎を諦めてディアバテを投入。この交代で徐々に攻撃にリズムが出てくるが、前半同様にフィニッシュまで持ち込めない。 ▽一方、イスキエルドの仕掛けを軸にチャンスを作り始めるホームチームは76分、ボックス内で仕掛けたそのイスキエルドがDF2枚にサンドされて倒されPKを獲得。しかし、キッカーのマーレイが右を狙って蹴ったボールはGKシュマイケルに完璧に読まれて先制点とはならない。 ▽すると、守護神のビッグセーブで絶体絶命のピンチを凌いだレスターが83分にワンチャンスを生かす。相手陣内左サイドで得たFKの流れからチルウェルが狙いすましたクロス。これをファーサイドで競り勝ったイボーラが頭で叩き込み、貴重な先制点を奪った。 ▽その後、87分にエンディディが2枚目のカードをもらい退場処分を科されたレスターは試合終盤にかけて相手の猛攻に晒される。だが、GKシュマイケルを中心に何とか撥ね返すと、後半ラストプレーとなった96分にカウンターからグレイのグラウンダーのクロスをヴァーディがワンタッチで流し込み、試合を決定づける2点目を奪取。苦しみながらもセットプレーとカウンターという得意の形から効率よくゴールを奪ったレスターがリーグ2連勝を飾った。 2018.04.01 01:12 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク&マティッチ弾でユナイテッドがブライトンを下し準決勝進出!《FA杯》

▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、FAカップ準々決勝のアウェイでのブライトン戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽FA杯5回戦でハダースフィールドに勝利して以降、リーグ3連勝など公式戦5試合負けなしで来ていたユナイテッドだったが、13日に行われたチャンピオンズリーグではセビージャとの2ndレグで敗れベスト16で敗退が決定した。 ▽バウンスバックが求められるブライトンとの一戦に向けて、セビージャ戦から5選手を変更。デ・ヘア、A・ヤング、サンチェス、ラッシュフォード、フェライニを代えて、ロメロ、ショー、マタ、マルシャル、マクトミネイを先発に起用した。 ▽試合序盤、ボールを持ちながらもなかなかシュートで終われないユナイテッドは、ショーのクロスにルカク、ミドルレンジからのシュートでリンガードがそれぞれゴールに迫るがどちらも枠に飛ばすことができない。 ▽15分から25分にかけてはブライトンに互角以上に戦われる展開に。それでも28分にマルシャルが久々のシュートを放つと、29分にはマルシャルとマタの5回のダイレクトパス交換から最後はマタがシュートに持ち込むなど徐々にリズムが出始めた。さらに、直後のCKのこぼれ球をスモーリングが狙いに行くもポストに嫌われる。 ▽間一髪のところで失点を防いだブライトンはその後の32分、左CKからダンクがヘディングシュートを見舞うが、GKデ・ヘアに代わってゴールマウスを守るロメロがビッグセーブ。ブライトンはチャンスをつかむことができなかった。 ▽ピンチの後にはチャンスあり。37分、マティッチのボックス外左からのクロスをDFに競り勝ったルカクが頭で合わせユナイテッドが先制。1点のリードを得て前半を終えた。 ▽後半立て続けにブライトンが決定機を演出。まずは51分に味方の横パスを受けたグロスがボックスの外から抑えの利いたシュートを放つが惜しくも枠の左へ逸れてしまう。続く53分にはロカディアがボックス手前左からミドルシュート。枠には飛んだがGKロメロがしっかりキャッチする。 ▽さらに57分には、クロスのこぼれ球を拾ったロカディアがゴールの左上隅を捉える強烈なシュートを浴びせるがGKロメロがここでもビッグセーブ。ユナイテッドのゴールに固く蓋をする。 ▽後半はここまで押され気味のユナイテッドは74分にマタを下げてラッシュフォードを投入し打開を図る。すると84分、後半頭にショーに代わって入ったA・ヤングのFKをマティッチが頭で合わせて追加点。 ▽結局、後半押されながらも失点を許さなかったユナイテッドが相手をシャットアウトして2-0で勝利。準決勝に駒を進めた。 2018.03.18 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ブライトンに敗北…クラブワーストタイの11戦連続失点《プレミアリーグ》

▽アーセナルは4日、プレミアリーグ第29節でブライトンとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗北した。 ▽プレミア連敗中の6位アーセナル(勝ち点45)が、プレミア4試合負けなしの12位ブライトン(勝ち点31)の本拠地に乗り込んで行った一戦。 ▽アーセナルは、0-3で完敗した前節のマンチェスター・シティ戦からスタメンを3名変更。ベジェリン、ラムジー、ウェルベックに代えて、チャンバース、ウィルシャー、イウォビを起用した。 ▽守護神チェフの通算200試合目となるクリーンシートを目指すアーセナルだったが、序盤にその願いは早々に断ち切られることになる。7分、ブライトンが左CKを獲得すると、キッカーのグロスがファーに蹴り込む。前に出たGKチェフがパンチングし損ねると、DFダフィが中央に折り返し、DFダンクがネットを揺らした。 ▽アーセナルはエジルが中央でボールに絡みつつ反撃の糸口を探るが、危険なゾーンに侵攻できない。逆に20分、GKチェフがセーブしたもののカウンターからノッカールにボックス内でのシュートを許すなど、ブライトンペースで試合が進行していく。 ▽すると28分、コシエルニーのパスミスから右サイドのグロスにボールが渡ると、クロスが上がる。ボックス内で飛び上がったマーレイが頭で合わせ、点差を広げた。 ▽それでも前半終了間際の43分、アーセナルが押し込んだ場面で、ボックス手前やや左のジャカがラストパスを供給。ボックス内のオーバメヤンが右足のアウトでワンタッチで合わせると、ボールはGKライアンの手をかすめてゴールに吸い込まれた。 ▽ここで前半が終了し、試合は2-1でブライトンがリードして折り返しを迎える。巻き返しを図るアーセナルだったが、後半もなかなか決定機に至らない。 ▽58分にはオーバメヤンとのワンツーでボックス手前まで侵攻したエジルが、スピードに乗った状態で左足を振り抜く。しかし、枠を捉えたミドルシュートはGKライアンに弾かれた。 ▽アーセナルが徐々に攻勢を強めると、ブライトンは守備に人数を割いて対応。両クラブ共に決定機に乏しい時間帯が続く。 ▽集中した守備を披露するブライトンだったが、アクシデントが発生する。カウンター時にボールを持ったスケロットが、コラシナツのハードなタックルを受け負傷。70分にブルーノとの交代を余儀なくされた。 ▽この日既に1度警告を受けているコラシナツに対して、2枚目のカードの提示はなし。不満を露わにするブライトンのプレーヤー陣が抗議を行ったが、判定は覆らなかった。 ▽もう一度良い流れを引き寄せたいブライトンは、カウンターを敢行。84分、イスキエルドの左サイドからのクロスに足で合わせたマーレイがネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点は認められない。 ▽しかし、アーセナルのこれ以上の追い上げも許さず、ブライトンの勝利で試合が終了。この結果、アーセナルはプレミア3連敗にとなり、プレミアでの連続失点試合数も2002年以来のクラブワーストタイとなる11試合となった。 2018.03.05 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎同僚のレスターFWウジョアが古巣ブライトンにレンタル復帰決定!「ブライトンは家のよう」

▽ブライトンは29日、レスター・シティFWレオナルド・ウジョア(31)がレンタルで復帰することを発表した。期限は今シーズン終了までとなっている。 ▽185cmの大型ストライカーであるウジョアは、2014年夏にブライトンからレスターに加入。2014-15シーズンはプレミアリーグで37試合に出場して11ゴールを挙げ、レスターの残留に大きく貢献していた。 ▽しかし、そのシーズン以降は日本代表FW岡崎慎司との競合も影響して急激に出場機会を減らし、今シーズンは公式戦7試合(先発3試合)2アシストの成績に留まっていた。 ▽ウジョアは、クラブ公式サイトを通じて以下のように語っている。 「これは簡単な決定だったよ。僕はこのクラブに特別な感情を抱いているからね。イングランドに来るための扉を開いてくれたし、ファンやクラブ、街のことは全て分かっているんだ」 「この感覚は、この国での実家のようなもの。街やストリートに居る時は違う感じがして、そういった理由でここに帰って来られて幸せだ」 「ここでの最初の時からファンとは特別な関係にあった。それはとても良いことだね。彼らはチームにとってとても大切なんだ」 「ピッチ上で彼らを感じられれば、もっと気分良くなる。それは前に経験していたことだけどね。チームのためにピッチ上での仕事が本当にしたいよ」 ▽ウジョアは、以前ブライトンに所属していた2013年冬から2014年夏までの約1年半の期間に、公式戦58試合26ゴールと活躍。“家のようだ”と語るクラブへの帰還で、以前の輝きを取り戻せるのだろうか。 2018.01.29 20:25 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング