ブライトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 ブライトン 40 9 13 16 34 54 -20 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.05.13
23:00
プレミアリーグ
第38節
リバプール 4 - 0 ブライトン
2018.05.09
28:00
プレミアリーグ
第31節
マンチェスター・シティ 3 - 1 ブライトン
2018.05.04
28:00
プレミアリーグ
第37節
ブライトン 1 - 0 マンチェスター・ユナイテッド
2018.04.28
23:00
プレミアリーグ
第36節
バーンリー 0 - 0 ブライトン
2018.04.17
27:45
プレミアリーグ
第35節
ブライトン 1 - 1 トッテナム

基本データ

正式名称:ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC

原語表記:Brighton Hove Albion Football Club

愛称:シーガルズ

ホームタウン:Brighton Hove

チームカラー:青と白

関連ニュース

thumb

レンジャーズ、ブライトンからDFゴールドソンを完全移籍で獲得

▽レンジャーズは13日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからDFコナー・ゴールドソン(25) を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽シュルーズベリー・タウンの下部組織出身のゴールドソンは、2010年に当時フットボールリーグ2(イングランド4部相当)に所属したトップチームに昇格。在籍6シーズンで公式戦120試合に出場し8ゴールをマーク。 ▽2015年の夏にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属していたブライトンに移籍すると、加入初年度はリーグ戦24試合に出場。しかし、2016-17シーズンの途中に行った定期検診で大動脈の異常が見つかり、心臓の手術を実施。 ▽2017年の夏にはチャンピオンシップのイプスウィッチへのレンタル移籍が決まりかけたが土壇場で移籍話が破談。今季も開幕からベンチ外の状況が続いたが、コツコツと練習を重ねると昨年8月に行われたEFLカップのバーネット戦で戦列復帰。 ▽また、同年12月に行われたプレミアリーグ第19節のワトフォード戦でプレミアデビューを飾ると、今季は公式戦11試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽なお、スティーブン・ジェラード氏を新監督に迎えたレンジャーズは、今夏の移籍市場で積極補強を見せており、ゴールドソンは今夏6人目の補強選手となった。 2018.06.14 02:26 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトンがチームの躍進に貢献したMFグロスと2022年まで契約延長!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは6日、ドイツ人MFパスカル・グロス(26)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽2017年にインゴルシュタットから加入したグロスは、今季のプレミアリーグ全試合に出場し、7ゴール8アシストを記録し、チームのプレミア残留に大きく貢献した。 ▽グロスの契約延長についてチームを率いるクリス・ヒュートン監督は次のように語っている。 「パスカルがチームと新たな契約を結んだことを喜んでいる。彼は初めてのプレミアリーグで素晴らしいシーズンを送った。彼が作ったインパクトにはとても満足しているよ」 2018.06.07 04:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトン、リーガ2部降格のデポルティボからルーマニア代表FWを獲得

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは25日、デポルティボからルーマニア代表FWフロリン・アンドネ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間は2023年6月までの5年間。移籍金は明かされていないが、ルーマニア『DigiSport』は、600万ユーロ(約7億7000万円)と推定している。 ▽ルーマニア人ながら2011年にスペインのカステジョンでプロキャリアをスタートしたアンドネは、ビジャレアルを経て2014年にコルドバに加入。2015-16シーズンは、セグンダA(スペイン2部)で36試合に出場し、21ゴールを挙げる大活躍を披露し、ストライカーとしての才能を一気に開花させた。 ▽この活躍が認められ2016年7月にデポルティボに移籍すると、加入初年度からレギュラーとして活躍。在籍2年間で公式戦69試合に出場し18ゴール6アシストをマークしていた。 ▽また、2015年にデビューしたルーマニア代表では、ここまで通算21キャップを記録している。 2018.05.26 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、マインツからナイジェリア代表DFをフリーで獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは22日、マインツからナイジェリア代表DFレオン・バログン(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽2008年にブンデス6部のトゥルキェムスポル・ベルリンからハノーファーに加入したバログン。しかし、ハノーファーでは出場機会に恵まれず、その後はブレーメンやデュッセルドルフ、ダルムシュタットでプレー。 ▽2015年の夏に加入したマインツでは、センターバックを主戦場に在籍3シーズンで公式戦58試合で1ゴールをマーク。しかし、今季は2度の負傷に見舞われるなどブンデスリーガ14試合の出場にとどまっていた。 ▽また、2014年3月にデビューしたナイジェリア代表では、ここまで14試合に出場。6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)のナイジェリア代表候補メンバーにも名を連ねている。 ▽なお、バログンは今季限りでマインツとの契約が切れるためフリーでの移籍となる。 2018.05.23 01:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトン、プレミア昇格&残留に導いたヒュートン監督と2021年まで契約延長!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは15日、クリス・ヒュートン監督(59)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽昨シーズンのプレミアリーグ昇格に続き今季もプレミアリーグ残留と見事な手腕を発揮したヒュートン監督は、今回の契約延長に際して以下のようなコメントを残している。 「このクラブと過ごす時間を延長することができて本当に嬉しいよ。我々が自分たちの目標を達成する上で助けとなった会長やクラブ幹部、私のスタッフ、クラブに関わるすべての人に感謝したい。もちろん、そこにはファンたちも含まれているよ」 「我々の次のシーズンは非常にタフなものになると思う。そして、継続的に成長を続けるためにはクラブとしての一体感が必要になると思う。ただ、今はしっかりと休息を取って今季を振り返り、その後に2018-19シーズンに向けた準備を進めていきたいね」 ▽これまでニューカッスルやバーミンガム、ノリッジを率いてきたヒュートン監督は、2014年12月末に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたブライトンの新指揮官に就任した。 ▽就任3年目となった昨シーズンはチャンピオンシップで自動昇格圏内の2位でシーズンを終え、35年ぶりとなるトップディビジョン昇格に導くと、今シーズンは下馬評が低かったチームを最終的に15位でフィニッシュさせ、チーム最大の目標だったプレミアリーグ残留を果たした。 2018.05.16 02:54 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング