ウォルバーハンプトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 ウォルバーハンプトン 8 2 2 1 5 5 0 5

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-09-22
23:00
プレミアリーグ
第6節
マンチェスター・ユナイテッド vs ウォルバーハンプトン
2018-09-29
23:00
プレミアリーグ
第7節
ウォルバーハンプトン vs サウサンプトン
2018-10-06
プレミアリーグ
第8節
クリスタル・パレス vs ウォルバーハンプトン
2018-10-20
プレミアリーグ
第9節
ウォルバーハンプトン vs ワトフォード
2018-10-27
プレミアリーグ
第10節
ブライトン vs ウォルバーハンプトン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.09.16
21:30
プレミアリーグ
第5節
ウォルバーハンプトン 1 - 0 バーンリー
2018.09.01
23:00
プレミアリーグ
第4節
ウェストハム 0 - 1 ウォルバーハンプトン
2018.08.25
20:30
プレミアリーグ
第3節
ウォルバーハンプトン 1 - 1 マンチェスター・シティ
2018.08.18
23:00
プレミアリーグ
第2節
レスター・シティ 2 - 0 ウォルバーハンプトン
2018.08.11
25:30
プレミアリーグ
第1節
ウォルバーハンプトン 2 - 2 エバートン

基本データ

正式名称:ウォルバーハンプトン・ワンダラーズFC

原語表記:Wolverhampton Wanderers Football Club

愛称:ウルブズ

創立:1877年

ホームタウン:ウォルバーハンプトン

チームカラー:黄金、黒

関連ニュース

thumb

モウリーニョの後任候補に昨季チャンピオンシップ優勝のポルトガル人監督?

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の後任候補に、ウォルバー・ハンプトン指揮官の名が浮上しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽2016年夏にユナイテッドの指揮官に就任したモウリーニョ監督。1年目にはコミュニティ・シールド、EFLカップ、ヨーロッパリーグの3つのタイトル獲得、2年目にはプレミアリーグで長期政権を築いたアレックス・ファーガソン氏退任以降最高位となる2位という成績を残した。しかし、これまでチャンピオンズリーグやプレミアリーグ優勝を成し遂げることができていない。 ▽迎えた今シーズンはプレミアリーグでここまで2勝2敗で現在10位という低調なスタート。その影響から解任の噂やファン・サポーターからの批判が強まっている。 ▽これまでは、昨シーズンまでレアル・マドリーを率いていたジネディーヌ・ジダン氏が後任候補として浮上したことが伝えられてきた。しかし、イギリス『デイリー・スター』によると、現在ウォルバーハンプトンを指揮するポルトガル人のヌーノ・エスピリト・サント監督(44)の名前がジダンと共にショートリストに入っているという。 ▽2016-17シーズンにポルトを率いていたヌーノ監督は、2017年5月に当時チャンピオンシップに在籍していたウォルバーハンプトンの指揮官に就任。すると、昨シーズン2位に勝ち点9差をつけて優勝。2011-12シーズン以来のプレミアリーグ復帰に導いた。そして迎えた今シーズンはここまで1勝2分け1敗でユナイテッドに次ぐ11位に位置している。 2018.09.07 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

2部王者ウルブス、ボリ疑惑のゴールでプレミア王者シティとドロー!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第3節、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・シティが25日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽昨季、チャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのウルブスは、今夏に大型補強を敢行したものの、リーグ戦ここまで1分け1敗と結果がついてきていない。初戦ではエバートンに引き分け、前節は後半に1人少なくなったレスター・シティ相手に完敗。初勝利を目指す今節もここ2試合と同じスタメンで挑んだ。 ▽一方、昨季王者のシティは、初戦でアーセナルに完勝すると、ハダースフィールドとの第2節ではアグエロのハットトリックなどで6発大勝。昨シーズンのような強さを遺憾なく発揮しているシチズンズは今節は4バックを採用。ウォーカーとメンディが両サイドバックを務め、前線にはスターリングやベルナルド・シウバ、そしてアグエロが顔を揃えた。 ▽序盤は互角の攻防を見せる。15分、シティは左サイドのメンディのクロスをアグエロが頭でボックス左のギュンドアンに落とす。ギュンドアンはゴール至近距離からシュートを放つが、GKルイ・パトリシオのセーブに遭う。対するウルブスもその1分後、右CKの跳ね返りをネヴェスがボレーシュート。抑えの効いたシュートだったが、惜しくも枠を捉えきれなかった。 ▽プレミア王者相手に物怖じしないチャンピオンシップ王者は20分、カウンターからジョッタがシュート。そのこぼれ球をネヴェスが押し込んで先制したかに思われたがオフサイドの判定。ネヴェスは頭を抱えてしまった。 ▽胸を撫で下ろしたシティは21分、右サイドのショーカーのクロスに反対サイドから走り込んだアグエロがダイレクトシュートを放つがこれは右ポストを直撃。さらにその直後には、スターリングがボックスの外から強烈なシュートを放つが、GKルイ・パトリシオが僅かに手に当てたことで、シュートはクロスバーを弾いてゴールならず。今度はウルブスが救われる形となった。 ▽ポゼッションこそ劣るものの球際で強さを見せるウルブスは、29分にアグエロにボックス左に侵入されピンチを迎えるが、ボリが見事なスライディングタックルで決定機を阻止。さらに45分のベルナルド・シウバの決定機もボリがブロック。守備陣の奮闘もあり、ゴールレスで折り返した。 ▽後半の立ち上がりも前半と同じような構図となる中、試合を動かしたのはホームチームだった。56分、右サイドのスローインからヒメネス、エウデル・コスタと渡り、ボックス左へ侵入。深くまで攻め込みシュートを放つが、ここはGKエデルソンにセーブされて枠の外へ。このCKでキッカーのモウティーニョはショートコーナーを選択。味方からもう一度折り返しを受け、左サイドから右足でクロスを送ると、ファーサイドにでダイビングしたボリが押し込んでウルブスが先制。実はこのゴールはボリの腕に当たっていたのだが、主審を含むすべての選手が視認できず、そのままゴールは認められた。 ▽昇格組相手にまさかの展開となったシティは62分、ベルナルド・シウバを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。するとその直後の69分、右サイドでFKを得ると、ギュンドアンのクロスにラポルテが頭で合わせ同点に。そしてこの勢いに乗りたいグアルディオラ監督はギュンドアンに代えてザネをピッチに送った。 ▽試合も終盤に差し掛かり、ウルブスの選手たちの足が止まってくる中、途中出場のアダマ・トラオレが右サイドを突破し高めのクロスを供給。ボックス内でジョッタが胸トラップからシュートに運ぶが、枠を越えてしまった。 ▽後半アディショナルタイムには、アグエロのFKがクロスバーを叩くなどシティがゴールに迫ったが、ウルブスが粘り強い守りを見せ最少失点に抑え試合終了。チャンピオンシップ王者vsプレミアリーグ王者の一戦は1-1のドローという結果となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.25 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブスがプレシーズンでトップチームに帯同した18歳DFと契約延長

▽プレミアリーグに復帰したウォルバーハンプトンは20日、若手DFキャメロン・ジョン(18)との契約延長を発表した。新契約は2020年までとなり、1年間の延長オプションが付いている。 ▽ジョンは、サウスエンドの下部組織からウォルバーハンプトンのU-18チームに入団。2017年7月にはU-23チームに籍を移していた。センターバックでプレーするジョンは、2017-18シーズンのプレミアリーグ2で13試合に出場。チームにとっては欠かせない存在となっており、クラブは早期の契約延長に動く形となった。 ▽今年のプレシーズンでは、トップチームのスイスツアーにも帯同。将来の主軸候補として考えられており、ケビン・テルウェルSD(スポーツ・ディレクター)は「キャメロンが契約を延長し、少なくとも2年間はクラブで成長を続けることを喜んでいる」とコメント。「彼は過去2シーズン、U-18、U-23のチームで飛躍した。今シーズンもどのように継続していくのか楽しみだ」と語り、成長に期待を寄せている。 2018.08.21 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

積極補強のウルブスvsエバートンはドロー! リシャルリソン2発もネヴェス1G1Aで譲らず《プレミアリーグ》

▽2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節、ウォルバーハンプトンvsエバートンが11日に行われ、2-2のドローに終わった。 ▽昨季、チャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのウルブスと、昨季8位のエバートンによるポルトガル人指揮官同士の一戦。久々のプレミア復帰となるウルブスは今夏の移籍市場でポルトガル代表の守護神と司令塔であるルイ・パトリシオ、モウティーニョ、ジョニーやラウール・ヒメネスら実力派の新戦力を補強。今回の開幕戦にはその新戦力を先発で起用してきた。 ▽一方、前ワトフォードのマルコ・シウバ監督を新指揮官に据えたエバートンもバルセロナからミナ、ディーニュ、アンドレ・ゴメスの3人にベルナールやリシャルリソンなど積極補強を敢行。ただ、今回の開幕戦はリシャルリソンを除き昨季の主力を起用してきた。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、エバートンの新戦力が早速魅せる。17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのベインズがクロスを入れると、ゴール前でマイケル・キーンが競ったこぼれ球にいち早く反応したリシャルリソンがゴールに蹴り込んだ。 ▽新エース候補のリシャルリソンの移籍後初ゴールで先手を奪ったエバートンはその後も安定した試合運びを見せる。しかし、このまま1点リードでハーフタイム突入と思われた40分にアクシデントが発生。最終ラインのパス回しでコントロールミスを犯したジャギエルカがこぼれ球に反応したジョッタに足裏を見せたタックルを見舞い、一発レッドで退場に。さらに、このファウルで与えたボックス手前のFKをネヴェスに見事な右上隅への直接FKで決められた。 ▽1-1のスコアで折り返した試合は数的優位を得たホームチームが立ち上がりから押し込んでいく。だが、ジャギエルカ退場後にシグルドソンを下げてDFホルゲイトを投入したエバートンも[4-4-1]の組織だった守備ブロックで失点を許さない。 ▽すると67分、左サイド深くに持ち込んだリシャルリソンがトスンとのワンツーでボックス左に抜け出すと、相手DFの股間を抜く見事なグラウンダーのコントロールシュートをゴール右隅に流し込み、新星のこの試合2点目で10人のエバートンが勝ち越しに成功した。 ▽一方、10人相手にホームで負けられないウルブスは積極的に攻撃的なカードを切ってここから猛攻に打って出る。すると80分、相手陣内左サイドでボールを持ったネヴェスからの絶妙なクロスに反応したヒメネスが泥臭くヘディングシュートを右隅に流し込み、同点に追いついた。その後、互いに中盤が間延びした中でカウンターの応酬となったものの最後の場面で決め手を欠き、試合はこのまま2-2でタイムアップ。 ▽10人相手のホームゲームで勝ち切れなかったウルブス、2度のリードを守れなかったエバートンと互いに消化不良の形で初戦を終えることになった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.12 03:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブスが今季の背番号を発表!新加入GKルイ・パトリシオは「11」に

▽ウォルバーハンプトンは10日、2018-19シーズンの背番号を発表した。 ▽今夏、ポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョを筆頭に、メキシコ代表FWラウール・ヒメネスやベルギー代表MFリーンデル・デンドンカーなどの積極補強が目立ったウルブスが、18-19シーズンの背番号を発表した。 ▽その中で注目されているのが、新加入のポルトガル代表GKルイ・パトリシオが背番号「11」を着けている点だ。「11」といえば、レアル・マドリーではMFガレス・ベイル、バイエルンのMFハメス・ロドリゲス、ドルトムントのマルコ・ロイスなど、攻撃的選手が身に着けることが多いのだが、GKがこの番号を着けるのは異例だ。 ▽ウルブスは、白血病により31歳で引退した元ナイジェリア代表GKカール・イケメに敬意を払い、彼の背番号だった「1」を今季は欠番にすることを決めたという。 2018.08.11 13:45 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング