ウォルバーハンプトン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 ウォルバーハンプトン 29 8 5 9 23 28 -5 22
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-01-29
28:45
プレミアリーグ
第24節
ウォルバーハンプトン vs ウェストハム
2019-02-02
24:00
プレミアリーグ
第25節
エバートン vs ウォルバーハンプトン
2019-02-11
29:00
プレミアリーグ
第26節
ウォルバーハンプトン vs ニューカッスル
2019-02-23
24:00
プレミアリーグ
第27節
ボーンマス vs ウォルバーハンプトン
2019-02-26
28:45
プレミアリーグ
第28節
ハダースフィールド vs ウォルバーハンプトン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.01.19
21:30
プレミアリーグ
第23節
ウォルバーハンプトン 4 - 3 レスター・シティ
2019.01.14
29:00
プレミアリーグ
第22節
マンチェスター・シティ 3 - 0 ウォルバーハンプトン
2019.01.07
28:45
FA杯
3回戦
ウォルバーハンプトン 2 - 1 リバプール
2019.01.02
28:45
プレミアリーグ
第21節
ウォルバーハンプトン 0 - 2 クリスタル・パレス
2018.12.29
24:00
プレミアリーグ
第20節
トッテナム 1 - 3 ウォルバーハンプトン
基本データ

正式名称:ウォルバーハンプトン・ワンダラーズFC

原語表記:Wolverhampton Wanderers Football Club

愛称:ウルブズ

創立:1877年

ホームタウン:ウォルバーハンプトン

チームカラー:黄金、黒

関連ニュース
thumb

ジェズス2発のシティが10人ウルブスに快勝! D・シルバがクラブのプレミア最多出場選手に!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティvsウォルバーハンプトンが14日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのマンチェスター・シティが3-0で勝利した。 新年初戦となった前節のリバプールとの頂上決戦を2-1で制した2位のシティと、前節、クリスタル・パレスに敗れた8位のウォルバーハンプトンによる一戦。 リバプール相手の勝利で勢いに乗るシティは直近のFAカップ、EFLカップ準決勝でいずれも下部カテゴリーのクラブ相手に7-0、9-0の圧勝と好調を維持。リーグ3連勝を目指す今回の一戦に向けてはリバプール戦から先発2人を変更。コンパニとアグエロに代わってウォーカー、ガブリエウ・ジェズスがスタメン入り。なお、この試合でプレミアリーグ267試合出場達成のシルバはマンチェスター・シティにおけるプレミアリーグ最多出場選手となった。 一方、リーグ戦では敗戦も直近のFAカップでは若手主体のリバプール相手に金星を挙げたウルブス。そのカップ戦を含めると今季の公式戦で“ビッグ6”すべてから勝ち点を挙げる上位キラーは前回対戦で引き分けたシティ相手に再び勝ち点奪取を狙った。 立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むシティだったが、守備時にきっちり5バックで後方を固める相手の守りを崩し切れない。だが、10分にはハーフウェイライン付近まで上がっていた最終ラインのラポルテが相手の背後を狙う左サイドのザネに見事なグラウンダーのスルーパスを通す。そして、ボックス左でザネが折り返したボールをジェズスがスライディングシュートで流し込み、ホームチームが先制に成功した。 この先制点で勢いづくホームチームは16分にメモリアルゴールを狙うシルバがミドルシュートでゴールを脅かすと、19分にはベルナルド・シウバへの足裏を見せた危険なアフターチャージで相手DFボリが一発退場となり、数的優位まで手にした。 その後は圧倒的なボール支配率で相手をいなしつつ要所で攻撃をスピードアップさせ追加点を狙うシティ。この流れの中でスターリング、ジェズス、ザネの快足3トップが幾度となく決定機を作ると、前半終了間際に2点目を奪う。ボックス左でシルバとのパス交換で抜け出したスターリングがDFベネットに足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのジェズスが冷静に決めて自身2点目とした。 迎えた後半、2点のビハインドを追うウルブスはヒメネスを下げてアダマ・トラオレを投入。高さと強さを生かした攻めから圧倒的なスピードと突破力を誇るスペイン人アタッカーの個人技に託す。 しかし、後半も数的優位を生かして押し込むシティが完全にペースを握る。この流れの中でゴールがほしいザネやフェルナンジーニョ、スターリングを中心に再三の決定機を創出するが、最後の場面でうまくいかない。 その後、シルバ、ザネ、ジェズスを下げてデ・ブライネ、ギュンドアン、アグエロと主力クラスを新たにピッチに投入したシティ。78分には左CKのショートコーナーからデ・ブライネが入れた精度の高いインスウィングのクロスがDFコーディのオウンゴールを誘い、勝利を決定づける3点目が生まれた。 この3点目で完全にウルブスの心を折ったシティは危なげない試合運びでこのまま3-0で快勝。ビッグ6キラー相手に完勝のシティは首位リバプールとの勝ち点差4をキープすることに成功した。 2019.01.15 07:20 Tue
twitterfacebook
thumb

若手3選手がトップデビューのリバプール、ウルブズに競り負け公式戦連敗で敗退《FAカップ》

リバプールは7日、FAカップ3回戦でウォルバーハンプトンとアウェイで対戦し、1-2で敗戦した。 4日前に行われたマンチェスター・シティとの頂上決戦を1-2で惜敗し、リーグ戦初黒星を喫したリバプールはそのシティ戦のスタメンからミルナーとロブレン以外の9選手を変更。C・ジョーンズとカマーチョがトップチームデビューとなった。サラー、フィルミノ、マネのトリオはベンチスタートとなった。 主力を起用してきたプレミアリーグで9位に付けるウルブズに対し、リバプールはフラットな[4-4-2]を採用。GKにミニョレ、4バックに右からカマーチョ、ロブレン、ファビーニョ、A・モレーノ、中盤に右からシャキリ、ミルナー、N・ケイタ、C・ジョーンズ、2トップにオリジとスタリッジを起用した。 開始早々、ロブレンが左足ハムストリングを負傷し、6分にトップチームデビューとなる16歳のフーフェルをセンターバックに投入せざるを得なくなったリバプールがボールを持つ展開で立ち上がっていくも、シュートに持ち込むには至らない。 互いにシュートシーンを作れず互角の攻防が続く中、リバプールは31分にようやくルーズボールをボックス左で拾ったシャキリがシュートに持ち込んだ。 しかし37分、ミルナーのボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス右への侵入を許したヒメネスにGKとの一対一を制され、ウルブズに先制されてしまった。 リバプールが1点ビハインドで迎えた後半、開始6分に追いつく。ミルナーのシュートのルーズボールを拾ったペナルティアーク右のオリジが左足でゴール右に蹴り込んだ。 しかし55分、ウルブズがネヴェスのファインゴールですかさず勝ち越す。ボックス手前左でパスを受けたネヴェスが右足を一閃すると、強烈なシュートがゴール左隅に決まった。 再び追う展開となったリバプールは69分に同点のチャンス。ボックス手前右で得たFKをシャキリが狙い、シュートが右ポストに直撃した。直後、スタリッジとC・ジョーンズに代えてサラーとフィルミノを投入したリバプールが押し込む流れとなったが、チャンスを生み出すには至らず1-2のまま敗戦。公式戦連敗でFAカップ敗退となった。 2019.01.08 06:38 Tue
twitterfacebook
thumb

中島翔哉、契約解除金満額の50億円が支払われた場合のみ移籍へ

ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の高額な移籍金に注目が集まっている。<br><br>昨シーズンからポルトガルリーグのポルティモネンセでプレーする中島。今シーズンからは10番を背負い、ここまでリーグ戦で5ゴール5アシストを記録するなどエース級の活躍を見せる。<br><br>プレミアリーグのウォルバーハンプトン移籍の可能性が高いと伝えられてきたが、ここに来て契約解除金である4000万ユーロ(約50億円)をウルブスは払う意思がないとされる。<br><br>さらに、ポルトガル『A Bola』によると、レスター・シティも中島の獲得を狙っているが、やはり4000万ユーロを支払えた場合のみ、移籍が成立するようだ。経済的に豊かではないポルティモネンセはあくまでも契約解除金満額を要求する模様で、その条件を満たせるかが今冬の移籍のカギとなるようだ。<br><br>ポルト、ベンフィカ、セビージャといったクラブも興味を寄せる中島。どのクラブが50億円を支払うことになるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.01.02 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンが18歳の逸材アタッカーを獲得! 中国にルーツを持つスペイン人WG

ウォルバーハンプトンは1月1日、スペイン4部のフミーリャからスペイン人FWダビド・ワン(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年半となるが、今シーズン終了までスポルティング・リスボンにレンタル移籍することになる。 中国にルーツを持ちスペインで生まれ育ったワンは右利きでウイングを主戦場とするアタッカー。昨年にはイギリス『ガーディアン』が選ぶ“世界最高の若手タレント60人”の1人として紹介された逸材だ。 スペイン語、中国語、英語を流暢に操るトリリンガルのワンは地元ムルシアで逸材フットサルプレーヤーとして話題を集めると、モストレスで本格的にサッカーキャリアをスタート。昨シーズンはレンタル先のAEジョゼップ・マリア・ガネで24試合に出場し3ゴールを記録していた。 2019.01.02 05:24 Wed
twitterfacebook
thumb

疲労困憊で自滅のスパーズが昇格チーム相手に40戦ぶりの敗戦…ケイン3戦連発も痛恨の黒星に…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第20節、トッテナムvsウォルバーハンプトンが29日にウェンブリー・スタジアムで行われ、アウェイのウォルバーハンプトンが3-1で逆転勝利した。 ▽前節、ボーンマスに5-0の圧勝を収めてリーグ戦5連勝を飾ったトッテナムはマンチェスター・シティを抜き今季初めて2位に浮上したトッテナム。年内最終戦となる今節は11位のウォルバーハンプトンと対戦した。 ▽ボーンマス戦からは先発4人を変更。両サイドバックをローズ、ウォーカー=ピータースに代えてベン・デイビス、トリッピアーのコンビに入れ替え、スパーズでのプレミア通算100試合目のアルデルヴァイレルトの相棒にダビンソン・サンチェスを起用。また、ルーカス・モウラに代わって負傷で前節欠場のデレ・アリが復帰した。 ▽昇格チーム相手に39戦無敗(36勝3分け)と圧倒的な強さを見せるトッテナムは、開始8分に絶好調のソン・フンミンのミドルシュートで決定機を作るなど上々の入りを見せる。さらに13分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのトリッピアーが直接狙うが、これはGKルイ・パトリシオのセーブに遭う。 ▽それでも、時間の経過と共に相手陣内でのプレー機会を増やすトッテナムは19分、波状攻撃から相手のクリアを拾ったデレ・アリが短く繋いだボールをペナルティアーク付近のエリクセンが鋭い左足のシュートを枠の左上隅に飛ばすが、これは相手GKの好守に遭う。しかし、22分には中盤でのボール奪取からソン・フンミンの縦パスを受けたケインがボックス手前右からカットインし左足の強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽エースの得点ランキングトップ(13点)に並ぶ3試合連続ゴールで先手を奪ったトッテナムは29分に裏へ抜け出したソン・フンミンに決定機が訪れるなど、その後もチャンスを作りつつ相手の反撃を封じ込み、前半を1点リードで終えることに成功した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半はウォルバーハンプトンが攻勢を強め、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。早い時間帯に追加点を奪ってラクな展開に持ち込みたいトッテナムは得意のロングカウンターを幾度か繰り出すが、DFベネットを中心に最後の場面で身体を張る相手守備陣を崩し切るまでには至らない。 ▽60分を過ぎて連戦の疲労が顕著となり相手に押し込まれる我慢の戦いを強いられたトッテナムは68分にデレ・アリを下げてルーカスを最初の交代カードとして切る。しかし、直後の72分には相手の右CKの場面で途中出場のモウティーニョの右足アウトスウィングの絶妙なクロスをフリーのボリに打点の高いヘディングで合わせられ、同点ゴールを許した。 ▽疲労困憊の中で再びゴールが必要になったトッテナムだが、イージーなパスミスが目立つなど流れを引き戻せない。すると、82分にはカウンターからボックス手前でカバレイロのパスを受けたヒメネスにDFの股間を抜く絶妙なシュートをゴール左隅に流し込まれて逆転を許す。さらに87分には相手陣内でのトリッピアーの横パスを奪われてカウンターに持ち込まれると、ドハーティのスルーパスに抜け出したエウデル・コスタに試合を決定づける3点目を献上した。 ▽何とか勝ち点1でも獲得したいトッテナムだったが、結局後半45分間で1本のシュートも放てないまま試合はタイムアップ。お得意様の昇格チーム相手に2012年のQPR戦以来、40戦ぶりの敗戦を喫したトッテナムは連勝が「5」でストップ。三つ巴のタイトル争いから一歩後退する最悪な形で年内最終戦を終えることになった。 2018.12.30 01:59 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング