超ワールドサッカー

ウォルバーハンプトン

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 ウォルバーハンプトン 16 4 4 4 12 13 -1 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-11-25
25:30
プレミアリーグ
第13節
ウォルバーハンプトン vs ハダースフィールド
2018-12-01
プレミアリーグ
第14節
カーディフ vs ウォルバーハンプトン
2018-12-04
28:45
プレミアリーグ
第15節
ウォルバーハンプトン vs チェルシー
2018-12-08
プレミアリーグ
第16節
ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン
2018-12-15
プレミアリーグ
第17節
ウォルバーハンプトン vs ボーンマス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.11.11
25:30
プレミアリーグ
第12節
アーセナル 1 - 1 ウォルバーハンプトン
2018.11.03
28:45
プレミアリーグ
第11節
ウォルバーハンプトン 2 - 3 トッテナム
2018.10.27
23:00
プレミアリーグ
第10節
ブライトン 1 - 0 ウォルバーハンプトン
2018.10.20
23:00
プレミアリーグ
第9節
ウォルバーハンプトン 0 - 2 ワトフォード
2018.10.06
23:00
プレミアリーグ
第8節
クリスタル・パレス 0 - 1 ウォルバーハンプトン

基本データ

正式名称:ウォルバーハンプトン・ワンダラーズFC

原語表記:Wolverhampton Wanderers Football Club

愛称:ウルブズ

創立:1877年

ホームタウン:ウォルバーハンプトン

チームカラー:黄金、黒

関連ニュース

thumb

ムヒタリアン弾で同点のアーセナルが公式戦3試合連続ドロー《プレミアリーグ》

▽アーセナルは11日、プレミアリーグ第12節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽リーグ戦10試合負けなしのアーセナルが、本拠地のエミレーツ・スタジアムに3連敗中のウォルバーハンプトンを迎えた一戦。 ▽7日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループEのスポルティング・リスボン戦をゴールレスドローで終え、公式戦2試合ドロー中のアーセナルは、その一戦から先発メンバーを9人変更。スポルティング戦で負傷したウェルベックやGKチェフ、ムヒタリアンらにラカゼットやオーバメヤン、エジル、GKレノらが先発に名を連ねた。 ▽立ち上がりから素早い攻守の切り替えを見せるウォルバーハンプトンに苦戦を強いられるアーセナルは、13分に先制を許す。中盤でコラシナツのパスミスをカバレイロに奪われると、ボックス右のヒメネスとのパス交換でゴール前まで侵入したカバレイロにゴールネットを揺らされた。 ▽早い時間に失点を喫したアーセナルの反撃は22分、イウォビのパスをボックス左で受けたエジルが針の穴を通すパスでゴールエリア手前のラカゼットへラストパス。これを受けたラカゼットが巧みなトラップでマークをかわしシュート。しかし、これはゴール前でブロックを敷いた相手DFに阻まれた。 ▽その後も何度かウォルバーハンプトンゴールに迫ったアーセナルだが、身体を張ったブロックでシュートを阻む相手DF陣を突破できず。前半は0-1で終了した。 ▽迎えた後半、1点を追うアーセナルはイウォビを下げてグエンドウジを投入。すると60分、ショートコーナーの流れからボックス手前でパスを受けたトレイラがミドルシュートを狙うも、これはGKパトリシオが右手一本で好セーブ。 ▽後半もボールを保持して押し込むアーセナルは、70分にスルーパスでボックス左深くまで侵入したジャカの折り返しからベジェリンが左足で合わせるも、シュートは枠の上に外れる。さらに73分にも、トレイラのパスをボックス右までオーバーラップしたベジェリンが折り返すと、ゴール前に走り込んだオーバメヤンが合わせたが、これは右ポストに弾かれた。 ▽同点ゴールの遠いアーセナルは、76分にエジルとコラシナツを下げてラムジーとムヒタリアンを投入する2枚替えを敢行。すると86分、ショートコーナーの流れからボックス左角付近でボールを受けたムヒタリアンがシュート性のクロスを供給すると、このボールがそのままゴール右に吸い込まれた。 ▽結局、試合終盤の猛攻も実らず、逆転勝利には至らなかったアーセナルだが、ムヒタリアンの同点弾でなんとかドローに持ち込み、直近の公式戦3試合連続ドローとなった。 2018.11.12 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、2つのPK献上でホロ苦プレミアデビューのフォイスを擁護

▽トッテナムは3日に行われたプレミアリーグ第11節のウォルバーハンプトン戦を3-2で辛勝した。同試合後、マウリシオ・ポチェッティーノ監督はプレミアデビュー戦で2つのPKを献上したアルゼンチン代表DFフアン・フォイスを擁護した。イギリス『フットボール・ロンドン』が指揮官の試合後コメントを伝えている。 ▽前節、マンチェスター・シティに敗れたトッテナムは、EFLカップのウェストハム戦含め6日間で3試合の超過密日程を強いられた中、ウルブスのホームに乗り込んだ。前半にMFエリク・ラメラとFWルーカス・モウラ、後半立ち上がりにエースFWハリー・ケインのゴールで3点のリードを得たが、その後フォイスが与えた2つのPKから2失点を喫すると、試合終盤は守護神ウーゴ・ロリスの再三の好守で3失点目を凌ぐという薄氷の勝利となった。 ▽その辛勝の要因となったのが、直近のウェストハム戦での好パフォーマンスが評価されてプレミア初先発に抜擢されたフォイスだった。 ▽フォイスは2つのPKを与えるまで優れたアジリティと的確なカバーリングを生かした安定した守備と、攻撃的MF出身らしい積極果敢な持ち出しとクサビのパスで上々のプレーを披露した。 ▽しかし、68分には自陣深くでのDFキーラン・トリッピアーの軽率なボールロストをキッカケにFWラウール・ヒメネスに対して、やや不必要なアフターチャージでPKを献上すると、79分にもMFハリー・ウィンクスのパスミスをキッカケにカウンターに晒された中、DFジョニーをボックス内で倒すと、やや厳しい判定ながらこの試合2つ目のPKを献上してしまった。 ▽ポチェッティーノ監督はそのフォイスに関して、「この失敗から学ぶはず」と擁護している。 「私は彼が今日の失敗から学んでくれるはずだと思っている。後半は相手がかなり押し込んでおり、少し難しい状況だった。彼がクレバーなプレーヤーであれば、必ず今日の出来事から学習してくれるはずだ」 「彼にとってホロ苦いデビューとなったと思うが、個人的には彼のパフォーマンスはとても良かったと思う。そのことを私は嬉しく思うよ」 2018.11.04 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

3点リードから2度のPKで詰め寄られたトッテナム、肝を冷やすも何とかウルブスから逃げ切り《プレミアリーグ》

▽トッテナムは3日、プレミアリーグ第11節でウォルバーハンプトンと対戦し、3-2で勝利した。 ▽トッテナムは前節マンチェスター・シティと対戦。終盤に攻勢をかけるも最後までゴールは遠く惜敗を喫した。それでも、ここまで7勝3敗はクラブ史上最高成績。3日後に控えるチャンピオンズリーグのPSV戦を見据えても、いい結果で終えたいところだ。 ▽ウルブスのホーム、モリニュー・スタジアムに乗り込んだトッテナムは早々にアクシデントに見舞われる。7分、デンベレが相手との接触で負傷。ソン・フンミンとの早すぎる交代を余儀なくされた。 ▽だが、このソン・フンミンを起点にトッテナムがゴールを重ねる。20分にケインのボックス左からのシュートでゴールに迫ったトッテナムは27分、右サイドでボールを持ったラメラがソン・フンミンとのワンツーでペナルティエリアに侵入。GKの股を抜くシュートを沈めて先制点をもたらした。 ▽さらにその3分後、今度は左サイドの攻撃からソン・フンミンが右に展開。パスを受けたトリッピアーから高精度のクロスが送られると、これをルーカス・モウラが頭で合わせてリードを広げた。 ▽あっさり2ゴールを許してしまったウルブスも37分に、浮き球のパスに反応したドハーティの折り返しにヒメネスが合わせてネットを揺らしたがオフサイドの判定。41分にはCKの流れからボリがヘディングシュートを放つも枠の右へ。 ▽後半は一転してウルブスがペースを握る。49分にヒメネスがボックス右から右足でGKを強襲すると、その直後にはエウデル・コスタがボックス右深い位置からシュートを狙っていった。さらに51分にはネヴェスがシュートを放ち、ウルブスが立て続けにゴールに迫った。 ▽しかしながらトッテナムはワンチャンスをモノにする。61分、GKロリスからのロングフィードをケインが競り勝ってラメラに落とすと、ドリブルでボックス右に侵入したラメラはゴール前に折り返す。これに再びケインが反応。クロスをダイレクトで狙ったシュートはGKに弾かれるものの、こぼれ球を押し込んで3点目を決めた。 ▽かなり苦しい状況となったウルブスだが、68分にヒメネスがフォイスに倒されPKを獲得。ネヴェスがこのPKを冷静に沈めて1点を返すことに成功する。 ▽75分にウルブスにさらに得点のチャンスが。途中出場のギブス=ホワイトがゴール前に走り込むエウデル・コスタへ絶妙なスルーパス。この極上のパスからエウデル・コスタがGKと一対一になるも、シュートを左に外してしまいビッグチャンスを逃してしまった。 ▽それでもめげずに攻め続けるウルブスは80分手前に、左サイドからドリブルで仕掛けたジョニーがフォイスに倒され再びPKを獲得。フォイスは1試合で2度もPKを与えてしまった。今度のPKのキッカーはヒメネス。上手くGkの逆を突いてウルブスは1点差に詰め寄った。 ▽だがその後はD・サンチェスを投入して守備固めしたトッテナムがリードを守り抜いて逃げ切りに成功。トッテナムがリーグ戦2試合ぶりの勝利を手にした。 2018.11.04 06:43 Sun
twitterfacebook
thumb

GKルイ・パトリシオの移籍金問題が決着…ウルブスが要求をのむ形に

▽ウォルバーハンプトンは10月31日、ポルトガル代表GKルイ・パトリシオの移籍について、前所属のスポルティング・リスボンに対し1800万ユーロ(約23億円)を移籍金として支払うことで合意いたったことを発表した。 ▽ウルブスとスポルティングの間ではGKルイ・パトリシオに関して議論が交わされていた。2006年のトップチームデビュー以降、スポルティング一筋のキャリアを歩んできたルイ・パトリシオ。しかし、今季チャンピオンズリーグ圏外の3位でリーグ戦を終えたことに腹を立てたクラブの過激派サポーターグループに練習場で襲撃を受けるなど、身の危険を感じたためクラブ側に今夏での契約解除を要求していた。 ▽そのため、今夏の移籍市場でウルブスはルイ・パトリシオをフリーという形で獲得したのだが、スポルティング側は同選手が契約下にあったと主張。国際サッカー連盟(FIFA)へルイ・パトリシオの契約違反を訴えていた。 ▽そしてこの度、交渉の末、ウルブスがスポルティングに1800万ユーロを支払うことに合意。これに関してウォルバーハンプトンの公式サイトでは「この問題についてはすでに終わったものだとみなし、コメントは控えさせていただきます」という声明を発表している。 2018.11.01 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ウルブス、GKルイ・パトリシオの保証金の支払いでスポルティングと合意か

▽ポルトガル代表GKルイ・パトリシオの所属するウォルバーハンプトンは、同選手の前所属であるスポルティング・リスボンに対して契約解除に伴う補償金を支払うことで合意に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2006年のトップチームデビュー以降、スポルティング一筋のキャリアを歩んできたルイ・パトリシオだが、今季チャンピオンズリーグ圏外の3位でリーグ戦を終えたことに腹を立てたスポルティングの過激派サポーターグループに練習場で襲撃を受けるなど、身の危険を感じたためクラブ側に今夏での契約解除を要求した。 ▽その後、ルイ・パトリシオは6月にウォルバーハンプトンへ4年契約で加入。しかし、スポルティングは国際サッカー連盟(FIFA)へルイ・パトリシオの契約違反を訴え、補償金4800万ポンド(約71億円)の支払いを求める抗議文を提出していた。 ▽今回の報道によると、ウォルバーハンプトンとスポルティングは長期間の交渉の末、要求額の1/3以下である1500万ポンド(約22億円)をウォルバーハンプトン側が支払うことで合意に至ったという。 2018.10.19 01:25 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング