バーンリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 バーンリー 12 3 3 10 15 32 -17 16

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-12-15
24:00
プレミアリーグ
第17節
トッテナム vs バーンリー
2018-12-22
21:30
プレミアリーグ
第18節
アーセナル vs バーンリー
2018-12-26
24:00
プレミアリーグ
第19節
バーンリー vs エバートン
2018-12-30
23:15
プレミアリーグ
第20節
バーンリー vs ウェストハム
2019-01-02
28:45
プレミアリーグ
第21節
ハダースフィールド vs バーンリー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.12.08
24:00
プレミアリーグ
第16節
バーンリー 1 - 0 ブライトン
2018.12.05
28:45
プレミアリーグ
第15節
バーンリー 1 - 3 リバプール
2018.12.01
24:00
プレミアリーグ
第14節
クリスタル・パレス 2 - 0 バーンリー
2018.11.26
29:00
プレミアリーグ
第13節
バーンリー 1 - 2 ニューカッスル
2018.11.10
24:00
プレミアリーグ
第12節
レスター・シティ 0 - 0 バーンリー

基本データ

正式名称:バーンリーFC

原語表記:Burnley Football Club

愛称:クラレッツ、ロングサイダーズ、プライド・オブ・ランカシャー

創立:1887年

ホームタウン:バーンリー

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース

thumb

リバプール、前半苦戦もバーンリーに逆転勝利でリーグ4連勝!《プレミアリーグ》

▽リバプールは5日、プレミアリーグ第15節でバーンリーと対戦し、3-1で勝利した。 ▽リーグ戦では未だ無敗を継続する2位のリバプール。前節のエバートンとのマージ―サイド・ダービーでは後半アディショナルタイムの伏兵オリジのゴールで劇的勝利を挙げた。試合後に、喜びすぎたクロップ監督に制裁が下される一件があったが、今節はエバートン戦からのスタメンを大幅に変更。モレーノやN・ケイタ、スタリッジ、シャキリらのほか、オリジが今季初先発を果たした。 ▽バーンリーの前線からのプレッシャーに苦しむリバプールは、12分にゴール前で細かくパスを繋がれウェストウッドにシュートを許す。思うように攻撃の形が作れないまま、23分に右サイドバックに入っていたJ・ゴメスが足を負傷。早くもアーノルドとの交代を余儀なくされた。 ▽今のところシュートがないリバプールは29分、右CKからファン・ダイクがヘディングシュートを枠に飛ばすもGKハートの正面。2本目のシュートとなった35分のケイタのシュートは相手にブロックされノーチャンス。39分にもケイタがボックス右から狙っていったがこれもGKの正面に飛んでしまう。 ▽ここまで狙い通りのバーンリーは41分に敵陣左サイド中央でFKを獲得。ブレイディが上げたクロスにバーンズがダイレクトで合わせネットを揺らしたがオフサイドの判定。リバプールは救われた形となった。 ▽前半はほとんど攻撃の形を作れなかったリバプールだが、後半もそれは変わらない。52分にドリブルでボックス手前左に運んだケイタが左足を放ったシュートはGKハートが指先でかすめて左ポストに激突。惜しい場面だったがゴールを割ることは出来なかった。 ▽そんな中迎えた54分、右CKを獲得したバーンリーはファーサイドでタルコウスキがヘディングシュート。GKアリソンに弾かれたところをバーンズ、最後にコークが押し込んで先制。バーンリーが試合を動かした。 ▽だがこうなるとリバプールも黙っていない。62分、ボックス手前でボールを受けたミルナーがそこから右足をコンパクトに振り抜くと、これがゴール右下を突いて同点に。 ▽さらに、その後にモレーノとオリジを下げてサラーとフィルミノを同時投入したリバプールはその勢いのまま逆転に成功する。同点から7分後、敵陣中央でFKを得ると、ヘンダーソンがゴール前に放り込んだボールにファン・ダイクが反応。ゴール前左から中に折り返したところをフィルミノが押し込んであっという間に試合をひっくり返した。 ▽完全に息を吹き返したリバプールはその後もケイタやサラーがゴールに迫る。すると後半アディショナルタイムにゴール前のピンチから一気にカウンターに転じると、サラーのラストパスを受けたシャキリが3点目を決めて決着。前半は苦しめられたリバプールだったが、終わってみれば3点を奪い逆転勝利。リーグ戦4連勝を収めた。 2018.12.06 06:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘリ墜落事故後初のホーム戦、岡崎途中出場のレスターはバーンリーとゴールレスドロー《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは10日、プレミアリーグ第12節でバーンリーとキングパワー・スタジアムで対戦し、0-0で引き分けた。レスターの岡崎は84分から出場している。 ▽先月27日に行われたウェストハム戦後のヘリコプター墜落事故後、初のホーム戦となる今節。亡くなったヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長を偲び、5000~10000人のファンがジュビリー・スクエアからキングパワー・スタジアムまでの道のりを行進し追悼の意を表した。 ▽前節のカーディフ戦からの連勝を狙うレスターは15分、右サイドから上げたクロスがGkに弾かれると、これがヴァーディの下へ。またとないビッグチャンスだったが、シュートはロートンにゴールライン上でクリアされ得点とはならなかった。 ▽22分には、リカルド・ペレイラから右サイドのオルブライトンに展開したレスターはクロスに飛び込んだゲザルがダイビングヘッド。完璧なタイミングで合わせたがシュートはクロスバーを叩いた。 ▽さらに27分には前節ゴールを決めたグレイが2列目からの飛び出しからチャンスを迎えるも、ボックス左から流し込みにかかったシュートはGKハートに止められてしまった。その後も幾度かカーディフゴールに迫ったレスターは、前半は終始主導権を握ったものの、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半もレスターペースは変わらないもののなかなかゴールは遠い。60分過ぎにかけては、ヴァーディのシュートを皮切りに、CKからエバンス、さらにはエンディディがボックス右から狙うが、GKハートのセーブもありネットを揺らすことが出来ない。 ▽そんな中迎えた84分、レスターはグレイを下げて岡崎を投入。2試合ぶりの出場となった。88分にその岡崎のスルーパスからレスターがゴールに迫るもシュートは打てず。 ▽レスターは90分にエバンスに代えて今夏加入のトルコ代表DFソヨンクを投入。2試合目の出場となる。 ▽その後まもなく試合終了の笛が鳴り、0-0のドロー決着となった。 2018.11.11 01:54 Sun
twitterfacebook
thumb

アザール不在のチェルシーが4発圧勝! 開幕から公式戦14試合無敗を継続《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第10節、バーンリーvsチェルシーが28日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのチェルシーが4-0で快勝した。 ▽前節、マンチェスター・ユナイテッド相手にホームで劇的ドローゲームを演じ開幕からの無敗を継続した3位のチェルシー。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のBATEボリソフ戦をロフタス=チークのハットトリックで制し、さらに無敗記録を伸ばした中、今節は13位に低迷するバーンリーとのアウェイゲームに臨んだ。 ▽BATEボリソフ戦からは守護神ケパとウィリアン、ペドロを除く先発8人を変更。ジョルジーニョやカンテ、ダビド・ルイスらが復帰した一方、エースのアザールは背中のケガの影響でベンチ外となった。 ▽立ち上がりからチェルシーがボールを握る展開が続くが、ホームのバーンリーも人数をかけた守備ブロックと球際の強さを武器に粘り強い対応を続ける。やや遅攻の場面では攻めあぐねる状況が続くチェルシーだが、カウンターから徐々にチャンスを作り出す。 ▽21分にはモラタのスルーパスに抜け出した左サイドのウィリアンがボックス左まで持ち込んでファーポストを狙った右足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。それでも、直後の22分には中盤でのカンテのボール奪取からショートカウンターに転じると、バイタルエリアでボールを受けたバークリーの絶妙なワンタッチパスに抜け出したモラタが冷静にGKとの一対一を決め切った。 ▽幸先良く先制に成功したチェルシーだが、前半半ばにはアクシデントが発生。負傷したペドロがプレー続行不可能となり、ロフタス=チークが緊急投入された。 ▽それでも、やや前がかった相手に対してスペースをうまく使って攻めるアウェイチームは39分にマルコス・アロンソの持ち上がりからボックス左でスルーパスを引きだしたモラタに決定機。だが、これは枠に飛ばせない。さらに41分にもジョルジーニョの浮き球パスに抜け出したモラタが右足のボレーシュートを枠に飛ばすが、これは相手GKの好守に阻まれる。前半終盤にかけては相手と小競り合いを起こしたモラタ、ボックス内でシミュレーションを取られたウィリアンに続けてカードが出されるも、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。バーンリーのプレッシングを巧みにいなすチェルシーがゲームをコントロールしていく。すると57分にはカンテからパスを受けたバークリーが中央をドリブルで持ち上がってペナルティアーク付近から左足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール右隅を射抜いた。 ▽後半立ち上がりの追加点で相手の気勢を削いだアウェイチームは63分にも左サイドで仕掛けたウィリアンが大外を追い越すマルコス・アロンソの動きをオトリにカットインし得意の角度から右足のシュートをゴール右隅に突き刺し、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽この3点目で勝利を大きく手繰り寄せたチェルシーは70分過ぎにモラタとジョルジーニョを下げてジルーとセスクを続けて投入し、試合を締めにかかる。その一方で、サッリ監督にアピールしたい選手たちが積極的にゴールを目指す。この流れの中からジルーやロフタス=チークらに再三のゴールチャンスが訪れるも、決め切るまでには至らず。 ▽それでも、93分にはセットプレーの流れからゴール前の混戦でフリーとなったロフタス=チークが最後の最後に4点目を決め切り、公式戦2戦連発となる今季プレミア初ゴールを記録した。そして、相手の反撃をきっちり無失点で凌いだチェルシーが4-0の完勝で開幕からの公式戦無敗記録を14試合に更新した。 2018.10.29 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

バーンリー、ウェールズ代表FWボークスと2021年まで契約延長

▽バーンリーは26日、ウェールズ代表FWサム・ボークス(28)と新たに3年契約を結んだことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽ボーンマスユース出身のボークスは、2006年にトップチームに昇格すると当時リーグ1(イングランド3部)所属のクラブでリーグ戦54試合に出場し16ゴールをマーク。この活躍が認められ、2008年にウォルバーハンプトンに移籍。加入初年度こそリーグ戦36試合に出場したが、徐々に出場機会を失うと翌年から国内クラブへのレンタル移籍を繰り返した。 ▽2012年の夏に完全移籍で加入したバーンリーでは、加入当初からレギュラーとしてプレーを続けると、2013-14シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では39試合に出場し20ゴールを記録し、5シーズンぶりのプレミア昇格に大きく貢献。1年でのチャンピオンシップ降格を経験するも、2015-16シーズンのチャンピオンシップではリーグ戦43試合で15ゴールをマークし、1年でのプレミア復帰に貢献した。 ▽また、2008年にデビューしたウェールズ代表では、初出場となったユーロ2016などに出場。これまで59キャップで10ゴールを記録している。 2018.10.27 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ怒涛のゴールラッシュ!バーンリーに5発圧勝…デ・ブライネも復活《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは20日、プレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦し、5-0で勝利した。 ▽チェルシー、リバプールと並んで6勝2分け無敗のシティは前節リバプールと0-0の引き分けを演じた。無敗を目指す今節では、開幕戦のアーセナル戦以降負傷離脱が続いていたデ・ブライネがベンチ入り。スタメンにはコンパニやラポルテ、ザネ、マフレズらが顔を揃えた。 ▽序盤からホームのシティが次々とゴールに迫る。まずは4分、右サイドのクロスをアグエロがダイビングヘッドでシュートに繋げると、15分にはマフレズのクロスから再びアグエロがゴール前で合わせるが、つま先で僅かに当ててコースを変えたシュートは古巣対決のGKハートがファインセーブを見せた。 ▽それでも猛攻続けるシティがゴールを奪うのは時間の問題だった。17分、左サイドでボールを持ったザネを起点に、シルバがボックス左でフリーに。シルバはそこからゴール前を横切る鋭いパスを通し、逆サイドのアグエロが楽々と押し込んだ。 ▽その後もシティが圧倒的な力の差で試合を支配。前半アディショナルタイムには右サイドのクロスをアグエロが完璧なタイミングで頭で捉えたが、ハートが再びのビッグセーブ。元シティGKの活躍もあり前半はシティは1点をリードするにとどまった。 ▽しかし、後半開始開始まもなくシティがリードを広げる。54分、ボックス左に侵入したザネが相手の足にかかって倒れると、バーンリーの選手たちはプレーを止めて審判にノーファウルをアピール。しかし笛はなっておらず、シティはその隙にシルバがボールを拾ってクロスを上げる。これをベルナルド・シウバが蹴り込んでシティが追加点。バーンリーにとっては悔やまれる失点となった。 ▽さらにバーンリーに追い打ちをかけるようにその2分後、シティの左CKの場面でボールを処理し損ねると、こぼれ球をフェルナンジーニョにボックス手前からダイレクトでゴール右上に突き刺すファインゴールを決められ3点目を奪われてしまった。 ▽これで試合を決めたシティは58分、ついにデ・ブライネがピッチへ。ベルナルド・シウバの代わる際には観客から大きな拍手が送られた。 ▽シティは84分、ボックス手前でボールを受けたマフレズが左足でゴール左上を突く見事なシュートを沈めて4点目。90分にはメンディのグラウンダーのクロスをザネがダイレクトで合わせ5点目を追加した。 ▽試合はそのまま終了。後半に怒涛の4得点を奪ったシティが5発大勝を収めた。 2018.10.21 01:08 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング