バーンリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 バーンリー 53 14 11 10 35 32 3 35

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-28
23:00
プレミアリーグ
第36節
バーンリー vs ブライトン
2018-05-05
23:00
プレミアリーグ
第37節
アーセナル vs バーンリー
2018-05-13
23:00
プレミアリーグ
第38節
バーンリー vs ボーンマス

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.22
21:30
プレミアリーグ
第35節
ストーク・シティ 1 - 1 バーンリー
2018.04.19
27:45
プレミアリーグ
第31節
バーンリー 1 - 2 チェルシー
2018.04.14
23:00
プレミアリーグ
第34節
バーンリー 2 - 1 レスター・シティ
2018.04.07
23:00
プレミアリーグ
第33節
ワトフォード 1 - 2 バーンリー
2018.03.31
23:00
プレミアリーグ
第32節
WBA 1 - 2 バーンリー

基本データ

正式名称:バーンリーFC

原語表記:Burnley Football Club

愛称:クラレッツ、ロングサイダーズ、プライド・オブ・ランカシャー

創立:1887年

ホームタウン:バーンリー

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース

thumb

モーゼス2G演出のチェルシーが5連勝バーンリーに辛勝! コンテ100試合目を白星で飾り4位スパーズと5ポイント差に《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第31節延期分、バーンリーvsチェルシーが19日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのチェルシーが2-1で勝利した。 ▽前節、サウサンプトン相手に2点ビハインドを背負うも“8分間”の逆転劇でリーグ戦3試合ぶりの勝利を手にした5位チェルシー(勝ち点60)。逆転でのトップ4フィニッシュに向けては未だ厳しい立ち位置にいるが、ミッドウィークの試合で4位トッテナム(勝ち点68)がブライトンと引き分けたため、勝ち点差を縮める格好のチャンスを得た。 ▽直近5連勝で6位アーセナル(勝ち点54)に肉薄する絶好調の7位バーンリー(勝ち点52)のホームに乗り込んだ今回の一戦に向けてコンテ監督はサウサンプトン戦から先発6人を変更。3試合出場停止のマルコス・アロンソやアザール、クリステンセン、ウィリアンらが先発を外れ、プレミア初先発のエメルソン・パルミエリやバカヨコら控えメンバーを起用。さらに、前節途中出場で2ゴールのジルーがモラタと初めて先発から同時起用され、22日に予定されるFAカップ準決勝のサウサンプトン戦を睨んだ主力温存のメンバー構成となった。 ▽ジルーとモラタを2トップに配し、中盤をカンテのアンカー、ペドロ、バカヨコという逆三角形で構成する[3-5-2]の布陣で臨んだチェルシーは6分にボックス内で足元に収めたジルーが反転シュートを放つなど、積極的な入りを見せる。さらに11分にはペドロからのクサビのパスをジルーが絶妙なフリックでモラタに通すと、このままボックス右まで持ち込んで右足でシュート。しかし、これはGKポープが巧みにコースを消してブロックした。 ▽その後も2トップを起点に良い形で背後を取るシーンが目立つチェルシーは20分に幸運な形から先制に成功する。最終ラインのケイヒルから右サイドのスペースに飛び出すモーゼスにフィードが通る。このままボックス右ゴールライン際まで抜け出したモーゼスが強引に折り返すと、ゴール前でGKとDFケビン・ロングにディフレクトしたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽敵地でリードを手にしたチェルシーは徐々に相手の反撃に遭うも、DFケイヒルらの身体を張った守備で何とか凌ぐと、ここから鋭いカウンターで追加点に迫る。29分にはボックス手前中央で得たFKをペドロ、40分には中央突破したカンテがミドルシュートを狙うが、いずれも枠を捉えることはできず。それでも、難所ターフ・ムーアで安定した試合運びをみせ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、ケイヒルのトラップミスからピンチを招くなどややバタ付くチェルシー。それでも、55分には絶好の追加点のチャンスが訪れる。相手CKの二次攻撃をカンテが見事な読みでインターセプト。オフサイドにならないハーフウェイライン手前でカンテの縦パスに抜け出したモラタが相手陣内を独走。ボックス内でGKと一対一になるが、ニアを狙ったシュートはわずかに枠の右に外れ、ベンチサイドの指揮官を含めてアウェイサポーターは思わず頭を抱えた。 ▽すると、ピンチの後にチャンスあり。ここまで攻撃が機能していなかったバーンリーが同点に追いつく。64分、ボックス手前でグズムンドソンが低い弾道の左足ミドルシュートを放つと、これがゴール前の味方バーンズの踵付近に当たって大きくコースが変わりゴール左隅へ突き刺さった。 ▽決定機逸に不運な形での失点と逆境に立たされたチェルシーだったが、早い時間帯に勝ち越しゴールを奪う。69分、左サイドでエメルソンが精度の高いクロスを供給。これを中央のジルーがスコーピオンキックで狙うもわずかに届かない。それでも、ファーサイドに流れたボールをトラップしたモーゼスが冷静にニアサイドに低い弾道のシュートを流し込んだ。 ▽追いつかれた先ほどの展開は避けたいコンテ監督は72分にモラタを下げてアザールを投入。カウンターの鋭さを磨くことで相手の前がかりな攻撃をけん制しつつ、試合を決める3点目を狙いに行く。一方、追いつきたいバーンリーはボークス、ウェルズの投入でゴールを目指す。 ▽試合終盤にかけても一進一退の攻防が続いたものの、アザールらのボールキープでうまく時計を進めたチェルシーがこのまま逃げ切って2-1の勝利。好調バーンリーに競り勝ってコンテ監督のブルーズ100試合目を白星で飾ったチェルシーは、4位トッテナムとの勝ち点差を「5」に縮めた。 2018.04.20 05:48 Fri
twitterfacebook
thumb

開始早々の連続失点で岡崎先発のレスターがリーグ連敗…《プレミアリーグ》

▽日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは14日、プレミアリーグ第34節でバーンリーと対戦し、1-2で敗戦した。岡崎は前半のみプレーした。 ▽前節、リーグ戦5試合ぶりに敗戦を喫した8位のレスター(勝ち点43)が、7位バーンリー(勝ち点49)のホームに乗り込んだ一戦。レスターは前節のニューカッスル戦から先発を3人変更。ディアバテ、オルブライトン、イボーラに代えて岡崎、グレイ、チョードリーを先発に起用した。 ▽試合が動いたのは開始早々の6分、バーンズのスルーパスでボックス内に侵入したウッドがシュート。一度はGKシュマイケルが弾くも、こぼれ球を再びウッドが押し込み、バーンリーが先制に成功した。 ▽先制を許したレスターは、9分に追加点を許す。グズムンドソンの左CKをファーサイドから走り込んだケビン・ロングにヘディングでゴールに叩き込まれた。 ▽反撃に出たいレスターだったが、バーンリーの素早い寄せに苦しんでパスが乱れてしまい、なかなかシュートまで結びつけることができない。それでもレスターは34分、ボックス左に侵入したグレイのクロスをファーサイドから走り込んだマフレズが頭で合わせたが、これはGKポープの好セーブに阻まれた。 ▽レスターは、前半終了間際の45分にもチルウェルのクロスからゴール前に抜け出したヴァーディがヘディングシュート。これはGKポープの正面を突いてしまい、前半は0-2で終了した。 ▽迎えた後半、レスターは岡崎を下げてイヘアナチョを投入。すると、レスターは62分に決定機。バイタルエリア中央でボールを受けたアドリエン・シウバが反転からゴール前へラストパスを供給すると、これに反応したヴァーディがダイレクトシュート。しかし、再びGKポープの好セーブでゴールはならず。 ▽ゴールの遠いレスターは、64分にグレイを下げてディアバテをピッチに送り出す。すると72分、ドリブルで持ち上がったイヘアナチョがスルーパスを供給すると、ヴァーディがゴールエリア右手前からシュートをゴール左に突き刺した。 ▽1点を返したレスターだが、81分にアクシデント。シンプソンのバックパスに詰めたバーンズと飛び出したGKシュマイケルが接触すると、このプレーでGKシュマイケルが足首を負傷。治療を受け一度はピッチに戻ったGKシュマイケルだが、86分にGKハマーとの交代を余儀なくされた。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。開始早々の失点で敗戦のレスターは、リーグ戦連敗。一方のバーンリーは、リーグ戦5連勝で暫定ながら6位アーセナルとの勝ち点差を “2”に縮めた。 2018.04.15 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリー、元デンマーク代表GKリンデゴーアと契約延長!

▽バーンリーは5日、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(33)との契約を2019年まで延長したことを発表した。 ▽マンチェスター・ユナイテッドやWBAで活躍したリンデゴーアは、昨年9月にフリートランスファーでバーンリーに加入。シーズン序盤に負傷した正守護神のイングランド代表GKトム・ヒートンに代わり守護神の座に就いたイングランド人GKニック・ポープの控えGKとしてプレーしてきた。 ▽なお、リンデゴーアは、戦列復帰が目前となっている正GKヒートン、第二GKのポープ次ぐ、第3GKとしてバーンリーに残るようだ。 2018.04.06 00:08 Fri
twitterfacebook
thumb

バーンリー、主砲バーンズと2021年までの新契約締結!

▽バーンリーは15日、イングランド人FWアシュリー・バーンズ(28)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽プロキャリアを通じてイングランドの下部カテゴリーのクラブを渡り歩いてきた苦労人のバーンズは、2014年にブライトン&ホーヴ・アルビオンから当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたバーンリーに完全移籍で加入した。 ▽ここまで公式戦129試合に出場し21ゴールと、ゴール数こそ少ないものの屈強なフィジカルを生かしたポストプレーや前線からの献身的な守備が評価されている。今季はここまでリーグ戦29試合で6ゴールを記録しており、プレミアリーグでのキャリアハイ更新が期待される。 ▽今冬の移籍市場ではチェルシー行きが報じられていたものの、今季ここまで7位と大躍進するクラブでキャリアを継続することを選んだようだ。 2018.03.16 03:10 Fri
twitterfacebook
thumb

スターリングの決定機逸響いたシティが逃げ切り失敗…今季3度目のドローに《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第26節、バーンリーvsマンチェスター・シティが3日にターフ・ムーアで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、WBAを3-0で一蹴し2連勝中の首位シティ(勝ち点68)は、リーグ3連敗中に加え公式戦9試合勝利がない7位バーンリー(勝ち点35)とのアウェイゲームに臨んだ。シティはWBA戦から先発3人を変更。負傷のシルバに代えてギュンドアンを起用したほか、ジンチェンコとラポルテに代えてダニーロとコンパニを最終ラインで起用した。 ▽試合は立ち上がりからシティがボールを保持して押し込む展開となる。だが、リーグ屈指の堅守を誇るバーンリー相手になかなか流れの中で決定機を作れない。それでも、セットプレーの場面でコンパニが2度に渡ってチャンスに絡む。 ▽その後も相手を崩し切れないシティだったが、22分に伏兵の一撃で先制に成功する。左CKの場面でショートコーナーからデ・ブライネ、ベルナルド・シウバと繋ぎボックス手前中央やや左でフリーのダニーロにパスが通る。ここでダニーロが右足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール右上隅に突き刺さった。 ▽ダイチェ体制のプレミアリーグで一度も逆転勝利がないバーンリーだが、すぐさま反撃を開始。31分と36分にはいずれもセットプレーの流れからボックス内のミーに決定機も、相手GKエデルソンの好守などに阻まれ、同点ゴールとはならない。 ▽一方、安定したボールポゼッション、素早い攻守の切り替えからのカウンターと遅攻と速攻を織り交ぜた攻撃で追加点を窺うシティは38分、自陣からの見事なビルドアップでプレッシャーを掻い潜り中央突破したデ・ブライネがボックス手前から右足を一閃。しかし、このシュートはややコースが甘くGKポープに弾き出された。 ▽1点リードで試合を折り返したシティは後半に入って攻勢を増していく。立ち上がりから相手を自陣深くに押し込み、アグエロやスターリング、ギュンドアンが次々に相手ゴールへ襲い掛かる。さらに57分には再びCKの流れからダニーロが決定的なシュートを放つが、これはGKポープの好守に遭う。 ▽その後も試合を支配するものの、フィニッシュの精度を欠くシティは69分に相手のカウンターから絶体絶命のピンチを招く。右サイドを突破されてボックス中央のコークに落とされると、これをフリーのレノンにシュートされる。だが、これはGKエデルソンが圧巻の反応で触ってボールはバーを叩く。このピンチを凌いだシティは直後の71分、個人技でボックス右に侵入したウォーカーからの絶妙なクロスがファーでフリーのスターリングの元へ。しかし、スターリングはこのイージーシュートを枠の左に外してしまい、絶好の決定機を逸した。 ▽すると、ここまで再三の決定機を逸してきたシティはそのツケを払うことに。82分、右サイドのロートンが上げたアーリークロスに対して、ファーのDFウォーカーの背後を取ったグデュムンドソンにゴール前に抜け出され難度の高いダイレクトボレーをゴールネットに流し込まれ、同点に追いつかれた。 ▽その後、勝ち越しゴールを目指して懸命に攻めたシティだったが、最後まで相手のゴールをこじ開けることはできず。スターリングの決定機逸などが響いたシティは今季3度目のドローとなった。 2018.02.03 23:43 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング