バーンリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 バーンリー 9 2 3 1 6 5 1 6

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-01
22:15
プレミアリーグ
第7節
エバートン vs バーンリー
2017-10-14
23:00
プレミアリーグ
第8節
バーンリー vs ウェストハム
2017-10-21
23:00
プレミアリーグ
第9節
マンチェスター・シティ vs バーンリー
2017-10-30
29:00
プレミアリーグ
第10節
バーンリー vs ニューカッスル
2017-11-04
24:00
プレミアリーグ
第11節
サウサンプトン vs バーンリー

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.09.23
23:00
プレミアリーグ
第6節
バーンリー 0 - 0 ハダースフィールド
2017.09.16
23:00
プレミアリーグ
第5節
リバプール 1 - 1 バーンリー
2017.09.10
21:30
プレミアリーグ
第4節
バーンリー 1 - 0 クリスタル・パレス
2017.08.27
24:00
プレミアリーグ
第3節
トッテナム 1 - 1 バーンリー
2017.08.19
23:00
プレミアリーグ
第2節
バーンリー 0 - 1 WBA

基本データ

正式名称:バーンリーFC

原語表記:Burnley Football Club

愛称:クラレッツ、ロングサイダーズ、プライド・オブ・ランカシャー

創立:1887年

ホームタウン:バーンリー

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース

thumb

バーンリー、元ユナイテッドGKリンデゴーアを獲得

▽バーンリーは21日、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(33)を獲得したことを発表した。フリートランスファーで、契約期間は1年。 ▽バーンリーでは、正守護神のイングランド代表GKトム・ヒートンが10日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦で肩を負傷。13日に手術が成功したが、数カ月の離脱を強いられることになるとみられている。 ▽この事態に、バーンリーは2010年から2015年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたリンデゴーアを獲得した。同選手は昨シーズン限りでプレストンを退団し、フリーとなっていた。 ▽バーンリーで22番のユニフォームを着用するリンデゴーアは、今回の移籍に際してクラブの公式サイトで以下のように語った。 「(練習に参加していたバーンリーでは)いい週を過ごせた。人々を含めて、クラブ全体からとてもいい印象を受けたよ。ここでなら力を発揮できる」 「みんなハードに取り組んでいるし、とてもいいクラブだ。その一員となれて感謝している」 2017.09.21 19:52 Thu
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ先発復帰のリバプール、ホームでバーンリーにドロー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のリバプールvsバーンリーが16日にアンフィールドで行われ、1-1で終了した。 ▽前節のマンチェスター・シティ戦をFWサディオ・マネの退場もあって0-5で惨敗したリバプールは、水曜日のチャンピオンズリーグ(CL)でもセビージャを相手に2-2と勝ちきれなかった。クロップ監督は、セビージャ戦からローテーションして、引き続き起用したのはマティプ、ジャン、フィルミーノ、サラーの4選手。3試合の出場停止となったマネが欠場した前線にスタリッジが入り、コウチーニョが左インサイドのポジションで今季初先発を飾った。 ▽試合序盤は、完全にポゼッションを支配したリバプールがコウチーニョを中心にボールを回し、後ろに重心を置くバーンリーを押し込み続ける。攻めながらもなかなかチャンスがつくれないリバプールだが、22分に好機。ボックス左手前からスタリッジがクロスを入れると、これにファーのサラーが合わせる。しかし、ミートしきれないヘディングシュートはバーの上にはずれた。 ▽すると、試合の均衡を破ったのはバーンリーだった。ロングボールをボックス左角付近のブレイディが競って中央にヘディングでボールを送ると、流れたボールを正面のアルフィールドがプッシュ。劣勢のバーンリーが先行する。 ▽しかし、リバプールは直後に試合を振り出しに戻す。30分、ゴール正面でジャンのフィードに反応したサラーが仕掛けてシュート。これが決まり、リバプールがすかさず同点に追いついた。 ▽これで勢いづいたリバプールはハーフタイムにかけて2点目を奪いにいく。縦へのスピードを速めてスタリッジやサラーがシュートに持ち込むも、精度を欠いたこともあり得点できず、試合は1-1のまま折り返す。 ▽迎えた後半、リバプールは立ち上がりにコウチーニョが立て続けにミドルシュートに持ち込むなど積極性を見せる。54分にはジャンが正面から強烈なミドルシュートを放ってゴールマウスを強襲。しかし、これはバーンリーGKポペの正面を突いたため、弾かれる。 ▽攻めるリバプールは59分に決定機。ボックス右手前のスタリッジが中央に切り込んで得意の左足でシュート。鋭いシュートが枠を捉えたが、これもGKポペにセーブされる。続く71分にはボックス右のミルナーが入れたクロスにファーでジャンが合わせるも、ヘディングシュートは枠をはずす。 ▽打開したいクロップ監督は78分にコウチーニョとフィルミーノを下げてチェンバレンとソランケを送り出す。しかし、81分にはCKから立て続けにバーンリーに決定機。いずれもミーが決定的なシュートを放ったが、マティプの好カバーリングもあってゴールとはならない。 ▽終盤、リバプールは84分にボックス左のミルナーからのクロスをファーのアーノルドがダイレクトボレー。これが枠を捉えたが、GKポペの好守に遭う。さらに86分には右サイドで仕掛けたアーノルドの折り返しから正面のソランケが合わせるが、今度はバーに直撃する。 ▽結局、スコアはそのままで試合終了。リバプールはホームで勝ち点を落とした。 2017.09.17 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

正守護神が負傷離脱のバーンリーが元ユナイテッドGK獲得へ

▽正守護神であるイングランド代表GKトム・ヒートンが負傷離脱するバーンリーだが、元マンチェスター・ユナイテッドのGKを獲得する考えがあるようだ。ショーン・ダイチェ監督のコメントをクラブ公式サイトが伝えた。 ▽ヒートンは、10日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦に先発出場。しかし36分に相手DFと交錯すると肩を負傷。13日に手術を受け、無事に成功していたものの、数カ月の離脱になる予定だ。 ▽現在クリスタル・パレスには、ヒートンの他、ニック・ポペ、アダム・レグズディンスがGKとして登録されているが、ダイチェ監督はヒートンが完全復帰するまでにGKを補強したいと考えているとのこと。そこで目をつけたのが、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(33)のようだ。 ▽リンデゴーアは、オーデンセの下部組織で育ち、2011年1月にノルウェーのオーレスンFKからユナイテッドに移籍。バックアッパーとして公式戦29試合に出場すると、2015年8月にWBAへと移籍。2016年7月にプレストンへと移籍するも、昨シーズン限りで退団し、フリーとなっている。 ▽リンデゴーアは、既にバーンリーでトレーニングを開始しており、加入に近づいているとのこと。ダイチェ監督は「彼は我々と数日間ともに過ごしている。そして、一緒に楽しんでいいる。我々は彼と話し合うだろう」とコメントした。 ▽なお、クリスタル・パレス戦でプレミアリーグデビューをはたしたGKポープにも期待しており、「理想的に、世界では3人のGKが欲しいと思われている。おそらく、若いGKだろう。我々もそれをやろうとしている」と語り、リンデゴーア加入となったとしても、ポープが起用される可能性を示唆した。 2017.09.15 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バーンリーのイングランド代表GKトム・ヒートンが負傷…数カ月離脱か

▽バーンリーのイングランド代表GKトム・ヒートンが肩の負傷で数カ月離脱する見込みとなった。10日、イギリス『BBC』が報じた。 ▽ヒートンは、10日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦で、36分に相手DFと交錯。負傷交代を余儀なくされた。『BBC』は、バーンリーのショーン・ダイチェ監督の「肩は脱臼したように見えた。数週間ではなく、数カ月の離脱を考慮しなければ」との見解を引用。検査の結果次第ではあるが、離脱期間が数カ月に及ぶ可能性が高いことを伝えた。 ▽2013-2014シーズンからバーンリーのゴールマウスを守っているヒートンは、マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身。プレミアリーグで77試合、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で185試合出場の経験を持ち、2015年夏にはイングランド代表に初招集された。 ▽イングランド代表からは先月、エバートンGKジョーダン・ピックフォードが筋肉系の負傷で離脱。今回のヒートンの負傷で、同じポジションから2人を欠くことになった。ウェストハムGKジョー・ハートは健在なものの、ベンチに不安を抱えた状態で、10月のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選第9節、最終節が迫っている。 2017.09.11 16:56 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、“ウェンブリーの呪い”解けず…土壇場AT被弾でバーンリーとドロー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第3節、トッテナムvsバーンリーが27日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、昨季王者チェルシーとのダービーで聖地ウェンブリーでのリーグ開幕戦でいきなり黒星を喫したトッテナムは、ウェンブリーの呪縛を解くうえでもバーンリーを迎えたこの一戦での勝利が必須。ポチェッティーノ監督は、チェルシー戦からワニャマに代えてソン・フンミンを起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用。また、アヤックスからの新戦力ダビンソン・サンチェスを若手MFオークリー=ブースと共に初めてベンチに入れた。 ▽立ち上がり相手の圧力に晒されたトッテナムだが、時間の経過とともに相手を押し込んでいく。自陣できっちりブロックを作る相手に対して、アタッキングサードまでボールを運ぶものの、前節のチェルシー戦と同様に中央を徹底的に締める相手の守備に苦戦する。 ▽それでも、18分にベン・デイビスのFKからケインが惜しいヘディングシュートを放つなど、徐々にゴールの匂いをさせ始めるホームチーム。前半終盤にかけてはケインやエリクセン、デレ・アリと再三のシュートを浴びせるが、ことごとく相手のシュートブロックに阻まれた。 ▽ゴールレスで折り返した後半、トッテナムの攻勢がようやく実を結ぶ。右CKの場面でエリクセンのクロスをニアでエリック・ダイアーが頭でフリック。これをDFがクリアし損ねると、ゴール前のデレ・アリがすかさず右足でシュート。一度は味方とDFに当たるも、跳ね返りを今度は冷静に右隅へ蹴り込んだ。 ▽デレ・アリの今季2点目でようやくプレッシャーから解放されたトッテナムは、相手が前に出てきたこともあり、ここから攻撃のギアを上げる。しかし、ケインのGKとの一対一やエリクセンの右足アウトにかけた強烈なボレーシュートら再三の決定機をGKヒートンにビッグセーブで阻まれ、なかなか2点目を奪えない。 ▽すると、徐々に相手の反撃を受け始めたトッテナムは、3バックへの変更で逃げ切りを図る。ハイラインの裏をシンプルに突く相手の攻撃に対して、守護神ロリスの果敢な飛び出しやビッグセーブで最少失点差を保つ。だが、試合を殺し切れないホームチームは、再び“ウェンブリーの呪い”にかかってしまう。 ▽4分が与えられた後半アディショナルタイム2分、相手のロングボールを頭でつながれると、ブレイディのスルーパスに反応した左サイドのウッドをDFトリッピアーがケアし切れず、ボックス内に抜け出したウッドに右隅へシュートを決められ、土壇場で追いつかれる。その後、長身DFサンチェスをデビューさせ、パワープレーで勝ち越しを目指すも、わずかな残り時間でチャンスを作れず、試合はこのままタイムアップ。“ウェンブリーの呪い”と8月ノーゴールというエースFWケインの負のジンクスを引きずったトッテナムは、今後の戦いに大きく響く痛恨の勝ち点逸となった。 2017.08.28 03:17 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング