バーンリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 バーンリー 22 6 4 2 12 9 3 12

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-11-26
23:00
プレミアリーグ
第13節
バーンリー vs アーセナル
2017-11-29
28:45
プレミアリーグ
第14節
ボーンマス vs バーンリー
2017-12-02
24:00
プレミアリーグ
第15節
レスター・シティ vs バーンリー
2017-12-09
24:00
プレミアリーグ
第16節
バーンリー vs ワトフォード
2017-12-12
28:45
プレミアリーグ
第17節
バーンリー vs ストーク・シティ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.18
24:00
プレミアリーグ
第12節
バーンリー 2 - 0 スウォンジー
2017.11.04
24:00
プレミアリーグ
第11節
サウサンプトン 0 - 1 バーンリー
2017.10.30
29:00
プレミアリーグ
第10節
バーンリー 1 - 0 ニューカッスル
2017.10.21
23:00
プレミアリーグ
第9節
マンチェスター・シティ 3 - 0 バーンリー
2017.10.14
23:00
プレミアリーグ
第8節
バーンリー 1 - 1 ウェストハム

基本データ

正式名称:バーンリーFC

原語表記:Burnley Football Club

愛称:クラレッツ、ロングサイダーズ、プライド・オブ・ランカシャー

創立:1887年

ホームタウン:バーンリー

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース

thumb

離脱者続出のイングランド代表、バーンリーMFコークを追加招集

▽イングランドサッカー協会(FA)は7日、今月行われる国際親善試合に臨むイングランド代表メンバーにMFジャック・コーク(バーンリー)を追加招集した。 ▽代表初招集となるコークは、今季の公式戦で11試合に出場。1-0と辛勝した直近のサウサンプトン戦ではフル出場していた。 ▽イングランド代表では、FWハリー・ケイン(トッテナム)、MFデレ・アリ(トッテナム)、MFハリー・ウィンクス(トッテナム)、MFファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)、FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、MFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)がすでに負傷離脱を強いられており、DFマイケル・キーン(エバートン)、MFジェイク・リバモア(WBA)の2選手が追加招集されている。 ▽なお、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選を無敗で突破したイングランドは、10日にドイツ代表、同14日にブラジル代表と対戦する。 2017.11.08 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田がフル出場から決定機演出もサウサンプトンはバーンリーの堅守に屈する…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第11節、サウサンプトンvsバーンリーが4日に行われ、1-0でバーンリーが勝利した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽ここまで3勝4敗3分けで10位に位置しているサウサンプトン(勝ち点13)が、ホームのセント・メリーズ・スタジアムに7位のバーンリー(勝ち点16)を迎えた一戦。試合開始から前半半ばにかけては、サウサンプトンがポゼッションで有利に立つものの、お互いに攻撃の決め手を欠き、なかなかチャンスを創出できない。 ▽サウサンプトンは24分に、前線のガッビアディーニにスルーパスが入るが、GKポぺの飛び出しに遭いシュートに持ち込めず。39分に、バートランドが至近距離からシュートを放つも、失点数リーグ4位の「9」を誇るバーンリーの守備網に絡み取られてしまう。42分にもレドモンドがドリブル突破からシュート。しかし、ここもGKポぺのファインセーブに阻まれてしまった。 ▽迎えた後半、ここまで守備に徹してきた吉田にもチャンスが訪れる。56分、左CKに反応した吉田はシュートではなくトラップを選択。その後振り向きざまに左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーに直撃。ゴールを割ることができない。 ▽ここまで拮抗した試合展開が続いたが、81分にサウサンプトンが失点を許してしまう。バーンリーは右サイドのクデュムンドソンの左足のクロスに途中出場のボークスに頭で押し込まれ、試合終盤の時間帯で先制点を奪われてしまった。 ▽結局このまま試合終了。サウサンプトンはバーンリーの堅守を崩し切ることができず、0-1で敗戦。バーンリーは今季5勝目を手にした。 2017.11.05 02:05 Sun
twitterfacebook
thumb

戦列復帰アグエロのPK弾などで3発快勝! 首位シティがリーグ7連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、マンチェスター・シティvsバーンリーが21日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが3-0で快勝した。 ▽前節、ストーク・シティを相手に7-2の圧巻の大勝でリーグ6連勝を決めた首位のシティは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のナポリ戦でも難敵相手に2-1で競り勝ちグループステージ3連勝を達成。グアルディオラ体制2年目で圧倒的な序盤戦を過ごす中、今節は強豪相手のアウェイゲームで好成績を残すバーンリーをホームで迎え撃った。 ▽グアルディオラ監督はナポリ戦から先発2人を変更。ガブリエウ・ジェズスに代わって自動車事故で肋骨を痛めていたエースFWアグエロが先発で復帰を果たしたほか、スターリングに代わってベルナルド・シウバが起用された。 ▽立ち上がりから絶好調のシティは連戦を感じさせない鋭いパスワークからデ・ブライネが惜しいシュートを放つなど、押し込む入りとなる。その一方で15分には相手GKのロングキックに対して、DFウォーカーがウッドと入れ替わられて抜け出されピンチを迎えるが、ここはGKエデルソンの身体を張った対応で凌ぐ。 ▽その後、波状攻撃から20分過ぎにベルナルド・シウバ、デ・ブライネと続けて相手GKを脅かすシュートを放つと、30分にやや幸運な形からエースが復帰ゴールを決める。ボックス内でルーズボールに反応したベルナルド・シウバとGKポペが交錯。すると、ややシミュレーション気味に見えたものの主審はホームチームにPKを与える。これをキッカーのアグエロが冷静に決めた。 ▽前半終盤にかけてはアグエロが復帰戦とは思えないキレ味鋭い仕掛けから続けてゴールに迫るも、ここは相手GKとDFの身体を張ったプレーに阻まれる。逆に、43分にはGKエデルソンから自陣ボックス付近でパスを受けたデ・ブライネの不用意なバックパスからアルフィールドに決定機を許すが、ここはDFが何とか身体に当ててシュートは枠の左に外れた。 ▽迎えた後半、早い時間帯に試合を決めたいシティが引き続きボールを保持して主導権を握るが、テクニックの差を気迫とコンディションの良さで埋めにかかるアウェイチームの粘りに遭い、なかなか決定機を作れない。逆に、フェルナンジーニョが自陣ボックス内で自ら蹴ったボールを腕に当てて、あわやPK献上という場面を招くなど、反撃を許す形が増えていく。 ▽それでも、焦れずに試合をコントロールするシティは73分、左CKの場面でザネのファーを狙ったクロスをオタメンディが打点の高いヘディングシュートで流し込み、待望の追加点を奪う。畳みかけるシティはその2分後にも右サイドからのスローインをアグエロがワンタッチで中央のスペースに流すと、これを受けたデ・ブライネが必殺のスルーパス。そして、ボックス左に抜け出したザネが冷静に相手GKの股間を抜くシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、アグエロ、フェルナンジーニョ、デ・ブライネを続けて下げ、ガブリエウ・ジェズス、ヤヤ・トゥーレ、ギュンドアンをピッチに送り込み試合をクローズにかかるシティ。そして、試合終盤の相手のパワープレーを冷静に凌ぎ切り、3-0の快勝。戦列復帰したエースのPK弾などできっちり勝ち切ったシティが破竹のリーグ7連勝を決めた。 2017.10.22 01:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリーがGKポペと2020年まで契約延長

▽バーンリーは9日、GKニック・ポペ(25)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽契約延長に至ったポペは公式サイトで次のように語っている。 「バーンリーと新たな契約を結べてとても嬉しい。僕はこれからもこのクラブと共に成長することができると確信しているんだ」 ▽ポペは、2016年7月にイングランド3部のチャールトンからプレミアリーグ復帰を果たしたバーンリーに加入。昨季は出場機会に恵まれなかったが、9月10日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦でクラブの守護神を務めるGKトム・ヒートンが負傷。 ▽途中出場ながらC・パレス戦でプレミアリーグデビューを飾ったポペは、試合序盤に奪った1点を守り抜き、勝利に貢献。その後のリーグ戦では、3試合でわずか1失点と好パフォーマンスを披露しチームの躍進に貢献している。 2017.10.10 01:31 Tue
twitterfacebook
thumb

バーンリー、元ユナイテッドGKリンデゴーアを獲得

▽バーンリーは21日、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(33)を獲得したことを発表した。フリートランスファーで、契約期間は1年。 ▽バーンリーでは、正守護神のイングランド代表GKトム・ヒートンが10日に行われたプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦で肩を負傷。13日に手術が成功したが、数カ月の離脱を強いられることになるとみられている。 ▽この事態に、バーンリーは2010年から2015年までマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたリンデゴーアを獲得した。同選手は昨シーズン限りでプレストンを退団し、フリーとなっていた。 ▽バーンリーで22番のユニフォームを着用するリンデゴーアは、今回の移籍に際してクラブの公式サイトで以下のように語った。 「(練習に参加していたバーンリーでは)いい週を過ごせた。人々を含めて、クラブ全体からとてもいい印象を受けたよ。ここでなら力を発揮できる」 「みんなハードに取り組んでいるし、とてもいいクラブだ。その一員となれて感謝している」 2017.09.21 19:52 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング