バーンリー

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 バーンリー 34 9 7 8 19 21 -2 24

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-01-31
28:45
プレミアリーグ
第25節
ニューカッスル vs バーンリー
2018-02-03
21:30
プレミアリーグ
第26節
バーンリー vs マンチェスター・シティ
2018-02-10
24:00
プレミアリーグ
第27節
スウォンジー vs バーンリー
2018-02-24
24:00
プレミアリーグ
第28節
バーンリー vs サウサンプトン
2018-03-04
プレミアリーグ
第29節
バーンリー vs エバートン

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.01.20
24:00
プレミアリーグ
第24節
バーンリー 0 - 1 マンチェスター・ユナイテッド
2018.01.13
24:00
プレミアリーグ
第23節
クリスタル・パレス 1 - 0 バーンリー
2018.01.06
24:00
FA杯
3回戦
マンチェスター・シティ 4 - 1 バーンリー
2018.01.01
24:00
プレミアリーグ
第22節
バーンリー 1 - 2 リバプール
2017.12.30
24:00
プレミアリーグ
第21節
ハダースフィールド 0 - 0 バーンリー

基本データ

正式名称:バーンリーFC

原語表記:Burnley Football Club

愛称:クラレッツ、ロングサイダーズ、プライド・オブ・ランカシャー

創立:1887年

ホームタウン:バーンリー

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース

thumb

マルシャル3試合連続弾で辛勝! 低調ユナイテッドが3連勝で2位死守《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、バーンリーvsマンチェスター・ユナイテッドが20日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのユナイテッドが1-0で勝利した。 ▽前節、ストーク・シティに快勝した2位のユナイテッド(勝ち点50)が7位のバーンリー(勝ち点34)のホームに乗り込んだ一戦。リーグ戦3連勝を目指すユナイテッドはストーク戦から先発1人を変更。ショーに代わって出場停止明けのアシュリー・ヤングが復帰を果たした。なお、サンチェスとのトレードでアーセナル行きが噂されるムヒタリアンはベンチ外となった。 ▽試合は立ち上がりからホームのバーンリーペースで進む。スペースをきっちり埋める堅守と球際の強さでユナイテッドに決定機を許さないバーンリーは攻撃に手数をかけられないものの、アルフィールドやヘンドリックがフィニッシュに絡むなど、上々の戦いぶりを見せる。 ▽一方、攻守の切り替えの鈍さやマイボール時の動き出しに乏しいアウェイチームは、相手の組織的な守備を前に攻撃の形を見いだせない。それでも、マルシャルとヤングの左サイドを起点に攻撃を組み立て始めると、前半終了間際の42分にはボックス左でDFをかわしたヤングがファーポストを狙ったシュートを放つが、これはわずかに巻き切れず、枠の右に外れる。そして、大苦戦のユナイテッドは枠内シュート0で前半を終えることになった。 ▽後半も低調なパフォーマンスに終始するユナイテッドだが、サンチェス加入報道で尻に火が付くマルシャルがチームを救う。54分、ハーフウェイライン付近で粘ったルカクが右サイドに流れたルーズボールを拾って逆サイドでフリーのマルシャルへサイドチェンジ。これを冷静にトラップしてボックス左に持ち込んだマルシャルがニア上のクロスバーの内側を叩くシュートでネットを揺らした。 ▽この試合最初の枠内シュートとなったマルシャルのリーグ戦3試合連続ゴールで先手を奪ったユナイテッドだったが、いまひとつリズムに乗り切れない。57分には自陣ボックス手前で与えたFKからグデュムンドソンにクロスバー直撃のシュートを許す。さらに70分には自陣でのルカクのボールロストからショートカウンターを浴び、ボックス右のグデュムンドソンに決定的なグラウンダーのクロスを許すが、ここはDFが何とか触ってコースを変えて凌ぐ。 ▽何とか流れを変えたいユナイテッドは72分、マタを下げてフェライニを投入。マティッチ、ポグバ、フェライニの屈強な3センターハーフで中央を固めトップ下のリンガードが右ウイングに移る。75分には自陣からのロングカウンターで中央を持ち上がったポグバが並走するルカク、マルシャルをオトリに強引にシュートを狙うが、これは相手のシュートブロックに遭う。 ▽その後、リンガード、マルシャルを下げてラッシュフォード、エレーラを投入し1点を守り切る選択肢を選んだユナイテッドは終盤に相手のパワープレーであわやというピンチを幾度も招くが、粘り強い守りで凌ぎ切った。低調なパフォーマンスながらも持ち味の勝負強さで勝ち切ったユナイテッドが3連勝で2位を死守した。 2018.01.21 02:13 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリーがエバートンMFアーロン・レノンの獲得で合意!

▽バーンリーが元イングランド代表MFアーロン・レノン(30)の獲得でエバートンとの合意に至った。イギリス『BBC』が19日に報じている。 ▽メディカルチェックがなされていないものの、個人間での合意も既に得られている模様。移籍金は非公開と伝えられている。 ▽レノンは、2015年2月にトッテナムからエバートンにレンタルで加入。その半年後の9月に完全移籍となった。レノンは、昨年5月に精神疾患の疑いで警察に通報され、精神保健法第136条の下で拘束され、病院に緊急搬送された。そのため、現役続行や早期復帰が危ぶまれていたが、急速な回復を見せた同選手は今シーズンの早々からピッチに復帰し、プレミアリーグ第23節終了時点で公式戦19試合2アシストを記録している。 2018.01.20 03:07 Sat
twitterfacebook
thumb

バーンリー、若手DFホイットモアをイングランド4部へ放出

▽バーンリーは18日、イングランド人DFアレックス・ホイットモア(22)をフットボールリーグ2(イングランド4部相当)のチェスター・フィールドに放出したことを発表した。 ▽バーンリーユース出身のホイットモアは、2015年4月にトップチームに昇格。しかし、トップチームでの出場機会なく、その後は下位リーグに所属するチェスターFCやゲーツヘッド、モーカムにレンタル移籍。 ▽2017年の夏からレンタルで加入していたバリーでは、ここまで公式戦11試合に出場していた。 2018.01.19 01:35 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズFWエンクドゥがバーンリーへレンタル移籍

▽バーンリーは9日、トッテナムのフランス人FWジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ(22)をレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 ▽パリ・サンジェルマンの下部組織に在籍していた経歴を持つエンクドゥは、U-17からU-21までアンダー世代のフランス代表に選出されていたウインガー。2016年夏にマルセイユからトッテナムに完全移籍で加入したエンクドゥだったが、トッテナムでは主力になりきれず公式戦23試合の出場で1ゴールと結果を出せずにいた。今季もここまでプレミアリーグで1試合、チャンピオンズリーグで2試合、FAカップで1試合、EFLカップで2試合と出場機会に恵まれていなかった。 ▽エンクドゥにはベティスやマラガ、フィオレンティーナにサンテチェンヌといったクラブが獲得に興味を示していたようだが、プレミアリーグで7位と健闘するバーンリーへのレンタル移籍を決断した格好となった。 2018.01.10 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

1分間で2ゴールを叩き込んだアグエロの活躍でシティがバーンリを逆転で下し4回戦進出!《FAカップ》

▽マンチェスター・シティは6日、FAカップ3回戦でバーンリーと対戦し4-1で勝利。この結果、シティの4回戦進出が決定した。 ▽プレミアリーグで快進撃を続けるシティは第21節のクリスタル・パレス戦で引き分けリーグ戦連勝が「18」でストップ。だが、第22節のワトフォード戦では3発快勝で見事に白星を飾った。FAカップ3回戦からの出場となったシティは、この試合ではGKブラーボ、ディフェンスラインには21歳のジンチェンコを先発起用。前線には、シルバ、スターリング、ザネ、アグエロといった主力が顔をそろえた。 ▽プレミア勢同士の激突となった一戦。攻撃の主導権を握るシティと、カウンターを狙うバーンリーという構図が続く。15分過ぎには、敵陣でボールを奪ったギュンドアンの展開からアグエロがボックス手前で倒されFKを獲得。これをギュンドアンが狙うが壁に阻まれてしまう。 ▽シティのポゼッションが8割を超える中迎えた25分、バーンリーGKポープのゴールキックをストーンズが処理し損ねると、すかさずバーンズがボールをかっさらいゴール前へ。ボックス右に侵入したところでニアに豪快に蹴り込みバーンリーが先制点を奪った。 ▽失点後のシティは、全体的なラインをやや上げて対応。左サイドバックに入ったジンチェンコは高い位置をとり攻撃の幅を広げたが、シュートはわずかに上に外れた。シティはほぼ一方的な試合展開を見せるも、枠内シュートは1本も打てず試合を折り返した。 ▽後半も引いて守る相手をシティは攻め立てていく。すると57分に得た敵陣中央でのFK。素早くリスタートしたシルバのパスに抜け出したアグエロが流し込んでシティが同点に追いついた。さらにその1分後、ギュンドアンとのワンツーでディフェンスの裏に抜け出したアグエロがGKもかわして追加点。わずか1分で逆転に成功した。 ▽さらにシティは71分、勢いそのままにリードを広げる。カウンターで前線まで運び、アグエロからザネ、一旦シルバに預けてもう一度ボックス左で受けたザネが流し込んで3点目を奪った。 ▽なおも攻勢を続けるシティは82分に自陣でボールを奪うと、途中出場のデ・ブライネが前線のザネに長距離スルーパス。ザネは前に出てきたGKをかわし、こちらも途中出場のベルナルド・シウバのゴールをお膳立て。スコアを4-1とした。 ▽試合はここでタイムアップ。先制点献上も、後半に底力を見せたシティが逆転で4発大勝を収め、4回戦へ駒を進めた。 2018.01.07 01:56 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング