エバートン、クラブレコードの44億円でイングランド代表DFマイケル・キーンを獲得!2017.07.04 05:26 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンは3日、バーンリーからイングランド代表DFマイケル・キーン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年。移籍金はクラブレコードタイの3000万ポンド(約44億円)となった。

▽国内のビッグクラブ行きが噂された中、エバートンを新天地に選んだキーンは、同クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「情熱的なファンと素晴らしい伝統を持ったエバートンという偉大なクラブに加入できたことを心から光栄に思っているよ。そして、明日からのトレーニングで新たな仲間と顔を合わすことが待ち切れないね」

「このクラブを選んだ一番の理由は、(ロナルド・クーマン)監督だ。彼は僕と同じポジションで偉大なバルセロナやオランダ代表でプレーしていたワールドクラスのプレーヤーだった。同時に彼の志向するスタイルが自分と合っていると感じていたんだ」

「彼は僕のプレーに関する特定の部分でもっと成長することができると話してくれたんだ。24歳という年齢はプレミアリーグのセンターバックの中ではまだまだ若いと思う。プレーヤーとしての道のりはまだまだ長いし、彼の指導を受けることで、より成長できると確信しているよ」

「自分を信頼してくれる監督の下でプレーしたいと思うのは、プレーヤーとして当然のことだと思う。同様にスタッフやチームメート、ファンにも求められたい。だから、エバートンは僕にとって完璧な場所だよ」

▽また、キーンの獲得を今夏の最優先事項に挙げていたロナルド・クーマン監督は、同選手の獲得に満足感を示している。

「マイケルは今夏の移籍市場で我々が獲得を望んだ最上位のプレーヤーの1人だった。彼がここに来たことを嬉しく思うよ」

「他クラブとの競合になることはわかっていたが、マイケルはエバートンの野心と我々が求めているものを信じてくれた。彼にとって今ここに来ることが最高のタイミングだったと思っている」

▽双子の弟であるウィルと共にマンチェスター・ユナイテッドのアカデミーで育ったキーンは、2011年にトップチームデビュー。だが、世界屈指の選手層を誇るユナイテッドのトップチームに居場所はなく、レスター・シティやダービー、ブラックバーンへのレンタル移籍を繰り返した。

▽その後、2014-2015シーズンにレンタルで加入したバーンリーに翌年完全移籍を果たすと、優れた対人守備と読みの利いたカバーリング、安定したビルドアップを武器にイングランド人屈指の若手センターバックに成長。今年3月に行われたドイツ代表との国際親善試合でイングランドのフル代表デビューを飾り、ここまで2試合に出場している。

▽昨季リーグ戦35試合に出場し2ゴールを挙げるなど、バーンリーのディフェンスリーダーに成長したキーンには、今夏の移籍市場で古巣ユナイテッドを始め、リバプールやチェルシー、マンチェスター・シティ、アーセナル、トッテナムと国内のビッグクラブがこぞって獲得に動いたが、出場機会を優先する同選手はエバートンを新天地に選んだ。

▽今夏の移籍市場で積極補強を見せるエバートンは、イングランドU-21代表GKジョーダン・ピックフォード、オランダ代表MFダビー・クラーセン、ナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(来季はアンデルレヒトにレンタル)、U-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレスを獲得しており、キーンは今夏5人目の補強選手となった。

▽なお、今回の3000万ポンドという金額は、サンダーランドからピックフォード獲得時に支払った最低2500万ポンド(約36億7000万円)、出場試合数に応じて最大3000万ポンドとなる移籍金と並び、クラブ史上最高額となる。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアルがエバートンからアルゼンチン代表DFフネス・モリを獲得

▽ビジャレアルは、エバートンからアルゼンチン代表DFラミロ・フネス・モリ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽リーベルプレートの下部組織出身のフネス・モリは、2011年にプロキャリアをスタート。リーベルプレートでは、在籍4シーズンで108試合に出場して10ゴールをマーク。2015の夏に加入したエバートンでは、加入初年度からレギュラーに定着すると、これまで在籍3年間で公式戦67試合に出場し、5ゴールを記録。 ▽しかし今シーズンは、シーズン前に昨年3月に負傷した半月板の再手術を行い、序盤から長期離脱。今年2月に戦列復帰したが、公式戦6試合の出場にとどまった。 ▽また、2015年から3月に初選出されたアルゼンチン代表では、これまで19試合に出場し1ゴールをマーク。現在開催されているロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表の候補メンバーに含まれていたが、最終メンバーには選出されていなかった。 2018.06.22 04:28 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、CL出場権獲得弾のヴェシーノの移籍を容認? 来季は構想外か

▽インテルのウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノ(26)に対して複数のプレミアクラブが獲得に動いているようだ。イタリア『トゥットスポルト』やイギリス『サン』が報じている。 ▽昨夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したヴェシーノは、今シーズンのセリエAで29試合に出場し、3ゴールを記録。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権のかかる最終節のラツィオ戦では、81分に値千金の勝ち越しゴールを決めるなど、一定の結果を残した。 ▽しかし、今回の報道によれば、インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ監督は、ヴェシーノを来季の構想に含んでおらず、インテルも移籍を容認する構えのようだ。 ▽『トゥットスポルト』や『サン』によると、現在ヴェシーノにはトッテナムやエバートンなどプレミアリーグのクラブが獲得に興味を示している模様。さらにナポリを退任したマウリツィオ・サッリ氏がチェルシーの指揮官に就任すれば、この獲得レースに参戦すると同紙は予想している。 ▽なお、インテルはヴェシーノの移籍金として昨夏にフィオレンティーナから獲得した際の2400万ユーロ(当時レート:約31億2700万円)を上回る3000万ユーロ(約38億5700万円) に設定しているようだ。 2018.06.17 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン新指揮官、ユナイテッドDFリンデロフ獲得を熱望?

▽エバートンがマンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(23)の獲得を熱望しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2017年6月にベンフィカからユナイテッドに加入したリンデロフ。公式戦29試合に出場したものの、期待値を下回るパフォーマンスに終始したことからわずか1年での退団の可能性が浮上している。 ▽今回伝えられるところによると、5月31日にエバートンの指揮官に就任したマルコ・シウバ監督は、リンデロフを高く評価。自身の母国であるポルトガルでの同選手の活躍をよく知り、今夏獲得に向けたショートリストに入っているようだ。 2018.06.10 10:43 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン指揮官らがルーニーのMLS行きを示唆?「いつでも戻ってきてほしい」

エバートンのマルコ・シウバ新監督は、退団のうわさが流れる元イングランド代表FWウェイン・ルーニーの将来について言及した。<br><br>昨夏、マンチェスター・ユナイテッドから古巣エバートンに復帰したルーニーだが、わずか1年でクラブから離れ、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するDCユナイテッドに加入する可能性が浮上。さらに、交渉は上手くいっており、間もなく移籍が完了するのではないかと報じられている。<br><br>さまざまな憶測が飛び交う中、エバートンの指揮官として最初の会見に臨んだシウバ監督は、最終決定の権利はルーニーにあるとするも、同選手の移籍が決まるまでに会談の場を設けると語った。<br><br>「彼はすでに交渉を始めた。しかし、ルーニーはクラブのレジェンドで、いつでも彼を迎え入れる。私は彼とこれから話すつもりで、彼がどのような決断を下そうと起きたことを受け入れるつもりでいる」<br><br>また、エバートンのフットボールディレクター、マルセル・ブランズ氏も「彼が出ていく可能性はある。彼がワシントンのクラブと交渉していることはもう隠し事ではない。仮に彼がこの移籍を望み、次のステップを歩もうとしているのなら、そこでのキャリアが終わった後、彼が再び戻ってくることを願っている。彼は今でもクラブのレジェンドだ」とコメントした。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.05 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表A・ウィリアムズが試合中に倒れ込む…一体何が?!

▽エバートンのウェールズ代表DFアシュリー・ウィリアムズに悲劇が襲った。 ▽ウェールズ代表は2日、メキシコ代表との親善試合に臨んだ。この試合で先発出場したA・ウィリアムズだったが、17分にメキシコのハビエル・エルナンデスとの接触直後に突然倒れ込んでしまった。 ▽イギリス『BBC』によれば、A・ウィリアムズはこの時ろっ骨を何箇所か負傷し、左肺に穴が開いてしまっていたという。 ▽幸い、重症には至らなかったようで、同選手はフェイスブックで無事であることを伝えている。 「ロナルド・レーガン病院のスタッフに大きな感謝を伝えたい。彼らは僕ができるだけ快適に手術を受けられるよう尽くしてくれたんだ」 「今は家に戻って、新しいシーズンまでの休息を楽しみたい!」 2018.06.03 16:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース