SPAL

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 SPAL 29 5 14 14 30 52 -22 33

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-21
22:00
セリエA
第34節
SPAL vs ローマ
2018-04-29
22:00
セリエA
第35節
ヴェローナ vs SPAL
2018-05-06
22:00
セリエA
第36節
SPAL vs ベネヴェント
2018-05-13
22:00
セリエA
第37節
トリノ vs SPAL
2018-05-21
27:45
セリエA
第38節
SPAL vs サンプドリア

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.18
27:45
セリエA
第33節
SPAL 0 - 0 キエーボ
2018.04.15
19:30
セリエA
第32節
フィオレンティーナ 0 - 0 SPAL
2018.04.07
25:00
セリエA
第31節
SPAL 1 - 1 アタランタ
2018.03.31
22:00
セリエA
第30節
ジェノア 1 - 1 SPAL
2018.03.17
28:45
セリエA
第29節
SPAL 0 - 0 ユベントス

基本データ

正式名称:SPAL

原語表記:S.P.A.L. 2013

愛称:スパッリーニ

創立:1907年

ホームタウン:フェラーラ

チームカラー:白と水色

関連ニュース

thumb

低調ユベントス、格下SPALにゴールレスドローで連勝が12でストップ《セリエA》

▽ユベントスは17日、セリエA第29節でSPALとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽前節ウディネーゼ戦をディバラのドッピエッタで快勝し、3日前に行われたアタランタとの延期試合をイグアインの1ゴール1アシストで制して12連勝としたユベントス(勝ち点74)は首位に浮上。ナポリとのポイント差を「4」に拡大した中、アタランタ戦のスタメンから3選手を変更。マンジュキッチ、リヒトシュタイナー、出場停止のベナティアに代えてアレックス・サンドロ、デ・シリオ、ルガーニを起用した。 ▽降格圏に沈む18位SPAL(勝ち点24)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは2トップにイグアインとディバラ、右サイドにドグラス・コスタ、左サイドにアレックス・サンドロを配した。 ▽そのユベントスは立ち上がりこそSPALの勢いに押されるも、11分にドグラス・コスタのスルーパスを受けたアレックス・サンドロが決定的なシュートを浴びせると、17分にはディバラがミドルシュートを放っていく。 ▽徐々に攻勢を強めていったユベントスだったが、SPALの守備網を攻略するには至らない。45分にようやくディバラの直接FKでゴールに迫るも0-0で前半を終えた。 ▽後半開始5分にドグラス・コスタのカットインシュートでGKを強襲したユベントスは、55分にはキエッリーニの持ち上がりからディバラが際どいシュートを浴びせる。それでも、なかなかギアが上がらず、64分にアサモアに代えてマンジュキッチを投入した。 ▽そのユベントスがハーフコートゲームを展開するも、やはり崩せない状況を強いられる。81分にようやくマンジュキッチのダイビングヘッドでゴールに近づいたが、終盤にかけてはチャンスを作れず0-0で終了。低調な試合で勝ち点2を失い、連勝が12でストップしている。 2018.03.18 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

SPAL、チームトップの8ゴールをマークするFWアンテヌッチと2020年まで契約延長

▽SPALは13日、イタリア人FWミルコ・アンテヌッチ(33)との契約を2020年まで延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 ▽2016年にリーズ・ユナイテッドからフリーでSPALに加入したアンテヌッチは、昨季のセリエBで37試合に出場すると、チームトップとなる18ゴールを記録し、セリエA昇格に大きく貢献。 ▽1968年以来のセリエA挑戦となったSPALで、今季もここまでセリエAで22試合に出場しチームトップの8ゴールをマークしている。 2018.03.14 04:29 Wed
twitterfacebook
thumb

序盤のアラン弾でウノゼロ勝利のナポリがクラブ記録の9連勝で首位堅持!《セリエA》

▽セリエA第25節、ナポリvsSPALが18日にサン・パオロで行われ、ホームのナポリが1-0で勝利した。 ▽前節、ラツィオとの上位対決を4-1で快勝した8連勝の首位ナポリが降格圏の18位に低迷するSPALをホームに迎えた一戦。セリエAでは勝ち点1差の2位ユベントスと共に熾烈なスクデット争いを繰り広げる一方、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ではRBライプツィヒにホームで1-3の厳しい敗戦を強いられたナポリ。同じサン・パオロでバウンスバックが求められる今回の一戦では先発6人を変更。インシーニェやメルテンス、ジョルジーニョら主力がスタメンに入った。 ▽冷たい雨が降りしきる中でスタートした一戦はホームのナポリが立ち上がりから圧倒。開始3分にボックス左のインシーニェが右ポスト直撃のシュートを放つと、直後の6分にはボックス手前で前向きに仕掛けたアランがカジェホンとの短いパス交換でゴール前に抜け出しあっさりと先制点を奪った。 ▽早い時間帯の先制点で勢いづくホームチームは9分にもハムシクの浮き球の左クロスに反応したカジェホンがゴール右至近距離からシュートも、これはGKの好守に遭う。 ▽その後も質の高いパスワークで相手の守備に的を絞らせないナポリは圧倒的なボールポゼッションで試合をコントロール。この流れの中でメルテンスやハムシク、インシーニェがフィニッシュに絡んでいくが、失点後も守備のバランスを崩さないSPALを前になかなか2点目を奪うことができなかった。 ▽結局、ナポリの1点リードで折り返した試合は後半も同様の展開が続いていく。早い時間帯に試合を決めたいナポリは63分、中盤でのアランのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、こぼれ球を回収したアランの浮き球クロスをハムシクが頭で流し込む。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ハムシクのオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽その後も1-0のスコアで試合が推移していく中、逃げ切りを図るナポリはハムシク、カジェホン、ジョルジーニョを下げてジエリンスキ、ログ、A・ディアワラをピッチに送り出し試合を締めにかかる。 ▽結局、立ち上がりのアランの先制ゴール以降、スコアは動かぬまま試合はナポリの1-0でタイムアップ。持ち味の攻撃力は鳴りを潜めたものの格下相手に完璧に試合をコントロールしたナポリが、1シーズンでのクラブ記録となる9連勝を達成し2位ユベントスとの勝ち点差1をキープした。 2018.02.19 01:17 Mon
twitterfacebook
thumb

クトローネのドッピエッタやビリアの移籍後初弾などでミランが4発快勝《セリエA》

▽ミランは10日、セリエA第24節でSPALとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 ▽前節ウディネーゼ戦をスソのスーパーゴールで先制したものの、カラブリアの退場もあって1-1の引き分けに持ち込まれ、4連勝を逃がした8位ミラン(勝ち点35)は、クトローネとR・ロドリゲスが先発に戻った。 ▽6戦勝利のない18位SPAL(勝ち点17)に対し、ミランは開始2分に先制する。CKの流れからボックス右角のスソが上げたクロスをファーサイドのロマニョーリがヘディングシュート。GKが弾いたルーズボールをクトローネが押し込んだ。 ▽その後は前がかるSPALに押し込まれる状況を強いられたミランは、33分にようやくボナヴェントゥーラとのワンツーからチャルハノールがミドルシュートを狙ってSPALをけん制。続く35分にはボナヴェントゥーラがボレーシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。 ▽なかなかリズムに乗り切れないミランは41分、ヴィヴィアーノの直接FKが右ポストを直撃してひやりとさせられたが、1点をリードしたまま後半へ折り返した。 ▽後半立ち上がり、圧力をかける入りを見せたミランは、パロスキを投入してきたSPALに対し65分に突き放す。右サイドから中へ切れ込んで放ったスソのシュートがGKを強襲してルーズとなると、ゴール前のクトローネが詰めた。 ▽さらに73分、ビリアに移籍後初ゴールが生まれる。ボックス手前中央でボールをカットしたビリアがすかさずシュートを蹴り込んだ。3-0としたミランはビリアとクトローネをお役御免とし、モントリーボとアンドレ・シウバを投入。 ▽そして終了間際、モントリーボのスルーパスをボックス左で受けたボリーニが決めて4-0としたミランが快勝している。 2018.02.11 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、OGで先制も終盤被弾でドロー…ラフィーニャがデビューもセリエA7戦勝ちなし《セリエA》

▽セリエA第22節のSPALvsインテルが28日に行われ、1-1で引き分けた。日本代表DF長友佑都はベンチ入りも出場しなかった。 ▽リーグ戦6戦未勝利と勝ち切れない4位のインテル(勝ち点43)と、4戦未勝利で17位に沈むSPAL(勝ち点16)による一戦。前節ローマとの上位対決を1-1で引き分けたインテルはスタメンを2名変更し、サントン、ガリアルディーニに代えて、ダンブロージオ、ブロゾビッチを起用した。なお、左サイドバックにはカンセロが入り、長友はベンチスタートとなった。 ▽試合はお互いに落ち着いた入りとなったが、13分にインテルにチャンスが訪れる。相手陣内中央付近でボールを持ったボルハ・バレロが、右サイドのスペースにパスを供給。これを受けたヴェシーノがボックス内にグラウンダーで折り返したが、カンドレーバのシュートは得点とはならない。 ▽インテルはその後もサイドを起点にして攻撃を作ろうとするが、なかなか最前線のイカルディまでボールを運ぶことができない。チャンスに欠ける展開が続いていく。 ▽前半終了間際の41分に獲得した左CKでは、カンセロの蹴ったボールがそのままGKメレトのパンチングに遭い、こぼれ球に反応したペリシッチのボレーシュートも空振りに。結局、決定的な場面が生まれないまま試合は折り返しを迎えた。 ▽リズムを変えたいインテルは、ハーフタイム中にカンドレーバに代えてエデルを投入。前線の活性化を図った。 ▽すると、先に動いたインテルが後半開始早々に幸運な得点を引き寄せる。48分、左サイドを駆け上がったカンセロがディフェンスラインとGKメレトの間を狙った速いクロスを供給。これは味方には合わなかったものの、ヴィカリが懸命に脚を延ばしてボールに触ると、これが絶妙なコースを辿りネットを揺らした。 ▽さらに57分、ペリシッチが左サイドを侵攻すると、イカルディがディフェンスラインを押し下げるようにしてボックス内に走り込む。ペリシッチが冷静にマイナス気味のパスで中央に折り返すと、フリーの状態のヴェシーノがシュートを放つ。これはGKメリノの好守に阻まれたものの、インテルにとって良い時間帯が続く。 ▽1点を追うSPALは、試合終了間際の89分に右サイド深い位置からのFKを獲得。そこからのクロスは一度跳ね返されたものの、ルーズボールをアンテヌッチがボックス手前やや左から、右足でファーを狙ったシュート気味のクロスを上げる。すると、途中出場のパロスキが上手く頭で合わせ、土壇場での同点弾となった。 ▽勝ち越したいインテルは、直後の91分にボルハ・バレロに代えてインテルでのデビュー戦となるラフィーニャを投入。巻き返しを図ったが思うようにチャンスを作ることができないまま、試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、インテルはセリエA7試合連続で白星から見放されることに。対するSPALも、5戦連続での勝ちなしとなった。 2018.01.28 22:34 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング