セレッソ大阪U-23

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 C大阪U-23 24 5 9 11 28 36 -8 25

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-10-22
14:00
明治安田生命J3リーグ
第28節
C大阪U-23 vs YS横浜
2017-10-29
13:00
明治安田生命J3リーグ
第29節
沼津 vs C大阪U-23
2017-11-05
14:00
明治安田生命J3リーグ
第30節
C大阪U-23 vs 鳥取
2017-11-12
13:00
明治安田生命J3リーグ
第31節
秋田 vs C大阪U-23
2017-11-19
14:00
明治安田生命J3リーグ
第32節
C大阪U-23 vs 藤枝

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.10.14
14:00
明治安田生命J3リーグ
第27節
栃木 1 - 0 C大阪U-23
2017.10.11
19:00
明治安田生命J3リーグ
第23節
C大阪U-23 2 - 2 北九州
2017.10.07
13:00
明治安田生命J3リーグ
第26節
C大阪U-23 3 - 2 G大阪U-23
2017.09.30
18:00
明治安田生命J3リーグ
第25節
琉球 1 - 0 C大阪U-23
2017.09.24
19:00
明治安田生命J3リーグ
第24節
C大阪U-23 2 - 1 福島

基本データ

正式名称:セレッソ大阪U-23

原語表記:Cerezo Osaka U-23

ホームタウン:大阪市

チームカラー:ピンク

関連ニュース

thumb

C大阪MF酒本憲幸に第三子誕生「更に良いイクメンになりたいと思います」

▽セレッソ大阪は19日、MF酒本憲幸に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、酒本の第三子は19日(木)大阪市内の病院で誕生したとのこと。母子ともに健康とのことだ。 ▽酒本はクラブを通じて「めちゃくちゃ嬉しいです!今日はイクメンの日のようですが、この日に生まれてきてくれたので、これからも更に良いイクメンになりたいと思います」と喜びを語った。 ▽今シーズンの酒本は、明治安田生命J1リーグでの出場はなし。J3リーグでは、C大阪U-23として6試合に出場。YBCルヴァンカップでは5試合に出場している。 2017.10.19 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

10月代表戦2発で“旬な男”G大阪MF倉田秋、インスタ開設

▽ガンバ大阪に所属する日本代表MF倉田秋が18日、インスタグラム(shukurata10)を開設した。 ▽倉田は、G大阪ユース出身のテクニカルプレーヤー。今シーズンからG大阪の10番を背負い、先の代表戦でA代表初得点を含む2試合2ゴールの活躍を披露するなど、今旬の攻撃的MFだ。 ▽そのG大阪副主将の記念すべき初投稿には、セレッソ大阪時代や代表でチームメートのエイバルに所属するMF乾貴士が登場。「1枚目は昔から仲良い乾貴士との写真」というコメントを添えて、乾とのツーショット写真を掲載した。 ▽ちなみに、乾も倉田の初投稿から数時間後に自身のインスタグラム(takashi.08)を更新。「秋がインスタ始めましたー(^^)と、いうか強引に始めさせました 皆さんフォローしてあげてください」と倉田のインスタグラム開設を歓迎した。 2017.10.18 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

杉本&清武弾のC大阪が鳥栖撃破で連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪が15日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-2でC大阪が勝利した。 ▽ここまで11勝8分け9敗で8位の鳥栖と14勝6分け8敗で5位のC大阪(勝ち点48)が相まみえた。ホームの鳥栖は、1-0で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦から小林に代えて藤田を起用する1点を変更。一方、中間にルヴァンカップを挟んだC大阪は、1-5で敗れた前節の川崎フロンターレ戦から田中、山下、秋山、負傷の山村に代えて丸橋、木本、ソウザ、清武を起用した。 ▽試合序盤はホームの鳥栖が声援に押される形で前に出る。最初にゴールへ近づいたのはその鳥栖で、15分だった。正面やや遠めの位置から高橋が左足を一閃。鋭いミドルシュートが飛んだが、これは右ポスト外側に弾かれた。 ▽前半の半ばにかけても攻める鳥栖は、23分に先制する。ボックス左で仕掛けた吉田が松田のファウルを受けてPKを獲得。このPKをイバルボが決めて鳥栖が試合の均衡を破った。 ▽それでも、C大阪がすぐさま試合を振り出しに戻す。バイタルエリアで仕掛けた杉本がDF2人の監視を受けながらも強引に正面突破。最後はボックス内の正面から左足でゴール右にシュートを流し込み、C大阪が追いつく。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるも、スコアは動かず、1-1のまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半、鳥栖は早々にゴールへ近づく。46分、右サイドの藤田が入れたクロスをボックス左のイバルボがダイレクトで折り返す。スピードが速いボールだったが、何とかこれに合わせた小野のヘディングシュートが枠に飛ぶ。しかし、これはバーに直撃し、跳ね返りを再度、小野が押し込みにかかるもわずかに枠を捉えられない。 ▽すると、チャンスをモノにしたのはC大阪だった。58分、松田からボールを受けた水沼がボックス右でクロス。ファーサイドに走り込んだ清武が頭で合わせてネットを揺らし、C大阪が逆転に成功した。 ▽さらにC大阪は74分にもチャンス。ボックス右で清武の縦パスに反応した柿谷がシュートに持ち込むも、左ポストに嫌われてしまい、追加点とはならない。 ▽その後は鳥栖がリスクを冒して攻めるも、C大阪がうまく時間を消費して逃げ切り。C大阪がリーグ戦の連敗を3試合でストップさせる白星を手にした。 2017.10.15 19:01 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪U-23、一度は逆転許すも岸本の土壇場弾でドローに持ち込む《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第23節の延期分、セレッソ大阪U-23vsギラヴァンツ北九州が11日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで5勝10敗8分けで14位に位置しているC大阪U-23(勝ち点23)と、11勝10敗3分けで9位の北九州(勝ち点36)との一戦。最初の決定機はC大阪U-23。12分、味方のロングパスに抜け出した岸本がボックス右に侵攻。GKとの一対一を迎えるが、ここはGK髙橋に軍配が上がる。 ▽試合が動いたのは前半終了間際の44分。西本のボックス右外からのクロスに、ゴール前で飛び込んだ岸本がダイビングヘッドで合わせる。これはGK髙橋のファインセーブに遭うが、こぼれ球を山根が押し込み先制。ホームのC大阪U-23が1点リードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始直後に北九州が試合を振り出しに戻す。47分、ボックス右に侵入した福森のクロスを森下が手に当ててしまい、北九州がPKを獲得。このPKを池元がきっちり沈めて1-1とした。 ▽追いついた北九州はこの勢いのまま逆転に成功する。51分、左サイドから右サイドへのサイドチェンジで相手の守備を揺さぶると、最後はボックス右の内藤のクロスに、DFの間にタイミングよく入ってきた池元が頭で合わせ、2点目をもたらした。 ▽このまま終わるかに思われた90分、C大阪U-23の左CKの場面。舩木が左足でクロスを上げると、DFのマークを外した岸本が頭で合わせて、土壇場で同点に追いついた。 ▽試合はこのまま終了し、最後まで諦めなかったC大阪U-23が、土壇場で勝ち点1を手にしている。 2017.10.11 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

代表初弾のFW杉本健勇、“悔しさ”先行 「反省点多い」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。 ▽試合後、FW杉本健勇(セレッソ大阪)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。代表初ゴールについて問われると、喜びよりも悔しさを吐露し、危機感を募らせた。 <span style="font-weight:700;">◆FW杉本健勇</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">─初先発で初ゴール。結果を出したが</span> 「前半、チャンスが多かった。もっと決めれた。反省点の方が多い」 <span style="font-weight:700;">──ナイスゴールだったが</span> 「どうみてもたまたまでしょ(笑)」 <span style="font-weight:700;">──プレーしてみて自分の役割の難しさは</span> 「普段出られていない新しいメンバーで、合わない部分も出てくることもあるだろうけど、こういう結果になったことは悔しい」 <span style="font-weight:700;">──チャンスに絡めていたが</span> 「チャンスは作れていたけど、1点しか決められていない。2、3点取れるチャンスはあったので、自分の技術的な問題。チームに帰って、もっとレベルを上げたい」 <span style="font-weight:700;">──交代を告げられたときの表情が冴えなかったが</span> 「満足することはない。点を取ったからといって、何も変わらない。チームの勝ちに繋がらなければ意味がない」 「前半は相手の間にスペースがあったので、そこで時間を作るプレーも必要だった。そこは課題。次に繋げたい」 <span style="font-weight:700;">──初先発を経て発見はあったか</span> 「色々コミュニケーションを取ってチャレンジする場面もあったので、それの回数をもっと増やしたいし、攻撃だけじゃなくて、守備面も見つめ直さないといけない」 <span style="font-weight:700;">──ワールドカップへの思いは強まったか</span> 「強まっている。監督も言っていることで、今のままじゃただ個人的に参加するだけになってしまう」 「そこに行くためには、チームでやるべきことも多いし、もっともっと自分のレベルアップしないといけない。今日のことは切り替えて、チームに帰ってからまたやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──通用した部分、そうじゃなかった部分とは</span> 「背後への抜け出しとか、動きの部分はもっともっとできると思うし、もっともっと回数を増やしていかないといけない。もっと伸びると思うので、チームに帰ってもやっていかないと」 「どうしても足下で受けたがる癖は、監督からも言われているので、そこの判断を良くしていって、裏への動き出しを増やしていきたい」 <span style="font-weight:700;">──代表での初ゴール。感想は</span> 「結果は欲しかった。でも、チャンスはもっとあった。まだ取れたと思うし、チームも勝てなかったので悔しい」 2017.10.11 03:35 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング