超ワールドサッカー

セレッソ大阪U-23

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 C大阪U-23 11 2 5 7 13 20 -7 14

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-07-01
19:00
明治安田生命J3リーグ
第15節
C大阪U-23 vs 相模原
2017-07-16
15:00
明治安田生命J3リーグ
第17節
福島 vs C大阪U-23
2017-07-23
19:00
明治安田生命J3リーグ
第18節
C大阪U-23 vs 鹿児島
2017-08-20
明治安田生命J3リーグ
第19節
相模原 vs C大阪U-23
2017-09-24
明治安田生命J3リーグ
第24節
C大阪U-23 vs 福島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.06.25
13:00
明治安田生命J3リーグ
第14節
藤枝 1 - 0 C大阪U-23
2017.06.18
17:00
明治安田生命J3リーグ
第13節
長野 1 - 1 C大阪U-23
2017.06.10
14:00
明治安田生命J3リーグ
第12節
C大阪U-23 1 - 4 沼津
2017.06.03
14:00
明治安田生命J3リーグ
第11節
C大阪U-23 1 - 2 琉球
2017.05.28
14:00
明治安田生命J3リーグ
第10節
G大阪U-23 0 - 0 C大阪U-23

基本データ

正式名称:セレッソ大阪U-23

原語表記:Cerezo Osaka U-23

ホームタウン:大阪市

チームカラー:ピンク

関連ニュース

thumb

壮絶な打ち合いはC大阪に軍配! 大量4得点で仙台を下す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ベガルタ仙台vsセレッソ大阪が25日に行われ、4-2でC大阪が勝利を収めた。 ▽リーグ戦ではここ4試合で2勝2分けと調子を上げてきたものの、21日に行われた天皇杯2回戦で、筑波大学相手にまさかの黒星を喫した11位の仙台(勝ち点21)は、その試合から、大岩、奥埜、中野を除く8人をスタメン変更。先発には石原や西村といったおなじみの顔ぶれが名を連ねた。 ▽一方、2位のC大阪(勝ち点29)はリーグ戦ここ6試合で5勝1分けと波に乗り、直近の天皇杯2回戦では新潟医療福祉大学にも順当に勝利を収めるなど好調。その試合から、マテイ・ヨニッチ、ソウザ、山口、清武以外の7人が変更され、山村や柿谷らが先発入りした。 ▽試合は序盤から激しく攻め合う展開に。立ち上がりの2分、仙台が左サイドから攻めると、三田がボックス左外から鋭いミドルシュートで相手を脅かす。8分には今度はC大阪が華麗なパスワークから清武がボックス外右から左足を振り抜くが、枠を捉えることができない。12分には、左サイドの永戸のロングスローの流れから、西村がボレーで狙うがクロスバーの上へ外れて、仙台がチャンスを逸する。 ▽やや仙台が押し込む展開の中、試合を動かしたのはC大阪だった。16分、センターサークル付近からのロングボールに反応した柿谷。ボックス左で受けると、そのまま左足でゴールに突き刺し、先制点をもたらした。続く20分にもC大阪が追加点を挙げる。丸橋のパスを受けた杉本が、ボックス中央の山村へ供給。体を反転させDFを振り切った山村は右足で流し込んだ。 ▽2失点を許した仙台は、長短のパスを活用しながら、より攻撃の姿勢を強める。すると36分、敵陣中央でボールを持った奥埜が右サイドの中野に展開。ボックス右に侵入した中野は、DFの位置を冷静に見極め、ゴール前の石原に折り返す。フリーの石原がこれを流し込み、前半のうちに1点差に詰め寄った。 ▽早い時間に追いつきたい仙台だが、試合の流れはC大阪が掴む。ソウザを中心に攻めるC大阪。58分に左サイドのソウザを起点に丸橋がクロスを上げると、ファーサイドの山下が頭で合わせネットを揺らした。 ▽再び2点差に離された仙台は失点直後にクリスランを投入。すると、この交代が功を奏す。61分、クリスランがボックス手前でパスを受けると、ダイレクトでボックスに侵入した西村へスルーパス。西村はこれを冷静に流し込み、すぐに1点差に戻す。 ▽一進一退の攻防が続く中、C大阪がさらに追加点を奪う。68分、左サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪ったC大阪は、ソウザがカウンターでボックス内に侵入。左足を振り抜いてシュートを放つが、GKダニエル・シュミットに弾かれる。しかし、このこぼれ球に山口がいち早く反応。ボックス手前中央から目の覚めるようなボレーシューを突き刺し、C大阪が4点目をマークした。 ▽その後は、得点が動くことなく試合終了。激しい打ち合いになった試合は、4-2でアウェイのC大阪が勝利。引き分けを挟んで5連勝となった。一方の仙台は、筑波大学に敗れた汚名を返上することはできず、公式戦2連敗となった。 2017.06.25 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

コカイン所持で逮捕の元C大阪MFミッチ・ニコルスが古巣パース・グローリーFCへ

▽Aリーグのパース・グローリーFCは23日、元オーストラリア代表MFミッチ・ニコルス(28)の加入を発表した。契約期間は2年。M・ニコルスは古巣復帰となる。 ▽2014年にセレッソ大阪でもプレーしていたM・ニコルスは、パース・グローリーFCへのレンタル移籍を経て、2015年夏からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに所属。しかし、シーズン終了後に契約満了で退団し、今夏の欧州移籍を模索しているとみられていた。 ▽しかし、M・ニコルスを巡っては、シドニーのナイトクラブで抜き打ちで行われた検査で、3つのビニール袋に小分けされた1.1gの白い粉末を所持していたことが発覚。そのまま逮捕されていた。 2017.06.24 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪GKアン・ジュンスが右腓骨骨折で手術…全治3カ月

▽セレッソ大阪は23日、元U-20韓国代表GKアン・ジュンスが右腓骨骨折で22日に大阪府内の病院で手術を行ったことを発表した。全治は3カ月だ。 ▽アン・ジュンスは、18日に行われた明治安田生命J3リーグ第13節のAC長野パルセイロ戦で先発出場するも、26分にGK茂木と負傷交代していた。 ▽2016年7月に韓国の議政府FC U-18から加入したアン・ジュンスは今シーズンここまで、明治安田生命J3リーグの3試合に出場していた。 2017.06.23 16:44 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪、土壇場PKで勝ち点1も首位追走に手痛いドロー…清水は鄭大世弾守り切れずリーグ戦9試合白星なし《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のセレッソ大阪vs清水エスパルスが17日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで8勝4分け2敗で2位につけるC大阪(勝ち点28)が、3勝5分け6敗で13位につける清水(勝ち点14)をホームに迎えた。前節のアルビレックス新潟戦を4-0で圧勝したリーグ4連勝中のC大阪は、その一戦から先発メンバーを2人変更。田中に代えて松田、累積警告により出場停止となったソウザに代えて木本を起用した。 ▽一方、前節のFC東京戦黒星(0-2)でリーグ8試合白星なしの清水は、その一戦から先発メンバーを3人変更。村松と角田、右脛腓じん帯結合部損傷で全治約3カ月と診断された白崎に代えて、カヌと二見、鄭大世が起用された。 ▽試合は立ち上がりから両者共に積極的にプレスをかける中、清水がいきなり先制点を奪う。3分、敵陣左深い位置で松原のスローインを受けたチアゴ・アウベスがそのままクロス。これをニアサイドに走り込んだ鄭大世が頭でゴール左へと流し込んだ。 ▽出鼻をくじかれたC大阪もすぐさま反撃。8分、最終ラインからのスルーパスに反応し、右サイドを突破した水沼がダイレクトでグラウンダーのクロスを供給。これを杉本が右足で合わせるも、GK六反がブロック。こぼれ球に山村が飛び込むもゴールネットを揺らすことができない。 ▽先制を許して以降、敵陣への侵攻が増えたC大阪だったが、決定機を作り出すことができない。対する清水は25分、松原のパスを受けたチアゴ・アウベスがボックス左でのキープから強引に左足でシュートに持ち込むも、ゴール右を逸れてしまう。 ▽同点に追いつきたいC大阪は35分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、キッカーの柿谷が右足を振り抜く。これが枠を捉えるが、GK六反の好守に阻まれる。 ▽その後も清水ゴールに迫るC大阪は41分、敵陣中央右でFKを獲得するとリスタートから右サイドを突破した松田のクロスにファーサイドの杉本がヘディングシュート。さらにその直後、柿谷からの左CKをゴール前の杉本が頭で合わせるも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽後半に入っても、1点ビハインドのC大阪がサイドからゴール前にクロスを送るが、清水の粘り強いディフェンスに跳ね返されてしまう。61分には左サイドを突破した柿谷のパスを受けた杉本がボックス付近から右足を振り抜くが、枠を捉えることができない。 ▽押し込まれる展開が続く清水は71分、敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーのチアゴ・アウベスがクロスを選択。ボックス手前にこぼれたボールを金子がダイレクトでシュートを放つも、GKキム・ジンヒョンンの冷静な対応に阻まれる。 ▽ホームで勝ち点を落とすわけにはいかないC大阪は77分、山口のサイドチェンジをボックス左外で受けた柿谷がカットインから右足を振り抜く。これが枠を捉えるも、GK六反のファインセーブに防がれる。 ▽幾度となくゴールを脅かすも、なかなか追いつけないC大阪は終盤、パワープレーを開始。すると迎えた後半アディショナルタイム2分、山口がゴール前にふわりと放り込んだボールを藤本が競ると、ボールが松原の手に当たり、ハンドの判定。キッカーの清武が落ち着いてゴール左隅へと突き刺し、土壇場で同点に追いついた。結局、試合は1-1で終了。これで、清水は9試合白星なしとなった一方で、対するC大阪は首位追走へ手痛いドローに終わった。 2017.06.17 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢がC大阪からDF庄司朋乃也を育成型期限付き移籍で獲得! 今季はルヴァン杯で3試合出場

▽ツエーゲン金沢は10日、セレッソ大阪に所属するDF庄司朋乃也(19)の育成型期限付き移籍での加入が決定したことを発表した。同期間は、2018年1月31日までとし、当該間で対戦する全ての公式戦に出場することができない。 ▽群馬県出身の庄司は、2016年にC大阪下部組織からトップチーム昇格。加入初戦度は、新設されたセレッソ大阪U-23を中心に明治安田生命J3リーグで16試合に出場。今季は3月11日に行われたルヴァンカップ第1節の横浜F・マリノス戦でトップチームデビューを飾ると、ルヴァンカップ3試合に出場していた。 ▽金沢への育成型期限付き移籍が決定した庄司は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 ◆ツエーゲン金沢 「セレッソ大阪より育成型期限付移籍をしてきました、庄司朋乃也です。チームの勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「ツエーゲン金沢に育成型期限付移籍をすることになりました。金沢でいろいろな経験を積み、成長してセレッソに帰ってきます!引き続き応援をよろしくお願いいたします」 2017.06.10 17:44 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング