セレッソ大阪U-23

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 C大阪U-23 12 2 6 9 18 28 -10 17

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-08-20
15:00
明治安田生命J3リーグ
第19節
相模原 vs C大阪U-23
2017-08-27
19:00
明治安田生命J3リーグ
第20節
C大阪U-23 vs 長野
2017-09-09
18:00
明治安田生命J3リーグ
第22節
富山 vs C大阪U-23
2017-09-17
15:30
明治安田生命J3リーグ
第23節
C大阪U-23 vs 北九州
2017-09-24
19:00
明治安田生命J3リーグ
第24節
C大阪U-23 vs 福島

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.07.23
19:00
明治安田生命J3リーグ
第18節
C大阪U-23 1 - 3 鹿児島
2017.07.16
15:00
明治安田生命J3リーグ
第17節
福島 3 - 2 C大阪U-23
2017.07.01
19:00
明治安田生命J3リーグ
第15節
C大阪U-23 2 - 2 相模原
2017.06.25
13:00
明治安田生命J3リーグ
第14節
藤枝 1 - 0 C大阪U-23
2017.06.18
17:00
明治安田生命J3リーグ
第13節
長野 1 - 1 C大阪U-23

基本データ

正式名称:セレッソ大阪U-23

原語表記:Cerezo Osaka U-23

ホームタウン:大阪市

チームカラー:ピンク

関連ニュース

thumb

広島、C大阪DF椋原健太を期限付きで獲得

▽サンフレッチェ広島は15日、セレッソ大阪からDF椋原健太(28)が期限付き移籍で加入することを発表した。 ▽クラブの発表によると、移籍期間は8月16日から2018年1月31日まで。なお、椋原は移籍期間中、C大阪と対戦する全ての公式戦に出場することができない。椋原は広島の公式サイトで以下のようにコメントしている。 「セレッソ大阪から来ました椋原健太です。多くは語りません。サンフレッチェ広島のために1つでも多くの勝点を積み上げるため、全身全霊をかけて戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」 2017.08.15 17:22 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪MF山村和也が左ヒザ負傷で全治5週間

▽セレッソ大阪は14日、MF山村和也の負傷を発表した。 ▽山村は9日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節の清水エスパルス戦で負傷。左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、全治5週間の見込みだ。 ▽昨年1月に鹿島アントラーズから加入した山村は、ここまでトップ下を主戦場とし、リーグ戦20試合に出場。チーム2位の8ゴールを記録している。 ▽C大阪は第22節終了時点で首位の鹿島アントラーズに2ポイント差の2位に位置。19日に行われる次節は、6位のジュビロ磐田とアウェイで対戦する。 2017.08.14 19:18 Mon
twitterfacebook
thumb

テネリフェが今季覚醒のC大阪FW杉本健勇に照準か

▽スペイン『El Dorsal』はセレッソ大阪に所属するFW杉本健勇(24)のテネリフェ移籍の可能性を報じた。 ▽今シーズンの杉本は、ストライカーとして覚醒。今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ13得点で得点ランキングトップタイの数字をマークし、C大阪の進撃に大きく貢献している。 ▽そうした中、『El Dorsal』は昨シーズンまで元日本代表MF柴崎岳が所属したテネリフェがFC東京のMF中島翔哉(22)からC大阪の万能ストライカーにターゲットを変更したと報じている。 ▽報道によれば、杉本の契約解除金は90万ユーロ(約1億1000万円)。新たに2人のストライカー確保に動くテネリフェは、その1人として、ジローナも関心を寄せる杉本に興味を示しているという。 2017.08.14 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

若手躍動の清水が後半3発で首位C大阪に逆転勝ち!《J1》

▽9日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第21節の清水エスパルスvsセレッソ大阪は、ホームの清水が3-2で勝利した。 ▽12位の清水(勝ち点22)と首位のC大阪(同44)が相対した。2戦未勝利の清水は、鄭大世が引き続き負傷欠場。六平も出場停止でメンバーから外れた。一方、2試合ぶりに白星を手にしたC大阪は、左足首痛の山村が先発復帰。直近5戦連発の杉本もメンバー入りした。 ▽試合を動かしたのはC大阪。24分、ソウザの左CKをファーサイドで松原に競り勝った田中が頭で折り返す。ゴール前でフリーの山村が押し込み、C大阪が先制した。続く33分には、再びセットプレーからC大阪に2点目。丸橋のFKにニアサイドで反応した木本が頭で合わせると、清水のゴールマウスに突き刺さり、C大阪が突き放した。 ▽しかし、2点ビハインドで迎えた清水がハーフタイム明けから反撃に出る。長谷川のゴールがオフサイドの判定で取り消された直後の51分には、ボックス内で相手数人に囲まれた松原がファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これを金子が落ち着いてゴール左隅に沈め、清水が1点差に詰め寄る。 ▽これで勢いづいた清水は、60分に同点。ボックス内で味方からのスローインをワンタッチで落とした北川が鋭いターンで対面の木本を交わして、左足を振り抜く。ゴール左隅を狙ったシュートがGKキム・ジンヒョンの伸ばした手の先を抜けてゴールネットに突き刺さり、清水が試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたC大阪は、62分に柿谷がヘディングシュート。枠の左を捉えるが、相手GKのファインセーブに阻まれてしまう。その後、C大阪は、柿谷、ソウザに代えて、関口、秋山を投入。しかし、清水は73分、左サイドの松原が低いクロスを送ると、北川がヒールで流し込み、清水が逆転する。 ▽結局、試合はそのまま終了し、逆転勝ちの清水が3試合ぶりの白星。敗れたC大阪は、鹿島アントラーズがヴィッセル神戸に今節勝利したため、2位に転落した。 2017.08.09 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

4戦連発5得点のC大阪FW杉本健勇が7月度のJ1月間MVPに選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは8日、7月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J1はセレッソ大阪のFW杉本健勇が選出された。杉本は初受賞となる。 ▽杉本は7月に行われた明治安田生命J1リーグで全4試合に出場し4試合連続の5得点を記録。チームも3連勝を含む3勝1敗と結果を残し、リーグ首位に立っていた。Jリーグ公式サイトは、杉本のコメントを紹介している。 ◆<span style="font-weight:700;">FW杉本健勇(セレッソ大阪)</span> 「今回7月の月間MVPに選んでいただきありがとうございます。僕自身初めての受賞なので素直にうれしいです。ゴールを獲れているも自分の力だけじゃないですし、チームメイトに感謝したいと思います。7月は非常に暑い中、苦しいゲームが何度も続いたのですが、チームが一つになり、サポーターの皆さんの声援の後押しがあって勝つことができました」 「これからまだまだ厳しい戦いが続くと思いますが、目の前の試合を1試合1試合戦って、勝って、今の順位を守れるように頑張りたいと思います」 ▽また、Jリーグは杉本の選出について選考委員会による総評を紹介している。 「常に得点につながる的確なポジショニングをとり、多彩な得点パターンで7月は4試合連続、合計5得点の活躍で首位を走るチームを牽引した。チームのエースストライカーとして存在感を増しているだけでなく、前線からの守備、後方からのロングボールの基点、ドリブルによる中央突破と、守備、ゲームメイクにおいて活躍したことも高い評価を受け、文句なしの選出となった」 2017.08.08 16:10 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング