超ワールドサッカー

セレッソ大阪U-23

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 C大阪U-23 2 0 2 3 5 9 -4 5

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-29
14:00
明治安田生命J3リーグ
第6節
C大阪U-23 vs 栃木
2017-05-06
18:00
明治安田生命J3リーグ
第7節
鹿児島 vs C大阪U-23
2017-05-13
14:00
明治安田生命J3リーグ
第8節
C大阪U-23 vs 富山
2017-05-21
13:00
明治安田生命J3リーグ
第9節
鳥取 vs C大阪U-23
2017-05-28
14:00
明治安田生命J3リーグ
第10節
G大阪U-23 vs C大阪U-23

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.04.15
14:00
明治安田生命J3リーグ
第5節
C大阪U-23 0 - 1 FC東京U-23
2017.04.01
13:00
明治安田生命J3リーグ
第4節
YS横浜 2 - 2 C大阪U-23
2017.03.26
15:00
明治安田生命J3リーグ
第3節
北九州 1 - 0 C大阪U-23
2017.03.19
14:00
明治安田生命J3リーグ
第2節
C大阪U-23 1 - 3 秋田
2017.03.12
14:00
明治安田生命J3リーグ
第1節
C大阪U-23 2 - 2 盛岡

基本データ

正式名称:セレッソ大阪U-23

原語表記:Cerezo Osaka U-23

ホームタウン:大阪市

チームカラー:ピンク

関連ニュース

thumb

C大阪、観戦ルール違反のサポーター1名に今季全ホーム戦入場禁止処分…G大阪との大阪ダービーでトラブル

▽セレッソ大阪は27日、16日にヤンマースタジアム長居で行われた明治安田生命J1リーグ第7節のガンバ大阪で観戦ルールを違反したサポーター1名に対して、今シーズン開催の全ホームゲーム入場禁止処分を科すことを発表した。この処分は、30日に行われる第9節の川崎フロンターレから適応される。 ▽クラブによれば、サポーター同士がホームサポーター自由席エリア内にてトラブル。該当サポーターは以前にもトラブルで厳重注意処分を受けたことがある人物のようで、再度トラブルを起こしたため、暴力行為および会場運営の妨害で今回の処分に至ったという。 ▽なお、G大阪側でも、今回のダービーマッチでサポーターによる政治的思想を連想させる旗の掲出が発覚。全ての掲出物禁止処分に追加して、当該サポーターグループの解散と当該サポーターグループ全員の無期限入場禁止を発表している。 2017.04.28 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖vsC大阪は打ち合いの末の4-4ドロー《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、サガン鳥栖vsセレッソ大阪が26日にベストアメニティスタジアムで行われ、4-4で引き分けた。 ▽初戦となった前節で引き分けた鳥栖と、ここまで1勝1分けでグループ首位のC大阪が激突した。鳥栖は、直近のヴィッセル神戸戦から、原川、鎌田、趙以外の8選手を変更。一方のC大阪は、直近のヴァンフォーレ甲府戦から、GKキム・ジンヒョン以外の10選手を入れ替え、清武や水沼、リカルド・サントスらを先発起用した。 ▽試合は、早々の6分にC大阪がスコアを動かす。リカルド・サントスが相手陣内で高橋のバックパスを奪う。そのまま仕掛けたリカルド・サントスがGKとの一対一を見事なループシュートで制して、C大阪が先行する。 ▽しかし、ここから鳥栖も反撃。すると、24分に同点に追いつく。右サイド深くから小野がクロスを入れると、中央の鎌田がトラップしてシュート。これが決まり、鳥栖が試合を振り出しに戻した。 ▽勢いづいた鳥栖は、続く37分にもゴールを奪う。左サイドの三丸が入れた好クロスに正面の富山がヘッド。これがゴール左に決まり、鳥栖が前半のうちに逆転する。 ▽さらに鳥栖は直後の40分、セカンドボールをボックス左手前で叩いた高橋が豪快なミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、3-1とする。 ▽2点差とされたC大阪だが、反撃の姿勢を強調すると、44分に点差を詰める。ボックス左に侵入した清武がグラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだ水沼がダイレクトで合わせてネットを揺らし、3-2とした。 ▽迎えた後半、1点を追うC大阪は61分にゴールを奪う。左CKを鳥栖GK赤星に弾かれると、そのボールをダイレクトボレーで合わせた正面の水沼がシュートをゴール左に流し込み、3-3とした。 ▽激しい叩き合いとなった試合、次にスコアを動かしたのは鳥栖。68分、ボックス左の鎌田が中に切れ込んで右足を振る。シュートがニアサイドのゴール左に決まり、鳥栖が再び勝ち越す。 ▽しかし、C大阪もこのままでは終わらない。スブットーニのクリアが中途半端になると、ルーズボールに反応したボックス右の田中がダイレクトボレー。豪快にネットを揺らし、C大阪がスコアを4-4の同点とする。 ▽その後、C大阪はアディショナルタイムに清武が際どいシュートを放つも、GK赤星に弾かれたボールはポストに直撃してゴールとはならず、そのまま試合終了。打ち合いの末、両者が勝ち点を分け合っている。 2017.04.26 21:12 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪、公式戦3試合連続ドロー…杉本2戦連発も畑尾の公式初得点で甲府と痛み分け《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のヴァンフォーレ甲府vsセレッソ大阪が山梨中銀スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽第7節を終えて、2勝2分け3敗で14位につける甲府と、3勝3分け1敗で7位に位置するC大阪の一戦。公式戦3試合白星なしの甲府は、0-2で敗れた前節のアルビレックス新潟戦から山本とオリヴァー・ボザニッチに代えて新里と田中佑昌を先発起用した。 ▽一方、C大阪は、前節でG大阪との“大阪ダービー"を2-2で引き分けたものの、直近の公式戦7試合で4勝3分けと好調を維持。そのC大阪は、前節と同様のスターティングメンバーでこの試合に臨んだ。 ▽試合は立ち上がりからややオープンな展開になるも、両者ともに組織的な守備で決定機を作らせない。 ▽次第にC大阪がボールを保持し始めると24分、右サイドでのパス回しから山口がダイレクトでクロスを供給。これに反応した杉本が頭で合わせるも、GK岡に正面でキャッチされる。 ▽序盤から思うような試合運びができない甲府は33分、敵陣中央右からのFKをファーサイドの田中佑昌、畑尾と頭で折り返すと、最後はエデル・リマがゴール前でヘディングシュートを放つも、ゴール右に外れる。 ▽ゴールを脅かされたC大阪だが、前半終了間際に決定機。43分、敵陣中央右からソウザが鋭いクロスを送ると、ボールがゴール前左に流れる。これに反応した柿谷が左足を合わせるも、当てきることができず、ゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半開始直後、前半終了間際の決定機を逃したC大阪が均衡を破る。48分、山村が頭で落としたボールを受けた柿谷が敵陣中央からスルーパス。これに反応した杉本がボックス内に侵攻すると、左足を振り抜いてゴール右隅へ流し込んだ。 ▽先制を許した甲府だったが62分、ボックス左外でFKを獲得すると、キッカーの兵働がクロスを供給。これを畑尾が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽試合が振り出しに戻ると、両者の攻防は激しさを増す。しかし、互いにフィニッシュの精度を欠き、そのまま試合は終盤へ。すると、猛攻を仕掛けるC大阪に勝ち越しのチャンスが訪れる。後半アディショナルタイム2分、敵陣中央左から清武がクロスを入れると、ゴール前の柿谷がワンタッチでボックス左へパス。これに反応した途中出場の木本がフリーでシュートを放つも、GK岡の好守に阻まれる。 ▽その後も甲府ゴールへと迫ったC大阪だったが、GK岡を中心としたディフェンスを崩すことができず、1-1で試合終了。C大阪はこれで公式戦3試合連続ドローとなった。一方の甲府は公式戦4試合白星がない。 2017.04.22 16:12 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪が“大阪ダービー”での政治的思想を連想させるフラッグの掲出を謝罪

▽ガンバ大阪は20日、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のC大阪との“大阪ダービー”において政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったことを発表。クラブの公式サイトを通じて謝罪した。 ▽クラブによると、以前に類似したケースがあった際、掲出したサポーターグループに対して、掲出は不適切であるという警告。サポーターグループに政治的な意図はなく、警告以降の掲出はしてなかったが、今回の一戦で再度フラッグが掲出された。今後クラブは、当事者が判明次第、厳正な対応を行うとしている。 ▽G大阪は公式サイトで「ガンバ大阪を応援していただいているサポーター・ファンの皆様を始め、多くの皆様に不快な思いをさせたことについて、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。 2017.04.21 02:52 Fri
twitterfacebook
thumb

3季ぶりの“大阪ダービー”はG大阪が土壇場で追いつきドロー決着! C大阪は杉本の2ゴールを守り切れず...《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節、セレッソ大阪vsガンバ大阪が16日にヤンマースタジアム長居で行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽C大阪がJ1に復帰したことで3年ぶりに実現した33回目の“大阪ダービー”。前節、鹿島アントラーズとのアウェイ戦を1-0で勝利し、3連勝を飾った6位のC大阪は、最終ラインの木本に代えて山下を起用した。 ▽一方、前節のサンフレッチェ広島戦を0-1で落とし、今季初の黒星を喫した4位のG大阪は、11日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・第4節の江蘇蘇寧戦(0-3で敗戦)から先発メンバーを4人変更した。丹羽とオ・ジェソク、泉澤に代えて金正也と藤春、倉田を起用。また、赤崎が移籍後初のリーグ戦先発となった。 ▽第6節を終えて、ここまで3勝1敗2分と同じ戦績で激突した両者の一戦は、ホームのC大阪がキックオフ直後に仕掛ける。1分、ソウザが頭で競り合ったボールを杉本がポストプレー。これをボックス左手前で受けた柿谷が左足でボレーシュートを放つも、ゴール右に外れる。 ▽その後も攻勢に出るC大阪は5分にソウザが、10分には丸橋がミドルシュートでG大阪ゴールに迫るも、いずれも枠を捉えることができない。 ▽前半半ばに差し掛かってもC大阪がやや優勢で試合を進めるも、G大阪も応戦。しかし、C大阪のシュートブロックに苦しみ、ゴールを脅かすことができない。するとC大阪はG大阪のサイドを攻略し始める。33分、山村の落としをボックス左外で受けた柿谷がカットインからシュート。40分にも右サイドからの関口のクロスをボックス中央の杉本が頭で合わせ、得点は奪えなかったものの、C大阪ペースで試合を折り返す。 ▽後半に入っても、攻勢を続けるC大阪。ところが、ここまで劣勢だったG大阪が一瞬の隙から先制点を奪う。57分、敵陣中央右からのスローインを長沢、堂安と細かくつなぐと最後は倉田がボックス中央にパス。このボールに藤春が素早く反応すると、GKキム・ジンヒョンとの一対一を制した。 ▽先制を許したC大阪だが攻勢を強めると71分、杉本の個人技から同点ゴールが生まれる。杉本が丸橋のパスをボックス左手前で受けると、そのまま反転。カットインから右足を振り抜くと、GK東口順昭の頭上を射抜いた。 ▽同点に追いついたC大阪は直後にも決定機。73分、左サイドを突破した丸橋がゴール前にクロスを送ると、走り込んだ杉本が強烈なヘディングシュート。しかし、これはGK東口順昭の好守に阻まれる。 ▽その後も一進一退の攻防を繰り広げるも、得点が生まれないまま時間が進む。すると終盤、ついにC大阪が逆転する。86分、ボックス左外でパスを受けたソウザが切り返して、ゴール前にクロス。これを杉本が頭で合わせると、ゴール右隅へと吸い込まれた。 ▽逆転を許したG大阪だったが、試合終了間際に脅威の粘りを見せる。後半アディショナルタイム3分、井手口の左CKを長沢が逸らすと、三浦がボックス手前にポストプレー。これを受けた藤春のシュートが混戦になるとゴール前に待ち構えていた倉田が左足ボレーで押し込んだ。その後、わずかな時間でC大阪が猛攻を仕掛けるも、そのまま試合終了。3年ぶりの“大阪ダービー”は両者譲らずドロー決着となった。 2017.04.16 16:21 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング