ジダンのマドリー指揮官復帰に宿敵バルサMFセルジ・ロベルトも「誰も予想していなかった」2019.03.15 09:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するスペイン代表MFセルジ・ロベルトが、ジネディーヌ・ジダン氏(46)のマドリー監督復帰に驚きを示した。スペイン『マルカ』が伝えている。コパ・デル・レイ準決勝、リーガエスパニョーラ第26節に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”で連敗し、CLラウンド16・2ndレグでアヤックスに敗れて逆転でCLでも敗退を喫し、 今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となったマドリー。11日にサンティアゴ・ソラーリ監督(42)の解任と、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げて昨シーズン終了後に退任していたジダン監督の復帰を発表した。

この決断には、宿敵であるバルセロナのセルジ・ロベルトも驚いた模様。しかし、「今は自分たちのことに集中してなくてはいけない」と宿敵の動向を気にせず、今シーズンをより良く終えることにフォーカスした。

「彼(ジネディーヌ・ジダン)の復帰には驚いたよ。誰も予想していなかったと思うよ」

「彼はマドリーに多くのタイトルをもたらした。でも、僕らは今、自分たちのことに集中し、今シーズンをより良く終えることにフォーカスしなくてはならない」

「僕らはチャンピオンズリーグで優勝候補ではない。どのチームも優勝候補だ。すでに起きていることでもあるけど、どんなチームでも敗退する可能性があるんだ。どこが相手だろうと難しいよ」
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、ミリトン加入でアルゼンチン期待の若手パラシオスの獲得見送りへ

レアル・マドリーが、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得を見送るようだ。スペイン『アス』が伝えている。 リーベル・プレート下部組織出身のパラシオスは、2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまではなかなか出番が回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦16試合に出場。献身的な守備と豊富な運動量を武器に、攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘めるセントラルMFであり、アルゼンチンのトニ・クロースと評されている。 スペイン『Telemadrid』によれば、パラシオスは移籍金2000万ユーロ(約25億円)でのマドリー移籍に近づいていた模様。だが、同選手が負傷したことに加え、マドリーがポルトからブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)を獲得し、EU外選手枠が埋まったことで今夏での獲得は見送るようだ。 ちなみに、マドリーではミリトンの他、ブラジル代表FWヴィニシウス(18)、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがEU外選手。バルベルデが、EUパスポートを取得する予定だが、サントスのU-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(18)の今夏での加入が内定していることから埋まっている。 なお、パラシオスに関しては、インテルが継続して関心を示しており、オファーを準備しているとのことだ。 2019.03.26 18:12 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、ヴァラン流出ならデ・リフトの獲得へ

レアル・マドリーが、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得に動く可能性があるようだ。『FOX SPORTS』が伝えている。 フランス代表DFラファエル・ヴァランが今夏の退団を検討していることが、フランスメディアによって報じられたマドリー。同クラブは、フランス代表DFが流出する恐れに瀕しており、その場合の最適な後釜としてデ・リフトの獲得を考えているという。 しかし、同選手に関しては、バルセロナやユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルンなどのビッグクラブが挙って獲得に動いている。特に、バルセロナとユベントスは24日にアヤックス上層部やデ・リフトの代理人であるミーノ・ライオラ氏との交渉を試みたと見られており、マドリーにとっては強力なライバルとして立ちはだかっている。 今シーズンから名門アヤックスのキャプテンを務めているデ・リフト。187cmの恵まれたサイズに加え、スピードにも優れた万能型のセンターバックは攻撃面の貢献も著しい逸材であり、今シーズンの公式戦42試合で4ゴール2アシストを記録している。 また、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、デ・リフトの市場価値は7000万ユーロ(約87億円)と推算されている。一部メディアではバルセロナ移籍を決断したとも報じられたデ・リフトだが、今夏急転直下のマドリー移籍はあるのだろうか。 2019.03.26 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン監督がピャニッチの獲得を熱望か 最低価格は100億円!

レアル・マドリーが、ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)をリストアップしているようだ。イタリア『IlBianconero』の情報をもとにスペイン『アス』が伝えている。 今シーズンを主要タイトル無冠で終えることが濃厚となり、来シーズンに向けてジネディーヌ・ジダン監督を復任させたマドリー。フロレンティーノ・ペレス会長が大型補強を準備していることが伝えられており、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペやチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールなど、スター選手への関心が根強く囁かれている。 そして、今回伝えられるところによれば、マドリーのジダン監督はユベントスの中盤で絶対的な地位を築くピャニッチの獲得を熱望しているという。同選手の代理人を務めるファリ・ラマダニ氏が今夏、マドリーと会談してジダン監督と意見を交わす可能性があると伝えられている。 しかし、ピャニッチに関しては、昨夏にもマンチェスター・シティやチェルシーへの移籍が囁かれていたが、結局は2023年までの新契約にサイン。給与面でもFWクリスティアーノ・ロナウド、FWパウロ・ディバラに次ぐ年俸650万ユーロ(約8億円)にアップしていた。 とはいえ、ラマダニ氏は今シーズン終了後にクラブとの面会を行い、ピャニッチの条件面改善もしくは移籍を検討するようだ。しかし、そこで選手当人が退団を望んだ場合でも、他のクラブに移ることは容易ではなく、8000万ユーロ(約100億円) 付近の移籍金が設定されるとのこと。そこを開始価格として、複数のクラブによる争奪戦が繰り広げられることになるだろうと伝えられている。 2019.03.26 14:39 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ新天地、独or仏or蘭?

行き先に注目を集めるジョゼ・モウリーニョ氏(56)が未開の地で新たな挑戦を示唆した。 モウリーニョ氏は過去、ベンフィカやウニオン・レイリア、ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドで監督を歴任。行く先々でタイトルを手にしてきたが、昨年末にユナイテッド監督を辞して以来、無所属の状態が続いている。 その“スペシャル・ワン”は先日、今夏の監督業再開を口に。そして、新たに受けたフランス『Canal +』のインタビューで新天地について次のように語った。 「5つ目のリーグと3度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇が私の頭の中にある。日々、トレーニングが恋しくなっているよ。隠しようがないぐらいにね」 既にポルトガルやイングランド、イタリア、スペインのリーグを制覇した経験を持つモウリーニョ氏は以前に欧州の第一線で監督を続ける意向を示している。それを鑑みると、ドイツ、フランス、オランダが残る新天地として考え得るが、果たして…。 2019.03.26 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバがユナイテッド退団を決心? 新天地候補はマドリー&ユーベ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)が、退団を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。 中心選手の1人として、今シーズンもユナイテッドを牽引しているポグバ。しかし、ジョゼ・モウリーニョ前監督との軋轢から今冬にはバルセロナ移籍が噂されており、モウリーニョ前監督が去った現在でも退団の可能性は潰えていないという。『アス』によれば、2021年6月まで残している現行契約の延長オファーを既に断ったとも伝えられている。 さらに、ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が既に新天地探しを始めているとのこと。選手当人が移籍を決断したとも報じられており、ユナイテッドが引き留めるためには、現在の週給29万8000ユーロ(約3700万円)を超えるかなりの好条件が必要となるかもしれない。 そして、オールド・トラッフォードが緊張に包まれているのを尻目に、移籍先の候補に挙げられているのが、レアル・マドリーとユベントスだ。マドリーに関しては、先日にポグバが「マドリーでプレーすることは誰にとっても夢」と発言したことで報道が過熱している。 また、古巣であるユベントスに関しては、ライオラ代理人が同クラブと好関係を結んでいることがアドバンテージになる可能性があるとのこと。ライオラ代理人は、2016年夏にポグバをユベントスからユナイテッドに移籍させた際に、4,800万ユーロ(現在のレートで約60億円)の手数料を受け取っていたことが、『フットボールリークス』に暴露されている。さらに、クラブ上層部も既に獲得資金の捻出に向けて動き出しているようだ。 2019.03.26 10:00 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース